フリウェルld。 医療用医薬品 : フリウェル

「フリウェル」に関するQ&A

フリウェルld

質問一覧• ニキビにはマーベロンというピルが使われることが多いことを知り、それを処方してもらおうと思ったのですが、その婦人科にはフリウェルとヤーズしかありませんでした。 その2つの違いを聞くと、 ・フリウェル…低容量ピル 、... 続いてました。 病院に行ったところpmsを優先させたらフリウェルだけどニキビをできにくくするにはヤー ズのがいいと言われヤーズに変更予定です。 ピル=ニキビが治るとも限らないみたいです。 薬との相性もありますでしょ... 予約しようとしたところ全然空いておらず お盆の関係のようです 、ピルが足りなくなります。 フリウェルを服用しておりましたが、 違う事で体調を崩してしまい、ここ数ヶ月服用を中止していました。 体重が減ってしまったのが原因だと思うのですが、5月27日から生理が止まった状態になってしまいました。 (妊娠の可能... 荒れることはさすがにないですか? もともと荒れやすいので、違う原因かもしれません。... 見られていません。 そのときも休薬期間中ではありましたが、生理というより少し出血したかな、 くらいでした。 婦人科の先生に聞いても「来ないことはありますよ」としか言われません。 服用をやめてみようかと思ったことも... 病院に行くべきですか?ちなみにフリウェルです。 普通21日服用後生理が来ると思うんですが、14日目くらいに生理が来てしまいます。 少なめの出血ではありますが、体調は生理の時と同じです。 ピルはそのまま服用を続けますが生... 始めて13日目に彼と性行為をしていて、ゴムが中で外れてしまっていました。 ピルを飲んでいま すがまだ飲み始めなので避妊効果があるかわからないのですが、妊娠の確率は高いでしょうか??... 休薬期間7日を挟み、8日目の夜にセックスしました。 生で中に出してます。 医師には避妊効果がある、と言われましたが、こちらでは 避妊効果がないと書かれていたことに焦っています。 また休薬期間中は避妊効果がなくなるの... 始めたばかりで、現在8錠目を服用したところです。 昨日 ピル7錠目服用後 避妊具無しの性行為を行い、二度の膣内での射精を 受け入れました。 妊娠は望んでいません。 ピルを服用していることで油断していたのもあります。

