旧姓 対義語。 事実婚

旧姓 対義語

結婚前の自分の名字は「旧姓」• 旧姓の反対語は「現姓」?それとも「新姓」? 結論からいうと、結婚後の新しい姓のことを他人に伝えるときには「 現姓」を使うと良いでしょう。 例えば、「 結婚して苗字が変わりました。 現姓は佐藤です」というように使います。 旧姓は結婚や養子縁組によって姓が変わる前の姓を意味しますが、逆に現姓や新姓は変わった後の現在の姓を指します。 ただ、国語辞典などで旧姓の反対語を調べると、「現姓」の他に「新姓」もヒットしますね。 漢字の通り、旧姓は古い姓、現姓や新姓は新しい現在の姓という事です。 この2つはどう使いわければいいのでしょうか? 以下では、現姓や新姓と言う言葉の使い分けや、友人や仕事で苗字が変わったことをお知らせする場合の文例などを紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 [ad co-1]• 「現姓」はシンプルに現在の姓を意味します(はば広く使える言葉です)• 「新姓」は、これから変わる予定の姓、変わってすぐの姓を指します。 現姓と新姓にはこのような違いがありますので、結婚に関する雑誌やニュースでは、「新姓」という言葉が使われる事が多いです。 例えば、ゼクシィの公式HPの「ウエディング用語集」では、「現姓」はありませんが「新姓」はあります。 結婚相談所や結婚式場といった結婚に関する場所でも、「現姓」より「新姓」を使っているケースが多いですね。 ただし、相手が「新姓」という言葉を使っていても間違っているわけではないので、わざわざ「現姓ですよ」と指摘するような事は必要ありません。 [ad co-1] 旧姓や現姓は英語では何という? 英語の場合に「旧姓」や「現姓」をどのように表現するのかについても知っておきましょう。 英語では多くの表現バリエーションがあります。

次の

「拙著」とは?意味と類語!例文と使い方!

