ジョブメドレー 祝い金 もらえない。 医療介護ならジョブメドレーが求人数豊富。おすすめポイントを大調査

ジョブメドレー

ジョブメドレー 祝い金 もらえない

もらえるお祝い金の金額が違う理由は? お祝い金は成果報酬の一部が充てられるため、 年収が高い職種はお祝い金が高くなり、年収が低い職種は低くなります。 そのため医師と保育士、正社員とパートではお祝い金の金額が全然違います。 採用されてもお祝い金貰えないやん。 旦那のアホ〜。 そのため、 ちゃんと理解してないと「入金が遅い」「振り込まれない」と感じるかもしれません。 また、名前や連絡先が虚偽・不明で連絡できなかったり、過去に応募・採用・祝い金申請を繰り返すなど ジョブメドレーが不適切と判断した場合もお祝い金をもらえない可能性があります。 これでお祝い金でイライラすることもありませんね。 ただ、ジョブメドレーの最大の魅力はお祝い金じゃありません。 転職しやすい仕組みがあるんです。 ジョブメドレーはお祝い金以外にもメリットがある お祝い金に魅力を感じて、ジョブメドレーを使う人は多いと思います。 ただジョブメドレーはお祝い金だけじゃなく、「担当者から電話がかかってこない」「LINEで転職相談ができる」「転職先からスカウトされる」などのメリットがあります。 ジョブメドレーを使った転職に向いている人は「電話連絡が嫌な人」「マイペースで転職したい人」、向いてない人は「自分で動けない人」です。 どちらにしても 他の転職サイトより手軽なので、登録して損をすることはありません。 ジョブメドレーの登録がまだの人は、以下の公式サイトから登録してください。 ジョブメドレーをもっと詳しく知りたい人は、口コミや特徴を参考にしてください。

