子宮 内 膜 ポリープ 原因。 子宮内膜ポリープで不正出血!妊娠できるの?手術するべき?

子宮内膜増殖症とは―複数の種類がありリスクも異なる

子宮 内 膜 ポリープ 原因

ポリープの下には、新生物を意味し、これは起源が良性である。 壁および子宮腔に形成されるのは、子宮内膜の成長の結果である。 通常、彼らは特別な足に取り付けられています。 彼らは非常に多様であり、複数形と単一形の両方で見つかる。 彼らは十分に集中的な成長が可能であるという危険性があります。 時には膣をはるかに超えています。 ポリープの形成は、絶対にすべての女性の対象となります:青年期から閉経後に終わる。 ポリープは子宮内で危険ですか? 彼はそれ自体危険であり、彼が引き起こす可能性のある合併症も危険です。 多くの場合、不妊症、ホルモンの不均衡と交代が起こります。 ホルモン放出の著しい機能障害。 最大の危険は、ポリープが悪性腫瘍になり、子宮頸がんを引き起こす可能性があることです。 あまり危険でない合併症は、子宮出血の発症を考えることができないことです。 これは、未治療のまま放置されずに時間内に除去されなければ、彼自身の血管を発達させ、徐々に癌腫瘍に成長するという事実による。 血流の危険性の増加は、貧血、貧血、正常機能の侵害、白血球の変化を引き起こす。 絶えず増加する。 大規模な出血の出現に貢献するが、これは単独では止めることができず、外科的介入が必要である。 さらに、ポリープはしばしば炎症を起こし、活発な感染過程が発生し、これは生殖器系全体に及ぶ。 ポリープは感染に独立して抵抗することができないので、慢性炎症過程の病巣が形成される。 危険にさらされている女性は、種々の腺の機能不全に対する遺伝的素因を有する、様々な内分泌障害に最も感受性のある女性である。 体の遺伝的再編成の状態にある内分泌腺の構造的および機能的障害の病歴を有する女性において、ポリープを発症するリスクは増加する。 また、忙しいスケジュールで働くストレスや神経精神ストレスに曝されている女性のポリープを発症するリスクは、日中の体制、休息、労働を観察しません。 また、肥満、ジストロフィー、真性糖尿病などの様々な代謝障害の女性には注意が必要です。 乳がんに対して作用するタモキシフェンなどの薬剤を服用するリスクが高くなります。 しかし、副作用として、子宮内のポリープが発症する可能性があります。 また、高血圧で免疫力が低下している女性は、健康に密接に対応する必要があります。 [], [], [], [], [] 病因の中心にあるのは、ホルモンの背景に違反し、その結果、構造的および機能的障害が内皮、すなわち子宮の内層に生じる。 粘膜は、ホルモン障害の結果として、それが緻密になるので、影響を受ける。 これは密度の高い領域の形成をもたらし、その代わりに、後に形成されるポリープ - 新生物は、粘膜を厚くして成長した粘膜から形成される。 彼らはさらに成長する傾向があり、子宮全体に広がり、増殖する可能性があります。 それらの中で、時間の経過とともに、血液供給、栄養の独立したシステムは、独自の遺伝子装置を形成しました。 これは、ほとんどの研究者の意見では、ポリープの出現において最も危険である。 自律性の確立は、癌の一形態、制御されない成長および再生への変換を伴う。 人を邪魔することなく、無症状で発達することが多い。 彼らはすでに一定のレベルの開発と独立性に達しているときに現れます:後の段階で、月経周期の違反の形で。 規則性は大幅に変化します。 出血があるかもしれません。 また、閉経中の突然の出血、長期の不妊症の発生は、子宮内のポリープの発生を示し得る。 間接的ではあるが、ポリープの発症を示すことができる最初の徴候は、出血を伴った不規則な月経である。 組織の増加、子宮の徐々の開放があります。 彼女は構造を押し出すように試みる。 その中で、激しい壊死が生じ、血液循環が妨げられる。 痛みを伴う痙攣感覚は、容易な収縮に似ています。 間接的に、ポリープの形成は、妊娠の不在下での不妊症の延長または月経不足を示す。 ほとんどのポリープは完全に無症状であることを常に覚えておいてください。 多くの場合、検査中に発見されます。 したがって、病理または違反の可能性があることを示すわずかな兆候が、専門医に連絡する理由になります。 子宮にポリープがある場合、性的行為に何ら影響を与えないので、性的に生存することができます。 除去後、少なくとも1ヶ月間は性行為を控えてください。 子宮のポリープを傷つけることはできますか? ほとんどの場合、無症状で無痛に発症する。 しかし、それは十分に大きなサイズに達したときに傷つき、複数のポリープの形成を分けます。 痛みは、子宮が外に出そうとすると、ポリープががんに変わり始める形質転換過程の発症を示すことができる。 彼女は自分自身を明らかにする、彼女はカットを押し出す。 これは痛みを伴い、その神経支配として血液循環が妨げられる。 ねじれ、脚を絞ることも痛い感覚を引き起こす。 このような状態は、生命を脅かす恐れがあり、緊急の外科的介入を必要とする。 [] 子宮と妊娠のポリープ サイズが小さい場合は、女性が想像することができます。 しかし、しばしば、そのような妊娠は合併症を伴います。 主な合併症は、ポリープの発生の結果として起こる胎盤の破裂である。 これは、流産や早産の脅威を伴う。 もう一つの危険は、妊娠中および出産中にポリープへの損傷が可能であるという事実にある。 損傷の場合には、癌への転移のリスクが常に増加します。 しかし、誰もがそうした不幸な結果をもたらすわけではありません。 妊娠中にポリープそのものが、または特別療法の影響を受けて完全に解決された場合は、多くの場合があります。 それぞれのケースで異なり、妊娠が進行する方法やテストや楽器の調査の結果に基づいて、各特定の状況、できる唯一の医師にポリープで行動する方法を予測する:したがって、結論は一つだけすることができます。 彼女のために、女性は自分の健康をより一層気にかけなければならず、心配や変化があれば医者に相談してください。 子宮内のポリープで妊娠することはできますか? 受胎は可能です。 特にポリープの大きさが小さい場合。 しかし、あなたはポリープが複雑な妊娠の原因の1つになりうることを理解する必要があり、さらに多くのリスクがあります。 ポリープが大きく、子宮への入り口を塞いだ場合は、わずかに異なる画像が観察されます。 これにより、受精卵が子宮内に浸透する確率が大幅に減少し、移植が困難になり、子宮外妊娠のリスクが高まります。 [], [], [], [] 出産後の子宮内のポリープ 妊娠前に小さなポリープがあった場合、妊娠中または出産後に溶ける可能性があります。 これは、血液中のエストロゲン濃度の低下によるものです。 この期間中、エストロゲンのレベルが急激に低下し、知られているようにポリープは高レベルのエストロゲンのみで発症する。 出産後ポリープを形成することができるのは2-3ヶ月後である。 しばしば、ポリープは、複雑な妊娠、帝王切開後、体内のホルモンの一般的な不均衡の背景に対して起こります。 ポリープには多くの種類があります。 それらは単一でも複数でもよい。 組織のタイプおよび病変の性質に応じて、腺、線維、腺線維、腺腫および胎盤が単離される。 子宮内膜は、子宮、その壁、腔および粘膜の内層である。 ポリープが形成されると、ポリープが過度に緻密化され、その結果、圧縮された領域が徐々に分離する。 個々の血管が形成され、ポリープはそれ自身の神経支配を獲得する。 これはさらなる成長に貢献します。 