赤ちゃん 神社。 お宮参り・初宮参りとは?服装・時期はいつ・やり方・作法の基礎知識 [赤ちゃんの行事・お祝い] All About

お宮参りの仕方や作法がわかる》いつ・服装・着物・神社・お宮参りとは・初宮参り

赤ちゃん 神社

【PR】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 赤ちゃんが生まれてから30日目から33日目(男の子は31・32日目、女の子は32・33日目)までの間に氏神(うじがみ)様に参詣し、子供の誕生を感謝し、長寿と健康を祈る行事。 初めて赤ちゃんが氏神様に参拝することから「初宮詣(はつみやもうで)」「初宮参り」「氏子入り」とも呼ばれています。 30日から33日目とされているのは、この頃になって産婦の「産の忌」が明けるためで、それまでは氏神との対面が許されていないからとされています。 このような日にこだわることはありません。 生後30日あたりで、母子の体調良く、お天気のいい日を選べばいいと思います。 仏滅でも構いません。 母子の健康を第一に考えましょう。 赤ちゃんは父方の祖母が抱きます。 とはいっても、それぞれの家庭で事情もあると思います。 その場合は母方の祖母、父親が抱いてもかまいません。 元々は忌み明けの済んでいない母親が赤ちゃんを抱くのはよくないとされていたそうですが、産後の母親の体を気遣うという思いもあったのではないでしょうか。 「忌み」という言葉には抵抗があるかもしれませんが、素直におばあちゃんに抱っこしていただいた方がいいと思います。 ・ ・ ・ 昔、お産は汚れたものだと考えられていました・・・ 忌み明けの行事とか信仰という捉え方ではなく、子どもの幸せを願うものとして行えばいいと思います。 お参りの服装 祝い着は母方の実家が贈ります。 男の子は羽二重の紋付で鷹や鶴などのおめでたい絵柄の「熨斗目(のしめ)模様」、女の子はちりめんの花柄や友禅とされていますが、現在はそれらの和服にこだわる必要はありません。 白いセレモニードレスや普通のベビー服で構わないでしょう。 ただ、人生の大切な節目の行事なので、新しいものを身に付けさせてあげたいですね。 赤ちゃんを抱っこする父方の祖母、母親の正装は留袖です。 最近は、訪問着、色無地の方も多いようです。 もちろん洋服でもかまいませんが、カジュアルな服装は避け、きちんとしたフォーマルなスーツなどがいいでしょう。 お宮参りに付き添うのは父方の祖母、または祖父母とされていますが、母方の祖父母も一緒にお参りされてももちろんかまいません。 その際注意したいのは、双方の服装の格を合わせること。 これは大切ですよ。 お参りの仕方 神社にお参りするだけでもかまいません。 お祓いを受け、祝詞(のりと)をあげていただく場合は、あらかじめ神社に予約をしておきます。 御祈祷の謝礼は、金額を明示しているところとそうでないところと様々ですので、事前に確認しておきましょう。 目安としては、3000円〜1万円くらい。 御祝儀袋(紅白の蝶結び、熨斗はなくてもかまいません)や白封筒の上の段に「初穂料」、下の段に赤ちゃんの名前を書き、お渡しします。 神社からいただいたお札やお守りは、家の神棚にお供えしましょう。 初穂(はつほ) その年最初に実った稲穂や最初に収穫した穀物や野菜、果物のことを初穂といい、毎年神仏に奉納されてきました。 お祝いの仕方 今は特に決まりはありません。 お参りが済んだ後、家庭でお赤飯などお祝いの料理を用意して家族でお祝いしてもいいですし、食事に出掛けてもいいでしょう。 それぞれの家庭で自由な形でお祝いをしたらいいと思います。 地域によっては、今も挨拶回りなどのしきたりが残っているところもあるようです。 後で困らないように、事前に目上の方に教えていただきましょう。 関連書籍 武光誠 著/角川学芸出版 古くから伝わる決まりごとやしきたり、作法などを詳しく解説。 出産や子どもに関するお祝い事についても書かれています。 おーなり由子 著/新潮社 1日1ページ、絵日記のように季節を綴ったエッセイ。 下の欄には「何の日」や季節の行事、豆知識も書かれています。 常にそばにおいて、毎日読みたい本です。 中川政七商店 編集/PHP研究所 古くから大切にしてきた年中行事や風習、歳時記と共に中川政七商店が選んだ、実用的で趣たっぷりの道具などが紹介されています。 暮らし方をちょっと見直してみたくなる一冊。 白井明大 著/東邦出版 二十四節気をさらに3つに分けたものを七十二候といいます。 その七十二の季節を旧暦の暮らしをテーマに紹介しています。 石田結実穂 監修/マイナビ出版 京都の老舗絵具屋の十代目で日本の伝統色を活かした胡粉ネイルを開発した石田さんが監修。 色や色名と共にそのルーツなどがとてもやさしい文体で紹介されています。 Copyright C 2005-2020 koyomigyouji. All Rights Reserved.

