痩せやすい 時期 女性。 痩せやすい期間で一気に痩せる?女性ホルモン周期を意識したホルモン周期ダイエット

10日間の「痩せ期」っていつ?効果的にダイエットする秘密を大公開!

痩せやすい 時期 女性

「痩せやすい時期」っていつ? c Shutterstock. com 夏も近づき、薄着の季節になってきました。 肌の露出が増える夏本番までにダイエットを! とお考えの方も多いのではないでしょうか? ダイエットに関して「生理中は痩せにくい」「生理が終わると痩せやすくなる」などの言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、どうして痩せやすい・痩せにくいのかについてはご存知でしょうか? 実は女性のダイエットには「 基礎体温」とそこからわかる「 生理周期」がカギとなっています。 今回は「基礎体温」と「生理周期」を知ってダイエットに効果的なタイミングをみていきましょう。 基礎体温のサイクルでみる、痩せやすい時期とは? c Shutterstock. com 女性の体内では、様々なホルモンが正常に、周期的に分泌されることによって「排卵」や「生理」が起こります。 これを「 性周期」といい、個人差はありますが、約25〜35日、平均28日のサイクルで繰り返されます。 基礎体温を計測することで、この 生理から次の生理までを1周期としたサイクルがあることが見えてきます。 この周期の中で、基礎体温は 高温期と 低温期の2つに分けられています。 それぞれの期間での、痩せやすい・痩せにくい時期を確認しましょう。 〈 低温期〉 性周期が28日の場合、 生理開始から排卵までの約14日間が低体温期にあたります。 低体温期はさらに2つに分けられ、以下とされています。 生理開始から生理終了までの約7日間(=生理期間) 2. 生理終了から排卵までの約7日間 この2の 生理終了から排卵までが、痩せやすいとされている時期です。 この時期はエストロゲン(卵胞ホルモン)と呼ばれる女性ホルモンが多く分泌され、脂肪の燃焼を促したり、心を前向きにさせたりします。 〈 高温期〉 高温期は 排卵から次の生理がはじまるまでの約14日間をさします。 高温期も2つの時期にわけられ、以下とされています。 排卵からの約7日間 4. 次の生理の1週間前にあたる約7日間 4つの時期に合わせたダイエットプランをたてよう! c Shutterstock. com 実際に4つの時期に最適なダイエットプランをたててみましょう! 1. 生理開始から生理終了までの約7日間…体をあたためリラックスする 生理期間は基礎体温が低くなり、 血行不良や冷えが起こりやすい時期。 この期間は体を温める食事・睡眠やシャワーでなく湯船につかるなどを意識し、ストレスを溜めないよう、リラックスした時間を過ごしましょう。 ダイエットに関しては、「痩せる」というよりも「 今は体重を増やしすぎない」と意識するのがおすすめです。 生理終了から排卵までの約7日間…運動や食事を見直して集中的にダイエットを 生理が終了すると痩せやすい時期がやってきます。 この時期は 普段よりも運動量を増やすことがおすすめです。 