麻木 久仁子。 麻木久仁子「夜の街」の人数書き続ける記事に「昼の街が断然多いじゃん」(デイリースポーツ)

麻木久仁子「夜の街」の人数書き続ける記事に「昼の街が断然多いじゃん」(デイリースポーツ)

麻木 久仁子

来歴・人物 [ ] 出生から学生時代まで [ ] 1962年(昭和37年)11月12日 、生まれ。 へ進学。 に入学、中退。 学習院を選んだ理由は、他にも入学試験で合格したと比較し、「オシャレで合コンの時にも受けそうだと思ったから」であったという。 中退した理由は、両親の離婚などにより奨学金を受け大学に通っていたが、アルバイトに追われ、進級に必要な語学の単位が不足し3年生に進級できなかったことから、奨学金を打ち切られたためである。 芸能界入り [ ] 学習院大学を中退後、芸能活動を始める。 最初の仕事は、1983年に放映された「の開園告知」のテレビCMであった(詳細は、を参照)。 この時期、当時、同じ事務所に所属していたと親友になる。 その後、モデルとしてサントリーのテレビCMに出演、1986年、NHK「」で女優としてもデビューした。 最初は本名で活動していたが、頃に「麻木久仁子」と改名。 本名が地味なイメージだということと、本名の画数が不幸せや早死にの大凶の運勢だったということで改名に至り、「名前に木の字が3つも入っているので木が生い茂るように仕事などが沢山入るように」という意味も込められているという。 その後出演した『』()が「一大転機になった」と話している。 1988年、の司会に大抜擢されるが、ずっと黙っていたり、「コマーシャルです」などのコメントを言い損ねたりするなどして1クールで降板する。 本人曰く「これで自信喪失した」と思っていたところ、直後に『』のレギュラー出演が決まる。 1990年代から『』『』などの司会として出演。 2005年6月から「 Book倶楽部」で書評委員を務める また、『』の「婦人公論井戸端会議」で司会を務める(2006年1月22日号より)。 私生活 [ ] 1994年4月にで、『』などの映画やドラマの音楽を手掛けたのとし同年11月25日に一女をもうけるが、2005年頃からに向けての話し合いを行い、2006年3月31日に「ここ数年のすれ違いが原因」で離婚。 その後、タレントの元夫で代表取締役のと再婚。 夫の山路が、麻木が離婚後も使用していた松本姓を名乗る形で別居のまま再婚し、2010年11月に離婚したことが同年12月24日の本人の声明文と12月26日の山路の記者会見で公表された。 麻木は24日に報道各社にFAXで声明文を送付し「婚姻関係にあったとのことについては、事実であり否定するものではありません」とした。 しかし声明文でも山路の会見においても入籍した年月日は何故か明かされず、山路は後日、麻木側が公表すると述べるにとどめた。 その後、12月27日に麻木の代理人弁護士が結婚時期詳細について「説明を控える」と発表しており、山路との結婚期間については判明していない。 麻木本人は、前述の声明文を出す前の12月22日に代理人の弘中惇一郎弁護士を伴って会見しており、山路との交際は山路と大桃の離婚成立前に始まったことを明らかにしたが、「には当たらない」との考えを表明した。 またこの会見中に、「ですか?」との報道陣の質問に「事実婚ってなんだろうと思う」と述べたが、この時点では正式な婚姻関係にあったことを明らかにしておらず、二人の関係を終始「おつきあい」と表現していた。 麻木、山路双方共家族にも婚姻関係を秘密にしていた。 2012年が発見され、左右両乳房の患部摘出手術を受けた。 またこの事実を公表した際、2010年暮れに軽いを発症していたことも告白している。 クイズ番組で共演する機会の多いタレントを集めた『クイズサミット』という名前のサークルを主宰している。 メンバーで定期的に食事会を開き、メンバー同士でクイズを出題しあうのが主な活動。 主なメンバーには、、、()、()などがいる。 趣味はステーショナリーグッズ(万年筆など)。 の小徹を飼っていて、twitterのつぶやきに頻繁に登場させる。 上にも書いてある発症歴から、健康第一の生活をかんがえるようになり、薬膳の勉強をし、国際薬膳師の資格を取得した。 