休業 補償 緊急 事態 宣言。 「緊急事態宣言」で休業手当が受け取れない可能性 労使で見解相違も

緊急事態宣言でアルバイトの給料はどうなる?休業補償は?|そよかぜの今日もワクワク

休業 補償 緊急 事態 宣言

今日、緊急事態宣言が出される見通しが明らかになった。 そんな中で、次のような厚生労働省の発言が社会の不安をかき立てる事態となっている。 によれば、厚生労働省は、緊急事態宣言で「ライブハウスや映画館などが営業停止した場合の社員への休業手当について」、「本紙の取材に「休業手当の支払い義務の対象にならない」との見解を明らかにした」というのである(なお、後述するように、厚生労働省は東京新聞の報道が誤りだと主張している 4月7日加筆)。 この問題は3日の衆院厚生労働委員会でも野党議員に追及され、厚生労働省の坂口卓労働基準局長は、同宣言に基づいて営業停止の要請・指示がされた場合、「労働基準法上、不可抗力として休業するものであれば、使用者に休業手当支払い義務は生じないと考えられる」と説明したという()。 問題は、緊急事態宣言が出され、休業手当が企業から支払われなくなった場合に、他の代替策を政府が明確にしていないということだ。 その状況で、緊急事態宣言がだされるということが、「先に決まってしまった」ということなのである。 生活保障がないままに、大規模な行動制約が一方的にだされてしまうのでは、社会不安が激増していくだろう。 多くの生活困窮者が発生し、自殺者が出ることも懸念される。 本記事では、政府の対策の問題点を労働相談の現場の実態から指摘しつつ、海外の対策とも比較してみたい。 休業手当とは そもそも、今回問題となっている休業手当とは、コロナ関連で社員を休ませた場合に企業が労働者に支払う賃金保障のことである。 この規定の「使用者の責に帰すべき事由」とは、不可抗力による場合を除き、「使用者側に起因する経営、管理上の障害を含む」と解されている。 そのため、新型コロナウイルスへの感染が広がる中でも、企業側には休業手当の支払い義務が、これまではあったわけである(ただし、適切に支払われない事例は多発しているが)。 この労働者にとっての「命綱」ともいうべき休業手当がなくなってしまったら、どれだけ多くの人の生活が脅かされるか、想像するのはあまりにも容易なことだろう。 雇用調整助成金が利用されなくなる可能性 次に、政府は休業手当を支払う企業の側に配慮して、「雇用調整助成金」を特例措置として支給する政策を打ち出してきた。 今回の厚労省の発言は、この政策にも重大な影響を与える可能性がある。 今回実施されている雇用調整助成金の特例措置は、新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業主を対象に支給要件の緩和などを行うものだ。 この制度があれば、企業は事業縮小の中でも従業員を解雇せずに休業手当を支払うことができる。 ところが、休業手当の支払い義務がなくなってしまった場合、この「雇用調整助成金」の適用は大きく制限されてしまう可能性があるのだ。 それというのも、政府は緊急対策で割合を引き上げているものの、雇用調整助成金は休業手当の「全額」を保障するものではないため、現在でも休業手当を支払わないで、解雇してしまおうとする事業主は後を絶たないからである。 繰り返しになるが、労働相談の現場ではすでに助成金を企業が申請してくれず、「無給で休業させられている」(違法状態)という相談が後を絶たないのである。 この状態が合法となり、助成金の政策も無効化してしまうと言うことだ。 (4月7日追記)なお、末尾に記したように、厚生労働省は東京新聞の報道に対し、誤りだと主張している。 厚労省としては休業手当を出す義務のある場合も、出す義務がない場合もあるという主張だからであろう(後述)。 また、休業手当を支払えば雇用調整助成金は基本的に支給するという。 しかし、支払いの義務があるかどうかの基準は明確に示されておらず、「義務がある場合もない場合もある」と言われれば、経済状況が苦しい中で「とりあえず出さない」という経営者が増大してしまうだろう。 この点は、次に見る、雇用調整助成金のそもそもの「不備」に関わっている。 