そろばん 塾 ピコ。 【そろばん塾ピコ】紹介と口コミだけで500教室突破!あのそろばん塾ピコが、私教育新聞読者だけ100教室限定加盟校募集

【そろばん塾ピコ】紹介と口コミだけで500教室突破!あのそろばん塾ピコが、私教育新聞読者だけ100教室限定加盟校募集

そろばん 塾 ピコ

研修は何度受けても無料。 講師の採用も徹底サポート そろばんやフラッシュ暗算を行う教室の中で、講師の大半が〝そろばん2級以上〞をもった〝主婦〞というのは珍しいかもしれない。 他のそろばん塾では段位を持っている講師が多い中、〝2級以上〞というハードルは決して高くない。 「ピコでは、2級取得を目標にしています。 例の京大生たちもほとんどが2級までしか持っていないことから、基本を押さえて受験に生かすには十分なレベルだと考えています。 また、2級であれば、主婦の方でも持っている人が多いので、講師探しに困りません」。 そろばん2級の主婦講師であっても、きちんと研修をするので大丈夫なのだという。 しかし、研修したのに講師がすぐに辞めてしまった場合や、遠方から研修を受ける場合の交通費を心配する塾も多いだろう。 「ピコでは、加盟塾に対し、研修を何度でも無料で行っています。 また、研修はインターネットTV電話で行うので、交通費も心配ありません。 また、導入された塾にできるだけ負担がかからないように、主婦の講師のファーストコンタクトもピコ本部が行っています。 講師に必要なのは、そろばんの力以上に『躾ができるか』です。 幼児や低学年を相手に集中力や忍耐力、挨拶や靴の片付けまできちんと指導できそうか、独自のチェックシートをもとに判断しています」。 導入塾は、ピコが絞り込んだ講師とだけ面接をすれば良いのだ。 他にも、教材や賞状などの準備もピコ側が行うという。 ローコストで、手間いらず。 塾出身の孝橋氏は、日々の仕事で追われる塾職員が喜ぶポイントを押さえているようだ。 広がるピコネットワーク。 目指すのは、中・小塾の応援団 元々は、京大個別会で付き合いのあった塾、約60教室からスタートしたピコ。 評判が口コミで広がり、現在、加盟校は500教室までになった。 「塾についての知識が薄かったり、指導の質は高いのに経営のやり方がわからなかったり。 困っている中小塾はたくさんあります。 そんな塾の経営を立て直す戦略ツールとしてそろばん塾ピコを役立ててほしいと思っています。 ピコでは、加盟校の皆さんを集めて、2ヵ月に1度の勉強会(サミット)も実施しています。 加盟校同士はエリアがかぶらないようにしているので、そろばんの話に限らず、情報共有を行える有意義な場になっています」。 これまでは紹介が基本だったピコだが、より多くの塾の役に立てればと今回、私教育新聞限定で門戸を拡大する。 「私教育新聞を見た」と伝えれば、今なら加盟金が半額になるのだ。 「ただし、テリトリーを守るために、大手塾さんとの提携はお断りしています。 これまで信頼できる中・小塾さんの紹介でここまで大きくなったピコですから。 今回、私教育新聞に掲載を決めたのも、私教育総研代表の岩井さんとこれまで築いてきた関係があったからです。 これからも、やっぱり一つひとつの塾さんとの信頼関係を大切にしたいですね」。 現在は、塾に限らず、小学校(さとえ学園小学校)、私立幼稚園、ピアノ教室、学童保育との提携が進むなど、ピコの広がりは止まらない。 口コミと紹介だけで築かれてきたピコネットワーク。 現在、加盟校全てが〝負け知らず〞の優良フランチャイズそろばん塾ピコは、これから、より一層多くの導入先に安定性と活気を生み出すに違いない。