このタイプのポリープの危険性は、サイズが非常に大きくなる可能性があることです。 殻が腫れて子宮を徐々に覆い、膣にも満ちる。 さらに、子宮内膜のポリープは、集中的に分裂し、子宮腔全体を覆う複数のポリープを形成することができる。 このようなポリープは、掻爬のみを必要とする。 子宮内膜ポリープは、悪性腫瘍に発展するリスクが最大であるため、最も危険です。 彼らは、神経支配と循環の独立したシステムを獲得し、比較的自律的になる。 徐々に悪性新生物に退化し、制御されない分裂の能力を獲得する。 子宮の子宮腺 それは青年期と青年期に形成されます。 それらの中心に腺細胞があります。 それらは液体で満たされた嚢胞である。 これは子宮内膜過形成の結果である。 これらのタイプのポリープは、悪性腫瘍への変性のリスクが最大であるため、最も危険であると考えられている。 ほとんどの場合、これらは出血の原因であり、妊娠の脅威であり、しばしば不妊症を引き起こす。 非常に迅速に成長し、外科的介入が必要です。 [], [], [], [], [] 子宮内の線維性ポリープ 結合組織は、線維性ポリープの形成の根底にある。 十分に高い密度によって特徴づけられる。 ホルモンの再編成の期間中、閉経と閉経の前に主に現れる。 [], [], [], [] 腺線維性子宮ポリープ これは、内分泌腺の別個の要素および結合組織によって形成される。 腺腫性ポリープの子宮 そのような成長は腺腫と呼ばれる。 この組成物は、変化した細胞を含み、しばしば癌の持ち主である。 このようなポリープは急速に癌性腫瘍に退化する。 [], [], [] 子宮の壁のポリープ このタイプのポリープは、粘膜から子宮の壁に現れる新生物である。 粘膜は広範囲であり、血管および神経に富んでいるので、それは積極的な成長が起こりやすい。 がんのリスクがあります。 受精能に影響を与えることができる。 これは主に場所によって異なります。 ポリープが受精卵の移植が行われるべき領域に位置し、胎盤がさらに発達する場合、受精は不可能である。 この場合、ポリープが発達すると、粘膜へのその導入、不妊症が発症することがある。 子宮腔のポリープ 子宮の腔では、ポリープは危険な状態になることがあります。 すべては、開発とローカリゼーションの程度に依存します。 ポリープが十分大きい場合は、それを除去する必要があります。 小さい場合は削除する必要はありません。 主なことは、子宮頸部に位置していないことです。 空洞に位置するポリープは、妊娠中にそれ自身で溶解することができる。 これは、ホルモンの背景の変化によるものです。 エストロゲンの量は減少し、プロゲステロンの量は増加する。 妊娠中の子宮内のポリープは、重大な結果を伴う捻挫、損傷を受ける可能性があるので、常に監視されるべきである。 出血し、細胞の悪性変性の危険性が増加する可能性がある。 子宮の底にある子宮内膜のポリープ 子宮の底にあるポリープは、外来の影響や機械的損傷にほとんど晒されないので、最も安全であると考えられます。 危険性は、それが大きなサイズに成長する可能性があり、その後外科的介入が必要とされる。 ポリープの大きさが小さい場合、それは保存的療法の助けを借りて独立して溶解することができる。 子宮頸部ポリープ 子宮頸部ポリープは、不妊症と子宮頸がんの主な原因です。 子宮頸部の領域に位置するポリープは、子宮への受精卵経路をブロックする。 その結果、粘膜への移植およびさらなる開発が不可能になる。 卵が死んだり、子宮外妊娠が発生し、これは女性の生命を脅かす状態です。 この配置では、ポリープは移動性があり、血液と栄養分が十分に供給されるため、悪性腫瘍を発症するリスクも大きい。 徐々に、それはそれ自身の血管を獲得し、癌性の腫瘍に変わる。 また、この場所では、ポリープは常に機械的な損傷、動きを受け、悪性変性のリスクも増加する。 このような場所では、子宮は高い反射感受性および収縮作用を有するため、出血の危険性がある。 彼女は異物としてポリープを認識し、それを外に向かって膣に押し出す。 これは、ポリープの重傷、血管の損傷を招く可能性があります。 [], [], [], [] 子宮頸管のポリープ ポリープが子宮頸管に発生する場合は、できるだけ早く除去する必要があります。 まず、チャンネルの管腔を拡張してカバーします。 第2に、ポリープの成長に伴う受精の可能性が最小限に抑えられる。 卵が子宮腔に浸透することができないので、ポリープが大きいほど、妊娠する可能性は低い。 妊娠することが可能になったとしても、出産中に合併症のリスクが劇的に増加します。 妊娠自体は合併症でも起こります。 これは、ポリープ時間が傷ついているという事実によるものです。 出産中は、産道に直接位置しているため、傷ついたり、完全に外れたりすることさえあります。 出血、感染および炎症は危険です。 子宮のポリープ それは子宮の体内で直接発生する。 これは、子宮内膜の過増殖の結果として形成される。 典型的には、このポリープは細い茎で保持され、そのサイズは数ミリメートルから数センチメートルまで変化する。 多量の出血を引き起こすことがあります。 多くの場合、不妊症やがんの原因となります。 診断は時間通りに行うことが重要です。 その病状は無症状で発症しており、それ自体を発現していないことを常に覚えておく必要があります。 これが彼らの危険です。 彼らはそれが遅すぎるときに自分自身を示すことができます。 しばしば、出血が始まり、貧血が発生したり、悪性腫瘍が発症した場合にのみ現れる。 これは、タイムリーな診断と予防検査の重要性を示しています。 ほとんどのポリープは、定期的な検査中に見出される。 適用される婦人科検査、検査室および器械検査方法。 検査中、医師は、粘膜の構造および状態、器官の形態に関する必要な情報を受け取る。 視覚的には、炎症性および感染性プロセスである腫瘍の存在を評価および疑うことが可能である。 これは、必要な検査をさらに割り当て、鑑別診断を設定し、臨床像を設定する基礎となります。 この方法の大きな利点は、処置中に生検を行うことが可能であることである。 この研究の間、医師はさらなる組織学的検査のために粘膜の小片を切断する。 これは、密度の高い領域または原因不明の新生物が見つかった場合に重要です。 組織学的分析は、腫瘍が良性か悪性かを示す。 非常に頻繁にmetrographyに頼る。 この方法は、造影剤を使用して子宮に注ぐX線検査のタイプの1つです。 その後、画像がレンダリングされます。 この方法では、隆起、構造変化、および子宮内の腔内変化を検出することが容易である。 診断情報を得るために、診断スクレイピングを使用することができ、その間に保存された材料は子宮から除去される。 その後、それは研究の対象となります。 さらに、子宮内視鏡を使用することで、子宮の状態を内部から調べることができます。 時には、子宮鏡が使用されない時があります。 この場合、この方法はブラインドスクレイピングと呼ばれます。 [], [], [], [], [], [] 子宮ポリープ生検 生検の本質は、研究の間に、生物学的材料が特別な道具および方法を用いてサンプリングされることである。 次いで、この物質をさらなる組織学的分析に供し、それにより腫瘍を識別し、最終的な診断を行うことが可能になる。 この方法は、腫瘍が良性か悪性かを判定する。 子宮ポリープの組織学 組織学的検査は、様々な生物学的方法を用いた生検によって得られた組織サンプルの研究である。 生検では、標本の一部を採取し、それを予備顕微鏡検査にかける。 