雇用調整助成金のそもそもの「不備」 次に、政府が雇用対策の中心に据えてきた「雇用調整助成金」の政策自体にも不備があることを指摘しなければならない。 第一に、未だに「特例措置」の詳細すら明らかではないということだ。 雇用調整助成金のさらなる特例措置が、厚生労働省によって公式発表されたのは今年3月末で、現在はホームページにも概要は公開されているのだが、4月5日時点で、まだ詳細が明らかになっていないのだ。 私たちがハローワークや、厚生労働省の雇用調整助成金コールセンターに電話で確認したところ、 「厚労省からまだ正式な通達が来ていないので、詳細は答えることができない」と回答されてしまった。 申請から支給まで、どの程度の期間がかかるのかもわからない。 中小企業からすればこれは死活問題であり、数ヶ月などではなく、申請後に一刻も早い支給が望まれるが、その見通しすらないのが現状なのだ。 また、実際に会社が労働者に休業手当を支払ってからでないと助成金は支給されないのかについても、私たちが取材したハローワークの担当者は把握していなかった。 これでは経営者が「助成金の存在は知っているが、それを頼りにできるかわからない」と考えてしまっても無理はない。 助成金の詳細がわからないということを理由として、既に解雇に踏み切ってしまった会社も少なくないだろう。 厚労省による助成金についての詳細発表が求められている最中に、今度は「休業手当が必要なくなる」という情報が飛び回っているのである。 雇用調整助成金を中心とした政策の第二の問題点は、労働者側からの請求権がないということだ。 これは、こども休校に伴う休業手当を出す制度と同じだが、あくまでも助成の対象は企業であるため、企業が申請しなければ、労働者は制度を利用することができないのである。 そのため、別の記事でも紹介したように、労働者側が労働組合に加入して、企業に団体交渉を申し入れ、雇用調整助成金の利用を求めざるを得ないというケースも出ている。 個人単位で請求できる生活保障制度を一刻も早く作らなければ、休業手当もなし、雇用調整助成金も利用されない、その他に何も補助されない、という状況にもなりかねないのである(尚、労働相談窓口については末尾も参照)。 本当に、休業手当はなくなるのか? さらに、労働事件を専門とする弁護士たちからは、そもそも厚生労働省の、緊急事態宣言で休業手当の支払い義務がなくなるという見解は「間違いだ」という声が出されている。 冒頭の東京新聞の記事でも、日本労働弁護団幹事長の水野英樹弁護士が(休業手当の不払いは)「違法と考えるが、最終的には裁判所の判断に委ねられる」とコメントを寄せている。 また、東京大学名誉教授の菅野和夫氏の著書(最も読まれている労働法の体系書)においても、休業手当については次のように記載されている。 休業手当支払義務を生ぜしめる休業の事由としては、一般的には機械の検査、原料の不足、流通機構の不円滑による資材入手難、 監督官庁の勧告による操業停止、親会社の経営難のための資金・資材の獲得困難 昭23・6・11基収1998号)などが考えられる (菅野和夫『労働法』第12版、457-458ページ、太字は引用者による) しかし、このまま緊急事態宣言が出されてしまい、厚労省が「支払わなくてよい」(厚労省の意見を正確に反映するならば、「支払わなくてもよい場合もある」)という見解を広げていけば、結局たくさんの企業で不払いが生じ、労働者は「あとから裁判で請求できる」というだけになってしまう。 それでは、この緊急事態の中で救済されないし、多くの労働者の不安は募るばかりである。 政府が適切に政策として休業中の保障について手立てを考えなくてはならないはずだ。 海外の政策は? 最後に、海外の対策はどうなっているだろうか? 簡単に紹介していこう。 香港では18歳以上の市民に現金約14万円支給される。 アメリカでは年収7万5千ドル(約825万円)以下の大人1人につき現金1200ドル(約13万円)、子ども1人につき500ドル(約5万5千円)を直接支給。 さらに失業給付を拡大し、自営業やフリーランスにも適用することを決定している。 イギリスではすべてのレストランやパブ、スポーツジムなどを閉鎖することを決定し、企業の規模を問わず休業せざるをえなくなった従業員の賃金の8割を保障する(最大約33万円)。 