モンスターハンター ワールド アイス ボーン 双 剣。 双剣の人気装備、スキルランキング

【アイスボーン】初心者おすすめ武器ランキング【モンハンワールド(MHW)】

モンスターハンター ワールド アイス ボーン 双 剣

飛竜刀【双紅蓮】 部位 物理 属性 合計ダメージ 頭部 31. 6 10. 6 42. 2 首 24. 3 6. 4 30. 7 胴 12. 2 4. 3 16. 5 翼脚 9. 7 12. 8 22. 5 前脚 19. 5 4. 3 23. 8 後脚 17. 5 4. 3 21. 8 翼 12. 7 6. 4 19. 1 尻尾 17. 5 4. 3 21. 8 炎斬【灼】 部位 物理 属性 合計ダメージ 頭部 36. 8 4 40. 8 首 28. 3 2. 4 30. 7 胴 14. 2 1. 6 15. 8 翼脚 11. 3 4. 8 16. 1 前脚 22. 6 1. 6 24. 2 後脚 20. 4 1. 6 22 翼 14. 7 2. 4 17. 1 尻尾 20. 4 1. 6 22 13 comments to this article• Pingback:• 初心者 on 2016年8月5日 at 9:09 AM - 太刀の気刃斬りを含めない主なコンボのモーション値は20前後ですし、気刃斬りも含めて平均考えてもモーション値は30前後になるように思います。 それを気刃大回転斬りのような太刀の中でもダメージが大きく、連続で発動できない動きのモーション値を使っては実用性の無い結果であるような気がします。 属性ダメージはモーション値に依存しないダメージであることが利点であるため、そこを考慮していないのはどうかと思います。 モーション値に依存しないという点で、手数の多い武器種と相性がいいため、ひとつの武器種 もしくはモーション値 でしか計算をしないのは実用的な結果を得られないように思います。 大剣のような手数の少ない武器はモーション値が大きく物理ダメージが勝るため恩恵を受けにくいが、双剣のような手数が多くモーションが高くない武器は恩恵を受けやすい、という結果が得られるように思います。 例えば突きだけで計算を行なっても結果は同じです。 その為、今回は真技とモーション値が大きい数字を使ったに過ぎません。 大剣のような手数の少ない武器はモーション値が大きく物理ダメージが勝るため恩恵を受けにくいが、双剣のような手数が多くモーションが高くない武器は恩恵を受けやすい、という結果が得られるように思います。 これに関してはごもっともですが今回の記事はあくまで【肉質に対する物理・属性】なので記事の趣旨とは異なってしまいます。 仮にそれを記事にする場合には全てのモンスターに対しての全ての武器で出さなければなりません。 例えば、肉質が柔らかいけど属性も通り易いモンスターの場合に手数の多い武器だとどっちの方が効果的なのかといった具合になります。 とは貴重な意見には変わりありませんので今後の参考にはさせていただきます。 初心者 on 2016年8月9日 at 9:46 AM - モーション値の低い攻撃 突きなど で検証した場合、属性攻撃はモーション値に依存しないため、属性攻撃によるダメージが、物理攻撃によるダメージより割合的に増えるため違う結果が出るような気がするのですが…… 自分の計算が間違っていなければ、突き モーション値14 で計算すると、頭部を攻撃したときのダメージはそれぞれ、 飛竜刀【双紅蓮】108 炎斬【灼】96 となり飛竜刀【双紅蓮】のほうが大きくなるような気がします。 このようにモーション値ごとに結果が変わってきてしまうので、結論で「基本的に攻撃力優先」としてしまっては「じゃあ属性って物理が効きにくいほんの一部のモンスターのためだけにあるの? 」となってしまうような気がしてしまうため、このようなコメントをさせていただきました。 」となってしまうような気がしてしまうため、このようなコメントをさせていただきました。 通りすがり on 2017年4月13日 at 3:44 PM - 太刀の武器係数3. 3が計算に含まれているのはなぜですか? クロス、ダブルクロスでは、既に武器係数で割られた数字なので必要ないはずなのですが…。 この為、実際のダメージ計算とかなり異なるので検証の意味があまりないように思います。 on 2017年4月13日 at 5:37 PM - 通りすがりさんこんにちは^^ ご指摘ありがとうございます。 少し記事が分かりにくい部分があったので修正させて頂きました。 クロス(ダブル含む)の武器係数は武器に含まれていますが武器種が違う場合に比べる場合には必要になります(手数の関係も含め) しかし今回の計算には不要でしたので削除しました。 属性の計算式はこちらの記述ミスです。 会心補正=スキルによるものと追記 一通り見やすく修正してみました。 匿名 on 2017年4月26日 at 7:44 PM - 上で既に書かれていますが、この記事では計算がモーション値100で行われているせいで、物理ダメージが過大に評価されてしまっています。 大剣のように単発強攻撃が主力となる武器ならばともかく、 太刀を含む多くの武器種においてモーション値100は現実的ではないはずです。 mhx ダメージ計算 属性 などのキーワードでググるとこの記事が1ページ目に出てきてしまい、 MHXやMHXXから入った新規さんに誤った情報を拡散してしまっています。 早めに削除もしくは全面的な修正が必要かと。 on 2017年4月26日 at 9:03 PM - 匿名さんこんにちは^^ あれ?記事修正しましたが、まだどこかおかしいですか?• あ on 2017年6月24日 at 1:52 PM - 属性攻撃はモーション値が計算にかからないのが最大のメリット。 遅くて重い攻撃でも早くて軽い攻撃でも基本的に同じダメージ。 物理のモーション値の倍率がかかってない。 故に属性攻撃より物理の方が相対的に過大に優れているように見えるので誤解を招く。 属性攻撃の切れ味補正がない。 on 2017年6月25日 at 2:51 PM - あさん こんにちは^^ ああー確かにこれだと誤解を招きますね・・・。 物理攻撃に一般的な攻撃モーションを加えて修正しました。

