血液 クレンジング 輸血。 血液クレンジングって? 「がんや老化を防ぐ」は本当か:朝日新聞デジタル

血液クレンジングと人工透析の違い!事例付きで現役医師が解説

血液 クレンジング 輸血

血液クレンジングの話をすると、透析ですね、フィルターを通すんですね、毒素を取るんですね。 という話を言われますが、全部違います。 違いが分からず、血液クレンジングを知った気になると、大きく損をするので解説します。 情報が欲しい方はすべての疑問が解決するまでこちらのまとめを呼んでみてください。 血液クレンジングのすべてを網羅しているつもりです。 血液クレンジングと人工透析の違い一覧表 まず根本天気な違いからみていきましょう。 赤字で示している通り「行ってる内容と時間」はまったく違いますね。 種類 人工透析 血液クレンジング 内容 人工的に老廃物を除去する治療法 自分の血を活性化させ戻す治療 時間 週3回の1回4時間ほどが標準的 月1回で1回30分 なかなかイメージがわかないかと思いますので、続けて両方の治療内容を簡単にご説明します。 人工透析とは? 人工透析とは、腎臓機能の一部分を人工的に代用することですね。 腎臓が弱い人は以下のような体の機能をうまく調整できません。 血中の余分な水分・塩分を排泄する• 当廃物など毒素を排泄する• ホルモンを産生する そのため血液中の有害物質が溜まり「むくみ・高血圧・気分が不快・食欲低下・貧血・嘔吐」などの症状を感じるようになります。 この症状を緩和するには、腎機能を代用した人工的な処置が必要になるわけです。 これが「透析」となります。 人工透析は一度行うと、死ぬまで続けなければなりません。 透析施設での血液透析は週3回、1回4時間程度が標準的と言われていますので、付き合いとしては非常に苦しいものとなります。 まずはこの前提を踏まえてください。 次にご紹介する血液クレンジングは、はっきり言って 完全に別物ですので。 血液クレンジングとは? 血液クレンジングの手順を示しますね。 100ml~150mlほど静脈より採血• 点滴で戻す 実際に血液クレンジングを行う際のステップはこちらです。 もう1度表を見てください。 種類 人工透析 血液クレンジング 内容 人工的に老廃物を除去する治療法 自分の血を活性化させ戻す治療 時間 週3回の1回4時間ほどが標準的 月1回で1回30分 医療用オゾンで採取した血液の酸素を最大限に増やし、きれいに浄化された新鮮な血液を体内へ戻すのが血液クレンジング。 ドロドロ血の状態というのは、血液中の脂質コレステロールや中性脂肪が増え過ぎた状態で、赤血球が変形し連結してしまっています。 ここに医療用のオゾンを注入することにより血液が浄化され、サラサラ血に。 下の写真を見てください。 血液クレンジング前後の色もまったく違いますね。 オゾンで活性化しサラサラになった血は酸素を沢山含んでいます。 体内にゆっくりと戻すことで身体中の血液という血液が反応し、もっとサラサラになっていきますよ。 ここまでお話をすると大抵の人が「血を戻す?」「怖い!」 と言われますね。 では人工透析は怖くないのですか? むしろ人工透析の方が 「死ぬまで永遠に行う治療」という意味では恐怖に近いですよ。 血液クレンジングは歴史も実は長いのです。 血液クレンジング(オゾン療法)は約70年前にドイツで開発されました。 本来身体に備わっている免疫力を上げる効果があり、ガンなどの難病への治療や予防としても注目されているのが現状の事実ですね。 苦しかった偏頭痛や重い治療薬の副作用から開放された人もいますので、見てください。 血液クレンジングにより治療効果の期待できる症状・疾患 血流の圧倒的な改善によって得られる効果は万能的で逆に怪しさが募る気持ちはよくわかります。 ですが、以下のような方には改善効果が期待できることは忘れないで欲しいと思っています。 肩こり、慢性疲労、冷え性血液循環の改善、細胞の修復効果 慢性関節リュウマチ、頚椎捻挫、腰痛等の症状改善局所の血流を改善、消炎、鎮痛効果あり 更年期障害の治療不定愁訴、頭痛、肩こりなど ガン、悪性リンパ腫、白血病への効果免疫機能を活性化する 肝炎、HIV、インフルエンザウィルスの除去効果血液とオゾンの反応でインターフェロン等が産生 動脈硬化に起因する脳血管疾患脳循環を改善する 狭心症、心筋梗塞等の冠動脈疾患冠血流を改善する 末梢循環の改善糖尿病性末梢神経障害、下肢静脈瘤の症状の改善 抗アレルギー作用アトピー性皮膚炎、気管支喘息、花粉症 血液クレンジングが怖いのは無知だから 透析=病気=怖い=血液クレンジング なんだかよくわからないけど怖いと考えている人は、本当に多い。 知らないと損をすることが世の中にはいっぱいあります。 しかし、知らないので損をしていることも気がつきませんよね。 血液クレンジングに限ったことじゃない。 知らないと損をする。 間違った先入観で判断すると損をする。 もったいないですね。 まとめ 血液クレンジングは、患者様に喜ばれることが多い。 それにも関わらず、ネット情報に踊らされて、無知ゆえに拒否してしまうのはもったいないですよ。 このブログを読んでも、納得できない方は受けない方がいいでしょうね。 不安が薄れてきた方で、もし体調に問題があれば一度、血液クレンジングを真面目にやっているクリニックをお勧めします。 情報が欲しい方はすべての疑問が解決するまでこちらのまとめを呼んでみてください。 血液クレンジングのすべてを網羅しているつもりです。

