ドラえもんパーク ひみつ道具。 【事前登録】家や土管、ひみつ道具を飾ってドラえもんたちとパークをつくろう!『LINE:ドラえもんパーク』 [ファミ通App]

【事前登録】家や土管、ひみつ道具を飾ってドラえもんたちとパークをつくろう!『LINE:ドラえもんパーク』 [ファミ通App]

ドラえもんパーク ひみつ道具

「 LINE : ドラえもんパーク 」 を今すぐダウンロード! App Store: Google Play: 「LINE:ドラえもんパーク」は、世界的人気まんが「ドラえもん」(原作 藤子・F・不二雄)のキャラクターたちと一緒に様々な島を冒険しながら、個性豊かな「パーク」をつくり上げていくパズルゲームです。 同じ色のブロックを3つ以上揃えてゲームをクリアしていくことで、パークに家を建てたり、空き地に土管を置いたりして飾っていくことができます。 「デコ」と呼ばれる飾りの中にはひみつ道具がかくれており、それをパークに飾ることでそのひみつ道具の登場シーンが描かれた「まんが」が読めるなど、老若男女問わずゲームを楽しむことが出来ます。 さらに、LINEの友だちが作ったパークに遊びに行けたり、そこで特別なアイテムをゲットできたりするので、ぜひ色んなパークを訪問してみてください。 また、2019年8月22日から開始した事前登録では登録者数が20万人を突破いたしました。 その報酬として、期間中に「LINE:ドラえもんパーク」にログインした全ユーザーに、「ハート」や「ダイヤ」、「プレミアムガチャチケット」などをプレゼントいたします。 【受付期間】ゲーム配信開始 ~ 2019年9月16日(月)23:59まで ———————————- ゲーム紹介 ———————————- 「LINE:ドラえもんパーク」の遊び方をご紹介します。 パズルをクリアするとデコと交換できる「すず」がもらえます。 「ドラやき」ブロックを4つ以上そろえて消すと、すごい効果が発生するので上手くねらってみましょう! ドラえもんたちの衣装の中には、パズルをサポートする効果があるものもあるので、ぜひ色々試してみてください。 パズルをクリアしてもらった「すず」とデコを交換し、自分の好きなデコを選んでパークを作っていきます。 のび太、しずか、スネ夫にジャイアンもパーク作りをお手伝いしてくれます。 パークはこれからもどんどん増えていくので楽しみにしてください。 「まんが」はたくさん集めて「ひみつ道具図鑑」にコレクションできるので宝探しのようにパークの中を探してみてください。 LINEの友だちのパークのハートの木からは「ドラやきメダル」や「ハート」を獲得できるほか、LINEの友だちにハートをプレゼントすることもできます。 さらに、友だちのパークに飾られているとっても豪華なスペシャルデコからは「なないろすず」を獲得できます。 LINEでは、今後も「CLOSING THE DISTANCE」をミッションとして、「LINE GAME」をはじめ、様々な連携サービス・コンテンツを拡充することにより、ユーザー同士のコミュニケーション活性化を図って参ります。 の商標です。 予告なしに変更されることがあります。