次の

2020年開催中止!川越市 北本市 幸手市 浅間神社の初山 前玉神社は予約制

赤ちゃん 神社

【PR】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 赤ちゃんが生まれてから30日目から33日目(男の子は31・32日目、女の子は32・33日目)までの間に氏神(うじがみ)様に参詣し、子供の誕生を感謝し、長寿と健康を祈る行事。 初めて赤ちゃんが氏神様に参拝することから「初宮詣(はつみやもうで)」「初宮参り」「氏子入り」とも呼ばれています。 30日から33日目とされているのは、この頃になって産婦の「産の忌」が明けるためで、それまでは氏神との対面が許されていないからとされています。 このような日にこだわることはありません。 生後30日あたりで、母子の体調良く、お天気のいい日を選べばいいと思います。 仏滅でも構いません。 母子の健康を第一に考えましょう。 赤ちゃんは父方の祖母が抱きます。 とはいっても、それぞれの家庭で事情もあると思います。 その場合は母方の祖母、父親が抱いてもかまいません。 元々は忌み明けの済んでいない母親が赤ちゃんを抱くのはよくないとされていたそうですが、産後の母親の体を気遣うという思いもあったのではないでしょうか。 「忌み」という言葉には抵抗があるかもしれませんが、素直におばあちゃんに抱っこしていただいた方がいいと思います。 ・ ・ ・ 昔、お産は汚れたものだと考えられていました・・・ 忌み明けの行事とか信仰という捉え方ではなく、子どもの幸せを願うものとして行えばいいと思います。 お参りの服装 祝い着は母方の実家が贈ります。 男の子は羽二重の紋付で鷹や鶴などのおめでたい絵柄の「熨斗目(のしめ)模様」、女の子はちりめんの花柄や友禅とされていますが、現在はそれらの和服にこだわる必要はありません。 白いセレモニードレスや普通のベビー服で構わないでしょう。 ただ、人生の大切な節目の行事なので、新しいものを身に付けさせてあげたいですね。 赤ちゃんを抱っこする父方の祖母、母親の正装は留袖です。 最近は、訪問着、色無地の方も多いようです。 もちろん洋服でもかまいませんが、カジュアルな服装は避け、きちんとしたフォーマルなスーツなどがいいでしょう。 お宮参りに付き添うのは父方の祖母、または祖父母とされていますが、母方の祖父母も一緒にお参りされてももちろんかまいません。 その際注意したいのは、双方の服装の格を合わせること。 これは大切ですよ。 お参りの仕方 神社にお参りするだけでもかまいません。 お祓いを受け、祝詞(のりと)をあげていただく場合は、あらかじめ神社に予約をしておきます。 御祈祷の謝礼は、金額を明示しているところとそうでないところと様々ですので、事前に確認しておきましょう。 目安としては、3000円〜1万円くらい。 御祝儀袋(紅白の蝶結び、熨斗はなくてもかまいません)や白封筒の上の段に「初穂料」、下の段に赤ちゃんの名前を書き、お渡しします。 神社からいただいたお札やお守りは、家の神棚にお供えしましょう。 初穂(はつほ) その年最初に実った稲穂や最初に収穫した穀物や野菜、果物のことを初穂といい、毎年神仏に奉納されてきました。 お祝いの仕方 今は特に決まりはありません。 お参りが済んだ後、家庭でお赤飯などお祝いの料理を用意して家族でお祝いしてもいいですし、食事に出掛けてもいいでしょう。 それぞれの家庭で自由な形でお祝いをしたらいいと思います。 地域によっては、今も挨拶回りなどのしきたりが残っているところもあるようです。 後で困らないように、事前に目上の方に教えていただきましょう。 関連書籍 武光誠 著/角川学芸出版 古くから伝わる決まりごとやしきたり、作法などを詳しく解説。 出産や子どもに関するお祝い事についても書かれています。 おーなり由子 著/新潮社 1日1ページ、絵日記のように季節を綴ったエッセイ。 下の欄には「何の日」や季節の行事、豆知識も書かれています。 常にそばにおいて、毎日読みたい本です。 中川政七商店 編集/PHP研究所 古くから大切にしてきた年中行事や風習、歳時記と共に中川政七商店が選んだ、実用的で趣たっぷりの道具などが紹介されています。 暮らし方をちょっと見直してみたくなる一冊。 白井明大 著/東邦出版 二十四節気をさらに3つに分けたものを七十二候といいます。 その七十二の季節を旧暦の暮らしをテーマに紹介しています。 石田結実穂 監修/マイナビ出版 京都の老舗絵具屋の十代目で日本の伝統色を活かした胡粉ネイルを開発した石田さんが監修。 色や色名と共にそのルーツなどがとてもやさしい文体で紹介されています。 Copyright C 2005-2020 koyomigyouji. All Rights Reserved.

