プーケット 旅行。 Phuket Happy Tour

プーケットで旅行でこれだけは注意して。2020年版

プーケット 旅行

プーケット旅行の関連ページ!• タイ旅行の関連ページ!• スポンサーリンク プーケットの現在の治安と過去の事件 まずは簡単に、プーケットの• 現在の治安• 過去に起きた治安を脅かす危険な出来事 を簡単に説明しましょう。 現在のプーケットの治安 結論から言うと、現在プーケット周辺の治安は 安全なエリアに入ります。 外務省が発表している「渡航注意情報」でも、特にとりあげられていません。 プーケットより、首都バンコクの方が「危険度レベル1」に指定されており、危ないとされています。 そのためプーケットは「安心してバカンスを楽しめるビーチリゾート」といって問題ありません。 日本とは違い海外ですから、「最低限、観光する上で気をつけておくべきポイント」もありますが、プーケットは安心して観光できるリゾート地です。 しかし、プーケットでも過去に爆弾事件は起きてはいます。 また、プーケットエリア以南では「テロ被害が多発しているエリア」もあり要注意。 「」「」は後々説明していきますので、出来れば順に読み進めて頂ければと思います。 過去にプーケットで起きた「治安を揺るがす事件」 念のため、過去にプーケットで起きた事件を見ておきましょう。 記憶に新しい事件ですと… 2015年 2015年にプーケットで暴動・爆弾事件がおきています。 バンコクの日系デパート「伊勢丹」の近くで、イスラム系の爆弾テロが起きたのと同時期のことです。 2016年 2016年8月にプーケットを含むタイ南部7県で爆破・放火テロがありました。 プーケットを代表する観光スポット「パドンビーチ」で起きた爆弾事件テロは、世界中のニュースで報道される大きな事件であり、外国人観光客の多くが巻き込まれました。 以上のとおりであり、2020年現在プーケットは再び落ち着きを取り戻しています。 しかし渡航前には、現地のニュースで「治安の状況」を確認しておきましょう。 現地ニュース• スポンサーリンク プーケット観光における9つの注意点! プーケットで観光する際に気をつけるべきポイントをまとめました。 事前に知っておけば、現地に入っても心の余裕をもってプーケット観光を楽しめます。 2〜3. もちろん観光地ですので、ホテルやショッピングモール等では「クレジットカードやデビットカード」での支払いは可能。 しかし交通機関やマリンアクティビティの際の支払いでは カード払いが出来ないことが多いので、現地通貨のタイバーツの用意も必要です。 プーケットのATM・両替商でタイバーツを手に入れよう プーケットは国際的な観光地のため、ATMも両替商もあります。 お持ちのクレジットカードやデビットカードが• シーラス(Cirrus)• プラス(Plus)• 銀聯 Union Pay のどれかに対応していれば、ATMからタイバーツを引き出すことが可能。 また空港や街には両替商があるので、日本円や米ドルをもっていけばタイバーツに両替することも可能です。 ホテルや大手の飲食店は「クレジットカード」での支払いが可能• 病気や怪我の保険がつく(無料付帯するカードを選ぶ)• クレジットカードには「海外旅行保険」が無料で付いてくるカードがあり、絶対に持っておくべきカードとしてをオススメしています。 また観光客はスリやひったくりに狙われやすいため、万が一盗難された場合でも補償してくれるのは大きな安心があります。 実際、筆者もSONYのデジカメを盗まれたことがありましたが、しっかりと補償してもらえました。 「海外旅行保険」に毎度入るのでもかまいませんが、エポスカードは「入会費・年会費ともに無料」なので、持っておくだけで今後の海外旅行時にも間違いなく活躍するカード。 数々のクレジットカードの中でも、海外旅行時に最もオススメのカードです。 ちなみにセキュリティ対策も優れており、カードそのものが盗まれても60日以内に不正利用された分は、「紛失保険・盗難保険」が適応されて補償されるためご安心を。 仏教国で寄付をすることをタンブンと言い、好意的に受けとられることが多く、それが転じチップを払う文化が定着しました。 プーケット観光ですと• 高級レストラン• タクシー• 古式タイマッサージ店 でチップを渡す場面があります。 高級レストランでは、お釣りの小銭をそのまま店員さんに渡せばOK。 タクシーでは、例えば「メータータクシーならば、93バーツなら100バーツあげてお釣りを受け取らない」といった支払い方がスマートです。 タイといえば古式タイマッサージも有名ですが、お店で支払う料金とは別に、マッサージ師にも50バーツ〜100バーツ程度チップとして手渡しするのが一般的。 SIMフリー端末のスマートフォンをもっていけば、プーケット現地でもネットに気軽につなぐことができます。 タイの大手通信会社は• AIS• Dtac• TrueMove が大手3社。 どの通信会社でも、 旅行で使う分にはそれほど差がないため、現地で調達しやすいSIMを選べば問題ありません。 「空港までいく交通手段」にはそれぞれ特徴がありますので、一つずつ説明します。 なお長いフライトの疲れで寝てしまう人も多いのですが、寝ている間に盗まれたり無くなったりすることも多いので、貴重品の管理には気をつけましょう。 エアポートバス エアコン付きのバスであり、現在はプーケットタウン方面のみの運行です。 