次の

フリウェル配合錠ULD「モチダ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

フリウェルld

人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 1日1錠を毎日一定の時刻に21日間経口投与し、その後7日間休薬する• 以上28日間を投与1周期とし、出血が終わっているか続いているかにかかわらず、29日目から次の周期の錠剤を投与し、以後同様に繰り返す フリウェル配合錠LDの使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• 過敏性素因• 肝腫瘍• 冠動脈疾患• 血栓性静脈炎• 子宮内膜癌• 脂質代謝異常• 重篤な肝障害• 糖尿病性腎症• 糖尿病性網膜症• 妊娠ヘルペス• 脳血管障害• 肺塞栓症• 子宮頚癌• 診断の確定していない異常性器出血• 妊娠中に黄疸• 耳硬化症• 35歳以上で1日15本以上の喫煙• 血栓性素因• 抗リン脂質抗体症候群• 高血圧<軽度の高血圧の患者を除く>• 産後4週以内• 手術前4週以内• 術後2週以内• 長期間安静状態• 妊娠中に持続性そう痒症• 亜急性細菌性心内膜炎の既往歴のある心臓弁膜症• 血管病変を伴う糖尿病• 心房細動を合併する心臓弁膜症• 星型閃光を伴う片頭痛• 閃輝暗点を伴う片頭痛• 前兆を伴う片頭痛• 肺高血圧症を合併する心臓弁膜症• エストロゲン依存性悪性腫瘍• 骨成長が終了していない• オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル配合剤投与中• 肝障害• 血栓症• 子宮筋腫• 心疾患• 腎疾患• 乳房結節• 耐糖能異常• テタニー• てんかん• 糖尿病• ポルフィリン症• 心臓弁膜症• 軽度高血圧• 耐糖能の低下• 妊娠中の高血圧• 前兆を伴わない片頭痛• コンタクトレンズ装用• 卵巣チョコレート嚢胞• 手術が必要• 不正性器出血が続く• 子宮内膜症性卵巣嚢胞 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 授乳婦• 新生児 低出生体重児を含む• 乳児 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用が禁止されています。 35歳以上で1日15本以上の喫煙 35歳〜• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 40歳以上 40歳〜 フリウェル配合錠LDの注意が必要な飲み合わせ 薬剤名 影響 オムビタスビル水和物・パリタプレビル水和物・リトナビル ALT<GPT>上昇 副腎皮質ホルモン剤 作用が増強 プレドニゾロン 作用が増強 三環系抗うつ剤 作用が増強 イミプラミン 作用が増強 セレギリン塩酸塩 作用が増強 シクロスポリン 作用が増強 テオフィリン 作用が増強 オメプラゾール 作用が増強 チザニジン 作用が増強 リファンピシン類 本剤の効果の減弱、不正性器出血の発現率が増大 リファブチン 本剤の効果の減弱、不正性器出血の発現率が増大 バルビツール酸誘導体 本剤の効果の減弱、不正性器出血の発現率が増大 フェノバルビタール 本剤の効果の減弱、不正性器出血の発現率が増大 ヒダントイン系抗てんかん剤 本剤の効果の減弱、不正性器出血の発現率が増大 フェニトインナトリウム 本剤の効果の減弱、不正性器出血の発現率が増大 カルバマゼピン 本剤の効果の減弱、不正性器出血の発現率が増大 ボセンタン 本剤の効果の減弱、不正性器出血の発現率が増大 モダフィニル 本剤の効果の減弱、不正性器出血の発現率が増大 トピラマート 本剤の効果の減弱、不正性器出血の発現率が増大 テトラサイクリン系抗生物質 本剤の効果の減弱、不正性器出血の発現率が増大 ペニシリン系抗生物質 本剤の効果の減弱、不正性器出血の発現率が増大 アンピシリン水和物 本剤の効果の減弱、不正性器出血の発現率が増大 塩酸テルビナフィン 黄体ホルモン・卵胞ホルモン配合剤との併用で月経異常 Gn-RH誘導体 作用を減弱 酢酸ブセレリン 作用を減弱 血糖降下剤 作用が減弱 インスリン製剤 作用が減弱 スルホニルウレア系薬剤 作用が減弱 スルホンアミド系薬剤 作用が減弱 ビグアナイド系製剤 作用が減弱 ラモトリギン 血中濃度が低下 モルヒネ 血中濃度が低下 サリチル酸 血中濃度が低下 アセトアミノフェン 血中濃度が低下、本剤の血中濃度が上昇 テラプレビル エチニルエストラジオールのAUCが低下 HIVプロテアーゼ阻害剤 エチニルエストラジオールの血中濃度が低下 メシル酸ネルフィナビル エチニルエストラジオールの血中濃度が低下 非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤 エチニルエストラジオールの血中濃度が低下 ネビラピン エチニルエストラジオールの血中濃度が低下 ホスアンプレナビル エチニルエストラジオールの血中濃度が低下 リトナビル エチニルエストラジオールの血中濃度が低下 ダルナビル エチニルエストラジオールの血中濃度が低下 ロピナビル・リトナビル配合剤 エチニルエストラジオールの血中濃度が低下 アタザナビル 本剤の血中濃度が上昇 インジナビル 本剤の血中濃度が上昇 エトラビリン 本剤の血中濃度が上昇 フルコナゾール 本剤の血中濃度が上昇 ボリコナゾール 本剤の血中濃度が上昇、血中濃度が上昇 アプレピタント 本剤の効果が減弱 ホスアプレピタント 本剤の効果が減弱 ルフィナミド 本剤の効果が減弱 飲食物との組み合わせ注意• セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)を含むもの.

次の

フリウェル配合錠LD「あすか」の添付文書

フリウェルld

フリウェル配合錠LD「あすか」/ フリウェル配合錠ULD「あすか」の情報です。 参考URL このサイトは、各薬剤メーカーがお医者さんや一般に公開しているサイトです。 ネットで調べるなら、こういう信頼性の高いサイトの情報を参照しましょう。 以下、 効能又は効果 月経困難症 重要な基本的注意 1. 本剤を避妊目的で使用しないこと. 12. 本剤の1年を超える投与における有効性及び安全性は確立していないので,1年を超える投与は治療上必要と判断される場合にのみ行い,定期的に画像診断及び臨床検査(血液検査等)を行うなど,患者の状態に十分注意すること. 薬効薬理 本剤は,排卵抑制作用及び子宮内膜増殖抑制作用により,プロスタグランジンの産生を抑制し,子宮平滑筋収縮等による疼痛を緩和すると考えられる. 以上。 PS; フリウェル配合錠LDの成分は合成卵胞ホルモン剤と合成黄体ホルモン剤ですから、経口避妊薬と全く同じです。 だから、排卵を止めたり受精卵が子宮に着床できない作用があり避妊もできるのです。 しかし、月経困難症の薬としか認可されていないのは、上述されている通り毎日、長期間飲んだ場合の安全性が確認されていないからです。 ピルの最悪の副作用は、血栓症です。 最悪の場合、死亡します。 死なないまでも血栓症になってしまったら、ピルの代わりに一生涯血栓症の薬を飲み続けなければならなくなります。 乳がんの発生率も高くなります、女性特有のガンでは子宮がんや卵巣がんより乳がんの方が高いのです。 WHOは未だに、合成女性ホルモン剤を発がん性物質のグループ1に分類しています。 グループ1とは、アスベストや飲酒、喫煙と同じグループになります。 そう言う事を分かっていての質問でしょうか・・・ だからメーカーは、医者や薬剤師に対して避妊剤として処方するな、患者には使用するなと案内しているのです。

次の