ジャパン スタッド ブック インターナショナル。 アニマルキングダム

公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナルの海外競馬情報より、「フラ...

ジャパン スタッド ブック インターナショナル

公益財団法人ジャパン・スタッド ブック・インターナショナルの海 外競馬情報より、「フランケルの 供用1年目と2年目の統計(イギ リス)」という記事をご紹介いた します。 大迫久美子オーナー所有 のEden's Causeway 03年生まれ 、父ジャイアンツコーズウェイ は、2年連続フランケルと交配し た"G1馬の母"です。 待望のフランケル(Frank el)の初年度産駒は現在のとこ ろ108頭誕生しており、牡駒5 7頭と牝駒51頭である。 世界一のレーティングを2度獲 得した無敗のフランケルがバンス テッドマナースタッド(Bans tead Manor Stud)で供用2年目をほぼ終 了した現在、同スタッドのオーナ... 再来週の阪神デビューを目指して いるゼンノアンジュ 牝2歳、父 ヘニーヒューズ、母ウインアンジ ェラス、栗東・浅見厩舎 が、今 朝の坂路で鮫島駿騎手の騎乗で追 い切られています。 2頭の併せ馬 内ヤマニンジャベ リン、外レディステディゴー、と もに2歳新馬 の後ろでキックバ ックをたっぷりと浴び、最後に外 に持ち出して抜き去った内容は、 現時点では文句なしでしょう。 時 計は53. 7-38. 7-24. 5-12. 先行の併せ馬は5 4. 9-39. 7-25. 3-1 2. 5ですから、その優秀さがわ かります。 担当の藤原調教助手からは「ジョ ッキーは、まだ余裕があると言っ ていました。 馬体重は490キロ... TosenHardi20 牝0 歳、父ハーツクライ が、新たに ゼンノファミリーの一員に加わり ました。 北海道・新冠の村上欽哉 牧場生産で2月14日生まれの派 手な栗毛です。 母は英国産で、フ ランス・シャンティイの小林智厩 舎で走って2勝をあげています。 '18年の凱旋門賞の翌日のコン ピエーニュ競馬場で武豊騎手が騎 乗して快勝。 このときは村上欽哉 氏がオーナーで、バイキンマンを モチーフとした勝負服が印象的で した。 それから日本に繁殖牝馬と して輸入されて、本馬が初子。 「 初子とは誰も思わないぐらい、し っかりしたきれいな馬です」と惚 れ込んだ武幸四郎調教師がもちろ ん預託先になります。 TosenHardiは、ジュラ... ゼンノワスレガタミ 牡6歳、川 崎・山崎裕也厩舎 は、来週の川 崎2日目 14日 のメーン11 R、「スパーキングナイトチャレ ンジ」 川崎ダート1600m、 4歳以上A2B1級、準重賞 で 、移籍初戦を迎えます。 今朝は、 山崎裕也調教師が騎乗して川崎競 馬場に輸送しての追い切り。 外に 併せたカジノシップに手応えで劣 りましたが、時計は5ハロンから 63. 8-49. 1-36. 9- 25. 4と上々でした。 山崎裕也 調教師は「相手は弟 山崎誠士騎 手 の騎乗で、体重差が10キロ あるので、互角としたものでしょ う。 まだ一所懸命に走るぞ、とい う感じではありませんが、ゴーサ インにははんのうしてくれて良化 を感じています。 背中の良さ、乗...

次の

[B!] クールモアがマキシマムセキュリティの所有権の半分を購買(アメリカ)[その他]

