鳥 もも肉 チャーシュー。 時短!電子レンジ調理★塩鶏チャーシュー

味ぽんでチャーシュー!豚肉と鶏肉で作ってみたミツカンレシピ!

鳥 もも肉 チャーシュー

レンジ調理から保存までジップロックコンテナーひとつでできるお手軽チャーシューです。 オイスターソースと少量のお酢が旨味を引き立てます。 しっかり味で冷めても美味しいので、お弁当にもおすすめです。 タレが美味しいので、つゆだくでご飯の上にのせてチャーシュー丼みたいにして食べるのもおすすめです。 調理時間:10分 冷蔵保存:5日 人数:2~3人分• 鶏もも肉、または鶏ムネ肉 1枚 約300g チャーシューのタレ• フォークで鶏肉の皮を10回ほど刺し、穴をあける。 (薄皮もしっかりさしてください。 2のジップロックコンテナーに皮を上にして鶏肉を入れ、ラップをふんわりかぶせて600wの電子レンジで3分加熱する。 (耐熱容器のフタをななめにかぶせるとラップの代わりになります。 3分後、ひっくり返し皮を下にして再度ふんわりラップをかぶせ600wの電子レンジで2分30秒加熱する。 レンジ内に5分ほど放置して余熱で火を通してできあがり。 マカロニさんが動画を作ってくれました!とてもわかりやすい動画になっているので是非ご覧下さい。 動画では皮をはがしていますが、はがさずに作っても美味しいですよ。 タレに浸したまま保存するのもおすすめです。 5分レンジ内に置いた後、赤っぽい部分がありましたら追加で30秒~加熱してください。 オイスターソースとお酢が味に深みを出してくれます。 お弁当におすすめのしっかり味のチャーシューです。 レンジ調理から保存までジップロックコンテナーひとつでできるので、洗い物が少なくて済みます。 ジップロックコンテナーは深さのある1100mlタイプがおすすめです。 浅い容器を使うとタレがこぼれてしまいますのでご注意ください。 つくりおき食堂の超簡単レシピに掲載されています! このレシピは「つくりおき食堂の超簡単レシピ」に掲載されています。 未公開レシピ多数ですのでご覧いただけたら嬉しいです。 なんと電子ブックつきです。 紙版をご購入いただくと電子版がもれなくついてきます。 忙しいけど料理がしたい、時間がないけど家族に手作りのご飯を食べてもらいたい、と思っている方々に少しでもお役に立てたら嬉しいです。 簡単・時短レシピサイト「」です。 かんたん常備菜と1週間の献立アイデアを紹介しています。 レンジだけで作れる時短レシピと朝すぐに作れるお弁当おかず中心なので作り置きしない方にもおすすめです。 ホーム画面へはこちらからどうぞ。 毎週更新している作り置きレポートはこちらです。 1週間の献立アイデアとしてご活用ください。 人気レシピTOP35はこちらです。 ぜひご覧ください。

