うずら の 卵 の ゆで 時間。 水からゆでる!<プロ直伝>ゆで卵の簡単&上手な作り方

うずらの卵のゆで方、茹で時間、半熟にする方法。きれいに剥くコツ

うずら の 卵 の ゆで 時間

卵をゆでるだけの「ゆで卵」はとってもシンプルな基本の料理。 人によっていろんな作り方があるけれど、結局どれが正しい作り方なのかは、意外に知りません。 やっぱり失敗せずに、美味しく作りたい! そこで、今さら聞けないゆで卵の作り方について、疑問に思っていたあれこれを、伊勢丹新宿店の料理のプロ・鈴木理繒シェフに教えてもらいました。 Q:卵は冷蔵庫から出して、すぐにゆでる? A:卵は常温に戻してからゆでるのがおすすめ。 常温に戻すことで、卵の温度が水の温度と近くなり、ゆでる時間が短縮できるというわけです。 冷蔵庫から出したばかりなら、ボウルに水をはって卵を入れ、10分くらいおくといいでしょう。 Q:卵は水からゆでる? お湯からゆでる? A:卵は水からゆでるのがおすすめ。 お湯に入れてゆでるよりも、水に卵を入れたほうが温度差があまりないので、ひび割れる心配が少なく、ゆでる時間が少し短くなります。 ゆでる水の量は卵の半分の高さくらいでもOKです。 ただし水が少ないので、必ずふたをしてゆでてください。 Q:黄身を真ん中にするコツは? A:水が沸騰するまで箸で卵を静かに転がすと、黄身が真ん中にきます。 卵の半量ほどの水でゆでる場合、沸騰したらふたをしてゆでましょう。 Q:とろとろ卵、半熟卵、固ゆで卵を作る、時間の目安は? 右から時計回りに、「とろとろ卵」「半熟卵」「かたゆで卵」 A:卵は水からゆではじめ、鍋から火がはみ出さない程度の強火にし、プクプクと気泡が立って沸騰したら、中火にして時間を計ります。 「とろとろ卵」なら約5 分、「半熟卵」なら7~8分、「固ゆで卵」なら約9分。 ただし、どんな鍋でゆでるか、メーカーごとの火力の違い、ガスかIHなど、家庭の環境によって微妙に変わるので、時間はあくまで目安です。 Q:卵の殻をツルンとむく方法は? A:ゆで卵を急冷するのがコツ。 ボウルに氷水を用意し、ゆであがった卵をすぐに取り出して、氷水につけてしっかり冷まします。 このとき、卵の殻にヒビを入れるとよりむきやすくなります。 ゆでたては殻の中身が膨張しているので、急に冷水に入れるとキュッと締まり、殻との間に隙間ができてむきやすくなるのです。 ちなみに、新鮮な卵ほど殻がむきにくいです。 Q:ゆでている途中で、白身がはみ出さないようにするには? A:ゆでる水に酢大さじ1くらいを入れてから、ゆでるといいでしょう。 お湯の中で卵がぶつかって卵の殻が割れることがありますが、酢はタンパク質を凝固させる力があるので、殻が割れても白身を湯に出さずに固めてくれます。 ひと晩おけば美味しさアップ! 「ゆで卵を使って、わが家でよく作るレシピをご紹介します。 ひと晩おくと鶏のうまみが卵にしみて、朝食やお弁当のおかずにピッタリです」と鈴木シェフ。 黄身がトロ~っとした半熟卵を使うと、よりごはんがすすむおかずに。 お酒のつまみにもなりそうです! 材料(2人分)• ゆで卵(半熟卵)…2~3個• 鶏もも肉…1枚• 長ねぎ…1本• サラダ油…大さじ1• 砂糖…大さじ4• だし汁…1カップ(200cc)• 酒…大さじ2• しょうゆ…大さじ5• みりん…大さじ2 作り方• 鶏肉は一口大に切る。 長ねぎは3~4cm長さに切る。 しょうがは薄切りにする。 鍋にサラダ油と長ねぎを入れて中火にかけ、焼き色をつける。 鶏肉としょうが、砂糖、だし汁を加えて中火にかけ、鶏肉に火が通るまで煮る。 酒、しょうゆ、みりんを加えてひと煮立ちしたら火を止める。 にゆで卵を加えてキッチンペーパーをかぶせ、粗熱がとれるまでおく。 できれば一晩以上おくとよい。

次の

ゆでたまごの作り方(半熟から固ゆでまでのゆで時間のまとめ):白ごはん.com

うずら の 卵 の ゆで 時間

スポンサーリンク うずらの卵は、ゆでて皮をむいたものが缶詰やパックで売っていて手軽ですが、保存料や鮮度の面でやや心配がありますね。 しかも、割高。 生のうずらの卵を買っても10個で100円しないぐらいですから、ここは自分で茹でましょう。 まず、茹で時間ですが、沸騰後5分で十分です。 鶏卵より小さいので、火の通りも早いです。 湯に酢は 入れないで下さい。 鶏卵と違って、殻の模様が溶け出し、仕上がりが悪くなります。 次に、簡単なむき方です。 鍋の湯を切ったら、その鍋に卵を入れたまま、鍋を振って、殻を粉々にします。 この時点ではむけるわけではありませんが、断然、むきやすくなります。 次に、水道の水の流水の中で、剥がすような感覚で手で一つ一つむいていきます。 「ちぎって、剥がす」という感じで、殻が一つながりになるようにむいていくと、きれいに向けます。

