シャニマス レア度。 強キャラ紹介。リセマラの参考に アイドルマスターシャイニーカラーズ(シャニマス)

【シャニマス】ゲーム開始時に貰える『SR特訓はづきさん(サポート)』のオススメな使い方

シャニマス レア度

このページではシャニマスのガシャ関係についてまとめていく アイドルの種類とレア度 アイドルの種類 アイドルには大きく分けて「プロデュースアイドル」と「サポートアイドル」がいる。 (それとは別にフェスアイドルという種類もあるが、こちらはプロデュースアイドルを育成して誕生させる) プロデュースアイドル サポートアイドル 「プロデュースアイドル」はメインでプロデュースするアイドルとなり、レッスンやコミュニケーションを行い育成していく。 一方「サポートアイドル」はプロデュースアイドルのサポートとしてレッスンやライブの補助を行う立ち位置となる。 重要度でいうとどちらかというとプロデュースアイドルの方がメインであり、居ないと始まらないという点で重要ではある。 しかしサポートアイドルのステータスや能力はライブで勝利するために必要不可欠であり、総合してみると2種類のアイドルは同じくらい重要といえる。 レア度 アイドルのレア度はR、SR、SSRの順にレア度が上がり、上位にいくほどガシャからの排出確率が低くなる。 ガシャ演出 ガシャ演出はそれぞれ異なったものになっている。 大きな違いとしては「プロデュースアイドル」はカーテンの色と登場演出の色が変化しSDキャラが登場するのに対して、「サポートアイドル」は登場演出の色のみが変化する。 プロデュースアイドル演出 R(通常) SR(金色) SSR(虹色) サポートアイドル演出 R(銀色) SR(金色) SSR(虹色) SSRプロデュースアイドルの演出 なおSSRのプロデュースアイドルが排出された場合は特に演出が豪華になっておりアニメーションするキャラクターを楽しむこともできる。 ガシャの優先順位 好みのアイドルを育成することがゲームの肝でもあるため、基本的には推したいキャラクターを狙っていこう。 その上でもしもステータスやレア度を意識するのであれば、優先順位が最も高いのは先述の通りSSRのプロデュースアイドルだが、ライブへの出場はサポートアイドルの存在も重要となるため同時にSSRのサポートアイドルも狙いたい。 レア度は通常のゲーム同様やはりRに比べるとSSRの方が、スキルパネル等が充実しておりライブで有利になる。 片方だけでは育成が捗らないため、理想的なのはSSRのプロデュースアイドルとSSRのサポートアイドルをバランスよく所持している状態といえる。 場合によってはリセマラを使って理想的な状態に近づけることも視野に入れよう。 当サイトで使用しているゲーム画像や製品名等の著作権並びに商標権は当該コンテンツの提供元に帰属します。 URLをコピー 注目のおすすめゲーム 次元と時代を越える美少女収集育成超次元ゲームRPG キャラクター育成要素満載、豊富な策略で無限の可能性を導き出す!新作放置系RPG 三国世界に迷い込んだ少年になり、武将たちと出会い、戦い、有名戦役を経験して自分だけのヒーローになろう! 王道かつ最先端!! 美少女育成 放置系RPG 手軽に異世界を満喫!着せ替え充実で見ているだけでも楽しい、カラフルな3DファンタジーRPG! 次元と時代を越える美少女収集育成超次元ゲームRPG キャラクター育成要素満載、豊富な策略で無限の可能性を導き出す!新作放置系RPG 三国世界に迷い込んだ少年になり、武将たちと出会い、戦い、有名戦役を経験して自分だけのヒーローになろう! 王道かつ最先端!! 美少女育成 放置系RPG 手軽に異世界を満喫!着せ替え充実で見ているだけでも楽しい、カラフルな3DファンタジーRPG!.

