ひとりかくれんぼ。 絶対にやってはいけない…ひとりかくれんぼ

韓国ドラマ

ひとりかくれんぼ

ひとりかくれんぼとは 皆さんは巷で密かに話題になっている「ひとりかくれんぼ」をご存知でしょうか。 簡単に言えば「降霊術」という幽霊を呼び出す方法の一つです。 古くから伝わる様々な降霊術を現代の人向けにアレンジしたものがこのひとりかくれんぼで、YouTubeをはじめとして様々なメディアで紹介され大ブームになりました。 今回は、そんなひとりかくれんぼのやり方を解説します。 尚、大変危険なため実行はおすすめしません。 もし行う場合は自己責任で慎重に行ってください。 事前準備 用意するもの• ぬいぐるみ(手足があるもの)• 米(ぬいぐるみに詰める程度の量)• 爪切り• 赤い糸・縫い針• 塩水(コップ一杯)• 刃物(包丁・カッターナイフなど) 下準備• 爪を切ってとっておく。 ぬいぐるみに名前をつけておく。 塩水を作っておく。 ぬいぐるみの綿を抜き、代わりに米を詰めておく。 それを赤い糸で縫い合わせ、余った糸は周りにくくりつけておく。 (爪の代わりに髪の毛や血などを用いるのも可)• お風呂場の浴槽に水を張っておく。 手順 ひとりかくれんぼは 午前3時から開始します。 それまでに下準備は全て済ませておいてください。 尚、ひとりかくれんぼはどんな理由があっても必ず一人でおこなってください。 ぬいぐるみに向かって、「はじめは〇〇が鬼です」と3回言います。 そのままお風呂場へ行き、ぬいぐるみを沈める。 家中の照明を全て消し真っ暗の状態にして、テレビの電源をつける。 (画面は砂嵐にしておく)• 目を瞑って10秒数える。 刃物を持ち、風呂場へ行く。 風呂場まできたらぬいぐるみに向かって「〇〇見つけた」と言い、ぬいぐるみに包丁を突き刺す。 「次は〇〇が鬼」と言い、見つかりにくそうな場所に隠れます。 この時、絶対に塩水を持って行くのを忘れないように。 このタイミングで様々な怪奇現象が起こることが予想されます。 気をしっかり持ち、隠れ続けてください。 ひとりかくれんぼを終わらせる時は、持ってきた塩水を少し口に含み、ぬいぐるみを探します。 ひとりかくれんぼの注意点• 隠れる時に塩水を持って行くのを忘れないようにしてください。 忘れてしまうと安全にひとりかくれんぼを終了させることができなくなります。 家からは出ないでください。 必ず一人で行ってください。 他の部屋に家族がいるのもNGです。 危険を感じたらすぐにひとりかくれんぼを終了させてください。 その際も終了の手順は必ず守ってください。 途中で怖くなってパニックになっても、必ず手順は守ってください。 2時間以内に終わらせてください。 ひとりかくれんぼの危険性 ひとりかくれんぼは様々な怪奇現象が起こると報告されており、大変危険な降霊術です。 専門でない人が行うこういった降霊術で呼び出される霊はどこにでもいる低級の霊なので、軽はずみに呼び出してもろくなことがありません。 好奇心を満たすことは素晴らしいですが、くれぐれも慎重に行ってください。 この記事がいいなと思ったら、もよろし くお願いします!.

次の

ひとりかくれんぼとは (ゼッタイニスルナとは) [単語記事]

