テレワーク 求人。 テレワーク・在宅勤務できる仕事を探すコツ

テレワーク、リモートワーク専門の求人現る

テレワーク 求人

シゴトバでは、育児、介護、譲れない趣味のため…様々な理由から、勤務地にとらわれない働き方がしたいという方々のために、リモートワークや在宅勤務が可能な正社員の求人を探す方法として、求人サイトの利用の仕方についてご紹介してきました。 求人サイトを利用するメリットは、 気軽さと、 求人案件の多さ、そして 無料である点です。 ただし、リモートワーク・テレワーク可能な正社員という求人はまだまだ多くはないのが現状。 また、求人サイトによって、そういった案件を探しやすいもの、探しにくいものが存在しています。 この記事では、「 リモートワークや在宅勤務が可能な正社員の求人を探す」という観点で、お薦めの求人サイト5つを厳選して紹介。 それぞれのサイトのオススメポイントと、使いこなすためのコツについて説明します。 Contents• 「リモートワークx正社員」求人を探すコツ リモートワークや在宅勤務をできる正社員の求人を探すためには、押さえておきたいポイントがいくつかありますので、ご紹介します。 検索ワードについて理解する 実は、リモートワークと似たような言葉がたくさんあります。 業種や職種、働き方によって微妙な違いがありますので、上手に検索ワードを使いこなしましょう。 「在宅勤務・在宅ワークの違い」 在宅勤務とは、その名の通り家で働く勤務形態を指します。 在宅勤務と似た言葉に、「在宅ワーク」という言葉があります。 こちらは、フリーランスや自営業の方が家で働くことを指すため、正社員案件を探す際には「在宅勤務」という言葉を使いましょう。 「リモートワーク・テレワークの違い」 リモートワークとは場所にとらわれない働き方のことであり、サテライトオフィス・シェアオフィスやカフェなど、働く場所が自宅に限定されません。 また、リモートワークとほぼ同じ意味の言葉として テレワークという言葉があります。 国は、リモートワークではなくテレワークという言葉を使用しているため、日系大企業(特に非IT系)では、「リモートワーク」ではなく「テレワーク」という言葉を使っていることが多いので、求人を探す際には気をつけましょう。 また、エンジニアやデザイナーなどの職種や、スタートアップ企業などでは、「リモートワーク」を使っていることが多いようです。 「リモートワーク ・テレワーク と在宅勤務の違い」 テレワーク・リモートワークは在宅勤務よりも広い概念です。 テレワーク・リモートワークの中には、家での就労を指す「在宅勤務型」、サテライトオフィスなどでの就労を指す「サテライトオフィス勤務型」、営業職など外勤の人が外で働く「モバイルワーク型」があり、単に「テレワーク可」や「リモートワーク可」といっても、就労条件やルールは企業によって異なるため、注意しましょう。 「フルリモートって?」 フルリモートは、「フルタイムリモート」の略で、全く出社せずに家やその他の場所で仕事をすることを指します。 逆にいうと「フルリモートOK」となっていない求人は、多くの場合週に何日かは出社する必要があります。 自分がどのように働きたいのか、をしっかり見極めるようにしましょう。 求人サイト以外の方法 求人サイト以外の正社員のリモートワーク求人の探し方や、面接の際のコツについてはこちらのページにまとめていますのでご覧ください。 想定年収や実際の働き方(自宅外でもテレワーク可能か、週何日テレワークすることができるかなど)については、求人サイトから読み取れない部分が多いのは事実です。 これらは、こちらの記事で紹介した口コミサイト等を利用して精査していきましょう。 もちろん、書類審査を経て面接が進んでいく過程で、企業側と確認していくことも重要です。 「リモートワークx正社員」おすすめ求人サイト5選 それでは、「リモートワークで正社員」な求人を探すことのできる求人サイトについてご紹介しましょう。 働き方特化型求人サイト まず紹介するのは、リモートワークや時短勤務など、新しい働き方に特化した求人サイトです。 どれも「リモートワーク」でフィルタする機能があるため、検索をしやすくなっています。 どちらも、現時点では求人数がそれほど多くないのですが、そこは今後の伸びしろに期待したいところですね。 新型コロナウイルスによる影響なのか、引き続き注目していきます。 1.Reworker Reworkerは、 株式会社キャスターによって運営されている「リモートワーク」「副業可」「フリーランス」「時短勤務」など新しい働き方の求人だけを紹介しているメディアです。 フルリモート勤務の案件を取り扱っていることが特徴ですが、残念ながら、現時点では「正社員でかつフルリモート」という絞りこみはサイトの仕様上できないようです(シゴトバ調べ)。 