武漢 病院。 武漢の退院患者が証言「生きたまま〇〇袋に入れられる」

武漢の病院建設、10日間での1000ベッド病院の作り方|中国情報局@北京オフィス|note

武漢 病院

2日後の5日夜10時から、軽症患者の受け入れを開始した。 病床の数は3カ所合計で4400だ。 コンテナ病院は緊急手当てや外科処置、臨床検査などの機能を備える。 1800床を備える国際コンベンションセンターでは、2段ベッドも見受けられる。 病院で収容治療し感染拡大を防ぐ 現在の計画ではコンテナ病院全体で1万以上の病床を目指している。 狙いは、感染源となる人々を病院で収容治療し、家庭内やコミュニティー内での感染拡大を防ぐことだ。 武漢市共産党委員会の胡立山・副書記は2月5日、体育館や学校などを活用して、コンテナ病院を準備するよう各地区に求めていると述べた。 軽症患者だけでなく、重症患者の受け入れ態勢の整備も急ピッチで進む。 建設期間10日ほどで完成した「火神山医院」は約1000床で、3日から感染者を受け入れ始めた。 別の地区の「雷神山医院」は1500床規模だ。 このほか5カ所の指定病院と合わせて7院体制の確立を目指す。 次ページ以降の写真で工事風景など現地の様子をお届けしよう。 (外部配信先では写真を全部閲覧できない場合があるので、その際は東洋経済オンライン内でお読みください).

次の

武漢の病院建設、10日間での1000ベッド病院の作り方|中国情報局@北京オフィス|note

武漢 病院

2月1日、中国のインターネットで、湖北省武漢市の第五病院を撮影した民主運動活動家の男性が逮捕された。 国内外で動画が出回り注目を集めたためか、男性は数時間後に釈放された。 武漢市在住の民主活動家・方斌氏は武漢市の第五病院を訪れ、院内の状況を撮影した。 方氏は、病院に駐車している火葬場のワゴン車のドアが開け放たれたままだったので、ワゴン車内を撮影した。 ビニール袋に包まれた「遺体が8体ある」と述べた。 「さっきは3体しかなかったが、外来の状況を見に行って戻ってきたら8体になっていた」と言った。 真的公民记者:就像方斌一样不需要雄辩口才,不需要专业拍摄和采访技巧,不需要豪言壮语;要有勇敢和无私的心,把镜头对向黑暗,并战胜自我恐惧。 方斌这短短2分20秒长镜头的真实,胜过无数党媒外宣的涂脂抹粉,把中共统治下的人间悲剧赤裸裸地展示给世人。 好担心方斌的安全不知道他将要受到何等迫害? — 华涌 ( HuaYong798) 方氏が撮影した動画は、国内外のソーシャルサイトで瞬く間に広がった。 同日夜、方氏の自宅に、伝染病予防当局者を名乗る防護服を着た人物と警官が訪れた。 その模様を方氏自身が撮影した。 映像には、玄関の格子扉の先に「体温を測るからドアを開けなさい」と要求する様子が映っている。 拘束から数時間後、方氏は釈放された。 拘束時の様子について「ある段階で警察の態度が急変した」ように感じたという。 のちに、自身の動画が広く拡散され、反響を呼んでいることを知った。 方氏は警察に、デスクトップパソコンとノートパソコンを押収されたという。 方斌驚魂一夜! 來聽聽他怎麼說! 武漢官方告訴方斌,說方斌引爆了「核彈」,只能有一種聲音,不然就亂套。 (1) — 全智胜 ( MgOqkzLBRPLCHyN) 方氏は、再び拘束されることを恐れているが「その時はメッセージを広めて釈放を求めて欲しい」と呼び掛けた。 「怖がっていても駄目だし、彼ら(当局)に懇願するのも無駄だ」「唯一の方法は、私たちは互いに助け合い、連携することだ」と述べ、動画のシェアに協力してくれたすべての人に感謝を示した。 方氏が動画撮影した武漢市第五病院では、多くの医療関係者が感染したとの情報がある。 1月26日、同病院の告発者を自称する人物は第五病院で「一晩に70人以上が死亡」し、そのなかには医師や看護師が含まれると伝えた。 ツイッターユーザーの「獨行俠」は武漢市火葬場で働く知り合いに問い合わせたところ、「ワゴン車1台に7〜8体の遺体を積んでいる。 1日に10〜15台の車が来ている。 武漢の状況は皆さんが想像する以上だ」と伝えられた。 「獨行俠」は発信する全ての情報に責任を持つとツイッターに投稿した。 武漢市内に火葬場は7カ所あるという。 武漢の火葬場は遺体収納袋が不足しているとして、支援を呼びかけている。 為了瞭解方斌所拍運屍袋情況,我今天聯繫到武漢一殯儀館員工,言論如下: 每車7-8具屍體 一天10-15車 上班28年了,第一次感到害怕! 武漢的情況比我們想象的嚴重不知多少 — 独行侠 ( Vincent198964) 中国国内の動画情報サイト・梨視頻によると、医療従事者が不足している武漢市第五病院へ、江西省から138人の医療チームが派遣された。 江西省人民病院の感染管理課長・李福太博士は「この(第五)病院は(医療従事者の)感染症対策が十分ではなかった。 彼らのプレッシャーは相当なものだったろう。 彼らはほとんど崩壊寸前だった。 泣き果てて、とても悲しかっただろう」と述べている。 武漢市第五病院の公式統計によると、1月22日14~24時まで、発熱の診察件数は1200件に達し、緊急対応は1700件と、同病院で最多記録だとした。 (苗薇/翻訳編集・佐渡道世) 読者メニュー• 関連リンク• 大紀元日本について• サイト所有会社• 株式会社大紀元(英語名 DJY Japan Inc. TEL:03-6806-8902 FAX:03-6730-2861• EMAIL info djy. jp 運営会社• 特定非営利活動法人エポックメディア• TEL:03-6806-8903 FAX:03-6332-9990• 運営責任者: 金丸真弥• EMAIL info epochtimes. jp 大紀元 Global Group•

