コロナ 後遺症。 新型コロナの後遺症 症状と頻度は?(忽那賢志)

新型コロナの後遺症 症状と頻度は?(忽那賢志)

コロナ 後遺症

コロナ感染の後遺症? ずっと微熱が続く、ずっと経験したことのない頭痛を時折感じる、何だが息苦しいのが1カ月くらい続いている、などの症状を訴える人が増えているように感じます。 大した事のない炎症といえばそれまでですが、どこの病院に行っても異常なしと言われる、と皆が口裏を合わせたように訴えてきます。 これは何なのでしょうか? コロナウイルス感染症が蔓延して久しいですが、どうもその後遺症のような風に感じています。 後遺症??そんなことを言っている情報番組はないけど・・?と思われるかもしれません。 でもそういう番組に出てこられる先生方のところにかかられる患者さんは、軽症者の方は少ないのでしょう。 しかし私たちのような小さい診療所では、こういう症状の方を診察する機会が多いので、どうもこれはコロナウイルス感染の後で生じた、サイトカインストーム(過剰な免疫現象のことです)が何等かの理由で収まっていないのだなと推測することができます。 実際、免疫を調整するように漢方薬を使ってみると、1カ月続いた症状が1-2日で取れてしまいます。 しかしその後、数日して何かの刺激を受けたからなのか、少しだけ症状がでたり引っ込んだり。 一直線には治りませんが、不安にならない程度の症状に落ち着いていきながら治っていくのです。 「コロナウイルスに感染した覚えはない!」と皆さんおっしゃいますが、無症候性感染(症状がでない感染)でもサイトカインストームは起こりますので、決して不思議なことではないのです。 サイトによってはサイトカインストームに桂皮が有効、と書かれていることが多いですが、私はそうは思いません。 一番確実にサイトカインストームを抑えてくれるのは恐らく甘草です。 甘草+何か、ということで収まりをつけるのが有効でしょう。 あとコロナウイルス感染予防に麻黄湯が有効ともいわれていますが、まあ否定はしませんが、あまり良い方法とも思いません。 理由は割愛します。 今後はこういう患者さんが増えると思うので、今ある対策よりも、さらに良いものを考えておこうと思っています。 2020年05月08日.

次の

コロナウィルス感染後回復した人の後遺症ってあるの?

コロナ 後遺症

しかし、軽症者だからと安心はできない。 オランダでは集中治療室から出た患者約1200人のほぼ全員の肺に何らかのダメージが残った。 その一方で、集中治療を受けなかった入院患者約6000人の約半分には、今後数年間で何らかの症状が出る可能性があると現地メディア「NLタイムス」が報じている。 インタビューに応じた現地医師によると「重症化しなかった患者にも後遺症は起こりうるので、回復後に息切れがしたり、運動量の落ちた人は肺の専門医に相談した方がいい」という。 せっかく回復しても、一生にわたって息苦しさに悩まされるリスクがあるのだ。 前述の通り、新型コロナの8割は軽症か無症状であり、多くの人は、自分が感染したことに気づかず回復する。 最近、医療現場では無症状回復者に関連する、ある「異変」がしばしば確認されているという。 漢方内科と耳鼻科感染症が専門で、新中野耳鼻咽喉科クリニック院長の陣内賢さんが指摘する。 「現在、クリニックで150人ほどの疑い例を診察しました。 微熱や倦怠感、胸の痛み、息苦しさなど多彩な症状が1か月以上続いていると訴える患者さんが目立っています。 確証はありませんが、そうした患者は新型コロナに感染したのに無症状のうちに回復しており、その後遺症としてさまざまな症状が出ていると考えられます」 患者が訴える症状は、人間の免疫システムと関連する「サイトカインストーム(免疫暴走)」として説明できるという。 「サイトカインストームとは、免疫システムが過剰反応する現象のことです。 ウイルスに感染すると、体内の免疫システムがウイルスという異物を撃退しようとしますが、その際に免疫システムが正常な細胞に過剰な攻撃をすることで、微熱や頭痛などが生じます。 ポイントは、無症状の感染においてもサイトカインストームが生じる可能性があることです。 日本でも無症状の患者が市中に蔓延したとされるため、今後、そうした確定診断がつかない原因不明の症状はますます増えるかもしれません」(陣内さん) 現時点で、無症状の回復者の後遺症と推測される現象がどこまで深刻化するかは判断できないが、決して安心できるものでないことはたしかだ。