ジャパン スタッド ブック インターナショナル

公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナル様 〒105-0004 東京都港区新橋4-5-4 日本中央競馬会新橋分館 農林水産大臣の認可を受け、2010年12月1日に財団法人競馬国際交流協会と財団法人日本軽種馬登録協会が合併。 内閣総理大臣の移行認定を受け、2012年年1月4日付けをもって新たに発足。 競馬に係わる国内外の情報の提供及び技術交流、軽種馬の登録並びに競走を引退した馬への助成を行うことにより、国際相互理解の促進並びに国内外の軽種馬の改良増殖、公正な流通の促進、競馬に対する信頼の確保及び馬の福祉に寄与している。 数字の一部は概数、およその数で記述しています。 リプレイスにより、5年毎に発生する更新費用を低減 AWS活用前のシステムの状況について教えてください。 羽部様:軽種馬の登録システムをオフコンで構築・運用していました。 東京と北海道の2拠点にそれぞれ1台のオフコンを導入し、北海道拠点にあるサーバーはバックアップ用として運用していました。 北海道の拠点には情報システム部のメンバーがいませんでしたから、運用には少し手間がかかっていましたね。 オフコンは5年毎のリース契約で、費用やメンテナンス、運用の柔軟性に欠けるなどの問題からリース切れのタイミングである、2010年にリプレイスを検討開始しました。 リプレイスの検討には様々な選択肢があったと思うのですが。 羽部様:はい。 はじめにイチからオープン系のシステムを構築する事を検討しました。 しかし、費用が膨大になることがわかり断念しました。 実は、予め割ける予算が決まっていまして、その予算というのが、バックアップとして運用している北海道の拠点のオフコン1台をリプレイスする為のハード、作業費にかかる費用でした。 次に、外部のデータセンターを間借りすることも検討しましたがこれも費用が高額になりますし、セキュリティ等々にも不安がありました。 災害対策、セキュリティ、管理面でもAWSなら安心 最終的にAWSを選択されたのですが、その決め手となったのは? 羽部様:我々情報システム部門は2名で担当しています。 オンプレミスを選択した場合の物理的なハードの設置場所に関する問題もありましたし、管理の負担、災害対策を検討したところクラウド、それもAWSが良いのではという結論になりました。 AWSの将来性にも魅力を感じていたんです。 AWSに全く不安はなかったのですか? 羽部様:正直なところ、AWSというクラウド、言ってみれば、外部のサービスを使用するという事で財団内での理解を得るのが初めは難しかったというのがありました。 「データを外に出して安全なのか」という声もありました。 セキュリティ、不正アクセスの問題があるのではないかと。 しかし、AWSは逆にそこが堅牢であるという事をサーバーワークスの営業の方が根拠を示し説得してくれました。 現在は、当初の目的であった北海道拠点のオフコンのバックアップとしての機能に加え、FTPサーバーやイントラサーバー等もAWSに移行して問題なく稼働しています。 今回の移行でなぜサーバーワークスを選ばれたのでしょうか。 そして、サーバーワークスに任せて良かったという点をお聞かせください。 羽部様:AWS専業のインテグレーターという事で、すでに150社以上への導入実績もあり、AWSを熟知しているという安心感があります。 2005年に別のシステム導入でお世話になり、こちらの要望を的確に実現してくれたという経験から、サーバーワークスに是非お願いしたいと思いました。 リモートから効率良く作業していただき、オンプレミスでの移行では当たり前の「現地に直接来てシステムの移行作業をする」という事もないので、一日立ち会わなければならない負担が無いのも良いですね。 夜遅くまで作業が終わるのを待つこともないですし。 「AWSならサーバーワークスに任せるのが確実」だと思っています。 AWS導入の効果について教えてください。 羽部様:北海道拠点のオフコンが1台なくなり、運用がとても楽になりました。 先ほども申し上げましたが、北海道にはシステム担当者がおらず、今までは停電があったりすると、現地スタッフとのやり取りにも手間がかかったり、停電後、東京・北海道のデータの整合性をとるために手作業で復旧を行っていました。 AWSに移行してからは停電の心配もなく、バックアップも自動なのでかなり運用は楽になっています。 部門の負担が軽減され、さらに5年毎に発生する更新費用のうちオフコン1台分をゼロにする事が出来ました。 これは、長期的スパンで見るとかなりのコスト削減ですね。 ハードに投資する分を新たに生産的な開発に当てる事ができるので助かっています。 運用・保守から解放され、情報システム部門は生産的な業務へ 「新たな開発」とおっしゃいますと具体的に進んでいるものはありますか? 羽部様:現状、年間7000頭弱生まれる馬を現地に出向き、紙をベースに馬の登録審査を行っているのですが、これを電子データ化して管理していきたいと思っています。 馬の画像もデータ化し効率化できると期待しています。 画像はオフコンで管理できなかったので、AWSにシステムを移行したことにより出来る事、やりたい事の可能性が広がっていると感じていますね。 2014年はこれらの新しい試みを構築し、テストしていく方向で既に動き始めています。 そういった本来の生産的な情報システム業務に時間をさけるのも、AWSで運用管理負担が軽減されたからだと思っています。 なるほど、今後の展開も楽しみですね。 ありがとうございます。

次の

公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナルの海外競馬情報より、「フラ...

ジャパン スタッド ブック インターナショナル

12月28日のメイクデビュー中山(中山・ダート120000m)で、が1番人気に応えてデビュー勝ちを修めました。 またこの勝利には、これまで武豊騎手が保持していたJRA年間最多勝記録である212勝を、鞍上のルメール騎手が13年振りに更新するという「おまけ」もついていました。 しかしスポーツ紙の記事での主役はルメール騎手で、が「おまけ」として扱われているものが多いので、少々不満です。 (ルメール騎手が主役の記事は、下記リンクからカット)• (日刊スポーツ:2018-12-28)• (スポーツニッポン:2018-12-28)• (スポーツ報知:2018-12-28)• (スポーツニッポン:2018-12-29)• (デイリースポーツ:2018-12-29) (2018-12-29) 新 旧 被毛は 大半が白色であり、有色の斑紋及び長毛を有するものもある。 眼が青色のものもある。 皮膚はピンクで、一部に色素を有するものがある。 芦毛との著しい違いは生時に既に 大半が白色を呈していることである。 被毛は 全体が殆ど白色であり、 僅かに有色の斑紋及び長毛を有するものもある。 眼が青色のものもある。 皮膚はピンクで、一部に色素を有するものがある。 芦毛との著しい違いは生時に既に 全体が白色を呈していることである。 簡潔に説明すると、白毛のルールが緩和されています。 白毛とは言い難いほどの有色毛を持つの2017年産の牝駒を、白毛として登録できるようにするための改正だと思われます。 (2018-01-03).

次の