格付け。 芸能人格付けチェック

芸能人格付けチェック BASIC~春の3時間スペシャル 特別編~|朝日放送テレビ

格付け

等級 脂肪交雑 肉の色沢 肉の締まり及びきめ 脂肪の色沢と質 5 胸最長筋並びに背半棘筋及び頭半棘筋における脂肪交雑がかなり多いもの 肉色及び光沢がかなり良いもの 締まりはかなり良く、きめがかなり細かいもの 脂肪の色、光沢及び質がかなり良いもの 4 胸最長筋並びに背半棘筋及び頭半棘筋における脂肪交雑がやや多いもの 肉色及び光沢がやや良いもの 締まりはやや良く、きめがやや細かいもの 脂肪の色、光沢及び質がやや良いもの 3 胸最長筋並びに背半棘筋及び頭半棘筋における脂肪交雑が標準のもの 肉色及び光沢が標準のもの 締まり及びきめが標準のもの 脂肪の色、光沢及び質が標準のもの 2 胸最長筋並びに背半棘筋及び頭半棘筋における脂肪交雑がやや少ないもの 肉色及び光沢が標準に準ずるもの 締まり及びきめが標準に準ずるもの 脂肪の色、光沢及び質が標準に準ずるもの 1 胸最長筋並びに背半棘筋及び頭半棘筋における脂肪交雑がほとんどないもの 肉色及び光沢が劣るもの 締まりが劣り又はきめが粗いもの 脂肪の色、光沢及び質が劣るもの• (1)この規格は、別記1に定める解体整形方法によって整形した冷却枝肉を対象とするものとし、温枝肉については、これを準用するものとする。 (2)この規格は、品種、年令、性別にかかわらず、いずれの枝肉にも適用するものとする。 ただし、子牛の枝肉には適用しないものとする。 (3)この規格は、枝肉の2分体で第6~第7肋骨間において平直に切り開き、胸最長筋、背半棘筋及び頭半棘筋の状態並びにばら、皮下脂肪及び筋間脂肪の厚さがわかるようにしたものに適用するものとする。 ただし、当分の間、明らかに外観上、「歩留等級」が「C」であって、かつ、「肉質等級」が「1」に該当するものと認められる枝肉については、切り開かなくても差し支えないものとする。 (4)この規格の適用については、歩留及び肉質のそれぞれについて等級の格付を行い、連記して表示するものとする。 また、枝肉に瑕疵の認められるものについては、瑕疵の状況を別記2の種類区分により等級の表示に付記して表示するものとする。 (5)「歩留等級」の適用基準は原則として「A」は別記3に定める算式により算出された歩留基準値が72以上、「B」は69以上72未満、「C」は69未満とする。 ただし、上記の規定にかかわらず枝肉が次のいずれかに該当する場合には、1等級下に格付けしても差し支えないものとする。 (6)「肉質等級」は、「脂肪交雑」、「肉の色沢」、「肉の締まり及びきめ」並びに「脂肪の色沢と質」の4者について判定するものとし、その項目別等級のうち、最も低い等級に格付けするものとする。 」という。 )No. 3(1 -)以上、「同2」はB. 1(0)とする。 」という。 )No. 3からNo. 5までのもの、「同4」はB. 2からNo. 6までのもの、「同3」はB. 1からNo. 6までのもの、「同2」はB. 1からNo. 7までのものとし、「同1」は「同5」から「同2」までに該当しないものとする。 」という。 )No. 1からNo. 4までのもの、「同4」はB. 1からNo. 5までのもの、「同3」はB. 1からNo. 6までのもの、「同2」はB. 1からNo. 7までのものとし、「同1」は「同5」から「同2」までに該当しないものとする。 別記1 解体整形方法 項目 要領 はく皮 真皮に沿ってはく皮する 頭部切断 はく皮後、後頭骨端と第1頚椎との間で切断する 内臓割去 腹側の正中線に沿って切り開き、胸骨及び骨盤結合を縦に鋸断し、肛門及び外陰部は周囲組織より分離し、横隔膜は体壁付着部より切離する 腎臓及び腎臓脂肪は枝肉に残し、その他の内臓はすべて摘出する 陰茎、精巣、乳房(未経産を除く)は切除する 前肢切断 手根骨と中手骨の間を切断する 後肢切断 足根骨と中足骨の間を切断する 尾切断 尾根部は第1~第2尾椎間で切断する 枝肉の分割 尾椎及び仙椎を縦断し、脊柱の中央に沿って左右の半丸枝肉に切断する 半丸枝肉の切開 第6肋骨と第7肋骨との間で平直に切り開く 別記2 瑕疵の種類区分と表示 瑕疵の種類 表示 多発性筋出血(シ ミ) ア 水 腫(ズ ル) イ 筋 炎(シ コ リ) ウ 外 傷(ア タ リ) エ 割 除(カツジョ) オ そ の 他 カ 別記3 歩留基準値の算式 歩留等級決定の歩留基準値は次の式により算出する。 