肉 豆腐 レシピ 1 位。 【まさに畑のお肉!】豆腐の冷凍保存方法と肉似せレシピをご紹介!

ハンバーグ!つくれぽ1000以上だけ【殿堂入り】人気レシピ!1位は10000越え!簡単・和風・大根おろし・煮込みなど

肉 豆腐 レシピ 1 位

豆腐を冷凍すると お肉のような食感になるのを、ご存知ですか? 精進料理でも、豆腐がお肉の代わりに使われています。 冷凍豆腐を使うとご家庭でも簡単に、 お肉を使わずに満足感のある料理が作れるのです。 木綿豆腐を使えば、鶏肉のような噛み応えのある食感になります。 絹ごし豆腐なら、湯葉を重ねたような層が出来て、木綿豆腐よりも柔らかい食感になります。 安くて栄養価の高い豆腐を、お肉の代わりに使えば、 節約やダイエットにも役立ちます。 水溶性ではない豆腐の栄養は、冷凍してもほとんど変わらないというのも嬉しいですね。 豆腐は使いやすくて栄養があり、赤ちゃんにも食べさせやすいので、 離乳食にもおすすめの食材です。 月齢に合わせて潰して冷凍した豆腐をストックしておくと、毎日の離乳食作りに重宝します。 豆腐の冷凍保存法と合わせて、肉似せレシピや便利な離乳食レシピをご紹介します。 お肉のような食感になる 豆腐を冷凍すると、お肉のような食感になります。 何度も冷凍を繰り返して乾燥させた高野豆腐(凍み豆腐)を、ご家庭で作るような感覚です。 冷凍して良く水を切ることで、スポンジのように 味が浸み込み易くなります。 料理によって、木綿豆腐と絹ごし豆腐を使い分けることで、より美味しく調理することが出来ます。 木綿豆腐は、唐揚げや煮物など、 味を浸み込ませた噛み応えがある料理におすすめです。 絹ごし豆腐は層のようになるので、角煮やとんかつなどバラ肉の代用におすすめです。 安くてカロリーの低い豆腐が、お肉の代用になるということは、嬉しいメリットですね。 長期保存できる 豆腐の賞味期限は開封後2日が目安とされていますが、冷凍すると 1ヶ月位は、保存することができます。 日持ちのしない豆腐は、安売りをしていても、沢山買い込むことが出来ません。 冷凍保存をすれば、安い時に沢山買うことが出来るようになりますね。 食感は変わってしまいますが、色々な料理に使うことが出来るので、節約にも繋がります。 解凍方法 冷凍した豆腐は、解凍して水気を切って使って下さい。 パックのまま冷凍した豆腐は、自然解凍するか、パックのまま熱湯に5分程浸して、解凍します。 切ってから冷凍した豆腐は、煮物や味噌汁などに使うなら、そのまま調理も可能です。 肉似せ料理に使う場合には、自然解凍やお湯に浸けたりレンジを使うなどして解凍します。 水気をよく切ってから使うことで、味が浸みこみ、肉の代わりになります。 離乳食用の冷凍豆腐は、そのまま調理に使うことが出来ますが、冷凍して解凍した豆腐は、 細胞が壊れていて菌が繁殖しやすくなっています。 赤ちゃんに食べさせる時には、自然解凍は避け、一度加熱してから冷まして食べさせて下さい。 冷凍豆腐の保存期間 冷凍した豆腐の保存期間は、 1ヶ月程度です。 