ラベンダー 切り 戻し。 ラベンダーの花が終わった・枯れた後の剪定時期と方法

フレンチラベンダー系の夏越しに関してお伺いします。鉢植えのラベン...

ラベンダー 切り 戻し

ラベンダーとは• 基本情報• 特徴 ラベンダーは鮮やかな紫色と心地よい香りが魅力のハーブです。 木本性ですが、草花として扱われることが多く、花壇の植え込みやコンテナ栽培などで楽しまれています。 北海道富良野のラベンダー畑ほどの花園は難しいにしても、一面に群生させると美しいものです。 多くの系統(品種群)がありますが、花の美しさと香りのよさでいえば、イングリッシュラベンダー(コモンラベンダー)が随一です。 しかし、北海道のような寒さには強い反面、高温多湿に弱く、暖地での夏越しは難しいラベンダーです。 コモンラベンダーとスパイクラベンダーの交雑種をラバンディンと呼びますが、この系統は比較的暑さに強い性質をもち、花も香りも優れているので、暖地で楽しむにはおすすめです。 ほかに、薄紫色の苞がリボンのように目立つフレンチラベンダー(ストエカスラベンダー)や、暖地であれば冬も開花する四季咲き性のデンタータラベンダーなどもあります。 耐寒性、耐暑性は、系統によって大きく異なるので、育てる環境によって品種を選びましょう。 基本データ 園芸分類 草花,ハーブ 形態 低木 原産地 地中海沿岸 草丈/樹高 20~130cm 開花期 4月~7月(四季咲き性の系統もある) 花色 紫,白,ピンク 栽培難易度 1~5 耐寒性 普通(系統によって異なる) 耐暑性 普通(系統によって異なる) 特性・用途 常緑性,香りがある.

次の

【ラベンダーの剪定方法まとめ】切り戻しや収穫の方法は?冬は注意が必要?

