カーテン ふさ かけ。 【見た目を重視】カーテンとふさかけの位置って知ってる?

タッセル、ふさかけ、フックなどのカーテン用品|カーテン通販専門店のカーテンズ

カーテン ふさ かけ

たとえば、天然木をつかった「木製レール」や洋風の「アイアンレール」などが挙げられますが、上の画像も装飾レールの一つです。 装飾レールは、カーテンで隠さずに「レールそのものを魅せることが目的として作られている」ため、お部屋の中でも目立ちます。 なので 装飾レールを選ぶときは、 ふさかけの色と「カーテンレールの色を合わせる」のがお勧め。 統一感が生まれ、ふさかけとレールのコーディネート感を楽しむことができます。 ふさかけの理想的な取り付け位置とは? では、ふさかけの理想的な取り付け位置はどこなのでしょうか? もしかすると「窓枠」が一番つけやすいという方もいらっしゃるかもしれませんね。 実はカーテン専門店では、 ふさかけの取り付け位置を「カーテンレールの両端のラインにあわせる」のが一般的です。 つまり、壁のクロス面に取りつけるのがセオリー。 その理由は、カーテンをタッセルで留めたときに「カーテンの両端がレールから一直線」になるので美しくみえるからです。 ほんの小さな「ふさかけ」ひとつでも、このように取り付ける位置や色の選び方で、カーテンをより美しくみせるカギが隠されています。 まとめ 最後までご覧いただきありがとうございます。 今回は、「ふさかけの色で迷ったときの選び方」についてお伝えしました。 この記事をもう一度まとめると、.

次の

「ふさかけ」って何?こんな房掛けもあったの?

カーテン ふさ かけ

クリックできる目次• カーテンとタッセルの「黄金比」と「白銀比」 一般的に見栄えの良いタッセルの位置は、カーテンの 裾(床)から約3分の1の高さになります。 これは建築物やデザイン等に採用される「黄金比」と「白銀比」の考え方を、カーテンにも取り入れたものです。 たとえば、カーテンの長さに対して タッセルが下がる位置を考えるとき、 掃き出し窓なら「黄金比(1:1. 618)」、腰高窓なら「白銀比(1:1. 414)」となるように、 ふさかけの位置を決めるのが理想的だということです。 とはいえ、数字でみると難しくて分かりにくいですよね…。 もちろんカーテンの場合はここまできっちり計算する必要はないので、一般的なタッセルの高さは 床から約3分の1というのを覚えておきましょう。 理想的なタッセルの取付けイメージは、次の章でご紹介します。 カーテンと同生地でつくる「舟形タッセル」• 房のついた「房タッセル」• ひも状の「ロープタッセル」 等々…さまざまなタイプのものがあります。 なので、 タッセルの長さや 種類によって ふさかけの位置も変わってきてしまいます。 では画像でみていきましょう。 舟形(共生地)タッセル・ロープタッセルの場合 出典:TOSO 「舟形タッセル」や「ロープタッセル」の場合は、 タッセルの下端がカーテンの裾から約3分の1になる場所を目安にします。 房タッセルの場合 出典:TOSO 「房タッセル」の場合は、 房の中央または 房の付け根が、カーテンの裾から約3分の1になる場所を目安にします。 ここで ふさかけの位置を合わせましょう。 ふさかけを取付ける前の注意点 このように、タッセルを美しくみせるには、• カーテンレールが窓枠と同じ長さなら、ふさかけは 窓枠に取り付ける• カーテンレールが窓枠よりも長ければ、ふさかけは 壁に取り付ける これが理想的です。 たとえば「窓の大きさ(横幅)」よりも カーテンレールの方が長い窓を想像してみてください。 この場合、 窓枠にふさかけを付けてしまうと、カーテンをタッセルで束ねたとき カーテンの外側が斜め内側にひっぱられてしまいます。 これは、カーテンレールの端と窓枠までの距離が斜めになってしまうからです。 そのため、窓枠よりもカーテンレールの方が長い場合は、 レールの端とカーテンの端っこが同じライン上になる 壁の部分にふさかけを取り付けるのが美しくみせるコツです。 これに対して、窓枠とカーテンレールの長さが同じならば、窓枠にふさかけを取り付ける方が美しく見えるという事になります。 たとえば カーテンとレールの端が一直線になるように、ふさかけを取り付けた時のイメージはこのようになります。 ふさかけは「下地部分」に取り付けましょう また、ふさかけを壁に設置する場合は、必ず 下地部分にネジ留めしなければいけません。 もしも下地が入っていないところにふさかけを付けてしまうと、「グラグラして外れたり」「壁に余計な穴」をあけてしまうことになりますので、小さい金具だからといって安易に「下地の無い場所」に取り付けることは避けましょう。 大手通販サイトでは、 壁の下地探しや、下地の無い 石膏ボードに取り付けができるふさかけも購入できますので参考にして下さい。 タッセルの位置はカーテンの裾から3分の1が目安• ふさかけの位置はタッセルの長さに合わせて調整する• ふさかけはレールの端と垂直につながる位置に取り付けるとバランスよくみえる ふさかけの取付け位置は、「カーテンとタッセルのバランス」を変えてしまいますので、カーテンのスタイリングとしても重要になってきます。 ただ、約3分の1という理想的な位置はあるものの、必ずしも「ここが絶対」というわけではありません。 インテリアはそれぞれの感性で出来上がるものなので、自分が「素敵」だと思える場所に取り付けても全然OKです。 たとえば通常とは逆に、上の方でカーテンを束ねるというのもアリですよ。 選ぶタッセルの種類や長さにあわせて、カーテンとタッセルが一番美しくみえる位置に「 ふさかけ金具」を取り付けましょう。