冷凍と解凍を繰り返すことで、食中毒菌が発生してしまうことがあるので、 一度解凍した豆腐を再冷凍するのは止めましょう。 解凍した豆腐は、その日のうちに調理して下さい。 >> >> >> 〈材料3~4人分〉 ・冷凍豆腐(木綿がおすすめです) 2. 3)ポリ袋に小麦粉と片栗粉を1:1の割合で入れて、軽く混ぜ合わせます。 4)3)に2)の豆腐を一度に揚げる分量ずつ入れて、粉をまぶします。 6)豆腐がなくなるまで、4)と5)の作業を繰り返して、すべて揚げれば出来上がりです。 カリッと仕上げたい方は、2度揚げして下さい。 7)豆腐のカスが沢山残っているようなら、汁を捨てて粉を入れ、大きめのスプーンですくって揚げます。 あまり動かさないようにして、火力は強めの方がまとまり易いです。 2)玉ねぎをみじん切りにして、油を引いたフライパンで炒めて、粗熱を取っておきます。 3)材料をすべてボールに入れて、手でこねたら、5等分にして、形を整えます。 4)油を引いたフライパンを中火に熱し、中火から弱火で両面に焼き色が付くまで焼きます。 5)お皿に盛り付けたら、出来上がりです。 洋風ソースや和風ソースなどお好みの味付けで、頂いて下さい。 豆腐の分量を減らして挽肉を加えると、肉感が出てさらに美味しくなります。 2)残りの材料を加えて、よく練り混ぜます。 3)8等分して、厚さ1. 5cm程度の楕円形に形を整えます。 5)弱火で3分程揚げ焼きにしたら、裏返してさらに3分程加熱して、出来上がりです。 冷めても美味しく頂けますので、お弁当にもピッタリですね。 豆腐に切れ込みを入れて、チーズを挟んでチーズカツにするのも、おすすめです。 2)さつまいもは柔らかく茹でて、ペーストにします。 3)1)と2)を、レンジを使い解凍した冷凍豆腐とよく混ぜ合わせます。 滑らかな食感にしたい方は、さらにすり潰して裏ごしして下さい。 4)オクラを出し汁で茹でて種を取り、みじん切りにして、上に飾れば出来上がりです。 舌触りが気になる方は、オクラもすり潰して滑らかにして下さい。 まとめ 豆腐の冷凍保存と肉似せレシピは、如何でしたか? 水分が多く、冷凍に不向きと思われがちな豆腐ですが、食感が変わることを逆手にとれば、美味しい料理に変身します。 安くて栄養価の高い豆腐を冷凍保存して、お肉の代用にするのは、節約にもダイエットにも効果的です。 パックのまま冷凍庫に入れるだけでも出来てしまう冷凍豆腐は、簡単で便利な食材ですね。 離乳食にも使える豆腐の冷凍保存を、試してみて下さい。 まとめ 豆腐の冷凍保存と肉似せレシピは、如何でしたか? 水分が多く、冷凍に不向きと思われがちな豆腐ですが、食感が変わることを逆手にとれば、美味しい料理に変身します。 安くて栄養価の高い豆腐を冷凍保存して、お肉の代用にするのは、節約にもダイエットにも効果的です。 パックのまま冷凍庫に入れるだけでも出来てしまう冷凍豆腐は、簡単で便利な食材ですね。 離乳食にも使える豆腐の冷凍保存を、試してみて下さい。 >> >> >>.

