鬼怒川鮎釣り。 鬼怒川漁協 鮎釣り情報

鮎釣り 日記_ラウンドフォレス:鬼怒川 釣行

鬼怒川鮎釣り

水位の安定しやすい川 関東平野を流れる鬼怒川は、坂東太郎と称される利根川の支流として最も長い全長176. 7kmを誇る。 栃木県と群馬県の県境付近、燕巣山、物見山、鬼怒沼山などを繋ぐ稜線に端を発し、栃木県の日光市、宇都宮市、茨城県の筑西市、下妻市などを流下したのち、守谷市付近で利根川下流域に合流する大きな川だ。 鬼怒川は大きな川ながら、上流のダムの放水により水位が変動しやすい利根川に比べると、比較的水位が安定する傾向がある。 特に中流部は平坦で穏やかな流れを見せる場所が多く、そうした流れの様子が「絹川」と表現され、鬼怒川の語源となったともいわれる。 また、ヤマメやアユの釣り場となる中流部までのアクセスもよく、所要時間は都心からでも2時間弱。 さらに渓谷の様相を呈してくる上流域へも3時間程度で行けるため、釣り人を惹きつける要因になっている。 源流部ではイワナも釣れる。 遠方からの釣り客が多いのは中流部のアユ釣りとヤマメ釣りだ。 アユ釣りは6月に入ると下流の区間から順次解禁となり、よいシーズンの後半には25cmクラスの大型もねらえて人気が高い。 一方、近年の鬼怒川本流では、それよりも前の時期から楽しめるヤマメ釣りの注目度が年々高まっている。 釣り人が憧れる本流の尺ヤマメ 鬼怒川中流部のヤマメ釣りは、区間により多少異なるが3月からスタート。 その後、6月いっぱいまでフライ、ルアー、エサ釣りなどを楽しむファンの姿をよく見かける。 なかでも遠方からのファンが多く集まるのはフライフィッシング。 鬼怒川の中流部は、ガガンボ、コカゲロウ、カゲロウ、トビケラなどの水生昆虫の種類が豊富だ。 これらの虫が川で羽化し、ヤマメがそれを盛んに食べる。 その際、ヤマメが水中から浮上して、水生昆虫に襲いかかる「ライズ」の光景が見られることも多く、フライフィッシングではこのライズを捜しながら釣るスタイルが大変人気がある。 広い流れで育った大型のヤマメが盛んにライズする光景を一度でも見てしまえば、フライフィシングのファンは通わずにはいられない……というわけだ。 大型ヤマメのライズをねらえるのは、下流の茨城県境から上流の日光市高徳の道谷原発電所取水堰までの広い区間。 特に氏家周辺は水位が少なめで釣りやすく人気が高い。 解禁直後からしばらくは区間内の下流部が釣り場になり、5月以降になると、上流の大谷川合流点付近が有望になる。 なお、エサ釣りの場合はいずれのエリアもポイントが広く大きいことから、7m超の本流ザオが必要になる。 温泉と合わせて楽しめる上流部も人気 また、鬼怒川といえば江戸時代に発見され、当時は日光詣の大名や僧侶のみが入ることを許されたという由緒ある鬼怒川温泉が有名だが、釣りと合わせて楽しむならのそのさらに上流にある川治温泉がおすすめ。 川治温泉は周辺に「男鹿川キャッチ&リリース」「川治温泉キャッチ&リリース」の2つの釣り専用区があり、どちらもルアー・フライ・テンカラ釣り専用区だが、ニジマス、ヤマメ、イワナが多い。 特に「川治温泉キャッチ&リリース」の区間は全体に歩きやすく、トイレもあり、ビギナーや女性アングラーにも釣りやすい。 お湯も「傷は川治、火傷は滝(鬼怒川温泉)」と並んで称えられた名湯なので、周辺の龍王峡に見られる自然美や、日光の社寺の観光と合わせて長逗留してみるのもおすすめだ。