歩留基準値=67. 37 +〔0. 049を加算して歩留基準値とするものとする。 なお、歩留基準値の加算対象となる肉用種とは、黒毛和種、褐毛和種、日本短角種及び無角和種の4品種、 並びにこの4品種間の交雑牛とする。 5 4 3 2 1 胸最長筋並びに背半棘筋及び頭半棘筋における脂肪交雑がかなり多いもの 胸最長筋並びに背半棘筋及び頭半棘筋における脂肪交雑がやや多いもの 胸最長筋並びに背半棘筋及び頭半棘筋における脂肪交雑が標準のもの 胸最長筋並びに背半棘筋及び頭半棘筋における脂肪交雑がやや少ないもの 胸最長筋並びに背半棘筋及び頭半棘筋における脂肪交雑がほとんどないもの 脂肪交雑の等級区分 等級 B. 脂肪交雑評価基準 5 かなり多いもの No. 8 ~ No. 5 ~ No. 3 ~ No. 4 1 - ~ 1 2 やや少ないもの No. 1 0 B. 1 No. 2 No. 3 No. 4 No. 5 No. 6 No. 7 No. 8 No. 9 No. 10 No. 11 No. 12 等級区分 1 2 3 4 5.

次の

格付け(かくづけ)とは

格付け

概略 [ ] 信用格付は、の発行体(政府や企業)そのものに付けられるものと、個別の金融商品(証券化商品など)に付けられるものなどが存在する。 なお、一般にニュースや、新聞等で 格付といわれているものは、 信用格付を表していることが多い。 政府や企業が、市場から資金を調達する方法として大きく、貸出市場()を利用する方法()と、を利用する方法()の二つが存在する。 前者では預金者はに預けた資金を、銀行を通じて企業などに融資をするため、企業が債務不履行に陥った場合も、銀行がリスクを負うため、預金者のリスクは間接的かつ限定的である。 しかし、後者の場合は、投資家が直接に企業や政府の発行した債券を購入し、資金を拠出するため、発行体たる企業や政府の信用リスクを直接的に投資家が引き受けることになる。 間接金融の場合は、融資先の信用リスクは、金融機関の担当者が、融資先の財務分析やヒアリングを行うことにより、判断が可能であるが、直接金融(投資家)の場合、特に個人は大抵の場合そのようなことを行うことが出来ない。 つまり、国や企業などの発行体と投資家との間に、情報の非対称性が大きく生ずることとなる。 発行体と投資家の間に、情報の非対称性が存在しない、投資家が発行体の信用リスクを完全に知っている状態である場合には、投資家はその信用リスクに応じて、を決定すればよい。 そのようにすることによって、異なる信用リスクを持っている発行体の債券であっても、期待利回りは同一にすることができる。 また、発行体の信用リスクがわからない場合は、信用リスクが低い発行体に対しても高い利回りを要求する、が発生することがある。 そのために、信用リスクについての意見を提供する信用格付は市場において重要なものである。 信用格付けの信憑性 [ ] から表面化したに端を発するでは、その格付内容が問題視されている。 等の本来は、最低の格付であるはずのローンであっても、商品組み入れの過程で他のローンと組み合わされると、一度に破綻する事はなくリスクが低下したと見なされて、としては上位の格付が付いてしまう事が多い。 例えばが、実質ジャンク債程度の信用性に留まるサブプライム住宅ローン関連証券にAAAの格付けが与えられていた。 債務分析その他手法の問題点 [ ] 数理手法の誤りによって、債務分析の不十分性が指摘される。 それはとりわけ国債の格付けに顕著である。 2002年にが格下げされた際、日本のが「日米など先進国の自国通貨建ての国債の債務不履行はありえない」として文書で抗議した。 その中で財務省は、「日本は世界最大の貯蓄過剰国、経常収支は黒字で世界最大の対外純債権国さらには外貨準備も世界最高であり、国債が極めて低金利で安定的に国内で消化されている」と主張している。 の前議長を務めていたは、そもそもはを発行できる print money ので、米国政府が債務不履行に陥ることはない zero probability of default と断言する。 