ジョーカー考察。 映画『ジョーカー』評価は?ネタバレ感想考察/父の正体は?悪のカリスマ誕生の真実とは?

ジョーカーラストシーン精神病院について考察!驚愕の意味とは?

ジョーカー考察

『ジョーカー』考察/アーサーと育ての母親の悲惨な関係 考察の前に映画で明かされたアーサー(ジョーカー)と母親・ペニーの関係性を整理しましょう。 映画で明かされたその関係性はかなり悲惨なものでした…。 ネタバレ注意です。 長年暮らしていた母親・ペニーとアーサーに血縁関係はなく養子だった• 養子にするが育児を放棄。 当時の交際相手がアーサーを虐待しても黙認• ペニーには妄想癖がありアーサーはウェインとの子供だと妄想していた この生い立ちを知るとアーサーが狂気に世界に足を踏み入れるのは必然だった気がします。 自分を愛してくれた存在がこの世にいなかったワケですからね…。 ジョーカーをジョーカーたらしめるバックボーンがそこにありました。 コミック版のジョーカー誕生の設定よりよっぽど説得力があった気がします。 コミック版ではバットマンに追われたコソ泥が工場の化学溶液に落下。 白い肌、常に笑みを浮かべる口などに変化。 自身の容姿をみて正気を失いジョーカーになった。 そしてアーサーの生い立ちも然ることながら、育ての母親・ペニーもなかなかイカれてます。 映画では精神病棟にいた頃の養母のシーンがありましたが、目がうつろでヤバかったです。 『ジョーカー』考察/養子大国アメリカは慈善心で養子にする そんな彼女が養子を迎え入れた理由を考えるにあたって、アメリカの養子事情を調べました。 するとアメリカって養子大国なんですよね。 養子の数が日本と比べ圧倒的に多いんです。 日本での年間の養子縁組数…544件(2015年度の特別養子縁組成立件数から)• アメリカで養子として育てられた数…推定12万7000名(2001年) より参照 より参照 参照した時期は違いますが養子の数が違いますよね。 養子に対する考え方も日本とは違って語弊はありますが、オープンでカジュアルなんだとか。 なお、養子を迎え入れる理由は大きく分けて2つあるそうです。 具体的には以下の通りです。 慈善精神で恵まれない子どもを迎え入れる• 子どもが恵まれず、養子として迎え入れる ハリウッドセレブが養子縁組をするのも慈善精神なんでしょう。 日本ではあまりないですよね。 ネットで調べると養子に迎える里親の中には独身女性や男性もいると言うから驚きです。 もちろん、誰でも里親になることはできず、子どもを育てられるかどうか審査があります。 映画で描かれた妄想癖のあるペニーでは間違いなく里親にはなれません。 『ジョーカー』考察/母親も昔は心優しく慈善心で養子にした? こうしたアメリカの養子事情を知ると、ペニーもかつては心優しい人物だったと思えてきます。 理由は2つあります。 若かりし頃のペニーが聡明な女性に見えた 映画『ジョーカー』のワンシーンで若かりし頃のペニーの写真が映るシーンがありました。 その写真に写っている彼女はキレイで聡明な女性のように見えたんですよね。 イメージは完全に若い頃のグウィネスさん。 ペッパーポッツを演じた女優です。 うん可愛い。 大富豪のウェイン邸で働いた実績があった 昔はウェイン邸で仕えていました。 大富豪のもとで働くためある程度身辺調査はあったはず。 それをパスしていたワケですから社会的に信用のあった人物といえます。 これらを踏まえると、もともとは妄想癖もなく心優しい女性だったのではないでしょうか。 しかし、悪い男に捕まりDVを受け精神を病んでしまった。 実際に慢性的にDVを受けてしまうと不安障害といった精神疾患になるケースもあるそうです。 …そう考えるとアーサーを養子に迎え入れた理由と映画で描かれたペニーで辻褄が合います。 変な話ですが、ジョーカーの育ての母親であればこうした悲しい背景がふさわしい気もします。 以上、映画『ジョーカー』特集第1弾でした。 「お前の書いてること意味不明」「俺はこう思う!」という方がいれば書き込みお願いします! 『ジョーカー』が好きなら『ダークナイト』も100%楽しめる ジョーカー誕生のプロセスを重々しく描いた『ジョーカー』。 こうしたダークな作風が苦手じゃなければ、映画『ダークナイト』もお勧めです。 同作はバットマン3部作の2作品目で、バットマンとジョーカーの戦いを描いた作品。 マーベルのようなTHE・アメコミ的なノリは一切ないのが特徴です。 ジョーカーによって人々の倫理感が試される展開で作風はかなり重ためです。 観終わった後なんとなーく鬱さが残るため、映画『ジョーカー』と同じ後味がありますね。 映画『ジョーカー』と『ダークナイト』の2つの作品はストーリー上の繋がりはありません。 そのため、映画『ジョーカー』にハマったなら、『ダークナイト』も楽しめるハズです。 すでに『ダークナイト』を観たことのある私も改めて観たくなったくらいですからね。 ちなみに『ダークナイト』を観るなら『U-NEXT』という動画配信サービスが便利です。 『ダークナイト』を含むバットマン3部作を見放題作品として配信しているから。 初回登録の方ならキャンペーンで31日間無料でサービスを利用することが可能です。 31日以内に解約すればお金を一切かけることなく『ダークナイト』を観られます。 登録もカンタンで名前やカード情報を入れるだけ。 登録から1分後には映画を観られます。 『U-NEXT』を利用して『ダークナイト』を楽しんでみては?.