特に排卵日直前は筋肉量が増えやすいホルモンバランスとなっているので、この時期の後半は いつもの運動に加えて筋トレを取り入れてみましょう。 食事については、過度な食事制限はせずに 三食バランスよくしっかりと食べ、間食はなるべく 控えるようにしましょう。 間食を制限することで、運動した分の 脂肪燃焼効果がより期待できますよ。 c Shutterstock. com 3. 排卵からの約7日間…生理に向けてダイエットメニューの調整を この時期は、2の生理終了から排卵までの約7日間よりも ダイエットの効果が出づらくなってきます。 運動を頑張ってもなかなか効果が出ず、かえってストレスになってしまうかも!? 体重がリバウンドしない程度の運動にとどめることがすすめ。 痩せやすい時期よりも走る距離を減らす、ランニングをウォーキングに変えるなど、少しひかえめな運動に変更してみましょう。 食生活は引き続き三食バランスのいい食事をとることをおすすめします。 次の生理の1週間前にあたる約7日間…一休みして生理に備える 生理前のこの時期になると、体が脂肪や水分を蓄えようとします。 そのため、この時期は むくみに対してアプローチしてみましょう。 具体的には、 マッサージを行う、むくみを悪化させる 塩分の多い食事を控えるなどの方法があります。 また、食欲のコントロールも効きにくい時期になっています。 低カロリーで糖質や塩分は控えめのものに、また、 適度に間食をとることで、 食べ過ぎなどを未然に防ぎましょう。 この時期は徐々に プロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されます。 プロゲステロンには、 むくみやすくなったり、食欲がコントロールしにくくなったり、気分を沈めてしまったりする効果があるため、痩せにくくなってしまうのです。 さらに、次の生理の一週間前は、特に脂肪や水をからだに溜め込む時期になるので、 自然と体重が増えやすくなっています。 基礎体温をつける際の3つの注意点 c Shutterstock. com 低温期・高温期を知ってダイエットプランを立てるためにも、ぜひ 基礎体温を測る習慣をつけてみましょう。 基礎体温を測るときには、次の3つのポイントに注意してみてください。 ・ 毎日同じ時間に寝て。 同じ時間に起きて測る。 なるべく同じ状態での体温を計測しつづけるためにも、寝る時間と起きる時間を合わせましょう。 ・ 目覚めてすぐ、なるべく体を動かさずに測る。 基礎体温は婦人体温計を使って舌の上の温度を測ることをおすすめします。 起きてすぐ横になった状態のままで、検温しましょう。 ・ 計測状況のメモを取る。 起きてすぐ動いてしまった、寝坊していつもと違う時間帯にとってしまった、などいつもと条件が違う場合にはそれらもメモしておきましょう。 基礎体温を測ることは妊活のためだけではなく、皆さんのからだを知るうえでとても役に立つ習慣です。 自分のからだを知って、より効果的なあなただけのダイエットプランを立ててみてはいかがでしょうか? TOP画像/ c Shutterstock. com.