このために、調製物は、使用される顕微鏡のタイプである実験室の要件および条件に最もよく一致する好都合な方法で染色される。 この研究の間に、癌、炎症、腫脹などの様々な病状を示す細胞の変化を検出することが可能である。 そのような予備的な情報を受け取った研究室のアシスタントは、さらなる研究戦術を開発する。 サンプルの播種は、組織培養物の増殖を意図した特別な選択培地上で行われる。 作物は人体の温度のサーモスタットでインキュベートされます。 栄養培地上の組織の増殖が現れるかどうかに応じて、腫瘍が悪性であるか良性であるかが判定される。 悪性腫瘍は腫瘍の増殖が激しく、良性腫瘍は増殖しません。 次いで、性質、方向および成長速度に従って、腫瘍の特異性およびその特徴が決定される。 得られた情報を使用して、腫瘍発生率をさらに予測し、最適な治療方法を選択し、有効性を評価し、必要な調整を行うことが可能である。 治療の戦術は、分析、組織学的および器械的研究の結果に依存し、主治医および他の高度な専門家によって決定される。 自己投薬はしばしば致命的な結果で終わる。 手術なしのポリープ子宮の治療 保守的な治療は、手術をすることなく可能ですが、これは不適切です。 小さいサイズの単一のポリープが見つかった場合にのみ、医薬的方法によって治癒することが可能である。 それは、特別な投薬の作用のもとで大幅に減少するか、または完全に消滅することがある。 患者が若い、または非常に若い場合、最初の薬物療法を試みる価値がある。 これは、体の再生能力と回復能力が高いためです。 若い女の子のイミュニティは非常に高く、強力であり、自分で病気を克服するために必要なすべての可能性を秘めています。 体の免疫と抵抗を高めるのに役立つ特別な薬が使用されています。 ポリープの活動を抑制し、そのポリープの成長と再生を防止することを目的とした特別な療法もある。 悪性腫瘍を発症するリスクがある場合、癌性腫瘍の発症を防ぐために特殊な薬物が使用されます。 治療にはホルモン療法が含まれます。 ポリープ発症の主なトリガーメカニズムは高レベルのエストロゲンであり、他のホルモンの不均衡であるため、ホルモンのバックグラウンドを正常化し、エストロゲンのレベルを低下させる薬剤が採取される。 同時に、プロポステロンのレベルは、ポリープが収縮し、萎縮し、月経中に排泄されるために上昇する。 ポリープの存在下で、35歳未満の女性はホルモンの背景を回復させるエストロゲンプロゲステロン避妊薬を服用する必要があります。 治療計画は医師が選択します。 35歳以上の女性は、例えば、dyufaston、朝のようなゲスタゲン群の調製物を飲むべきである。 35歳以上の女性は、黄体ホルモンとエストロゲンの望ましくない影響を防ぐ根茎ホルモンをとるべきです。 炎症および感染の場合、抗菌薬が追加で摂取されます。 通常、抗生物質療法は、分離された病原体に対する感受性の決定を伴う予備的な細菌学的検査の後に処方される。 この方法は、病気の主要な原因物質を単離することだけでなく、最大の感受性を示す抗生物質を選択することを可能にする。 また、この薬剤の最適な用量が選択される。 さらに、別の方法が使用されるが、それらは複雑な治療の一部としてのみ、および医師との事前協議の後に使用することができる。 ポリープを完全に取り除くことが可能であった場合、ポリープは自己修復能力を有し、しばらくしてその疾患の再発があり得るので、婦人科医の長い観察と定期検査が必要である。 医薬品 注意と予防措置を講じて薬を飲む。 このような措置の主なものは、医師との予備的な協議であり、予備的な実験室と機器の管理です。 ほとんどすべての薬剤は、試験の結果および有効性および適合性の予備試験後に選択される。 場合によっては、実験室でも用量が選択される。 これは、薬物ができるだけ正確に選択され、ポリープがどのようにそれに応答できるかという考えを持つべきであるという事実による。 ごくわずかな間違った行動は、細胞の正常から癌への変性をもたらし、腫瘍学的過程を引き起こす。 さらに、薬物の不適切な選択、その投与量または使用方法は、重度の出血、不妊症を招く可能性がある。 ポリープの発達に痛みが伴う場合(これは大きなサイズに達した場合、また脚がねじれた場合が最も多い)、シャンプーなどの鎮痛剤を服用する必要があります。 それは50mgを1日2〜3回服用します。 ときには、ポリープは、会陰領域での粘膜の赤み、腫れ、痛みおよびかゆみを伴い得る。 ポリープの除去後、術後の浮腫も起こり得る。 この場合、サプラスチン(150mgを1日1〜2回)を服用することをお勧めします。 スパースタチンが2日間効果がない場合は、より強力な薬剤、ロラタジンを服用することをお勧めします。 これは、徐放性製剤であるため、1日に1錠を摂取する。 効果は24時間維持されます。 ホルモン状態の変化を背景にしばしば、重度の頭痛、片頭痛が発症する。 ピロセタム、1錠を1日2〜3回使用することをお勧めします。 ビタミン ポリープでは、体はビタミンが必要です。 治療中および除去後の回復期間中にビタミンを服用する必要があります。 以下の1日量でビタミンを飲むことをお勧めします:• ビタミンPP - 60 mg• ビタミンC - 500 mg• ビタミンD - 45 mg• ビタミンK - 360 mcg。 子宮内のポリープの治療については、代替手段をし。 子宮ポリープのためのホルモン その発生の主な原因はホルモンの不均衡です。 エストロゲンのレベルが急激に上昇すると発症します。 多くの場合、ホルモンはホルモンバランスを補正するために処方されています。 主にプロゲステロン製剤が処方されています。 プロゲステロン、オキシプロゲステロンは確立されていることが判明した。 それらは、特別に選択されたスキームに従って、125〜250mgの月経周期の間に1〜2回服用される。 各患者の治療計画は、主治医によって個別に選択される。 すべてが研究結果に依存するため、一般化された勧告とスキームは存在しません。 クロミフェンのような抗エストロゲン性複合体が処方される。 1日あたり50mgを5日間服用してください。 治療中に定期的に超音波検査を受ける必要があり、副作用の可能性をコントロールすることができます。 理学療法的治療 ポリープでは、理学療法が行われます。 様々な方法が使用されていますが、磁気療法、超音波療法、電気泳動が最も優れています。 磁気療法は、炎症過程を解消し、瘢痕および術後の縫合を排除するために使用される。 超音波は組織に深く浸透し、それらに影響を与えることができます。 それは温暖化効果を有し、シールを吸収し、損傷した組織、血管を修復し、ポリープのさらなる発達を阻止し、残りの組織からの形成を防止する。 電気泳動の基礎は微小電流の組織への影響である。 薬物を含浸させた包帯が粘膜または皮膚に適用される。 電流は身体に作用し、その結果、薬物の作用が強化され、組織へのその浸透が保証される。 このため、薬物は組織に深く浸透し、そこで必要な効果を発揮する。 これにより、医薬品の必要性が大幅に軽減されます。 したがって、合併症の可能性および副作用が減少する。 外科的治療 外科的処置の中心には、ポリープの除去がある。 また、この手術はポリープ切除術と呼ばれています。 非常に簡単です。 それは、オープンキャビティ操作が実行される控えめな方法によって行うことができる。 しかし、今日では、腹腔鏡検査法によってそれを行う機会があります - 腹腔鏡による特別なアクセス。 この方法の後の回復は遅く、無血で、合併症のリスクは最小限に抑えられます。 