ひとりかくれんぼ

【注意事項】本記事で書かれている、説明のつかない現象等は時系列に多少の違いはあるものの、 すべて事実です。 そのため、掲載された情報に基づいてなされた判断により発生したいかなるトラブル・損失・損害についても、一切責任を負いません。 ご了承ください。 完全版の体験談はこちらの記事でまとめています。 ひとりかくれんぼとは? 「ひとりかくれんぼ」は降霊術の一種とされており、この降霊術を実行することによって 様々な怪奇現象が起きると言われています。 発祥は2006年4月頃、2ちゃんねるのオカルト板。 ここに詳細な方法が掲載され、ひとりかくれんぼを実行した人たちが様々な怪奇現象に遭遇していきます。 この体験談を見た読者たちが次々と検証を重ね、その結果をネットで紹介、といった流れで幅広く知られることとなったようです。 ひとりかくれんぼは、「やると死ぬ」とか「自分を呪う」とかいう噂もあります。 真実かはさておき、軽はずみに手を出すと痛い目を見るのは間違いなさそうです。 ひとりかくれんぼのやり方 ひとりかくれんぼのやり方ですが、ザックリ説明すると 「ひとり(ぬいぐるみと一緒)でかくれんぼ」するだけです。 用意するもの• 次に風呂場へ向かい、水を張った浴槽にぬいぐるみを沈めます。 部屋に戻り、家中の明かり、照明を全て消し、テレビだけ付けます。 このときテレビは砂嵐の画面にしておきます。 目を瞑って10秒数えます。 包丁、またはカッターナイフを持ちうろうろしながら風呂場へ向かいます。 別に真っ直ぐいっても大丈夫です。 雰囲気が大事です。 押し入れでもなんでもいいので隠れてください。 このとき塩水は忘れないでください。 僕はポカリスエットで代用しましたが、ちゃんと塩水のほうが良いです。 心霊現象、怪奇現象が起きるまでひたすら隠れ、待ちます。 ただし2時間以内には終わらせることが決まり。 詳しいやり方はでも説明しています。 「ひとりかくれんぼを明るく勉強したい!」って人は、を見てみてくださいね。 ちなみに、血や体液などは体毛よりも危険です。 ポイント2. 肉は「精肉バイト」の貯蔵庫から入手 当時、僕はスーパーの 精肉でアルバイトをしてたので、そこから 豚肉を少々拝借しました。 用途までは話していませんが、ちゃんと許可は取りました。 さらに、その日の晩のおかずが 鶏肉だったのでそこからもちょいと拝借。 その後、 豚肉と鶏肉をミックスしたものを用意しました。 あんまりよく混ざらなかったですけど。 ポイント3. 血は風呂場で出てきた鼻血&足の裏から採取 血は、風呂に入っているときに ちょうどよく出てきた鼻血を採取。 バイトに行く前にも、なぜか床に置いてあったカッターで 右足を怪我してしまったのでそこからも採取(ぬいぐるみに擦りつけた)しました。 もしかすると、このときから 「ひとりかくれんぼ」は始まっていたのかもしれませんね。 ついに「ひとりかくれんぼ」実行のときが訪れる ぬいぐるみは ガチャピンスタイルの「モンチッチ」を使用しました。 友人から譲り受けたものなんですが、後から聞くところによると お墓に落ちてきたやつを拾ってきたらしいです。 マジ勘弁。 先に言ってください。 通常通りにひとりかくれんぼの行程を進めていき、テレビがある 居間の押入れに退避。 携帯を片手に、 某大型掲示板で元気ハツラツと実況中継してました。 「ネタでもいいから、みんなを楽しませてやろう」と、呑気にそんなことを考えてました。 ……このときまでは。 異変1. 押入れ内に人の気配 異変が起きるのは早かった。 ふと、押入れ内に 誰かの気配を感じ、一気に鳥肌が全身に立つ。 『う、うしろに誰かいる……。 間違いねぇ』 恐怖をごまかすように携帯を一心不乱に打ち続ける僕。 自分が今置かれている状況を実況していないと、とても正気を保てそうになかったんです。 もう片方の手には 玉の入っていないエアガンが一丁。 もはや心細いってレベルじゃない。 異変2. テレビの異常 押入れ内に人の気配が感じたその直後、今度は テレビ(砂嵐モード)が異常を示し始めました。 (ザーッ)という音だったものが、 (ザッ、ザッ…ザザッ)と変わり始めて、だんだん 音が途切れるようになったんです。 この現象が起きたのは、 開始から約30分ほど経ったときのことでした。 ちょうどこのとき、外の状況を実況するために、押入れは 30cmほど開けてました。 異変3. パニック状態に陥る それからさらに 15分後。 なんとか、VIPPER掲示板の皆さんの励まし・応援などもあって少し気が楽に。 いつの間にか押入れの中の 人の気配は消えてましたね。 心に余裕も出てきたので、部屋の様子を動画で撮影しようと思った矢先……。 「ガッシャーン!カラン、カラン……」 なにやら、 台所がある方向から金属類の何かが落ちる音が。 スプーンかなにかだったのでしょうけど、この際そんなのどうでもいいです。 「ひえっ」という情けない声が素で出たのは、人生を振り返ってみてもあのときぐらいです。 もちろん 恐怖レベルは最高潮。 ほとんど パニック状態。 異変4. 塩水を忘れたことに気づく 『もう限界だ。 終わりにしよう……』 恐怖に耐えかねた僕は、ついに ひとりかくれんぼのリタイアを決意。 そのとき、 大変なことに気がつきました。 (あ、塩水忘れた) ひとりかくれんぼは 塩水がないと終わらせることができないんです。 今回が3回目となる「ひとりかくれんぼ大会」。 心のどこかに 慣れの気持ちが少なからずあったのでしょう。 結果として、それが 仇となってしまいました。 困った。 このままでは「ひとりかくれんぼ」を終わらせることができない。 異変5. 強制退場 (と、とにかく、死ぬ気で一旦押入れを出て、そ、それから——) などと考えていたら、いつの間にやら 寝落ち。 寝落ちだったのか、はたまた 気を失っていたのかは謎のままですが。 気がついた頃には、ひとりかくれんぼの制限時間である 2時間を大幅に過ぎており、一気に血の気が引きました。 『まだ、ひとりかくれんぼ終わってない』。 とにかく、いまは ひとりかくれんぼを終わらせることが先決です。 仕方がないので 塩水はなし。 裸一貫で風呂場へ向かい、ぬいぐるみに「 私の勝ち」と 3回唱えるだけ。 それで「ひとりかくれんぼ」は終わり。 楽勝です。 行きましょう。 それでも「ひとりかくれんぼ」は終わらない あらたな刺客「赤い長身の女」 意を決して風呂場へ向かう僕。 押入れから風呂場までは、廊下を一直線に 4mほど進むだけです。 余裕、余裕。 風呂場へ向かう途中、 ヤツは玄関に突如として現れた。 はっきりと。 くっきりと。 そこにいた。 赤いワンピースを着た髪の長い女が、 腰を"く"の字に曲げて立ってました。 不思議と声は出なかったです。 精神状態がすでに振り切れていたのかもしれません。 『あぁ、見ちゃった、見ちゃった』とだけ思っていたことをぼんやりと記憶してます。 この女性は、おそらく 背筋を伸ばすと6mほどにはなるのではないでしょうか。 足の大きさも 40〜50cmはあったかと。 ちなみに 裸足でした。 手足の爪も赤かったです。 そして消えた「ぬいぐるみ」 そのまま何も見なかったことにして玄関を通り過ぎ、風呂場へ直行。 しかし、またここで 新たな問題が発生。 風呂場に沈めてあるはずのぬいぐるみがどこにもいない。 ネタかと思いましたよ。 目の前で起きている状況が現実ではないような、ぐにゃあっと歪む感じ。 でも、人間ってのはすぐに冷静になるもので。 『うちの猫がどこかへ持って行ったんだ』と妙に腑に落ちてしまったんです。 むしろ、それしか考えられませんから。 それ以外に「風呂場からぬいぐるみが消える」なんてパロディみたいなことがあっちゃいけない。 それにしても 極度の水恐怖症のうちの猫は、 「水深30cmの場所にあるぬいぐるみ」を 「一体どうやって取り出した」んでしょうね? おまけに、その付近を 一切濡らさずに。 うーん、謎。 考えるのはやめたほうがいい気がした 僕は 「考えること」を放棄しました。 いくら考えても納得のいく答えは見つからないでしょうし、普通に眠いです。 この日は『すべて夢だったのだ』ということにして眠りにつきました。 その後、相次ぐ不可解な現象 その翌日から、僕は 不可解な現象に悩まされるようになります。 電車のホームから 線路に吸い込まれる感覚がしたり、 コナンくんのような少年を家や街中でたびたび目撃するようになったり。 夜の公園では、 自転車が走っていないのに車輪の音が聞こえたり、 対面で話していた友人の顔がいきなり知らないおじさんの顔に変わったり。 そんな 摩訶不思議1週間がだらーっと続きました。 よし、お祓いに行こう 『やばい、憑かれた』。 いや、これはどう考えても、間違いなく 「憑かれた」。 掲示板のプロフェッショナル(オカルトマニア)たちから強く 「お祓い」を強く勧められた僕は、ついに行動を起こします。 近所の神社や寺にかたっぱしから助けを求めに行きました。 でも、そんな 変な奴に取り合ってくれるわけもなく、どこへ行っても「家でゆっくり休みなさい」とだけ言われて帰されるだけ。 そりゃ、急に「憑かれたんです。 助けてください」なんて言っても、 ただの頭のおかしいやつですもんね。 結局、それから 一度もお祓い等には行ってないです。 しかし、数年経った現在は不可解な現象もなくなり、非常に 平穏な日常をおくってます。 あの日の「ひとりかくれんぼ」は、まだ終わってない。 緊張、 不安、 恐怖を常に受け続ける• 幻聴や 妄想が現れ、 論理的思考ができなくなる• 時間感覚、 方向感覚にも 異常が出てくる あくまで、可能性の話ですが。 普段とは違う 感覚刺激の連続、 過度な緊張状態、 疲労、そういったものが干渉しあって今回のような現象が起きてしまったんでしょう。 このときの僕は 変性意識状態 トランス状態になっていた可能性が高いですね。 ひとりかくれんぼについての詳しい考察は、で取り上げております。 よろしければそちらも参考に。 まとめ いくら遊びとはいえ、「ひとりかくれんぼ」は 精神状態をめちゃくちゃにしてしまう危険性をはらんでます。 少しでも異変を感じたらすぐに中断してください。 マジで。 本来なら、こんなものはやるべきじゃないです。 精神状態が不安定だと、些細なことでも「 なにか」と結びつけてしまいがち。 疲れたなぁ、と思ったときは素直に休みましょう。 こういった 肝試しやオカルトの類は、最悪、 日常生活にまで悪影響を及ぼすこともあるのでほどほどにしましょう。 いいことないですよ、ホント。