こちらは今後に期待ですね。 「正社員でかつリモートOK」の求人は調べることができます。 が、少し分かりづらいのでひとつひとつのステップをご紹介します。 Reworkerで「正社員」でかつ「リモートOK」の案件を探す方法 まずは「求人を探す」をクリックします。 求人一覧を見ることができます。 「リモートワーク可」や「副業OK」など、魅力的なタグがついてますね。 ここでは、「正社員」タグを探してクリックします。 正社員の案件のみに絞り込めます。 そうしたら、次は左側の「リモートワーク可」にチェックを入れましょう。 これで、正社員でリモートワーク可の求人に絞り込むことができます。 今回調べたところ、全部で65件の案件がヒットしました。 2.PARAFT PARAFTは、クラウドソーシングで知られる ランサーズ株式会社のグループ会社であるパラフト株式会社によって運営されている求人メディアです。 色々な企業の記事が読めるのですが、同時に求人の検索も可能です。 求人の検索には無料会員登録が必要です。 トップの「お仕事情報」では詳しい検索がかけられないので、サイトの一番下にある「CONTENTS」の中にある、「求人検索」を利用しましょう。 PARAFTでは、正社員でフィルタをかけることができないため、一つ一つ案件を自分で見る必要があります。 こちらのサイトは、現時点ではメディアに力を入れているようで、 求人数は少ないのですが、 一つ一つの求人情報は詳細に記載されている点は親切です。 今後の伸びしろに期待、という意味も込めて取り上げさせていただきます。 働き方特化求人サイトの特徴• 求人数は 少なめ• 正社員の案件を絞りこむにはコツが必要• 創業から間もないスタートアップやベンチャー企業では、採用力を強化するためにリモートワークやフレックス勤務などの働き方を取り入れている会社が少なくありません。 3.Wantedly ご紹介するWantedly(ウォンテッドリー)は多くのスタートアップが求人を募集しているサイトです。 エンジニアやデザイナーなど、リモートワーク率の高い職業の求人が多めなのが特徴です。 現時点では、「リモートワーク」「正社員」というフィルターは無いので、自分で検索をかける必要があります。 「リモートワーク」 x 「 正社員」 「テレワーク」 x 「 正社員」 613 37 スタートアップ系求人サイトの特徴• リモートワーク求人数は 多い!• スタートアップ業界では「テレワーク」よりも「リモートワーク」で調べた方がヒットしやすくなる。 外資系求人サイト 英語に堪能な方であれば、 日本に支社を持つ外資系企業を探してみるのもよいでしょう。 外資系企業は、リモートワークやフレックス勤務など柔軟な働き方を推奨している(もしくは文化として当たり前)ところが多い傾向にあります。 4.Glassdoor Glassdoorは、今年 リクルートホールディングスに買収された米国の求人情報検索サイトです。 現時点では日本語対応されていないので、 英語のみとなりますが、外資系企業をお探しの方には使いやすいと思います。 Glassdoorは企業の口コミサイトでもあるので、口コミを調べることもできますが、外資系企業の日本支社は独自の文化を持っていることも多いので参考程度にするべきでしょう。 外資系求人サイトの特徴• 求人数は 割と 多い• (当たり前だが)英語のみなので、英語OKな人は使う価値あり "remote work" "telework" 195 0 大手求人サイト 最後に、大手求人サイトを使う方法です。 大手求人サイトは豊富な求人数が魅力的な一方、現時点では「リモートワーク」でフィルターをかけることはできないようです。 そのため、正社員でフィルタリングしたあとに、自由フォームで「リモートワーク」「テレワーク」「在宅勤務」などの言葉で検索してみましょう。 5.Indeed Indeedは、Glassdoor同様 リクルートホールディングスに買収された米国企業ですが、すでに日本語に対応しており、日本企業も多く利用しています。 検索は自由フォームとなっており、さらに正社員のみフィルターすることができます。 「リモートワーク」で検索したのち、「正社員」でフィルターしましょう。 今回の調べでは、リモートワーク正社員の案件が最も多かったのがIndeedです。 6.求人ボックス 求人ボックスは、商品口コミサイト価格. コムを運営する カカクコムによって運営されている求人サイトです。 インターフェースはIndeedと同じく自由フォームで検索ができ、正社員のフィルターも可能です。 リモートワーク」で検索したのち、「正社員」でフィルターしましょう。 今回の調べでは、リモートワーク正社員の案件が2番目に多かったのが求人ボックスです。

