寝 過ぎ て 頭痛 い。 寝すぎて頭が痛い!寝過ぎが原因の頭痛の治し方

寝過ぎでおこる頭痛をスッキリ改善させる7つの裏技

寝 過ぎ て 頭痛 い

1日中寝過ぎてしまい、起きたら頭痛がして辛い思いをした……という経験はありませんか? 独特な痛みはなかなかとれないので厄介なものです。 風邪や寝不足でもないのに、なぜ寝過ぎで頭痛が起こるのか。 その原因と対処法をお伝えします。 寝過ぎで頭痛がヒドイ時に行うべき対処と原因 頭痛のメカニズムを知ろう 15歳以上の日本人のうち3人に1人は頭痛持ちと言われているほど、頭痛は身近な症状です。 一度頭痛になると集中できなくなったり、ひどいときには生活に支障をきたしたりとなかなか厄介ですよね。 それに加えて、一言で頭痛と言ってもタイプがいくつか存在し、対処法を間違うと悪化する場合もあるので注意が必要です。 頭痛の種類は大きく分けて、脳の血管が急激に広がって起きる「偏頭痛」と頭の周りや肩、首の筋肉が緊張から発症する「緊張型頭痛」があります。 「偏頭痛」はストレスから解放されると急に血管が拡張することがあり、周囲の三叉神経が刺激され痛みを引き起こします。 リラックスしやすい休日や仕事のないときになることが多く、寝不足や女性ホルモンの変動、空腹、疲労、光や音の刺激も偏頭痛の原因の一つになると言われています。 もう一つの「緊張型頭痛」は精神的、身体的なストレスが主な原因です。 長時間のパソコン作業など同じ姿勢をとり続け、首や肩の筋肉が緊張することが主な原因です。 寝過ぎで起こる頭痛はコレ それでは寝過ぎによる頭痛の原因は何でしょうか? それは「偏頭痛」と言われています。 具体的には、睡眠によって脳の活動が穏やかになることで緊張が緩まり、血管が拡張します。 そこで寝過ぎると必要以上に脳の血管が広がってしまい、周囲の三叉神経を刺激してしまいます。 それに加えて、神経伝達物質などの放出によって血管の周囲に炎症が広がり、痛みが起こります。 寝過ぎってどのくらい体に悪いの? 寝過ぎが頭痛を引き起こすメカニズムはわかりましたが、ほかにも悪影響を及ぼす可能性があることは知っていますか?1980年代にアメリカで行われた、睡眠時間と寿命の関係の調査では、7. 5~8. 5時間以上の睡眠時間をとっている人は、6. 5~7. 5時間睡眠の人よりも死亡率が20%もアップしたという結果が出ています。 なぜ睡眠時間が長いと寿命が短くなるのか、その原因はまだ解明されていませんが、頭の隅においておきたい気になる結果ですね。 また、日の出より後の睡眠は太陽の光や外の音に遮られ、浅い睡眠になりがちです。 長時間浅い眠りを続けると目覚めたあともスッキリせず、再び眠気に襲われることにもなります。 休日だと言っていつまでも布団の中でダラダラすることは時間を有効に使えないとともに、体にも決してよいことではないことがおわかりでしょう。 そこで寝付きと目覚めがよく、起きてからも活動的に過ごせた日の睡眠時間を何度か記録してみるとよいでしょう。 また、平日と休日では緊張したりリラックスしていたりと心身の状態が異なりますので、分けて記録することがポイントです。 寝過ぎ頭痛を治す方法 寝過ぎ頭痛を解消するためには、偏頭痛の原因である血管の拡張を抑え、収縮させることで頭痛をやわらげることが重要です。 その方法とは ・痛む部分を氷水などで冷やす(氷枕や冷えピタが使いやすい) ・血管の収縮作用のあるカフェインを含む緑茶や紅茶、コーヒーを飲むなどが有効 また、頭痛が起こっているときは体を動かしたり光を感じたり騒音を聞いたりすることでも痛みが悪化したりします。 できるだけ暗い場所で静かに横になることが大切です。 寝過ぎ頭痛を治すためにしてはいけないこと 入浴やマッサージなどは血行をよくし、血管の拡張を促してしまうため逆効果です。 予防となるカフェインの摂取も、続けて摂ることで逆に頭痛を誘発する原因になるため、ほどほどにしておきましょう。 寝過ぎ頭痛を起こさないためには 寝だめはもちろん、先ほども述べたように疲労や空腹も偏頭痛の原因になるのでできるだけ避けるようにしましょう。 さらに、偏頭痛を誘発させるチョコレートやチーズ、ハム、ヨーグルト、かんきつ類、赤ワインなどの摂りすぎもよくありません。 頭痛を治すことよりも大切なことは、平日の睡眠不足を休日に解消するのではなく、休日も平日と同じ睡眠時間をとり、生活のリズムを整えることです。 軽い運動やリラックスする時間を確保することも睡眠の質を上げ、寝過ぎを防ぐのに有効です。 いかがでしたか? 睡眠は心身にとって重要ですが、寝過ぎるのもストレスになったりしてしまいます。 過ぎるのも不足も体には悪いことがおわかりになったと思います。 適度に体を休めて、偏頭痛を起こさないように注意してくださいね。

