保釈金の行方は。 保釈金は戻るのか?相場や決め方は年収?日本の最高額は芸能人?|かねろぐ

【刑事事件】 保釈金はあとで返ってくるの? 金額の相場は?

保釈金の行方は

ついにカルロスゴーン氏の保釈決定を東京地裁が出しました。 検察官は準抗告(不服申し立てのこと)をすると思いますが さすがに今回は保釈が維持され、今夜には釈放になるのではないかと思います 今回の注目点は 10億円という高額の保釈金 そして、釈放後に記者会見をするか、する場合どのようなことを話すのか という点だと思います。 カルロスゴーン氏の起訴罪名は 会社法違反(特別背任罪、法定刑は10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金またはこれらの併科) 金融商品取引法違反(有価証券報告書虚偽記載、法定刑は10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金またはこれらの併科) ですが、後者の金融商品取引法違反は、複数年にわたって行われていたという起訴内容だと思うので、「常習性」がある事案と評価されます そのため、今回は、権利保釈(刑訴法89条)ではなく、 裁判官の裁量によって保釈が認められた裁量保釈(刑訴法90条)のケースなのだと思われます。 sakura. html 保釈保証金には 被告人の裁判への出頭担保と 逃走を防止 という役割があります。 つまり、 『保釈保証金没収というプレッシャーをかけることで 被告人が逃亡したり、証人を脅したりしないようにする』 というのが保釈保証金の趣旨になります そのため、 事件の重大性、犯罪での役割、共犯者の有無、被告人の社会的地位 そして被告人の資力などを考慮して裁判所が金額を決定します。 今回のカルロスゴーン氏の事件は、 事件自体としてはまずまず重い部類ですが(懲役10年以下ですので) それよりも、カルロスゴーン氏の資力を踏まえて10億円という金額が定められたものと思われます カルロスゴーン氏の保有資産は数千億円ともいわれています このような方に対して、1000万円の保釈保証金を定めても 「それくらいのお金なら捨てて海外に逃げよう」 という考えになってしまいかねません それを防止するためにこの金額を定めたのだと思います もっともこれほどの有名人であれば、そもそも逃亡なんかできっこない 海外に行ったらすぐにバレる という側面もあるので、実際には保釈保証金没収になることは考えにくいように思います。 また保釈にあたっては 保釈の条件が付けられます ・居住地の制限 ・特定の人との面会を禁じられる ・特定の場所への立ち入り禁止 など また海外渡航には裁判所の許可が必要です これらの条件や許可に従わない場合は保釈保証金が没収される可能性があります その一方で、裁判終了までこうした問題を起こさなければ、全額返金されます。 カルロスゴーン氏は、日本の弁護士会のタレント3人を弁護人に擁立して 自身の無罪を争うスタンスです このような状況で、およそ海外逃亡などはしないでしょう。 保釈をした目的は 日常生活に戻ることと、 弁護人と好きな時間に必要なだけ打ち合わせをすること にあると思います 最後に カルロスゴーン氏は、早ければ今夜には保釈されてメディアに姿を見せることになるのではないかと思います。 保釈保証金は、 裁判所に現金をもっていく方法と 銀行口座から直接納付する方法があります 10億円ものお金なので、後者の方法で納付するのではないかと思います。 そして、恐らくもう納付の手続をしているのだと思います まだ裁判は始まったばかりですが カルロスゴーン氏vs検察庁 というこの裁判に今後も注目していきたいです。

次の

ゴーン被告の保釈金10億円の使い道や行方は?支払い方法はどうなる?

保釈金の行方は

沢尻エリカ被告が保釈金500万円納付 東京地検は6日、MDMAを所持したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された女優沢尻エリカ被告(33)を起訴した。 沢尻被告の弁護士側は保釈請求を行っていたが、 保釈金500万円で保釈が決まった。 弁護士側は現金で納付した。 先月16日の逮捕から20日。 この日、勾留期限が満期を迎え、東京地検は同罪で起訴する判断をした。 どうやら保釈金は弁護士側が支払ったようです。 SSM cobuhei 沢尻エリカの保釈金500万ってこのクラスの女優にしては安くね? — 自称アイドル 51tr0n 多くが「 安いのではないか?」という声でした。 では、これまでの有名人の保釈金を見ていきたいと思います。 ゴーン 10億円 ホリエモン 6億円 野村沙知代 5000万円 小室哲也 3000万円 羽賀研二 2000万円 押尾学 1000万円 ASKA 700万円 酒井法子 500万円 新井浩文 500万円 清原和博 500万円 ピエール瀧 400万円 小嶺麗奈 300万円 沢尻エリカの保釈金が500万円の理由! では、保釈金はどのように決まるのでしょうか? 保釈保証金の額は、 犯罪の性質及び情状、証拠の証明力並びに被告人の性格及び資産を考慮して、被告人の出頭を保証するに足りる相当な金額でなければなりません(刑事訴訟法93条2項)。 実務上は、そのほか 被告人の生活環境、身元引受人の有無などを考慮して、裁判官が決定します。 例えば、重大な犯罪を行い、それが裁判で認められる可能性が十分な場合には、実刑判決となる可能性も高まりますから、その分、裁判から逃げ出してしまおうという意欲も高まります。 このような場合には保釈保証金の額も高額となります。 また、被告人が何十億の資産を持っているのに、200万円を納付させても、被告人がそれを捨てて逃亡することも考えられますから、そのような被告人には、逃亡を躊躇させる程度の額(例えば、数千万、数億円)の保釈保証金が設定されることになります。 逆に、被告人の資産・収入が特段高額であるという事情がなく、執行猶予が見込まれる場合には、200万円から300万円程度の金額が設定されることが多いというのが一般的な感覚だと思われます。 保釈保証金は、基本的には裁判官が職権で決めるものですが、現実の問題としては、被告人又はその親族、友人等で調達することができる範囲の金額でなければ、保釈を許可されても、勾留の執行を停止できません。 そこで、実際上、弁護士は、依頼者と支払うことができる範囲を協議しておき、担当裁判官と事前に面談して、その範囲で許可が得られるよう交渉しています。

