玉野 市役所。 玉野市役所ホームページ案内/市役所一覧.com

路線バス運賃表

玉野 市役所

概要 [ ] 玉野市の中心的街区であり市役所付近から西北一帯の地域で、南は海に臨んでいる。 現在、のある付近を築港と呼んでいるが、元はこの方面をも含めて宇野と称した。 宇野から築港にわたりがあり、とを結ぶ旅客港として賑わったが、の開通を機に地区の賑わいは徐々に衰退し、 課題となっている。 [ ] 沿革 [ ] 歴史 [ ] 宇野はかつて児島郡宇野村と称し、中世にはに属していた。 近世は領で、『』には宇野村、岡山京橋まで船路7里、陸路9里、舟着悪し、舟掛善し、田畑20町1反、うち1町3反は塩浜、家113軒、男女526人、池19ヶ所とある。 の字野村は、現在と異なり港湾設備に欠け、船着きは悪かった。 一方、湾内は水深があり、船の碇泊にはよかった。 なお当時は、児島郡の旅客港としては・・・などが栄えていた。 また、当時の産業としては漁業より農業が主で、による製塩業が主なる収入源になっていた。 (22年)、の施行を受けて西隣の児島郡玉村(現在の・・)と合併し、同郡 を置いた。 名称は、両地名より一文字ずつ取って合成したもの。 (明治39年)、大字玉を分村。 さらに東隣となる同郡(現在の)と合併し、新たに同郡 を設置。 同年8月、岡山県による宇野港の修築工事が始まり、3年の月日を費やして(明治42年)8月に完成した。 修築工事とされているが、実際はの新規建設といえ、埋立地43,900坪、工費343,000円、他にも嘱託埋立地9,400坪、工費129,000円などにおよぶ。 当時の岡山県としては相当の大工事であり、当時の県知事は県議会の猛反対を押しのけ、3度の原案執行を行なった上での着工という歴史的事業となった。 (明治43年)には〜間の(現)が開通した。 宇野駅構内では盛大な開通式があげられ、宇野〜間のが就航した。 本州と四国を結ぶ交通の要衝となり、新たなる転換期を迎えた宇野村は(大正8年)に町制施行により となる。 (4年)12月、宇野港は第2種重要港湾に指定され、(昭和5年)には開港場に指定、神戸税関宇野支署が設けられた。 (昭和7年)には宇野と間に定期航路が設定され、「照国丸」が就航した。 (昭和15年)、宇野と西側の同郡日比町が合併し 玉野市を新設。 宇野に市役所を置く。 市名は、かつて両町にまたがって存在した前述の旧玉野村から取ったもの。 その後、宇野港は交通運輸の量的増力や船舶の大型化、速度化に伴い修築を重ねて現在の規模に発展し、それに合わせ市街も都市計画の進行、発展を遂げ、現在では宇野駅およびその駅前(北側)付近一帯(旧宇野の東部)を「築港」として新たに区分、宇野と築港それぞれ丁目設定した。 また、(昭和24年)には宇野港から玉地区までを結ぶ(のちに玉野市へ運営移管され、に改称)が開業するも、(昭和47年)に廃線になる。 (昭和63年)のの開通により大きな影響を受け、航路の存続が危ぶまれ、またこれに加えて玉野市内に工場を構える企業の不振などの影響も加わり、 町の衰退が問題化している。 [ ] 年表 [ ] 宇野・築港地区の出来事 年月日 出来事 備考 1889年(明治22年)6月1日 施行により、児島郡 宇野村・玉村が合併し同郡 を新設。 1906年(明治39年)4月1日 玉野村が旧宇野と旧玉に分村。 同時に宇野と児島郡合併し新たな を設置。 玉野村は消滅。 玉は日比村と合併し、日比町となった。 1906年(明治39年)8月 岡山県宇野港修築工事が着工される。 1909年(明治42年)8月 宇野港修築工事が竣工。 1910年(明治43年)6月12日 国鉄宇野線および宇野駅が開業。 宇野〜高松港間の連絡船が就航。 1919年(大正8年)1月1日 宇野村が町制施行、 となる。 1929年(昭和4年)12月 宇野港が第2種重要港湾に指定される。 1930年(昭和5年)2月8日 宇野港が開港場に指定される。 1940年(昭和15年)3月3日 児島郡宇野町・が合併し、 を新設。 宇野に役所が置かれる。 1949年(昭和24年)4月5日 が開業する。 1956年(昭和31年)4月1日 備南電気鉄道が玉野市へ運営が移管され、として営業を開始。 1972年(昭和47年)4月1日 玉野市営電気鉄道が廃止となる。 この節のが望まれています。 地勢 [ ] 山岳• - 宇野• - 宇野• - 宇野 河川・池・滝• - 宇野• - 宇野• - 宇野• - 築港• - 築港 主要施設 [ ] 宇野 [ ] 公的施設• 玉野市役所• 水道庁舎• 下水道庁舎• 宇野検潮所• 玉野出張所• 玉野区検察庁• 玉野税務署• 宇野税関支署旅具検査場• 岡山県建設部宇野港管理事務所 教育施設• 医療・福祉施設• 郵便局• 金融機関• 交通機関• (と跨がる。 主要部は築港側)• 宇野港通船待合所• (と跨がる。 主要部は築港側) 一般企業・商店• 玉野支店• 魚市場• 宇野港倉庫• 公園施設• (と跨がる。 主要部は田井側)• 神社仏閣・その他宗教施設• 円明院奥ノ院• 玉野教会• 玉野教会• エホバの証人王国会館• 玉野 築港 [ ] 公的施設• ハローワーク玉野• 玉野警察署宇野駅前交番• 宇野港湾事務所• 玉野庁舎 教育施設• 医療・福祉施設• 玉野分院• 郵便局• 金融機関• 一般企業・商店• (築港銀座) 交通施設• 切符売り場 公園施設など• 神社仏閣・その他宗教施設• 玉野会館• 宇野教会 他•