次の

寝過ぎでおこる頭痛をスッキリ改善させる7つの裏技

寝 過ぎ て 頭痛 い

スポンサーリンク 1. 寝過ぎによる2つの頭痛の発生理由と症状 寝過ぎた時に起きる頭痛は、2種類あると考えられています。 「偏頭痛」と「緊張型頭痛」です。 ここからは 寝過ぎによって発症する2つの頭痛について詳しく説明していきます。 そのため、脳の血管は拡張していますが、寝過ぎると必要以上に 脳の血管が広がってしまい、 周りの神経を刺激し痛みを生じさせて、偏頭痛を発症させるのです。 偏頭痛は、脈を打つのに合わせてズキズキと痛みます。 吐き気や嘔吐が伴う場合もあり、頭を動かすと痛みは悪化します。 光や音にも敏感になる傾向があります。 偏頭痛は、寝不足や気圧の変化、ホルモンバランス乱れ、ストレスからの解放などによっても引き起こされる頭痛です。 休日に寝過ぎた時に起きやすいのは、ストレスから解放されることとも関係しているかもしれません。 寝ている時、寝返り程度しか動きませんし、枕が合っていなかったり、不自然な格好で寝ていたりすると、首や肩がこったような状態になり筋肉が緊張し、 血流が悪くなり脳の血管が収縮し頭痛が起きるのです。 緊張型頭痛は、頭が締め付けられるような痛みです。 全体が痛むこともありますし、首から後頭部にかけて痛むことがあるでしょう。 寝過ぎ以外にも、首こりや肩こり、ストレスがきっかけで引き起こされる頭痛です。 寝過ぎの原因となる2つの病気と症状 寝過ぎは、体が出している病気のサインの可能性もあります。 ここからは、 寝過ぎが原因となる2つの病気について説明していきます。 この病気は、眠気が強く、夜間にしっかり睡眠を取っても日中も眠気が襲ってきます。 原因は今のところ不明です。 この病気を患っていると、よく居眠りすると誤解されがちですが、脳の指令により起きていられなくなる病気ですから、理解を得にくく辛い病気です。 仕事や学業、車の運転など生活にも支障を来しますから、注意が必要でしょう。 症状としては、8時間~10時間寝ても、朝の目覚めが非常に悪いという特徴があり、大音量のアラームでも起きないほどです。 やっと起きたとしても、頭がボーッとして 酩酊状態のようになります。 他にも、 頭痛や、 起立性低血圧、 めまい、 手足の冷えなどの症状が見られるでしょう。 こうした症状が3か月以上続くなら、この病気の可能性がありますから、専門医での診察をおすすめします。 この「非定型うつ病」は、新しいタイプのうつ病で、楽しい事や嬉しい事があった時には気分が明るくなりますが、長続きせず時間が経つと気分が沈みます。 ひどい倦怠感、何時間寝ても眠気が取れず寝過ぎてしまう、夕方から夜にかけて気分が沈む、食べ過ぎる、体重の著しい変化、人の言動や顔色を気にし過ぎるなどのうつ病と異なる症状がいくつか見られます。 睡眠に関して言えば、 1日10時間以上寝る日が週に3日以上あります。 性格的なことも関係していて、責任感が強い人や、他人に甘えることができない人や、1人で頑張り過ぎてしまう人、弱みを見せない人などが発症しやすいとされています。 自覚しにくい病気であるため、知らず知らずのうちに悪化し長期化することがありますから、もし当てはまるものがあれば、 心療内科などでカウンセリングを受けることをおすすめします。 寝過ぎが原因でリスクが高まる病気 長時間寝過ぎてしまうと、睡眠不足と同じように体に悪影響を及ぼします。 例えば、腰痛になったり、 体内時計が乱れて、 ホルモン分泌に影響が出たり、 情緒不安定になったりします。 さらに、次のような重篤な病気になるリスクが2倍以上になるというデータがあります。 心筋梗塞• 脳卒中• 糖尿病• うつ病• アルツハイマー 他にも、寿命が縮んでしまうという報告もありますから、睡眠は多く取れば良いものではなく、適度にする必要があると言えます。 体に良い正しい睡眠のポイントとは? 睡眠の質やタイミング、適した時間は人によって異なります。 目安としては、 6時間30分~8時間とされています。 そして、休日に寝だめするという方法は、睡眠のリズムを乱れさせますから、休日にはゆっくり寝たいという気持ちになりがちですが、平日も休日も同じ睡眠時間やペースを保つようにおすすめします。 では、睡眠の質を上げて寝過ぎないためにできることは何でしょうか? ここからは 体に良い正しい睡眠のポイントをご紹介していきます。 寝つきが悪くなりますから、控えましょう。 生活リズムが崩れている方は、朝日を浴びることを意識すると良いかもしれません。 運動不足の方は、軽い ウォーキングでも良いので体を動かすことを心がけてください。 まとめ 「寝過ぎ」により起こる2つの頭痛と病気についてご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか? 寝過ぎが頭痛や様々な病気を発症させることや、病気のサインであることを見てきました。 休日にたくさん寝たくなるのは、日々の疲れやストレスに起因するものがほとんどでしょう。 忙しい毎日ですが、睡眠時間の確保と質の改善により、健康な体を手に入れ長生きできるかにも大きく関係してきます。 ぜひこの機会に自分の睡眠を、ベストなものへと調整してみませんか?.