子宮内のポリープを除去する方法 それらが除去される3つの主な方法がある:伝統的な、子宮鏡、腹腔鏡。 伝統的な方法の助けを借りて、ポリープが除去された正常な空洞操作が行われる。 この方法はほとんど誰も使用していませんが、古くから使われています。 彼は多くの合併症によって絶滅の危機に瀕しており、回復には長い時間がかかり、出血の危険性が増します。 操作も非常に複雑です、それは非常に長い時間がかかります。 主な難点は、上層のすべての層を一貫して切断し、子宮自体のすぐ上に、ポリープを取り除くために必要な操作を行い、すべての層を縫う必要があることです。 子宮鏡検査がしばしば用いられる。 最近まで、これが主な方法でした。 それは軽度の外傷であると考えられ、セックスはわずかな麻酔で行われ、少し時間がかかります。 この間、彼らは必要な操作をすべて実行し、ポリープを取り除く。 この方法を使用すると、患者を退院させることができる日以内に十分に迅速に回復が行われます。 手術は特別な器具を用いて子宮頸管を開けることによって行われる。 複数のポリープが見つかった場合、子宮鏡の制御下で掻爬が行われる。 最も現代的な方法は、腹腔鏡下での除去であり、特殊な器具、すなわち腹腔鏡下のアクセスを有する腹腔鏡で行われ、腹側(腹部下側)の小さな切開の形態で行われる。 この方法は低外傷性である。 回復は非常に速く、瘢痕はほとんどありません。 術後の痛みも事実上患者を悩ませることはありません。 手術中、直径0. 5-1. 5cmの切開が行われ、複数のポリープが見つかった場合、またはがんを発症する可能性が高い場合、子宮は子宮を切除します。 子宮内のポリープの除去 ほとんどの医師は、他の方法よりもいくつかの利点があるので、可能な限り、腹腔鏡検査法に頼っています。 主な利点は、手術が通常の腹腔の切開ではなく、腹腔鏡的アクセスによって行われることである。 この方法では、小さな腹部が下腹部に作られる。 これらの切開部を通して特別な装置、すなわち腹腔鏡が挿入される。 切開部の直径は1. 5cmを超えないので、この方法ではほとんど傷跡が残らず、縫い目は迅速に治癒し、回復も十分に速いことを意味する。 この方法は、術後の痛み、失血を避けることを可能にする。 合併症のリスクは最小限に抑えられています。 切開がなされた後、二酸化炭素が子宮腔に圧送される。 これにより、腹腔の壁を拡張することが可能になり、その結果、隣接する器官への損傷の危険性が排除され、必要な操作を外科医が行うのが便利である。 腹腔鏡が空洞内に挿入される。 最後に、それは画面上の画像を視覚化する小さなカメラを含んでいます。 医師は、子宮内のポリープを詳細に調べ、手術をさらに実施するための戦術を決定する。 腹腔鏡やその他の特殊な器具を使用して、医師はポリープを切り出して取り出します。 その後、もう一度キャビティを検査し、装置を取る。 ステッチが適用されます。 女性は数時間以内に外科部門から婦人科病棟に移されます。 監督の下で、女性は5〜7日間留まります。 およそ2週間で作業能力が完全に回復します。 この方法は、転移および腫瘍の発生の可能性が事実上除外されるため、悪性腫瘍を発症するリスクが高い場合に有効である。

次の

不妊の原因も…子宮内膜ポリープの症状・検査・治療法 [子宮の病気] All About

子宮 内 膜 ポリープ 原因

子宮内膜ポリープとは? 子宮内膜ポリープとは、子宮内膜の細胞の一部が増殖してできる良性の腫瘍です。 不妊の原因を調べる際の超音波検査を受けたときに発見されることもあるといわれています。 子宮内膜ポリープが見つかった場合は、より詳しく病状を把握するために子宮鏡 子宮ファイバースコープ 検査を行います。 子宮鏡検査とは、細いファイバースコープを膣から子宮内へと挿入し、子宮の状態を観察するもので、経膣超音波では確認しにくい病状を観察することができます。 子宮内膜ポリープの原因と症状 子宮内膜ポリープは、子宮内膜の一部が局所的に女性ホルモンの刺激を受けることによって形成されるといわれています。 その他、子宮内膜の炎症や分娩、流産なども原因として考えられますが、詳しい原因は明らかになっていません。 基本的には無症状であるといわれていますが、まれに不正出血や重い月経、長引く月経、貧血などの症状が出ることがあります。 気になる症状が出ている場合は、早めに病院を受診した方がよいでしょう。 出典元:• ふみのレディースクリニック「診療内容」ふみのレディースクリニック(,2018年1月26日最終閲覧)• 諏訪マタニティークリニック「子宮内膜ポリープ」(,2018年1月26日最終閲覧)• 大川レディースクリニック「子宮内膜ポリープについて」(,2018年1月26日最終閲覧)• HITO病院「婦人科」HITO病院(,2018年1月26日最終閲覧)• 中原クリニック「子宮内膜ポリープ」(,2018年1月26日最終閲覧)• 中原クリニック「婦人科」(,2018年1月26日最終閲覧) 不妊との関係 子宮内膜ポリープは不妊の原因としても挙げられています。 通常、受精卵が子宮内膜に着床することで妊娠が成立しますが、子宮内膜ポリープがあることで、受精卵が子宮内膜にたどりつきにくくなるようです。 ポリープの大きさや位置によっては着床の妨げとなることもあります。 そのため、せっかく受精しても子宮内膜ポリープの着床障害による不妊となっている場合があるようです。 治療手術と費用 子宮内膜ポリープの治療は基本的に日帰り手術を行うことができますが、症状によっては入院して経過観察が必要です。 手術の方法には、内膜掻爬 ないまくそうは 術と子宮鏡下手術があります。 内膜掻爬術は、膣から子宮内に鉗子を挿入してポリープを切除する方法です。 子宮鏡下手術は、腹部に穴をあけることなく、膣から子宮内に内視鏡カメラを挿入してポリープを切除する方法です。 カメラで直接子宮内を確認しながらポリープの切除を行うため、内膜搔爬術よりも確実に処置が行えるといわれています。 手術の際は、鎮痛および眠る作用がある静脈麻酔や、脊髄に直接的もしくは間接的に麻酔することで鎮痛や筋弛緩作用のある腰椎麻酔 ブロック麻酔 が使われるようです。 麻酔の方法は医師の判断によるため、気になることは医師に相談してみましょう。 また、手術には健康保険が適用され、日帰り手術の場合は自己負担額は約3万円です。 術後は無理のない生活を心がけ、2~3日は飲酒、性交渉、運動は避けた方がよいでしょう。 ポリープが小さく手術も抵抗がある場合、ピルを3~6周期服用することでポリープが小さくなったり消えたりする可能性があります。 妊活中の方の場合、ピルを飲んで妊活をお休みすることに抵抗があるかもしれませんが、手術をせず治療する選択肢もあるため、主治医とよく相談してみましょう。 出典元:• 大川レディースクリニック「子宮内膜ポリープについて」大川レディースクリニック(,2018年1月26日最終閲覧)• なおみレディースクリニック「子宮頚管ポリープ・子宮内膜ポリープ」なおみレディースクリニック(,2018年1月26日最終閲覧)• HITO病院「子宮ポリープ」(,2018年1月26日最終閲覧)• わかばレディス&マタニティクリニック「婦人科手術治療のご案内」(,2018年1月26日最終閲覧)• 神戸アドベンチスト病院「子宮鏡下手術とは?」