出演 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2009年9月) テレビドラマ [ ]• (1986年10月12日 - 1987年3月1日、・) - 役• 小公女セーコ(1986年10月20日、、)• 春の姉妹(1987年1月1日、、)• (1988年3月28日 - 1988年4月29日、TBS、)• ビキニライン殺人事件(1988年9月24日、、)• 第1・3話(1989年10月9日 - 1989年11月6日、、)• オジサンは怒ってるんだゾ! (1991年3月2日、TBS、)• 「」(1993年8月26日、フジテレビ) - 三浦晴子先生 役• (1993年10月11日 - 1993年12月27日、、) - 遠藤幸知 役• - 崩壊(1994年4月5日、)• (第12回「幸子ちゃん」、1995年7月3日、フジテレビ)• (1997年7月2日 - 1997年9月17日、フジテレビ) - 浅丘幸美 役• (1998年04月08日 - 1998年6月24日、)• 1(2000年05月01日、TBS、) - 七尾友子 役• ズッコケ三人組 VS. 双子探偵 光の世界へ翔べ(2001年1月1日、、ドラマ愛の詩スペシャル) - 黒岩助教授 役• 陰の季節2 動機(2001年1月29日、TBS、月曜ドラマスペシャル) - 七尾友子 役• (第6話)「速水玲香誘拐殺人事件」(2001年7月14日 - 2001年9月15日、日本テレビ) - 本人役• 陰の季節3 密告(2001年12月24日、TBS、) - 七尾友子 役• 陰の季節4 失踪(2002年10月28日、TBS、月曜ミステリー劇場) - 七尾友子 役• 陰の季節5 事故(2003年3月17日、TBS、月曜ミステリー劇場) - 七尾友子 役• 陰の季節6 刑事(2003年9月15日、TBS、月曜ミステリー劇場) - 七尾友子 役• ふたりのアリス(2004年2月4日、、怖い女シリーズ)• 陰の季節7 清算(2004年11月29日、TBS、月曜ミステリー劇場) - 七尾友子 役• (2006年6月27日、日本テレビ、) - 保健センター係長・永井恭子 役• 二千人の孤児の母 物語(2006年8月15日、日本テレビ、)• (第1話)(2007年4月13日 - 2007年6月8日、テレビ朝日、) - 榎田美紗子 役• (2007年8月18日 - 2007年9月1日、NHK総合・、)• (2007年9月3日 - 2007年10月26日、、)• ドラマ「おはよう」(2007年9月24日、) - 、• 「恐怖の成績表」(2007年11月10日、NHK教育)• 〜悪夢の女相続人〜」(2009年5月11日、TBS、)• 赤かぶ検事京都篇(第1回)「名物検事登場スペシャル」(2010年1月13日、TBS、) - 安部沙織 役• 赤かぶ検事京都篇(第2 - 9回)(2010年1月13日 - 2010年3月10日、TBS、水曜劇場) - 安部沙織 役• (2013年5月17日、TBS、) 映画 [ ]• (1987年11月28日) - 山岸美保 役• (1988年11月26日) - ユリ 役• (1995年) - 三浦晴子先生 役• (2000年) - 祐介の母 役• (2005年) - 宅間医師の妻 役• (2006年6月17日) - 雨音由紀 役• 便利屋エレジー(2017年6月24日) テレビ [ ] ジャンル 作品名 作品公開などの年月日 補足 テレビ ゲストおよび不定期出演 1994 - 1998年 1992 - 1995年 2001 - 2002年 2002 - 2007年 2008年3月27日 第1回大会 準優勝 2008年6月24日 第2回大会 準優勝 2008年9月25日 第3回大会 優勝(賞金220万円) 2009年10月9日 第6回大会 予選敗退・敗者復活戦敗退 2010年3月28日 第8回大会 準優勝 2010年9月24日 第9回大会 予選敗退・敗者復活戦敗退 2010年12月29日 第10回大会 予選敗退・敗者復活戦敗退 2004年10月9日 国立め茶の水女子大付属高校 中間テスト 第2位 (詳細は、を参照) 「プレッシャーSTUDY」出演 テレビ 過去のレギュラー出演 1988年 1989 - 1993年 アシスタント 高田純次のこれで来週も幸せです 1991 - 1992年 1991年10月27日(第590回) - 1994年1月30日(681回) 女性軍3枠 1991 - 1996年 サブキャスター 1991年 - 1992年 司会 思い出音楽館 1992 - 1993年 アシスタント 1993 - 2006年 総合司会 1994 - 1995年 総合司会 1994 - 1999年 アシスタント 1995 - 1997年 総合司会 サンデージャングル 1995 - 2001年 総合司会 1995 - 1996年 司会 1999年 2001年 - 2002年 2002 - 2005年 総合司会 2001年10月 - 2004年9月 木曜日レギュラー 2002 - 2005年 総合司会 2003 - 2005年 2005 - 2007年 (詳細は、の項目を参照) 2006年5月 - 2009年6月 準レギュラー 2007年 - 2009年3月 月曜日コメンテーター 京都もうひとつの歴史 狙われたニッポン!幕末外交史 2008年2月 ナビゲーター 2009年 - 2010年12月 (月曜日・火曜日) コメンテーター 2005年 - 2008年 2005年 - 2006年 歴史のもしも! 2008年 - (日曜日) 2009年 - (水曜日) 2010年 テレビアニメ 1997年 麻木久仁子役 1997年 桂子役 テレビCM 1990年〜1994年 (めんコク) 1995年 日本テレコム0088 1995年 1999 - 2000年 (薬用石鹸ミューズ) 1997 - 1999年 2000年 2005 -2008年 2005年 - カタログハウス 「」 ラジオ [ ] ジャンル 作品名 作品公開などの年月日 補足 ラジオ 2013年 - 2014年 パーソナリティ 2010年 - 2013年 パーソナリティ TBSラジオ 1998 - 2010年 金曜日ナビゲーター TBSラジオ 1990 - 1994年 アシスタント 書籍 [ ]• 濤川栄太、麻木久仁子『迷っている人ほど素敵』扶桑社、1997年9月。 麻木久仁子『「仕切り上手」の法則』小学館、2001年3月。 、麻木久仁子、『現代世界を斬る! ジャーナリスティックな地図』帝国書院、2008年7月5日。 脚注 [ ] []• - 著者紹介の内容を参照。 com. 2010年1月9日閲覧。 『「仕切り上手」の法則』42-43ページ• 『「仕切り上手」の法則』48-56ページ• 『「仕切り上手」の法則』62-67ページ• 『文藝春秋』(2005年6月号)株式会社文藝春秋、2005年5月。 『婦人公論』(2006年1月22日号)中央公論新社、2006年1月7日。 スポーツニッポン 2006年4月1日. 2010年1月9日閲覧。 麻木久仁子 2013年9月2日. インタビュー. あなたの健康百科. 2016年11月5日閲覧。 - THE PAGE・2014年2月16日• - 女性自身・2013年11月15日• Brave Group. 2014年5月2日時点のよりアーカイブ。 2010年1月9日閲覧。 『THE 21』()2006年8月特別増刊号 16ページ• 麻木久仁子、『一生、元気でいたいから 生命力を足すレシピ』株式会社文響社、2018年、6・7頁• の「700回記念大会」にはOBチームメンバーとしてとペアで出演した。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - パールダッシュ• kunikoasagi -• kunikoasagi -• 歴代キャスター 期間 メインキャスター コーナーキャスター 男性 女性 ニュース スポーツ 1989年10月 - 1990年9月 1 (メインが兼務) 1990年10月 - 1993年3月 2 (なし) 1993年4月 - 1995年9月 1995年10月 - 1997年9月 1997年10月 - 1998年3月 3 1998年4月 - 1999年9月 1999年10月 - 2000年3月 (不明) 2000年4月 - 2000年9月 2000年10月 - 2001年9月 1 (なし) 4 2001年10月 - 2002年9月 (なし) 2002年10月 - 2012年1月 1 2012年5月 - 現在.