パドンビーチ方面ではなく街中のプーケットタウンに行きたい人向けなので、 ビーチ方面に行きたい人は注意しましょう。 料金は片道100バーツ程度です。 人数が集まり次第出発します。 バトンビーチまで1人180バーツ、カロンエリアまでは200バーツ程度です。 リムジンタクシー 乗合バスと同じようなバンで、前払いのチケット制で買えます。 乗合バスと同じカウンターで購入可能。 料金の目安は以下のとおり。 しかし中にはメーターを使わずに相場より高い値段を提示されることもあります。 そのため、どちからといえば旅慣れた人におすすめです。 料金の目安は以下のとおり。 メーターのタクシーがバンコクのように簡単につかまらないため、島内の交通は便利とは言い難いです。 現地の旅行社が提供している、以下のような運行サービスを利用するのも手です。 トゥクトゥク トゥクトゥクとは、タイ語で三輪自動車のこと。 メーターがなくドライバーと交渉して値段が決まります。 目的地にピンポイントで行くことができる反面、価格交渉が煩わしいと感じる方にはオススメできません。 また夜遅くに女性1人で乗るのも、防犯上の観点から避けたほうが良いです。 ソンテウ 島内の決まったルートを巡回している乗合バスです。 行きたい方向を調べ、行きたい方向に走っているソンテウをつかまえて乗ります。 現地の人の足であり観光用ではないため、慣れないと使いづらいです。 パドンビーチからプーケットタウンまで30バーツ程度です。 タイの電圧が220ボルトで、日本の電圧は100ボルトです。 スマートフォンやノートパソコンなどは、アダプターが「100ボルトから240ボルト」といった表記が書かれていることも多く、そのまま使用可能なことが多いです。 しかし対応していない電圧のものを使うと差し込むことは出来ても、壊れてしまう可能性があるため、変圧器があると便利。 筆者が実際に使っているオススメ商品は、以下のものです。 この商品が優れている点は、• 5個のプラグが付いており、世界240ヶ国で使える。 入力電圧は260Vまで耐えれるため、電圧の高いオーストラリア(240V)であっても耐えられる。 USBポートも付いており、わざわざスマホの充電器が必要ない。 という3点であり、これを購入してから海外で困ったことはありません。 最強です。 その代わり水がでるホースがあり、それでお尻を洗うのがタイでは一般的。 プーケットでもトイレットペーパーもあまり流れないため、紙の流しすぎには注意してください。 また公共のトイレの中には「3バーツ前後の使用料」を払わなければ入れないトイレもあるため、普段から小銭のタイバーツを持ち歩いておくと良いでしょう。 なお、私はPanasonicのハンディウォシュレットを使っていますが、これで不便したことは一度もありません。 紙が硬い場合もありますので、出来れば使うことをオススメします。 プーケットエリア以南の治安 プーケット以南は「イスラム系のテロリスト」による被害が多発しているエリア。 せっかくプーケットまで来たら、タイとマレーシアの国境沿いにも行ってみたいと思う方もいるかもしれません。 しかし、タイ南部は外務省の発表では警戒レベル2〜3。 特にマレーシア国境沿いの「パタニ県周辺」は、渡航中止勧告が出ています。 元々タイ最南端の「パタニ県」を中心とするエリアは、マレー語を母語とする14世紀より栄えた「パタニ王国」でした。 パタニ王国は、タイとマレーシアの条約により• パタニ王国の北が、タイの領土• パタニ王国の南が、マレーシアの領土 になった歴史的背景があるため、今でも独立運動が盛んなのです。 そのため、プーケット以南のエリアへの観光は避けましょう。 プーケットに行く前にはプランを比較しておけ! プーケットに行く際は、 事前に必ず「各社プランの価格比較」をしておきましょう。 たとえば引っ越し時には、「引っ越し侍」などで無料で見積り比較しますよね? 同様に、「 」では• 旅の目的(観光したい場所・体験したいことなど)• 人数や日程• ホテルのレベル、立地• 予算 などを入力するだけで、タイ・プーケット旅行に強い各社が 格安かつ充実した旅行プランを 無料で提供してくれます。 しかも 厄介な電話が掛かってくることもない(メール連絡)ため、 「各社がどんな旅行プランを、どんな値段で提案してくれるのか?」 を安心して確認・比較することが出来ます。 もちろん値段比較は完全無料ですし、予約を強いられることもありません。 無料で色々な「遊び方プラン」を提示してくれるので、とりあえず使ってみると「新たなプーケットの回り方」の発見があり、プーケット旅行がより楽しくなりますよ。 せっかくの旅行で損しないために、ぜひ事前に「激安プラン」「タイ・プーケットを楽しく回る方法」をチェックしておきましょう。 総じて「治安の良いエリア」ですが、マレーシアの国境近くへは近づかないように注意しましょう。 また、過去にテロが起きているのは間違いないので、絶対に安心というわけではありません。 なお「観光客はお金を持っている」というイメージから、スリなどの被害に遭いやすいです。 しっかりと対策しておきましょう。 もしも「ラオス・ミャンマー・カンボジア・マレーシア」といった近隣国にも渡る予定のある方は、それらの治安情報も把握しておきましょう!• プーケット旅行の関連ページ!• タイ旅行の関連ページ!• スポンサーリンク.

