小田急 バス。 小田急バス|バス時刻表やバス停検索|路線バス情報

アウトレット線|小田急箱根高速バス

小田急 バス

cld. navitime. All Rights Reserved. navitime. geo. geo. split ". geo. length;c b ;navitime. geo. Util. geo. Util. sqrt 1-0. cos c -147. sin c - -507. sin b - -680. sin e ,d-42697. atan2 c,a ;return new navitime. geo. LatLng Math. PI ,Math. geo. Util. sqrt 1-0. sin c -507. sin b -680. atan 6377397. sin e ,d-42565. atan2 c,a ;return new navitime. geo. LatLng Math. PI ,Math. geo. Util. b return! length;k m. lng;if! f f m. lat;if! h h Math. abs d. lng-e? abs d. abs d. lat-g? geo. LatLng. getDistance new navitime. geo. LatLng 0, d. lng ,new navitime. geo. geo. LatLng. getDistance new navitime. geo. LatLng d. lat,0 ,new navitime. geo. geo. Util. geo. Util. geo. Util. Function. call b,c window. geo. Util. Function. prototype. slice. concat Array. prototype. slice. apply arguments,[0] ;return a. geo. Util. toElement? toElement:b. geo. Util. height;if "undefined"! naturalHeight;else if "undefined"! height;f. height;f. height,a. removeAttribute "width" ,a. height,a. geo. geo. Util. prototype. slice. apply arguments,[3] ;a. prototype. push. apply a,arguments ;c. prototype. pop. apply a,arguments ;c. prototype. shift. apply a,arguments ;c. prototype. unshift. apply a,arguments ;c. prototype. splice. apply a,arguments ;c. geo. Util. prototype. trim String. prototype. substring 1,a. charAt a. substring 0,a. geo. namespace "navitime. geo" ;navitime. geo. documentElement;return window. navigator. navigator. msMaxTouchPoints "ontouchstart"in a?! geo. namespace "navitime. geo. MeshUtil" ; navitime. geo. MeshUtil. geo. MeshUtil. style. geo. DOM. geo. DOM. style;g a. geo. DOM. geo. DOM. geo. DOM. createImage null,b,c,"relative",e,null,! 0 ;h. appendChild c ;navitime. geo. DOM. geo. DOM. createElement "style" ;b. getElementsByTagName "head". item 0. cssRules. geo. namespace "navitime. geo" ; navitime. geo. geo. base. geo. LatLng. geo. LatLng. geo. LatLng this. geo. LatLng. geo. LatLng. geo. LatLng this. lat,this. geo. LatLng. transMILLItoDEG this. geo. LatLng. transMILLItoDEG this. geo. LatLng. geo. LatLng. getDifference a,b ;return Math. sqrt Math. pow c. pow c. geo. LatLng. geo. LatLng. transMILLItoDEG a. geo. LatLng. transMILLItoDEG a. geo. LatLng. transMILLItoDEG b. geo. LatLng. transMILLItoDEG b. sqrt 1-0. pow Math. geo. LatLng. substring c. substring c. substring c. geo. LatLng. geo. LatLng. split "," ;else if -1! indexOf ". split ". length return Math. length? Math. geo. namespace "navitime. geo" ;navitime. geo. geo. base. geo. Size this. width,this. geo. namespace "navitime. geo. base" ; navitime. geo. geo. base. geo. Color. length;c b. 0:b. geo. Color. changeHSVToDecimal b ;this. geo. Color. addBrightness 2. geo. Color. a return null;-1! geo. Color. a return null;-1! toString 16. toString 16. toString 16. geo. Color. a return null;if -1! opera. this. callback "down",[a,b] :this. geo. namespace "navitime. geo. handler" ; navitime. geo. handler. geo. base. Class navitime. geo. handler. geo. handler. AbstractHandler. prototype. initialize. apply this,arguments ;this. geo. Util. Function. bindAsEventListener this. deactivate ;this. geo. handler. AbstractHandler. prototype. destroy. geo. handler. AbstractHandler. prototype. activate. length;a a. time-this. handlers. drag. timeStamp? handlers. drag. x-a. handlers. drag. y-a. time-this. handlers. drag. handlers. drag. x-a. handlers. drag. y-a. time-this. handlers. drag. ceil 0-Math. ceil 0-Math. style. y-navitime. geo. Util. pagePosition this. geo. event. BrowserEventController. stop a,! releaseCapture ,this. destroy ,this. 1 ;a. xy[0]? xy[0]:a. xy;a. geo. Util. pagePosition this. round parseInt this. style. map. map. map. map. style. style. style. map. map. style. setTimeout navitime. geo. Util. Function. geo. Util. getRealImageSize a ;this. geo. BoundsInfo 0,b. width,0,b. height ;navitime. geo. DOM. style;b. style;d. style; e. style. 0;this. style. style. style. style. geo. event. BrowserEventController. removeEvent a,"load",navitime. geo. Util. Function. geo. event. BrowserEventController. addEvent a, "load",navitime. geo. Util. Function. geo. namespace "navitime. geo. control" ; navitime. geo. control. geo. base. Class navitime. geo. control. geo. control. AbstractControl. prototype. initialize. apply this,["MenuCtl"] ;navitime. geo. base. geo. base. CSS3Style. div. style[navitime. geo. base. CSS3Style. div. setAttribute "unselectable","on",0 ;this. div. div. div. style;this. setMap a. handlers. geo. handler. length;a this. map. div. div. offsetHeight-this. map. map. div. geo. control. geo. base. geo. DOM. create "div","ntgeo-menuColm" ;a. nodeType? this. appendChild a :this. geo. event. InnerEventController this,this. 1 ;this. events. register "click",b,c ;this. events. register "mouseover",this,navitime. geo. Util. Function. events. register "mouseout", this,navitime. geo. Util. Function. className. events. destroy ;this. parentNode. removeChild this. geo. namespace "navitime. geo. control" ; navitime. geo. control. geo. base. Class navitime. geo. control. geo. control. AbstractControl. prototype. initialize. apply this,["KeyboardCtl"] ;this. destroy ,this. destroy , this. geo. control. AbstractControl. prototype. destroy. map. id;this. handlers. geo. handler. keydown,keyup:this. map. events. destroy ,this. handlers. keyboard. createElement "input" ;b. style. style. map. map. getHeight -10;b. style. getZoom? getZoom? getZoom? getZoom? tileSize switch this. 94;case 18:return 8. 