次の

モンハンワールドアイスボーン

モンスターハンター ワールド アイス ボーン 双 剣

鬼人化 R2• 「乱舞」は手数やダメージがとても高い攻撃ですが、途中でキャンセルできず、隙のでかい攻撃なのでしっかりチャンスを極めて使うようにしましょう。 双剣の立ち回りと使い方 手数でモンスターを圧倒しよう 「双剣」は全武器種の中でも、圧倒的に手数が多い武器です。 攻撃速度が早いだけでなく、移動速度も早いことから、火力に関しての貢献度は非常に高くなっています。 デメリットとしては、リーチが短く部位破壊が狙いづらいこと、切れ味が落ちやすいこと、防御系のアクションがないことです。 鬼人化で鬼人ゲージを溜めよう 「双剣」はスタミナを消費するかわりに、移動速度や攻撃モーションが強化される『鬼人化』を使う事ができます。 「鬼人化」中に攻撃すると鬼人ゲージが溜まり、ゲージがMAXになると「鬼人強化状態」になります。 「鬼人強化状態」になれば、通常の状態でも一部「鬼人化」アクションが使えます。 「鬼人化」中に手早くゲージを溜めたい人は、「鬼人六段斬り」がおすすめです。 鬼人強化状態を維持しよう 「鬼人強化状態」になれば、通常時でも「鬼人連斬」や「鬼人突進連斬」といった高火力の攻撃アクションが使えます。 そのため、「鬼人化」して鬼人ゲージをMAXにしたら、スタミナが切れる前に「鬼人化」を解除し、次に鬼人ゲージを消費して火力を保ちつつ、今度はスタミナを回復するというローテーションで高火力を保っていきます。 双剣の特徴 双剣の強い点 ・手数が多い ・移動速度が早い ・鬼人化で攻撃力アップ ・属性や状態異常の恩恵が高い 双剣の弱い点 ・リーチが短い ・ガード不可能 ・切れ味の消費が激しい ・鬼人化をむやみに使えない アイスボーンからの修正点•