次の

【医療・介護・保育に特化】ジョブメドレーの評判・メリット・お祝い金について徹底解説

ジョブメドレー 祝い金 もらえない

「お祝い金」が法的にグレーである理由 転職の際には何かとお金が必要になることから、 転職時に支給される「お祝い金」制度があるかどうかで転職サイトを選ぶ看護師は非常に多いです。 お祝い金を支給している転職サイトで有名なのは以下の2サイトです。 ジョブデポ看護師 特にジョブデポは、 「お祝い金として最大40万円進呈」という派手なうたい文句で看護師を勧誘しています。 お祝い金制度は、ジョブメドレーやジョブデポのような大手転職サイトが導入していることから、まさか違法だとは思いもしないでしょう。 お祝い金は「厚生労働省がNGを出している」悪質な制度 国民の働く権利を守る「職業安定法の改正」が平成30年1月1日に施行されました。 今回の改正では、 転職サイトを選ぶ看護師にとって非常に重要な留意点が明示されています。 スカウトを信じすぎて失敗してしまいました。 とりあえず見学だけと思って見学に行きました。 すると、すぐに面接になり採用が決まってしまいました。 入職して初めて、人事制度や給与体系が聞いていた話と違うことがわかり、急いで転職してしまったことを後悔しています。 お祝い金制度で勧誘している「ジョブメドレー」を利用した人の体験談を見ると、 「転職を強く推してくる」ことがわかります。 上で紹介した2名の方は、焦って転職して後悔してしまっただけでなく、 転職回数を増やすという憂き目を見ています。 お祝い金を支給する転職サイトは、なぜ転職を急かすのか? ジョブデポ・ジョブメドレーをはじめ、 転職サイトの利用料はすべて無料です。 にも関わらず、求職者にお祝い金を支給できるのはなぜでしょうか。 転職サイトは、求職者の転職を成功させると、医療機関や企業から手数料を受け取れます。 令和元年に行われた厚生労働省の調査によれば、医療機関が職業紹介事業者(転職サイト)に支払った手数料額の平均は、看護師1名あたり91. 看護師を1人入職させるだけで、転職サイトは100万円近くの手数料を受け取れるのです。 転職サイトが転職を急かす理由を、お分かりいただけたのではないでしょうか。 mhlw. pdf) お祝い金「最大40万円」の嘘 お祝い金を支給するとうたっている転職サイトでは、 具体的な金額を公開していません。 「案件によって都度決定している」とありますが、その決定方法をジョブデポ看護師では公式サイトで次のように説明しています。 医療機関から受け取った紹介料のおよそ半分を、お祝い金として支給しています。 医療機関が支払う紹介料の平均は91. 8万円なので、その半分であれば平均的に40万円超のお祝い金が支払われるはずです。 しかし、お祝い金が 40万円支給されるケースは非常に稀です。 ジョブデポを利用してお祝い金をもらった人の実績は次の通りです(当社調べ)。 パート看護師のお祝い金:5,000円• 日勤のみ看護師のお祝い金:1万円• 夜勤あり看護師のお祝い金:3万円 満額の40万円を受け取れる人は「看護師長クラスの役職者のみ」というのが実態です。 お祝い金を受け取るには厳しい条件もある 転職に成功すれば、必ずお祝い金がもらえるわけではありません。 お祝い金を受け取るためには条件があります。 以下のケースに該当すると、残念ながらお祝い金はもらえません(ジョブデポ看護師の例)。 コンサルタントを介さず、直接応募した場合• 勤務実態がない場合• 入職されて90日後の翌月10日の時点ですでに退職された場合 お祝い金を受け取れるタイミングも、かなり先です。 入職して90日後の翌月10日時点で在籍が確認されたら振込があります。 月の途中で入職した場合、カウントは翌月からです。 3月1日入職の場合:6月10日以降の振込• 3月15日入職の場合:7月10日以降の振込 お祝い金は、 「転職支度金」の意味合いで支給されるはずなのに、振込日を考えると転職支度金としては到底使えません。 ジョブデポのコンサルタントを介してご入職された場合に、お祝いの気持ちと、新しい職場でのご活躍を祈って、弊社からお贈りしているのがお祝い金です。 スーツやカバンを新調したり、定期券の購入に充てたりとご自由にお使いください。 転職成功後、3か月以上待ってから「スーツやカバンを新調」と言われても活用できません。 当然、 引越準備金として期待している方も、当てにならないと思ってください。 お祝い金に騙されるな!看護師転職サイトの賢い選び方 お祝い金を支給している転職サイトを利用することは以下のリスクがあります。 悪質業者であるため、キャリアコンサルタントの質が低い• 法的にグレーな行為であるため、お祝い金制度は予告なしに終了する可能性が高い 実際、当社で看護師向けに調査を行ったところ、 お祝い金を支給している「ジョブメドレー」「ジョブデポ看護師」の利用者満足度は非常に低い結果となりました。 私はクリニック勤務が希望でしたが「病院の外来とクリニックの外来は全く仕事が一緒です!」といい張り、 クリニックを紹介してくれませんでした。 それ以来、ジョブデポからの電話は無視をしていましたが、何度もしつこく電話がかかって来たので、「他の紹介会社でクリニックの募集があり面接に行きます。 看護師失格!うける~」と言われ一方的に電話が切れました。 信じられない話ですが、本当にあった体験談です。 むやみに転職回数を増やすとキャリアにも傷がついてしまうので、 「お祝い金」をうたう転職サイトには気軽に登録しないことをおすすめします。 看護師転職サイトの賢い選び方は? 看護師転職サイトを選ぶ際には、• キャリアコンサルタントの質が高い• 求人案件数が多い(公開求人・非公開求人ともに)• プライバシーマークを取得している• お祝い金・紹介キャンペーンなどで現金・金券を配布していない 以上の条件を満たす転職サイトを選ぶことが重要です。 とはいえ、公式サイトのうたい文句や、口コミサイトには嘘・サクラの情報も多く含まれているので、これらの情報を鵜呑みにして選ぶのは危険です。 ここからは、 当社が独自に看護師5000人以上に調査し、最も評価の高かった3サイトを紹介します。 上記の要件をすべて満たしているので、安心して利用できます。 どのサイトも、キャリアコンサルタントの質は非常に高いですが、人と人との間にはどうしても相性があります。 ベストなコンサルタントを見つけるために、3社とも登録して面談しておくことをおすすめします。 利用者評判から厳選!本当におすすめな看護師転職サイト3選 どの看護師転職サイトも、 「求人案件No. 1」「キャリアコンサルタントが業界に精通している」などの宣伝をしていますが、詳しく調べると実態を表していないケースも多々あります。 ここで紹介する3サイトは、当社が中立的な立場から評判を徹底的に分析して厳選した転職サイトです。 安心して登録してください。 看護ルーでは、51,384件の求人を扱っており、業界トップレベルです。 看護ルーは、転職サービス以外に、 ナースカタリーナという現役看護師と悩みや相談などを語り合うことができるサービスや、看護技術を動画で確認するサービス、看護用語辞典などのサービスが充実しています。 転職サービスの質も高く、担当のサポート力や、交渉力は業界随一です。 看護ルーを実際に利用した人は、.

