村田陽一。 村田 陽一(ムラタ ヨウイチ)とは

Yoichi Murata with Ivan Lins 《Janeiro》|村田陽一|note

村田陽一

人物 [ ] を中心にしながらもからまで幅広いジャンルで活動するミュージシャン。 これまでに、の、など様々なバンドに在籍。 近年は「村田陽一SOLID BRASS」、「村田陽一ORCHESTRA」、「村田陽一HOOK UP」と編成の異なる三つのバンドに加え、様々な編成でのライブ活動も精力的に行っている。 また、プレイヤーとしても、無数のレコーディング・セッションに参加している。 ジャンルを問わないその活動は日本国内のみならず海外にも及び、海外遠征も、JAVA JAZZ(インドネシア)出演をはじめ多数にのぼる。 海外ミュージシャンとの共演も多く、、、、、、、ら国際的なミュージシャンと共演。 2010年にはとのコラボレーションアルバムをリリースしている。 精力的な演奏活動の一方、アレンジャーとして、 、、、、、、、、、、、、、、など数多くのアーティストを手がけている。 またクラシックや吹奏楽の分野においての作品提供も多く、山本浩一郎(首席トロンボーン奏者)、箱山芳樹(首席トロンボーン奏者)、外囿祥一郎、などに委嘱作品を提供、2009年にはアニメ「」の、そして2017年には『』の吹奏楽版の編曲を担当した。 TV番組の音楽のアレンジも多く、『』のテーマやの編曲などを担当している。 2016年のでは、使用された楽曲の一部の編曲と演奏を担当した。 ・に向け、1963年に制作された「」をリメイクした「」の楽曲アレンジを担当した。 12歳より市内のアマチュアオーケストラなどでトロンボーンを始める。 「全日本ユース吹奏楽団」の一員としてアメリカ、メキシコで演奏。 に進学。 上京を機にジャズ等のポピュラー・ミュージックに転向し、頭角を現す。 大学在学中よりプロ活動を開始。 新宿PIT-INN、六本木PIT-INNを中心に、数多くのセッションを重ねる一方、自己のバンドを率いて活動を開始する。 またやなど様々なバンドにも籍を置く。 に演奏旅行。 のホーンアレンジを担当。 トロンボーン奏者としてニューヨークの「」に出演し、 ()と共演。 公開の映画『』(監督)で音楽を担当。 トロンボーン奏者役のに演技指導も行う。 1991年• ファーストソロアルバムをリリース。 これを機に「村田陽一Solid Brass」を結成。 「村田陽一SOLID BRASS」としてで開催されたBRASS CONFERENCEに参加し「SWEET BASIL」で演奏。 また「SEIGEN ONO UNIT」として「」に出演。 翌1994年にも同ユニットで連続出演する。 1995年• 秋、主催コンサートで「SOLID BRASS」にストリングスを加えたオーケストラでアレンジを披露する。 この年から3年間にわたってのコンサートマスター、アレンジャー、音楽監督を兼務する。 6月、「ファンク」をテーマにニューヨーク、アトランタ、ロサンジェルスの世界的ミュージシャンと共にレコーディングしたソロ・アルバム『HOOK UP』をリリース。 8月『Mt. 1997年• プロデューサーとして、、橋本健次の作品を手がける。 、と共に新レーベル「3viewsレーベル」(ビクターエンタテインメント)を設立。 12月から「ずっと好きな歌」のサウンド・プロデューサーを務める(3月まで)。 ソロアルバム『ABSOLUTE TIMES』を発表。 2004年• with ブラスアートアンサンブルのレコーディング、コンサートでの編曲、指揮を担当。 2005年• 開催の愛知万博において、「布袋寅泰 with 日本フィルハーモニーオーケストラ」のコンサートの編曲と指揮を担当。 この年より数年間、FNS歌謡祭のアレンジ、演奏を担当。 2008年• 6月、ヤマハジャズフェスティバルイン浜松'08にてTribute To「ブレッカー・ブラザーズ」と銘打ってランディブレッカーとジョイントし、ライブレコーディングを行い、同年10月にリリース。 11月、のデビュー10周年記念ライブ「」に参加。 2010年• イヴァン・リンスとのコラボレーションアルバム『Janeiro』をリリース。 2011年• 『The First Live』(ポニーキャニオン)の録音に参加。 2012年• 東京ジャズにおいての、岩手ジャズにおいてのバンドのを務める。 2014年• 4-5月、福山雅治の全国ドームツアー『FUKUYAMA MASAHARU WE'RE BROS. TOUR 2014 HUMAN』に参加。 6月には海外公演『FUKUYAMA MASAHARU WE'RE BROS. TOUR 2014 in ASIA』に参加。 