次の

【まさに畑のお肉!】豆腐の冷凍保存方法と肉似せレシピをご紹介!

肉 豆腐 レシピ 1 位

豆腐を冷凍すると お肉のような食感になるのを、ご存知ですか? 精進料理でも、豆腐がお肉の代わりに使われています。 冷凍豆腐を使うとご家庭でも簡単に、 お肉を使わずに満足感のある料理が作れるのです。 木綿豆腐を使えば、鶏肉のような噛み応えのある食感になります。 絹ごし豆腐なら、湯葉を重ねたような層が出来て、木綿豆腐よりも柔らかい食感になります。 安くて栄養価の高い豆腐を、お肉の代わりに使えば、 節約やダイエットにも役立ちます。 水溶性ではない豆腐の栄養は、冷凍してもほとんど変わらないというのも嬉しいですね。 豆腐は使いやすくて栄養があり、赤ちゃんにも食べさせやすいので、 離乳食にもおすすめの食材です。 月齢に合わせて潰して冷凍した豆腐をストックしておくと、毎日の離乳食作りに重宝します。 豆腐の冷凍保存法と合わせて、肉似せレシピや便利な離乳食レシピをご紹介します。 お肉のような食感になる 豆腐を冷凍すると、お肉のような食感になります。 何度も冷凍を繰り返して乾燥させた高野豆腐(凍み豆腐)を、ご家庭で作るような感覚です。 冷凍して良く水を切ることで、スポンジのように 味が浸み込み易くなります。 料理によって、木綿豆腐と絹ごし豆腐を使い分けることで、より美味しく調理することが出来ます。 木綿豆腐は、唐揚げや煮物など、 味を浸み込ませた噛み応えがある料理におすすめです。 絹ごし豆腐は層のようになるので、角煮やとんかつなどバラ肉の代用におすすめです。 安くてカロリーの低い豆腐が、お肉の代用になるということは、嬉しいメリットですね。 長期保存できる 豆腐の賞味期限は開封後2日が目安とされていますが、冷凍すると 1ヶ月位は、保存することができます。 日持ちのしない豆腐は、安売りをしていても、沢山買い込むことが出来ません。 冷凍保存をすれば、安い時に沢山買うことが出来るようになりますね。 食感は変わってしまいますが、色々な料理に使うことが出来るので、節約にも繋がります。 解凍方法 冷凍した豆腐は、解凍して水気を切って使って下さい。 パックのまま冷凍した豆腐は、自然解凍するか、パックのまま熱湯に5分程浸して、解凍します。 切ってから冷凍した豆腐は、煮物や味噌汁などに使うなら、そのまま調理も可能です。 肉似せ料理に使う場合には、自然解凍やお湯に浸けたりレンジを使うなどして解凍します。 水気をよく切ってから使うことで、味が浸みこみ、肉の代わりになります。 離乳食用の冷凍豆腐は、そのまま調理に使うことが出来ますが、冷凍して解凍した豆腐は、 細胞が壊れていて菌が繁殖しやすくなっています。 赤ちゃんに食べさせる時には、自然解凍は避け、一度加熱してから冷まして食べさせて下さい。 冷凍豆腐の保存期間 冷凍した豆腐の保存期間は、 1ヶ月程度です。 冷凍と解凍を繰り返すことで、食中毒菌が発生してしまうことがあるので、 一度解凍した豆腐を再冷凍するのは止めましょう。 解凍した豆腐は、その日のうちに調理して下さい。 >> >> >> 〈材料3~4人分〉 ・冷凍豆腐(木綿がおすすめです) 2. 3)ポリ袋に小麦粉と片栗粉を1:1の割合で入れて、軽く混ぜ合わせます。 4)3)に2)の豆腐を一度に揚げる分量ずつ入れて、粉をまぶします。 6)豆腐がなくなるまで、4)と5)の作業を繰り返して、すべて揚げれば出来上がりです。 カリッと仕上げたい方は、2度揚げして下さい。 7)豆腐のカスが沢山残っているようなら、汁を捨てて粉を入れ、大きめのスプーンですくって揚げます。 あまり動かさないようにして、火力は強めの方がまとまり易いです。 2)玉ねぎをみじん切りにして、油を引いたフライパンで炒めて、粗熱を取っておきます。 3)材料をすべてボールに入れて、手でこねたら、5等分にして、形を整えます。 4)油を引いたフライパンを中火に熱し、中火から弱火で両面に焼き色が付くまで焼きます。 5)お皿に盛り付けたら、出来上がりです。 洋風ソースや和風ソースなどお好みの味付けで、頂いて下さい。 豆腐の分量を減らして挽肉を加えると、肉感が出てさらに美味しくなります。 2)残りの材料を加えて、よく練り混ぜます。 3)8等分して、厚さ1. 5cm程度の楕円形に形を整えます。 5)弱火で3分程揚げ焼きにしたら、裏返してさらに3分程加熱して、出来上がりです。 冷めても美味しく頂けますので、お弁当にもピッタリですね。 豆腐に切れ込みを入れて、チーズを挟んでチーズカツにするのも、おすすめです。 2)さつまいもは柔らかく茹でて、ペーストにします。 3)1)と2)を、レンジを使い解凍した冷凍豆腐とよく混ぜ合わせます。 滑らかな食感にしたい方は、さらにすり潰して裏ごしして下さい。 4)オクラを出し汁で茹でて種を取り、みじん切りにして、上に飾れば出来上がりです。 舌触りが気になる方は、オクラもすり潰して滑らかにして下さい。 まとめ 豆腐の冷凍保存と肉似せレシピは、如何でしたか? 水分が多く、冷凍に不向きと思われがちな豆腐ですが、食感が変わることを逆手にとれば、美味しい料理に変身します。 安くて栄養価の高い豆腐を冷凍保存して、お肉の代用にするのは、節約にもダイエットにも効果的です。 パックのまま冷凍庫に入れるだけでも出来てしまう冷凍豆腐は、簡単で便利な食材ですね。 離乳食にも使える豆腐の冷凍保存を、試してみて下さい。 まとめ 豆腐の冷凍保存と肉似せレシピは、如何でしたか? 水分が多く、冷凍に不向きと思われがちな豆腐ですが、食感が変わることを逆手にとれば、美味しい料理に変身します。 安くて栄養価の高い豆腐を冷凍保存して、お肉の代用にするのは、節約にもダイエットにも効果的です。 パックのまま冷凍庫に入れるだけでも出来てしまう冷凍豆腐は、簡単で便利な食材ですね。 離乳食にも使える豆腐の冷凍保存を、試してみて下さい。 >> >> >>.