次の

そろばん

そろばん 塾 ピコ

京大個別会に講師登録している京大生120名の半分がそろばんに通っていました。 京大個別会に講師登録している京大生120名に「小さい頃に何か習い事をしましたか? 」とアンケートをとったところ、意外にも一番多かっ たのは「ピアノ」でした。 そしてその次に多かったのが「そろばん」で120名の半分がそろばん塾に通い2、3級を取得していました。 両者に共通するのは、ある一定の法則に従って指を早く動かすという事です。 特にそろばんは、指を早く動かすことによって右脳が発達し、さらに読み上げにより集中力、記憶力、速聴能力の向上が図れることや持久力や忍耐力の向上が図れることなど、様々な教育的効果のあることが分かってきました。 百ます計算で有名な陰山英男先生によると 「…平成16年9月から土堂小学校1年生に、ソロバン学習を導入。 半年後に簡単なフラッシュ暗算もできるようになり、ソロバン導入が脳にどのように影響を与えているかを調べてみると、何と 知能指数平均が118と信じられない高さまで上がっていました。 」 文藝春秋社刊「学力の 新しいルール」より抜粋 とその効果に驚かれています。 また、尼崎市教育委員会では「尼崎計算教育特区」 いわゆるソロバン教育特区 としてそろばんの習得を授業に取り入れ、大きな成果を上げています。 「京大個別会そろばん塾ピコ」は従来のそろばん塾のように段位を取ることを目標にしていません。 あくまでも右脳開発を目的としています。 幼児の右脳開発に最も適したツール…それがそろばんです というのもそろばんを習った京大生のほとんどが 2、3級を取得したらやめているからです。 右脳でそろばんの珠をイメージしてその珠をイメージの中で自由自在に動かす「そろばん脳」さへ出来れば、後はそれを将来の受験や学習に生かせばいいと考えるからです。 だからピコでは既存のそろばん塾のように週3回、通わせて段位をとらすような事はしません。 週1回か2回、通っていただいて「そろばん脳」を養成し、暗算能力を高めていただければそれで良いのです。 あくまでも目的は右脳開発です。 ピコではそろばんこそが幼児の右脳開発に最も適したツールであると考えています。

次の

武蔵新城のそろばん教室

そろばん 塾 ピコ

研修は何度受けても無料。 講師の採用も徹底サポート そろばんやフラッシュ暗算を行う教室の中で、講師の大半が〝そろばん2級以上〞をもった〝主婦〞というのは珍しいかもしれない。 他のそろばん塾では段位を持っている講師が多い中、〝2級以上〞というハードルは決して高くない。 「ピコでは、2級取得を目標にしています。 例の京大生たちもほとんどが2級までしか持っていないことから、基本を押さえて受験に生かすには十分なレベルだと考えています。 また、2級であれば、主婦の方でも持っている人が多いので、講師探しに困りません」。 そろばん2級の主婦講師であっても、きちんと研修をするので大丈夫なのだという。 しかし、研修したのに講師がすぐに辞めてしまった場合や、遠方から研修を受ける場合の交通費を心配する塾も多いだろう。 「ピコでは、加盟塾に対し、研修を何度でも無料で行っています。 また、研修はインターネットTV電話で行うので、交通費も心配ありません。 また、導入された塾にできるだけ負担がかからないように、主婦の講師のファーストコンタクトもピコ本部が行っています。 講師に必要なのは、そろばんの力以上に『躾ができるか』です。 幼児や低学年を相手に集中力や忍耐力、挨拶や靴の片付けまできちんと指導できそうか、独自のチェックシートをもとに判断しています」。 導入塾は、ピコが絞り込んだ講師とだけ面接をすれば良いのだ。 他にも、教材や賞状などの準備もピコ側が行うという。 ローコストで、手間いらず。 塾出身の孝橋氏は、日々の仕事で追われる塾職員が喜ぶポイントを押さえているようだ。 広がるピコネットワーク。 目指すのは、中・小塾の応援団 元々は、京大個別会で付き合いのあった塾、約60教室からスタートしたピコ。 評判が口コミで広がり、現在、加盟校は500教室までになった。 「塾についての知識が薄かったり、指導の質は高いのに経営のやり方がわからなかったり。 困っている中小塾はたくさんあります。 そんな塾の経営を立て直す戦略ツールとしてそろばん塾ピコを役立ててほしいと思っています。 ピコでは、加盟校の皆さんを集めて、2ヵ月に1度の勉強会(サミット)も実施しています。 加盟校同士はエリアがかぶらないようにしているので、そろばんの話に限らず、情報共有を行える有意義な場になっています」。 これまでは紹介が基本だったピコだが、より多くの塾の役に立てればと今回、私教育新聞限定で門戸を拡大する。 「私教育新聞を見た」と伝えれば、今なら加盟金が半額になるのだ。 「ただし、テリトリーを守るために、大手塾さんとの提携はお断りしています。 これまで信頼できる中・小塾さんの紹介でここまで大きくなったピコですから。 今回、私教育新聞に掲載を決めたのも、私教育総研代表の岩井さんとこれまで築いてきた関係があったからです。 これからも、やっぱり一つひとつの塾さんとの信頼関係を大切にしたいですね」。 現在は、塾に限らず、小学校(さとえ学園小学校)、私立幼稚園、ピアノ教室、学童保育との提携が進むなど、ピコの広がりは止まらない。 口コミと紹介だけで築かれてきたピコネットワーク。 現在、加盟校全てが〝負け知らず〞の優良フランチャイズそろばん塾ピコは、これから、より一層多くの導入先に安定性と活気を生み出すに違いない。

次の