次の

01■ 栃木の釣り・鬼怒川本流(スーパーヤマメ&レインボー): よっしーの散歩

鬼怒川鮎釣り

おはようございます。 加藤釣具店の今日の鬼怒川をチェックしたら増水で鬼怒川も那珂川もやめておいた方が無難なようでましたので、二度寝して。 7時半くらいに起き上がって、そうだ!今日は粕尾川の解禁だ!ということで鮎釣り決行を決めます。 粕尾川なら増水していても午後には水が引いてくれるはずです。 8時前に出発して、鈴木商店(懐かしい)で年券2,500円、オトリ三匹1,000円を調達して、さらに上流に向かいます。 いつものパターンですね。 上粕尾の郵便局で通帳記帳をしようと試みましたが休みでした。 そこあと、北村川の合流まで登って、引き返し、中島商店の前で釣行開始です。 本日の釣果は3匹。 まあ、こんなものだと思います。 明日も仕事です。 頑張りましょう。 鈴木商店の上のカーブ。 鮎釣り始めた頃に良く釣りに来ました。 今日はこの橋の下で2匹、上で1匹でした。 お疲れ様でした。 鬼怒川の解禁5月25日から経過すること早1か月弱。 コロナ越県境自粛要請を踏まえて修善寺方面も宇都宮も黒羽方面もやめておきました。 なんとなく、地元の皆さんに悪いですよね。 6月19日(金)いろんな自粛要請がすべて解除となり、天気予報も梅雨の中日で晴天らしく、前日までは結構降水量があったものの、年中行事ですので、20日(土)日帰りで、行ってきました。 五時前に起きて、ゆっくり支度して、6時半に出発。 セブンイレブンで年券を購入するため現金をATMで降ろします。 最近はキャッシュカードなくても、スマホでATMから現金出せるんです。 下道(一般道のこと。 VS高速道路)でもよかったのですが、岩槻インターから東北道にゲートイン。 コロナ禍で、ながらく高速使ってなかったですね。 ETC期限切れてなかったな?と不安になりながらゲートを追加できて一安心。 宇都宮上三川ICで下車して、八時前に「水辺の楽校」に到着しました。 おとり屋さん横の階段で、缶ビール飲みながらのおじさまは、すでに九つ。 かかってますね。 (驚き) 三十分くらい辺りを見ながら、加藤釣り具さんまで足を延ばして、年券を購入。 県外の私は、13,300円なのだそうです。 日釣券2,800円にしようか、悩んだけど鬼怒川、那珂川は、やっぱり年券でないとお客様みたいだから、今シーズン5回来れないかも・・・と思いながら、「やっぱり年券ちょうだい。 」 サッカー場前にクルマで乗り入れたりしましたが、昨日の雨が思ったより引いていないからか、釣り人も少なく、竿も曲がっていません。 と、いうことで、水辺の楽校にもどって、のんびり準備開始。 日焼け止め、虫よけ、偏光グラス、川に入る前に、入念にチェック。 10時過ぎ、釣行開始です。 結構、おしの強い鬼怒川。 第一投、その後、2時間、うんとも、すんとも言わず。 先行者は、昼過ぎ、いなくなって。 もしかして、きょうは、まずいかな? セブンイレブンで購入した菓子パンを食べながら、13時に場所移動を決意。 少し上流に進んだところで、まるで武茂川?みたいな流れがあって。 数年前はここにはオトリ屋さんがいたんだよなあ、とか思いながら脚の踝くらいの深さの川で試してみると、掛かりました。 きょうは、「ぼ?」と何となく諦めていたので、一匹掛かって一安心。 この流れは、武茂川、スーパーかましん裏にそっくり。 鬼怒川であることを忘れて、鮎釣りを始めた頃を思い出しながら、午後2時から1時間で9匹。 残り1匹が、なかなか来なくて、結局4時まで粘って11匹でした。 型はオトリ屋さん三匹千円を超えるサイズはなかったものの、背掛かりすればぐんぐん引っ張る、マッキッキ。 今シーズン、初っ端からツ抜け出来て、満足できました。 年券、ちょっと高いですね。 高速道路代、ガソリン代、オトリ代、そして最近は体力に自信ないですね。 帰りの運転では、睡魔との闘い。 安全運転、無理をしないよう気を付けましょう。 パソコンから、写真アップの仕方を思い出すまで、しばし、文書のみにて、失礼します。 コロナ収束、昨年のような台風来ないことを祈って。 お疲れさまでした。 2020年6月20日 鬼怒川 11匹 そうそう、四国お遍路は37番までで止まってますね。 仕事が一段落したら、その時、健康なら再開する予定です。 今シーズンは、5月狩野川解禁のあと、6月鬼怒川解禁に突入。 珍しく那珂川解禁に参戦せず。 50歳を過ぎて、那珂川までのドライブに、多少の億劫さを感じ始めているようです。 行きはいいけど、帰りが眠くて眠くて、生きて帰れるかが、本当に心配なので。 鬼怒川解禁は7匹。 グリーンパーク前。 翌週の土曜日は9匹。 水辺の楽校。 でも、久しぶりの鬼怒川に自制がきかず、河原へエクストレイルを進入させて、 車の右腹にぎ、ぎ、ぎぎぎ、ぎ~、ぎ~と、キズ作ってしまいました。 こうなったら、乗りつぶすしかないですね。 ブログに写真をどうやってアップロードするのだったかな。 ラインに慣れてしまって。。。。。。

次の

鮎釣り 日記_ラウンドフォレス:鬼怒川 釣行

鬼怒川鮎釣り

梅雨の長雨で増減水を繰り返す狩野川。 3週間以上竿を出せない状況。 17日、所用のついでに<嵯峨沢おとりの家>へ狩野川の状態を見に行ったよ。 昨日夕方には水位も+30cmまで落ち、水も澄んでいたが、昨晩の降雨で、午前9時半現在+50cmの増水。 濁り有り。 おとり店下手、旧プール前のヘチ寄りに川鵜が数羽。 帰宅途中の狩野川大橋下手の中州には、数十羽の川鵜が羽を休めていたよ。 暫く釣り人が入らず、オトリ店も休業。 川鵜の天国状態・・餌場と化してしまったかな。 この土日も傘マーク。 何時になったら再開できるのかね。。。 ………………………………………………………………………………………最後までお付き合い有り難うです。 ついでにバナーをポチン・・・更に有り難いな。 鮎釣りブログランキングに参加しています。 他にも鮎依存症候群鮎釣りサイト盛り沢山... 狩野川、川鵜の天国状態 「釣りブログ」 カテゴリー一覧 参加人数順•

次の