11-12月、椎名林檎のツアー「」 に参加。 一部楽曲のライブアレンジも担当。 2015年• 10-12月、椎名林檎のツアー「」 に参加。 全面的にライブアレンジも担当。 2016年• 閉会式フラッグハンドオーバーセレモニーの一部使用楽曲の編曲・演奏を担当。 NHK「歌謡チャリティーコンサート」「うたコン」「思い出のメロディ」オーケストラ編曲担当。 デイブグルーシンらをゲストに招いた渡辺貞夫ジャズオーケストラコンサートに於いて編曲担当。 2017年• 任天堂スーパーマリオオデッセイ主題歌 『Jump Up, Super Star! 』の編曲担当。 NHK「歌謡チャリティーコンサート」「思い出のメロディ」オーケストラ編曲担当。 都庁パブルックビューイング「スポーツ」作曲• 東京五輪音頭2010編曲• 椎名林檎「逆輸入〜 航空局 」多数 編曲 2018年• BSジャパン「おんがく交差点」編曲• 椎名林檎『椎名林檎と彼奴等の居る真空地帯』ツアー参加• 椎名林檎『 生 林檎博'18 - 不惑の余裕 -』ツアー参加 およそプログラム半分の楽曲のオーケストトラ編曲担当 2019年 2020年 所属グループ [ ] 1986年から解散まで参加。 在籍時には『裸の王様』『ニセ予言者たち』『ロビンソンの庭』『それから』()と4枚のアルバムにアレンジャー、奏者として参加。 からホーンセクションのにアンデス村田として参加。 ホーンアレンジを担当。 2008年に結成されたでの日本選手団応援を目的とするプロジェクト。 作曲家・のバンド。 菅野よう子()• 浦田恵司()• 、()• 、()• 、梯郁夫()• 、()• 、小池修、、渕野繁雄()• 荒木敏男、()• 村田陽一、広原正典、山城純子(トロンボーン)• 高桑英世、岩佐和弘、林ミカ()• 佐藤潔()• () 自身のリーダーバンド [ ] 村田陽一SOLID BRASS 村田陽一のリーダーバンド。 メンバーはライブやアルバムごとにミュージシャンを集めて活動している。 以下は過去在籍もしくは参加したことがあるミュージシャン。 ウカスカジー• 菅野よう子• 椎名林檎• SMAP• SETA• (元)• 八代亜紀• 吉田美奈子• 渡辺貞夫 ディスコグラフィー [ ] アルバム [ ] 発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考 1st 1991年 『SOLID BRASS』 CD バフアップ デビューアルバム。 演奏は村田陽一(tb, b-tb, euph)、(p-tp, tp, flh)、菅坂雅彦(tp, flh)、(tp)、(fl, b-cl, ts, bs)、竹野昌邦(cl, ts)、(ss, as)、(tuba)、佐藤潔(tuba)、(per)、(ds)、(ds)、(turntable, g)、(g)、(p)。 1991年3月録音。 2009年7月1日 VICL-70013 3 1993年11月21日 『DANCIN' to SOLID BRASS』 CD VICL-18105。 12 2008年4月19日 『4 Bone Lines Vol. 2008年6月7日 『4 Bone Lines Vol. 新録にはWIll Lee、山木秀夫、椎名林檎がゲスト参加 映像作品 [ ] 発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考 ライブ 2012年8月27日 『村田陽一ソリッド・ブラス LIVE!! ・の新商業施設「」のスペシャルムービー - テーマソングに起用された椎名林檎とによるデュエット曲「」の演奏者として出演。 関連人物 [ ] 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2014年10月16日. 2017年6月20日閲覧。 村田陽一公式 2013年8月24日. 2017年6月20日閲覧。 株式会社フェイス音楽出版 2013年8月24日. 2017年6月20日閲覧。 山野楽器 2017年6月17日. 2017年6月20日閲覧。 MusicVoice. 株式会社アイ・シー・アイ 2017年5月21日. 2017年10月25日閲覧。 2017年8月4日. 2017年10月25日閲覧。 村田陽一ツイッター公式アカウント 2010年1月26日. 2017年10月25日閲覧。 2017年4月17日. 2017年10月25日閲覧。 外部リンク [ ]• (、とともに設立した自社レーベルの公式サイト)• - 本人によるブログ• yoichimurata -•