そのような格付け会社の不十分な解析や、格付け会社自体のなどの結果としてリスキーな債券とそうでないものの区別が不明瞭になるケースも少なくなく、投資家など市場関係者の疑心暗鬼を招来し、に拍車を掛ける要因の一つとなってしまっていることも否定できない。 日本における格付会社 [ ] 詳細は「」を参照 日本における格付会社規制 (「信用格付業者」に対する規制) [ ] に関連して格付機関の規制の必要性が認知されるようになり、の平成21年改正により信用格付業についての規制が導入された。 定義 [ ] 「信用格付」• 金融商品又は法人(これに類するものとして内閣府令で定めるものを含む。 信用状態に関する評価の結果について、• 記号又は数字(これらに類するものとして内閣府令で定めるものを含む。 )を用いて表示した等級。 但し、主として信用状態に関する評価以外の事項を勘案して定められる等級として内閣府令で定めるものは、除かれている(金商法2条34項)。 「信用格付業」• 信用格付を付与し、かつ、提供し又は閲覧に供する行為を• 業として行うこと。 但し、行為の相手方の範囲その他行為の態様に照らして投資者の保護に欠けるおそれが少ないと認められるものとして内閣府令で定めるものは、除かれている(金商法案2条35項)。 「格付関係者」 信用格付の対象となる事項に関し利害を有する者として内閣府令で定める者をいう。 (金商法66条の33第2項) 登録 [ ] 「登録を受けることができる」 金商法66条の27 は業規制としては特徴的• 受けるメリット• 等の説明義務 格付会社の付与した信用格付を利用して顧客に株式等の購入等を勧誘する金融商品取引業者等は、その格付会社が無登録業者である場合には、無登録業者である旨、登録の意義、その他の事項として内閣府令で定める事項を顧客に告げなければならないが、その格付会社が登録業者(信用格付業者)であればかかる告知を行う必要はない 金商法38条3号。 すなわち、証券会社等からすれば、登録業者の信用格付の方が勧誘に利用し易い。 参照方式利用要件 (企業内容等開示府令が今後どのように改正されるか次第だが、上記第一部会報告書8頁によれば、)株式等の発行会社が株式等の発行にあたって有価証券届出書を提出する場合、登録業者の信用格付の付与を受けていることその他の一定の条件を満たせば、簡易な方式(参照方式・金商法第5条第4項)で有価証券届出書を作成することができる(「指定格付機関」制度(現行企業内容等開示府令第9条の4第5項第1号ホ)の廃止及び「信用格付機関」制度への統合。 )すなわち、発行会社からすれば、登録業者の信用格付を得ておくことで開示書類のコストを削減できる。 但し、上記第一部会報告書11頁及び2頁では、発行登録制度の利用適格要件から格付要件を撤廃する方向性が示されている。 BIS規制における利用 (改正の方向性によるが、上記第一部会報告書8頁によれば、)銀行の自己資本比率の計算上利用可能な「適格格付機関」となる要件として登録業者であることが求められる。 受けるデメリット• 「信用格付業者」となり、種々の規制を受ける。 申請による登録抹消(金商法66条の44) 「信用格付業者」の主要な義務等 [ ] 誠実義務(金商法66条の32)• 役職員含めて「独立した立場において」「誠実かつ公正に」業務を遂行することが求められる。 情報開示義務• 適時の情報開示 「格付方針等」を作成して公表/変更した場合も公表(金商法66条の36)• 定期的な情報開示 「説明書類」を1年毎に作成して公衆縦覧(=営業所・事業所への備置)/公表(インターネットの利用その他の方法)(金商法66条の39)。 説明書類には、体制整備の状況(上記第一部回報告書6頁)、発行者等との報酬の取決めに関する一般的な性質、格付実績に関する比較可能な情報等が記載内容として考えられる旨(上記第一部回報告書5頁)。 格付方針等遵守義務(金商法66条の36) 「格付方針等」とは、信用格付を「付与し」かつ「提供し又は閲覧に供する」ための方針及び方法。 これを作成し遵守する必要がある。 体制整備義務(金商法第66条の33)• 専門的知識及び技能を有する者の配置その他の業務の品質を管理するための措置(品質管理措置)• 格付関係者の利益を図る目的をもって投資者の利益を害することを防止するための措置(利益相反防止措置)• その他業務の執行の適正を確保するための措置 を含むとされている。 