次の

テレワーク、リモートワーク専門の求人現る

テレワーク 求人

派遣社員にもテレワークという働き方が浸透しつつある 少子高齢化の影響により労働人口は減りつつあります。 労働人口が減ると• 人材の確保が困難になる• より少ない人数で生産性を高める必要性• 就労時間や勤務日数の柔軟化 などの問題が出てきます。 そんな未来に備え、テレワークという働き方を派遣社員にも適用する企業が増えてきました。 派遣社員にテレワークを導入する理由には優秀ながら、プライベートな事情で正社員にはなれない人材を確保できる点にあります。 出産・子育てなど在宅勤務しかできない人• 配偶者の転勤が多く特定のオフィスに通勤できない人 上記のような理由で、派遣社員という働き方を選択する方は少なくありません。 労働人口が減る中、企業のビジョンを従来通りのスピードで達成していくには、正社員に限定することなく在宅勤務を希望する派遣社員なども取り入れていく必要があると言えます。 在宅派遣という働き方をいち早く取り入れた「パソナ」 株式会社パソナは、2015年5月より派遣社員に在宅勤務を導入しました。 各社員が繋がる「リンクワーク」という概念のもと、スカイプをはじめICT技術を活用しテレワークの懸念点であるコミュニケーション不足を最小限に留めています。 また、派遣社員や契約社員ならではの問題点である労働時間の管理や勤怠管理などは、マイクロソフト社が提供する「 労務管理ツール(PASONA Time Crowd)」を導入することで対応しました。 これにより従来は難しいとされていた派遣社員のテレワーク化に成功し、フレキシブルな働き方を実現しています。 パソナでは「在宅派遣」を実現するために以下のような導入ステップを実行しています。 リンクワークの案内• テレワーク事例の提示• 在宅派遣の条件確認と調整• 在宅勤務覚書の締結・契約書• テレワーク勤務研修• テレワーク労務管理ツールの設定 一見、難しいイメージのあるセキュリティ対策やマネージメント対策なども、ICTの技術を活用することで対応できています。 テクノロジーの活用と社内に合ったシステムの構築によって、自由度の高い働き方を実現した好例と言えるでしょう。 テレワークが可能にする派遣社員の将来性 派遣社員にテレワークを導入することで当人だけでなく企業、派遣会社にもメリットがあります。 派遣社員:通勤のストレスから解放、在宅で仕事が可能になる• 派遣会社:全国の人材が紹介対象になりマッチング精度が上がる• 派遣先企業:デスクや設備などのコスト削減、生産性向上 働く側は業務以外のストレスから解放され、仕事しやすい環境が手に入り、企業はオフィス設備のコスト削減ができ、派遣会社は人材の確保や紹介が容易になります。 ただし、テレワークをスムーズに導入するにあたって事前に準備するべきことも少なからずあるものです。 派遣会社と派遣先企業での勤務条件やツールの設定• 派遣社員へのテレワーク導入マニュアルの作成• 労働時間、衛生管理などの取り決め 上記のようにテレワーク導入にあたって事前に整えるべきインフラがあります。 パソナの事例のように在宅派遣をスムーズに導入するには、多少の試行錯誤は覚悟しておくべきと言えるでしょう。 テレワークを派遣社員にも適用できるようになれば、人材の獲得やコスト削減などの恩恵を受けられるのは確かです。 