次の

ジョブメドレーは悪質かを解説!よくある口コミを採用側の心理で検証した結果!

ジョブメドレー 祝い金 もらえない

php? 結局 就職しても、他にも登録していたとか、絶対にあるはずのない適当な理由をつけて、お祝い金なんて1円も もらえませんでした。 期待しない方がいいですよ!!! 残念ながら。 hoikushi-careerguide. ただ、世の中的に大企業よりも中小企業の数の方が圧倒的に多いので「大規模の事業所の求人少ない!」と感じてしまうだけだけですね^^; 「お祝い金が1円ももらえなかった!」とブチギレされている方がいらっしゃいましたが、これは素直に 「お祝い金申請の条件」をしっかりとクリアしていなかっただけでしょう・・ 祝い金申請についての記事はコチラ>> というのも、私が採用担当者としてジョブメドレーさんとやり取りをしている中で感じるのは、「お祝い金は企業側が嘘をついてないかジャッジするための一つのアイテム」というものだからです。 企業がジョブメドレー経由で採用することで、ジョブメドレー側に紹介手数料が入ります。 これがジョブメドレーの事業モデルです。 ということは、企業が嘘をついて「は?採用?してませんけど。 (本当はジョブメドレー経由で採用している)」こうなってしまうと、ジョブメドレーは損をしてしまいます。 (もちろんそんな企業は規約違反ですが、それでも一定数そうした企業は絶対います。 ) こうしたリスクを少しでも減らすために、ジョブメドレーは求職者に対して「採用されたらちゃんと教えてね!お祝い金を差し上げますから!」という仕組みを作ることで、万が一、企業側が嘘をついても求職者側から「お祝い金申請」があれば裏を取れるということです! したがって、お祝い金申請の条件を満たしているにも関わらず、ジョブメドレー側がお祝い金を出し渋るというのは非常に考えにくいと言えます。 サポートについて 私はLINEでやり取りをしていたのですが、希望の求人がない場合「すぐにご案内ができない状況です」とだけ送られてきて、担当者の熱意が感じられませんでした。 結局、自分で求人を探しに行き、他の転職エージェントを利用しました。 おまけに監査の時期だからって、膨大な書類整理… 休日はタダ働き。 いい加減にしてくれ!!と思いながらも、やる人がいないんだから、やるしかないでしょ。 幸い、普段の残業代はしっかり支払われる施設なんでよかった。 その結果、低収入と言われる介護業界なのに、そこそこの給料。 でも、じゃなきゃやってられないんだけど… そんな施設で勤務を始めたきっかけが、ジョブメドレーの求人から。 専属のアドバイザーじゃないけど、電話でオペレーターが求人を探してくれるサイトでこの求人?笑 しっかりと調査してから教えてくださいよ、と思いました。 …専属じゃないから、仕方ないのかな。 それじゃ自分で求人探すほうがよかったと思います。 php? 交渉下手だからサポートのあるところとジョブメドレーに登録したのですが、スタッフあまり動いてくれません……。 仕事検索はまぁいいとしても日程調整なんかも自分でやらなきゃで、予想していたサポート体制とかなり違いがあってがっかり。 ただ、求人は条件の良い所が多いし、求人数自体他よりも多いので、施設での正社員勤務が決まるまでずっと利用していました。 情報集めにはならないけど、単純に求人を探すには良いサイトだと思います。 php? 贅沢を言うようですが、しっかり面と向かって担当者の人と顔を合わせて職探しをしたかったです。 あくまでジョブメドレーは「サーチ型求人サイト」、すなわちリクナビやエン転職と同じ形態の媒体なので、自分で探して自分で応募するという基本があります。 LINEサポートと聞くと、たしかに色々手伝ってくれると勘違いしやすいというのも否めませんが^^; 一つだけ言えるとしたら、ガッツリ転職活動をサポートしてほしいのであれば、転職エージェントを使うことが一番ということです! 求人の条件について ジョブメドレー、求人とか見やすいのは良いんだけど、給与にかなりの幅があって、すごく怖い・・・。 ちょっと来てほしいな。 」という方へはどんどんスカウトメールを送ります。 直接ジョブメドレーにメールし、対応を確認している途中。 php? 実際登録してみると、うーん…いまいちしっくりこない。 ケアマネの求人は実際に他の求人サイトよりも少し多いようにも思いますが、希望する条件を付けると、特に他と違う求人や珍しい求人(非公開のような)はないように感じました。 