禁止行為• 格付関係者と密接な関係を有する場合における格付提供等の禁止(金商法66条の35第1号)• 格付関係者に対して一定の助言を行った場合における格付提供等の禁止(同条2号)• その他内閣府令で定める行為(同条3号) 監督 [ ]• 事業報告書提出(金商法66条の40)• 業務改善命令(金商法66条の41)• 登録取消・業務停止命令(金商法66条の42)• 報告徴取・立入検査(金商法66条の45) 格付記号 [ ] 日本における格付機関5社の格付記号は以下の通りである。 〜長期債及び発行体格付の格付記号〜 信用リスク ムーディーズ 他の4社 信用リスクが低い(信用力が高い) Aaa AAA Aa AA A 中程度の水準 Baa BBB Ba BB B Caa CCC Ca CC 信用リスクが高い(信用力が低い) C• 上記の格付記号は、格付機関により、公表している定義は異なるが概ね対応していると考えてよい。 但し実際には同一企業に対して異なる格付が与えられることもあるため、特定企業の信用力を格付で見る場合には、各格付機関の格付分布における当該企業の相対的な位置を確認する必要がある。 特に日本において格付機関間の格付格差は大きい。 ただし、近年はいわゆる新BIS規制の影響もあり、極端な差異はみられなくなる傾向にある。 例1)ムーディーズのBaaの定義「信用リスクが中程度と判断される債務に対する格付。 中位にあり、一定の投機的な要素を含む」• ムーディーズはAa〜Caaまで1〜3の数字を用いさらに細かく分類をしている。 数字が大きくなると信用リスクは高くなる。 上記の格付記号は、発行体格付及び長期債務に対して用いられるものである。 短期債務や、中小企業の発行体格付などは、別の記号が用いられる。 格付の種類 [ ] 格付会社によって名称(商品名)に違いはあるものも、代表的なものとして以下のような格付を発表している。 発行体格付• 債務者が債務を契約どおりに履行する能力を格付したもの。 長期債務格付• 長期債務に対する格付。 劣後債(無担保)の格付と、優先債(有担保)のものがあるが、通常 格付といった場合は、劣後債に対する格付、あるいは発行体格付のことを指す。 長期とは、債務完了期日までの期間が1年以上の状態を示す。 長期債務格付けがBBBないしはBaa以上の社債は「投資適格債券」「高格付債」などと、BBないしはBa以下の社債は「」「投資不適格債券」「低格付債」「ジャンク債」などということがある。 国債の発行体である、国家や地域の信用リスクを示す格付。 短期債務格付• などの、1年未満に返済される債務に対して格付をしたもの。 中小企業格付• 債券の発行を前提としない中小企業の信用力を格付したもの。 格付情報の利用 [ ] 前述のとおり、格付とは企業(発行体)および、債券の信用リスクをあらわしたものである。 信用リスクは、格付機関により、累積デフォルト率などの形で公表されている。 機関投資家などは、ポートフォリオを組む際に、この情報を参考データとして活用している。 公表されている各種デフォルト率は、過去の実績を統計として表しているものであり、将来的に期待するべきデフォルト率を示しているものではない。 これはあくまでも統計データであるため、集計対象となる発行体、標本数、および観測開始日、観測期間などによって算出される累積デフォルト率も影響される。 従って、今日、B格の債券のみ100銘柄で組んだポートフォリオのうち、今後3年以内に10%(10銘柄)がデフォルトすると推測するものではないことに注意を払う必要がある。 それは、組まれたポートフォリオの性質や今後の事業環境が、デフォルト統計の基となったものと異なる蓋然性が高いため。 更に、格付け機関各社のデフォルト実績を比較する際には、統計データ算出方法が統一されていない点を留意する必要がある。 また、格付とはあくまでも、信用リスクをあらわしたものであるので、高い格付けを付与された企業が、社会的評価が高いなどといった判断は誤っている。 いまだに、マスコミ等の報道では格付の意味を取り違えているものが見受けられるので、十分に注意して取り扱う必要がある。 格付の手法 [ ] 格付には大きく次の3つの手順を経て公表される。 定量分析• 過去の財務諸表を分析し、将来の財務の状態(主に償還財源と債務のバランス)を予測する。 定性分析• 当該企業へのヒアリングなどを行いそのデータを分析する。 