次の

ジョーカーネタバレありのあらすじ!ラスト・結末の精神病院の謎を解説&考察!

ジョーカー考察

映画『ジョーカー』を観ていない人はご注意ください どうも、管理人のタイプ・あ~るです。 そんな中で、特に話題になっていることと言えば 「映画の結末をめぐる解釈」でしょう。 この『ジョーカー』という物語は、主人公であるアーサーの視点を中心に展開していくんですけど、実はアーサーが精神病を患っているため、時々 「妄想シーン」が入って来るんですね。 わかりやすいのは、マーレイ()が司会を務めるTV番組を見ていると、アーサー自身もその番組に出演して喝さいを浴びる…というシーン。 そしてシングルマザーのソフィー(ザ・ビーツ)と仲良くデートする場面も、後にアーサーの妄想であったことが判明します。 前者は「まあ、テレビを見ながら妄想する人ってよくいるよね」ぐらいの感覚ですが、後者は「あ…この人ヤベェぞ…」という具合に、徐々にアーサーの妄想癖が悪化していく様子が現れていて非常に怖い。 例えば、電車の中で3人のサラリーマンを射殺するシーン。 にもかかわらず、劇中では8発以上も撃ちまくっているのです(リロードしている様子も無し)。 このため「あのシーンはアーサーの妄想だったんじゃないの?」という意見も出ているらしい。 また、アーサーが冷蔵庫の中身を全部出して中へ入ってしまうシーン。 ちなみに、その解釈は大きくわけて以下の3つになるようです。 つまり、生放送中にマーレイを射殺した後、逮捕されて精神病院に送られた…ということですね。 まあ普通に見たままの解釈であり、話の流れ的にも割と自然に思えるので、可能性としてはこの説が一番ありそうな気がします。 ちょっとその辺が気になりました。 次に 「過去のシーン説」の場合、あのラストは時系列通りではなく、本編が始まる前の映像ではないか?という解釈です。 映画の前半で、アーサーが過去に精神病院へ入っていたことがカウンセラーとの会話で明かされますが、その時に一瞬フラッシュバックする回想シーン(ガラスに頭を打ち付ける場面)がラストの光景とよく似ているのです。 もしこの説が正しいなら、『ジョーカー』のストーリーは「マスクを被った大勢の民衆から称賛される場面」で一旦終わっていて、ラストは 「アーサーの過去(本性)を明かしている」ということになるでしょう。 ただ、部屋を出たアーサーは血の足跡をつけながら廊下を歩いていました。 あれ、絶対カウンセラーの人を殺してますよね?そうだとすれば(いくらが犯罪者だらけと言っても)精神病院を出て普通に働けるとは思えません。 それに、カウンセラーとの会話中に「ウェイン夫妻の射殺シーン」が挿入されますが、過去のシーンだとすれば何故そんな 「未来に起きる出来事」が映るのか?など、色々腑に落ちない点があるのです。 なので、ちょっと説としては整合性に欠けるかなあと。 最後に 「全部妄想説」の場合、「本編の出来事は全てアーサーがカウンセラーに語った妄想話だった」ということになります。 つまり、3人のサラリーマンやマーレイを射殺したことなども、ぜ~んぶ嘘! さすがに「夢オチ」みたいになってしまうので、個人的にはあまりこの説を支持したくないんですが、アーサーの視点は妄想と現実が混在しており、「前半は薬のおかげで精神を保っていたが、 薬が打ち切られた後半以降は全て妄想だ」という意見もあるようで、可能性としては無くはないんですよね。 ただし、アーサーが笑い出す直前に「銃で撃たれて倒れた両親の前で呆然と立ち尽くす少年」の映像が一瞬映っています。 もし このシーン自体がアーサーの妄想だとするならば、「俺が騒動を起こしたせいでトーマス・ウェインが殺され、その息子が将来ヒーローになるって…最高に面白いジョークじゃないか!」と想像して笑ったのではないでしょうか? しかし仮にそうだとすれば、非常に恐ろしい話になります。 なぜなら、 「という存在すらジョーカーの妄想(ジョーク)だった」という意味になるわけですから!すなわち、普通ならあのシーンを見て「の誕生」を期待するでしょうけど、もしあれが妄想だったら 「現実の世界にはヒーローなんていないんだよ!」という真逆のメッセージになってしまうのですよ。 たぶん作り手側も意図的に「観客が色んなことを考察したくなるような状況」を狙っていたと思うんですが、それにしても「なんて語りがいのある映画なんだ!」と感心せざるを得ませんねえ(笑)。 なお、映画『ジョーカー』の疑問について世界中で多くの観客が様々な解釈や考察を試みていることに関し、監督は否定も肯定もせず、「彼らが正しいかどうかは言わないが、いずれ僕たちが何を考え、何を意図してシナリオを書いたのか、 全て説明するつもりだ」と語っているそうです。 う~ん、どうやら監督の中では「正解」がハッキリと決まっているようですね。