次の

村田 陽一

村田陽一

村田 陽一 村田陽一 Youichi Murata 村田さんのことは,JazzLife誌上でも随分前から名前は知っていたのですが,実際に演奏を聞いたのは3,4年程前のことです。 その頃やっていた 「タモリの音楽は世界だ」という番組にSolidBrassで出演されていました。 それまで,SolidBrassのこともJazzLife誌上で知って いましたが,編成から「きっとマニアックな音楽に違いない。 もうちょっとまともな編成のアルバムが出たら買おう。 」等と考えていました。 それがテレビで見 たSolidBrassは滅茶滅茶かっこいいではないですか!あのときの衝撃は本当に大きなものでした。 その後はおきまりコースで,アルバムを買いライブに行きました。 ライブは神戸のチキンジョージというところでした。 エリック宮城さんはメンバーに入って いませんでしたが,とてもかっこいいライブでした。 やっぱりトロンボーン奏者がフロントに立っているアレ系のバンドは嬉しいです。 それにしても, SomeSkunkFunkでのマイケルブレッカーのソロをサックスソリにしたのもすごいですが,ライブではサックスと一緒になってブレッカーフレイズを 吹いておられたのにはまいりました。 好きなアルバム DOUBLE EDGE ブレッカーブラザーズのSOME SKUNK FUNKやタワーオブパワーのSQUIB CAKESが入っています。 僕が初めて買った村田さんのアルバムとなります。 とてもかっこいいアルバムなのですが,収録時間がとても少なくもっと聞きたい なぁという気にさせられます。 とはいえ,1番のお気に入りアルバムです。 What's Bop? ビクターエンターテイメントからの第2段です。 村上ポンタさんのトランペットには笑ってしまいましたが,変に耳に残るトランペットです。 SOLID BRASS 2 このアルバムはビクター音楽産業からの発売となっています。 どう違うのかは分かりません。 で,このアルバムがSOLID BRASSの2枚目のアルバムになるそうです。 1枚目はインディーズレーベルより出ているそうですが,廃盤になっているかも知れません。 このアルバムは電気楽器やボーカル(桑田佳祐氏も参加!)等もあり,現在のサウンドとは少し違うようです。 HOOK UP 上記3枚はいずれもソリッドブラス名義ですが,このアルバムは村田さん初のソロアルバムです。 詳しくはへ 3 views/3 views producers ポンタ氏、佐山氏と一緒に作ったレーベルの第1弾アルバムです。 詳しくはへ TIGHTNESS ソリッドブラスのアルバムです。 マーカス・ミラーをゲストに迎えたアルバムです。 マーカスのベースはかっこいいですねー。 ベスト盤ですが、新曲が3曲入ってます。 あと、曲によってはリミックスバージョン等のもあります。 SOME SKUNK FUNKのサックスソリ(マイケル・ブレッカーのソロをハーモナイズしたもの)では、ついにトロンボーンも一緒に「あの」最初から最後まで吹いちゃってま す。 よーやるわー。 まぁ、聴いてみてくださいよ。 僕は笑っちゃいました。 ( 2005. 26加筆) ABSOLUTE TIMES 村田さんの2枚目のソロアルバムです。 もう色ーんな編成のバンドでご自分が影響を受けた音楽をやっておられます。 JazzLife誌のインタビューで 「とっちらかってます?」と発言されているのは笑っちゃいましたが、確かにバラバラなんですけど妙な統一感があるというか同じ色というか、僕にはとっちら かっているようには聴こえません。 ボレロのアレンジが面白いです。 ラウンド・ミッドナイトも面白いかな。 トゥー・リトル・タイムがこの上なく心地いい。 ( 2005. 26加筆) ///.