次の

Phuket Vacations

プーケット 旅行

家族旅行でプーケット! キッズたちも大満足 東南アジアの中でも指折りのビーチリゾートとして名高いプーケット島。 美しいビーチに、エキゾチックな雰囲気、多彩なアクティビティが楽しめる観光地として注目を集めています。 また、小さな子どもから大人まで満足できるスポットやアクティビティがあるのもプーケット島の魅力のひとつ。 ここでは家族旅行の目線で、プーケットの魅力をご紹介します。 子連れファミリーの受入れが万全なホテル 世界中から観光客が集まるプーケットのリゾートホテルは、ファミリーで訪れるゲストに向けたサービスや施設が充実しています。 子ども向けのプレイグラウンドやキッズクラブ、プールはもちろん、なかには家族みんなで施術を受けられるスパを備えたホテルもあります。 また、簡易キッチンを完備したホテルもあり、簡単な調理も可能。 スパイシーなタイ料理を食べられないお子さんをお持ちの方も安心です。 大自然や、象などの動物たちとの出会い ウミガメもやってくる海洋国立公園や、ローカルの癒しのスポットである自然保護区、美しいサンセットが眺められる岬など、プーケット島内には手付かずの大自然が残されています。 せっかくタイに訪れるなら、体験したいのがエレファントライド。 ショーも楽しめるレジャー施設や、急流を下るラフティングとセットになったツアーもあるので、子どもの年齢や体力に合わせて選択してみては。 伝統舞踊などの異文化体験 リゾート地でありながら、きらびやかな寺院や大仏といった、タイらしい見どころも点在するプーケット。 豪華絢爛(けんらん)な衣装を身にまとって伝統舞踊を披露するショーや、動物たちのパレードが開催されるテーマパークもあり、子連れでの観光に欠かせないスポット。 タイの伝統や文化に触れることは、子どもにとっても貴重な経験になるはずです。 いつでもベストシーズン 熱帯性気候に属するタイは、大きく分けて11~2月の乾季、3~5月の暑期、6~10月の雨季の3つに分類することができます。 雨季でもホテルのプールで遊べます タイの雨季は、モンスーンの影響でスコールが降ることが多くなりますが、日本の梅雨のように、一日中ずっと雨が降り続けるわけではありません。 この時期は波が高くなり、ビーチでの遊泳が禁止になることはありますが、ホテルのプールで遊ぶことはできるので、お子さんが退屈することはありません。 夏休みはオフシーズンでお手頃価格 7~8月の夏休みの時期は、タイでは雨季にあたるため、実はオフシーズン。 日本からプーケットまでの航空運賃や宿泊料金、ツアー料金も割安になることがあります。 子連れでしかもお手頃価格でプーケット旅行したいと考えているなら、この時期が狙い目です。 2部屋 大人 名 子供 名 帰国時のお子様の 年齢をご選択ください 1人目 歳 2人目 歳 3人目 歳 4人目 歳• 3部屋 大人 名 子供 名 帰国時のお子様の 年齢をご選択ください 1人目 歳 2人目 歳 3人目 歳 4人目 歳• 4部屋 大人 名 子供 名 帰国時のお子様の 年齢をご選択ください 1人目 歳 2人目 歳 3人目 歳 4人目 歳•