次の

【新型コロナウイルス】回復した人の中で重篤な後遺症が見つかる事例多数|ニフティニュース

コロナ 後遺症

最新の研究により、新型コロナウイルスの正体はただの肺炎ではなく、全身の血管に感染する「全身性血管炎症」であることが分かりました。 しかし感染者が増えるに従って、呼吸器系や血管系(循環系)とは異なる「神経系の症状」がみられるケースが増加しています。 そこで、複数の研究チームが新型コロナウイルスが脳に感染するかどうかを調べた結果、鼻腔や肺の神経を遡って中枢神経に到達するほか、脳関門を突破して血管から脳へ侵入する能力があることが示唆されました。 また中国では、重症化した人間の3人に1人が不注意や見当識障害から、排尿が困難になるなどの後遺症が報告されています。 脳への感染を示唆する3つの研究報告 2月27日、中国の研究者によって新型コロナウイルスが脳に感染する可能性が言及されました。 かつて流行したSARSやMERSには脳に感染することが知られており、SARSやMERSと類似点が多い新型コロナウイルスにも神経系への感染力が疑われたからです。 4月10日には、感染者の約36%で神経症の症状がみられ、そのうち68%は中枢神経にかかわる深刻な症状を発症するとの報告があがります。 特に重傷者では顕著であり、脳血管症・脳卒中・意識障害・四肢のけいれんなどが発生しました。 また、急性脳血管症で緊急搬送され後にウイルス陽性が確定した何人かの患者には、典型的な新型コロナウイルスの症状(発熱や咳など)が全くみられませんでした。 これはウイルスが呼吸器系へのダメージよりも早く、脳でのダメージを広げていたことを示唆します。 この奇妙な事例がウイルスの変異、もしくは患者の遺伝的特性によるものなのかはまだわかっていません。 しかし、もし変異によるウイルスの新たな特性であるならば、ウイルスがメインターゲットを呼吸器系や血管系から中枢神経へと切り替え、重大な強毒化が起きたことになります。 4月15日には、ウイルス感染により神経症を発生させた患者の後遺症についての研究報告もあがってきました。 この研究でも、重症患者で神経症が高い確率で発症した点に言及したほか、重症化した患者の3割が退院後も不注意や見当識障害から、トイレで排尿を正しく行えなくなるなどの、深刻な後遺症が発生したことを報告しました。 ウイルスが脳へダメージを与える仕組みとして考えられているものには、次の3パターンが存在します。 1つ目は、ウイルスが血管に感染したことで血管が損傷して血栓を生成され、それが脳血管をつまらせた可能性です。 これは現在最も広く知られている事例です。 特に生活習慣病をもつ人や高齢者など、血管が弱っている人はウイルスの血管に対する攻撃に脆弱で、より多くの血栓を生成してしまいます。 画像は人間の壊死を起こした脳。 これは新型コロナウイルスの仲間であるSARSやMERSが脳に侵入するためにとった手段と同じです。 SARSやMERSの患者の脳細胞からは実際にウイルス粒子が検出されました。 新型コロナウイルスはSARSやMERSと同じ種類のウイルスであり、ゆえに侵入方法も同じ可能性があります。 またウイルス感染により、多くの重症者から自律的な呼吸能力が失われることが知られており、呼吸を制御する脳幹にウイルスが感染している可能性も示唆されています。 そして第3には、ウイルスが脳関門を突破して血管から脳に感染した可能性があげられます。 脳関門は脳に繋がる血管のフィルターとしての機能がありますが、いくつかのウイルスは関門を突破する能力があります。 重症化したインフルエンザウイルスの感染患者では、脳関門を突破してウイルスが脳内で増殖することが知られています。 続きはソースで 引用元: インフルと新型コロナの違いは多々あるけど、その一つは免疫の効き方の違いだな。 インフルでは一旦感染して治ると抗体が出来て、同じ型のインフルには、まずかからない。 インフルでは人間の抗体が効くんだよ。 だからこそ、有効なワクチンが作れるわけだ。 ところが新型コロナの場合は、WHOも言っている通り、抗体が出来ても、 新型コロナの再燃や再感染を阻止するだけの力があるのかどうか、はっきりしない。 人間の抗体の効きが悪いんだよ。 だからワクチンが出来るかどうかも分からないし、 もしワクチンが出来て抗体を誘発したとしても、その抗体が効くかどうかも分からない。 さらに新型コロナはT細胞に感染して自爆することによってT細胞を無力化することが 知られてるけど、こんなに人間の免疫の効きが悪いウィルスは、他にはエイズしかない。 インフルと新型コロナは、全く違うもんだと思うわ。

次の