47;case 17:return 4. 24;case 16:return 10. 59;case 15:return 5. 29;case 14:return 8. 82;case 13:return 4. 41;case 12:return 2. 2;case 11:return 13. 48;case 10:return 6. 74; case 9:return 3. 37;case 8:return 10. 11;case 7:return 5. 06;case 6:return 2. tileSize switch this. 88;case 18:return 16. 94;case 17:return 8. 48;case 16:return 21. 18;case 15:return 10. 58;case 14:return 17. 64;case 13:return 8. 82;case 12:return 4. 4;case 11:return 26. 96;case 10:return 13. 48;case 9:return 6. 74;case 8:return 20. 22;case 7:return 10. 12;case 6:return 5. 47;case 18:return 4. 23;case 17:return 2. 11; case 16:return 5. 29;case 15:return 2. 64;case 14:return 4. 41;case 13:return 2. 2;case 12:return 1. 1;case 11:return 6. 74;case 10:return 3. 37;case 9:return 1. 68;case 8:return 5. 05;case 7:return 2. 52;case 6:return 1. style;c. 0:d. -Math. round this. ratio :Math. round this. this. pop :d. pop ; m. pop ; m. max. y b. max. x-a. y-a. floor a. y-a. floor a. y-a. x,y:Math. floor a. x-a. x,y:Math. floor a. x-a. geo. namespace "navitime. geo. layer" ; navitime. geo. layer. geo. base. geo. DOM. create "div","ntgeo-layer" ;this. geo. event. InnerEventController this,null,this. map. clearGrid this. map. removeLayer this ;this. events. destroy ;this. getMap ,this. map. addLayer this ,this. draw ,! 0;this. map. clearGrid this. map. removeLayer this ,this. div. style. div. style. visibility?! geo. Util. calcAutomaticAdjustmentViewPort this. map, a,b,c ;this. map. setCenter a. latlng,a. zoom window. setTimeout navitime. geo. Util. Function. bind this. map. setCenter,this. map,a. latlng,a. geo. namespace "navitime. geo. layer" ; navitime. geo. layer. geo. base. Class navitime. geo. layer. geo. layer. AbstractLayer. prototype. initialize. apply this,arguments ;this. div. style. clearMarkers ;this. geo. layer. AbstractLayer. prototype. destroy. geo. layer. AbstractLayer. prototype. events. register "zoomend", this,this. draw ,a. events. register "moveend",this,this. draw ,a. events. register "resize",this,this. draw ,navitime. geo. marker. geo. marker. Popup. prototype. map. events. unregister "zoomend",this,this. draw ,this. map. events. unregister "moveend",this,this. draw ,this. map. events. unregister "resize",this,this. draw ;navitime. geo. layer. AbstractLayer. prototype. setMap. route. length return! 0;this. div this. createBaseDiv ,this. div. style. geo. base. geo. base. CSS3Style. div. style[navitime. geo. base. CSS3Style. div. setAttribute "unselectable", "on",0 ,this. div. map. appendChild this. div ,this. displayAllRoute ;this. div. style. map. map. getViewDivPixel ;this. geo. BoundsInfo a. left-a. left,a. left,a. top-a. top,a. top ;this. map. this. map. simplifiedLatlngPoints :this. route,this. route. length return! 0;this. div this. createBaseDiv ,this. div. style. geo. base. geo. base. CSS3Style. div. style[navitime. geo. base. CSS3Style. div. setAttribute "unselectable","on",0 ,this. div. map. appendChild this. div ,this. displayAllRoute ;this. div. style. map. map. getViewDivPixel ;this. geo. BoundsInfo a. left-a. left,a. left,a. top-a. top,a. top ;this. map. map. map. getMovedLatLng -this. map. getCenterX ,-this. map. map. getMovedLatLng -this. map. getCenterX , -this. map. getCenterY ;this. lng;this. lat;this. lng;this. lat;this. left ;this. right h. top ;this. events. triggerEvent "panstart" ,this. top ;return this. moveTo c,this. listener this. 1;this. 0;this. geo. Util. Function. bind this. 0 ;this. moveALLTiles this. getViewDivPixel ;this. events. triggerEvent "pan" ;return! left-Math. ceil this. top-Math. ceil this. top;this. listener this. 1;this. events. getViewDivPixel ;this. left-b,f. top-c ;if 0! this. this. this. events. getViewDivPixel ;if this. left-b,f. top-c ;d? this. x b. y a? 0:a;this. tail. style. tail. style. contentDiv. line. style. line. style. contentDiv. getPixcelFromLatLng this. position ;this. moveTo a. left,a. top ;this. setVisible this. geo. overlay. geo. overlay. IEInfoWindow;navitime. geo. namespace "navitime. geo. marker" ; navitime. geo. marker. geo. base. geo. DOM. create "div","ntgeo-popup" ;this. dispPos. dispPos. x:0;this. dispPos. dispPos. y:0;this. geo. event. InnerEventController this,this. borderColor? navitime. geo. Color. changeHex b. borderColor :" 000000";b. backgroundColor? navitime. geo. Color. changeHex b. backgroundColor :" ffffff";b. fontSize? fontSize:"13px";b. text? text:"";this. geo. Icon this. geo. event. BrowserEventController. addEvent d. imageDiv,"click",navitime. geo. Util. Function. bind this. display,this,! 1 ,this ;d. imageDiv. style. imageDiv. style. imageDiv. style. imageDiv. style. display! 1 ;this. appendChild d. imageDiv ;this. events. style. display! events. style. display! events. register "click",this,navitime. geo. Util. falseFn ;this. events. register "mousedown",this,navitime. geo. Util. falseFn ;this. events. register "dblclick",this,navitime. geo. Util. events. destroy ;this. parentNode. removeChild this. style. style. style. style. appendChild this. geo. base. graphics. Renderer. backgroundColor, strokecolor:a. style. padd.