次の

麻木久仁子の現在がかなりヤバイ?不倫の真実に唖然…

麻木 久仁子

麻木久仁子について 麻木久仁子(あさぎ くにこ)は元モデルで、タレント、キャスター、コメンテーター、エッセイスト、女優として活動している人物である。 所属事務所はパールダッシュである。 麻木は22歳でモデルとして芸能界デビューし、その後女優、キャスター、司会者、コメンテーター、エッセイストなどマルチに活動を続けている。 私生活では1994年に作曲家の松本晃彦と結婚し、同年に長女をもうけたが、2006年3月31日に離婚している。 その後APF通信社の代表取締役・山路徹と再婚したが2010年11月に離婚している。 なお、山路との婚姻関係については、山路の元妻であるタレントの大桃美代子と様々なトラブルがあり、一連の騒動があった。 芸能界で親交の深い人物は小比類巻かほる、風見しんご、青木さやか、三上博史、哀川翔、六角精児、中山秀征、峰竜太、高田純次がいる。 基本プロフィール 好きなタイプ 麻木は1994年に「踊る大捜査線」シリーズを代表として、ドラマや映画での音楽を担当している作曲家の松本晃彦と結婚し、2006年3月31日に離婚している。 その後APF通信社の代表取締役・山路徹と再婚したが2010年11月に離婚している。 麻木は前述のふたりとの結婚歴以外に恋愛について話したことはない。 しかし松本との離婚後に、結婚生活や離婚後の関係について語っている。 麻木曰く、松本は「人の話をよく聞け」と麻木に度々言っており、また松本の現在の妻と仲が良く家族ぐるみで付き合いがあると明かしている。 ここから、麻木は時に厳しくもフレンドリーで社交的な人が好みで、付き合いやすいことがうかがえる。 また松本とは子どもの頃からの幼馴染であり、とても長い付き合いであることから、麻木は松本自体が理想の男性像に近しいと考えられる。 性格 麻木は自身の性格について、不器用で大雑把すぎると公言している。 そのエピソードとして、家事は掃除や洗濯が苦手で、お掃除ロボットを自宅では動かしている。 またおしゃべり好きな性格で、自身の感情も言葉に出してしまうことが多々ある。 体を動かすときは「よいしょ」と言ってしまうなど天然な一面もある。 また勉強家としても知られ、知識・教養が身についている。 麻木は幼少期はおとなしい性格であったが運動が苦手なこともあり、やってたことは勉強と読書だったという。 とても勤勉な性格であることから、自らの既往歴を考え健康の為に国際薬膳師の資格を取得した。 趣味 麻木は自身の趣味として読書、クイズ、ステーショナリーグッズ集めを挙げている。 読書ではジャンルを問わず様々な本を読むという。 自宅には1000冊以上を所持していることや、1か月に20冊は本を読むなど、読書家であることがうかがえる。 またクイズは自身もクイズ番組に出演することが多く、そこで出会ったタレントを集めた「クイズサミット」というサークルの主宰をしている。 麻木はそこで定期的に食事会などを開き、メンバー同士でクイズを出題し合うなどしている。 主なメンバーに漫画家のやくみつる、東大卒タレントの八田亜矢子、女優の宮崎美子、お笑いコンビ・ロザンの宇治原史規などがいる。 特技 麻木は料理、カラオケを得意としている。 麻木の得意料理は和食とエスニック料理の全般である。 外食はほとんどしない。 また自身で料理のレシピ本「生命力を足すレシピ」を出版したり、料理講座を開催するなどしており、特技を活かして仕事に繋げている。 またカラオケが大好きで、長女ともよくカラオケに遊びに行くと言う。 タレントの風見しんごとは家族ぐるみの付き合いを長く続けており、風見の家族とも一緒にカラオケに行ったことがある。 麻木の十八番は「涙そうそう」「なごり雪」「シルエット・ロマンス」を挙げている。 デビュー前の経歴 麻木は一般家庭に生まれ、団地暮らしで育った。 運動神経が悪く、スポーツや体育が大の苦手であったが、勉強や読書が好きな幼少期を過ごしている。 麻木は高校時代に両親が離婚し、妹と弟と共に母親に引き取られた。 母親が女でひとつで3人兄弟を育てていたため、10畳しかないワンルームのマンションで一家4人で暮らしていた。 弁護士になりたかったという麻木は一浪して学習院大学法学部に入学した。 しかし1983年に学習院大学法学部を奨学金が打ち切られて通えなくなた為、中退している。 同年に芸能活動を始めているが、デビューとなったのは1983年に放送された「東京ディズニーランド」の開園告知のテレビCMであった。 麻木はこのCMで芸能界デビューを果たし、その後モデルに転身してサントリーのテレビCMにも出演した。 出身・家族・学歴.