次の

寝過ぎ頭痛にはコーヒーが効く!市販薬はダメ!

寝 過ぎ て 頭痛 い

寝て朝起きた後、じんじん頭が痛む、どうして?たくさん眠った後にひどい頭痛がするのを何とか改善したい・・・。 あなたは今、頭痛で苦しんでいませんか? 寝不足の日々が続いても、寝すぎても頭痛は発生します。 昼間の仕事中などに頭痛がすると、痛みで目の前のことに集中できないですよね。 なかには眠っている時に頭痛があり熟睡できない人もいます。 すると睡眠不足にもなり頭痛が悪化する、という悪循環に陥ってしまいます。 こちらの記事では寝不足や過眠による頭痛の原因、またそれらの解決方法について詳しく紹介いたします。 今頭痛で悩んでいる人、頭痛の原因が分からなくて困っている人はぜひこちらの記事を参考にしてみてくださいね。 この記事の目次• 頭痛はなぜ起きるの?頭痛には起きるメカニズムがあります はじめに頭痛が起きるメカニズム、また様々な頭痛の種類について詳しく紹介いたします。 頭痛が起きるメカニズムはこれです 私たち日本人は頭痛に悩んでいる人が多く、一説では日本人の約4割が頭痛持ちといわれています。 ではなぜ頭痛が起きるのか、メカニズムを紹介いたします。 頭痛は頭の太い血管や骨も守る膜である骨膜、頭皮、頭の筋肉、脳神経など頭の組織が圧迫されたり、何らかの原因で炎症を起こしたりすることで起きます。 頭痛には大きく分けて「一次性頭痛」と「二次性頭痛」の2種類があります。 何か病気なわけではないのに繰り返し頭痛が起きるのが一次性頭痛です。 また何か病気が原因で起きる頭痛が二次性頭痛です。 二日酔いなど、一時的な状態による頭痛はこの2種類の頭痛には当てはまりません。 一次性頭痛は「慢性頭痛」とも呼ばれ、頭痛持ちの人たちの頭痛は一次性頭痛です。 一次性頭痛は大きく分けて「片頭痛」、「緊張型頭痛」、「群発頭痛」の3種類になります。 一次性頭痛は首や頭などの部位の筋肉の緊張、頭の血管の拡張などが原因として考えられます。 二次性頭痛の場合、クモ膜下出血や脳腫瘍など、命に関わる危険な病気のため頭痛が起きます。 二次性頭痛と一時性頭痛には痛みの度合いに違いがあります。 二次性頭痛の場合突然強い頭痛に襲われたり、また手足が麻痺したり痺れたりします。 強い頭痛があり、かつ頭痛の他にも吐いてしまったり、高熱を出す日が続いたりするのであれば、危険な病気になっている可能性があります。 このような症状が続くのであればすぐに病院に行って検査をしてもらって下さい。 苦しい頭痛には色々な種類があります 日常的に頭痛がある一次性頭痛(慢性頭痛)の場合、「片頭痛」、「緊張型頭痛」、「群発頭痛」と種類があります。 それぞれの頭痛について詳しく紹介いたします。 片頭痛 脈をうっているようなズキンズキンと痛みを感じる頭痛は片頭痛です。 片頭痛は頭の中で血管が広がり、血管が動くリズムに合わせて血管の周りの神経に刺激が伝わり、起きるのです。 脳の中にある太い血管が拡張されると、その周りにある頭の中の一番大きな神経、「三叉神経(さんさしんけい)」が圧迫されて刺激を受けます。 そして三叉神経から痛みの原因となる、神経ペプチドという物質が放出されます。 すると血管の周りに炎症が起き、さらに血管拡張して三叉神経が刺激される、という悪循環がはじまります。 そしてこの刺激が大脳へと伝わり、痛みと認識されてズキンズキンと頭に響くような片頭痛になります。 また片頭痛の場合頭痛が起きた時に視界にチカチカと光が見えることがあったり、音に敏感になったりします。 