きいろい て の む スキル。 きいろいサタン(星7)

目覚めし力シリーズ(星7)

きいろい て の む スキル

このページの目次• まぜまぜ召喚について その前に、今のぷよクエには 「まぜまぜ召喚」というものがあります。 持っていないカードを手に入れられる可能性があるため、夢のあるシステムですね。 今回紹介するカードの中は、実はすべてまぜまぜで手に入れられるカードです。 しかし初心者のうちにこれを何回も引くことは難しいため、 今回はまぜまぜを無視した、単純な使いやすさで評価をしています。 なお今回の企画はTwitterなどではあまり評判が良くありませんが、 それはぷよクエを長くやっている人は持っている可能性が高いカードばかりだからです。 そのように言われるのはスキルがとても強力だからです。 ぷよクエでは普通5個しかなぞれないのですが、童話のスキルを使うと10個以上なぞれるゲームに変わります。 さらにおまけで「同時消し係数を4倍」にしてくれます。 文字の意味を理解する必要はあまりないのですが、 とにかくこの効果のおかげで大ダメージを出せるようになっています。 ほかにも、なぞり消し数を活かして他のスキルを早く使えるようにしたり、 相手のつくるおじゃまぷよを処理したり、というようにいろんな場面で活躍してくれます。 期間限定で開催される高難易度のクエストでも、ほぼ必須といえます。 童話を基準にした難易度設定になっているのではないか、とすら思っています。 きぐるみ騎士団シリーズ 自分と同じ色のカードの攻撃と体力を、無条件で上げるリダスキを持っています。 追加効果のタフネスも強力で、相手に倒されることが減ります。 スキルも強力です。 エンハンス(攻撃up)と全体攻撃化は、本来別々のカードが持っていたにもかかわらず、このカードは両方を備えています。 エンハンスの強力なカードは、次々と出てきていますが、未だに相手が5体いる高難易度のクエストでは、最強のエンハンスです。 そんなわけで、今回えらべるカードの中では珍しく、 どんなにカードをたくさん持っている人でも使い続けているカードとなっています。 リダスキも強力で、攻撃と体力をかなり上げつつ、タフネスの保険が付いています。 しろいフェーリ.

次の

プワープチャレンジで使ったデッキのまとめ

きいろい て の む スキル

味方のスキル発動数の減少に関与するスキルを持つカードの紹介です。 あまり数がないので、この記事の後半ではきいろいサタンの使い方を紹介しています。 また、漁師シリーズなどのネクスト変換は別枠で扱います。 カード紹介 草木のオイルシリーズ スキルの内容は、「ターン終了時にこのカード以外のスキル発動数をスタメンの属性数分減少」です。 最大効果を出すには、多色デッキで組むことが前提となります。 この時点でデッキを組むのが難しくなるのですが、このスキル自体の 有効ターン数は1のみなため、とても使いづらいです。 一松 おそ松さんコラボのときのカードです。 こちらは「ターン終了時にこのカード以外のスキル発動数をスタメンの属性数分減少」で有効ターン数は4です。 きいろいサタン 草木のオイルシリーズと同様、「ターン終了時にこのカード以外のスキル発動数をスタメンの属性数分減少」するスキルです。 草木のオイルシリーズよりも良さげな感じはするものの、このサタン様の真骨頂は、 とっくんボードで獲得できるスキル「アセンショ~ン! + 」です。 その内容は、 「このカード以外を通常攻撃時のみ、どの色ぷよを消してもスキル発動数が減る」というものです。 このスキルがプワープチャレンジで大いに役に立っていることは既に有名です。 以降の別章で大きく取り上げます。 きいろいサタンの使い方 以下の文章は、プワープチャレンジでの使用を例にしています。 前提と準備 自前で持っているのが一番良いのですが、ギルド内サポートで借りるのもアリです。 いずれにせよ、きいろいサタンを活躍させるには、下記の状態であることが必須です。 とっくんボードで「アセンショ~ン! + 」を獲得していること• アポストロス、もしくはデーモンサーバントをもっていること• スキルなしのカードを揃えていること アポストロスやデーモンサーバントのスキル:デッキスライドを使用した後、「アセンショ~ン! + 」でスキル発動ぷよ数を減らしていきます。 プワープチャレンジでは、 やるきを30消費することでステージ開始時点に3カードのみスキル発動状態にできるのが通例となっています。 ただ、3カードのスキル発動のみでは、ボスに太刀打ちできません。 そこで、 デッキをスライドさせるスキル+ スキル発動数を減らすスキルをもつカードをスキル発動状態にします。 また、これを実現するには スキルなしのカードも必要です。 よろしければどうぞ。 スキルなしのカードです。 デッキスライドをするにしても、一体どうやって組めばいいのか?まずは、 スライド後のデッキイメージを固めてください。 例えば、こんな感じ👇 プリズム砲を撃つ…! スライド後、かつ「きいろいサタンがアセンショ~ン! + を発動する前」の状態です。 スライドができたら「アセンショ~ン! + 」を発動します。 そして、スライド前はどう組めばいいのか?これは、スライド後のリーダーの位置を意識してください。 なお、 サポーターはスライドしません。 あとは スライドしたときのローテーションの向きを意識できればOKです。 プワープチャレンジの際は、 きいろいサタンが必ずスタメンにいるようにします。 実際にきいろいサタンを使った記事も書いていますので、そちらも併せて読んでいただけると嬉しいです👇•