次の

麻木久仁子怒り コロナ受診の“待機ルール”誤解?

麻木 久仁子

スポンサーリンク 麻木久仁子は若い頃も可愛かった?画像で振り返る• 麻木久仁子(本名・田中久仁子)• 生年月日:1962年11月12日• 血液型:A型• 出身:東京都大田区• 身長:159cm• 体重:45kg• 職業:タレント、女優、司会者、エッセイスト、コメンテーター• 所属事務所:株式会社パールダッシュ 麻木久仁子さんは東京都で生まれ、大学は学習院大学法学部に入学しました。 学習院大学のほかにも明治大学にも合格するほどの才能の持ち主。 その経験が現在のお仕事(クイズ番組・コメンテーター等)につながっているようです。 ではここから麻木久仁子さんの画像を見ながら若い頃を振り返っていきましょう。 1983年テレビCMでデビュー!当時の画像 デビューした頃の10代の写真です。 20代の頃から司会の仕事でレギュラー番組を持ち、お茶の間の人気者となりました。 1986年にNHK「シャツの店」で女優デビュー 24歳の頃に1986年1月11日から1986年2月15日まで、NHK総合のドラマ人間模様で放送された、 テレビドラマ「シャツの店」で女優デビューを果たした麻木久仁子さん。 「シャツの店」は• 鶴田浩二さん(磯島周吉)• 八千草薫さん(磯島由子)• 平田満さん(里見昭夫)• 佐藤浩二さん(磯島秀一)• 美保純さん(村川知子)• 杉浦直樹さん(宇本賢次)• 井川比佐志さん(村川重彦) が出演する、NHKの名作ドラマです。 昔気質のオーダーメイドでシャツを作る洋裁のお店が中心となるストーリー。 昔ながらの家族模様で、亭主関白な夫・鶴田浩二さん演じる磯島周吉から、独立しようと家を飛び出す妻・八千草薫さん演じる磯島由子。 家に戻ってきてほしいけれども頑固な夫。 妻は夫のたった一言が欲しいだけ… 頑固おやじの妻に戻ってきてほしいというかわいらしい姿に、きゅんとする作品です。 いやいや…なかなかこんなに可愛いアラフィフいないですよ! 小じわもなく、肌に張りがあるように見えますね。 1994年にお子さんを出産されているので、成人したお子さんがいることになります。 美人なのに飾らないキャラクターということもあり、親しみやすい雰囲気が人気の秘密かもしれません。 なんとこんな趣味まで…!? 麻木久仁子さんは実はコスプレが大好き!? 麻木久仁子さんで検索すると結構コスプレ姿の画像が多いですね。 可愛い顔立ちなので、コスプレ姿がよく似合います! それにしてもチョイスが全部セクシーですね… ちなみにこの画像は50代にとられた画像ですからね…若すぎです、そして可愛すぎます! まとめ という事で今回は女優やコメンテーターなどマルチに活躍している、麻木久仁子さんの若い頃を画像で振り返ってみました。 童顔ということもありますが、しっかりとお手入れもされているようで、いつまでも若々しい麻木久仁子さん。

次の