神戸アドベンチスト病院(,2018年1月26日最終閲覧)• 聖マリアンナ医科大学「内視鏡下手術について~子宮鏡・腹腔鏡による手術~」(,2018年1月26日最終閲覧)• 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト「KOMPAS」(,2018年1月26日最終閲覧)• おかだウィメンズクリニック「鏡視下検査・手術」おかだウィメンズクリニック(,2018年1月26日最終閲覧)• 高木病院「子宮鏡下手術を受けられる方へ」高木病院(,2018年1月26日最終閲覧)• 三楽病院「産婦人科」(,2018年1月26日最終閲覧)• 中原クリニック「子宮鏡下手術」(,2018年1月26日最終閲覧)• 新宿レディースクリニック「麻酔の基礎知識」(,2018年1月30日最終閲覧)• 子宮内膜ポリープに悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。 子宮内膜ポリープの発見を妊活の一歩に 「子宮内膜ポリープがある」そう診断された場合、手術は赤ちゃんを授かる準備の一歩です。 手術を受けるかどうかを考えるのはママになるために大切なことでしょう。 手術は怖いと感じて、なかなか踏み切れない方も中にはいるかと思います。 しかし、上記での体験談では、手術したことで妊娠につながったと感じている方が多いようです。 もちろん、子宮内膜ポリープの治療によって妊娠できるかどうかは人それぞれですが、少しでも妊娠しやすい状態にする、という意味では、検討してみてもよいかもしれません。 赤ちゃんがなかなかできないと思っている場合は、一度不妊専門のクリニックで検査をしてみてはいかがでしょうか。 出典元一覧• ふみのレディースクリニック「診療内容」ふみのレディースクリニック(,2018年1月26日最終閲覧)• 諏訪マタニティークリニック「子宮内膜ポリープ」(,2018年1月26日最終閲覧)• 大川レディースクリニック「子宮内膜ポリープについて」(,2018年1月26日最終閲覧)• HITO病院「婦人科」HITO病院(,2018年1月26日最終閲覧)• 中原クリニック「子宮内膜ポリープ」(,2018年1月26日最終閲覧)• 中原クリニック「婦人科」(,2018年1月26日最終閲覧)• 諏訪マタニティークリニック「子宮内膜ポリープ」諏訪マタニティークリニック(,2018年1月26日最終閲覧)• はなおかIVFクリニック品川「着床因子」はなおかIVFクリニック品川(,2018年1月26日最終閲覧)• 福岡山王病院「不妊症の原因と治療」(,2018年1月26日最終閲覧)• 高橋ウィメンズクリニック「掲示板」(,2018年1月26日最終閲覧)• 国立国際医療研究センター病院「不妊症について」(,2018年1月26日最終閲覧)• 大川レディースクリニック「子宮内膜ポリープについて」大川レディースクリニック(,2018年1月26日最終閲覧)• なおみレディースクリニック「子宮頚管ポリープ・子宮内膜ポリープ」なおみレディースクリニック(,2018年1月26日最終閲覧)• HITO病院「子宮ポリープ」(,2018年1月26日最終閲覧)• わかばレディス&マタニティクリニック「婦人科手術治療のご案内」(,2018年1月26日最終閲覧)• 神戸アドベンチスト病院「子宮鏡下手術とは?」神戸アドベンチスト病院(,2018年1月26日最終閲覧)• 聖マリアンナ医科大学「内視鏡下手術について~子宮鏡・腹腔鏡による手術~」(,2018年1月26日最終閲覧)• 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト「KOMPAS」(,2018年1月26日最終閲覧)• おかだウィメンズクリニック「鏡視下検査・手術」おかだウィメンズクリニック(,2018年1月26日最終閲覧)• 高木病院「子宮鏡下手術を受けられる方へ」高木病院(,2018年1月26日最終閲覧)• 三楽病院「産婦人科」(,2018年1月26日最終閲覧)• 中原クリニック「子宮鏡下手術」(,2018年1月26日最終閲覧)• 新宿レディースクリニック「麻酔の基礎知識」(,2018年1月30日最終閲覧)• 必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。 なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。 ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはもご覧ください。

次の

子宮ポリープとは?内膜・頸管の違い、原因・症状・治療方法・費用まとめ

子宮 内 膜 ポリープ 原因

ポリープの下には、新生物を意味し、これは起源が良性である。 壁および子宮腔に形成されるのは、子宮内膜の成長の結果である。 通常、彼らは特別な足に取り付けられています。 彼らは非常に多様であり、複数形と単一形の両方で見つかる。 彼らは十分に集中的な成長が可能であるという危険性があります。 時には膣をはるかに超えています。 ポリープの形成は、絶対にすべての女性の対象となります:青年期から閉経後に終わる。 ポリープは子宮内で危険ですか? 彼はそれ自体危険であり、彼が引き起こす可能性のある合併症も危険です。 多くの場合、不妊症、ホルモンの不均衡と交代が起こります。 ホルモン放出の著しい機能障害。 最大の危険は、ポリープが悪性腫瘍になり、子宮頸がんを引き起こす可能性があることです。 あまり危険でない合併症は、子宮出血の発症を考えることができないことです。 これは、未治療のまま放置されずに時間内に除去されなければ、彼自身の血管を発達させ、徐々に癌腫瘍に成長するという事実による。 血流の危険性の増加は、貧血、貧血、正常機能の侵害、白血球の変化を引き起こす。 絶えず増加する。 大規模な出血の出現に貢献するが、これは単独では止めることができず、外科的介入が必要である。 さらに、ポリープはしばしば炎症を起こし、活発な感染過程が発生し、これは生殖器系全体に及ぶ。 ポリープは感染に独立して抵抗することができないので、慢性炎症過程の病巣が形成される。 危険にさらされている女性は、種々の腺の機能不全に対する遺伝的素因を有する、様々な内分泌障害に最も感受性のある女性である。 体の遺伝的再編成の状態にある内分泌腺の構造的および機能的障害の病歴を有する女性において、ポリープを発症するリスクは増加する。 また、忙しいスケジュールで働くストレスや神経精神ストレスに曝されている女性のポリープを発症するリスクは、日中の体制、休息、労働を観察しません。 また、肥満、ジストロフィー、真性糖尿病などの様々な代謝障害の女性には注意が必要です。 乳がんに対して作用するタモキシフェンなどの薬剤を服用するリスクが高くなります。 しかし、副作用として、子宮内のポリープが発症する可能性があります。 また、高血圧で免疫力が低下している女性は、健康に密接に対応する必要があります。 [], [], [], [], [] 病因の中心にあるのは、ホルモンの背景に違反し、その結果、構造的および機能的障害が内皮、すなわち子宮の内層に生じる。 粘膜は、ホルモン障害の結果として、それが緻密になるので、影響を受ける。 これは密度の高い領域の形成をもたらし、その代わりに、後に形成されるポリープ - 新生物は、粘膜を厚くして成長した粘膜から形成される。 彼らはさらに成長する傾向があり、子宮全体に広がり、増殖する可能性があります。 それらの中で、時間の経過とともに、血液供給、栄養の独立したシステムは、独自の遺伝子装置を形成しました。 これは、ほとんどの研究者の意見では、ポリープの出現において最も危険である。 