旧姓 対義語

概要 [ ] 日本のでは、の場合をのぞきかのいずれかの姓に統一しなければならないとされる。 研究者、弁護士、ジャーナリスト等、氏名の一貫性が強く求められる職業が存在するため、氏名の一貫性を保つことが難しくなるとして課題となっている。 職場で旧姓を使用することは、会社が許可した場合のみ可能である。 そのため、旧姓の通称使用拡大や、選択的制度を望む声が強くなってきている。 の親が等して子供が片親の籍に入る場合、それまでの姓は旧姓となる。 かつては婚姻関係を終了した場合は旧姓に戻らなければならなかったが(例外として配偶者側の姓となるためのを家庭裁判所が認めた場合があった)、6月に民法が改正され、配偶者側の姓のままでいることが可能となった。 の親が再婚して姓が変わった場合は、子も姓が変わることでそれまでの姓が旧姓となる。 実際にはがした場合、多くが継父の姓を名乗ることが多い。 の場合、養子が養親の姓に改める決まりとなっているので、養子にとって縁組前の姓は旧姓となる。 ただし、既婚者で戸籍筆頭者ではない者が姓の異なる者を養親とした場合は姓は変更されない。 戸籍の筆頭者が姓を変更する際において成年の子が同一戸籍の姓を変更したくない場合はを提出すれば、元の姓のままでいることが可能となる。 の姓の変更は、自分の意思でなされるのに対し、未成年者の姓の変更は自分の意思でなされないこと、言い換えればの都合でなされることには注意しなければならない。 ただし、未成年でも片親の同意を経て結婚した場合、結婚しないまま出産した場合、結婚しないまま非嫡出子を認知した場合は親の戸籍から分籍する形で新戸籍が編成されるため、親である戸籍の筆頭者が姓を変更する形で子について姓が変更されることはなくなる。 旧姓の通称使用 [ ] 旧姓をとして使用することや、それを業務等で認めることを 旧姓通称使用あるいは 旧姓通称利用というが、業務上の旧姓通称使用は、1988年(昭和63年)に富士ゼロックスにおける就業規則改正が始まりで、国家公務員でも2001年(平成13年)から認められるようになった。 2010年(平成22年)の時点の産労総合研究所の調査によれば、回答があった192社のうち、旧姓使用を認めているのは55. 旧姓を通称として用いるための証明として用いることができる書類等としては、旧姓併記された、、あるいは 、、旧姓併記された、旧姓使用を許された職場の証明書などがある。 なお、戸籍謄本については機敏なである問題や閲覧性の問題がある。 また、日本国旅券の旧姓併記は、必要な事情がある場合にのみ認められ、一般に認められるわけではない上、には記載されない。 職場の証明書については法的効力を持たない。 この旧姓通称使用には様々な問題点が指摘され、そのため、選択的制度の導入についてもその賛否が議論されている。 問題点 [ ] 婚姻時の氏の変更による不利益や損失、の喪失などを回避するための方策のひとつとして考えられるの通称使用であるが 、さまざまな問題点も指摘されている。 たとえば、職場・職業によっては姓しか認められない。 が必要な職業でも、医師など約半数の資格では旧姓使用が認められない。 また、 ・・・・などは、旧姓では作ることができない。 日本国旅券は、必要な事情がある場合には旧姓を括弧書きで付記することが認められることがある が、日本国旅券に旧姓を表示した場合でも、ICチップには旧姓名は入らないため、旧姓でのの自動発券機の利用ができない場合や 、入国審査で足止めされることがあり 、また、 や日本国旅券と旧姓の不一致のために、海外のなどの予約ができないことなどもある。 2015年(平成27年)より、登記で旧姓併記が可能となったが、併記は中途半端で、より一層不便であるとの指摘もある。 そのほか、申請 や、でのも旧姓は認められない。 選挙の立候補も場合によっては旧姓では認められないことがある。 旧姓の通称使用は、二重の姓を使い分けるのは不便との指摘 や、姓が2つある生活はが2つに分裂するような感覚がある 、といった意見も見られる。 通称の使用は二つの名前の管理が必要でありの負担が大きくなる 、戸籍上の姓と職場での姓が違うために混乱が生じる 、などの指摘もある。 ソフトウエア開発会社社長のは、「ビジネスの世界で一分一秒の短縮をしているのに、二重の姓の手間はかなりのストレス」で、株の名義が戸籍姓で公表されるため、投資家からは社長が自社株を保有していないと誤解されることもあったとしている。 また、選択的夫婦別姓の法制化がなされれば不要な、旧姓通称使用のための旧姓併記などを住民票等で可能とするシステム改修費用も莫大、との指摘もある。 その他、旧姓を通称使用したとしても、法律上ではなく通称というものは本人にとって嬉しいものではない 、通称使用によって夫婦同姓を規定する民法による不利益が緩和される、といった意見があるが、そのようなことはない。 旧姓を通称使用したとしても、法律上ではなく通称というものは本人にとって嬉しいものではない 、といった主張がある。 以上のような様々な問題を回避するために、普段は旧姓を通称として用い、必要に応じて旧姓に戻り旧姓での証明書を得るなどの手続きを行った後、再びを提出する夫婦もみられる。 このような目的で離婚・再婚を行うことを ペーパー離再婚とよぶ。 なお、この場合再婚相手が同じ人物であるため、民法第733条が定める女性の100日間の()は適用されない。 ペーパー離再婚における離婚期間は の状況となる。 ただ、この場合、離婚期間中に得た証明書等を再婚中に用いることには法律的な問題が考えられる。 久武綾子『夫婦別姓—その歴史と背景—』世界思想社、2003年• 、日本経済新聞電子版、2013年5月29日。 、毎日新聞、2019年11月5日。 、日本経済新聞、2019年11月28日。 、日経ウーマン、2016年8月8日。 「どうなる 選択的夫婦別姓」(上)」、、2008年3月21日• 、大分大同新聞、2015年12月17日朝刊、19ページ。 松田澄子, 「夫婦別姓論をめぐって 」『山形県立米沢女子短期大学紀要』 28, 1-8, 1993-12-28,• 、論座、2019年7月27日。 「役員登記は妻の姓の『西端』、青野・サイボウズ社長 旧姓・新姓 規則改正で併記可能に」、日本経済新聞、2015年3月7日• 「家族と法(上)自分の名前で生きる道 夫婦別姓、事実婚広がる」、日本経済新聞、2015年12月10日朝刊。 、信濃毎日新聞、2015年11月6日。 、、2015年12月29日。 17-19。 、、2016年1月23日。 、日本の人事部、2016年2月15日。 、、2015年12月17日。 、、2018年1月8日朝刊。 、、2015年12月21日。 、しんぶん赤旗、2016年1月18日。

