ボク、運命の人です あらすじ。 ボク、運命の人です結末は?最終回10話のネタバレ!神の正体が判明!

ボク、運命の人です。動画10話最終回見逃し配信で無料視聴ができます!#ボク運ネタバレあり

ボク、運命の人です あらすじ

この4月、都内の会社に異動してくることとなった 正木誠(亀梨和也)。 彼は女運がなく、なぜか付き合う女性たちには大きな難があり、挙句に別れを告げられるような恋愛を重ねていた。 怒る 誠だったが、 謎の男がテレビを点けると、そこには美人局の容疑者として今正に逮捕されている彼女の姿が。 愕然とする 誠。 なぜ自分はこんなにも不運なのかと嘆く 誠に、神様は言う。 「それは君に『本当の運命の人』がいるからだよ」と。 そして差し出す1枚の写真。 それは 湖月晴子(木村文乃)の写真だった。 自称 神の男が言う『本当の運命の人』: 湖月晴子。 彼女とは顔見知りではないが、実は5歳の頃の海水浴場で、大学受験の時の試験会場で、今年の初詣の神社で、何度も「運命」のすれ違いを重ねていた女性だという。 そして今、彼女は 誠が異動してきた会社の壁を挟んで向こう側、背中合わせで仕事する「運命」の距離にいるという…。 02 晴子は今年30という年齢を迎えながら、男運に恵まれず、「次こそが最後の恋愛にしよう」と堅実で地に足の着いた人と恋愛することを願っていた。 謎の男から不思議な運命を告げられた 誠は、会社のビルで 晴子と同じエレベーターに乗り合わせる。 焦る 誠。 だが、勇気を振り絞って声をかける。 「あの…ボク、運命の人です…」と。 最悪の出会いから始まる最大の運命の物語。 振り返れば「運命」だったのかもしれない、あの「偶然」の数々。 運命を武器にした一人の男が、運命なんて信じぬ難攻不落の現代女性に立ち向かう、恋の冒険が今始まる!.

