堂前英男 パワプロ。 どうでも良い質問ですが、気になったので質問させて下さい。

モード「対戦」

堂前英男 パワプロ

内田 真礼 田中 あいみ 田中 美海 CV:本渡 楓 松嵜 麗 花鳥 風香 日笠 陽子 櫛田 泰道 鞍馬 貴史 浜添 伸也 覆水 武明 山口 智広 仲村 宗悟 PlayStationVRに対応!! パワプロシリーズでは初となる PlayStationVRに対応。 VR対応試合は対戦・ ペナント・マイライフなどのモードに対応している。 試合のプレイや観戦が、選手や実際の球場で観戦しているような臨場感を味わえるようになった。 観戦モードではプレイ時の視点だけではなく、 バックネット裏や内野・外野席などさまざまな観客席から観戦を楽しむことができる。 観客席から周囲の観客の様子やデイゲームの青空、ナイトゲームの照明の中で行われる試合を堪能してみよう。 新特殊能力が追加 新しい特殊能力が 30種類以上追加される。 特に「 超特殊能力」と呼ばれる金特殊能力が20種類以上追加され、今まで再現できなかった 個性豊かな選手を育成できるようになった。 デイゲームでは 影の位置も時間経過と共に移動し、実際に試合している雰囲気を味わえる。 HDRの効果で太陽の 日差しをより眩しく感じるので、デイゲームの楽しさがこれまでとは段違いだ。 架空の球場も多数追加され、より多くのスタジアムで遊ぶことが可能となっている。 中にはパワフェスで使用される球場もあり、これらの球場はパワフェスで条件をたっせいすることでアンロックされる。 これらの球場をホーム球場とする自分だけのアレンジチームを作成するのも良いだろう。 対戦モードでは 最大4人のアナウンサーの中から選択して、使用することができる。 堂前英男アナウンサーなど、おなじみのアナウンサーや、初代パワプロで実況していた「安部憲幸アナウンサー」も選択することが可能。 リプレイ機能が復活! 過去のシリーズではおなじみだった リプレイモードも復活。 直前のプレイを見直して確認することができる。 復活しただけではなく、強化もされており、 スロー再生やカメラアングルの増加などがされている。 もちろん VRモードにも対応している。 ファインプレイができたら、じっくりとそのプレイ映像を眺めてみよう。 読んだ人におすすめの記事 メニュー 掲示板• ゲームガイド• 攻略のコツ• コラボイベント 『ダイヤのA』コラボ• 『メジャー』コラボ• サクセス• パワフェス• 栄冠ナイン• ペナント• マイライフ• データベース• プロ球団選手能力• セリーグ• パリーグ• その他のモード• 問い合わせ• Wiki編集に困ったら• 外部リンク•

