エーデルガルト 支援会話。 ドロテア=アールノルト (どろてああーるのると)とは【ピクシブ百科事典】

そらのうきぶくろ — ファイアーエムブレム風花雪月を5周した話

エーデルガルト 支援会話

終盤の「選択」 黒鷲編では、 終盤に「選択」を迫られます。 1回目は、 2月の散策中。 戻れません。 「帝都アンヴァルに向かうエーデルガルトに同行するか?」という選択です。 こういうの、エクシリア2みたいで大好き。 そして2回目。 「聖墓の戦い」で炎帝としての姿を現したエーデルガルト。 レアは、主人公に彼女を始末するよう命じました。 ここで選択。 黒鷲とそれ以外の学級で分岐があるとすれば、「聖墓の戦い」だろうなぁとはわかっていました。 ここでエーデルガルトの味方にならなくていつなるの?でしょうし……。 この選択肢について、「エーデルガルトを斬る」を選んだ場合の流れを見てみました。 どういった分岐をするのか、記事の最後に加筆してあります。 そして決断 「エーデルガルトを守る」選択をすると、物語がいよいよ別ルートへと動き出します。 ヒューベルトもデレます。 この選択をして直後、3月30日に日程スキップされるため、3月中の外伝出撃・散策は行えません。 これも金鹿ルートとの大きな違い。 帝国軍はガルグ=マクへ出撃するわけなので、拠点は一時的に 「仮説陣地」に。 まぁ当然ですよね。 この仮説陣地での、 スカウト組との会話が控えめに言って最高です。 ちゃんとこの場面に合わせた会話イベントを用意していたんだな……と。 黒鷲ルートでも主人公は崖下に転落して失踪するわけですが、5年後にやはり復活します。 そして、ヒロインと再会する。 彼女との支援S会話を見るためにも、エンディングまで突っ走るしかない。 あ、ちなみにエーデルガルトは女性主人公(ベレス)との支援Sもあるっぽいですよ。 (加筆)別の選択肢だと…… 「黒鷲の学級ルート」では、• エーデルガルトと共闘するルート(紅花の章)• エーデルガルトと敵対、「新生軍」で戦うルート 銀雪の章 の2つに分岐することが確認できました。 各ルートの詳細については、攻略を進めてみないとわかりません。 急に2つもルートが現れたので、どう進めたものかと混乱しているところです……。

次の

エーデルガルト=フォン=フレスベルグ (えーでるがるとふぉんふれすべるぐ)とは【ピクシブ百科事典】

エーデルガルト 支援会話

支援値・支援レベルは2キャラクター間で共有するパラメータ。 支援レベルが上がると戦闘で様々な効果が発動する。 支援レベルが上がるごとに支援会話(イベント)を見ることができる。 支援値の獲得手段• 会話の選択肢• 散策中の「食事」• 散策中の「料理」• 散策中の「合唱練習」• 散策中の「教員研修」• 散策中の「お茶会」• 散策中の「贈り物」• 散策中の「落とし物」• 散策中の「入浴」• 誕生日のプレゼント(お花)• 支援会話• 個別指導• 戦闘中の各種行動 相性補正• 主人公を含まない各キャラ間の支援値は獲得時に補正が掛かる。 後述の「相性表」の補正を最後に掛ける。 75倍• 90倍• 05倍 支援レベルと必要支援値 会話の選択肢• ハートが出なかった場合は0 投書• 基礎値:300• 得意補正:得意なら「2」不得意なら「0. 特別な条件:日付で固定されているもの。 教員研修• 食事で獲得できる支援値には複数の要素が影響します。 参加しているキャラクターの得意・不得意。 日付(イベント)に固定された特別な補正。 不得意:0• 普通:1• 得意:2• イベント:1• 評価値は食事に参加したキャラクターの合計 評価値 0-1 2 3 4-5 6 今日のメニュー 0 50 100 150 300 オーダーメニュー 0 100 200 300 600• 評価値に応じた支援値を主人公を含む3人が獲得• オーダーメニューは今日のメニューの2倍 お茶会で獲得できる支援値• お茶会に誘うには支援レベルC以上になる必要がある。 誘った時に断られることもある。 判定はコマンド選択時でセーブロードでやり直せる。 お茶会で獲得できる支援値は盛り上がりで変化する。 お茶選び• 選択肢1回目• 選択肢2回目• 選択肢3回目• 選択肢4回目• これら5回の内に4回キャラクターが喜ぶ選択肢を選ぶとPERFECTになる。 選択肢については「」のページに正解をまとめています。 お茶会中の贈り物• お茶会でPERFECTを出すと贈り物を渡すことができる。 戦闘中に獲得できる支援値• 戦闘中もハートが出た場合は支援値を獲得できる。 散策中に獲得できる経験値と比べて少ないのが特徴。 副官に設定したキャラクターはあまり支援値を獲得できないので、課題協力で選んだキャラクターはユニットとして配置するのが良い。 基礎値:50• キル補正:敵を倒した場合は「2」それ以外は「1」• 連携補正:? 副官補正は「いつハートが出るのか?」がはっきりしていないのでもう少し上がるかもしれません。 主人公が7回攻撃を仕掛けて200未満だったのを確認したので、効率が悪いのは確かです。

次の

そらのうきぶくろ — ファイアーエムブレム風花雪月を5周した話

エーデルガルト 支援会話

終盤の「選択」 黒鷲編では、 終盤に「選択」を迫られます。 1回目は、 2月の散策中。 戻れません。 「帝都アンヴァルに向かうエーデルガルトに同行するか?」という選択です。 こういうの、エクシリア2みたいで大好き。 そして2回目。 「聖墓の戦い」で炎帝としての姿を現したエーデルガルト。 レアは、主人公に彼女を始末するよう命じました。 ここで選択。 黒鷲とそれ以外の学級で分岐があるとすれば、「聖墓の戦い」だろうなぁとはわかっていました。 ここでエーデルガルトの味方にならなくていつなるの?でしょうし……。 この選択肢について、「エーデルガルトを斬る」を選んだ場合の流れを見てみました。 どういった分岐をするのか、記事の最後に加筆してあります。 そして決断 「エーデルガルトを守る」選択をすると、物語がいよいよ別ルートへと動き出します。 ヒューベルトもデレます。 この選択をして直後、3月30日に日程スキップされるため、3月中の外伝出撃・散策は行えません。 これも金鹿ルートとの大きな違い。 帝国軍はガルグ=マクへ出撃するわけなので、拠点は一時的に 「仮説陣地」に。 まぁ当然ですよね。 この仮説陣地での、 スカウト組との会話が控えめに言って最高です。 ちゃんとこの場面に合わせた会話イベントを用意していたんだな……と。 黒鷲ルートでも主人公は崖下に転落して失踪するわけですが、5年後にやはり復活します。 そして、ヒロインと再会する。 彼女との支援S会話を見るためにも、エンディングまで突っ走るしかない。 あ、ちなみにエーデルガルトは女性主人公(ベレス)との支援Sもあるっぽいですよ。 (加筆)別の選択肢だと…… 「黒鷲の学級ルート」では、• エーデルガルトと共闘するルート(紅花の章)• エーデルガルトと敵対、「新生軍」で戦うルート 銀雪の章 の2つに分岐することが確認できました。 各ルートの詳細については、攻略を進めてみないとわかりません。 急に2つもルートが現れたので、どう進めたものかと混乱しているところです……。

次の