次の

ダイエットは2週間が勝負?!生理周期と痩せやすい時期の関係

痩せやすい 時期 女性

太りやすい人、痩せやすい人っていますよね。 痩せやすい人って、一体どんな人なのでしょうか。 基礎代謝が高い 基礎代謝とは、何もしていないとき 寝ているときなど に使われるエネルギーのことです。 血行が良い 血行が悪いと、脂肪や老廃物が溜まりやすくなります。 筋肉が発達している 筋肉が発達している人は基礎代謝も高くなります。 特に太ももなど大きな筋肉をスクワットなどで鍛えると効果的です。 便秘になりにくい ダイエットを成功させるためには便秘は大敵です。 ストレスを受けにくい 日常的にストレスを多く受けていると、暴飲暴食に走ってしまったり、自律神経も悪くなってしまうので、定期的なストレス解消をしましょう。 睡眠を十分にとる たっぷり睡眠をとることで成長ホルモンが出て痩せやすい体になっていきます。 逆に寝不足が続くと太ってきたります。 などが考えられます。 筋肉が多いと脂肪を燃焼しやすくなるので、痩せやすくなると考えていいでしょう。 また筋肉が多いと基礎代謝も高くなりますから、痩せやすい人の特徴といえるのではないでしょうか。 つまり筋肉が多くて規則正しい生活をしている人が、痩せやすい人、というわけです。 痩せやすい時期はある? これは女性にのみ言えることですが、痩せやすい時期はあります。 生理周期をご存じですね。 この生理周期と痩せやすい時期には密接な関係があるのです。 ずばり、痩せやすい時期とは「生理の直後」です。 生理が終わると、エストロゲンというホルモンが分泌されます。 このエストロゲンが、ダイエットに効果的だとされています。 また、 生理前や生理中は黄体ホルモンの影響で「痩せにくい、むしろ太りやすい時期」であると言えます。 この時期は余計なストレスを溜めないように、穏やかに過ごすことが大切です。 ダイエットにはホルモンが深く関わっているのです。 10代の成長期の頃、妊娠中、閉経後に太りやすくなるのも、全てホルモンの影響を受けているからなのです。 体を作るには? 痩せやすい体を作るためには、まずは 基礎代謝を上げることです。 そのためには、筋肉をつけることが手っ取り早い方法です。 筋肉があると、脂肪を燃焼しやすくなります。 しかし、 筋肉をつけるのは意外と困難ですよね。 短期間でつくものではないので、根気が必要になります。 また、活動代謝を上げることも重要です。 例えば、階段の登り降りなども、1回だけでは大したエネルギーにはなりませんが、毎日続けるとなると話は違います。 それから、 痩せやすい体にするには骨盤の歪みを矯正することが重要です。 セルライトの原因は骨盤の歪みなんですよ。 ですから、骨盤が歪んでいる人は、骨盤矯正ベルトなどを使ってみるのもいいでしょう。 体質作りに必要なことは? 痩せやすい体に体質改善するのは、並大抵のことではありません。 即効性のあるものではないので、根気や忍耐が必要になります。 痩せやすい体質作りに大切なのは、• 基礎代謝を上げる• 体温を上げる• 腸内環境を整える の3つです。 基礎代謝を上げるためには、• 適度な運動• バランスのよい食事• 十分な睡眠• 筋肉をつける などが効果的です。 体温 平熱 を上げるためには、 夏場などは室温の下げすぎに注意し、朝ごはんを欠かさず食べるようにしましょう。 腸内環境を整えるには、善玉菌を増やす、食物繊維を摂るなどが挙げられます。 つまり、「規則正しい生活」が痩せやすい体質作りには必要不可欠ということになります。 スポンサーリンク 食べ物のおすすめは? 痩せやすい食べ物についてお話します。 繊維質• 乳酸菌 これらはデトックス効果のある食材としてお馴染みですね。 体の不要物や老廃物を外に出してくれるので、痩せやすい食べ物と言えます。 