次の

血液クレンジングの効果や実態は?「エビデンスなし」とんでも説明の数々に「教育の必要性を実感」の声も

血液 クレンジング 輸血

エイジングケアや免疫機能の向上には オゾン療法「血液クレンジング」 血液クレンジングとは大量自家血オゾン療法のことで、日本において20年以上前から広く行われているオゾン療法の一つです。 ヨーロッパなどでは「心筋梗塞」や「狭心症」などの治療に対して保険適用にもなっている、一般的で安全な治療法です。 オゾン療法の血液クレンジングは、100~200ccの血液を専用瓶に採血し、そこに代謝と免疫系を活性化するために最も効果がある量のオゾンを正確に投与します。 そして、オゾンで活性化した血液を、専用瓶から再び体の中へと戻します。 これだけでも脳と目に酸素がいきわたり、視界がクリアになります。 また、冷え性の方などは、身体がぽかぽかと温まるのを実感します。 このように、 オゾン療法の血液クレンジングは、保険診療の治療では改善しない症状や病気に大きな効果が期待されています。 イギリスでは、エリザベス女王の母であるクィーンマムが、エイジングケア治療として定期的にオゾン療法を受け、大きな病気をすることもなく101歳まで長生きされたため、新聞に載るなどニュースにもなりました。 エイジングケア効果 細胞を活性化し、細胞内ATP 筋肉を動かす時のエネルギー源となる物質 を上昇させることや、SOD 活性酸素を除去する力を持つ酵素 などの抗酸化力を上昇させる効果があり、エイジングケアの効果が期待できます。 特に活性酸素は、肌細胞を傷つけてコラーゲンを生成する働きを低下させることにより、シワの原因となるほか、表皮のメラノサイトを攻撃することにより、メラニンの量が増えてシミの原因にもなるため、お肌の老化の大きな要素のひとつです。 この活性酸素を除去するSODの 抗酸化力向上は、エイジングケアに欠かせない効果です。 【実際に期待される効果】• 細胞の若返り・活性酸素の減少 抗酸化力アップ• ATP上昇によるダイエット効果 おすすめの美容施術の組み合わせ.