次の

小田急シティバス

小田急 バス

障がい者割引について 次のいずれかの手帳をお持ちの方が対象となります。 身体障がい者手帳• 療育手帳 「身体障がい者手帳」または「療育手帳」をお持ちの方で、旅客鉄道株式会社旅客運賃減額欄が 「第1種」または「第2種」の記載がある方は、運賃が5割引となります。 (端数10円単位に切上げ)。 このうち、「第1種」の方は、介護人1名(同便かつ同区間の利用に限る)も5割引となります。 乗車券発売窓口 上記お客さまセンターでご予約をされた場合のご購入(窓口) 窓口で直接ご購入される場合• 6:00~24:00• 6:00~19:00• 月~木・日 7:30~19:30 金・土・祝 7:30~20:45• 左記発売所の他、大手旅行会社でも発売いたします。 なお別途取扱手数料がかかる場合がございます。 詳しくは各旅行会社に直接お問い合わせください。 また、当社お客さまセンターでご予約された乗車券のお取り扱いは、旅行会社ではできません。 高速バスネット 会員限定割引(お気に入り路線登録【利用回数】) 本サービスをご利用いただくためには「高速バスネット」の会員登録が必要です。 ご予約前にご利用路線を「お気に入り」登録していただくとご利用回数やご利用額に応じて割引となり使えば使うほどお得な高速バスネット会員様限定の割引サービスです。 「利用回数」割引はご利用回数に応じて自動的に割引が適用となります。 利用回数ポイントは、乗車日の翌日にカウントされます。 有効期間は、乗車日から2ヶ月間となります。 (2ヶ月後の末日まで)• 利用回数ポイントは、複数人数でご利用の予約の場合、人数分のポイントが予約した会員様に付与されます。 ご登録の会員様が複数人数分の乗車券をまとめて購入する場合は、ご利用額が最も高額となる1名様分に対してのみ割引が適用となります。 (グループ全員が割引になりません。 累積ポイント数(小数点以下切り捨て)に応じて、下表の割引が適用されます。 10円未満の端数は四捨五入• ご登録の会員様が複数人数分の乗車券をまとめて購入する場合は、ご利用額が最も高額となる 1名様分に対してのみ割引が適用となります。 (グループ全員が割引になりません。 (注意)乗車変更時の注意事項 利用回数割引により購入した乗車券の乗車変更を行う場合は、変更を行う時点の累積ポイントに応じた割引率が適用されますのでご注意下さい。 注意:購入日から変更日までの間に累積利用回数の一部が失効又は新たに加算された場合は、変更時の割引率が変更前と比べて減少又は増加しますので、 差額の収受・返金が発生します。 会員専用ページの「購入内容の変更」からお進みいただき、変更をしてください。 Web変更は3回まで可能です。 お持ちの乗車券のバスが乗車バス停を発車する 10分前までに、お客さまご自身で高速バスネットにアクセスしていただきWebサイト内で変更してください。 以降、取扱いができない場合は、バス会社窓口で払戻しをしてから新たに購入となります。 払戻しの際には、所定の手数料が発生いたします。 お電話による変更は受け付けておりません。 有効期間(乗車時刻後)の払戻しは、いたしません。 早売乗車券を変更する場合、早売運賃の適用がなくなります。 お持ちの乗車券のバスが乗車バス停を出発する10分前までは、お客さま自身で高速バスネットにアクセスしていただきWebサイト内で払戻しをしてください。 以降、取扱いができない場合はバス会社窓口で行います。 払戻しの際は、当社規定の払戻し手数料が発生します。 有効期間を過ぎた場合のお取扱はできません。 会員登録せずに購入されたクレジット決済分については、「ウェルネット払戻しサービス」で受付けております。 出発時間1時間前までとなり、払戻し手数料と ウェルネット事務手数料が発生します。 お電話による払戻しは受け付けておりません。 有効期間(乗車時刻後)の払戻しは、いたしません。 ご利用のご案内 1 高速バスをご利用の際は、あらかじめ乗車券窓口にて乗車券をお買い求めの上ご利用ください。 なお、空席がある場合に限りバス車内でも乗車券を発売いたします。 2 ご乗車の際、乗務員が乗車券を拝見させていただきます。 また、お降りの際には、乗車券をバス乗務員にお渡しください。 乗車券を紛失された場合、再度購入していただきます。 3 指定された発車時刻(乗車日のみ指定は有効日まで)を過ぎた乗車券は無効となり、払い戻しはできません。 また、電話による払い戻しには応じられません。 払い戻しはお手元の乗車券の発車時刻までに購入窓口へ営業時間内にお越しください。 4 払い戻しは購入窓口で営業時間内に限り発車時刻までお取り扱いいたします。 その際は当社規定の手数料を申し受けます。 発車時刻まで購入窓口で払い戻せない場合は、当社窓口にお越しいただき「不乗証明」をお受けください。 (証明は乗務員でもいたします。 ) 5 小学生未満のお子様がご利用の場合で、座席を占有される場合は、小人運賃を申し受けます。 6 紛失・お忘れ等により、乗車時に乗車券をお持ちにならない場合は、再度運賃をお支払いいただきます。 その際に「再収受証明書」を発行いたします。 後日証明書と乗車券を原券購入窓口にお持ちいただければ乗車券の払い戻しをいたします。 その際、当社規定の手数料を申し受けます。 7 道路事情・気象状況等により到着予定時刻に遅れた場合であっても、運賃の払い戻しはいたしません。 また、接続交通機関や宿泊施設等の保障もいたしません。 8 道路事情・気象状況等により安全な運行に支障があると判断した場合は、止むを得ず運休することがあります。 なお、運休により生じたお客様の損害については保証いたしません。 また、別途必要とする交通機関・宿泊施設等の手配・費用についてはお客様負担となります。 9 危険物・不潔または臭気のため他のお客様にご迷惑をおかけする恐れのあるもの・車両を破損する恐れのあるもの・サーフボード・スキー・スノーボード等の車内・トランクの持ち込みはできません。 お持ちいただいてもお断りする場合があります。 