吐き気も併発して起きることがあります。 緊張型頭痛 後頭部を中心に、頭が何かに締め付けられているような痛みを感じる頭痛であれば、それは緊張型頭痛です。 ヘルメットをかぶっているような感覚があるのも緊張型頭痛の特徴です。 緊張型頭痛の原因はパソコン作業や車の運転など、長時間ずっと同じ姿勢を続けていると溜まるストレスが原因です。 また不安や緊張などの気持ちが続くことで溜まる精神的なストレスも原因になります。 そして緊張型頭痛には「反復性緊張型頭痛」と「慢性緊張型頭痛」の2種類があります。 反復性緊張型頭痛の場合は一ヶ月に15日未満頭痛が起こり、慢性緊張型頭痛は毎日頭痛が起きることです。 群発頭痛 じっとしていることが困難なほどの強い痛みが目の奥で起きるのが群発頭痛です。 片頭痛や緊張型頭痛に比べて患者さんの数が少なく、男性に多くみられる頭痛です。 片目の奥を突き刺されているような、また目をえぐられているような、耐えられない痛みが群発頭痛の特徴です。 また群発頭痛の場合頭痛の他にも充血になったり涙が出てしまったりするなど、目の異常が起きます。 また鼻水が出たり鼻づまりが起きたりする鼻周りの症状もあります。 群発頭痛が起きる原因はまだ明確になっていませんが、目の奥にある血管、 「内頚動脈(ないけいどうみゃく)」が拡張して炎症を起こして頭痛が起きている可能性が高いです。 群発頭痛は頻繁に起こるわけではなく、2~3年や半年に一回くらいの頻度で起きる人が多いです。 ただし一度起きると1~2ヶ月は毎日のように頭痛が続き、苦しい日々が続きます。 なので群発頭痛が起きたら辛い日々が始まるので、すぐに病院に行き対処してもらいましょう。 頭痛が危険な病気の症状である可能性があります 突然激しい頭痛に襲われ、かつ高熱や吐き気など別の症状もあった場合、それは危険な病気にかかっているために起こる2次性頭痛の可能性があります。 続いて2次性頭痛であった時にかかっている可能性のある病気を3つ紹介いたします。 くも膜下出血 脳の周りには外部から守るための膜、硬膜とくも膜と軟膜があります。 そして膜の一つのくも膜と脳の間にある、「くも膜下腔」という場所が出血した状態のことをくも膜下出血といいます。 くも膜下出血の8割以上が、脳血管にできる瘤、脳動脈瘤が破れることによって発生します。 出血が多い時は強い頭痛、嘔吐やけいれんなどの症状があり意識を失うこともあります。 異常を感じたらすぐに病院に行きましょう。 また出血が少ない場合でも首の後ろ側などに痛みを感じることがあるので、頭痛もちの人もいつもと違う感覚の痛みを感じたとは、念のために病院に行って検査を受けてください。 脳腫瘍 脳腫瘍という病気の名前を聞いたことがある人は多いと思います。 脳腫瘍とは、頭蓋骨の中にできた腫瘍の総称です。 脳腫瘍は脳組織から発生する「原発性脳腫瘍」と、脳以外の臓器から転移されてきた「転移性脳腫瘍」に大きく分けられます。 脳腫瘍によって起きる頭痛がどうか見分けるには、頭痛と一緒に食欲がなくなっているかどうかです。 そして頭痛は徐々に強くなっていくのも特徴です。 食欲の低下の他にも話している時に言葉が出てこなくなったり、足や手を思うように動かせなくなったりする症状が出てきます。 体に異変を感じたらすぐに専門の病院に行って診察を受けてください。 脳動脈解離 脳動脈解離とは、脳の血管を構成している血管が裂けることによって起こる病気です。 脳の血管は内側から順に内膜、中膜、外膜とあります。 