格付機関による会議• 定量分析や定性分析によって、アナリストが分析した決めた格付を最終的に判断する。 概ね上記のような手順を踏み格付は発表される。 なお、発表された後も、格付機関は常に財務分析や、ヒアリングなどを行い信用リスクが上昇あるいは低下したと予想された場合、直ちに格付の変更を行うアナウンスをする。 なお、これらの手順で、格付機関は未公表のデータを扱うこともある。 そのため格付機関には守秘義務が課せられている。 脚注 [ ]• CNBC 2011年8月7日• ボーム Bloomberg 2011年8月19日• ZAKZAK 2011年8月24日(2011年9月18日時点の)• 上記第一部回報告書6頁は「格付対象となる金融商品を担当アナリストが保有している場合」を例として挙げる。 参考文献 [ ]• 黒沢義孝 『「格付け」の経済学』 PHP研究所〈PHP新書〉、1999年。 黒沢義孝 『格付け講義』 文眞堂、2007年。 島義夫 『格付け会社 : 格付けの限界と上手い利用方法』 ライフ社、1998年。 外部リンク [ ]•

次の

A+とは

格付け

2019年現在のIT業界。 新卒では非常に採用が多いです。 しかしこれからの IT技術はグローバル企業によって「簡単に」なっていきます。 クラウドでの実装が当たり前になり、顧客はIT企業にSIとして構築をお願いする場面が急速に減っていきます。 金融系の大規模プロジェクトは2025年頃には終わっています。 Javaプログラマをはじめ、 下請けから仕事が無くなっていきます。 公共系の無駄なIT投資に関しても厳しい目が向けられ、現状より予算が多くなる事は無いでしょう。 Web系もGAFAのプラットフォームをユーザ企業が自ら利用するようになります。 現状の低月給から抜け出ることは難しいでしょう。 とはいえ、やりたい事がない人にオススメなIT業界。 この IT業界を目指す場合は、上から順に企業を選んだ方が安心です。 さて、大手のIT企業であっても、 オススメ度の低い会社はあります。 また中堅規模であっても、良い会社や特徴があります。 A、B、C、Fの格付けランク付の説明は下記通りとなります。 ・Aは何も考えることなく良い企業です ・Bは普通に良い企業です ・Cは特徴や社風、若手の活躍チャンスがあるかどうかを見るべき企業です ・Fは総合的に考えて、新卒で入社すべきでないと思われる企業です。 買収などにより存続される可能性が高いので、企業そのものを将来性を予想するものではありません。 これらリストを視聴者さんからご提供をいただきましたので、公開致します。 視聴者さんはみん就ユーザによるこれらランキングを発見。 しかし就活を通じていろいろな社会人にインタビューをし、 実態のランク付けをしたそうです。 元々のみん就さんのランキングは 第1位〜49位のリストが下記です。 視聴者さんの鋭いコメントが光ります。 人気度 企業名 オススメ度 コメント 1 NTTデータ A 時間をかけて成長する。 公共系がエリート。 2 富士通 C 転職希望者が多数 3 グーグル S 新卒難易度高すぎ。 中途はそうでもない。 4 楽天 B 新卒での学びの場としては良い。 市場の急速なオワコン化に手が打てていない。 5 SCSK C まったり派には良い。 昼時間にオフィス周りに行けばわかる。 6 アクセンチュア B ドライな文化で大量採用。 昇進には強運と実績が必須。 転職は明るい。 7 伊藤忠テクノソリューションズ CTC B 体育会系 8 ヤフー B 楽天と同じ 9 野村総合研究所 NRI A IT業界の特殊部隊。 1社の経営戦略をも担うガッチリ型。 成長速度緩めだが、福利厚生が良い。 10 NEC 日本電気 F もう持たないと思われる 11 日立製作所 B NTTデータと併願するのが良い。 今後金融系に穴が空いてくる。 12 LINE B ITサービスとして潜在能力高め。 今後の成長はあなた達次第。 13 日本アイ・ビー・エム C 本体の経営がもたない可能性アリ。 AIはハリボテ。 独自性を失う。 利益の大部分を稼ぎ出す金融系が今後大冷えする見込み。 14 新日鉄住金ソリューションズ NSSOL B SCSK以上NRI未満 15 Sky C ニッチ市場のため仕事に面白みを見いだせるか。 絶対飽きる。 16 TIS C 慎重な人事と経営。 