次の

シャニマスの恋愛感情無いくせにグイグイくる子

シャニマス レア度

下記リンクからどうぞ 以下の記事は記述日は2019年1月1日です 本記事は今更すぎて需要があるのかどうかも分からない初心者がまず育てるべきサポートアイドルを紹介する記事第三弾です。 本記事で紹介しているサポートアイドルは 選定基準を手に入りやすさと即戦力感に置いています。 第一弾で詳しい導入とVi編成、第二弾でDa編成について書いていますので、よければそちらもご覧ください。 それでは早速、 Vo育成のために初心者がまず育てるべきサポートアイドルたちを紹介していきます。 前提: Voは この子が居れば間違いない!というサポートがはっきり言って現状 居ません。 どのサポートも よく言えば一芸特化、悪く言えば何かに欠ける。 序盤はどうしても運よく手に入れることが出来たサポートの長所を活かして育成を行うことになります。 よってVo育成はそもそも初心者向けではありません。 まずはViやDa編成で進めてガシャ引いて、Voのサポートを充実させてから取り組んだ方がベターでしょう。 こういう前提があるため、今回の紹介は優先順位に加え、各サポートの長所短所に文面を割いています。 長文すまぬ。 Lv40でLv5、Lv60で9まで成長する。 5倍アピール 弱い点: 2凸パッシブスキル、4凸ライブスキルともに 耐久力を大幅に下げる副作用あり。 総評: VoサポートSR二強の一角。 果穂かわいい!! ボーカルマスタリーSPは 一緒にボーカルレッスンを行うとSPも稼ぐことが出来るユニークスキル。 SPが無いとスキル習得も上限突破も出来ない為、これを稼ぎやすくなるスキルは非常に有用です。 2凸パッシブスキルも高倍率かつ発動しやすい便利なもの。 そして何より、4凸ライブスキル「 放課後スノーガールズ!」は Vo3. 5倍アピールという破格スキル。 5倍アピールは基本一部のsSSRしか持っていない超レアスキルです。 ただしその分副作用も超絶。 撃つべきタイミングをしっかり見計らって一撃で仕留める、 まさに必殺技!! 目標育成レベルは特訓4回(4凸)、Lv65。 総評: VoサポートSR二強の一角。 チョコ先輩Vo編成でも大活躍!! そこそこのボーカルマスタリーVoと 優秀で使いやすい2凸パッシブスキルを持ちます。 そして4凸ライブスキル「迷走チョコロード」は Vo2. 5倍アピールしつつVo20%UPする超攻撃的優良スキル。 このスキルの上位互換はsSSR【未知なるFROZEN】西城樹里の4凸ライブスキルとなるので、それまで非常に長い期間このサポートにお世話になることとなります。 欠点はサポートイベントで 上昇するステータスが全てViであること。 VoViの二極育成をするのでもなければこの上昇分が全て無駄になることは覚えておきましょう。 目標育成レベルは特訓4回(4凸)、Lv55。 カード名:sSR【遊び疲れて・・・】風野灯織 サポートイベント上昇ステ:Vo40、Da20、Vi0、Me20、SP30 強い点: 恒常ガシャ排出SRなので入手しやすい、特訓しやすい ラジオマスタリーSPという超優秀なサポートスキル 弱い点: ラジオマスタリーSPがLv9まで上がりきるのがLv65と少し高い 4凸で開放されるライブスキル「VoDa1. 5倍アピール」が 火力不足 総評: VoサポートSRのトリッキー担当。 そこそこVoに偏るサポートイベント上昇ステとそこそこ使いやすい2凸パッシブスキルを持ちます。 最大のウリは ラジオマスタリーSPという優秀なサポートスキル。 ラジオ収録を一緒に行うことで、 VoとMeとSPを一石三鳥で育成できるようになります。 このゲーム、慣れれば慣れるほどスキルポイント不足に悩まされることになるのでここを補完できるサポートアイドルは最後まで職を失うことはありません(多分)。 