次の

うずらの卵のゆで方・時間・むき方

うずら の 卵 の ゆで 時間

うずらの卵の茹で時間 うずらの卵の茹で時間ですが、茹でる時間は茹で方によっても違います。 水から茹でる場合• 沸騰して 3分(ややかたゆで) お湯から茹でる場合• また、人によっては沸騰してあげてからも、余熱であたためる時間がある人などもいます。 この辺りは、うずらの卵の黄身をどんな感じにしたいか、時間に余裕があるかなどにもよりますね。 基本的にはお湯からでも水からでも、沸騰してから2分半~3分だと覚えておくとわかりやすいでしょう。 半熟のうずらの卵が苦手、かたゆでがいい、という人は、3分半以上の茹で時間を設定するのがおすすめです。 半熟にする場合の茹で時間 ちなみに、かたゆでにするか、半熟にするか、によっても、茹で時間は変わってきます。 お湯から茹でる場合には、• 2分:かなり黄身がとろとろ• 2分半:まあまあ半熟• 3分:ややかたゆで• 3分半:かたゆで というような、茹で時間との関係になっています。 うずらの卵を半熟にしたい場合には、茹で時間をきっちり決めておきましょう。 2分だと、ちょっと黄身がとろとろすぎることがあるので、2分半くらいがおすすめですね。 他の作業をしたり、ぼんやり見ていたりすると、いつの間にか固ゆでになってしまうので、注意が必要ですね。 うずらの卵の茹で方 うずらの卵の茹で方は基本的にはゆで卵と同じ感じです。 ここでは、水から茹でる場合とお湯からの場合の茹で方について見ていきましょう。 お水からの茹で方 水からうずらの卵を茹でる場合には下のような手順になります。 鍋にうずらの卵と、ひたるくらいの水を入れ、強火。 ふつふつしてきたらさいばしで転がす• 沸騰して2分で火を止める。 余熱でさらに2分放置。 冷水にさらす• 卵のからをむく。 この茹で方だと、 沸騰して2分、余熱で放置2分が茹で時間となりますね。 うずらの卵は余熱で放置するだけでも、結構熱が伝わります。 お水から茹でるときのコツ お水から茹でるときは常温に戻しても、戻さなくてもどっちでもOKです。 また、茹で時間は沸騰してから、計算し始めるようにしましょう。 冷水にさらす前に、冷まし、お椀でシェイクして ひびを入れてから水につけるようにすると、からを簡単にむくことができます。 うずらの卵はふつうの卵よりも小さく、殻がむきにくいですが、ぜひ試してみてください。 お湯からの茹で方 お湯からうずらの卵を茹でる場合の茹で方は、下のような手順です。 うずらの卵を常温に戻しておく。 鍋にたっぷりのお湯を沸騰させる。 お玉やスプーンなどでそっと、うずらの卵を鍋へ。 2分(半熟)~3分半(かたゆで)茹でたあと冷水にいれ、さまし、殻をむく。 お湯からうずらの卵を茹でる場合は、 うずらの卵を常温に戻しておくことが大切です。 お湯から茹でるときのコツ 茹でている時にさいばしなどでかき混ぜると、黄身がきれいに真ん中になるでしょう。 冷やす時にすばやく、冷水や氷水に入れることで、黄身の周りの白身の色がきれいになります。 半熟かかたゆでか、によって茹で時間は変わってきますので、茹で時間はお好みで。 先に書いたように、 2分半ほどが半熟として好む人が多いようですね。 また、沸騰しているお湯にうずらの卵を入れるときには、お玉やスプーンを使い、卵が割れないよう気をつけましょう。 うずらの卵・半熟にする場合 うずらの卵の半熟は、上で書いたように、 沸騰してから2分程度の茹で時間になっています。 これは好みやうずらの大きさにもよりけりで、人によっては1分半がお好みだったり、もう少し長めの茹で時間の半熟が好きだという人も。 ただ、2分を切ると、白身がしっかり加熱されないこともあるので、注意が必要です。 半熟のうずらの卵を作るときには、おおまかに2分から2分40秒の間と覚えておくとわかりやすいかも。 それ以上の茹で時間になると、固ゆでぎみになってしまいます。 うずらの卵はふつうの卵よりも、半熟やかたゆでの茹で時間がわかりにくいもの。 うずらの卵が好きなひとなどは、ぜひいくつか試してみてくださいね。 おわりに うずらの卵の茹で方や茹で時間について見てきました。 うずらの卵ってそんなに頻繁に使わないのと、小さいのとで茹で時間が分かりにくいですよね。 特に半熟にしようとすると、茹で時間に迷うもの。 実際、1分程度、茹で時間が変わるだけで、うずらの卵は半熟から固ゆでに一気に変わってしまいます。 そんな、茹で方が地味に難しいうずらの卵ですが、お料理には欠かせないものですよね。 おいしい料理の参考になったなら幸いです。

次の