斉木楠雄のψ難アニメブログ。 【斉木楠雄のΨ難(Ψ始動編)1期】アニメ無料動画第1話~6話(最終回)見逃しフル視聴まとめ

避難訓練、灰呂がその大切さを熱く語り、「お・か・し」の標語の説明をするのだが、クラスメイトたちは頭文字を必ず会話に入れ始め…?第5X⑤「燃えるな!防Ψ訓練!!」 感想 斉木楠雄のΨ難

斉木楠雄のψ難アニメブログ

普段食べている『1個138円のゼリー』と、破格な値段の『3個183円のゼリー』のどちらを買うべきか様々な思考を巡らせる。 質より量か、量より質か。 限られた小遣いの中で満足度が高い最適な答えは何か考える楠雄。 頭の中で大量のコーヒーゼリーに囲まれた光景を思い浮かべ、いざ決断を下そうとした時、楠雄の目に飛び込んできたのは超高級ゼリーだった!! 公式より 2950円のコーヒーゼリーって超高い(笑) どんだけコーヒーゼリー好きなんだよ!楠雄め コーヒーゼリーを食べる幸せそうな顔が可愛いけどさ… 良心が痛むと、助けてしまう所が根はやさしいところだよな さて、感想へ行きましょうか! 場所はスーパーマーケット。 楠雄は悩んでいた 「(やれやれ、これは難しい問題だな)」 「(これは普段食べているコーヒーゼリー。 こっちは3個入りで183円という破格のお値段。 183円で3個だから1個当たり61円、二つ食べても122円。 やはり、質より量だ。 …ん?内容量)」 3個入りのコーヒーゼリーの一個あたりのグラム数は70g 「(…そうか! 3パックのほうが小さい。 2倍ではない約1.714倍だ。 それならば……こちらの質で十分補える。 やはり肝心なのは量より質だ)」 さっきと真逆の事言ってる…(笑) 「(小遣いが3000円だから、ふっ21個買える。 机いっぱいうまるな)」 めっちゃ嬉しそうだな、楠雄 「(いや待てよ。 あっちなら3000円で16個買えるから…かけ3で48個!?)」 「(バカな…!寝れるじゃないか。 どっかのアイドルグループに差し入れても、全員いきわたるぞ)」 *いきわたりません それより人数多いもんなぁ…(笑) 目に飛び込んできたのは2950円のコーヒーゼリーだった し、しかも3000円内だ…(笑) 「(たかがコーヒーゼリーで一個に……)」 楠雄はスーパーマーケットを出た 「(2950円だと? そんな馬鹿な話があるか。 あんなもの誰が買うんだ、まったく)」 「(僕だ)」 (笑)思わず、かってしまったのか 「(何やってるんだぼくは…… しかも、内容量たった55gしかないぞ。 3個入り、48個分のおいしさが詰まってるというのか…。 いや、所詮コーヒーゼリーだ。 そんなとびぬけたおいしいなんてあるはずがない。 だが、おいしくないはずもない)」 「(僕の一か月のお小遣いをすべてつぎ込んだのだ。 ご納得いかなければ、工場を潰す)」 怖っ(笑) 「(とにかく早く帰ろう。 3000円のコーヒーゼリーなんて持って、うろうろしていたら誰に狙われるか、分かったもんじゃない。 瞬間移動で帰るか…いや、人目がある。 ならばこいつだけ…テレポートで家に送るか?)」 「(だが、その場合、少し面倒だ。 僕が何かをテレポートさせたい場合、交換にその場所から同価値の何かをアポートしなくてはならない)」 代わりに同じ価値を犠牲にするのか そんな解説をしていると、空から野球ボールが飛んでくる 「(ま、まずい…!つぶれる! !)」 そのボールを飛ばす楠雄 「(ふぅ、無事か)」 コーヒーゼリーが無事でほっと息を吐く 「ごめんなさい。 大丈夫ですか?」 男の子が声をかけてくる 「(あぁ、大丈夫だ。 そんなに遠く行ってねぇよな」 「(いや、いったよ。 だから、千里眼で探してるんだが…)」 千里眼でも見つからないのか…? 「(ダメだ、見つからない…。 残念ながら諦めるんだな。 確かに飛ばした僕が悪いが、僕に向かって投げたそっちが悪い)」 そう思って、立ち上がる楠雄 「(さっさと帰ってコーヒーゼリーを食べよう)」 「おれっちが新しいの、買ってやっから」 燃堂がその男の子に言ったのだが 「ダメだよ、あのボールじゃなきゃ…」 「あれは死んじゃったおじいちゃんから貰った大事なボールなんだ」 まじか… 「そっか。 じゃ、ぜってぇ見つけねぇとな! よっしゃ、見つけるまで全員で探すぞ」 燃堂が言う 「ありがとう。 あのお兄ちゃんは帰っちゃったけど…」 その言葉にガンっといった様子の燃堂 一方、楠雄はトイレにいた 「(やれやれ…念写まで使う羽目になるとは…)」 「(なるほど、水の中か。 これじゃ千里眼で見つけ出すのは無理だ。 なら別の手でいこう。 アポートだ)」 「(あのボールと同価値のものと等価交換だ。 本当に戻ってきてよかったー」 「(まぁいい。 コーヒーゼリーなんて、また買えばいいんだ。 よかったね、大好きなコーヒーゼリー(2950円)3つくれるなんて ここまで読んでくれてありがとうございました! 前回へ 関連記事 konohana19.