次の

おせち・おもてなしに! ごぼうといんげんの鶏チャーシュー

鳥 もも肉 チャーシュー

5 g — タンパク質 17. 3 g 体重 x 1. 5 g 脂質 23. 2 g — 食物繊維 0. 2 g 20 g 以上 カリウム 326 mg 3500 mg 以上 カルシウム 9. 4 mg 650 mg 以上 マグネシウム 27. 5 mg 350 mg 以上 鉄分 0. 5 mg 7. 5 mg 以上 亜鉛 1. 5 mg 10 mg 以上 《手順》 漬け込み液を作る 鍋に水、しょうゆを入れて火にかけ、みりん、酒、三温糖の順に加える。 続いておろししょうが、おろしにんにく、スライスしたたかのつめを入れる。 最後にねぎを加え、一煮立ちさせる。 (仕上がりは200cc) フリーザーバッグに投入〜寝かせる あら熱を取った漬け込み汁 50cc程度と豚肩ロースをフリーザーバッグに入れ、上からよく揉み込んで馴染ませる。 フリーザーバッグの口を閉じ、冷蔵庫で1日(時間があれば2日間)寝かせる。 焼き色をつける フリーザーバッグから豚肩ロースのみを取り出し、強火に熱したフライパンで表面に焼き色をつける。 (フリーザーバッグと漬け込み汁は捨てずに、そのまま置いておく。 ) BONIQに投入 焼き色をつけた豚肩ロースをフリーザーバッグに戻し、空気を抜いて密封する。 BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れ、低温調理をする。 強火で煮詰め過ぎると味が濃くなりすぎるため、3~5分程が目安。 仕上がったら半量ずつに分けておく。 それぞれ分量はお好みで。 仕上げ BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったら豚肩ロースを取り出し、ペーパーで水気を押さえてスライスする。 皿に盛り付け、2種のたれを添えて出来上がり。 《作る際のポイント》 1. 豚肉はロースのブロックを使用してください。 程よく脂身があった方がチャーシューに向いています。 ネットで予め縛られていない場合はタコ糸で格子に巻いてください。 チャーシューは焼き目もポイントです。 そのため、ネットごと焼き付けます。 四隅を転がすように中~強火で焼きましょう。 この焼き目がジューシでチャーシューの味を引き立てます。 焼いた後、フリーザーバッグに戻すときに上手く綺麗に戻せなかったら新しいフリーザーバッグに漬け汁を移して入れ替えてください。 フリーザーバッグの口回りに油が付着すると、しっかり閉じられずに隙間から水が入ってしまう可能性があります。 《作った感想》 冷蔵庫で3~4日は保存可能なので、ぜひ2パターンで味わっていただきたいです。 チャーシューご飯用のソースはバルサミコ酢を入れることで、スッキリとした味わいになります。 いつものチャーシューのこってりさにスッキリとしたソースでご飯がすすみます。 改訂版「」できました!合わせてご参照ください。 チャーシューに使用している豚ロース肉の栄養素の中で、注目すべきはビタミンB1とタンパク質です。 ビタミンB1は体内で糖質をエネルギーに変換する時に必要なビタミンです。 ビタミンB1が不足すると糖質の消費が滞り、脳や体がエネルギー不足を起こす可能性があります。 また、ビタミンB1は疲労回復を促すビタミンでもあり、玉ねぎなどのネギ類と一緒に摂取することでより働きが強まります。 1日に必要なビタミンB1量は男性で1. 4㎎、女性で1. そのうち、このレシピのチャーシューを1人前食べると0. 6㎎のビタミンB1を摂取することができます。 これは、1日に必要な摂取量の約半分量を満たします。 また、豚肉のタンパク質には体の組織を作る働きがあります。 そのため、ダイエット中の運動で壊れた筋肉の組織を回復させるためにはタンパク質の積極的な摂取が必要です。 タンパク質は体を動 かすエネルギーとしても消費されてしまうので、ハードな運動をするときほど多めにタンパク質を摂取することを心がけましょう。 質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^ 【注意】 低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。 レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。 なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。 取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。 詳細はこちらのを参照下さいませ。 また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。 コメントありがとうございます。 63度であれば厚生労働省の加熱基準(芯温:63度30分以上)をクリアしております。 色が気になる場合は、時間よりも温度を上げる事でタンパク質に変化が加わるので効果がございます。 ただ、温度が高くなればその分タンパク質は縮んでしまいますので肉汁の流出によるパサつきとタンパク質硬化による硬さを感じます。 68度でタンパク質が縮み切ってしまいますので、68度以上の加熱は避けた方が柔らかいお肉を食べることができます。 温度を63度のままで時間を伸ばすとタンパク質の熱変性は抑えられますが、加熱時間が長くなるほど肉汁は蒸発していきますのでジューシーさを失って行きます。 上記を踏まえまして、是非お好みの加減を見つけてくださいませ。 この様な高度な加熱調整を簡単にできるのがBONIQの醍醐味ですね^^いつでもご質問くださいませ。 このようなしっとりとして柔らかいチャーシューは、家庭ではなかなか作れるものではありません。 ことであり、簡単に言えば、「美味しく調理でき、かつ冷凍保存ができる」ことだと思います。 BONIQ購入の判断材料は、スタイル・価格・使いやすさ等、色々ありますが、自分の場合、根幹は豊富で分かりやすいレシピにあります。 購入者のレビューを見ても同様の意見が多いように思います。 特に、今後重点を置くべきは、必要なスパイスや調理時間はもちろんですが、「冷凍保存のポイント」にあると思うのです。 多くの人々に、毎日計画的に調理できるだけの時間の余裕はなく、時間があるときに作れて湯煎でテーブルに出せるとすれば、 それはもう、コンビニどころか、大手スーパーやデパートの地下街に匹敵する料理であり冷凍食品と言えます。 「冷凍保存のポイント」をレシピの項目に追加することで、今後のユーザーのスタイルが変わり、低温調理が定着していくものと考えます。 今後、BONIQを手にした数多くのシェフが誕生することでしょう。 ご検討ください。