次の

【ネタバレ考察】『ジョーカー/JOKER』世界なんか壊れてしまえばよい! その願望をピエロの涙が叶えてくれる。チェ・ブンブンのティーマ

ジョーカー考察

ひとりのさえない男が緑色の髪、白い肌、口が裂けたようなメイクを施して、赤いスーツ に身を包んだジョーカーへと変貌していく。 ジョークで人々に笑いを届けるはずだった男 にいったい何が起きたのか。 「俺の人生は悲劇だ。 いや違う、喜劇だ」というセリフに象徴されるアーサー・フレック の悲しい思いと共にひとりのさえない男がジョーカーへと変貌を遂げていく姿を描く。 予告編ではジョーカーになる前のアーサーも描かれており狂気に満ちたキャラクター になる前の人間らしい姿を見ることができます。 ジョーカーが暴力を振るわれ蹂躙 されるなど、過激なシーンも描かれており、社会に憎しみを持つようになった過去も 描かれているようです。 アーサーがピエロの恰好をして芸をすると、不良少年たちに邪魔をされ憎しみが たまっていきます。 精神的な病を抱えていたことと、社会の残酷さによるストレスで 理性を失っていきます。 また地下鉄の電車で見知らぬ男性に絡まれボコボコに殴られて、ジョーカーとして発狂 することへとつながります。 世の中を笑顔にしようと思っていましたが、全てバカバカしくなりジョーカーとして 犯罪の道を突き進むことになります。 ジョーカーが誕生する瞬間が注目です。 ティム・バートン監督の『バットマン』でジャック・ニコルソンが演じ、 クリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』でヒース・レジャーが演じ、 さらに『スーサイド・スクワッド』でジャレッド・レトが演じてきた凶悪な男 ジョーカー。 『ダークナイト』でジョーカーを演じたヒース・レジャーが撮影終了後に急死し、 死後にアカデミー助演男優賞を受賞したことを記憶している人もいるだろう。 これまで3人のオスカー俳優たちが演じてきたジョーカーをホアキン・フェニックスが 演じる。 強烈な個性を持った役をどのように演じていくのか注目。 【映画】ジョーカー見どころ ジョーカー見どころは、これまで謎のベールに包まれていたアーサーの過去が明らかに なることです。 予告動画では、暴力や理不尽な扱いを受け、地下鉄でいきなり大爆笑 するシーンもありました。 弱者に無関心である社会に見捨てられた孤独な男の笑顔の裏に隠された凶悪な一面 と内面も見どころだ。 社会から見捨てられることへのやり場のない怒りが人をどのように 変貌させていくのかにも注目。 緑色の髪で派手なファッション、裂けたような恐ろしい唇など、ピエロのような見た目 にも何か意味があるのかもしれません。 映画『全身ハードコア GGアリン』などを 手掛けたトッド・フィリップス監督がジョーカーの監督を務めます。 トッド・フィリップス監督は『R指定になるでしょう。 何度も尋ねられていますが、 みなさんの思った通りです。 すみません』とコメントしていて、R指定として過激な 描写を満載に使うことを明言していました。 