若手の活躍チャンスは少なめ。 17 アビームコンサルティング B 風通しの良い社風と教育体制が充実。 現政権の維持と外資による買収が今後の鍵となる。 18 NTTコミュニケーションズ C 大変優秀な社員がものすごくつまらない仕事をしている。 19 アマゾン ウェブ サービス ジャパン AWS B 非常に強い製品力が魅力。 一方で目標管理は厳し目で、能力に自信のある人向け。 20 オービック C 競合が強くなり、オワコン化が進む。 21 日本マイクロソフト A まったりな社風。 管理職になると風当たりと人間関係に悩まされる。 22 日立ソリューションズ B 医療系やセキュリティなど、1部領域に強み。 今後、親会社や兄弟会社との統廃合に巻き込まれる可能性が高い。 23 日本ユニシス C ニッチ領域に強いものの、成長戦略は微妙。 24 大塚商会 B 販売力がつくため、営業の勉強にはピッタリ。 転職偏差値も高い。 25 NTTコムウェア C 要は保守会社。 安定収益を失っていく。 高齢者の人材コスト負担が重すぎる。 再編必至。 26 ワークスアプリケーションズ F 5年以内に消えてもおかしくない 26 富士ゼロックス B OA機器はオワコンであるものの、堅実経営により収益性は悪くない。 28 NECソリューションイノベータ F 親会社に同じ 29 日立システムズ B 体育会系。 親会社が担当しない中堅企業以下の顧客を担当。 今後の再編必至。 30 三菱総合研究所 B 仕事はぱっとしないものの、グループの安定力が維持されれば大丈夫。 今ひとつであれば子会社でSI担当になる。 31 大和総研ホールディングス B 上記に同じ 32 ぐるなび B 楽天と同じ 33 ディー・エヌ・エー C 学ぶ余地が残されていない感がある 34 サイボウズ B それほど高くない給料でまったり生きていきたい人向け。 35 日本総合研究所 C 総研として仕事はもたない。 SI企業へ異動を想定して選択を。 36 PwC Japan B 急速に成長している中で、ギスギス感は少なめ。 37 都築電気 C IT業界と言うには微妙。 IoTで当たる可能性もアリ。 38 日本ヒューレット・パッカード C IBMよりも急速にオワコン化する 39 富士通エフサス C 体育会系のトップ層とモチベーションが低い社員が特徴。 本体業績の悪化は必至で、再編も必至。 40 電通国際情報サービス ISID B 直販比率が高く、高収益を維持できる。 電通のイメージは無いので注意。 どちらかと言うとNRIに近い。 41 NTTデータ アイ B 微妙なニッチソリューションをワーク・ライフ・バランスを維持しながらまったりお仕事 42 インテック C こちらはTISと考えたほうが良い 43 富士通マーケティング C 体育会系。 親会社が担当しない中堅企業以下の顧客を担当。 日立システムズよりは能力が高い。 44 デロイト トーマツ コンサルティング B PwCより少し下がる。 方向感が無い。 45 キヤノンITソリューションズ B ワーク・ライフ・バランスを維持しながらまったりできる。 46 ニッセイ情報テクノロジー C 外販が伸びる事はないため、再編が予想される。 47 東京海上日動システムズ C 上に同じ 48 ソフトバンク・テクノロジー C 仕事はキツイ。 資格取得などで、転職余地はある。 49 リコー F もう持たない 50位以下のリストはこちらです。 IT業界が冷え込んだとしても、転職は可能です。 特に若手の活躍チャンスがあるかどうか?という事を考えましょう。 人気度 企業名 オススメ度 コメント 50 JSOL B 比較的良い社風で、教育体制がしっかりしている。 51 富士ソフト C ほとんどの人は要員派遣。 門戸が広いため、たまにスーパーマンが登場する事もある。 51 日本オラクル C 売れないクラウドに配属されるとキツイ 53 みずほ情報総研 C ニッセイ情報テクノロジーと同じ 54 第一生命情報システム C 上記に同じ 55 JR東日本情報システム B まったり派にはピッタリ。 業者を叩く事に慣れると転職ができなくなるので注意。 55 パナソニック インフォメーションシステムズ C パッとしない 57 ANAシステムズ B JR東日本情報システムに同じ。 安定性は低い。 