次の

アニメ「斉木楠雄のΨ難」はテンポが良くて気持ち良い!あらすじと見所ご紹介

斉木楠雄のψ難アニメブログ

エンジェル伝説再び。 嘗て月刊少年ジャンプに「エンジェル伝説」という漫画(OVAにもなった)が連載されていた。 成績優秀で人格者なのに顔が怖いため誤解を受ける北野誠一郎のお話です。 冒頭の校長が訝しむところとか、かなりこの作品を意識していると思いました。 転校生が多いのは作中でもネタにしていましたが、まさかの転任教師。 それは100歩譲っても、現職の担任押しのけて主人公クラスの担任になるって無理無いか。 前の島先生美人で好きだったのに。 顔が 怖い変態。 人を見かけで判断してはいけないと言われますが、やっぱり限度はありますね。 緊張で顔赤くして息を荒げたらもうヤバい人にしか見えない。 早く生徒の仲良くなりたいからと、一生懸命顔と名前を暗記してきたそうです。 でも顔からストーカー扱いされちゃうという悲劇。 そして井口工(いぐち・たくみ)という名前。 逆から呼んだらエロイ…顔といい名前といい親は恨まれても仕方ないのかも。 一緒に来たと思われるだろ! 燃堂と揃って遅刻した才虎が藤崎詩織みたいな事言っとる。 ここで生徒は井口先生の資質を見極めようと試みます。 タダのバカだけど見た目が怖い燃堂をぶつけたらどうなるか。 全く物怖じせずに理路整然と遅刻を宣言。 これは出来る教師だ。 ならば金持ちで権力持ちの才虎はどうだ。 札束を渡されると「今回は見逃します」やはり金と権力には弱いのか。 …教師を買収しようとしたことは、キミも遅刻だ! これは本物の教師。 疑ってすいませんと生徒が駆け寄るも、やっぱり顔がキモイ。 まだ距離感あるけれど、いつか報われる日が来るさ。 元ヤン違う、現役じゃん! 窪谷須のお宅訪問。 恨みの込もった落書きが凄いですね。 部屋はヤンキーの部屋そのもの。 いくら元ヤン隠しても遊びに行ったら一発でバレるでしょ。 そしてこの部屋と燃堂の親和性が半端ない。 初めて友達の部屋に来たら家探しするのはお約束。 まあ普通はエロ本見つけて笑い飛ばすとかですが。 でも見てはいけないようなモノが出てきて笑えない。 そして真っ昼間なのに帰ってきた親父は…チンピラそのもの。 性格は悪くないみたいですが、ちょっと近寄りがたい。 生まれつき変態顔の井口先生と違ってこっちは好きでやってる顔ですしね。 大好きなモノと大嫌いなモノが同時に出てきたらどうする。 斉木が正座待機してまで楽しみにしているスイーツ紹介番組。 今回のゲストは照橋兄こと六神通。 テレビ即消し…そして点け直す。 スイーツそっちのけで妹(照橋さん)を語りまくる照橋兄。 今回はダメだ。 もう寝ようと思ったらら今回のスイーツはコーヒーゼリー。 前言撤回、文字通りテレビにかじりつく斉木。 相変わらずスイーツ、特にコーヒーゼリーへの食いつきが半端ない。 基本無表情な斉木が実に嬉しそう。 でも照橋兄という雑音に尽く邪魔されると。 コーヒーゼリーの為ならプライドも捨てる。 番組を見たと言えば半額、よくあるサービスですね。 当然斉木は食べに行く気マンマン。 時間の無駄だったと階段を降りたら玄関に六神。 見たくないのにテレビで見て、会いたくないのに何故か居る。 関わりたく無いのに何故か絡んでくる困りもの。 テレビで照橋さんの話をして怒られた。 敵視してくる癖に何かと頼ってくるんだから始末に負えません。 しかし手には照橋さんに食べさせようと思って買ったあの店のコーヒーゼリー。 このオチ最高。 将来照橋さんと結婚しても、この兄と案外上手くやって行けそうな気がする。