フランスでも休業する労働者の賃金を100%補償し、小規模事業者やフリーランスにも第1弾として1500ユーロ(約18万円)を支出する。 ドイツも自営業者などに3カ月で最大9000ユーロ(約108万円)を保障するとしている。 デンマークでは、大量解雇を防ぐために、常用雇用の労働者には賃金の75%(最大約37万円)、時間給の労働者には賃金の90%(最大約42万円)を保障する。 スェーデンでは、新型コロナウイルスによる影響で短期休業する場合、賃金の90%が保障される。 韓国、香港、アメリカは現金給付による対策を講じているのに対して、ヨーロッパ各国は労働者の賃金を政府が保障するかたちで対応していることがわかる。 これらと比較して、日本の政策は出遅れ感が否めない。 緊急事態宣言が出されるという状況になるまで、どうして生活保障の整備をすることが後回しにされてしまったのだろうか? コロナ対策を成し遂げるためにも、生活上の不安を取り除くことが絶対に不可欠だ。 生活保障がなければ心の健康が保てないだけではなく、無理にでも何かの仕事をしようとせざるを得ない。 この点を軽視した感染症対策はあり得ないといってもよい。 政府には早急に生活に目を向けた対策を充実させて欲しいと願うばかりである。 4月7日追記 厚生労働省の答弁の実際を検討 問題の厚生労働省の答弁は、で確認することができる。 この動画でのやり取りを要約すると次の三点にまとめられる。 緊急事態宣言が出て不可抗力の場合は休業手当を払う義務が無い。 不可抗力の場合とそうでない場合がある。 企業が休業を回避するための具体的な努力が行われていなければ、休業手当の支払いの必要性がある• 休業手当が支払われれば雇用調整助成金が払われる。 そのように周知する。 要するに、厚生労働省は「休業手当が出す義務がある場合も、出す義務がない場合もある」という主張をしているのだ。 これをもって、東京新聞の報道は間違っているとの主張も与党議員が拡散している。 だが、このように主張しても、問題は何も解決していない。 結局、「出す義務がない」場合があると厚労省は言っていて、「出す義務がない」と判断して、企業が実際に休業手当を支払わなかった場合の救済の手立てを用意していないからである。 この点では、「出ない場合もある」といっているのだから、東京新聞が誤報だとまでは言えない。 また「出す義務がある」「出す義務がない」の基準は何も明確にされておらず、事後的に判断しても救済されないことは、本記事で述べてきたとおりである。 さらに、雇調金の手続きが実際に進んでいないことも、考慮していない。 確かに、休業手当を支払った場合に、前提として雇用調整助成金を支払うという点は重要だ。 しかし、現状でも支払われない経営者が多数いるのである。 現状に鑑みれば、「義務があるのかは、どちらともいえない」というあいまいな態度をとることで、「とりあえず出さない」という経営者が増えてしまうことは明らかだろう。 そして、「事後的に裁判してくださいね」といわれても、労働者にはどうしようもない。 国は、休業の増加に対し経営者の判断によらない一律の保護制度を用意し、休業させられた労働者を一律に保護するような制度設計をすべきである。 そもそも、緊急事態宣言が出され、休業手当の基準があいまいになることは事前にわかっていたはずだ。 このような論争をしている場合ではない。 一刻も早い、実効的な対策が求められる。 jp *筆者が代表を務めるNPO法人。 訓練を受けたスタッフが法律や専門機関の「使い方」をサポートします。 03-6804-7650 info sougou-u. jp *個別の労働事件に対応している労働組合。 労働組合法上の権利を用いることで紛争解決に当たっています。 022-796-3894(平日17時~21時 土日祝13時~17時 水曜日定休) sendai sougou-u. jp *仙台圏の労働問題に取り組んでいる個人加盟労働組合です。 03-3288-0112 *「労働側」の専門的弁護士の団体です。 022-263-3191 *仙台圏で活動する「労働側」の専門的弁護士の団体です.