次の

保釈金に関する2つの誤解と保釈されるまでの手順|刑事事件弁護士ナビ

保釈金の行方は

保釈金 ほしゃくきん とは、被告人の身柄を一時的に解放にするために必要なお金のことです。 被告人の保釈請求に基づいて裁判所が保釈金額を決定した場合、これを裁判所に納めれば保釈が認められます。 芸能人や会社芸能人の社長などが数百万円の保釈金を支払い保釈されたというニュースを目にすると、その金額に驚く方も多いのではないでしょうか。 保釈金は高額なイメージがあるかもしれませんが、その金額はさまざまな条件によって変わっていきます。 保釈金は裁判の判決が出るまでの一時的な身柄の解放に必要なお金であり、必ず保釈が認められるものではありません。 また、高額と言われる保釈金ですが、通常は裁判が終了すると納めた全額が手元に戻ってきます。 裁判所に一時的に預けるお金という認識でよいのですが、 被告人が保釈中に保釈条件を破らないということが前提になっているため、条件に 違反すれば保釈金の全額または一部が没収されて手元に戻ってこないということもあります。 この記事では、保釈金にはどのような効果があるのか、保釈金の役割などについて解説します。 注目 保釈金とは? 保釈金とは、保釈のために裁判所に納めるお金のことです。 その金額は裁判所が決定します。 保釈金を納めることは刑事訴訟法によって定められています。 第九十三条 保釈を許す場合には、保証金額を定めなければならない。 引用元: また、保釈金を納めなければ保釈は行われません。 第九十四条 保釈を許す決定は、保証金の納付があつた後でなければ、これを執行することができない。 引用元: 保釈請求が認められる場合は裁判所から金額の指定があります。 そもそも保釈請求が認められない場合には金額の指定もされません。 保釈金の役割 保釈金を納めることで、被告人は一時的に身柄が解放されます。 身柄拘束が解かれるというだけでも保釈金を支払うことの意味は大きいですが、それ以外にも保釈金はさまざまな役割を持っています。 刑事裁判の公正・公平を維持する 被告人には裁判で判決が出るまで 推定無罪の原則がはたらきます。 推定無罪とは『 有罪の判決が出るまでは無罪として扱う』という意味を持っており、憲法上保障されている刑事裁判の原則です。 しかし、刑事被告人の多くは無罪推定を受けつつも身柄は拘束されたままです。 このような身柄拘束は刑事裁判を進める上で被告人にとって大きな足かせとなります。 また長期間の身体拘束はそれ自体が被告人への強い負担となります。 そのため、保釈金を支払って一時的な身柄解放を認めることにより被告人の負担を軽減することは、刑事裁判の公平公正を保つ上で重要といえます。 具体的不利益の解消 刑事裁判は早くても起訴されてから終了するまで2ヶ月程度はかかります。 この場合、被告人の身柄を拘束し続けることは、その日常生活に重大な支障となる可能性があります。 例えば、 長期間の身体拘束は被告人の職を奪ったり、住居の賃貸借契約を解除されたりという不利益が考えられます。 また、被告人に介護を必要とする家族や扶養の家族がいた場合、長期間の身体拘束はこれら親族への負担にもなります。 保釈によって一時的な身柄解放を認めることで、これら具体的な不利益を緩和するという効果も期待できます。 保釈金の意味 保釈が認められると被告人には保釈中に守らなければいけない条件が提示されます。 必ず裁判に参加し、理由のない欠席はしないこと• 逃走しないこと• 証拠隠滅はしないこと• 事件の加害者や被害者に害や恐怖を与えるような行動をしないこと• 保釈請求で申し出た住所ではないところに住まないこと• そのほかにも裁判所の定める条件に違反してはならない もしこの条件に違反した場合は保釈が取り消され、保釈金は全額または一部が没収されるということが刑事訴訟法で定められています。 引用元: このように保釈金には被告人の逃走や証拠隠滅を防ぐための心理的圧迫を与えるという意義があります。 北海道・東北• 中国・四国• 九州・沖縄• 保釈金の相場 もし保釈が必要となった場合に保釈金がいくら必要になるのか不安な方もいるかと思います。 法律によって下限や上限が定められているわけではないため、いくら納めればよいのかは裁判所の言い渡しがあるまで分かりません。 しかし、法律によって『金額を決める基準』は定められています。 以下がその条文になります。 第九十三条 保釈を許す場合には、保証金額を定めなければならない。 引用元: では保釈金の相場というものはいくらなのでしょうか? 金額は被告人の経済力で決まる 保釈金について『この罪を犯した人を保釈する場合、これだけの金額を支払わなければならない』というような規定はありません。 