そして、意外にも ・炭水化物 が痩せやすい食べ物でもあるのです!驚きですよね。 炭水化物と言っても、痩せやすい食べ物として効果があるのは「ごはん」です。 脂肪も豊富に含むラーメンや、ケーキなどのお菓子、菓子パンなどは対象外です。 炭水化物を極端に減らしてしまうと、脳から「危険信号」が出されてしまうのです。 炭水化物を減らせば、その時はもちろん痩せますが、同時に痩せにくい体になってしまうのです。 どんな運動がおすすめ? ダイエットには、運動は欠かせない要素です。 では、具体的にどんな運動が効果的なのでしょうか。 一般的に効果が高いとされているのは、 水泳 エアロバイク ジョギング などの有酸素運動です。 これらの有酸素運動は、 20分以上やって初めて効果が出るので、運動が苦手な人には不向きかもしれません。 筋トレも、一ヶ所につき15分ほどはやらなければ意味がありません。 効果もすぐに感じられるわけではないので、筋トレを続けるには忍耐が必要だと思います。 ダイエットに一番よいとされる運動は、 エアロビのような「軽い運動」で「長時間できるもの」です。 激しい運動を毎日続けるのは大変ですが、軽い運動なら続けられますよね。 ダイエットは続けることに意味があるのです。 スポンサーリンク 痩せやすい時間帯は? 痩せやすい時間なんてあるの?と思うかもしれませんが、痩せやすい時間はあるんです。 一番痩せやすいとされているのは、「15時~17時頃」です。 だいたい起床して8時間くらい経った頃ですね。 この時間帯は、一番エネルギーをたくさん使うとされています。 おやつが15時なのも、エネルギーをたくさん使うので、その分のエネルギーを補給するため、と考えられますね。 逆に18時以降は、太りやすい時間帯と言えます。 なぜなら、夕方以降は、副交感神経が交感神経を上回るので、摂ったカロリーが脂肪になりやすくなってしまうのです。 夜遅くに食べると太る、というのはこのためだったんですね。 「朝食はしっかり、夕食は軽め」と言うのも納得です。 季節は関係ある? 痩せやすい季節ときくと、なんとなく食欲が落ちて汗をたくさんかく夏、を想像しませんか?しかし、 実際は逆です! 痩せやすい季節は「冬」なのです。 冬は気温が低いので、体温を一定に保つために代謝が上がります。 「代謝がいい=太りにくい」というのはもはや鉄則ですね。 寒い場所へ行くと、体がブルブルと震えます。 これは、交感神経が刺激された合図とも言えます。 交感神経が刺激されると代謝がアップしますから、冬場のウォーキングや外でするスポーツはダイエットにとても効果が高いと言われています。 ちなみに夏は汗をかくから痩せるというイメージがありますが、暑さでかく汗は体温調節のためなので、ダイエットには一切効果がないのです。 食事方法にも気をつけよう よく、 「早食いは太るもと」と言いますが、それは間違いではありません。 食事を始めると、脳から「満腹信号」が出されます。 その満腹中枢が働き始めるのは、食事を始めてから20分はかかると言われています。 つまり、20分以内に食事が終わってしまう人は、なんだか物足りなくて、ついついカロリーオーバーになりがちなのです。 それから、食事制限をするのはよくありません。 食事制限をするのではなく、「腹八分目」を意識しましょう。 3食バランスよく食べるのもとても大切です。 「痩せやすい食べ物」の項目でお話しした内容を意識してみると、痩せやすい食事は「和食」だと気付くはずです。 それにプラスして野菜やヨーグルトを食べるようにしましょう。 よく噛むことで満腹中枢が刺激されますので、生野菜や食感を楽しむメニューなども良いと思います。 まとめ 痩せやすい体質を持っているとダイエットとは無縁になりますね。 太らない人を見ているとやはり食べ方や食べるものなどに違いがありました。 私とはまるっきり違います(笑).