次の

斉木楠雄のΨ難 動画(全話あり)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

斉木楠雄のψ難アニメブログ

普段食べている『1個138円のゼリー』と、破格な値段の『3個183円のゼリー』のどちらを買うべきか様々な思考を巡らせる。 質より量か、量より質か。 限られた小遣いの中で満足度が高い最適な答えは何か考える楠雄。 頭の中で大量のコーヒーゼリーに囲まれた光景を思い浮かべ、いざ決断を下そうとした時、楠雄の目に飛び込んできたのは超高級ゼリーだった!! 公式より 2950円のコーヒーゼリーって超高い(笑) どんだけコーヒーゼリー好きなんだよ!楠雄め コーヒーゼリーを食べる幸せそうな顔が可愛いけどさ… 良心が痛むと、助けてしまう所が根はやさしいところだよな さて、感想へ行きましょうか! 場所はスーパーマーケット。 楠雄は悩んでいた 「(やれやれ、これは難しい問題だな)」 「(これは普段食べているコーヒーゼリー。 こっちは3個入りで183円という破格のお値段。 183円で3個だから1個当たり61円、二つ食べても122円。 やはり、質より量だ。 …ん?内容量)」 3個入りのコーヒーゼリーの一個あたりのグラム数は70g 「(…そうか! 3パックのほうが小さい。 2倍ではない約1.714倍だ。 それならば……こちらの質で十分補える。 やはり肝心なのは量より質だ)」 さっきと真逆の事言ってる…(笑) 「(小遣いが3000円だから、ふっ21個買える。 机いっぱいうまるな)」 めっちゃ嬉しそうだな、楠雄 「(いや待てよ。 あっちなら3000円で16個買えるから…かけ3で48個!?)」 「(バカな…!寝れるじゃないか。 どっかのアイドルグループに差し入れても、全員いきわたるぞ)」 *いきわたりません それより人数多いもんなぁ…(笑) 目に飛び込んできたのは2950円のコーヒーゼリーだった し、しかも3000円内だ…(笑) 「(たかがコーヒーゼリーで一個に……)」 楠雄はスーパーマーケットを出た 「(2950円だと? そんな馬鹿な話があるか。 あんなもの誰が買うんだ、まったく)」 「(僕だ)」 (笑)思わず、かってしまったのか 「(何やってるんだぼくは…… しかも、内容量たった55gしかないぞ。 3個入り、48個分のおいしさが詰まってるというのか…。 いや、所詮コーヒーゼリーだ。 そんなとびぬけたおいしいなんてあるはずがない。 だが、おいしくないはずもない)」 「(僕の一か月のお小遣いをすべてつぎ込んだのだ。 ご納得いかなければ、工場を潰す)」 怖っ(笑) 「(とにかく早く帰ろう。 3000円のコーヒーゼリーなんて持って、うろうろしていたら誰に狙われるか、分かったもんじゃない。 瞬間移動で帰るか…いや、人目がある。 ならばこいつだけ…テレポートで家に送るか?)」 「(だが、その場合、少し面倒だ。 僕が何かをテレポートさせたい場合、交換にその場所から同価値の何かをアポートしなくてはならない)」 代わりに同じ価値を犠牲にするのか そんな解説をしていると、空から野球ボールが飛んでくる 「(ま、まずい…!つぶれる! !)」 そのボールを飛ばす楠雄 「(ふぅ、無事か)」 コーヒーゼリーが無事でほっと息を吐く 「ごめんなさい。 大丈夫ですか?」 男の子が声をかけてくる 「(あぁ、大丈夫だ。 そんなに遠く行ってねぇよな」 「(いや、いったよ。 だから、千里眼で探してるんだが…)」 千里眼でも見つからないのか…? 「(ダメだ、見つからない…。 残念ながら諦めるんだな。 確かに飛ばした僕が悪いが、僕に向かって投げたそっちが悪い)」 そう思って、立ち上がる楠雄 「(さっさと帰ってコーヒーゼリーを食べよう)」 「おれっちが新しいの、買ってやっから」 燃堂がその男の子に言ったのだが 「ダメだよ、あのボールじゃなきゃ…」 「あれは死んじゃったおじいちゃんから貰った大事なボールなんだ」 まじか… 「そっか。 じゃ、ぜってぇ見つけねぇとな! よっしゃ、見つけるまで全員で探すぞ」 燃堂が言う 「ありがとう。 あのお兄ちゃんは帰っちゃったけど…」 その言葉にガンっといった様子の燃堂 一方、楠雄はトイレにいた 「(やれやれ…念写まで使う羽目になるとは…)」 「(なるほど、水の中か。 これじゃ千里眼で見つけ出すのは無理だ。 なら別の手でいこう。 アポートだ)」 「(あのボールと同価値のものと等価交換だ。 本当に戻ってきてよかったー」 「(まぁいい。 コーヒーゼリーなんて、また買えばいいんだ。 よかったね、大好きなコーヒーゼリー(2950円)3つくれるなんて ここまで読んでくれてありがとうございました! 前回へ 関連記事 konohana19.

次の