58 ユニアデックス C 日本ユニシスに同じ 59 三菱UFJインフォメーションテクノロジー C ニッセイ情報テクノロジーと同じ 60 キヤノンマーケティングジャパン B 営業力という意味では大塚商会に軍配。 マーケティング系であればこちら。 61 富士通エフ・アイ・ピー C 保守会社。 今後の再編が必至。 61 グリー C 当たるとデカイ 63 ドワンゴ C いい加減な社風の中で天才の入社を待っている 63 バッファロー C エンジニアとして入社するべき。 仕事はキツめ。 65 日本ビジネスシステムズ JBS C 優秀な社員の流出が続く。 若い頃の成長の余地はある。 65 京セラコミュニケーションシステム C 方向感無し 65 アイ・エス・ビー C 仕事がキツイ 68 パナソニック システムデザイン C パッとしない 69 トヨタコミュニケーションシステム C パッとしないが、トヨタ関連のイノベーティブな仕事ができる可能性も。 でもNTTデータグループ。 73 アビームシステムズ B 名古屋地区での中規模ビジネス(親会社関連)を担当 74 ジャステック C 強いビジネスは無いものの、若手の勉強機会は多い。 75 シンプレクス C 金融系に強いため、その落ち込みの反動を受ける可能性が高い。 転職偏差値は低め。 80 ソニービジネスソリューション C キヤノンマーケティングジャパンのソニー版。 81 鉄道情報システム B 盤石の安定感。 転職は考えない。 資格取得の上、ITインフラ系での転職偏差値も高め。 89 リコージャパン F もう持たないと思われる 91 かんぽシステムソリューションズ C ニッセイ情報テクノロジーと同じ 92 内田洋行 C 大塚商会未満で似たような仕事 93 沖電気工業 F もう持たないと思われる 93 アイ・エム・ジェイ C 若手の活躍チャンスが多い 95 日立ソリューションズ・クリエイト C グループの中では最下層 96 東京ガスiネット C なぜ親会社を考えない? 96 NTTデータCCS B 腐ってもNTTデータ 96 NTTデータMSE B 腐ってもNTTデータ 99 フューチャーアーキテクト B 宗教的なリーダーシップの可否で判断を。 仕事面はキツイが学びの機会が多い。 100 日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ C 三菱グループの仕事での安定感はアリ。 外販での評価は微妙。 101 SOMPOシステムズ C ニッセイ情報テクノロジーと同じ 102 シーエーシー C 特定領域に強みがあるものの、金融系の落ち込みがどうか。 103 インターネットイニシアティブ B 給料は高くないものの、若手の活躍チャンスはある。 社風も良好。 優秀な技術者が多い。 103 NECネクサソリューションズ F 親会社と同じ 105 オービックビジネスコンサルタント C 強い競合が登場しているため、徐々にオワコン化。 106 丸紅情報システムズ C 丸紅という名前が無ければ、コピー機を売らない富士ゼロックスな感じ。 106 パーソルプロセス&テクノロジー C 商品力が弱い 108 NRIデータiテック C どうしても親会社と比較してしまうという人には向かない 109 三菱電機インフォメーションシステムズ C 金融系の落ち込みが予想されるものの、要員が多すぎるわけではないので、再編にも耐えうる。 成長余地のあるニッチ市場のため、生き残る可能性が高い。 115 インテージ C 若手の活躍チャンスはアリ 116 さくら情報システム C ニッセイ情報テクノロジーと同じ。 こちらは再編予想高め。 116 アシスト B 大塚商会のソフトウェア版。 若手の活躍チャンスはあり、転職偏差値も高い。 116 ニフティ C どこまで持つかの勝負 119 DTS B 若手の活躍チャンスはアリ 120 オージス総研 C 比較的外販に強いが、高齢化が問題で、若手の活躍チャンスが見えない。 120 NTTデータソフィア B 腐ってもNTTデータグループ 120 三菱電機インフォメーションネットワーク C 再編が必至 123 関電システムソリューションズ B 安定感が高い。 転職偏差値は低い。 123 NSD C 若手の活躍チャンスはアリ 125 NRIネットコム B どうしても親会社と比較してしまうという人には向かない 125 船井総合研究所 B 今のところ業績は安定。 