次の

生理前は太る?体重が増加する理由とダイエット方法 [ダイエットの基本] All About

痩せやすい 時期 女性

テレビCMでも聞いたことがある方も多いのではないでしょうか? 私たち女性は35歳ころからゆっくりと卵巣機能が低下し、脳から出される「女性ホルモンを分泌しなさい」と言う指令と、 実際の女性ホルモンの分泌量のバランスが崩れ体に不調のサインが出はじめるのです。 40歳を過ぎると肌の衰えや白髪、体力の低下などが表れてきてその後には、生理不順、ホットフラッシュ、肩こりや、情緒不安定など、よく言われる更年期症状が表れ、50歳前後で閉経を迎えます。 その閉経前後の5年間、計約10年間がいわゆる「更年期」と呼ばれている時期です。 私も年齢的にはちょうどその頃で、1年程前から生理不順や血圧が上がってきてしまいました。 周りの友達も、白髪やイライラ、老眼、PMS(生理前症候群)がひどくなった、気分の落ち込みが激しい…など、よく耳にし、相談されるようになりました。 なかでも多いのが 「太る」「痩せたいのに痩せれない」という悩み。 女性ホルモンは、生理・妊娠・出産だけでなく、生活習慣病やさまざまな不定愁訴と関係しているだけでなく、 女性ホルモンをが減少することで、太りやすい体にシフトさせてしまうんです。 女性ホルモンと更年期 若いうちは女性ホルモンのおかげで、お肌もプルプル、髪も艶やかでサラサラ、モテオーラもたっぷり 笑 でいられますが、更年期に入ると女性ホルモンは減っていく一方。 女性ホルモンの分泌はまだ十分ですがその働きの低下からストレス、生理不順、手足の冷え、肩こり、倦怠感や太る、お肌や髪へトラブルが表れやすくなります。 体力や気力の低下を感じだしたり、集中力にも影響が出てきます。 白髪やお肌の乾燥、老眼、イライラ、ウツウツ、生理不順、急に太るなど体型の大きな変化も現れはじめます。 私自身もこの時期急に太ったり、ストレスが原因で婦人科疾患を患った時期でした。 閉経に向かって子宮や卵巣の力はより加速して低下し始めます。 更年期症状には個人差がありますが、ホットフラッシュが起きたり、抜け毛、白髪が増え始める時期でもあります。 女性ホルモンの恩恵にはあずかれなくなり、太りやすい、より太る、痩せたいけど痩せられないなど、ダイエットの悩みも深刻に。 また肥満から生活習慣病などにもかかりやすくなります。 プレ更年期、更年期の生活習慣でこの時期の体調や生活が決まってしまいます。 意欲の低下が起こると健康の自己管理も難しくなるので早い時期からの食の改善などを心がけることが必要です。 当サロンへダイエットへいらっしゃる方もこの年代の方もとても多く、生活習慣病一歩手前や、お医者さんに痩せるよう言われたとカウンセリングにいらっしゃいます。 「腎力」とは、泌尿生殖系・ホルモン系・カルシウム代謝・自律神経系・免疫系などを含む、 腰のあたり一帯に集約されている生命エネルギーそのもの「女性ホルモン力」です。 一生の間に分泌される女性ホルモンはティースプーン1杯程度だと言われますが、自分の力では増やすことは出来ません。 ですが、 「女性ホルモン力」は、生活習慣の改善によって上げることが可能なんです。 セルフケアを積極的に行っていきましょう。 Yesの数6~10…注意信号です!更年期症状から更年期障害にならないようアンバランスな食生活の改善、セルフケア、ストレスケアを行いましょう。 Yesの数10以上…すでに更年期と同じ体になってしまっています。 生活習慣の見直し、軽い運動、食生活、セルフケアをしっかり行っていきましょう。 頑張り過ぎず、自分のペースで楽しみながらを忘れずに! 更年期に効果的なダイエット 更年期に太る理由として女性ホルモンのバランスの変化が大きく関係します。 女性ホルモンのエストロゲンは脂肪の代謝に大きく関係していて、エストロゲンが減少してくると、内臓脂肪が増えたり脂肪を蓄えやすくなり、結果太るのです。 ・3食きちんと食べる。 太っている人ほど一日の食事回数が少ないと言うデータもあります。 運動量の少ない更年期では、毎食しっかり摂るのでは摂取カロリーオーバーになりやすいので、次の食事までにお腹が空く腹7~8分目を目安に。 ・ビタミン、ミネラル、タンパク質を積極的に摂取しましょう。 ビタミンやミネラルは代謝を活発にするためには欠かせない栄養素です。 タンパク質もまたダイエット中には欠かせない栄養素です。 ダイエット中だからとお肉やお魚などを極端に減らすようなダイエットは危険! タンパク質は、筋肉や臓器、髪の毛や爪、皮膚、骨、歯以外にも神経伝達物質、免疫機能を高める、消化酵素など酵素を構成する など、大切な役割を担っています。 更年期は体力や筋肉も低下しているので無理をすると膝や腰に支障がでたり、続かず挫折してしまう可能性大なのです。 ウォーキングや軽いジョギングといった有酸素運動を取り入れてください。 家事や仕事に忙しい更年期、運動しなければ!と構えるのではなく、一日15分~30分ほどの散歩や、通勤や買い物時に姿勢や歩く速さをアップするだけでも良いのです。 一時的な運動ではなく、ライフスタイルの一部になるよう継続できる自分に合った心地よい運動をみつけましょう! まとめ 女性ならいつかはむかえることとなる更年期。 「若いときは細かったのよ…」なんて昔話にならないよう、太りやすい更年期に負けない体の準備はしておきたいものです。 また昨今は、月経不順やストレス、無理なダイエットなどが原因で、20代後半~も若年性更年期・プレ更年期と言われる更年期症状に悩まされる方も多いのです。

次の