次の

ドラマ|ボク運命の人ですの動画を1話から無料で見れる動画配信まとめ

ボク、運命の人です あらすじ

ボク、運命の人です。 10話最終回の予告動画 【ボク、運命の人ですの動画はこちら】 > > > > > > > > > > ボク、運命の人です。 10話最終回のあらすじ 「永久あばよ」という言葉を残し、謎の男(山下智久)が消えてしまった。 そして誠(亀梨和也)の記憶からもその存在は失われてしまう。 そんな中、何も知らぬ誠は、晴子(木村文乃)へのプロポーズを決意し、婚約指輪を用意する。 しかし、謎の男がいなくなったことからか、ひょんなことから誠と晴子の「運命」がすれ違い始める。 背中合わせだった仕事場の座席が配置転換され、受け取りにいった婚約指輪の店は臨時休業。 そして晴子は大阪へと納期の決まらぬ出張に行ってしまう。 だが、いつも助けてくれるはずの謎の男はもう居ない。 自らの力で運命の人:晴子へプロポーズに向かう誠。 全ての奇跡と運命が交差する最終話。 どこで、どうやって、どんな言葉で想いを伝えるのか。 ntv. html ボク、運命の人です。 を見ていたら。 正木一郎くん。 10話最終回の予想 いよいよボク、運命の人です。 は今回で最終回を迎えます。 今回の予告は、誠からのお告げでしたね。 自らの運命を切り開く事が出来るのかが注目で誠は晴子にどんなサプライズプロポーズをするんでしょうね。 そして、プロポーズをする時の指輪がどんなデザインなのかもとても気になります。 第9話で神が言ってたように神のアドバイス通りにサプライズを実行するのは違いますよね。 誠自身が一生懸命考えたサプライズプロポーズを期待しています。 そして、サプライズプロポーズ前に神がいなくなるとは思わなかったですよね。 SPONSOREDLINK せめて誠が晴子にプロポーズをする瞬間まで神(一郎)にはいてほしかったなぁって思いました。 神がいない状態で果たして誠はプロポーズが成功するのかどうか注目です。 晴子も温泉に行って一晩誠と過ごした事で、きっと誠との結婚は現実化したんじゃないかなぁって思います。 晴子の両親も2人の結婚を待ち望んでましたね。 晴子と誠は、度重なる偶然や考え方も一緒で結婚生活はきっと楽しそうですよね。 誠と晴子の子ども(一郎)とも幸せそうな姿が目に浮かびます。 予告はほんの一瞬でしたがきっとプロポーズは大成功すると思います。 そして私の願望として晴子のウェディングドレスが見たいです! 天罰が下るぞ?と予告では和夫が誠に話していましたが和夫もみどりと幸せになってほしいなぁって思います。 後はプロポーズだけだなと部長、関原、誠は居酒屋で話をしていましたね。 誠の周りのみんなは誠のプロポーズに全面協力していてとても仲がいいなぁって思いました。 関原もテトラポットの女性と上手くいくといいですね。 今回で最終回になってしまいほんとに寂しい気持ちでいっぱいです。 誠と神の2人シーンは修二と彰以来の共演でとても懐かしく毎週楽しみにしていました。 神の正体が誠の息子だったという事実にはビックリしましたが今までの流れを考えると納得できますね。 ドラマがスタートする前はとてもおかしな設定だったので不思議に見ていました。 しかし、誠が晴子に対して神のアドバイス通りまっすぐに思いを伝える姿は見ていてとても感動します。 前回の誠がボーリング場で晴子に指輪を渡すシーンでは、誠みたいなサプライズをされてみたいなぁって思った方多いと思います。 30代とはいえ、とても初々しい晴子と誠の姿にとても共感してしまいました。 ぜひ2人には幸せになってほしいですね。 最終回は、それぞれの人がハッピーエンドで終わってほしいなぁって思います。 そして神の登場も期待しています。 来週17日に最終回を迎える「ボク、運命の人です。 」をぜひご覧下さいね。 10話最終回のネタバレ 前回神の正体が誠の息子だと判明しましたね。 その後神は誠から姿を消して誠も神と過ごした時間の記憶がなくなってしまうのでした。 誠の職場では、前回と同様契約数一位を取った人には10万の賞金がもらえる臨時ボーナスを実施します。 みんなは前回の焼肉が忘れられないみたいで、誠に10万を取って焼肉を奢って欲しいねだってましたね。 