次の

緊急事態宣言で従業員は逆に補償が貰えなくなる? 自粛企業の休業手当支払い義務消失、加藤厚労相は「まあお願いしていく」と曖昧回答|LITERA/リテラ

休業 補償 緊急 事態 宣言

Contents• しかし、興味深いニュースが先日報じられていました。 【宣言延長 大型連休中に判断か】 政府は新型コロナ感染拡大防止のため、5月6日を実施期限としている緊急事態宣言について、4月29日からはじまる大型連休中に延長の是非を判断する予定。 専門家による諮問委員会の判断を踏まえて決める。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics もうすぐ始まるGWに向けて、帰省せずオンラインで帰省してほしい・高速道路の休日割引が今年のGWについては適用されないことが発表される・などが取り上げられていますよね。 2020のGWは閑散としたGWになりますがお家時間をどのように楽しむか、という視点も大事になってきますよね。 緊急事態宣言は5月6日まで。 その日に宣言解除できるとは到底思えない。 次は5月末日まで?安倍首相がこれまで2週間が瀬戸際と言い続けて8週間。 ダラダラ期間延長するのはいい加減にしてほしい。 中途半端な自粛や休業要請で補償をケチるからいつまで経っても終息が見えない。 終息させるためにはだらだらやるより一気にやる方が効果的なのでしょうか… ほら来た 【速報】緊急事態宣言、期間延長の必要性を来週末にも議論=関係筋 因みに、ハーバード大学は「2022年まで外出自粛すべき」と予測。 — 箱コネマン HAKOCONNEMAN ハーバード大学の見解が凄すぎます。 2022年までですよ?あと2年もこの状況は続くと予想しているということなのでしょうか。 岐阜市が5月31日まで休校を延長、と。 東京都千葉県神奈川県埼玉県、愛知県大阪府も早く決断をお願いいたします。 緊急事態宣言が全国に拡充したので、こういうときこそ全国一斉休校を文部科学省は出すべき。 萩生田大臣。 岐阜県は特定警戒都道府県に指定されているので、この判断は悪くないと個人的にも思います。 文科省はどう動くのでしょうか。。 外出自粛!お家にいてください。 緊急事態宣言延長の可能性は?延長と休業補償はセットになる? 緊急事態宣言が仮に延長になったとして、休業補償はどうなるのでしょうか? 飲食業界やタクシー業界など数え切れないくらいの業種に影響が出ている新型コロナウイルスによる緊急事態宣言。 緊急事態宣言が出てから、各地方での補償にバラツキがあり(財力の問題などが絡んでいるようで一律に、となると国が管轄するしかないと言われていますよね)それによって会社・店舗を構えている地域ごとに補償の差が生まれてしまっているのが実情です。 延長となるとさらに多額の財源が必要となってくるので、国・地方としても苦しくなることは十分考えられます。 しかし、補償がないと倒産することになってしまう会社や店舗も出てくルことが考えられるのでそれは絶対に避けたいですよね。 要請するならやはり経済的補償は必要不可欠なのです — 本川越 CLUB PROSPER CLUBPROSPER2 緊急事態宣言延長なんじゃない? もっとしっかりした休業補償が必要なんじゃない? 布マスクより — tom tom9551 当然だよね。 緊急事態宣言も延長だろうから、いち早く給付と補償を。 景気急速に「悪化」11年ぶり — spike(スパイク) chamoto2010 オリンピック延長するかしないか、緊急事態宣言出すか出さないか、補償は出るのか、緊急事態宣言延長するのかしないのか 決定するスピード遅過ぎんか 政府を否定したことこれまで無いけど、流石に後手後手過ぎないか笑 — ネキロム z2EfyPCMFs6FJjk 緊急事態宣言延長の可能性は?在宅勤務リモートテレワークも延長に? 緊急事態宣言に基づき出社人数を7割〜8割削減している企業が多いですが、緊急事態宣言が延長となったら在宅勤務やリモート・テレワークについても引き続き継続の依頼が出されることが考えられますよね。 今の所延長の可能性があることについて報じられている段階ですが、5月に入ってからテレワーク化が開始する企業があるようです。 その為には緊急事態宣言も延長すると早めに言ってほしい。 ギリギリになって延長することになったら、また夫と私のスケジュール調整が急に必要になる。 二人ともテレワーク出来ない それに、私の精神の調整も… — *りせ* radnelac58697 緊急事態宣言が延長になって在宅勤務かどうかだけでなくそれによってお子さんを保育園へ預けている方々は保育園や学童がどうなるのか調べたりしないといけなく、精神的にも負担が大きいと悩まれているかたもいらっしゃいますね。。。 緊急事態宣言。 欲を言えば、GWに入る前には延長要否の結論を提示してほしいものだよ。 緊急事態宣言延長の可能性は?ゼネコン現場停止も延長に? 緊急事態宣言を受けて、清水建設や大林組、鹿島建設など大手ゼネコンは7都府県などの現場を一斉にストップさせています。 工事現場では多額のお金が動いているため、現場がストップしていることで様々な業種や職人さんへの影響が出ています。。。 引き続き政府や安倍総理の発言を追っていきますので延長が発表されましたらこちらでもお伝えしていきますね。 不要不急の外出を控え、買い物は代表の方が行く、お家時間を楽しく過ごす、など私たちにできることはたくさんあります。 コロナが早く終息するよう私たちも意識をさらに高めていきましょう!.