10 愛玩用動物(小犬、猫、少量の小鳥、爬虫類、小虫類、初生ひな、魚介類またはこれらに類する小動物)は、長さ70センチメートル以内、最小立方形の長さ・幅および高さの合計が90cm程度の愛玩用動物専用容器に収納し重量が10キロ以内であれば車内持込が可能です。 ただし、猛獣およびへび類と、他の旅客の迷惑・異臭の発生となるおそれのある場合または車室を著しく破損・汚損するおそれのある場合には持込を制限する場合があります。 11 乗車停留所までの交通機関の遅延による乗り遅れは当該交通機関の発行する「遅延証明書」をお持ちいただければ変更・払い戻しを行います。 払い戻しの際は当社規定の手数料を申し受けます。 12 割引乗車券でご乗車されるお客さまは、券面区間より乗り越しをされる場合、乗り越し区間の普通運賃をいただきます。 13 その他の扱いは一般乗合旅客自動車運送事業運送約款によります。 ご不明な点はお客さまセンターへお問い合わせください。 深夜特急の取扱い 1 運賃は新宿駅・池尻大橋~東名御殿場・御殿場駅間おとな3,200円、こども1,600円です。 (身障者割引がございます。 回数券の設定はありません。 ) 2 昼行便で発券された乗車券ではご乗車できません。 3 新宿高速バスターミナル(バスタ新宿)・池尻大橋は乗車専用、東名御殿場・御殿場駅は降車専用の停留所となります。 4 乗車券は乗車日の1ヶ月前から発売いたします。 5 昼行便から深夜特急または、深夜特急から昼行便へ変更をご希望の場合は、お持ちの乗車券(発車時刻前のものに限ります)と変更後の乗車券との差額を清算させていただきます。 (手数料はございません。 ) 6 御殿場営業所で事前に乗車券を購入される際、交通系ICカード、クレジットカード(VISA・Master・JCB)がご利用いただけます。

次の

「小田急相模原駅」の時刻表/バス乗換案内/路線図/地図

小田急 バス

小田急バス株式会社(おだきゅうバス、: Odakyu bus Co. , Ltd. )は、およびでを運行する、グループ()の会社である。 本社は東京都仙川町2丁目19番地5に存在する。 小田急バスの車両 調布駅北口にて 主な事業はの運行である。 東京都および神奈川県内に6つの営業所を持ち、一般路線バスの運行にもっとも多くの車両を割いている。 その他、の運行にも参入している。 事業は子会社のに移管した。 路線バスの運行エリアは、・・・を中心とする東京南部、内では・、南多摩地区では・、内では北部(・)および北部()などに及ぶ。 主要なは、、、、など。 近年はの運行受託にも力を入れており、 、から「国土交通特別大臣賞」を受賞した。 [ ] バス事業以外に副業として、住宅・オフィスビル・駐車場の賃貸や分譲などを行っている。 の営業も行っていたが、をもって全店が閉店した。 本社は、小田急バスとなった当初はに置かれたが、1990年代に移転し、現在はのに隣接した場所にある。 本社ビルの1階には同社が運営していたガソリンスタンド跡に入居したのガソリンスタンドがある。 小田急バスおよび立川バス系のは、小田急電鉄労働組合などと同様に加入しているが、路線が多い小田急グループの中では例外的に労働組合の力が強く、や秋闘になるとに突入する場合もある。 なお、元のは、小田急バスに約10年間勤務していた(詳細はを参照)。 営業エリアについて [ ] 吉祥寺駅前の繁華街を行く小田急バスの車両 のとおり、小田急バスの前身はを本拠として設立された「 武蔵野乗合自動車」という会社であり、現在の調布市、、に路線を持つ、小田急電鉄とは全く関係ないバス事業者であった。 武蔵野乗合自動車は戦時中もいわゆる「」に統合されることなく、戦後も独立系のバス専業事業者として存続していたが、経営難からの傘下入りした。 一方、戦後に大東急から離脱して新発足した小田急電鉄は直営のバス部門を持たなかったため、小田急電鉄沿線に他社のバス路線が乗り入れるようになっており、東京近郊の沿線でのバス路線開設が宿願となっていた。 そのため小田急電鉄が、当時国際興業の傘下であった武蔵野乗合を買収し社名変更して、現在の小田急バスが発足した。 このような沿革を持つため、小田急バスは調布市に本社を置き、小田急電鉄沿線ではない調布・三鷹・武蔵野地区に路線基盤を有しているのである。 なお小田急グループ全体としては、小田急電鉄沿線に以下のバス事業者が路線を有している。 - (-)、( - )、(・ - )• - 小田原線( - 小田原駅)• (江ノ電バス藤沢) - 江ノ島線(藤沢駅 - )• その後、小田急電鉄直営による「 小田急直系」バス部門としてが誕生している。 「」および「」も参照 歴史 [ ] 他の多くの系バス会社では、バス事業の経営合理化を目的として主に前後、本体の自動車部門(バス部門)をし子会社として設立された経緯を持つが、小田急バスの成立過程との関係はそうではなかった。 武蔵野乗合自動車の創業 [ ] 小田急バスの始まりは昭和初期に遡る。 に本社をおいていた安全自動車が - - 調布間の路線を運営していた。 しかし当時のはまだ人口も少なく、経営状態は良くなかった。 そこに出身のが着目し、の助言を受けた上で安全自動車を買収し、(昭和7年) にを本拠として 武蔵野乗合自動車を設立した。 武蔵野乗合自動車の創業当時の路線は、調布 - - と、調布 - 野崎 - 吉祥寺の2路線であった。 前者は現行のの一部、後者は現行のに相当する。 この2路線は小田急バスのルーツであり、現在でも主要路線である。 だが当時はまだ沿線人口が少なかったこともあり、安全自動車と同様に経営は苦しく、また安全自動車から引き継いだ車両の老朽化による故障にも苦しんだ。 (昭和12年)に南口へ本社と営業所を移転し、同時に、吉祥寺 - 野崎、武蔵境 - 野崎の2路線を運行開始した。 この路線は現行のに相当する。 に入るにつれて、武蔵野乗合自動車でも戦時輸送が大きな割合を占めていくこととなる。 沿線には、()、、()などのが多数あり、それら工場への従業員輸送を多く担っていた。 