オフィスワーク固定の企業では、配偶者の転勤や介護、子育てなどの事情により「辞めたくないけど辞めるしかない」という状況がどうしても生まれてしまいます。 縮小する労働人口が心配される中、国内はもちろん海外で暮らす人の採用も視野に入れることができるテレワークは、1つの働き方として考慮すべき選択肢の1つと言えるはずです。 テレワークの派遣社員として働ける職種の一例 ここでは、すでに実例のあるテレワーク型派遣社員の職種について紹介します。 データ入力 データ入力はExcelやWordなどを活用して企業の情報を入力する仕事です。 事務・経理 事務や経理もリモートしやすい職種です。 現在では派遣社員だけでなく委託契約などで事務スタッフを募集している企業もあります。 ドキュメントファイルの電子化が進めば、多くの企業でリモート可能になる仕事になるでしょう。 エンジニア Web開発やシステム構築などを担うエンジニアもテレワーク化が進んでいる職業です。 例えば「タイ・バンコク在住で日本企業の派遣社員」という方も珍しくありません。 スキルや業務に応じて得られる賃金に幅があります。 デザイナー WebデザインやHPのバナー制作などを行うデザイナーも在宅勤務の導入が盛んな職業です。 募集企業もWeb系から建築系まで様々。 PCの1台で完結する職業なので、カフェや出先でのモバイルワークにも対応します。 マーケティング サービスの企画やプロモーションなどを担当するマーケティング部門も在宅勤務しやすい職種です。 複数の企業で派遣社員を行うパターンも多く、将来的にもニーズの多い仕事になっています。 以下に詳しく事例も載せていますのでぜひご覧ください。 テレワーク型派遣の仕事検索におすすめの「在宅派遣」 テレワークの導入が進む中、在宅勤務型の派遣社員を募集する求人サイトも増えてきました。 中でも現在頭角を現しているのが「 」です。 オンラインアシスタントサービスを提供するCasterbizが運営する案件紹介サービスで、派遣社員に特化した在宅案件が揃っています。 在宅派遣で募集している職種は• マーケティング• カスタマーサポート• 営業支援• 財務・経理• 法務 など多岐に渡ります。 在宅派遣社員を募集したい企業の方、実際に在宅派遣を始めたい方ともに簡単な登録手続きで利用できるので、興味のある方は公式サイトより詳細を確認してみてください。 まとめ テレワークをはじめフレキシブルな働き方を認める企業は、求める人材を確保しやすくなり働く側としてもストレスのない環境を構築しやすくなります。 労働人口が減りつつある今、テレワークを派遣社員に導入する企業は今後も増えていくことが予想されています。 在宅勤務を派遣社員にも適用するには、インフラづくりが欠かせません。 人によっては「そこまでしてテレワークを導入する意味はあるのか…」と感じることもあるでしょう。 しかし、運営ツールやコミュニケーションツールを活用すれば、テレワークの導入は難しいことではないのです。 多様化する働き方に対応し、各地方に散らばる優秀な人材を獲得していくためにも、テレワークという1つの働き方を検討してみてはいかがでしょうか。 今回はパソナを取り上げましたが、他にも導入企業はたくさんあります。 まとめてみましたのでぜひチェックしてみてくださいね。