次の

新型コロナウイルス(COVID

休業 補償 緊急 事態 宣言

新型コロナウイルス問題で、東京など7都道府県で4月8日から「緊急事態宣言」が発効した。 これで都道府県知事がライブハウスや映画館、劇場などの施設に対し、法的な根拠をもって営業停止を要請・指示できるようになる。 ただし、制限を広くしたい都と経済への影響を懸念する国との間で、要請をかける業種について調整が続いているようだ。 要請をめぐっては、営業停止にしたとき、労働者が「休業手当」(平均賃金の6割以上)を受け取れるかが不明確という論点もあり、行政の対応が注視されている。 「労基法26条(休業手当) 使用者の責に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は、休業期間中当該労働者に、その平均賃金の百分の六十以上の手当を支払わなければならない」 しかし、要請を受けての休業が、「会社都合」なのか、休業手当を支払う必要がない「不可抗力」なのかは判断が難しい。 「宣言がなされ、個々の施設の使用自粛がなされたからといって、直ちに一律に休業手当を支払わなくても良いということにはならない」 不可抗力かどうかを考えるうえでは、労働者に自宅勤務などをさせられないか、ほかの業務を割り振ることはできないか、といった点などを総合的に考慮するという。 厚労省(労働基準局監督課)に確認したところ、緊急事態宣言そのものは判断を大きく変えるものではなく、従前通り、個別具体的に判断するとの回答があった(4月7日)。 しかし、要請に法的根拠が生まれる緊急事態宣言後はどうなるのか。 この点については、労使双方に言い分がありそうだ。 労働者側からは、会社の苦境は理解しつつも、要請を拒否しても罰則がないため、あくまでも休業は「会社の意思」になるとして、支給が認められるケースが多くなるという意見がある。 一方、企業側からすれば、自粛要請に法的根拠が与えられる中、引き続き営業を続ければ、非難される恐れもある。 事実上、営業の継続は難しいなどの主張がされている。 そもそも、新型コロナで需要が減り、休業せざるを得ないということもあるだろう。 そのために、休業手当の原資がないということも想定される。 もしも、労働者が不支給を不服に思ったらどうすればいいのか。 厚労省によれば、地域の労働基準監督署などに相談してほしいという。 しかし、労基署の監督、指導で解決しなければ、裁判で決着をつけることになる。 労働者にはそこまでの余裕はないだろう。 また、企業にそもそも休業手当を払う義務がないとなったとき、労働者は生活の危機に立たされかねない。 政府は収入が一定程度落ち込んだ世帯に、現金30万円を給付することを発表しているが、条件の複雑さを問題視する声もある。 今後、労働者に対する支援をさらに検討していく必要がありそうだ。 新型コロナの影響で苦しいのは、お互い様だ。 政府は、休業手当の一部を助成するため、上限額はあるものの「雇用調整助成金」の対象を広げている。 要請に応じた休業でも、休業手当を払う必要があるということなら、実際に助成金が振り込まれるまで、数カ月かかると言われるタイムラグや申請の煩雑さなどを改善し、企業側の申請ハードルをもっと下げる必要がありそうだ。 そしてやはり、自粛を要請した側が、企業に対する休業を補償しなければ、有効な新型コロナ対策にはならないのではないだろうか。

次の