戦時体制下ではの公布により、バス事業者は極力統合される方向となり、武蔵野乗合自動車が路線を持っていた東京西部地域では、(いわゆる)として統合される方針であったが、武蔵野乗合自動車は大東急に統合されることはなかった。 終戦間近の(昭和19年)には周辺がの対象地域となり、武蔵野乗合自動車は本社・営業所を野崎へ移転し、を休止して軍需工場輸送に全力を挙げた。 小田急電鉄による買収 [ ] (昭和20年)に終戦を迎え、翌に武蔵野乗合では、需要の多い吉祥寺 - 間で輸送を再開した。 翌には車両購入のため増資したが、当時は燃料事情が厳しくガソリン車の購入が制限されていたためを採用、戦時中に製造され武蔵野乗合が保有していた「中島式SKS電気バス」(中島飛行機とは無関係) を再生して使用、さらに4台の中古電気バスを購入。 これにより、調布 - 三鷹天文台 - 武蔵境と、調布 - 野崎 - 吉祥寺の2路線を復活させたが、当時の電気バスは上がりや坂道での故障など問題が多かったため、払い下げ車の(軌陸両用バス)改造車6両を投入。 運行を行う体制は徐々に整っていくものの、業績悪化は続いていた。 (昭和24年)には、東京急行電鉄からを買収して乗合バス事業に進出したから(創業者のは五島慶太と親交が深かった)、武蔵野乗合自動車に対しても買収の申し入れがあり、同年に武蔵野乗合自動車は、国際興業傘下のバス事業者となった。 負債などは国際興業が肩代わりしたが、経営状態は相変わらず厳しいものであった。 一方、(昭和23年)に東京急行電鉄から分離したは、大東急離脱時になどを傘下としたものの、自社でバス事業を運営していなかったことから同業他社に立ち遅れ、小田急電鉄沿線には他社のバス路線が進出していた。 こうした事態を打開すべく小田急電鉄もバス事業に進出を計画するが、戦後復興優先の時代では新規事業の許認可取得は難しく、既存事業者の買収を図ることとなった。 バス事業への進出を悲願とする小田急電鉄と、経営難の武蔵野乗合再建よりも自社エリアの事業拡充を考える国際興業の意思が一致した。 これにより、(昭和25年)に小田急電鉄は武蔵野乗合自動車を買収し、同年に商号変更して 小田急バスとして発足した。 小田急バスではこの日を会社設立日としている。 本社も三鷹市野崎からの小田急電鉄本社へ移転した。 小田急バスの成立と発展 [ ] 小田急バス発足時の体制は以下の通りであった。 本社:東京都渋谷区5丁目862番地(小田急電鉄本社内)• 営業所:三鷹営業所(東京都三鷹市野崎)• 車両:38両• 運行路線:11路線、104km• 吉祥寺- 柿生、吉祥寺 - 調布、吉祥寺 - 牟礼、武蔵境 - 野崎、武蔵境 - 、その他 武蔵境 - 東京駅丸の内南口は、小田急バス成立直前に開業した路線。 、(現:)との。 小田急バスとして発足後は積極的に新車導入を進め、やを導入して旧型車両を代替した。 車体の塗装も一新され(現在も安全運転訓練車で見られる旧塗装)、(昭和25年)9月にはとして車体に犬のレリーフが取り付けられた。 発足後まもなく世田谷区内に路線を進出、1950年11月にはを新設し、1951年には同営業所で貸切バス事業も開始した。 こうして小田急グループの一員として着実に新生を進め、1953年(昭和28年)には早くも黒字に転換、同年には現行の赤と白の車体色が採用されている。 には路線網も大きく拡充を図り、1950年(昭和25年)には、新宿 - 三軒茶屋(三軒茶屋線)、新川 - 経堂等の運行を開始した。 また都心部に進出を図るも、この地域にはすでに東急や京王など同業他社による路線が張り巡らされており、小田急バスが新規路線を開業する余地は少なかったが、東京急行電鉄との交渉の末、 - (渋24系統)、 - 成城学園前駅(成06系統)の路線譲渡を受けることができた。 また - 間の免許を取得して渋谷まで路線をつないだ。 1950年代後半以降、小田急バスの営業エリアである調布・三鷹・武蔵野市や世田谷区内では急速に宅地化が進み、駅などへの輸送需要が発生し、新設路線や既存路線の延長が相次いだ。 この地域での輸送拡充に対応するため、1953年(昭和28年)には野崎にあった三鷹営業所を吉祥寺へ再移転して 吉祥寺営業所とし、1959年(昭和34年)には武蔵境営業所、1960年(昭和35年)には狛江営業所を新設した。 には、バス車掌の不足により1961年から武蔵境営業所管内でを開始、近隣他社と同じくにはワンマン化が完了している。 またこの時代にはの進展とともになど道路状況の悪化が進み、運行の定時性が失われて乗客減を招いた。 特にの多い世田谷区では影響が大きく、またに抵触する路線も出たため、都区内の路線については再編が進み、長距離路線の廃止、踏切をまたぐ路線の分断などが行われた。 逆に多摩西部と神奈川県内では、郊外の化により好況が続き、大規模建設やなどの開業による路線新設が相次いだ。 小田急電鉄沿線での路線網拡大のため、1967年(昭和42年)には神奈川県内初の営業所として生田営業所(現:登戸営業所)が開設された。 以降、からにかけては、小田急電鉄沿線を中心とした神奈川県内(北部・北部)および隣接する・での路線網拡大が続くことになる。 1983年(昭和58年)には町田営業所を開設、新百合ヶ丘駅以西の路線を生田営業所から移管し、この地域の輸送を分担するようになる。 コミュニティバス運行受託 [ ] 東京都内においても、主要幹線道路から離れた場所では公共交通機関が不便な地域が残り、などによるの移動手段を確保するためにも、交通不便地域を解消することが地方自治体の一つの課題となっていた。 このため、1990年代以降は各地での導入が増えており、実際の運行は地域のバス事業者に委託する形を取ることが多い。 小田急バスにおいても、1990年代後半から東京および世田谷区内でコミュニティバスの運行受託を開始している。 (平成10年)の三鷹市「」運行受託を皮切りに、(平成12年)に武蔵野市「」に参入、(平成13年)には世田谷区コミュニティバスに参入した。 2002年には「」を単独受託、2003年(平成15年)にはに参入。 2005年には「」、2008年には「」を運行受託している。 