すると部長はため息をついていました。 その後誠と関原、部長の3人は食事に出かけます。 部長は大嫌いだった人参が食べられるようになったのは誠に感謝してましたね。 しかし娘に人参を食べなさいと言うとよそよそしくなったそうです。 無事娘さんも人参が食べれるようになるといいですね。 その後部長、関原は誠の家に泊まる事になりますがなんと部長までお泊まりしていました。 娘さんと奥さんは実家に帰っているそうですね。 関原は以前泊まった時に霊のようなものがいるかもと話していました。 そしてそこに置いてあった豆腐のトートバッグの話をしますが、誠は全く記憶にありませんでしたね。 神との過ごした記憶がなくなってる誠の姿を見てとてもショックでした。 翌朝、関原は先に帰り部長と誠は2人で朝食を取ります。 そこで婚約指輪の話をしますが誠は以前と同じチーズハンバーグのようなイメージの指輪がよいのか質問します。 すると部長は婚約指輪は更にランクアップするべきだと言ってましたね。 ハンバーグの下にフォアグラが乗っているようなイメージでと提案するのでした。 その後誠は以前購入したお店に行き指輪を予約します。 その後誠は契約に失敗したり、小さい子の風船を飛ばしてしまったり不運の連続に陥ってしまうのでした。 そして晴子から連絡がきて、晴子はしばらく大阪の出張が決まってしまいます。 仕事なので仕方ないですが誠はとても寂しそうでしたね。 一方神は定岡と一緒に公園のベンチで飲む事になりました。 神は仕事の都合でしばらく会えない事を定岡に伝えます 何年?と定岡は聞くと30年くらいかなと神は話するのでした。 飲み込みの早い定岡は30年後にまた会おうって言いさよならしました。 このまま神は誠と会えないままでいいのかなぁ?って思いながら見てました。 そして晴子と三恵は大阪に仕事で出張に行っている中、定岡と誠は2人で三恵のおすすめのカレー屋に行きます。 そこで定岡は『明日大阪に行って三恵にプロポーズをしようと思う』と誠に話するのでした。 すると誠も定岡に後押しされて大阪でサプライズプロポーズをしようと思いつきます。 すぐに婚約指輪を受け取り大阪の飛行機を手配します。 仕事終わりに誠は大阪に行く事を決意しますがなんと誠が乗るはずの飛行機が台風のため飛ばなくなってしまいました。 しかし、定岡は大阪についたみたいですね。 定岡は三恵と景色が綺麗な橋のかかる場所でプロポーズをします。 途中トランペットを吹いている人がいて真剣にプロポーズ出来なかったですが定岡らしくてよかったですね。 定岡はシンプルに『結婚しよう』とプロポーズをして三恵は『はい』と返事をします。 定岡の口癖である『グッジョブ!』は最高でとても幸せな気持ちになります。 2人は見事結婚する事になって本当によかったです。 一方、誠は指輪の販売員から『サマーコンサート』のチケットを貰い晴子と行く約束をします。 2ヶ月前に聞いたコンサートに再び聞く事が出来るなんてまさに運命ですね。 久々に晴子と誠は会えて嬉しそうでした。 まず運命の曲が演奏され次の曲は2人の思い出の曲『アフリカンシンフォニー』が演奏されました。 2人は出会った頃からの思い出を振り返ります。 そしてアフリカンシンフォニーが終わった後、会場はスタンディングオベーションになりますが誠は晴子を座らせて『結婚してください!』とプロポーズします。 晴子は笑顔で『はい』と返事をして誠の口癖である『あざーっす!』と言います。 とても可愛かったですね。 そして最後虹が見える場所で誠と晴子は神様っているのかも、、と話をします。 晴子は時々誠から神様の話をしていたよと言いますが誠は全く覚えがなかったのです。 しかし『神様っているかもね。 ちょっと生意気だけど、、』と誠は意味深な発言をしてましたね。 とても気になりますがきっと神の存在は晴子に話さないだけでちゃんと記憶はあるのかなぁって思いました。 30年後の結末がとても楽しみな終わり方でしたね。 結局神は誠と会わずに去ってしまい最終回は終わりました。 30年後の話をぜひ続編を放送してほしいなぁって思います。 最後のインターホンが誰なのか気になりますがとても楽しいドラマでした。