次の

ひみつ道具 (ひみつどうぐ)とは【ピクシブ百科事典】

ドラえもんパーク ひみつ道具

概要 ひみつ道具(「ひみつ」はひらがな)とは、原作の漫画・アニメ作品『』に登場する、の技術で作られた凄い、あるいはな機能を備えたのこと。 主人公・が「」から取り出す(例外もある)。 一まとめに道具と言うが、動植物や薬品、装置や乗り物などもある。 これらの道具の不思議な効果、及びそれによってもたらされる騒動は、『ドラえもん』という漫画の大きな要素である。 サブタイトルに記載される道具の初使用回などが、物語の大きな軸となっている。 基本的には から購入するものである。 ドラえもんが所持しているひみつ道具のバリエーションは豊富だが、その多くは使用制限がある使い捨ての道具が多いとのこと(原作「四次元くずかご」にてドラえもんが明言している)。 これは道具を購入する際、から貰うお小遣い( 月500円)やでやりくりしている為である。 また、それだけでは足りないと思った時は未来へアルバイトしに行くこともある(藤子・F・不二雄大全集2巻収録「宝さがし」、版アニメオリジナルエピソード「空想動物サファリパークと約束の笛」)。 それでもお金が足りない時はバーゲンセールで道具が安く販売されている時を狙ったり(『』)、ローンを組んで購入することもあり(原作「天井うらの宇宙戦争」、『』)、お金を支払う為のも所持している(原作「ガラパ星からきた男」)。 「たったそれだけのお金でひみつ道具を購入出来るのか?」と思うかもしれないが、原作「ボーナス1024倍」では、が持ち帰ったボーナス(札束)を銀行に100年間預金し、ドラえもんが「」で100年後に行って預金を引き出したら、ボーナス(札束)が リュックで背負わなければ持ち歩けない程の量に増えていた。 しかしこのお札は当然ながら未来のお金なので、このままでは現代で使うことが出来ない。 そこで現代(20世紀~21世紀)のお札を買ったのだが、その際ドラえもんが「 古銭が凄く値上がりしててね。 (のび太君がパパのボーナスを増やした分で買いたいとねだっていた)自転車1台分やっと儲かった」と言っている。 このことから、現代のお金は22世紀では価値が飛躍的に上昇していることが分かる。 故にママから貰えるやアルバイトで稼いだお金で、様々な道具を購入することが出来るようだ。 ただし、が所持している道具と性能差が開く事もしばしばある(等)。 レンタル品も多いらしく(『ドラえもん最新ひみつ道具大事典』にて、藤子・F・不二雄が「ドラえもんが持つひみつ道具は 3分の2がレンタル」と説明している)、上記の使い捨ての道具についてを考慮すると、ドラえもんはいつでも全ての道具を所持している訳ではないことが分かる。 一方で原作「」では 大量のひみつ道具を点検していたり、原作「大むかし漂流記」ではドラえもんが「ポケットの中の道具の 半分近くを修理に出した」と言っていたり、『』ではドラえもんが 大量のひみつ道具を修理に出していたり、原作「いねむりシール」でもドラえもんが自ら道具の点検・手入れをしていたりと、彼が 正式に購入し、修理や手入れを行うことで繰り返し長く使用することを前提とした道具も数多く持っていることが分かる。 原作漫画(短編・)で登場した道具は 1600個以上(複数個でセットのものや名称不明のもの等もあるため数え方にもよる。 また、「自動コジ機」や「スカートめくり用マジックハンド」等、書籍によっては収録が抜けていたり名称が変わっているひみつ道具も存在している)。 他に派生作品やアニメ・で登場した道具もあり、アニメ(第1期・第2期)に登場したものを含めると 総数2300個を超える。 アニメオリジナルひみつ道具の中には、視聴者やスタッフが考えたひみつ道具も存在している。 『』等に登場するロボットや装置と比べると子供の夢をストレートに実現したものが多く、は一先ず置いておくとして、、・等、 倫理的に問題がありすぎる道具が数多く存在する。 それだけでなく、 も存在しており、「22世紀で一般的な子守用ネコ型ロボットである筈のドラえもんが何故そのような道具を持っているのか」というツッコミどころ満載なものもある。 他にも や 、 や も存在し、挙句の果ては 道具も数多く存在する。 何より恐ろしいのは、 これほど強力な道具をの小遣い程度の金額で購入することが出来る上に、日常品として一般家庭に普及しているという事実である。 22世紀はどういう社会なのやら……。 それにしても「」や「」に「」等、ひみつ道具には やたらが多いのはどういうことだろうか(場合によっては、それらの道具が・等に登場する悪役に対抗する為の手段として活躍することもあるが)。 ちなみに「」等、何かしらに改変をもたらす効果を持つひみつ道具については、持ち主や使用者(専らや)、その場に居合わせた人達には効果が表れていないことも多い(使用者が明確に持ち主に効果が及ぶよう使用することもあるが、その場合は持ち主は道具の影響を受けていると自覚していることが多い)。 ちなみに過去の世界でひみつ道具を使って金儲けしたり、許可なくことは22世紀の法律で固く禁じられている。 もし破れば処罰の対象になり莫大な罰金を取られるか、ドラえもんが未来へ強制送還されてしまう。 しかしドラえもんやのび太はひみつ道具を使って何度か金儲けしようとしたり、自分達の都合で過去を変えている(ただし金儲けは成功した場合も稼ぎは多くて1000円くらいで大半は失敗している。 過去改変も大抵は失敗するか、あるいは誰かの運命を良い方向へ変える結果となっている。 子供の小遣い程度の金儲けや、歴史に大きな影響を与えない一般人の歴史改変なら一応セーフということだろうか)。 それだけでなく、上記の通りひみつ道具による金儲けは禁止されているものの、ひみつ道具の中には 道具が存在しており、こちらはドラえもんが普通に取り出して使用している為、どうやら合法であるらしい。 上記の通りひみつ道具は22世紀において未来デパートで販売されており、子供の小遣い程度で買える物も多く一般的に普及している。 しかしアニメ版(特にオリジナルエピソード)では、22世紀やそれ以降の時代に住んでいるにも関わらず、ひみつ道具の存在を知らないかのような態度を取る人間やロボットが登場することもある。 関連イラスト.