小田急シティバスの設立 [ ] 詳細は「」を参照 東京・神奈川を走る他事業者のバスと同様、時代とともに小田急バスの輸送人員は減少傾向に陥る一方で、であるバス事業では人件費等の費用は大きく減少せず、抜本的な改善が求められるようになった。 1991年(平成3年)よりで定められた「一般乗合バス事業の」が解禁されており、不採算路線を子会社に委託することにより収支改善を図ることが可能となった。 そのため、高速バス事業の移管と、若林営業所管内の都区内路線の運行委託を目的として、2000年(平成12年)2月1日に小田急バス若林営業所内にとしてが設立された。 小田急バスは同年8月から、夜行高速バス「」を小田急シティバスに移管した。 翌2001年(平成13年)には一般路線の運行委託を開始、同年1月には、下61系統( - 駒沢陸橋)、同年5月には渋54系統(北口 - 渋谷駅)、同年11月には梅01系統、歳22系統(梅ヶ丘駅北口 - 千歳船橋駅・希望ヶ丘団地)、新宿ランド線(新宿駅西口 - )の計4路線を小田急シティバスに運行委託した。 また、2000年(平成12年)以降に実施されたバス事業のによりの運行が開始され、運賃の低廉化が進んだ。 小田急バスが運行する高速バスもこの影響を受けて乗客が減少傾向となった。 様々な合理化方策やサービスの改善(の導入)などを行ったものの収支は厳しく、このため(平成14年) 4月に小田急バスが当時運行していた高速バス全路線(秋田線、広島線、三原線、岐阜線、高知線)を小田急シティバスへ移管した。 年表 [ ] 武蔵野乗合自動車 [ ]• (昭和7年) - 安全自動車を買収し、調布を本拠として武蔵野乗合自動車を設立。 (昭和12年)- 本社・営業所を吉祥寺駅南口へ移転。 (昭和19年)- 強制疎開により、本社・営業所を吉祥寺駅南口から三鷹市野崎へ移転。 (昭和24年)8月 - 国際興業により買収され、武蔵野乗合自動車は国際興業の傘下となる。 小田急バス [ ]• (昭和25年) - 小田急電鉄が国際興業から武蔵野乗合自動車を買収する。 - 武蔵野乗合自動車の商号を小田急バスに変更する。 - 若林営業所を新設する。 (昭和28年) - 吉祥寺営業所を新設する。 - 三鷹営業所を閉鎖する。 (昭和29年) - 本社をに移転する(後に住居表示の見直しによりとなる)。 (昭和34年) - 武蔵境営業所を新設する。 (昭和35年) - 狛江営業所を新設する。 (昭和36年) - 武蔵境営業所に小田急バス初のワンマンカーを導入する (ワンマン化の完了は、であった)。 (昭和37年) - 堀ノ内営業所を新設する。 (昭和39年) - 本社を新宿区角筈に移転する。 (昭和42年) - 生田営業所を新設する。 (昭和51年) - 小田急バス初の冷房車両を導入する。 (昭和58年) - 町田営業所を新設する。 (昭和60年) -深夜バス(鶴川駅 - 鶴川団地・奈良北団地)の運行を開始する。 (平成元年) - 深夜急行バス(新宿駅西口 - 町田バスセンター)の運行を開始する。 (平成4年) - 本社を新宿区西新宿へ移転する。 (平成7年) - 深夜急行バスを廃止する。 (平成10年) - 都内乗り継ぎ一日乗車券の販売を開始する。 - 堀ノ内営業所を廃止する。 - 三鷹市コミュニティバスの運行を開始する。 (平成11年) - の導入を開始する。 - 世田谷区コミュニティバスの運行を開始する。 (平成12年) - 小田急シティバスを設立する。 - 公式ホームページを開設する。 - の運行を開始する。 - 高速バス倉敷線を小田急シティバスに譲渡する。 - 武蔵野市コミュニティバスの運行を開始する。 (平成19年) - の導入を開始する。 (平成25年)• - IC乗車カード全国相互利用サービス開始。 - 登戸営業所を新設し、同所への移転という形で生田営業所を閉鎖する。 (平成28年) - 全路線が前乗り後降りの運賃先払い方式に統一され、中乗り前降りの運賃後払い方式を廃止。 各営業所(車庫)所在地 [ ] 営業所名後ろの括弧内の英字は営業所を略記する際の記号。 吉祥寺南町• 若林営業所() B• 東京都• 東京都武蔵野市境南町• 東京都中和泉• 東京都(グループのと隣接) 廃止された営業所 [ ]• 堀ノ内営業所• 東京都 - 貸切部門の営業所。 に若林営業所へ移管し廃止・閉鎖。 小田急シティバス若葉台営業所• 神奈川県川崎市 - 貸切部門の小規模な営業所として、付近(現「下黒川」停留所前)に設置されたが、貸切営業のエリア縮小に伴い廃止・閉鎖。 開設、廃止。 神奈川県川崎市西生田• 、登戸営業所へ移転。 跡地は「生田折返場」として使用。 現行路線 [ ] 空港連絡バス [ ]• 吉祥寺営業所担当(発着)• 線 (・・と共同運行)• 線 (東京空港交通・・関東バスと共同運行)• 町田営業所担当(8番乗り場発着)• 羽田空港線 (京浜急行バス・と共同運行)• 経由成田空港線 (京成バス・東急バスと共同運行) 高速バス [ ] 高速バス路線は小田急シティバスに移管した。 詳細はを参照。 路線バス [ ]• 各営業所の項を参照。 コミュニティバス受託 [ ]• (調布市・鬼太郎バス)• (三鷹市)• (武蔵野市)• (稲城市)• (町田市・玉ちゃんバス)• (狛江市・こまバス) 小田急シティバス委託路線については、を参照。 乗車券類 [ ] 小田急バスでは、下記の各種乗車券を発行している。 詳細は公式サイト「」を参照。 IC定期券 PASMO・Suicaのみに搭載可能な全線。 2012年5月10日から、紙式定期券を廃止しICカード化した。 ただし区間指定・他社共通など、一部の定期券は紙式で残されている。 また、紙式定期券の時代は運賃エリアごとに発売されていたが、定期券のICカード化を機に全線定期券に統一された。 1日フリーパス 小田急バス・小田急シティバスの全路線で利用できる(他社の共同運行路線、高速バス・空港連絡バス、一部のコミュニティバスを除く)。 PASMO・SuicaにSF残額から差し引く形で付加する。 IC定期券同様に上記以外の交通系ICカードには搭載不可。 