次の

宇野 (玉野市)

玉野 市役所

「空き家」の情報を募集、及び紹介します。 市では、空き家に住みたいと考えている人たちへ、市のホームページ及び都市計画課窓口で「空き家」の紹介コーナーを設置しています。 現在使っていない家をお持ちの方は、ぜひ情報の登録をお願いします。 なお、不動産業を営む人は情報の登録ができません。 また、売買又は賃貸の交渉・契約などは当事者間で行って頂きます。 登録物件をご利用いただく場合にも、事前に利用者の登録が必要です。 (物件の見学のみを希望する場合も同様です。 ) 詳しくは、[関連書類]の空き家情報パンフレットをご覧ください。 ただし、補助金を受けるには着工前に申請が必要です。 事前にご相談ください。 注意事項 市では、情報の紹介を行いますが、物件の売買・賃貸借に関する交渉・契約等に関しては一切関与しません。 物件の交渉・契約に関するトラブルについては、当事者間において責任を持って解決してください。 市では責任は負いませんので、当事者間の責任において十分ご確認ください。 なお、市役所で特定の業者の紹介は行っておりません。 関連リンク 関連書類•

次の

宇野 (玉野市)

玉野 市役所

地理 [ ]• : 、、十禅寺山、新割山()、神登山• : 鴨川、汐入川、白砂川• : (そのほかを参照)• : ()• : 、(主要なもの) 歴史 [ ]• 、争いをきっかけとしてとの境界線がの中央に引かれた。 これがそのまま玉野市と香川県の境界線()として引き継がれている。 (17年)、漁場争いをきっかけとして備前国と讃岐国の境界線がの中央に引かれた。 これがそのまま玉野市と香川県の境界線として引き継がれている。 (43年)、が開業。 同時に宇高連絡船運航開始。 (6年)、日比町の玉地区において造船部(の前身)が創業し、人口が急増する。 (15年)、児島郡の宇野町と日比町が合併し、玉野市が誕生した。 市名は、日比町の人口的・経済的中心地となっていた地区名の「玉」と、宇野町の「野」を組み合わせて命名された。 (昭和20年)、下で市内和田の和田社宅にがあり、死傷者20人以上。 沿革年表 [ ]• (昭和15年) 宇野町・日比町が合併し市制施行。 (昭和28年) 児島郡山田村を編入。 (昭和29年) 児島郡荘内村を編入。 (昭和30年) 児島郡八浜町を編入。 (昭和49年) 児島郡を編入。 行政 [ ]• 市長: (就任、4期目)• 議会: 定数19 市役所・市民センター [ ] 所在地名はいずれも玉野市内。 玉野市役所:1丁目• 田井市民センター:田井4丁目• 玉市民センター:玉5丁目• 玉原市民センター:玉原2丁目• 和田市民センター:和田3丁目• 日比市民センター:日比3丁目• 荘内市民センター:用吉• 八浜市民センター:八浜町八浜• 山田市民センター:山田• : 玉野事業所• : 日比製煉所(日比製煉所)• 業: 玉野工場• 繊維業: 玉野本社工場• : 岡山工場• 業: 加藤製油岡山工場 漁業 [ ]• 胸上漁港()• 八浜漁港() 農業 [ ]• 千両 姉妹都市・提携都市 [ ] 国内 [ ]• () - (昭和55年)、提携。 海外 [ ]• () - (昭和56年)8月3日、姉妹都市提携。 市() - (8年)10月1日、提携。 () - (平成16年)7月23日、姉妹都市提携。 地域 [ ] 出先機関 [ ]• 中央市民センター• 田井市民センター• 玉原市民センター• 玉市民センター• 和田市民センター• 日比市民センター• 荘内市民センター• (25年)より施設内に「玉野市児童発達支援センター」併設。 