そして内膜に囲まれている場所に血液が流れています。 この内膜が裂ける病気が脳動脈解離になります。 内膜が傷つくことで動脈壁の中に出血してしまい、壁が裂けている状態となります。 そして脳動脈解離によってくも膜下出血や脳梗塞など、他の病気になる可能性も上がります。 脳動脈解離の場合、うなじから後頭部にかけて痛みを感じます。 脳動脈解離を発症した場合他の病気を引き起こすおそれがあるので、違和感を感じたらすぐに病院に行きましょう。 生活している中で気づかない間に首を捻ったり、スポーツをしていたりする時に衝撃を受け、脳動脈解離になることがあります。 特に外側に異常がなくても、頭痛がきたらすぐに診断してもらうのがオススメです。 長時間眠りすぎると頭痛の原因になります 休日だと思って長時間眠ったあと、頭痛に襲われた経験はありませんか?この頭痛にも原因があります。 続いて仮眠によって引き起こされる頭痛の原因、そして解消方法について詳しく紹介いたします。 ずっと眠っていると頭痛が起きる理由 眠りすぎたあとに起きる頭痛の原因の一つは、普段と違う睡眠時間による脳の混乱が考えられます。 例えば仕事のある平日の睡眠時間は6~7時間なのに、ゆっくりできる時間のある休日は9時間、時には10時間と眠っていないでしょうか?日によって睡眠時間が変わると生活リズムが崩れ、自律神経が乱れてしまいます。 すると脳の血管の収縮、拡張のリズムも乱れ、頭痛を引き起こしやすくなります。 また眠り過ぎると脳などの血行が悪くなります。 そして眠っている間血管などの緊張は緩み、血管が拡張しやすくなります。 血管が拡張することで頭痛も起きますし、また血管を緊張させるために、「セロトニン」という脳内物質が放出されます。 セロトニンには血管を緊張させる働きがあるからです。 特に片頭痛持ちの人は眠りすぎて起きた時に頭に痛みを感じるので、気をつけてくださいね。 また過眠による頭痛は時間が経てば解消されるので安心してください。 あまり気にしすぎず、そのうち痛くなくなると思い深刻にならないようにしましょう。 どうしても寝すぎてしまうのなら、非定型うつ病の可能性があります 通常休日などにいつもより長時間眠ってしまうのは、心身に溜まっている疲労が原因です。 なので疲労が回復すれば長時間眠ることもなくなります。 しかし眠っても眠っても眠気がとれず、かつ食欲がなくなったり、いつも倦怠感を感じていたりするのであれば、ストレスなどが原因の「非定型うつ病」の可能性が出てきます。 精神疾患である非定型うつ病は過眠の症状が強く出る病気です。 定型うつ病も過眠の症状が出ることはありますが、定型うつ病の場合は過眠ではなく不眠の症状の方が高い確率で出てきます。 非定型うつ病の大きな特徴は、「気分反応性」という状態かどうかです。 この気分反応性というのは、仕事など自分が辛く感じているものには気分が落ち込みやる気を失い、好きな友人と遊ぶことなど、楽しいことには積極的になれる、というものです。 非定型うつ病の人の行動は、自分の気分を優先させている甘え、というように誤解されがちですが、非定型うつ病になる人は元々真面目で勤勉な人がほとんどです。 過眠に加えて突然仕事に行くのを躊躇うようになったり、落ち込むようになったりしているならば、非定型うつ病の可能性があります。 自分のことを怠けている、などと考えずにまずは自分が非定型うつ病に当てはまるかチェックしてみて、かつお医者さんに相談してみましょう。 