欠点はSP増えても手に入れるスキルが無いと何の意味も無い事。 つまりこの灯織は一人では強さを実感しづらく、仲間が充実すればするほど真価を発揮するサポートとなります。 まさに灯織 目標育成レベルは特訓3回(3凸)、Lv65。 どちらもその時期にゲームをやっていれば 無課金でも4凸出来るSSRなのが魅力。 性能もそこそこなので他の有力カードを入手するまでの繋ぎとしては十二分です。 特に【はじまりのエピローグ】は ボーカルマスタリー体力というユニークなスキルを持っており、 一緒にボーカルレッスンをすると体力が回復するという面白い特性を持ちます。 ついでに4凸ライブスキルは「迷走チョコロード」と同じ、 Vo2. 5倍アピールしつつVo20%UPする超攻撃的優良スキル。 両カードとも育成レベル目標は特訓4回(4凸)、Lv55。 カード名:sSR【三名様極楽旅行記】西城樹里 サポートイベント上昇ステ:Vo30、Da20、Vi10、Me20、SP30 総評: Lv40でボーカルマスタリーVo Lv5になり、Lv65でLv9まで成長する。 4凸ライブスキルは Vo2. 5倍アピールしつつVo30%UP+メンタルダメージ30%UP という「迷走チョコロード」の亜種。 バフ倍率が上がった分メンタルダメージアップが付与されるため、チョコ先輩とは一長一短。 欠点としては、2凸パッシブスキルが全く役に立たないこと、樹里はsSSRに有用な【未知なるFROZEN】があること。 ただし本人のライブスキルがDaアピール、サポートイベントで上がるステータスが全てViと絶妙にかみ合わない。 4凸ライブスキルも メンタルが少ないほどダメージが上がるアンティーカ型アピールなのでちょっと使いにくい。 基本的には2凸パッシブだけ頂く要員と考えた方が使いやすいと思います。 中間結論:とりあえずこれを目指そう どうしても果穂や樹里のスキルに頼ることが多くなるため、常にリタイアの危険が隣り合わせなのがVo編成の特徴となってきます。 コワイ とはいえ、これくらいSRを揃えることが出来ればWING優勝は十分狙うことが出来ます。 メンタル管理にはお気をつけて! これは下のsSSR達でカバー出来たり、逆により一層防御面が紙になっていったりします。 最終的にはLv75で Lv16と最高水準。 それくらい強いサポートSSRです。 育成目標は特訓0回(0凸)、Lv55。 最終的には4凸、Lv80まで育て上げたい一枚です。 カード名:sSSR【お揃いスナップ】櫻木真乃 サポートイベント上昇ステ:Vo50、Da20、Vi10、Me30、SP40 総評: 一通りVo育成に必要な要素は揃っているバランスのいいサポートSSR。 ボーカルマスタリーVoは Lv50で8まで伸び、Lv70で14まで成長します。 特訓していなくても使いやすく、特訓すれば高グレードのグレードフェス用アイドルを育成するときにも役立つでしょう。 ただし、ある程度は上記の【トリプルイルミネーション】や【はじまりのエピローグ】で補完出来るので育成優先度は多少下がります。 あっちの方が特訓もしやすいですし。 スタメン採用の基準は特訓2回(2凸)、Lv70以後となります。 カード名:sSSR【先生のお時間】桑山千雪 サポートイベント上昇ステ:Vo20、Da20、Vi40、Me30、SP40 総評: 最大の魅力は初期パッシブスキルの「 Me10%回復」、2凸パッシブスキル「 Me20%回復」。 道中のオーディションでのメンタル事故死を予防できるため安定性が大きく上がります。 加えてメンタル回復は パーフェクト帯の大きさ回復という副次効果がありますので、オーディション中盤にパフェを出しやすくなり 火力向上にも役立ちます。 長期戦になりがちな高グレードのグレードフェスでもかなり役立ちます。 欠点は ボーカルマスタリーVoがLv2から全く成長しない点。 