運営が介護や医療に強い会社だそうで、独自の情報ネットワークから求人をキャッチしてくると聞き、結構期待していたんですけど、ちょっと期待外れかなー。 施設勤務よりも、出来れば居宅事務所とかで働きたかったんだけど、そういった求人は特に少なく思います。 あとせっかく相談出来る担当がいるのに、結構その辺はノータッチ。 私はあまり関わられたくないのでいいんですけど、しっかりサポートして欲しい人には物足りないかも。 あ、LINEでやり取りが出来たりというのが特徴なのかと思うのですが、転職ってそんなにさっくり済ませられるものでもないように思ってしまいます。 色々な情報と比較検討しながらこちらも吟味するので、使いにくいというか、あまり便利なサービスだとは感じられませんでした。 なんでもLINEで済ませられる若い人向けかなーとは思いますが、転職活動ってそんな軽いノリでいいものかと、疑問に思いました。 php? よく言われるのは、「就職と恋愛は一緒。 」という言葉がありますが、ご自身がどんなに「〇〇で〇〇があって〇〇な人と結婚したいーーー!!」っと願っても、そもそも自分の周囲にそうした人がいなければ何も始まらないですし、いたとしても向こうが振り向いてくれる何かを持っていなければ、その願いは叶いません・・ 独自アンケートで聞いた「ジョブメドレーへの不満」をご紹介 それではここで、私がカツカツのお小遣いから身銭を切って取った、 「ジョブメドレーへの不満」のアンケート結果をご覧ください。 そして、それらについて現役採用担当者である私の見解も書かせてもらってます^^ 応募の返信がこない こうした口コミはよく見かけますが、 一言で言うと「そんな企業はこっちから願い下げしましょう!」ということです! 現役採用担当者の私からしてみれば、自分の企業の魅力を知ってくれて応募してくれる人材はまさに宝! 返信に1日も2日も空けるなんてもってのほかです! そうした企業さんは入社してからも、社員に対してそうした対応を取るケースが普通なので、自分だったら絶対やめときます^^; スカウトされたのに不採用になった こちらに関しては「ご縁がなかった!」としかいいようがありません・・ スカウトはあくまで企業の存在を知ってもらうこと。 その上でその方が求人内容を見てくれて、興味を持ったら応募してくれるという流れの入り口部分です。 で、裏話的なところでいうと、採用担当者はスカウトメールを送る時点では相手の住んでる場所や資格、希望条件くらいしかわかりません。。 名前すら見れないのです!(個人情報なので。 ) ですので スカウトは「相手にこちらのことを知ってもらう」と同時に、「こちらも相手のことを知るための第一歩」となります。 実際に面接に起こし頂いて、「あ、全然想像していた人と違うわぁ・・」なんてことはザラにありますし、反対に私も相手にそう思われている可能性も全然ありますよね^^; 連絡がしつこい これはめちゃくちゃ分かります! たまにどっかの企業で、こちらのタイミングも考えずやみくもに電話してくる採用担当者っています。 人が欲しいのは分かりますが、それって自分のことしか考えてないようにも見えますからね・・。 そうした企業もこちらから願い下げでいっちゃいましょう! 祝い金がもらえない 何やら先程の口コミにもありましたが、これは 「お祝い金申請」の条件に当てはまっていなかった方だけでしょう。 そう言い切れるのも、私が独自にとったアンケート結果では採用された方は皆さんお祝い金をもらってましたから^^ 不安な場合は下記の「お祝い金申請」についての記事や、私が取った独自アンケートの口コミを参考にして頂けると幸いです! 他の不安要素 その他の不安要素についても簡単にまとめました! ジョブメドレーの利用は無料? ジョブメドレーの利用は完全無料です。 企業側がジョブメドレーにお金を支払うことで運営されているので、求職者には一切お金がかかりません! いつも不採用になってしまう 正直、転職市場は「いつも採用される人はどこでもされる!」「いつも不採用の人はどこでも不採用にんりがち!」という普遍的な真理があります。 手前味噌ですが、私の働いている組織くらい柔軟で多様性を大事にしている企業であれば、他で不採用になりがちだった人でも採用になる可能性がありますが、一般的な企業だとやっぱり難しいと思います。

次の