深夜バス乗車時は別途普通運賃相当額を支払って利用する。 ICカード化される以前は、 都内乗り継ぎ一日乗車券として、利用範囲が都区内均一運賃エリアに限られていたが、現在では武相運賃エリアや神奈川県内を含め、全ての一般路線で利用が可能となった。 以前は紙製と磁気カード式の一日乗車券が存在した。 2008年に全営業所でPASMOが導入されるまでは、紙製のスクラッチ式で最初の乗車の際に初乗り券を切り取って利用する方式だった。 磁気カード式は各営業所・案内所・バス車内で発売しており、料金機の磁気カードリーダーライターに通して利用する方式となっていたが、発売が2013年3月31日、使用が4月30日をもって終了し、5月1日からは小田急バス営業所・案内所等にて無手数料で払い戻している。 ナイスパス 満65歳以上のを対象とした特別割引乗車券。 本券を提示することで小田急バス及びの一般路線バス全線が1乗車100円で利用できる(は倍額)。 支払いは現金のみでPASMOなどの類は使用できない。 ・やもともと運賃が100円であるは利用できない。 同じ小田急グループの神奈川中央交通の「 かなちゃん手形」 とほぼ同様のサービスで、や川崎市・横浜市が発行する の利用対象外の乗客も含めて、高齢者の路線バス利用を促進するための事業として行っている。 過去の車両 、車体 一部の用の小型車と、は製が配置されているが、ほとんどの車種が()製、または製である。 路線バスの車両は大型車が多いが、一部の営業所には中型車も投入されている。 9m大型車、10. 5m級中型長尺車の投入はない。 過去の車両では、においては、(当時:三菱自動車バス製造)に一本化されるまでは、当時の名古屋製作所大江工場製の車体(エアロスターM)を導入していた。 までの導入車両は富士重工ボディのほうが多く、の純正ボディはノンステップバスとごく一部のツーステップ車に限られていた。 富士重工製ボディは大型車は1989年(平成元年)以降は7Eボディを採用したのに対し、中型車は1994年(平成6年)まで6Eボディを採用したが、8Eボディの車両は導入されず、では純正ボディの車両を導入した。 2000年(平成12年)以降はすべてボディのエルガおよびエルガミオで導入されている。 1999年(平成11年)以降の新車は大部分がとなっており、中でもの占める割合がかなり大きい。 特に2007年(平成19年)と2008年(平成20年)の投入車は全車いすゞ製であった。 2009年(平成21年)にPKG-MP系(架装)ノンステップ車の発売開始により、三菱ふそう製車両の導入が再開されている。 2003年(平成15年)の新車より「仕様」で導入されている。 これは内のバス事業者7社で基本的な仕様を統一し、小田急グループマテリアルズが一括して調達することによりコストダウンを図るとともに、短期間で大量の更新が行えるようになっている(同種の事例としては内のバス事業者向けに名鉄グループ統一仕様があり、のほかやなどに導入されている)。 2015年(平成27年)3月末時点で、「ノンステップバス導入率が高い事業者ベスト30(全国・導入比率順)」の第3位にランクインした。 社番 [ ] 小田急バスの社番は2桁の数字とハイフン、1桁の英字記号と3 -4桁の数字からなる。 たとえば18-A6106号車を例にとる。 小田急バスの社番 18 - A 6106 納入年 営業所 固有番号• 初めの2桁の数字は納入年の西暦下2桁を用いる。 次の英字記号は所属営業所を表す。 営業所別の英字記号は以下の通り。 所属営業所別英字記号 A B C D E F 吉祥寺 若林 武蔵境 狛江 登戸 町田• Bは小田急シティバス世田谷営業所を含む。 Eは2013年6月に生田営業所から登戸営業所に変更された。 次の固有番号は車種や用途などを示す。 xの形になる• 塗装 [ ] 小田急グループ塗装(小田急シティバス) 路線バスのボディーカラーの赤いラインは情熱を表し、白いラインは清潔と忠実をあらわしている。 赤いラインの間に白いラインが引いてあるのは、情熱の中にも常に理性があることを意味する。 路線バスのボディカラーは、小田急グループのと同じ(前面の塗り分けは若干異なる)であるほか、秋田県のや北海道のに似ている。 ただし羽後交通・てんてつバスはどちらも小田急グループとの資本関係はない。 空港リムジンバスや貸切バスで使用される車両は、(および各神奈交バス)を除いて、基本的には小田急グループ各社で共通のデザインが施されており、小田急バスのほか、・・・・・でほぼ同一の塗色となっている。 小田急箱根高速バスとは英字の綴りが同じになるが、同社は(odakyu)、小田急バス・小田急シティバスは(ODAKYU)を使っており区別は可能である(ここ数年、江ノ電バスに新製配置される空港リムジンバス、定期観光バス等は独自の塗色となっている。 貸切観光バス用車は従来通り)。 また、観光バス・リムジンバス車両と高速バス(小田急シティバス)の一部には、車体に銀色ののレリーフが取り付けられている。 また、路線バスの前面左上に、マスコットキャラクター「きゅんた」のステッカーが貼られて様々な種類のきゅんたがいる。 行先表示がフルカラーLEDとなった町田営業所の一般路線バス車両 には、車両の化の一環として、中扉に自動昇降ステップを装着した「ニューステップバス」が導入され、前面や入口付近にニューステップバスであることを示すハートのマークが掲げられた。 路線バス車両の扉は、大型車の一部や中型車の大半を除き、中扉は幅の広い4枚折戸を採用していたが、リフト付きバスと大半のニューステップバスは2枚折戸、初期のノンステップ車はグライドスライドドアを採用した。 ノンステップバスがほとんどになった現在は、小型車を除き中扉は引戸になっている。 さらに近年では、中扉のブザー音をチャイムに交換するとともに開閉ランプを設置し、既存車両への設置改造も既に行われている。 また1995年頃に、接続するごとに行先表示の色を区別した、色地のが試験的に導入されたことがある。 