次の

【LINE GAME】どこでもひみつ道具パズル!「LINE:ドラえもんパーク」が ドラえもんの誕生日を記念して、本日より配信開始!

ドラえもんパーク ひみつ道具

スマホアプリ『ドラえもんパーク』ってどんなゲーム? 『LINEドラえもんパーク』は世界的人気まんが「ドラえもん」(原作 藤子・F・不二雄)でお馴染みのキャラクターたちと一緒に冒険しながら、個性豊かな 「パーク」をつくり上げていくパズルゲームだ。 配信前から公式HPで体験プレイができたり、キャンペーンなどでも盛り上がりを見せていた。 簡単パズルでひみつ道具を消していこう ゲームの核となるパズルのシステムは、非常にシンプルな内容となっている。 パズルでは同じ色(ひみつ道具)のブロックを3つ以上揃えるとブロックを消せるシステム。 なお、 4つ以上ブロックを揃えて消すと特殊効果発生する。 ちなみに、パズル中はドラえもんがボイスで応援してくれたりと、非常に豪華な仕様となっている。 ドラえもんたちの衣装をゲットしよう! ドラえもんたちのいろいろな衣装の中には、パズルをサポートする効果があるものがある。 さまざまなキャラスキルを駆使して、ゲームを攻略していくのも面白いぞ! なお、衣装は強化することによって、 全衣装最高レアリティのSランクまで強化可能だ。 キャラ衣装はノーマルガチャとプレミアムガチャから獲得可能となっており、ノーマルガチャはパズルをクリアすると手に入る「どら焼きメダル」で引くことができる。 自分だけの『ドラえもんパーク』を作ろう 『LINEドラえもんパーク』の魅力の一つでもあるパークシステムでは、 パズルゲームをクリアすることでオリジナルのパークを作れる。 パズルゲームをクリアすると「すず」がもらえ、すずをもらってストーリーを進めていく形式。 ストーリークエストの内容は「家庭菜園を作ろう」や「キャリアカーを置いてみよう」などさまざま。 中には、クリア後のデコ配置で見た目を変更できるものもあるぞ! パークに隠れたひみつ道具を見つけて「まんが」をゲット! 前述の通り、パークに隠れたひみつ道具を見つけると、その 秘密道具の登場シーンが描かれた漫画をゲット可能。 パークを広げながらたくさんのひみつ道具を見つけて「まんが」を集めていこう。 手に入れたひみつ道具の「まんが」は「ひみつ道具図鑑」にコレクションされるので、収集要素も見逃せないポイントだ。 パズルゲームにおいて、非常に重要なポイントになるので初心者の方はしっかり覚えておこう。 他ゲームと違う点は「ひみつ道具ブロック」と「ドラやきブロック」で効果が異なるので、下記を参考にしてもらいたい。 ドラやきの特殊ブロック• 「スペシャルデコ」は「なないろのすず」を集め、 交換することで入手可能だ。 なお、「なないろのすず」は交換所でも入手可能となっているので覚えておこう。 「スペシャルデコ」のコレクション報酬などもあるので、コンプリートしてかわいいデコさらに手に入れよう! レアリティを上げよう 『LINEドラえもんパーク』にはおなじみのキャラクターたちの衣装がガチャにて登場する。 各衣装にはレアリティが存在し、スキルなども搭載されているので攻略において重要な要素だ。 なお、最高レアリティはSとなっており、前述の通り 全衣装Sレアまでグレードアップ可能となっている。 キャラクターカードが最大レベルに達するとグレードアップできるので、コツコツガチャを引いて育てていこう。 ドラえもんパークのリセマラについて リセマラは可能?したほうが良い? 『LINEドラえもんパーク』ではリセマラ不要。 ガチャシステム(キャラ)は存在するが、リセマラ効率は悪いのでリセマラ非推奨だ。 レアリティ プレミアムガチャ ノーマルガチャ A 5% — B 95% 10% C — 90% ドラえもんパーク|評価・レビューまとめ.

次の