次の

双剣の人気装備、スキルランキング

モンスターハンター ワールド アイス ボーン 双 剣

モンハン初心者に使いやすいおすすめの武器をランキング形式でまとめているので、モンハンワールドアイスボーンの初心者おすすめ武器について調べる際の参考にしてください。 初心者おすすめ武器 初心者の方におすすめの武器です。 武器そのものの強さよりも「扱いやすさ」を重視しているランキングなので注意してください。 1位:大剣 大剣は、溜め切りを使った瞬間火力が特徴の武器です。 アクションの速度は遅いですが、一発一発の火力が高く大型ボスの尻尾を部位破壊するのにも適しています。 ガードも可能ですが、ガードに成功すると切れ味が少し落ちるので注意が必要です。 大剣関連記事 2位:太刀 太刀は、初心者にも扱いアクションが魅力の武器です。 攻撃範囲が広めで、移動も軽快です。 固有の「練気ゲージ」のシステムを理解すると、火力も十分に見込めます。 1位の大剣や3位の片手剣と違ってガードはできないため、しっかりとモンスターの攻撃を回避する必要があるので注意です。 太刀関連記事 3位:片手剣 片手剣は、高い属性値と手数が特徴の武器なので、状態異常を活かした戦略が取れます。 攻撃速度が早くガードも出来るため、初心者から上級者まで使える武器です。 また、武器を構えたままアイテムが使える唯一の武器です。 片手剣関連記事 4位:スラッシュアックス スラッシュアックスは、リーチの「斧モード」と高火力の「剣モード」を使い分けることができます。 前作までのスラッシュアックスより、斧と剣の切り替えがスムーズになったため長リーチ高火力を出しやすい武器です。 スラアク関連記事 5位:操虫棍 操虫棍は、猟虫を使用しての自強化と独自のジャンプ機能で難しいと思われがちですが、全4種あるエキスは頭が攻撃、防御が胴体で足や翼が移動速度、体力回復が尻尾と大体の位置が決まっているため、難しくありません。 操虫棍のジャンプは乗りがしやすいうえに、モンスターの攻撃を避けられる利点があります。 操虫棍関連記事 6位:ライトボウガン ライトボウガンは、新アクション「滑り込み回避」で機動力がより強化され、遠距離武器の中で1番使いやすいです。 速射に対応した弾を主体で攻めることで、近接にも負けないくらいの手数で攻めることができます。 ライト関連記事 7位:弓 弓は、剛射と曲射による手数とビンによる矢の強化ができる遠距離武器です。 状態異常のビンも使用可能のため、サポートに回ることもできます。 しかし、溜め攻撃を主体で攻める弓は、溜めモーションの際には常にスタミナを消費してしまうため、スタミナ管理が重要となります。 弓関連記事 8位:ヘビィボウガン ヘビィボウガンは、高威力の弾で瞬間火力の一番高い遠距離武器です。 新アクションの特殊弾によって、更なる火力向上が見込めます。 火力の高いヘビィボウガンは機動力が低いため、扱いやすさは他の遠距離武器に劣ってしまいます。 ヘビィ関連記事 9位:双剣 双剣は機動力と手数が魅力の武器です。 鬼人化で攻撃面を強化し、モンスターに密着することで、継続してダメージを繰り出すことができます。 機動力は高いもののガードがなく、鬼人化中は常にスタミナを消費し続けるため、初心者には不向きな近接武器です。 双剣関連記事 10位:ハンマー 頭に攻撃を当てつづけることで、スタンを取れるハンマーは高火力でのけぞりに強い近距離武器です。 ハンマーは溜め攻撃を主体に立ち回るため、スタミナ管理と頭に攻撃を当てなければいけないという縛りが発生するため、初心者に不向きな近接打撃武器です。 ハンマー関連記事 11位:チャージアックス チャージアックスは長リーチや高火力、ガードができるため一見万能な武器に見えますが、火力を出すためのキャンセルルートやスタン可能攻撃が多く存在するため、扱うのが難しい武器です。 チャージアックスを使用する際は、慣れとモンスターの攻撃パターンの把握が重要となります。 チャアク関連記事 12位:ランス ランスは、ガード性能が高く被ダメージを最低限に抑えられる利点がありますが、機動性が良くないため初心者には不向きな武器です。 ランスが火力を出すためには、カウンターが必須となるため、モンスターの攻撃パターンを覚えてからの使用をおすすめします。 ランス関連記事.

次の