次の

鶏チャーシュー丼のレシピ【タダごとではない旨さ】

鳥 もも肉 チャーシュー

5 g — タンパク質 17. 3 g 体重 x 1. 5 g 脂質 23. 2 g — 食物繊維 0. 2 g 20 g 以上 カリウム 326 mg 3500 mg 以上 カルシウム 9. 4 mg 650 mg 以上 マグネシウム 27. 5 mg 350 mg 以上 鉄分 0. 5 mg 7. 5 mg 以上 亜鉛 1. 5 mg 10 mg 以上 《手順》 漬け込み液を作る 鍋に水、しょうゆを入れて火にかけ、みりん、酒、三温糖の順に加える。 続いておろししょうが、おろしにんにく、スライスしたたかのつめを入れる。 最後にねぎを加え、一煮立ちさせる。 (仕上がりは200cc) フリーザーバッグに投入〜寝かせる あら熱を取った漬け込み汁 50cc程度と豚肩ロースをフリーザーバッグに入れ、上からよく揉み込んで馴染ませる。 フリーザーバッグの口を閉じ、冷蔵庫で1日(時間があれば2日間)寝かせる。 焼き色をつける フリーザーバッグから豚肩ロースのみを取り出し、強火に熱したフライパンで表面に焼き色をつける。 (フリーザーバッグと漬け込み汁は捨てずに、そのまま置いておく。 ) BONIQに投入 焼き色をつけた豚肩ロースをフリーザーバッグに戻し、空気を抜いて密封する。 BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れ、低温調理をする。 強火で煮詰め過ぎると味が濃くなりすぎるため、3~5分程が目安。 仕上がったら半量ずつに分けておく。 それぞれ分量はお好みで。 仕上げ BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったら豚肩ロースを取り出し、ペーパーで水気を押さえてスライスする。 皿に盛り付け、2種のたれを添えて出来上がり。 《作る際のポイント》 1. 豚肉はロースのブロックを使用してください。 程よく脂身があった方がチャーシューに向いています。 ネットで予め縛られていない場合はタコ糸で格子に巻いてください。 チャーシューは焼き目もポイントです。 そのため、ネットごと焼き付けます。 四隅を転がすように中~強火で焼きましょう。 この焼き目がジューシでチャーシューの味を引き立てます。 焼いた後、フリーザーバッグに戻すときに上手く綺麗に戻せなかったら新しいフリーザーバッグに漬け汁を移して入れ替えてください。 フリーザーバッグの口回りに油が付着すると、しっかり閉じられずに隙間から水が入ってしまう可能性があります。 《作った感想》 冷蔵庫で3~4日は保存可能なので、ぜひ2パターンで味わっていただきたいです。 チャーシューご飯用のソースはバルサミコ酢を入れることで、スッキリとした味わいになります。 いつものチャーシューのこってりさにスッキリとしたソースでご飯がすすみます。 改訂版「」できました!合わせてご参照ください。 チャーシューに使用している豚ロース肉の栄養素の中で、注目すべきはビタミンB1とタンパク質です。 ビタミンB1は体内で糖質をエネルギーに変換する時に必要なビタミンです。 ビタミンB1が不足すると糖質の消費が滞り、脳や体がエネルギー不足を起こす可能性があります。 また、ビタミンB1は疲労回復を促すビタミンでもあり、玉ねぎなどのネギ類と一緒に摂取することでより働きが強まります。 1日に必要なビタミンB1量は男性で1. 4㎎、女性で1. そのうち、このレシピのチャーシューを1人前食べると0. 6㎎のビタミンB1を摂取することができます。 これは、1日に必要な摂取量の約半分量を満たします。 また、豚肉のタンパク質には体の組織を作る働きがあります。 そのため、ダイエット中の運動で壊れた筋肉の組織を回復させるためにはタンパク質の積極的な摂取が必要です。 タンパク質は体を動 かすエネルギーとしても消費されてしまうので、ハードな運動をするときほど多めにタンパク質を摂取することを心がけましょう。 質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^ 【注意】 低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。 レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。 なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。 取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。 詳細はこちらのを参照下さいませ。 また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。 コメントありがとうございます。 63度であれば厚生労働省の加熱基準(芯温:63度30分以上)をクリアしております。 色が気になる場合は、時間よりも温度を上げる事でタンパク質に変化が加わるので効果がございます。 ただ、温度が高くなればその分タンパク質は縮んでしまいますので肉汁の流出によるパサつきとタンパク質硬化による硬さを感じます。 68度でタンパク質が縮み切ってしまいますので、68度以上の加熱は避けた方が柔らかいお肉を食べることができます。 温度を63度のままで時間を伸ばすとタンパク質の熱変性は抑えられますが、加熱時間が長くなるほど肉汁は蒸発していきますのでジューシーさを失って行きます。 上記を踏まえまして、是非お好みの加減を見つけてくださいませ。 この様な高度な加熱調整を簡単にできるのがBONIQの醍醐味ですね^^いつでもご質問くださいませ。 このようなしっとりとして柔らかいチャーシューは、家庭ではなかなか作れるものではありません。 ことであり、簡単に言えば、「美味しく調理でき、かつ冷凍保存ができる」ことだと思います。 BONIQ購入の判断材料は、スタイル・価格・使いやすさ等、色々ありますが、自分の場合、根幹は豊富で分かりやすいレシピにあります。 購入者のレビューを見ても同様の意見が多いように思います。 特に、今後重点を置くべきは、必要なスパイスや調理時間はもちろんですが、「冷凍保存のポイント」にあると思うのです。 多くの人々に、毎日計画的に調理できるだけの時間の余裕はなく、時間があるときに作れて湯煎でテーブルに出せるとすれば、 それはもう、コンビニどころか、大手スーパーやデパートの地下街に匹敵する料理であり冷凍食品と言えます。 「冷凍保存のポイント」をレシピの項目に追加することで、今後のユーザーのスタイルが変わり、低温調理が定着していくものと考えます。 今後、BONIQを手にした数多くのシェフが誕生することでしょう。 ご検討ください。

次の