サポートイベント上昇ステでもVoはあまり上がらないのでステータス育成面では役に立たないサポートです。 まずは特訓0回(0凸)、Lv40、最終的には特訓2回(2凸)を目指しましょう。 2凸パッシブスキルは「 メンタルダメージ70%カット」、4凸ライブスキルは「 メンタルダメージ30%カット(3ターン)」と超防御特化なのは評価の分かれるところ。 基本シャニマスのオーディションは 攻め重点の為、特別な編成を組まない限りこれらを活かすのは難しいでしょう。 次に紹介する恋鐘の方が色々と使いやすいのもまた難しい所です。 育成目標は特訓0回(0凸)、Lv55。 カード名:sSSR【これ、なんの話~?】月岡恋鐘 サポートイベント上昇ステ:Vo50、Da10、Vi20、Me30、SP40 総評: こちらの恋鐘は ラジオマスタリーVoを持つため、ラジオ収録によるボーカル値強化効率を大きく上げることが出来ます。 ほぼアンティーカ編成専用で、普段使いは中々難しい。 高めのメンタル値が必要になるTRUEエンド攻略や、グレードフェスのリーダー枠育成に真価を発揮するカードと言えるでしょう。 育成目標は特訓0回(0凸)、Lv55。 これくらいサポートを揃えることが出来ればWING優勝は勿論、ファン数50万人のAランク、そして真目標であるTRUEエンドにも手が届くことでしょう。 ・・明らかにDaやVi編成よりハードルが高いですが。 誰を育てればいいのか分からない、どの子が強いのかわからない・・ そんな悩みを晴らす一助にこの記事が成れていれば幸いです。 また、4凸ライブスキルも「 Vo3. しかし逆に言うと 特訓できない限り微妙な数字のテンションマスタリーしか持たないSSRという扱いにしかならないのが難。 最低育成目標は特訓0回(0凸)、Lv55、真価を発揮するのは特訓2回(2凸)以後。 カード名:sSSR【街角フラワーガーデン】白瀬咲耶 サポートイベント上昇ステ:Vo20、Da20、Vi40、Me30、SP40 総評: 最大の魅力は トークマスタリーSP Lv10。 一緒にトークショーに出演することで 得られるスキルポイントを大幅に増加させることが出来ます。 上記の灯織の項でも記載した通り、このゲーム、最後に足りなくなるのはSPの為、そこを補えるサポートの需要は失われることは無いでしょう。 ぶっちゃけDaやVi編成でもゲストカードとして採用の余地があるレベルで強いです。 4凸ライブスキルは「 全体Vo2. 0倍アピール」という 簡易版思い出アピールでこれまた便利。 欠点は 2凸パッシブスキルが全く役に立たないことと、 本領発揮が3凸以後ということ。 育成目標は特訓3回(3凸)、Lv75。 最終的には特訓4回(4凸)、Lv80まで育て上げたい一枚です。 カード名:sSSR【お菓子なティータイム】大崎甘奈 サポートイベント上昇ステ:Vo20、Da20、Vi40、Me30、SP40 総評: 遅れてきた最優のボーカルサポートSSR!! ボーカルマスタリーSPと ボーカルマスタリー体力という2つのユニークスキルを持ちます。 つまりこの甘奈と一緒にボーカルレッスンをすると元々のVoに加えてSPも多く稼げ、更に体力も回復するということ。 要はVo版闇鍋 SR果穂やSSR咲耶の欄にもあった通り、このゲーム最後に足りなくなるのはSPの為、そこを稼ぎやすくなるカードの使いやすさは圧倒的です。 さらに、2凸パッシブスキルは最大2回発動の「 Vo30%UP」。 発動条件がメンタル90%以上とちょっと厳しめですが、1,2ターン目で連続で発動することも多々あります。 ボーカルマスタリーSPとボーカルマスタリー体力が実動域に達するレベル65(1凸)が最初の育成目標。 最終的にはレベル80(4凸)まで育て上げたい1枚となります。 最終結論:この子たちを4凸出来ればもう怖いものは無い!! ・・サポートの育成は長く険しい・・!!.