次の

作りやすく野菜もうまい!肉豆腐のレシピ/作り方:白ごはん.com

肉 豆腐 レシピ 1 位

肉豆腐の下ごしらえ この肉豆腐は 26㎝ほどのフライパンで作る工程で紹介しています。 はじめに木綿豆腐は 1丁を8等分ほどに切って、キッチンペーパーの上にしばらく置いて水を吸わせます。 水気を切ることで煮汁が水っぽくなったりせず、味もしみ込みやすくなります。 置く時間は10分ほどでOKです。 玉ねぎは10~12等分ほどのくし切りにします。 椎茸は軸を切り落として半分に、えのき茸は石づきを切り落として食べやすい大きさに手で割いておきます。 Aの調味料(醬油大さじ5、みりんと酒が各大さじ4、砂糖大さじ2、水100ml)を合わせて箸で混ぜて軽く溶かし、フライパンを火にかける前に、切った玉ねぎを入れておきます。 フライパンを中火にかけて沸くのを待ち、煮汁が沸いたら 玉ねぎを端に寄せて牛肉を入れるスペースを作ります。 煮汁が出た空いたスペースに、牛肉を入れて箸でほぐしながら全体的に色が変わるまで火を通します。 火が通った牛肉は箸ですくい上げて取り出します。 牛肉を取り出したら、玉ねぎを端に寄せたまま豆腐をそっと入れます(玉ねぎは重なってもよいので、豆腐が重ならないように)。 豆腐がすべて入れば、上にきのこを広げるようにのせます。 きのこを上にのせて少し煮るとしんなりしてくるので、 きのこをフライパンの端や、豆腐と豆腐の隙間など、入れ込むことができる部分に入れます。 きのこがある程度煮汁に浸かれば落し蓋をします(落し蓋をすれば自然とカサは減るのですべてが浸かる必要はありません)。 蓋の下の煮汁がぐつぐつと沸く火加減で、10~12分煮ます。 10分ほど煮れば、玉ねぎやきのこもしっかりとやわらかく煮上がり、煮汁も適度に煮詰まってきます。 きのこや玉ねぎを豆腐の上に移動させ、 先に取り出しておいた牛肉を煮汁に戻し入れ、1~2分煮てしっかり温めます。 これで出来上がり、煮汁をたっぷりかけて盛り付けてください。

次の