次の

中国・武漢に1000床の新病院、10日間で建設 新型肺炎治療に特化

武漢 病院

による感染拡大に歯止めがかかりません。 市では2月25日から、これまでにない厳しい管理が行われています。 生活用物資は共同購入で配送されることになり、市民生活はさらに苦しくなると思われます。 先日、ある武漢市民がネットで、に感染した父親がまだ息が絶えていないまま死体袋に入れられて運ばれていったと訴えました。 24日、再度生きたまま死体袋に入れらるのを目撃したとの情報が伝わっています。 武漢市民の張さんによると、退院したばかりのある年配の女性が武漢の病院での恐怖の体験を述べました。 まだ生きている患者が四重の死体袋に入れられ、そのままに送られているのを目撃したといいます。 武漢市民の張さん 「彼女が退院後に言っていたが、周囲の多くの人がまだ生きているのに、4重の死体袋に入れられて、ロープで縛られ、直接火葬場に運ばれて行ったという。 家族にはすでに亡くなったと告げる。 感染を恐れてすぐに死体袋に入れる。 いずれにしても救命は無理だからそのまま燃やしてしまう。 本当に悲惨だ」 この女性は退院後、家族とともに帰宅途中、病院で目撃したことを述べました。 目撃証言 「救命治療はしたのか」 「救命治療をしても結局死ぬんだから、他人に感染るのを恐れて焼いてしまう。 毒気(ウイルス)が拡散されるのを恐れている」 「なんてことだ」 「何人も見た。 私の隣の部屋の老人もそうだった。 まだ息絶えていないのに焼かれる」 「信じられない。 みんな同じだったのか」 「ええ。 この目で見たんだ。 病院でこの目で見た。 本当にゾッとする」 張さんによると、武漢ではこれまでに多くの軍人と警官も新型肺炎に感染したため、他の省から軍隊と警察が続々と武漢に派遣されています。 武漢市民の張さん 「まるで戦時状態だ。 (軍と警察は)飛行機で運ばれてきた。 他の地方から武漢に派遣されている。 情報によると、火葬場の車の運転と遺体運搬も他省から来た警察がするそうだ。 彼らは防護服を着ているので、誰なのかもわからない」 近日、ある武漢のネットユーザーの投稿が広く伝わっています。 投稿によると、入院していた父親が亡くなったので手伝って欲しいと医者から言われ病室に入ると、父親の体がまだ暖かかったので、「お父さん」と声をかけました。 すると、父親が目を開け、何か言おうとしました。 それを見た医者がびっくり仰天し、慌てて男性を追い出しました。 父親はそのまま2重の死体袋に入れられ、火葬場に運ばれて行きました。 死亡証明書もすでに発行されており、父親が入院していたベッドには32歳の若い患者が運ばれてきました。 武漢市当局は24日、都市の封鎖を条件付きで解除すると発表しましたが数時間後に取り消しました。 武漢市民の投稿によると、25日からはさらに厳しい管理が実施され、全ての物資は共同購入のみで、まとめて配送されることになります。 23日、湖北省と海南省で3人の医師が新型肺炎で死亡したと発表されましたが、武漢市民は当局は実際の死亡人数を隠蔽していると考えています。 武漢市民の彭さん 「感染状況が深刻なので、我々はみな家に籠っている。 (物資を)買うことはできるが、値段が高い。 共同購入するしかない。 私は江岸区の武昌に住んでいる。 団地では多くのビルで感染者が出ているが、誰が感染したかについては言わないので分からない」 武漢市民の潘さん 「感染がこんな状況にまで発展していても、地域事務所の人を見たこともないし、何のサービスも受けたことがない。 業者のグループチャットではみな不満を溢している。 私の場合は子供の粉ミルクがなくなっているので、どこで買えるかが問題だ。 マスクもない。 今我々は生活については議論しない。 生き続けることができるかどうかについて話し合う。 逃れたくても外出もできない。 我々は助けが必要だ」.

次の