次の

『ボク、運命の人です』のキャスト、あらすじ、相関図を徹底検証!!

ボク、運命の人です あらすじ

同僚たちは誠にまた焼肉をおごってもらえることを期待していた。 晴子と三恵はランチをしていた。 三恵は定岡の両親と会ったのだという。 運命を信じるようになってから二人は幸せをつかんでいた。 誠はの上司の烏田と関原と呑んでいた。 烏田は娘にしつこく人参を食べなさいと言ったことで喧嘩してしまったのだという。 誠が烏田の人参嫌いを克服したことで、親との共通点がなくなったことが原因なのではないかと深読みする関原。 そしてそのまま、烏田と関原は、誠の家に泊まり込む。 翌朝、烏田と朝食をとっていると、恋愛の方はどうなのかと尋ねられる。 あとはプロポーズだけと答えると、婚約指輪について指南してくれる烏田。 誠は指南通りに以前、晴子の指輪を買った店で婚約指輪を買い求めるのであった。 歯車が狂い始める 店を出ると、風船を持った少女が現れ、靴紐を結びたいので風船を持っていてほしいと頼まれる。 受け取ろうとすると突風が吹き、風船は天高く飛ばされてしまう。 誠は謝るが、あなたに期待した私がばかでした。 アイビッキーがくれた風船だからほしかったんです。 と泣かれてしまう。 そして指輪専門店の店員が出てくる。 その店員の娘であった。 誠は少女の言葉に悲しみに暮れる。 その頃晴子の会社で大規模な模様替えが行われていた。 誠はウォーターサーバーの営業先で続々といやな目に会い、ついには晴子は大阪にいつまでになるかわからない出張に行くことになる。 その頃、一郎は、定岡の前に現れ、二人で呑もうという。 そして仕事で旅立つことになったので会うのはこれで最後だという。 そして誠には言わないでほしいという。 一郎は感謝を伝える。 大阪と東京 定岡は誠とランチしていた。 三恵も晴子と大阪にいっていた。 そして定岡は、明日三恵に内緒で大阪に行き、プロポーズをするつもりだという。 定岡は誠も大阪に行かないかと誘う。 誠は烏田のアドバイスを受けて、大阪に行くことを決意し、指輪を受け取り、航空券を予約する。 関原は、契約を10件とっていた。 焼肉が決定し、喜ぶ社員たち。 葛城は誠に折り入って相談があるという。 断る誠だったが、お弁当まで買ってしまったところで悪天候の影響で飛行機が飛ばなくなり、葛城から笑われながら結局、誠の家で集まることになる。 女運が下がってきているのではないかと冗談をいう葛城。 その時、定岡から大阪に着いたという連絡が入る。 晴子と三恵は宿でこれまでの話をしていた。 そして定岡が大阪に着いたという知らせを受け、いよいよプロポーズか!と緊張する三恵。 葛城もみどりと結婚が近いのだという。 こうなったのは誠のせいだという。 誠はお弁当を開けると。 くぼみだけあって梅干しやグリンピースが乗っていなかった。 運気が下がっていると言われしょげる誠。 定岡と三恵は川沿いで向かい合っていた。 しどろもどろする二人。 するとちかくでトランペットを吹いていた。 結婚行進曲を演奏していることでお互いに緊張がほぐれ、プロポーズが成功する。 みんなで焼肉へ 関原の報奨金で焼肉に来ていた。 烏田は、娘が起こっている原因は、人参ではなく、少し前に行った些細な一言だったという。 根本的な問題はもっと手前にあるということを教えられる。 誠は廊下に会った、アイビッキーのチラシを見て、「そうだったんだ」とひらめく。 エンディングへ そしてアイビッキーから風船をもらい、証拠として写真を撮る誠。 すると晴子からやっと東京に帰れることになったと連絡が入る。 誠は歯車がかみ合い始めたことを実感する。 そして指輪専門点で働く母親に風船を手渡す。 母親は感謝の気持ちとともに、日本吹奏楽団のコンサートチケットを誠に渡すのだった。 誠は、晴子と出会うきっかけになった同じコンサートということに驚く。 すると母親は娘と行く予定だったのだが、ならっているピアノの国際コンクールがあり、いけなくなってしまったのだという。 そんな天才少女ということを知りなおさら驚く誠。 少女の弾くベートーベンの運命をバックに、誠と晴子は待ち合わせ場所に向かう。 雨に降られる。 誠と晴子は久しぶりの再会にドキドキしていた。 そしてコンサートを聞く。 アメリカンシンフォニーが演奏される。 壮大な世界観とともに二人の頭には、お互いに出会った時のことを思い出す。 最初はすれ違い続け、運命を信じ始めたことによって、奇跡が起こり続け、二人は結ばれた。 そして演奏が終わり、立ち上がろうとする晴子を引き留め、耳元で告白する誠。 周りの観客はスタンディングオーベーションしていた。 そして「はい」と受け止める晴子。 雨上がりの空。 虹が出ていた。 二人で相合傘をさしていた。 誠が「神様っているのかな」というと晴子は何それと言いながら笑うのであった。 二人はハッピーエンドを迎える。 誠の部屋の浴槽には、「結婚おめでとう!誠のくせによくやったな」と一郎からのメッセージ。 そしてピアノで「愛の夢」を弾く少女の庭の風船に「30年後の演奏を楽しみにしているよ」との文字が。 そして野球の点数版や日本代表のTシャツ、誠の部屋のテーブルに置かれた婚約指輪が順にうつされ、チャイムが鳴りエンディングへ。 ボク、運命の人ですの結末の最終回10話 感想 最後、婚約指輪は渡さずに終わりましたが、逆に誠らしい終わり方だったなと思います。 私的には定岡君のようなプロポーズが嬉しいですが 笑 30年後ピアノを弾く少女が最終回で出てきたことはびっくりしました。 子供らしくないしゃべり方で天才を感じさせますね。 ハッピーエンドでよかった! ボク、運命の人ですの結末 最終回10話の登場人物 キャスト一覧 謎の男(神?)・・・山下智久 正木誠・・・亀梨和也 誠の同僚 烏田翔吉・・・田辺誠一 関原卓・・・大倉孝二 葛城和生・・・澤部佑 宇久森みどり・・・岡野真也 湖月晴子・・・木村文乃 晴子の同僚 四谷三恵・・・菜々緒 湖月大地・・・杉本哲太 湖月善江・・・石野真子 晴子の会社の社長 鳩崎すみれ・・・渡辺江里子(阿佐ヶ谷姉妹) 恋のライバル 定岡くん・・・満島真之介 ボク、運命の人です。 はどんなドラマ? 突如として、神と名乗る謎の男(山下智久)が誠の前に現れる 女運のない男:誠と男運のない女:晴子が実は運命の人同士と謎の男は言う。 この2人は、もう30歳を迎える男女お互い知り合いでもない。 それが運命の人とは信じられない誠。 神様のアドバイスを受け、誠が晴子と出会いから使うことができるのか? 運命の恋なんて絶滅しかかっている現代神と名乗る男は一体誰なのか? 誠は本当に運命の恋を手に入れることができるのか? ボク、運命の人ですの結末あらすじ 最終回10話 「永久あばよ」という言葉を残し、謎の男(山下智久)が消えてしまった。 そして誠(亀梨和也)の記憶からもその存在は失われてしまう。 そんな中、何も知らぬ誠は、晴子(木村文乃)へのプロポーズを決意し、婚約指輪を用意する。 しかし、謎の男がいなくなったことからか、ひょんなことから誠と晴子の「運命」がすれ違い始める。 背中合わせだった仕事場の座席が配置転換され、受け取りにいった婚約指輪の店は臨時休業。 そして晴子は大阪へと納期の決まらぬ出張に行ってしまう。 だが、いつも助けてくれるはずの謎の男はもう居ない。 自らの力で運命の人:晴子へプロポーズに向かう誠。 全ての奇跡と運命が交差する最終話。 どこで、どうやって、どんな言葉で想いを伝えるのか。

次の