次の

【閲覧注意】ひとりかくれんぼ|本当に危険なやり方や「ヤバい例」まとめ

ひとりかくれんぼ

ひとりかくれんぼのネタバレあらすじ:ひとりかくれんぼ みどりは「ひとりかくれんぼ」について調べていく。 ひとりかくれんぼとは簡単に言えば幽霊とのかくれんぼである。 しかし、見つからなければこちらの勝ち。 もし見つかればそこには死が待っている。 友達の文香はケータイ小説を送ってから日に日に様子がおかしくなっていく。 そしてある日、みどりと共にひとりかくれんぼを始める。 かくれんぼに勝ったみどりは、文香の家へ向かう。 するとそこには首を吊った文香がいた。 みどりは精神がおかしくなり窓から身を投げるのだった。 ひとりかくれんぼのネタバレあらすじ:危険な遊び ある高校では3人の若者がカメラで撮影しながら「ひとりかくれんぼ」をする。 押入れに隠れていた男子を心配し電話をかけると、女の子のような声が聞こえる。 取りつけてあるカメラを覗くと男子生徒が入っていたはずの押入れから白いワンピースを着た髪の長い女が現れ、その女はカメラをじっと睨みつけた。 ひとりかくれんぼのネタバレあらすじ:ひとりかくれんぼ 学校でも家でも孤独なサツキは、そんな日々をブログに書き綴っていた。 それと同時に「孤独少女」という携帯小説も配信していた。 そんなある日、サツキは「ひとりかくれんぼ」という遊びを知る。 最初は半信半疑にやっていたのだが、次第に幽霊とのかくれんぼにスリルを感じ気づけば31回もひとりかくれんぼを行っていた。 そんなある日、ブログでひとりかくれんぼの参加者を集うサツキ。 その夜サツキはひとりかくれんぼをする。 しかしひとりかくれんぼを終了するための塩水を忘れてしまう。 ひとりかくれんぼの結末 慌てて塩水を取りに行こうとするサツキだったが、女性の幽霊に見つかってしまう。 追い込まれたサツキは幽霊に首を締められる。 恐る恐るその幽霊の顔を見るとその幽霊は自分の顔をしていた。 サツキは遠のく意識の中、ひとりかくれんぼとは自分に呪いをかける唯一の方法だった、ということに気づくのであった。 以上「ひとりかくれんぼ」あらすじ・結末でした。

次の