若手の活躍チャンスはアリ。 125 EMCジャパン C 転職で入社した方が良い 125 NTTアドバンステクノロジ C 今後の再編は必至 129 JFEシステムズ B まったり感が高く、業績も安定基調。 親会社の業績に関係なく、独立可能。 129 富士通ネットワークソリューションズ C 親会社に同じ 129 ヤマトシステム開発 B 非常に高度な物流システム開発が魅力 132 日本ATM C ATM好きならどうぞ 133 システナ C 若手の活躍チャンスはアリ 134 アイネス C 上に同じ 134 NECフィールディング C 親会社の業績に影響はあるものの、独立可能。 134 アイエックスナレッジ C ホームページが微妙 137 スタートトゥデイ F 10年後に無くなっている可能性がある 137 ニッセイコム C 日立とのつながりがある。 パッケージビジネスはオワコン化が必至。 137 NTTデータジェトロニクス B 腐ってもNTTデータグループ 140 三井情報 C 元々は独立した会社を集めて作られたため、三井を意識する必要は無い。 但し決定的な強みが無い。 140 兼松エレクトロニクス C CTCと比較しないように 140 中電シーティーアイ B 抜群の安定感 140 東芝情報システム C 急速に士気低下中 140 三菱電機メカトロニクスソフトウエア C 大化けの可能性もアリ 145 リコーITソリューションズ F もう持たないと思われる 145 日本システム技術 C ニッチ市場に強み。 仕事が退屈な印象。 145 NTTネオメイト C 保守会社なので、管理部門であれば安定感あり。 148 PFU B 保守会社、キーボードやスキャナなど開発会社の側面もある。 独立した方が業績が伸ばせそうな会社。 148 中央コンピュータシステム C 70年台の雰囲気が漂う 148 東芝デジタルソリューションズ C 大化けの可能性もアリ いかがでしたでしょうか? 視聴者さんの素晴らしい調査でしたね。 IT業界では、1つの顧客案件にIT企業が群がり、受注獲得を目指します。 つまりやっている仕事は同じなのです。 利用技術はほとんど海外製ですから、差別化も難しいのです。 どの軸で企業を選ぶか?正直なところ企業規模くらいでしか分からないでしょう。 実際にはインターンシップへの参加、企業研究を通じて、感覚で企業を選ぶ。 できればIT業界ではなく、実業の軸を持った上でIT業界を評価する。 これにより答えに近づく気がします。 2019年1月18日現在YouTubeの「IT業界」のキーワードでNo. 1の動画がこちらです。 IT業界では外資系企業が勝ちます。 単純に開発費用が違うのです。 そして日本では実験プロジェクトができない。 これを繰り返す事で日本のIT業界は世界での存在感を失いました。 とはいえ、ITというのはそもそも利用するもの、外国の会社のIT技術を利用して、 日本の強いドメインで勝負しましょう。 Utsuさん 1976年1月生まれ〜外資系サラリーマンとして20年勤め上げ独立〜日本が一流の国であり続ける事に貢献したい人〜詳細経歴はLinkedInボタンより〜 1976年1月愛媛県愛南町生まれ 自称 日系大手企業の内情に世界一詳しい男 1998年 宮崎国際大学卒業後、ネクストコム株式会社入社し、IT通信機器の営業マンとなる。 2000年 外資系IT企業 i2 Technologies にてSCMパッケージソフトの営業マンとして売上世界No. 1を2年連続で達成 2002年 26歳で執行役員 東日本営業統括本部長に就任し、数々の巨大サプライチェーンプロジェクトを通じて日本の巨大製造業の改革に従事する。 2005年 30歳までの18ヶ月間、海外を放浪しながらWeb Programming技術を習得しサービス運営を行う。 2006年 30歳で日本に帰国。 Symantec日本法人でセキュリティ製品部門責任者、SAP日本法人で中堅規模市場とパートナー部門の責任者を勤めた後、独立。 2017年7月より 外資系企業の日本進出支援のコンサルティング業を行う傍ら、YouTubeにて若者の地力を上げるコンテンツを配信している。 〜スコティッシュフォールド 茶々丸 とマンチカン チビ とノルウェージャンフォレストキャット あねさん の猫3匹と一緒に港区六本木在住〜•

次の