次の

【シャニマス】効率的なリセマラのやり方・当たりランキング・事前登録ガシャ情報まとめ

シャニマス レア度

予備知識 まずはリセマラをする前に知っておくべきことを軽くまとめました。 カードの種類について シャニマスには 『プロデュースアイドル』と 『サポートアイドル』という2種類のカードが存在し、これらをカードゲームのデッキのように編成してプレイします。 『プロデュースアイドル』は文字通りプロデュースを行うアイドルのカードのこと。 プロデュースモードでは『プロデュースアイドル』を1枚だけ編成し、その女の子を一対一でプロデュース。 プロデュース中はそのアイドル共通エピソードとカード固有のエピソードが同時並行で展開されていきます。 そして、 『サポートアイドル』はこのプロデュースアイドルをサポートする役割を担っています。 プロデュースアイドルの育成はこのサポート陣で決まると言っても過言ではなく、ゲーム攻略の要。 また、『プロデュースアイドル』のエピソードは「1人のアイドルとプロデューサーの関係」に重点が置かれているのに対し、『サポートアイドル』では「アイドル同士の絡み」が見られるようになっています。 カードのレア度と凸 シャニマスも他のスマホゲームの例に漏れずカードにレア度というものが存在します。 レア度は4種類で、レアリティが高い順に並べると以下の通り。 また、同名カードを2枚以上ダブって引いた場合は、最大4枚まで重ねることが可能。 (スマホゲーでよく言う凸) 重ねるごとに性能がアップするので性能面では「何回重ねたか」というのがかなり重要になってきます。 用途によっては無凸のsSSRより最大まで凸したsSRのほうが上、ということも。 属性について 詳しい説明はがっつり省きますが、シャニマスのアピール(RPGでいう攻撃のようなもの)には3つの属性があります。 ボーカル、ダンス、ビジュアルの3種類です。 そして、基本的に各カードはいずれかの1属性に特化した性能になっています。 (特にサポートアイドル) 編成においては 「カードを3属性のいずれかに統一するのがセオリー」ということだけは覚えておいてください。 True endについて 『True end』とはシャニマスにおけるゴールの1つです。 SR以上のプロデュースアイドルでプロデュースモードWING編をプレイし、特定条件を満たした上で優勝すると達成。 カード固有エピソードのエンディングに当たる部分が読めるほか、初達成時にはジュエルも貰えます。 初心者の方はまずWINGの優勝、その次に『True end』達成を目指すというのが当面の目標でしょう。 「True endを達成してシナリオを堪能しつつ貰った石でガシャを回し新たに入手したカードでまたTrue endを……」というサイクルを回せるようになるのがシャニマスで一番楽しい時期。 シャニマスのリセマラ方法 シャニマスではチュートリアル(スキップ可能)が終わると 『運命の出会いガシャ』というものが開放されます。 これは無制限で引き直すことが可能な10連ガシャ。 これで特定アイドルのプロデュースカードや強力なサポートアイドルが出るまで回し続ける、というのが一般的なリセマラです。 さらにこだわる場合は達成が容易でジュエルの貰えるミッションもこなし、(期間限定)ガシャでも激選……というところまでやる人もいるそうですが、コレに関しては今回は除外します。 ノクチルの4人については全員pSSRが実装されるまで選ぶことは出来ないと思います。 この『True研修』は後述の『初心者ミッション』クリア後に開放されます。 初心者ミッション 『初心者ミッション』は文字通りゲームを始めたばかりの人向けのチュートリアルミッションです。 サポートアイドルのレベルの上げ方など、超基礎的なことを学ぶだけなのですが、 報酬がとにかく美味しい。 ミッション達成ごとに完凸済みのガシャ産sSRとLv. 50まで一気に育てられるチケットが貰えます。 全てのミッションを終えるころにはLv. 50の有用sSRが5枚揃い踏み。 これがどれくらい凄いかというと 『初心者ミッション』の報酬サポート陣だけでもTrue end達成が狙えるほどです。 (さすがに安定して達成できるレベルではありませんが) 以前のリセマラでは「SSRだけでなく育てやすいsSRも引く」というのがセオリーの1つでしたが、『初心者ミッション』の登場でSRを引く必要性はほぼ無くなっています。 なお、『初心者ミッション』もTrue研修と同様にアイドルを1人選ぶスタイルになっています。 選んだアイドルのpRとアイドルごとに設定されている3属性のいずれかに特化したsSR陣が貰えるという仕組み。 pRにはカード固有のエピソードはなくガシャでいくらでも出てくるので、 『初心者ミッション』はサポート目当てで選ぶべきだと思います。 (どれを選ぶべきかは後述) 目的別リセマラ方法 それではリセマラの方法について説明していきます。 といっても結局は『運命の出会いガシャ』で目的のカードが出るまで粘るだけなので 重要なのは「何を狙うべきか?」。 シャニマスのようなキャラゲー?の場合は性能だけでなく特定のキャラ目当てでリセマラするというのもアリ。 というわけで 「ゲーム効率目的」と 「キャラ目的」で分けてまとめてみました。 ゲーム効率重視 ゲーム進行の効率を求めるなら、 リセマラではDa属性のsSSRを、 初心者ミッションではDa属性sSRを手に入れ、Da特化編成を作るのがオススメ。 プロデュースアイドルは基本的に1回True endを見たらお役御免なので、 使い回しが可能なサポート陣の基盤を固めるのが先決でしょう。 もちろんプロデュースアイドルを手に入れなければTrue達成も何もありませんが、ゲーム序盤やデイリー・ウィークリーミッションで貰える石でガシャを回せばあとからいくらでも手に入ります。 初心者へのアドバイスだとTrue狙いならDa特化編成かVi特化編成が向いているとよく言われていますが、初心者ミッションで貰えるラインナップを見る限り、まずはDa特化編成を目指すのがいいと思います。 唯一無二のスキルを持つ『【メロウビート・スローダウン】三峰結華』と他属性編成でも活躍する『【魔法の階段を上って……】風野灯織』が入手できるという点がかなりのアドバンテージ。 ガシャで入手したDa属性sSSR1枚と初心者ミッションsSRで固めれば「数回に1回はTrue endが達成できる」レベルの編成が作れたと言ってもいいでしょう。 実装順に並んでいます。 性能のインフレはやはりしているので最近実装されたカードほどオススメ度は高いです。 残り9枚の引きをどこまで粘るか、というのはお好みで。 個人的にはDa属性sSSRのいずれかを引きさえすればリセマラ終了でいいかと思います。 初心者ミッション 初心者ミッションではDa属性sSRが貰えるアイドルを選択します。 対象は以下の通り。 イルミネーションスターズ: 八宮めぐる• アンティーカ: 幽谷霧子• 放課後クライマックスガールズ: 小宮果穂、園田智代子• アルストロメリア: 大崎甜花• ストレイライト: 芹沢あさひ あさひを選んだ場合、彼女のsSR『【腹が減っては遊びはできぬ】芹沢あさひ』はめぐるのsSRに置き換えられます。 比較的新しいカードでなかなか強いので、芹沢あさひを選択するのは避けたほうがいいかも。 キャラ重視 「この子にティンと来た!」というきっかけでシャニマスを始める場合、リセマラではそのアイドルのpSSRを狙うのもオススメです。 ただし、前述の通り恒常1枚目pSSRは『True研修』で確実に入手できるので、 狙うのは2枚目以降のpSSR。 恒常:常にガシャのラインナップに含まれているという意味。 反対語は『期間限定』。 ちなみに、この記事の執筆段階で恒常pSSRが2枚以上来てないのは新ユニットノクチルを除けば芹沢あさひと黛冬優子の2人のみ。 カードについてはで調べるのが早いと思います。 もちろん、気になっている子が2人いるならリセマラとTrue研修で補完するのもアリ。 従来、プロデュースアイドル狙いのリセマラは代わりにサポートアイドルが不足して序盤のゲームプレイがかなり苦しかったのですが、『初心者ミッション』がある今はなんの問題もないと思います。 『初心者ミッション』で貰うサポート陣はやはりDa属性がオススメ。 ただ、引いたpSSRが所持しているライブスキルと同じ属性を選んでおけばその子でのTrue達成がだいぶ楽になるはずです。 まとめ.

次の