『タクシードライバー』や『マイ・インターン』『ヒート』などで卓越した演技を披露 してきた名優が本作『ジョーカー』でどのような演技を見せるのか、主演を務める ホアキン・フェニックスとどのように関わるのかも注目の一つと言えるでしょう。 スポンサードリンク 【映画】ジョーカーの生い立ちについて ユーモアと残虐性を兼ね備えたクレージーなキャラとして人気のジョーカーですが その生い立ちには、様々な噂があり一貫していません。 今作品のジョーカーでは世の中を笑顔にしようと頑張っていたコメディアンが社会に 絶望し犯罪の道を突き進む設定になっていますが母親から常に笑顔でいることを教育 された経験が今のジョーカーのキャラクターと密接に関わっているようです。 これまではジョーカーは悪役として描かれてきたので、生い立ちまでは明かされること がありませんでした。 今回の【映画】ジョーカーでは、ジョーカーの生い立ちがテーマ になっているため、どんな壮絶な過去があったのか注目していきたいところです。 ホアキン・フェニックスがジョーカーに配役された理由を考察 『バットマン』では3度のアカデミー賞に輝くジャック・ニコルソンが強い個性の中に気品 と笑いを織り交ぜた演技を披露した。 また『ダークナイト』ではヒース・レジャーがジョーカー役を演じ、アカデミー助演男優 賞を受賞した。 天才的な頭脳でバットマンよりも常に先に行き、追いつめていく姿は 究極の悪そのもの。 『グラディエーター』ではローマ皇帝の息子役を演じた。 父親から次期皇帝の座を 譲られずに父親を殺す役を演じた。 父に愛されたいと願う気持ちと次期皇帝の座を 譲られなかったことに対する悲しみと憎しみを見事に表現しました。 この演技によりアカデミー助演男優賞にノミネートされました。 冷酷で影のあるローマ 皇帝役を演じ、本作でアカデミー主演男優賞を受賞したラッセル・クロウ相手に堂々 たる演技を見せた。 『ウォーク・ザ・ライン/君に続く道』ではカントリー歌手ジョニー・キャッシュを 演じ、映画に登場する歌を全て自身で歌い、アカデミー主演男優賞にノミネートされる。 とこれまでジョーカーを演じてきた俳優たちもそうそうたるメンバーです。 ところでホアキン・フェニックスがジョーカーに選ばれた理由に、私生活が変わって いることも関係しているのかもしれません。 それはアルコール中毒でお酒が大好きなのにベジタリアンであり変わった人物として 知られています。 ネットでは歴代ジョーカーのヒース・レジャーやジャック・ニコルソン と比較され『なぜホアキン・フェニックス?』と疑問に思う人もいるようです。 当然ですが、その演技力は折り紙付き。 そこへ彼の佇まいそのものに狂気を感じます。 予告動画では、ジョーカーになる前の普通の人間の姿で登場していますが、その段階で すでに表情や雰囲気から彼の抱える闇を感じます。 あくまで私個人の主観ですが 彼の持つ狂気や存在感は圧倒的です。 こういったところから、ホアキンが配役されたのは当然なのかもしれません。 さて彼がどんなジョーカーを演じてくれるのか楽しみです。 こちらも合わせてご覧ください。

次の