八浜市民センター• 山田市民センター• 東児市民センター 警察 [ ]• 宇野駅前交番• 玉野マリン交番(玉交番・日比交番・和田交番の3ヶ所が合併。 旧和田交番の、道を挟んだ約向かいに新交番を建設)• 秀天交番• 玉原駐在所• 長尾駐在所• 田井駐在所• 山田駐在所• 梶岡駐在所• 八浜駐在所 消防 [ ]• 玉野消防署• 東児出張所• 和田出張所• 荘内出張所• 八浜出張所 健康 [ ]• 玉野分院• 玉野中央病院• 玉野三井病院• 由良病院 スポーツ [ ]• 玉野スポーツセンター• 玉野市民総合運動公園• 玉野市総合体育館(レクレセンター) 人口 [ ] 玉野市と全国の年齢別人口分布(2005年) 玉野市の年齢・男女別人口分布(2005年) 宇野港• 田井新港…県下最大の水深12メートル岸壁がある。 近くに親水公園もある。 日比港…昔就航していたフェリーのりば跡が残っている。 山田港• 石島港• 江の浜港 航路 [ ] 玉野市宇野は漁師町であり港町。 航路により四国・高松方面、小豆島、直島など瀬戸内海の離島との航路がある。 、方面• : 宇野港 - 豊島 - (小豆島)• : 宇野港 - 直島(宮浦・本村・風戸)• 宮浦航路はフェリーと高速艇、本村航路は高速艇、風戸(せと)航路はフェリー(車なしでの利用不可、過去にはも運航していた)。 郵便 [ ] [ ]• [ ]• 玉野玉原簡易郵便局 名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事 [ ] レジャー等 [ ] 渋川海岸• - 、、• (渋川マリン水族館)• が奥玉のすこやかセンターで保存する元玉野市電モハ103号()電車• 東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ• 瀬戸大橋カントリークラブ 観光 [ ]• みやま公園・イギリス庭園• (瀬戸内海が一望でき、でのが盛ん)• 藤棚(渋川駐車場周辺)• 金甲山• 貝殻山• 神登山(日比中が見渡せる。 地上波テレビ中継局の玉野和田局がある。 展望台• (が、海岸の砂浜の窪みに水が噴き出しているのを見て、歌を詠んだ場所) イベント [ ]• たまの港フェスティバル(5月下旬)• 玉野みなと芸術フェスタ(10月~11月)• 玉野まつり(7月下旬~8月上旬)• ゆめ市場(毎月第2日曜日(雨天中止なることもある))• (8月上旬〜中旬:野外シアター他) メディア [ ] 新聞 [ ]• 玉野支社 放送 [ ] ケーブルテレビ• 玉野支局 地上波テレビ放送• 玉野市は岡山・香川両県のである「」()の膝元であるため、基本的にそこを受信する。 ただ、この送信所の近くでは電波が強すぎたり、その他の場所でも金甲山自身が山陰になるなどして良好な受信が困難な場合があり、その場合は近隣の玉野、玉野北、児島などの中継局を受信する。 それ以外にもむしろ海を隔てて障害物の無い、対岸のやを受信する世帯も数多い。 なお、この場合など香川県内の送信所を受信する場合はデジタル・アナログ共にNHKの県域ニュース等エリア番組が岡山県及び中国地方のものでなく、香川県及び四国地方のものとなってしまうので、岡山県内いずれかの局も併せて視聴する必要がある。 玉野市内にそれを目的とした中継局は以下の表のうち高松、西讃岐以下の玉野、玉野渋川、玉野田井、宇野などがある。 偏波面が「垂直」となっているものについては、アンテナを通常の水平の場合から横に90度回転させることにより、大地に対してを垂直に立てる。 5W 水平 宇野2丁目 FMラジオ放送• NHK岡山: 88. 7MHz( 出力1kW)• : 76. 