次の

意外と知らない!『姓』『苗字』『名字』の意味の違いと使い分け

旧姓 対義語

このページの目次• 『姓(せい)』• 意味: もともとは天皇から与えられる世襲官職の名称。 現在は、一族、血族。 家族に固有の名前。 使い方:旧姓は鈴木。 姓は現在は「せい」と呼ばれていますが、昔は「かばね」と呼ばれていました。 元々、日本は同じ祖先の人たちが集まって集団生活を行っていました。 そこは親族集団であり「氏」(うじ)と呼ばれていました。 しかしだんだん朝廷が力を持つようになり氏族を支配していくようになりました。 そこで有力な氏族は天皇に仕えて朝廷での役職を貰うことにより身分の安定を図るようになりました。 この 身分や地位を表すのが「姓」(カバネ)であり天皇から頂いたのが元になっています。 階級が高い順に、公(キミ)君(キミ)臣(オミ)連(ムラジ)直(アタイ)造(ミヤツコ)首(オビト)史(フヒト)薬師(クスシ)があげられます。 この他にも数多くの「姓」(カバネ)が存在したと言われており1000種類ほどあったという記録があります。 しかし地位や役職に準じた名称でしたので制度改正により無くなった「姓」も数多くありました。 『苗字(みょうじ)』• 意味: 家の名。 血族、血統に由来。 使い方:細川という苗字 名字と苗字、どちらも発音は「みょうじ」ですが、苗字は最近はあまり見掛けなくなりました。 使用されるようになったのは江戸時代で「苗」は遠い子孫、末孫という意味があります。 元々は「苗」に「末裔(まつえい)」の「裔」をつけて「苗裔(びょうえい)」という言葉から取られました。 家が代々続くようにと言う意味を込めてその字が使われるようになったと言われています。 その名残で現代まで広く受け継がれて使われていますが、戦後になり当用漢字で「苗」の読みに「みょう」が加えられなかったために徐々に廃れていき、 今では「名字」の方が一般的になってしまい「苗字」を使うことが減ってしまいました。 どちらを使っても大きな違いはありませんが、「名字」は地域など住んでいた土地に由来して付けられた言葉で平安時代から使われています。 「苗字」は血縁に由来する言葉で江戸時代に作られた言葉になります。 スポンサードリンク 『名字(みょうじ)』• 意味: 家の名。 地域、所有地に由来。 使い方:徳川という名字。 「名字」は「 苗字」に比べると歴史的に見るとかなり古く、平安時代までさかのぼります。 元々、氏族の位の違いでつけられた名前としてあった「姓」ですが、一部の「姓」が増えてしまい「姓」だけでは区別が難しくなってしまいました。 そこで姓とは違う通り名として生まれました。 同時にこの頃、土地を所有していた武士が土地を私物化するようになってきました。 その土地は「名田(みょうでん)」と呼ばれるようになり、その土地を挿す「字(あざな)」を作るようになったのが始まりです。 これにより「名田の字」が生まれ「名字」となりました。 そして武士が台頭する時代になると自分の領地がどこか明らかにすべく領地を名字として名乗るようになりました。 「姓」は天皇から与えられたもので自分で変えることは出来ないので、自分で自由に名乗れる「名字」が普及していきました。 まとめ あまり気にせずに使っていた『姓』と『苗字』と『名字』。 その成立を調べてみるとそれぞれ奥深い意味がありました。 「姓」は歴史が古く、天皇から与えられた階級制度でついた役職名が由来。 「名字」と「苗字」には大きな違いはなく、「名字」は地域や地区などが由来で出来たもの。 「苗字」は血縁が由来で出来たもので、発祥した由来が違うだけでした。 現在では「名字」と「苗字」どちらが正しいと言う訳でもなく、同じ意味として使われています。 『姓』と『苗字』と『名字』現在ではあまり明確な違いを感じることはありませんが、昔はかなり大きな違いがありました。 あらためて自分の名前の由来は何処から来たのか、どの流れでついた名前なのかを確認してみるのも面白いかと思います。 そこで自分のルーツがどこにあるのかも分かり、自分の名前により興味が持てるようになるのかもしれません。

次の