自律性の確立は、癌の一形態、制御されない成長および再生への変換を伴う。 人を邪魔することなく、無症状で発達することが多い。 彼らはすでに一定のレベルの開発と独立性に達しているときに現れます:後の段階で、月経周期の違反の形で。 規則性は大幅に変化します。 出血があるかもしれません。 また、閉経中の突然の出血、長期の不妊症の発生は、子宮内のポリープの発生を示し得る。 間接的ではあるが、ポリープの発症を示すことができる最初の徴候は、出血を伴った不規則な月経である。 組織の増加、子宮の徐々の開放があります。 彼女は構造を押し出すように試みる。 その中で、激しい壊死が生じ、血液循環が妨げられる。 痛みを伴う痙攣感覚は、容易な収縮に似ています。 間接的に、ポリープの形成は、妊娠の不在下での不妊症の延長または月経不足を示す。 ほとんどのポリープは完全に無症状であることを常に覚えておいてください。 多くの場合、検査中に発見されます。 したがって、病理または違反の可能性があることを示すわずかな兆候が、専門医に連絡する理由になります。 子宮にポリープがある場合、性的行為に何ら影響を与えないので、性的に生存することができます。 除去後、少なくとも1ヶ月間は性行為を控えてください。 子宮のポリープを傷つけることはできますか? ほとんどの場合、無症状で無痛に発症する。 しかし、それは十分に大きなサイズに達したときに傷つき、複数のポリープの形成を分けます。 痛みは、子宮が外に出そうとすると、ポリープががんに変わり始める形質転換過程の発症を示すことができる。 彼女は自分自身を明らかにする、彼女はカットを押し出す。 これは痛みを伴い、その神経支配として血液循環が妨げられる。 ねじれ、脚を絞ることも痛い感覚を引き起こす。 このような状態は、生命を脅かす恐れがあり、緊急の外科的介入を必要とする。 [] 子宮と妊娠のポリープ サイズが小さい場合は、女性が想像することができます。 しかし、しばしば、そのような妊娠は合併症を伴います。 主な合併症は、ポリープの発生の結果として起こる胎盤の破裂である。 これは、流産や早産の脅威を伴う。 もう一つの危険は、妊娠中および出産中にポリープへの損傷が可能であるという事実にある。 損傷の場合には、癌への転移のリスクが常に増加します。 しかし、誰もがそうした不幸な結果をもたらすわけではありません。 妊娠中にポリープそのものが、または特別療法の影響を受けて完全に解決された場合は、多くの場合があります。 それぞれのケースで異なり、妊娠が進行する方法やテストや楽器の調査の結果に基づいて、各特定の状況、できる唯一の医師にポリープで行動する方法を予測する:したがって、結論は一つだけすることができます。 彼女のために、女性は自分の健康をより一層気にかけなければならず、心配や変化があれば医者に相談してください。 子宮内のポリープで妊娠することはできますか? 受胎は可能です。 特にポリープの大きさが小さい場合。 しかし、あなたはポリープが複雑な妊娠の原因の1つになりうることを理解する必要があり、さらに多くのリスクがあります。 ポリープが大きく、子宮への入り口を塞いだ場合は、わずかに異なる画像が観察されます。 これにより、受精卵が子宮内に浸透する確率が大幅に減少し、移植が困難になり、子宮外妊娠のリスクが高まります。 [], [], [], [] 出産後の子宮内のポリープ 妊娠前に小さなポリープがあった場合、妊娠中または出産後に溶ける可能性があります。 これは、血液中のエストロゲン濃度の低下によるものです。 この期間中、エストロゲンのレベルが急激に低下し、知られているようにポリープは高レベルのエストロゲンのみで発症する。 出産後ポリープを形成することができるのは2-3ヶ月後である。 しばしば、ポリープは、複雑な妊娠、帝王切開後、体内のホルモンの一般的な不均衡の背景に対して起こります。 ポリープには多くの種類があります。 それらは単一でも複数でもよい。 組織のタイプおよび病変の性質に応じて、腺、線維、腺線維、腺腫および胎盤が単離される。 子宮内膜は、子宮、その壁、腔および粘膜の内層である。 ポリープが形成されると、ポリープが過度に緻密化され、その結果、圧縮された領域が徐々に分離する。 個々の血管が形成され、ポリープはそれ自身の神経支配を獲得する。 これはさらなる成長に貢献します。 このタイプのポリープの危険性は、サイズが非常に大きくなる可能性があることです。 殻が腫れて子宮を徐々に覆い、膣にも満ちる。 さらに、子宮内膜のポリープは、集中的に分裂し、子宮腔全体を覆う複数のポリープを形成することができる。 このようなポリープは、掻爬のみを必要とする。 子宮内膜ポリープは、悪性腫瘍に発展するリスクが最大であるため、最も危険です。 彼らは、神経支配と循環の独立したシステムを獲得し、比較的自律的になる。 徐々に悪性新生物に退化し、制御されない分裂の能力を獲得する。 子宮の子宮腺 それは青年期と青年期に形成されます。 それらの中心に腺細胞があります。 それらは液体で満たされた嚢胞である。 これは子宮内膜過形成の結果である。 これらのタイプのポリープは、悪性腫瘍への変性のリスクが最大であるため、最も危険であると考えられている。 ほとんどの場合、これらは出血の原因であり、妊娠の脅威であり、しばしば不妊症を引き起こす。 非常に迅速に成長し、外科的介入が必要です。 [], [], [], [], [] 子宮内の線維性ポリープ 結合組織は、線維性ポリープの形成の根底にある。 十分に高い密度によって特徴づけられる。 ホルモンの再編成の期間中、閉経と閉経の前に主に現れる。 [], [], [], [] 腺線維性子宮ポリープ これは、内分泌腺の別個の要素および結合組織によって形成される。 腺腫性ポリープの子宮 そのような成長は腺腫と呼ばれる。 この組成物は、変化した細胞を含み、しばしば癌の持ち主である。 このようなポリープは急速に癌性腫瘍に退化する。 [], [], [] 子宮の壁のポリープ このタイプのポリープは、粘膜から子宮の壁に現れる新生物である。 粘膜は広範囲であり、血管および神経に富んでいるので、それは積極的な成長が起こりやすい。 がんのリスクがあります。 受精能に影響を与えることができる。 これは主に場所によって異なります。 ポリープが受精卵の移植が行われるべき領域に位置し、胎盤がさらに発達する場合、受精は不可能である。 この場合、ポリープが発達すると、粘膜へのその導入、不妊症が発症することがある。 子宮腔のポリープ 子宮の腔では、ポリープは危険な状態になることがあります。 すべては、開発とローカリゼーションの程度に依存します。 ポリープが十分大きい場合は、それを除去する必要があります。 小さい場合は削除する必要はありません。 主なことは、子宮頸部に位置していないことです。 空洞に位置するポリープは、妊娠中にそれ自身で溶解することができる。 これは、ホルモンの背景の変化によるものです。 エストロゲンの量は減少し、プロゲステロンの量は増加する。 妊娠中の子宮内のポリープは、重大な結果を伴う捻挫、損傷を受ける可能性があるので、常に監視されるべきである。 出血し、細胞の悪性変性の危険性が増加する可能性がある。 子宮の底にある子宮内膜のポリープ 子宮の底にあるポリープは、外来の影響や機械的損傷にほとんど晒されないので、最も安全であると考えられます。 危険性は、それが大きなサイズに成長する可能性があり、その後外科的介入が必要とされる。 ポリープの大きさが小さい場合、それは保存的療法の助けを借りて独立して溶解することができる。 