8MHz(岡山局 出力1kW)• : 79. 0MHz(岡山局 出力20W)• : 82. 8MHz(倉敷局 出力20W、児島局 出力10W)• (ワイドFM):91. 4MHz(岡山局 出力700W) AMラジオ放送• NHK岡山: 603kHz( 出力5kW)• NHK岡山: 1386kHz(岡山局 出力5kW)• RSKラジオ:1494kHz( 出力10kW) その他受信可能な県外局• : 558kHz( 出力20kW)• : 1008kHz( 出力50kW)• : 1179kHz( 出力50kW)• 西日本放送ラジオ: 1449kHz( 出力5kW)• : 78. 6MHz( 出力1kW)• 西日本放送ラジオ(ワイドFM): 90. 3MHz(高松局 出力1kW) 電気 [ ] が1911年(44年)8月に事業許可を受け 、9月に東児島電気を設立。 発電所(瓦斯力、出力60)を宇野村に建設し、1912年(明治45年)7月に事業開始。 供給区域は児島郡日比町、、八浜町、甲浦村、小串村、、山田村、、宇野村、荘内村。 1920年(大正9年)11月備作電気に事業譲渡。 玉野市出身の著名人 [ ]• (の)• (、映画「」原作者)• 小島弘章(お笑いコンビ「」)• 岡山祐児(お笑いコンビ「オーケイ」)• (長、元)• (、名誉教授)• (表具師、手製で滑空した、別名「鳥人幸吉」)• () - 『』の舞台「たまのの市」は玉野市がモデルとされる(当初は漠然としていたが、次第に地理的特性が詳しくなり、を使う登場人物が増えるなど明確化してきた)。 (漫画家)• (漫画家)• (元)• (元プロ野球選手)• (元プロ野球選手)• (元プロ野球選手)• (NHKアナウンサー)• (フリーアナウンサー・元アナウンサー )• (アナウンサー)• (元)• (競輪選手)• (女子競輪選手)• (競輪選手)• (競輪選手)• (育ちは)• フードアナリスト• (・の登場人物) その他 [ ]• は、 0863である。 なお、2013年5月1日00:10までは玉野市と(植松の一部を除く)は市外局番は異なる(灘崎地区には市外局番の末尾に 6がついている)が、同一区域(玉野MA)のため、市内料金(の場合は3分8. 925円)で通話できた。 現在は、岡山市南区灘崎地区(植松の一部を除く)は岡山MAに編入(市外局番の末尾 36が市内局番の頭に移動)され、同一区域ではなくなった。 玉野MA• 岡山MA• また、並行して(・・ のフェリーがあった。 元々は「 宇那の浦」と呼ばれる漁村であったが、のちに宇野村(うのそん)という1つの自治体となった。 築港が完成し、翌にからの鉄道線である、そして高松への航路である宇高連絡船が開業した。 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• 2019ねん4月16日. 2020年2月23日閲覧。 2013年4月9日. の2014年3月16日時点におけるアーカイブ。 2016年6月11日閲覧。 『』よみほっと(日曜別刷り)2020年1月5日1面「ニコニコ岩(岡山県玉野市)和むボルダリングの聖地」• (デジタルコレクション)• (国立国会図書館デジタルコレクション)• 初見 翔 2016年4月18日. 『』大阪 朝刊 香川全県・1地方. 2016年6月11日閲覧。 古くはと提携し「日通フェリー」の名称で運航。 のち「本四フェリー」に改称。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 に関連する地理データ -• ウィキトラベルには、に関する旅行ガイドがあります。

次の