次の

赤ちゃんのお宮参りとは~いつ?服装は?神社に払うお金は?~|cozre[コズレ]子育てマガジン

赤ちゃん 神社

お宮参りと氏神様 氏神様とは、住んでいる土地の人々を守っている神様のことをいいます。 産土神(うぶすながみ)とも呼ばれます。 生まれた土地の守り神のことをさします。 生まれた土地の守神にお参りすることをさします。 お宮参りと水天宮について 赤ちゃんの誕生を祝い、健康と長寿を祈る儀式をお宮参りと言います。 上記で述べたように、赤ちゃんが生まれた土地の守り神である産土神様にお参りするのが一般的なのですが、このお宮参りの際に、お母さんの安産のお礼参りも兼ねてお参りをする風習もあります。 安産の神様といえば水天宮が良く知られていますね。 水天宮には安産、子育ての神様という信仰があるため、全国各地の水天宮に安産のお礼と、赤ちゃんの健やかな成長を祈るお宮参りを合わせて一緒にお参りする風習があります。 赤ちゃんやお母さんの体調と相談して、良い日を選んで下さい。 特別に大袈裟に考えずに、家族皆で近くの神社(氏神様)に、赤ちゃんと一緒にお参りし、健康と長寿を祈る儀式と考えて下さい。 [男の子は生後31日目] [女の子は生後32日目] お宮参りの時期は、正式には男の子は生後31日目、女の子は生後32日目とされていますが、これらにこだわらずに柔軟に考えて下さい。 例えば昨年(2013年)お宮参りをした筆者の親族の例(関東地区)では、お宮参りは生後1ヶ月を過ぎてから、生後2ヶ月までの間の土日のうち、お日柄の良い日を選んで、赤ちゃんと両親と両家の祖父母とで神社にお参りをしました。 このように「時期」に関しては柔軟に考えて良いでしょう。 土日を選んだのは赤ちゃんの父親の仕事の都合です。 平日でももちろん構いません。 赤ちゃんやお母さんの健康に配慮し、お天気の良い日なら、なお良いですね。 [お宮参りはいつまで?いつまでに] お宮参りを生後何ヶ月までにしなくてはならないという決まりはありません。 赤ちゃんとママの体調を優先して日取りを決めます。 また真夏の暑い時期を避けたり、冬生まれの子は冬場の厳寒期を避けたりずらしたりすることもあります。 ご家族で良く話し合って生後六ヶ月くらいまでの間にお参りしましょう。 [お宮参りと春・夏・秋・冬] お宮参りの季節(春・夏・秋・冬)に決まりはありません。 しかし例えば真夏の猛暑日、あるいは真冬の厳寒期にお宮参りをするのは赤ちゃんにとってもお母さんにとっても身体に負担がかかります。 暑さや寒さが特に厳しを避けたり、時期をずらしても良いのです。 北海道や新潟の雪深い地域などでは厳寒期を避けお宮参りをずらすことも多いようです。 [お宮参りと大安] 最近は六曜(大安・仏滅などのお日柄)を気にせず赤ちゃんやママの体調や、赤ちゃんの両親(および祖父母)の仕事がお休みの日を選んでお宮参りをするご家族が多いのですが、お日柄にこだわり、大安の日にお宮参りをするご家族もいらっしゃいます。 お日柄としては、大安はもちろん最良の日ですが、他に友引、先勝の日の午前、先負の日の午後などが好まれます。 おさい銭をあげ、鈴を鳴らし、2礼する。 その後、大きくかしわ手を2回打ち、1礼。 このページの次項で説明していますのでご参照下さい。 初詣などでも同様です。 ニ拝二拍手一拝とも言います。 (先日NHK-TVで得た情報ですが、「礼」は浅いおじぎであり、より深いおじぎが「拝」だそうです。 ニ拝二拍手一拝のほうが、より心のこもったお参りとなるそうです。 七五三の際には昔はお参りのあとで千歳飴を持って挨拶まわりをしました。 犬張子(いぬはりこ)はお産の軽い犬にあやかって安産祈願にも用いられますが、魔除けとしてお宮参りのお祝いに贈られることもあります。 お宮参りのお祝いに贈る際には、でんでん太鼓とセットにして販売しているものを良くみかけます。 「お宮参り」というひとつの節目に一同が顔を揃えてお祝いをすることに意義があります。 