次の

プーケット旅行・ツアー|タイビーチ|海外旅行のSTW

プーケット 旅行

短い休みでもリゾートを満喫できました 友達と プーケットへ行ってきました。 今回は5泊7日の旅。 もう少し休暇が長ければバリ島にも行ってみたかったけど、今回は短い休暇でもビーチリゾートを楽しみ尽くせるプーケットにしました。 リゾート気分を味わいたいから、ホテルにはこだわりを持っていたのですが、 トラベルスタンダードジャパンさんのツアーにあったバウマンブリホテルは、プールもあるし雰囲気も素敵でこちらに決めました。 プーケットの青い空と綺麗な海を見ていると、 自然とアクティブになって、元気がチャージできた旅でした! 到着日はホテル近くの屋台でご飯! プーケットに到着したのは夕方頃でした。 この日はもう暗くなっていたので、すぐホテルにチェックイン。 ホテル近くの屋台で晩ご飯を食べたのですが、ローカルな雰囲気が味わえて楽しかったです。 おいしかったパイナップルチャーハン コーラル島の海には、お魚がいっぱい! 3日目はコーラル島へ。 スピードボードに乗っていくのが楽しかったです。 コーラル島は海が綺麗でまさに「ビーチリゾート」という感じでした!お魚もたくさんいるので、シュノーケリングも見応えがあります。 私達はシュノーケリングのセットを借りていたのですが、 海の上からでもお魚が見えるほど海の透明度が高かったので、シュノーケリングセットは使いませんでした。 意外だったのは韓国の方が多かったこと。 私たちが島に着くと韓国の方が大勢島にいて、年配の方も無邪気に大笑いしていたのが印象的でした。 開放感あふれる美しい海は、老若男女問わず気分を高めてくれますね!ビーチリゾートマジックを実感しました。 朝食後は プーケットタウンに行きました。 トゥクトゥクもタクシーも声をかけられて怖いので、バスで行くことに。 幸いパトンビーチからすぐバスに乗れて、1時間程でプーケットタウンに着きました。 帰りはまたタクシー運転手の方から観光案内のセールスが。 100バーツで3つの観光地を廻ってくれるというので、その運転手さんを信じてお願いすることにしました。 ドキドキしましたが、展望台や寺院など、ちゃんと100バーツで観光地を廻ってくれて安心しました。 ただ、タクシ-運転手とお土産屋さんが連携しているのか、お土産屋さんには連れていかれましたね。 そこで友達がスタンプを買わされていました(笑)。 それから街に戻ってお買い物をしたり、お茶をしたり、プーケットタウンを楽しみました。 ホテル近くに60バーツのスムージーが売っているのですが、100%生のスムージーで健康にもいいし味も美味しいので、毎日色んな味を楽しみました。 プールも満喫しました ビーチ、プール、スパ、女子旅を楽しみ尽くしました! 5日目も朝早くにパトンビーチへ。 人が少ない時にブランコの写真が撮りたくて朝7時過ぎにパトンビーチに行きました。 ホテルのプールで遊んだり、プーケットのショッピングセンター、ジャンセイロンでお買い物をしたり、屋台を巡ったり。 まるで現地に住んでいる人のように、ローカルなプーケットを楽しみましたね。 プーケットはマッサージもおすすめ。 私たちは毎日違うマッサージ屋さんを巡ってお店を比べたりしていました。 これからプーケットに行く人に「ここのマッサージは良いけど、ここはあまり良くないよ」と紹介できると思います。 翌日も朝からビーチとホテルのプールに行って、ホテルをチェックアウト。 空港へと向かいました。 5泊7日のプーケット旅行は、 海やプールに行ったり、お買い物したり、お茶したり、マッサージに行ったり、女子旅ならではのリゾートを満喫!心身ともに私を元気にしてくれました。 朝のパトンビーチで とっても綺麗なバウマンブリホテル バウマンブリホテルは 、部屋も設備もとても綺麗でした。 トイレとバスルームがガラス張りだったのにはびっくりしましたが、ちゃんとカーテンがかかっていたので良かったです。 ホテルの前がハードロックカフェなので、夜23時頃までは音楽が聞こえてきますがそれもあまり気にはなりませんでした。 唯一、wifiの入りが悪かったので、そこだけちょっと残念でしたが、 プールも綺麗だったし、このホテルに泊まって良かったなぁと思いました。 高橋さんの細かく丁寧な対応が助かりました 出発まで1ヵ月を切っての予約だったので、バタバタしていましたが、高橋さんは素早く対応して下さったのでスムーズに手続きが進みました。 支払いも友人と別々の支払いだったのですが、それにも高橋さんが細かく対応して下さって助かりました。 高橋さん、ありがとうございました!.

次の