次の

lg.ripley.cl: ジャネイロ: 音楽

村田陽一

人物 [ ] を中心にしながらもからまで幅広いジャンルで活動するミュージシャン。 これまでに、の、など様々なバンドに在籍。 近年は「村田陽一SOLID BRASS」、「村田陽一ORCHESTRA」、「村田陽一HOOK UP」と編成の異なる三つのバンドに加え、様々な編成でのライブ活動も精力的に行っている。 また、プレイヤーとしても、無数のレコーディング・セッションに参加している。 ジャンルを問わないその活動は日本国内のみならず海外にも及び、海外遠征も、JAVA JAZZ(インドネシア)出演をはじめ多数にのぼる。 海外ミュージシャンとの共演も多く、、、、、、、ら国際的なミュージシャンと共演。 2010年にはとのコラボレーションアルバムをリリースしている。 精力的な演奏活動の一方、アレンジャーとして、 、、、、、、、、、、、、、、など数多くのアーティストを手がけている。 またクラシックや吹奏楽の分野においての作品提供も多く、山本浩一郎(首席トロンボーン奏者)、箱山芳樹(首席トロンボーン奏者)、外囿祥一郎、などに委嘱作品を提供、2009年にはアニメ「」の、そして2017年には『』の吹奏楽版の編曲を担当した。 TV番組の音楽のアレンジも多く、『』のテーマやの編曲などを担当している。 2016年のでは、使用された楽曲の一部の編曲と演奏を担当した。 ・に向け、1963年に制作された「」をリメイクした「」の楽曲アレンジを担当した。 12歳より市内のアマチュアオーケストラなどでトロンボーンを始める。 「全日本ユース吹奏楽団」の一員としてアメリカ、メキシコで演奏。 に進学。 上京を機にジャズ等のポピュラー・ミュージックに転向し、頭角を現す。 大学在学中よりプロ活動を開始。 新宿PIT-INN、六本木PIT-INNを中心に、数多くのセッションを重ねる一方、自己のバンドを率いて活動を開始する。 またやなど様々なバンドにも籍を置く。 に演奏旅行。 のホーンアレンジを担当。 トロンボーン奏者としてニューヨークの「」に出演し、 ()と共演。 公開の映画『』(監督)で音楽を担当。 トロンボーン奏者役のに演技指導も行う。 1991年• ファーストソロアルバムをリリース。 これを機に「村田陽一Solid Brass」を結成。 「村田陽一SOLID BRASS」としてで開催されたBRASS CONFERENCEに参加し「SWEET BASIL」で演奏。 また「SEIGEN ONO UNIT」として「」に出演。 翌1994年にも同ユニットで連続出演する。 1995年• 秋、主催コンサートで「SOLID BRASS」にストリングスを加えたオーケストラでアレンジを披露する。 この年から3年間にわたってのコンサートマスター、アレンジャー、音楽監督を兼務する。 6月、「ファンク」をテーマにニューヨーク、アトランタ、ロサンジェルスの世界的ミュージシャンと共にレコーディングしたソロ・アルバム『HOOK UP』をリリース。 8月『Mt. 1997年• プロデューサーとして、、橋本健次の作品を手がける。 、と共に新レーベル「3viewsレーベル」(ビクターエンタテインメント)を設立。 12月から「ずっと好きな歌」のサウンド・プロデューサーを務める(3月まで)。 ソロアルバム『ABSOLUTE TIMES』を発表。 2004年• with ブラスアートアンサンブルのレコーディング、コンサートでの編曲、指揮を担当。 2005年• 開催の愛知万博において、「布袋寅泰 with 日本フィルハーモニーオーケストラ」のコンサートの編曲と指揮を担当。 この年より数年間、FNS歌謡祭のアレンジ、演奏を担当。 2008年• 6月、ヤマハジャズフェスティバルイン浜松'08にてTribute To「ブレッカー・ブラザーズ」と銘打ってランディブレッカーとジョイントし、ライブレコーディングを行い、同年10月にリリース。 11月、のデビュー10周年記念ライブ「」に参加。 2010年• イヴァン・リンスとのコラボレーションアルバム『Janeiro』をリリース。 2011年• 『The First Live』(ポニーキャニオン)の録音に参加。 2012年• 東京ジャズにおいての、岩手ジャズにおいてのバンドのを務める。 2014年• 4-5月、福山雅治の全国ドームツアー『FUKUYAMA MASAHARU WE'RE BROS. TOUR 2014 HUMAN』に参加。 6月には海外公演『FUKUYAMA MASAHARU WE'RE BROS. TOUR 2014 in ASIA』に参加。 