しかし、緑色の地に黄色の文字など一部見づらい配色があり不評だったためか、1996年後半以降は行われなくなった。 ただし、色地の方向幕はその後も一部車両に残された。 現在では他事業者と同様に、式行先表示器の車が主流になっており、ほとんどの車両がLED式行先表示器を装備している。 から複数の営業所で、製のフルカラーLED行先表示器が導入開始された。 その後すべての営業所にフルカラーLEDの車両が1台以上導入され、別に色分けした行先表示が可能となっている。 また空港路線バスの新型車両にも、フルカラーLED行先表示器が導入されている。 2010年度の導入車両から、スモークガラスを採用した。 また同年に一部車両で、の持ち手形状を三角形に変更し、翌2011年度以降の導入車両から本格採用した。 2011年度以降の導入車両から、後輪巻き込み防止カバーを採用した。 (旧・)やなど、の事業者ではしばしば見られるものだが、では珍しい仕様である。 その後、後輪巻き込み防止カバーは廃止されている。 2012年度の導入車両から、フロント上の青色LED、を採用している。 2016年度に入り、が製から製の磁気カード非対応のものに交換された。 また車内の停留所名表示器も、従来の3色LEDからレシップ製の表示器に交換され、行先や停留所名などの対応が可能になり、、()、()も表示されるようになった。 経年車の処遇 [ ] 小田急バスでは、1995年頃まで車内外再生工事を行っていた(P-代の大型車まで更新、中型は一部未更新)が、U-代車以降の再生工事は経費節減の絡みで中止された。 そのため特にU-代車や初期のKC-代車は、外板に錆が浮いたりと老朽化が著しかった。 近年では車両代替のペースや置き換え時期が比較的早く、全ての車両がノンステップバスになった2017年現在でも、おおむね12年から14年程度のサイクルで経年車の置き換えが行われている。 小田急バスでは、除籍後即座に中古車業者の手に渡ることが多いため [ ]、北海道から沖縄まで非常に広範囲で元小田急車を見ることができる。 代表的な譲渡先として・・・・・・・・・・・等で活躍するほか、海外へも輸出されている。 小田急バス設立60周年記念の「犬マーク」ステッカーが貼られた車両 A313 小田急バスとしての創業時からシンボルマークとして「犬マーク」を制定、乗客に親しまれてきた。 このマークは2月にされている。 先述の通り、観光バス・リムジンバス車両と高速バスの一部には、銀色の犬レリーフが側面に取り付けられている。 過去には路線車にも取り付けられていたが、1969年に諸般の事情から取り付けをやめている。 には小田急バス設立60周年を記念して、路線バスの側面に犬マーク入りの記念ステッカーが貼り出された。 仙川にある小田急バス本社ビルの入口にも犬マークのレリーフが掲げられている。 2012年9月、新たな犬のマスコットキャラクター「 きゅんた」が誕生した。 2012年に、従来の犬マーク(レリーフ)のコンセプトを引き継いだ、新たなマスコットキャラクターを制定することになり、愛称募集キャンペーンとして2012年7月23日から8月31日まで募集を行った。 、小田急バス公式ホームページ上でキャラクターの名前が発表され「きゅんた」に決定。 同年9月26日には吉祥寺営業所で「きゅんた」ラッピングバスの運行開始、同時にがデビューした。 2013年10月1日以降、誕生1周年を記念して他の営業所でもラッピングバスの運行を開始した。 「きゅんた」のデザインコンセプトは「バスに乗る人とやさしくふれあうキャラクター」。 お客様を待ち目的地まで安全にご案内するキャラクター、人をあたたかく迎え優しく従順に付き添ってくれる犬のイメージでキャラクター化された。 小田急バスのナビゲーターとしていろいろな場面で登場し、にも参戦している。 「きゅんた」の着ぐるみは、11月以降小田急グループ関連のイベントに出没しているが、他社局のイベントでは2014年9月に開催した主催のイベントで初出演して以降、都営バス主催のイベントではゲストキャラクターとして出演している。 参考文献 [ ]• 小田急バス株式会社社史編纂委員会 編 『小田急バス60年史:1950-2010』、2010年。 国際興業株式会社社史編纂室 編 『国際興業五十年史』、1990年。 BJエディターズ 『バスジャパンニューハンドブックス 31 小田急バス・立川バス』、2000年8月1日。 BJエディターズ 『バスジャパンニューハンドブックス R65 小田急バス・立川バス』、2008年9月1日。 BJエディターズ『バスジャパンハンドブックシリーズ S98 小田急バス・立川バス』、2018年5月1日。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 森本研究室、東海大学工学部 電気電子工学科 公式サイト、2020年1月18日閲覧。 「中島製作所」は1905年(明治38年)創立の大阪の会社で尼崎市に工場があった。 1930年(昭和5年)に、と共同で電気バスを試作、が営業運行して試験を行った。 BJエディターズ『バスジャパンハンドブックシリーズ R65 小田急バス・立川バス』、2008年9月1日。 BJエディターズ『バスジャパンハンドブックシリーズ S98 小田急バス・立川バス』、2018年5月1日。 122. 123. 124. 125. 126. 127. , pp. 129. 小田急バス• 小田急シティバス公式サイト• 矢野きくの「無料&格安がいっぱい!! 賢い情報の見分け方」『学研ムック らくらくねんきん暮らし』第4巻、2015年1月、 33頁。 神奈川中央交通• , 国土交通省• 小田急バス. 2020年3月8日閲覧。 『 37 特集・わかりやすい方向幕とは』、1996年8月25日、8頁。 小田急バス. 2020年3月8日閲覧。 - 小田急バス• 小田急バス. 2020年3月8日閲覧。 関連項目 [ ]• (東海バス) 外部リンク [ ] に関連するメディアがあります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の