子宮頸部ポリープ 子宮頸部ポリープは、不妊症と子宮頸がんの主な原因です。 子宮頸部の領域に位置するポリープは、子宮への受精卵経路をブロックする。 その結果、粘膜への移植およびさらなる開発が不可能になる。 卵が死んだり、子宮外妊娠が発生し、これは女性の生命を脅かす状態です。 この配置では、ポリープは移動性があり、血液と栄養分が十分に供給されるため、悪性腫瘍を発症するリスクも大きい。 徐々に、それはそれ自身の血管を獲得し、癌性の腫瘍に変わる。 また、この場所では、ポリープは常に機械的な損傷、動きを受け、悪性変性のリスクも増加する。 このような場所では、子宮は高い反射感受性および収縮作用を有するため、出血の危険性がある。 彼女は異物としてポリープを認識し、それを外に向かって膣に押し出す。 これは、ポリープの重傷、血管の損傷を招く可能性があります。 [], [], [], [] 子宮頸管のポリープ ポリープが子宮頸管に発生する場合は、できるだけ早く除去する必要があります。 まず、チャンネルの管腔を拡張してカバーします。 第2に、ポリープの成長に伴う受精の可能性が最小限に抑えられる。 卵が子宮腔に浸透することができないので、ポリープが大きいほど、妊娠する可能性は低い。 妊娠することが可能になったとしても、出産中に合併症のリスクが劇的に増加します。 妊娠自体は合併症でも起こります。 これは、ポリープ時間が傷ついているという事実によるものです。 出産中は、産道に直接位置しているため、傷ついたり、完全に外れたりすることさえあります。 出血、感染および炎症は危険です。 子宮のポリープ それは子宮の体内で直接発生する。 これは、子宮内膜の過増殖の結果として形成される。 典型的には、このポリープは細い茎で保持され、そのサイズは数ミリメートルから数センチメートルまで変化する。 多量の出血を引き起こすことがあります。 多くの場合、不妊症やがんの原因となります。 診断は時間通りに行うことが重要です。 その病状は無症状で発症しており、それ自体を発現していないことを常に覚えておく必要があります。 これが彼らの危険です。 彼らはそれが遅すぎるときに自分自身を示すことができます。 しばしば、出血が始まり、貧血が発生したり、悪性腫瘍が発症した場合にのみ現れる。 これは、タイムリーな診断と予防検査の重要性を示しています。 ほとんどのポリープは、定期的な検査中に見出される。 適用される婦人科検査、検査室および器械検査方法。 検査中、医師は、粘膜の構造および状態、器官の形態に関する必要な情報を受け取る。 視覚的には、炎症性および感染性プロセスである腫瘍の存在を評価および疑うことが可能である。 これは、必要な検査をさらに割り当て、鑑別診断を設定し、臨床像を設定する基礎となります。 この方法の大きな利点は、処置中に生検を行うことが可能であることである。 この研究の間、医師はさらなる組織学的検査のために粘膜の小片を切断する。 これは、密度の高い領域または原因不明の新生物が見つかった場合に重要です。 組織学的分析は、腫瘍が良性か悪性かを示す。 非常に頻繁にmetrographyに頼る。 この方法は、造影剤を使用して子宮に注ぐX線検査のタイプの1つです。 その後、画像がレンダリングされます。 この方法では、隆起、構造変化、および子宮内の腔内変化を検出することが容易である。 診断情報を得るために、診断スクレイピングを使用することができ、その間に保存された材料は子宮から除去される。 その後、それは研究の対象となります。 さらに、子宮内視鏡を使用することで、子宮の状態を内部から調べることができます。 時には、子宮鏡が使用されない時があります。 この場合、この方法はブラインドスクレイピングと呼ばれます。 [], [], [], [], [], [] 子宮ポリープ生検 生検の本質は、研究の間に、生物学的材料が特別な道具および方法を用いてサンプリングされることである。 次いで、この物質をさらなる組織学的分析に供し、それにより腫瘍を識別し、最終的な診断を行うことが可能になる。 この方法は、腫瘍が良性か悪性かを判定する。 子宮ポリープの組織学 組織学的検査は、様々な生物学的方法を用いた生検によって得られた組織サンプルの研究である。 生検では、標本の一部を採取し、それを予備顕微鏡検査にかける。 このために、調製物は、使用される顕微鏡のタイプである実験室の要件および条件に最もよく一致する好都合な方法で染色される。 この研究の間に、癌、炎症、腫脹などの様々な病状を示す細胞の変化を検出することが可能である。 そのような予備的な情報を受け取った研究室のアシスタントは、さらなる研究戦術を開発する。 サンプルの播種は、組織培養物の増殖を意図した特別な選択培地上で行われる。 作物は人体の温度のサーモスタットでインキュベートされます。 栄養培地上の組織の増殖が現れるかどうかに応じて、腫瘍が悪性であるか良性であるかが判定される。 悪性腫瘍は腫瘍の増殖が激しく、良性腫瘍は増殖しません。 次いで、性質、方向および成長速度に従って、腫瘍の特異性およびその特徴が決定される。 得られた情報を使用して、腫瘍発生率をさらに予測し、最適な治療方法を選択し、有効性を評価し、必要な調整を行うことが可能である。 治療の戦術は、分析、組織学的および器械的研究の結果に依存し、主治医および他の高度な専門家によって決定される。 自己投薬はしばしば致命的な結果で終わる。 手術なしのポリープ子宮の治療 保守的な治療は、手術をすることなく可能ですが、これは不適切です。 小さいサイズの単一のポリープが見つかった場合にのみ、医薬的方法によって治癒することが可能である。 それは、特別な投薬の作用のもとで大幅に減少するか、または完全に消滅することがある。 患者が若い、または非常に若い場合、最初の薬物療法を試みる価値がある。 これは、体の再生能力と回復能力が高いためです。 若い女の子のイミュニティは非常に高く、強力であり、自分で病気を克服するために必要なすべての可能性を秘めています。 体の免疫と抵抗を高めるのに役立つ特別な薬が使用されています。 ポリープの活動を抑制し、そのポリープの成長と再生を防止することを目的とした特別な療法もある。 悪性腫瘍を発症するリスクがある場合、癌性腫瘍の発症を防ぐために特殊な薬物が使用されます。 治療にはホルモン療法が含まれます。 ポリープ発症の主なトリガーメカニズムは高レベルのエストロゲンであり、他のホルモンの不均衡であるため、ホルモンのバックグラウンドを正常化し、エストロゲンのレベルを低下させる薬剤が採取される。 同時に、プロポステロンのレベルは、ポリープが収縮し、萎縮し、月経中に排泄されるために上昇する。 ポリープの存在下で、35歳未満の女性はホルモンの背景を回復させるエストロゲンプロゲステロン避妊薬を服用する必要があります。 治療計画は医師が選択します。 35歳以上の女性は、例えば、dyufaston、朝のようなゲスタゲン群の調製物を飲むべきである。 35歳以上の女性は、黄体ホルモンとエストロゲンの望ましくない影響を防ぐ根茎ホルモンをとるべきです。 炎症および感染の場合、抗菌薬が追加で摂取されます。 通常、抗生物質療法は、分離された病原体に対する感受性の決定を伴う予備的な細菌学的検査の後に処方される。 この方法は、病気の主要な原因物質を単離することだけでなく、最大の感受性を示す抗生物質を選択することを可能にする。 また、この薬剤の最適な用量が選択される。 さらに、別の方法が使用されるが、それらは複雑な治療の一部としてのみ、および医師との事前協議の後に使用することができる。 