次の

タッセル、ふさかけ、フックなどのカーテン用品|カーテン通販専門店のカーテンズ

カーテン ふさ かけ

クリックできる目次• カーテンとタッセルの「黄金比」と「白銀比」 一般的に見栄えの良いタッセルの位置は、カーテンの 裾(床)から約3分の1の高さになります。 これは建築物やデザイン等に採用される「黄金比」と「白銀比」の考え方を、カーテンにも取り入れたものです。 たとえば、カーテンの長さに対して タッセルが下がる位置を考えるとき、 掃き出し窓なら「黄金比(1:1. 618)」、腰高窓なら「白銀比(1:1. 414)」となるように、 ふさかけの位置を決めるのが理想的だということです。 とはいえ、数字でみると難しくて分かりにくいですよね…。 もちろんカーテンの場合はここまできっちり計算する必要はないので、一般的なタッセルの高さは 床から約3分の1というのを覚えておきましょう。 理想的なタッセルの取付けイメージは、次の章でご紹介します。 カーテンと同生地でつくる「舟形タッセル」• 房のついた「房タッセル」• ひも状の「ロープタッセル」 等々…さまざまなタイプのものがあります。 なので、 タッセルの長さや 種類によって ふさかけの位置も変わってきてしまいます。 では画像でみていきましょう。 舟形(共生地)タッセル・ロープタッセルの場合 出典:TOSO 「舟形タッセル」や「ロープタッセル」の場合は、 タッセルの下端がカーテンの裾から約3分の1になる場所を目安にします。 房タッセルの場合 出典:TOSO 「房タッセル」の場合は、 房の中央または 房の付け根が、カーテンの裾から約3分の1になる場所を目安にします。 ここで ふさかけの位置を合わせましょう。 ふさかけを取付ける前の注意点 このように、タッセルを美しくみせるには、• カーテンレールが窓枠と同じ長さなら、ふさかけは 窓枠に取り付ける• カーテンレールが窓枠よりも長ければ、ふさかけは 壁に取り付ける これが理想的です。 たとえば「窓の大きさ(横幅)」よりも カーテンレールの方が長い窓を想像してみてください。 この場合、 窓枠にふさかけを付けてしまうと、カーテンをタッセルで束ねたとき カーテンの外側が斜め内側にひっぱられてしまいます。 これは、カーテンレールの端と窓枠までの距離が斜めになってしまうからです。 そのため、窓枠よりもカーテンレールの方が長い場合は、 レールの端とカーテンの端っこが同じライン上になる 壁の部分にふさかけを取り付けるのが美しくみせるコツです。 これに対して、窓枠とカーテンレールの長さが同じならば、窓枠にふさかけを取り付ける方が美しく見えるという事になります。 たとえば カーテンとレールの端が一直線になるように、ふさかけを取り付けた時のイメージはこのようになります。 ふさかけは「下地部分」に取り付けましょう また、ふさかけを壁に設置する場合は、必ず 下地部分にネジ留めしなければいけません。 もしも下地が入っていないところにふさかけを付けてしまうと、「グラグラして外れたり」「壁に余計な穴」をあけてしまうことになりますので、小さい金具だからといって安易に「下地の無い場所」に取り付けることは避けましょう。 大手通販サイトでは、 壁の下地探しや、下地の無い 石膏ボードに取り付けができるふさかけも購入できますので参考にして下さい。 タッセルの位置はカーテンの裾から3分の1が目安• ふさかけの位置はタッセルの長さに合わせて調整する• ふさかけはレールの端と垂直につながる位置に取り付けるとバランスよくみえる ふさかけの取付け位置は、「カーテンとタッセルのバランス」を変えてしまいますので、カーテンのスタイリングとしても重要になってきます。 ただ、約3分の1という理想的な位置はあるものの、必ずしも「ここが絶対」というわけではありません。 インテリアはそれぞれの感性で出来上がるものなので、自分が「素敵」だと思える場所に取り付けても全然OKです。 たとえば通常とは逆に、上の方でカーテンを束ねるというのもアリですよ。 選ぶタッセルの種類や長さにあわせて、カーテンとタッセルが一番美しくみえる位置に「 ふさかけ金具」を取り付けましょう。

次の