次の

【感染症リスク】血液クレンジングは「意味ねえよ」 高須院長が効果を否定 美容医療として取り入れる芸能人も(高橋みなみ、ISSAなど)

血液 クレンジング 輸血

血液クレンジングと人工透析の違いをご紹介します。 また血液クレンジングは糖尿病にも効果が期待できるということについてもご紹介します。 そして血液クレンジングをしている人、人工透析をしている人、これからする人にとって献血、輸血をしている人は何か影響があるのか心配だと思います。 献血をしている人は大事な血を取るので神経質になると思います。 そこで血液クレンジングが献血や輸血に影響があるのかもご紹介します。 血液クレンジングと人工透析の違いは? まあクレンジングと透析ですから、同じような感じがするのもしょうがないですかね... でもクレンジングはあくまでも洗浄という意味合いです。 透析とはちょっと言葉の種子が違います。 まあクレンジングは頭皮クレンジングなどでも使うのと同じように、頭皮の環境が良くなり髪の毛にも良い効果が現れるというのが肝です。 そして血液クレンジングはオゾンガスを血液に注入することで活性化を測り、結果的に細胞修復や病気を直す目的です。 人工透析の場合は腎臓の機能がうまく働かない人が血液中の老廃物や余計な水分を取り除きまた体に血液を送る操作です。 なので血液クレンジングの場合は細胞の活性化や病気予防、疲労回復など体に良い影響を与える操作で、体の余計な成分を取り除く人工透析とは違うのです。 つまり、簡単にいうと血液クレンジングは栄養を与えるように良い効能を期待でき、人工透析は血液をろ過しているようなものなのです。 血液クレンジングは人工透析患者にも効果が期待できる? 血液クレンジングは疲労回復、様々な病気に効果が期待できると言われています。 その中でも腎不全の方にも血液クレンジングの効果が期待できます。 また糖尿病の方にも効果が期待できます。 糖尿病は腎不全に陥ることがあるので、一石二鳥的な効果も期待できます。 元々糖尿病も血液に関する病気で、血液クレンジングにより血液を活性化することで効果が期待できるのです。 しかし、人工透析は腎臓と同じような働きをしますが、血液クレンジングはその腎臓とはちょっと違う働きになります。 血液クレンジングは血液を活性化することにより臓器や血液中の病気を改善する効果が期待できますので、腎臓の代わりとは直接なりません。 しかし、血液クレンジングは血液を活性化することによりミトコンドリアも活性化、臓器の修復もされ、それによって糖尿病に効果が期待でき、最終的には腎臓にも負担をかけず修復の効果が期待できるということです。 また糖尿病予防にも血液クレンジングは期待できますので人工透析では病気は良くなりませんが、血液クレンジングで効果が期待できるかもしれません。 献血や輸血への影響をチェック! 主に献血や輸血は医療的に使います。 また社会的貢献として献血は親しまれています。 しかし、献血や輸血は感染性の病気や何かしら合併症があるとできません。 血液クレンジングをする人は、一度自分の血液を摂ってからその自分の血液にオゾンガスを注入します。 そのため、一度自分の血液を取るため自己血輸血となります。 したがって自己血輸血ではありますが、輸血ではないので血液クレンジングも献血ができます。 血液クレンジングの際に血液に注入するオゾンガスの危険性も言われてはいますが、献血をして輸血としても問題がないようです。 でもせっかく血液クレンジングした後に献血してしまうと、効果が少なくなったりして血液クレンジングした意味がなくなりそうです。 ただ血液クレンジングが自己血輸血であってもオゾンガスを注入しています。 オゾンガスは日本酸化療法医学会ではその安全性を述べておりますが、オゾンガスの危険性もあります。 さらにただ自分の血液を抜き、また自分の体内に入れているわけではないので、自己血輸血の対象になるのか難しいところです。 でも、実際血液クレンジングした血液を献血して輸血したら、輸血された方はものすごく活性化するかもしれませんね。

次の