ポリープを完全に取り除くことが可能であった場合、ポリープは自己修復能力を有し、しばらくしてその疾患の再発があり得るので、婦人科医の長い観察と定期検査が必要である。 医薬品 注意と予防措置を講じて薬を飲む。 このような措置の主なものは、医師との予備的な協議であり、予備的な実験室と機器の管理です。 ほとんどすべての薬剤は、試験の結果および有効性および適合性の予備試験後に選択される。 場合によっては、実験室でも用量が選択される。 これは、薬物ができるだけ正確に選択され、ポリープがどのようにそれに応答できるかという考えを持つべきであるという事実による。 ごくわずかな間違った行動は、細胞の正常から癌への変性をもたらし、腫瘍学的過程を引き起こす。 さらに、薬物の不適切な選択、その投与量または使用方法は、重度の出血、不妊症を招く可能性がある。 ポリープの発達に痛みが伴う場合(これは大きなサイズに達した場合、また脚がねじれた場合が最も多い)、シャンプーなどの鎮痛剤を服用する必要があります。 それは50mgを1日2〜3回服用します。 ときには、ポリープは、会陰領域での粘膜の赤み、腫れ、痛みおよびかゆみを伴い得る。 ポリープの除去後、術後の浮腫も起こり得る。 この場合、サプラスチン(150mgを1日1〜2回)を服用することをお勧めします。 スパースタチンが2日間効果がない場合は、より強力な薬剤、ロラタジンを服用することをお勧めします。 これは、徐放性製剤であるため、1日に1錠を摂取する。 効果は24時間維持されます。 ホルモン状態の変化を背景にしばしば、重度の頭痛、片頭痛が発症する。 ピロセタム、1錠を1日2〜3回使用することをお勧めします。 ビタミン ポリープでは、体はビタミンが必要です。 治療中および除去後の回復期間中にビタミンを服用する必要があります。 以下の1日量でビタミンを飲むことをお勧めします:• ビタミンPP - 60 mg• ビタミンC - 500 mg• ビタミンD - 45 mg• ビタミンK - 360 mcg。 子宮内のポリープの治療については、代替手段をし。 子宮ポリープのためのホルモン その発生の主な原因はホルモンの不均衡です。 エストロゲンのレベルが急激に上昇すると発症します。 多くの場合、ホルモンはホルモンバランスを補正するために処方されています。 主にプロゲステロン製剤が処方されています。 プロゲステロン、オキシプロゲステロンは確立されていることが判明した。 それらは、特別に選択されたスキームに従って、125〜250mgの月経周期の間に1〜2回服用される。 各患者の治療計画は、主治医によって個別に選択される。 すべてが研究結果に依存するため、一般化された勧告とスキームは存在しません。 クロミフェンのような抗エストロゲン性複合体が処方される。 1日あたり50mgを5日間服用してください。 治療中に定期的に超音波検査を受ける必要があり、副作用の可能性をコントロールすることができます。 理学療法的治療 ポリープでは、理学療法が行われます。 様々な方法が使用されていますが、磁気療法、超音波療法、電気泳動が最も優れています。 磁気療法は、炎症過程を解消し、瘢痕および術後の縫合を排除するために使用される。 超音波は組織に深く浸透し、それらに影響を与えることができます。 それは温暖化効果を有し、シールを吸収し、損傷した組織、血管を修復し、ポリープのさらなる発達を阻止し、残りの組織からの形成を防止する。 電気泳動の基礎は微小電流の組織への影響である。 薬物を含浸させた包帯が粘膜または皮膚に適用される。 電流は身体に作用し、その結果、薬物の作用が強化され、組織へのその浸透が保証される。 このため、薬物は組織に深く浸透し、そこで必要な効果を発揮する。 これにより、医薬品の必要性が大幅に軽減されます。 したがって、合併症の可能性および副作用が減少する。 外科的治療 外科的処置の中心には、ポリープの除去がある。 また、この手術はポリープ切除術と呼ばれています。 非常に簡単です。 それは、オープンキャビティ操作が実行される控えめな方法によって行うことができる。 しかし、今日では、腹腔鏡検査法によってそれを行う機会があります - 腹腔鏡による特別なアクセス。 この方法の後の回復は遅く、無血で、合併症のリスクは最小限に抑えられます。 子宮内のポリープを除去する方法 それらが除去される3つの主な方法がある:伝統的な、子宮鏡、腹腔鏡。 伝統的な方法の助けを借りて、ポリープが除去された正常な空洞操作が行われる。 この方法はほとんど誰も使用していませんが、古くから使われています。 彼は多くの合併症によって絶滅の危機に瀕しており、回復には長い時間がかかり、出血の危険性が増します。 操作も非常に複雑です、それは非常に長い時間がかかります。 主な難点は、上層のすべての層を一貫して切断し、子宮自体のすぐ上に、ポリープを取り除くために必要な操作を行い、すべての層を縫う必要があることです。 子宮鏡検査がしばしば用いられる。 最近まで、これが主な方法でした。 それは軽度の外傷であると考えられ、セックスはわずかな麻酔で行われ、少し時間がかかります。 この間、彼らは必要な操作をすべて実行し、ポリープを取り除く。 この方法を使用すると、患者を退院させることができる日以内に十分に迅速に回復が行われます。 手術は特別な器具を用いて子宮頸管を開けることによって行われる。 複数のポリープが見つかった場合、子宮鏡の制御下で掻爬が行われる。 最も現代的な方法は、腹腔鏡下での除去であり、特殊な器具、すなわち腹腔鏡下のアクセスを有する腹腔鏡で行われ、腹側(腹部下側)の小さな切開の形態で行われる。 この方法は低外傷性である。 回復は非常に速く、瘢痕はほとんどありません。 術後の痛みも事実上患者を悩ませることはありません。 手術中、直径0. 5-1. 5cmの切開が行われ、複数のポリープが見つかった場合、またはがんを発症する可能性が高い場合、子宮は子宮を切除します。 子宮内のポリープの除去 ほとんどの医師は、他の方法よりもいくつかの利点があるので、可能な限り、腹腔鏡検査法に頼っています。 主な利点は、手術が通常の腹腔の切開ではなく、腹腔鏡的アクセスによって行われることである。 この方法では、小さな腹部が下腹部に作られる。 これらの切開部を通して特別な装置、すなわち腹腔鏡が挿入される。 切開部の直径は1. 5cmを超えないので、この方法ではほとんど傷跡が残らず、縫い目は迅速に治癒し、回復も十分に速いことを意味する。 この方法は、術後の痛み、失血を避けることを可能にする。 合併症のリスクは最小限に抑えられています。 切開がなされた後、二酸化炭素が子宮腔に圧送される。 これにより、腹腔の壁を拡張することが可能になり、その結果、隣接する器官への損傷の危険性が排除され、必要な操作を外科医が行うのが便利である。 腹腔鏡が空洞内に挿入される。 最後に、それは画面上の画像を視覚化する小さなカメラを含んでいます。 医師は、子宮内のポリープを詳細に調べ、手術をさらに実施するための戦術を決定する。 腹腔鏡やその他の特殊な器具を使用して、医師はポリープを切り出して取り出します。 その後、もう一度キャビティを検査し、装置を取る。 ステッチが適用されます。 女性は数時間以内に外科部門から婦人科病棟に移されます。 監督の下で、女性は5〜7日間留まります。 およそ2週間で作業能力が完全に回復します。 この方法は、転移および腫瘍の発生の可能性が事実上除外されるため、悪性腫瘍を発症するリスクが高い場合に有効である。

次の