11-12月、椎名林檎のツアー「」 に参加。 一部楽曲のライブアレンジも担当。 2015年• 10-12月、椎名林檎のツアー「」 に参加。 全面的にライブアレンジも担当。 2016年• 閉会式フラッグハンドオーバーセレモニーの一部使用楽曲の編曲・演奏を担当。 NHK「歌謡チャリティーコンサート」「うたコン」「思い出のメロディ」オーケストラ編曲担当。 デイブグルーシンらをゲストに招いた渡辺貞夫ジャズオーケストラコンサートに於いて編曲担当。 2017年• 任天堂スーパーマリオオデッセイ主題歌 『Jump Up, Super Star! 』の編曲担当。 NHK「歌謡チャリティーコンサート」「思い出のメロディ」オーケストラ編曲担当。 都庁パブルックビューイング「スポーツ」作曲• 東京五輪音頭2010編曲• 椎名林檎「逆輸入〜 航空局 」多数 編曲 2018年• BSジャパン「おんがく交差点」編曲• 椎名林檎『椎名林檎と彼奴等の居る真空地帯』ツアー参加• 椎名林檎『 生 林檎博'18 - 不惑の余裕 -』ツアー参加 およそプログラム半分の楽曲のオーケストトラ編曲担当 2019年 2020年 所属グループ [ ] 1986年から解散まで参加。 在籍時には『裸の王様』『ニセ予言者たち』『ロビンソンの庭』『それから』()と4枚のアルバムにアレンジャー、奏者として参加。 からホーンセクションのにアンデス村田として参加。 ホーンアレンジを担当。 2008年に結成されたでの日本選手団応援を目的とするプロジェクト。 作曲家・のバンド。 菅野よう子()• 浦田恵司()• 、()• 、()• 、梯郁夫()• 、()• 、小池修、、渕野繁雄()• 荒木敏男、()• 村田陽一、広原正典、山城純子(トロンボーン)• 高桑英世、岩佐和弘、林ミカ()• 佐藤潔()• () 自身のリーダーバンド [ ] 村田陽一SOLID BRASS 村田陽一のリーダーバンド。 メンバーはライブやアルバムごとにミュージシャンを集めて活動している。 以下は過去在籍もしくは参加したことがあるミュージシャン。 ウカスカジー• 菅野よう子• 椎名林檎• SMAP• SETA• (元)• 八代亜紀• 吉田美奈子• 渡辺貞夫 ディスコグラフィー [ ] アルバム [ ] 発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考 1st 1991年 『SOLID BRASS』 CD バフアップ デビューアルバム。 演奏は村田陽一(tb, b-tb, euph)、(p-tp, tp, flh)、菅坂雅彦(tp, flh)、(tp)、(fl, b-cl, ts, bs)、竹野昌邦(cl, ts)、(ss, as)、(tuba)、佐藤潔(tuba)、(per)、(ds)、(ds)、(turntable, g)、(g)、(p)。 1991年3月録音。 2009年7月1日 VICL-70013 3 1993年11月21日 『DANCIN' to SOLID BRASS』 CD VICL-18105。 12 2008年4月19日 『4 Bone Lines Vol. 2008年6月7日 『4 Bone Lines Vol. 新録にはWIll Lee、山木秀夫、椎名林檎がゲスト参加 映像作品 [ ] 発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考 ライブ 2012年8月27日 『村田陽一ソリッド・ブラス LIVE!! ・の新商業施設「」のスペシャルムービー - テーマソングに起用された椎名林檎とによるデュエット曲「」の演奏者として出演。 関連人物 [ ] 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2014年10月16日. 2017年6月20日閲覧。 村田陽一公式 2013年8月24日. 2017年6月20日閲覧。 株式会社フェイス音楽出版 2013年8月24日. 2017年6月20日閲覧。 山野楽器 2017年6月17日. 2017年6月20日閲覧。 MusicVoice. 株式会社アイ・シー・アイ 2017年5月21日. 2017年10月25日閲覧。 2017年8月4日. 2017年10月25日閲覧。 村田陽一ツイッター公式アカウント 2010年1月26日. 2017年10月25日閲覧。 2017年4月17日. 2017年10月25日閲覧。 外部リンク [ ]• (、とともに設立した自社レーベルの公式サイト)• - 本人によるブログ• yoichimurata -•

次の