次の

実況パワフルプロ野球 ヒーローズ

堂前英男 パワプロ

概要 [ ] 『』以来2作目 となる任天堂携帯ゲーム機用の『』(パワプロ)シリーズであり、ニンテンドー3DS唯一のパワプロシリーズ。 用パワプロシリーズ『』同様にのコンテンツを特化したタイトルであり。 プロ野球の球団、選手は登場せず、ゲーム内で登場する球場も全て架空である。 また、オンライン対戦と他のパワプロシリーズへの選手転送は対応されていない。 アプリ サクセススペシャルも含む 版を除けば実況が付くタイトルの中では、唯一プロ野球球団と一切関与していない作品である。 パワリーグ [ ] 『』のリーグモードと相当するモード。 トレードと新規選手の途中加入などペナントモード恒例の要素を排除され、プレイできる期間も1年間になった。 アレンジモードから作成したチーム(自分以外のプレイヤーから作成したチームも使用可能)とヒーローズモード内に登場した、歴代シリーズのサクセスモードチームが使用可能。 ヒーローズモード [ ] この節のが望まれています。 本作オリジナルのモード。 同年に発売された『』の新モード「」から発展された、試合がメインの育成モードである。 基本システムは前述のパワフェスモードをベースだったが、予選ラウンドから最終戦まで最大12試合を行う 、それに合わせ散策イベント回数の追加から、プレイ時間は現行のサクセスモードと同等である。 本作はパワフル諸島内に開催された大会「パワフル・ベースボール・クラシック(PBC)」が舞台である。 登場人物 [ ] 主人公。 (『』版)パワフル高校の野球部員。 個人エントリーとして「パワフルヒーローズ」を参加する。 パワフル高校の野球部員。 主人公と共に個人エントリーとして「パワフルヒーローズ」を参加する。 今回では『パワプロ2016』のパワフェスモード同様、男・矢部明雄のイベントが存在する。 鳴海 悠斗 主人公の中学時代のライバル。 「ランブルオーシャンズ」のキャプテン。 掘杉 等 古代大学の野球部員。 今回のストーリーのキーパーソンの一人。 雪野 楓 古代大学の野球部員。 今回のストーリーのキーパーソンのもう一人。 熱盛 宗厚 声 - パワフルTVの男性アナウンサー。 PBCの主催者とし同大会の実況を務める。 今回の彼のヘッドセットマイクは、『』のパワフェスモードの「甲子園で使われていた伝説のマイク」ではなく、新たなマイクを付けるようになった(『』以降の作品も同様)。 なお、前述の通りプロ野球の球団・選手は登場しないためか、『』以降作品の実況担当であるの代わりに、本作の各モードの実況担当となる。 登場チーム [ ] 『パワプロ2016』のパワフェスモードから大幅拡張され、『パワプロ2016』のサクセスの登場チーム含めパワフェスモードに登場しなかったチームと選手・マネージャーが多数追加し、計63チームが登場する(主人公チームとラスボスチーム除く)。 『』の登場チーム 極亜久商業高校 あかつき大附属高校 アンドロメダ学園高校 (固有選手全員は他の作品から選出) 『』の登場チーム 仏契大学 するめ大学 黒獅子重工 『』の登場チーム たんぽぽ製作所 ドリル電器 『』の登場チーム ドラフ島連合チーム 『』の登場チーム 恋恋高校 『』の登場チーム 極亜久やんきーズ レッドエンジェルス 『』の登場チーム イレブン工科大学 『』の登場チーム ミゾットスポーツ 河川敷ミラクルズ 『』の登場チーム 灰凶高校 帝王実業高校(チームとしては『パワプロ5』初出) バス停前高校(チームとしては『パワプロ9』初出) 大漁水産高校 『』の登場チーム 頑張パワフルズ(チームとしては『パワプロ10』初出) シャイニングバスターズ 『』の登場チーム 神楽坂グループ どすこい酒造(チームとしては『パワプロ'99』初出) 『』の登場チーム 海東学院高校 神帝学園高校 『』の登場チーム 海東学院大学 白薔薇かしまし学園大学 『』の登場チーム ときめき青春高校 四神黄龍高校 『』の登場チーム 西強大学(チームとしては『パワプロ11』初出) 『』の登場チーム 激闘第一高校 文武高校 聖ジャスミン学園高校 ワールド高校(チームとしては『パワプロ9』初出) くろがね商業高校 ラグナロク分校 『』の登場チーム 壱流大学 六面大学 『』の登場チーム パワフル高校(チームとしては『パワプロ5』初出) 瞬鋭高校 覇堂高校 北雪高校 SG高校 ブレインマッスル高校 天空中央高校 円卓高校 太平楽高校 白轟高校 大筒高校 『』の登場チーム パワフルスポーツ アマゾネス ドリームバックス 星英アスリート ギガバイツ イージス銀行 本作オリジナルチーム あかつき大附属高校OB(固有選手全員は『パワプロ9』から選出) 花ざかり高校 ハッスル大学 熱風カーニバルズ 大江戸ファイヤーズ なみはやコメディーズ 古代大学 ランブルオーシャンズ 音声出演 [ ]• 実況担当 (熱盛宗厚 役) 脚注 [ ] [].

次の

どうでも良い質問ですが、気になったので質問させて下さい。

堂前英男 パワプロ

概要 [編集 ] 『』(パワプロ)シリーズとしては初めての用作品。 ハードの制約でシリーズの売りのひとつである実況などの音声は収録していない。 選手データは1998年シーズン開幕時のものを収録している。 『』同様、に関与したとされている選手は収録されていない。 仕様のゲームボーイ用ソフトとしては最後の野球ゲームである。 発売の翌年から同じ携帯ゲーム機で『』が展開されているが、この作品との関連は無い。 開発はそれまでシリーズを手がけてきていた『ダイヤモンドヘッド(現)』ではなく、KCE名古屋が担当した。 モード [編集 ] 本作はパワプロシリーズでおなじみのペナントモードやなどといったモードは無く、純粋に単発で試合をするのみの作品となっている。 ひとりで 12球団から使用する球団を選び、COMと試合をするモード。 ふたりで 通信ケーブルを使って2P対戦をするモード。 データ 過去の戦績を見ることが出来る。 特徴 [編集 ] 当時のではスペック上の制約が大きかったようで、当時他ハードで発売されたシリーズと比較して以下のような特徴がある。 音声 ロム容量の問題で実況やウグイス嬢などの場内アナウンスは収録されていない。 選手データ 野手は守備位置設定が捕手・内野手・外野手の3つにしか分けられておらず、細かいポジション適性は設定されていない。 投手は変化球の変化量が1から3までとなっている。 また、ゲーム中で表示される選手名には漢字が使用されていない 日本人選手はひらがな表記。 モード数の削減 シリーズの売りであるサクセスやペナントモード等が実装されておらず、単発の試合をすることしか出来ない。 操作性 一応本作ではマニュアルの守備が出来るが、画面のスクロールが遅く、打球の挙動も独特で守備の難易度は高くなっている。 ボタン数が少ないため、十字キーで塁を指定して送球する操作しかできない。 後にGBで発売された『』、『』は守備はオートに固定されている。

次の