保釈金額は裁判所の裁量によって決まります。 裁判所は、『 出頭を保証するに足りる相当な金額でなければならない 引用元:刑事訴訟法第九十三条 』とされているように被告人の資産などを含めて判断し、金額を決めます。 一般的な 相場としては150~200万円程度であり、最低でも150万円ほどの保釈金を請求されることが多いようです。 犯罪の重大さも金額に関わる 『 犯罪の性質及び情状 引用元:刑事訴訟法第九十三条 』と定められているように、経済力や資産以外に、犯した罪の重さも保釈金額に反映されます。 薬物事件 薬物事件での保釈金相場は大体150万円~200万円がほとんどのようです。 しかし以下のようなケースではこれ以上の金額と判断されることがあります。 薬物を所持しただけの場合より、販売など流通にかかわった疑いがある• 薬物の所持・使用のどちらか一方で起訴された場合と、併せて起訴された場合では金額が変わることがある また、薬物の使用歴や前科がある場合は実刑判決を受ける可能性が高いことを考慮して、保釈を認められないということもあります。 痴漢 痴漢事件も上記相場と同様150~200万円程度で決まる場合が多いです。 もっとも、犯行態様が悪質であったり、罪を認めていないという場合は高額な金額を言い渡されることがあるようです。 窃盗 窃盗の場合も同じです。 窃盗を組織的に行っていたことや、前科がある場合などはこれよりも高い金額を提示される可能性があります。 このように大体150万円~200万円ほどの金額を提示されることが一般的と言えますが、多額の保釈金を支払ったとして挙げられるのが下記ニュースにもあるハンナン事件です。 総額約15億4000円を詐取するなどした。 04年12月に保釈された際の保釈保証金は20億円だった。 引用元: こちらの保釈金は20憶円とあまりにも高額であり、日本では最大の保釈金額といわれています。 北海道・東北• 中国・四国• 九州・沖縄• 保釈金が用意できないときの対処法 保釈金が用意できない場合はどうすればよいのでしょうか? 以下でお伝えします。 日本保釈支援協会から保釈金を借り入れる 日本保釈支援協会とは、保釈金の用意ができない場合に立て替えを行ってくれる一般社団法人です。 経済的な理由で保釈金を用意することができない方のために、最大500万円までの立て替えを行ってくれます。 あくまで立て替えであるため、最終的に返還された保釈金は協会に返済する必要があります。 もし保釈金が没収されれば同等額を自己資金で返済しなければなりません。 保釈金の立て替えについての条件 申請できるのは被告人以外とされているため、被告人本人は申し込むことができません。 立て替えの限度額は上記にある通り500万円です。 借入の際や裁判が終わらず契約延長が必要となった際にそれぞれ手数料が別途発生します。 利用する際は手数料などの確認をしっかりと行いましょう。 詳しい条件や手数料などは下記リンクをご参照ください。 >> 然るべき団体の保釈保証書や有価証券を差し入れる 現金以外でも保釈金の代わりになる『 保釈保証書』というものがあるのをご存知でしょうか? 保釈保証書とは保釈金の代わりとして、 現金ではなく保釈金と同等であると認められた書類を納めるという制度です。 あまり利用される制度ではありませんが、裁判所が許可する場合に限り、保釈金に替えて全国弁護士協同組合連合会や日本保釈支援協会の発行する保釈保証書を差し入れることで保釈を認めてもらうことがあります。 また、こちらも実例は少ないですが、裁判所が許可する場合に限り保釈金に替えて有価証券を差し入れるという方法もあるようです。 第九十四条 保釈を許す決定は、保証金の納付があつた後でなければ、これを執行することができない。 (引用:) 全国弁護士協同組合連合会の保釈保証書発行事業 全国弁護士協同組合連合会とは、全国各地の弁護士が属している組織のことであり、総数約3万6,100名の団体です。 全国弁護士協同組合連合会は保釈金の立て替えは行っておらず、保釈保証書発行事業のみを行っています。 この保釈保証書発行の際に行う審査基準は非公開とされていますが、収入がない場合は審査に通らないことがあるようです。 保釈保証の限度額は300万円。 被告人以外が利用可能となっています。 詳しい条件や手数料などは下記リンクをご参照ください。 >> 保釈保障支援協会の行う保釈保証書発行事業 請求できるのは被告人以外となっています。 限度額は300万円です。 詳しい条件や手数料などは下記リンクをご参照ください。 >> 保釈保証書の発行について日本保釈支援協会と全国弁護士協同組合連合会を比較した表がありますので、よろしければこちらもご参考ください。

次の