次の

プワチャレ激辛Lv.99ボス4ゲージ削り!【ぷよクエ】

きいろい て の む スキル

やるき30デッキ!土星デッキとは? 今回は3スキル3ターン制という事で、土星デッキの出番です! 「土星ぷよ」などの「スキルのない」を3枚入れて、スキル発動するカードを固定する、というデッキですが…… 素材のスタック化と合わせて、素材カードをデッキに組み込めない仕様に変更、「土星ぷよ」は引退してしまいました、、! 土星役として使えるキャラカードとしては、配布の「アルルverバトル」や、「応援団シリーズ」「いねむり夢魔シリーズ」「鬼侍シリーズ」など。 これらのカードをデッキに3枚入れると、狙った3枚を光らせる事ができます。 シンプルに、セイリュウ、グレイス、シズナギのスキルで 2ターン叩くデッキです。 アルルverバトル、応援団、鬼侍の3枚を土星枠カードとして使っています。 使い方は、セイリュウ、グレイス、シズナギのスキルを発動! 開幕生成の「チャンスぷよ」を巻き込みつつ、なるべく同時消し! シズナギは3連鎖縛りのエンハンスなので、シズナギの開幕チャンスぷよを使って条件をクリアしています。 一方、さくっと倒せるボスの時は、初代砲デッキを使っていました。 サポは戦ダルルかカーテンコールのセリリ。 蒸気アルルがない時は、あるかば+まぐろ(ソマリ)+土星枠3&サポ:戦ダルルで組んでたデッキです。 アシスト依頼で体力あとちょっと!というボスなど、盤面に左右されずに毎回安定した火力の出る初代砲デッキが楽ちんでした。 ここで言う「スキルを貯めるデッキ」は、土星枠デッキで狙った3枚のスキルを光らせ! デモサバなどのスライドスキルでデッキを動かして! 控えから出てきた攻撃カードのスキルを貯めて攻撃するデッキです。 何度か落ちぷよで運良くスキル発動まで持っていけたデッキはこちら。 エニシ、デモサバ、土星枠3枚、サポはシズナギ。 スライド後は、攻撃カード3枚、エンハンス1枚、エニシ、という並びになります。 スライドデッキの使い方 今回のスライドデッキの使い方は、まずはエニシのスキルを発動して、ネクスト変換。 デモサバでデッキをスライドして、控えから攻撃カードを出します。 あとは2ターンで、チャンスぷよ&落ちぷよでスキルを貯めます。 盤面のチャンスぷよで3連鎖を達成しつつ攻撃します。 ただね~。 グレイスがいれば、スキルを貯めやすいよな~と改良(?)したデッキがコチラ。 サポにグレイスがいなかったので、しろいフェーリです。 シズナギ系を持ってないので、Wエンハンスにするために攻撃カードが1枚減ってるのが微妙ですが、さっきのデッキより安定感はUPしました。 要はスライド後のデッキに、強力な攻撃スキル4枚&エンハンス1枚が揃って、攻撃力倍率の高いリーダーになればOKです。 5色攻撃できるプリズム砲系のカード。 と、する感じ。 きいろいサタンはとっくんでスキル+にすると、 どの色のぷよを消してもスキル数が減るので、チャンスぷよの大連鎖で、どんどんスキルを加速できるので、まさにうってつけ! きいろいサタンは5色同時攻撃で攻撃力5倍になるリーダー(サポ)なので、5色同時攻撃できるプリズム砲は相性バツグンです。 5色同時攻撃できる攻撃カードとしては、 はりきるドラコ、ラフィソル、 あおぞらのシグ、すずやかなレムレス、 あかつきのドラウド3世、 あかきウィッチ、カーテンコールのセリリ、 むチューなシグ、かわったエコロ、などがあります。 「攻撃のあとに」プリズムボールやチャンスぷよを生成するスキルなら、1枚は童話系のカードでも5色同時攻撃しやすいですね。 また、シズナギなど条件のあるエンハンスだと、攻撃カード選びは難しくなりそう。

次の