次の

ノマドワークへ転職!求人はある?テレワークとの違いも紹介

テレワーク 求人

Contents• テレワークとは? テレワークとは、時間や場所にとらわれない働き方のことです。 ほぼ同じ意味の言葉として「リモートワーク」という言葉があります。 特にIT系企業では、「テレワーク」ではなく「リモートワーク」という言葉を使っている場合もありますので、注意しましょう。 また、単に「テレワーク」といっても、それが家での就労を指す「在宅勤務型」なのか、サテライトオフィスなどでの就労を指す「サテライトオフィス勤務型」なのか、営業職など外勤の人が外で働く「モバイルワーク型」なのか、企業によってその定義が異なる場合があります。 詳しくはこちらのページをご覧ください。 1分でも早くテレワークの求人を見つけて、企業と連絡をとりたい 1. 求人条件をチェック 以前紹介した求人サイトで、まず譲れない条件 お給料、職種など)でテレワークでの仕事を募集している企業を探しましょう。 でも探せます。 応募したい企業のテレワーク導入状況をチェック (1)応募したい企業が見つかったら 応募した企業が見つかったら、まずは総務省のをチェック。 「導入事例企業一覧(あいうえお・ABC順)」をクリックして、応募したい企業を探し出し、PDFファイルのリンクを開いてみましょう。 企業によって項目が異なりますが、テレワーク対象者、実施頻度、勤務パターン、社員の満足度、実施結果としての課題と改善策、など応募するかどうか判断する上で有益な情報が確認できます。 紹介されている企業(全29社のうちから抜粋)• 株式会社スリーエス• 東京書籍株式会社• プーマジャパン株式会社• 横河レンタ・リース株式会社• 特定非営利活動法人フローレンス (3)まだ見つからない! そんなときは、東京エリアの方でしたら、東京テレワーク推進センターのをチェック。 有名企業のオフィスで、その企業の事例紹介やオフィス見学に参加できる回があります。 応募したい企業でセミナーが行われているかもしれません。 候補の企業が見つかったら 希望する求人条件にマッチし、テレワーク導入状況も期待できる企業が見つかったら、さっそく応募してみましょう!応募する前には企業がを勉強し、自分がテレワークできる人材であることをアピールできるようにしましょう。 時間はたっぷりあるので、自分に合った企業をゆっくり探していきたい 1. テレワークでどう働きたいのかイメージする まず、希望するテレワークの方法を書き出してみましょう。 例えば• 自宅ではなくサテライトオフィスで働きたい• 1日のうち数時間だけテレワーク勤務がしたい• テレワーク実施時の成果を正しく評価してほしい• 社内の人と1日のうち一言も話さないのはいやだ など、できるだけ具体的に書き出し、自分がテレワークで働いているイメージを持ってください。 どんなテレワーク導入事例があるのかチェック まずは、テレワーク先駆者百選をチェックしてみましょう。 これは、総務省が毎年とりまとめているテレワークに関する先駆的な活動をしている企業です。 現時点では、残念ながらポータルサイトが存在していないのですが、がありますのでチェックしてみましょう。 次に、総務省のへ。 求人条件による検索はできませんが、企業条件(業種、企業規模、など)で検索は可能です。 各企業にリンクされているPDFファイルをじっくり読んでいきましょう。 自分の希望するテレワークの方法を実践している企業がありますか? ついでに、東京都テレワーク推進センターのへ。 実際のテレワーク勤務の様子などの写真つきで紹介されています。 対象者や雇用形態、対象者の声などがあり、その企業でテレワーク勤務する様子がイメージしやすいです。 気になる企業が見つかったら 気になる企業が、現在もテレワーク対象の求人募集を行っているかもしれません!その企業のホームページに求人情報があれば、テレワークについての情報があるかチェックしましょう。 もしくは、求人サイトでその企業名で検索してみましょう。 運よく求人が見つかったら早速応募です。 応募する前には企業がを勉強し、自分がテレワークできる人材であることをアピールできるようにしましょう。 まとめ テレワークを導入してはみたけれども課題はまだまだある、という企業も多いと思います。 自分の期待するテレワークを行っていない企業でも、継続的に課題の対応や解決が行われているはずです。 また、総務省のや東京都テレワーク推進センターのでは、毎年導入事例の募集を行っており新しい事例が順次追加されています。 あきらめずに、求人条件とテレワーク導入状況がマッチする自分に合った企業をぜひ見つけてください。

次の