ラベンダー 切り 戻し

ラベンダーの挿し木を成功させるには、まず茎から根を出させる必要があります。 根を生やすコツは挿し木の「時期」に注意し、「手順」を間違えないこと。 4〜6月、または9月の「時期」を見計らって、次の「手順」で進めましょう。 コップなどの容器に水を入れておく• 新しい鉢の底へ鉢底ネット、鉢底石、無菌の土を順に入れる• 5〜6cmだけラベンダーの茎を切り取る• その茎の下半分についている葉っぱを取り除く• 茎を容器に入れて1時間ほど切り口を水に浸す• 切り口に発根促進剤を塗る• 鉢の土に指や割り箸で穴を空けてそこへ茎を挿し込む• 土が乾燥しないように水やりを続ける• 蛍光灯の下、直射日光の当たらない窓辺など明るい日陰で管理する• 3週間ほどたって根が生えたら新しい苗として植え直す 挿し木で育てたラベンダーの苗の育て方!その後のお手入れは? ラベンダーの茎が根を出したあとは、茎ごとに新しい鉢へ植え替えて苗として育てていきます。 植え替えの前に根を出した茎の数だけ鉢を用意しておきましょう。 用意するグッズとお手入れ方法をご紹介します。 3号ほどの植木鉢• ハーブ用の培養土• 鉢底ネット• 根が生えたら水やりをやめて土を乾燥させる• 新しい3号鉢に鉢底ネット、鉢底石、培養土を順に入れる• 根を傷つけないよう苗を取り出して新しい鉢に植える• 苗が固定されるよう土を苗の周りに入れる• 水やりをする• 1週間単位で徐々に日当たりのよい場所へ鉢を移動させる• 土が乾燥したら水やりをする ラベンダーの挿し木は初心者でも取り組みやすい一方で失敗することもあります。 その失敗の多くは2つに分類され、1つは「根が生えてこない」「根が生えたけど、植え替えたら枯れてしまった」など挿し木自体が失敗するパターン。 もう1つは「茎を切ったあと親株が枯れた、花が咲かなかった」という親株の栽培が失敗するパターンです。 挿し木自体が失敗する原因は「水の与えすぎ/水が足りない」ためなので、「根が生えるまでは土を乾燥させない」「根が生えてからは土を一度乾燥させてから水やりをする」ことを忘れないでください。 親株の花が咲かないのは「茎や葉を切りすぎた」ことが原因として考えられます。 「茎を切り取る」段階で切り取られる茎に4〜6枚ほど葉っぱが残るようにしましょう。 ラベンダーの挿し木以外の増やし方!種まきのポイントは? ラベンダーの種まきは4〜5月に行うのでそれまでに種まきグッズを用意してください。 ラベンダーの種• 植木鉢かプランター• ピートモス(1L):苦土石灰(2g)の割合で混ぜた土• 鉢底石• 鉢底ネット• ピートモスと苦土石灰を混ぜて10日以上寝かせる• 4〜5月の間に種を1000倍に薄めたジベレリン溶液に3日間つける• 浮いてきた種は捨てて沈んだ種のみを回収する• 寝かせておいた土を鉢に入れる• 土のうえに種をばらまく• 種の3倍ほどの高さの土をかける• 土が乾燥しないように霧吹きするか水やりをしてラップなどで覆う• 2週間ほどで芽が出てくる• 元気な芽を残してそれ以外の芽を取り除く• 葉っぱが3〜4枚生えてきたら通常の苗として育てる ラベンダーの挿し木以外の増やし方!株分けの時期や方法は? 今と同じ大きさのラベンダーがほしい場合や今のラベンダーを一回り小さくしたい場合は「株分け」という繁殖方法がおすすめです。 株分けは1つの植物の根を分裂させてそれぞれ育てる方法です。 鉢で数年育てたラベンダーを対象に、3〜5月、9〜10月の間に行います。 株分けのコツはできるだけ根を傷つけず清潔に保つこと。 できるだけ手で分けるか、難しい場合は清潔なハサミやカッターを使いましょう。 根を傷つけすぎると株分け後に枯れてしまうので注意してくださいね。 生長したラベンダーの株• 植木鉢やプランター• ハーブ用の培養土• 鉢底石• 鉢底ネット• 水やりを控えてラベンダーの鉢を乾燥させておく• 新しい鉢の底へ鉢底ネット、鉢底石、土の順に入れる• 鉢から株を取り出す• 手やカッターを使って根を半分もしくは三分割にする• 分けられた株をそれぞれ植え直す• 通常のラベンダーの株として育てる.

次の

強剪定の時期と方法…ラベンダーは2年に一回強剪定して更新する

ラベンダー 切り 戻し

ラベンダーとは• 基本情報• 特徴 ラベンダーは鮮やかな紫色と心地よい香りが魅力のハーブです。 木本性ですが、草花として扱われることが多く、花壇の植え込みやコンテナ栽培などで楽しまれています。 北海道富良野のラベンダー畑ほどの花園は難しいにしても、一面に群生させると美しいものです。 多くの系統(品種群)がありますが、花の美しさと香りのよさでいえば、イングリッシュラベンダー(コモンラベンダー)が随一です。 しかし、北海道のような寒さには強い反面、高温多湿に弱く、暖地での夏越しは難しいラベンダーです。 コモンラベンダーとスパイクラベンダーの交雑種をラバンディンと呼びますが、この系統は比較的暑さに強い性質をもち、花も香りも優れているので、暖地で楽しむにはおすすめです。 ほかに、薄紫色の苞がリボンのように目立つフレンチラベンダー(ストエカスラベンダー)や、暖地であれば冬も開花する四季咲き性のデンタータラベンダーなどもあります。 耐寒性、耐暑性は、系統によって大きく異なるので、育てる環境によって品種を選びましょう。 基本データ 園芸分類 草花,ハーブ 形態 低木 原産地 地中海沿岸 草丈/樹高 20~130cm 開花期 4月~7月(四季咲き性の系統もある) 花色 紫,白,ピンク 栽培難易度 1~5 耐寒性 普通(系統によって異なる) 耐暑性 普通(系統によって異なる) 特性・用途 常緑性,香りがある.

次の