お店側でお部屋や献立に気を配ってくれることがあります。 また、家に戻ってからみんなでゆっくり食べられるように仕出しの祝い膳を予約手配しておくという手もあります。 もちろん家庭で手作り料理(お赤飯など)でお祝いをしても構いません。 (2-3)お宮参りの服装 ポイント お宮参りの服装お宮参りには、正式には妻の実家が送った祝着を着せます。 レンタル(貸衣装)を賢く利用するのも良いでしょう。 備考 【両親・祖母、正式なお宮参りの着物】 赤ちゃんが、きちんとした祝着なら、おばあちゃんや両親の服装もしきたりどおりに留め袖などの正装になります。 しかし、最近では色無地(着物)、訪問着など、略礼装でも充分です。 両親と赤ちゃんだけでお宮参りをする場合は、父親がスーツで、母親が色無地(着物)などになります。 上記はお宮参りの正式な服装を知りたい方のためにご紹介しましたが、「お父さんはスーツ、お母さんはスーツまたはワンピース」といった具合に、両親の服装の格のバランスが取れていれば良いでしょう。 あまり堅苦しく考える必要はありません。 慣れない着物を着て出歩くのは結構疲れるものです。 お母さんの体調を優先して下さい。 赤ちゃんが着る祝着は「お宮参り」のときに1度しか着ませんのでもったいない気がしますね。 ベビードレスは、その後もちょっとしたお出かけに着られるものを選ぶのが実用的です。 生まれて来た赤ちゃんがお金に困らないようにという願いがこめられているそうです。 地方によっては、扇子や犬張子なども一緒にぶら下げてお参りをする地域があります。 地元の年配の方に相談する等、その地域の風習に従って下さい。 上記では、代表的な風習として「お祝いとは別に渡す」と書きましたが、お祝いの代わりに渡す地域もあるようです。 ひとつは、近所の人や親族の家からのお祝いとして「鈴木」「佐藤」など贈り主の姓を書くというもの。 こちらのタイプの書き方が一般的です。 もう一つは、生まれた赤ちゃんに対して、周りの子どもがあげるお祝いということから親戚の子どもたちの名前を書くというものです。 関西地区では、お宮参りのセットの中に「紐銭」も入れて販売されていることもあるようです。 3.お宮参りの際の、神社へのお礼・費用 お宮参りの費用 お宮参りの費用の主なものは以下のとおり。 このときに渡す神社への謝礼について(3-1)(3-2)で解説します。 「お宮参りの、神社へのお礼」 のし袋・熨斗袋の書き方 (3-1)表書きの書き方、神社へのお礼 初穂料は誰が支払払う お宮参りのマナーとポイント 表書きの書き方 神社へのお礼はのし袋か白い封筒に入れる祝詞(のりと)をあげていただいた場合には、そのお礼として白い封筒か、のし袋にお金を入れて用意します(現金を包みます)。 のし袋の表書きは、「御初穂料」「御玉串料」「御礼」などとし、下段は赤ちゃんの名を書きます。 読み方が難しい場合にはふりがなをふりましょう。 のし袋の場合の水引きは白赤の蝶結びのものを選びます。 【神社へのお礼・初穂料は誰が支払う?】 お宮参りの神社へのお礼・初穂料は誰が払うかの決まりはありません。 両親と赤ちゃんだけのお宮参りのときには両親が払うこともあります。 祖父母が同行する場合には父方・母方いずれかの祖父が初穂料を出すこともあります。 例えば祝い着を母方の実家で用意した場合、神社への初穂料やお祝いの食事会の費用を父方の実家が持つなど、両家で話し合って決めます。 のしの 水引きは白赤の蝶結びで「御祝」など。 できれば生後30日頃までに贈りましょう。 予算は、いただいた品の金額の半額を目安にし、紅白の蝶結びののしを用います。 上段は「内祝」下段には赤ちゃんの名を書いて品物を贈ります。 里帰り期間の長さにもよりますが 目安は5万円程度です。 妻の実家ではあってもお世話になった期間の生活費を一部でも負担するのがけじめと考えられています。 ただ、これからの子育てには大変なお金がかかります。 お返しやお礼の費用として無理をして多額の金額を用意する必要はありません。

次の