体内時計を整えて過眠を防ぎましょう 日々の睡眠が10時間を超えている人のことを「ロングスリーパー」といいます。 しかしこのロングスリーパーの人は、アメリカの調査では男性の2%、女性の1. なので必要でないのに長時間睡眠をとっている人は、睡眠時間を減らして頭痛を防止することができます。 そして過眠は体内時計を整えることで改善へと導くことができます。 まず体内時計を整える上でやってほしいのは、毎日起きる時間を一定にすることです。 体内時計は朝起きて太陽の光を浴びた時にリセットされ、眠る時間への体内時計の計算がはじまります。 なので毎日同じ時間に自然な眠気が訪れるように、朝起きる時間を一定にしてください。 そして体内時計を整えるのにとても有効な方法があります。 それは毎朝起きたら必ず太陽の光を浴びることです。 日光には乱れた体内時計をリセットする効果があり、また日光を浴びることによってセロトニンという脳内物質が分泌されます。 このセロトニンは幸福感や気持ちの安定をもたらしてくれるので、昼間の活動を活発にすることができ、それによって夜の寝つきが良くなります。 そして休日にも気を付けてほしいことが2つあります。 また睡眠時間を増やすなら、お布団に入る時間を早めて必ず同じ時間に起きるようにしてください。 睡眠サイクルを整えて過眠による頭痛を防止してくださいね。 寝不足の日々が続くと頭痛になりやすくなります 忙しい日々が続き睡眠不足の日々が続いていくと頭痛が始まった・・・、こんな経験はありませんか? 続いて寝不足による頭痛の原因、またその解決方法について詳しく紹介いたします。 自律神経の乱れと血行不良が寝不足の頭痛の原因になります 寝不足によって生まれる頭痛の主な原因は2つあります。 血行不良と自律神経の乱れです。 この2つの原因について詳しく紹介いたします。 血行不良 寝不足に日々が続くと、体の筋肉の緊張が取れません。 十分な睡眠によって体は休息され、筋肉が休まることもできるからです。 睡眠不足によって脳の筋肉も十分に休息されず、緊張が続いている状態が続くと脳の血管は圧迫され、収縮した状態が続きます。 すると血流の流れが悪くなり、セロトニンが血液の流れを促すために分泌されはじめます。 この脳内物質であるセロトニンが分泌されると、血管が拡張されはじめます。 そして血管が拡張されると脳の神経が刺激され、頭痛が発生します。 自律神経の乱れ 睡眠不足の日々が続くと自律神経が乱れてしまい、この自律神経の乱れも頭痛の原因となります。 自律神経には2種類あります。 活発に活動している時や興奮している時に優位になる「交感神経」と、休んでいる時やリラックスしている時に優位になる「副交感神経」です。 そして自律神経には体の血管の収縮や拡張を調節する働きがあります。 睡眠している時は体が休息しているため副交感神経が優位になります。 しかし寝不足の日々が続くとずっと活動的な状態、つまり交感神経が優位な状態が続いてしまい、自律神経の働きの交感が上手くいかなくなります。 すると疲労が蓄積し、血行も悪くなるので頭痛が発生します。 忙しくてどうしても睡眠時間の確保が難しいのなら、睡眠の質を上げるようにしてみてください。 深い眠りにつくために、寝室はなるべく落ち着いた色合いで静かな環境をつくりましょう。 昼寝の習慣をつくり寝不足の疲労を回復させましょう 夜眠る時間をしっかり確保するのが難しい人にオススメしたいのが昼寝の習慣をつくることです。 昼寝には寝不足によって落ちてしまう昼間の集中力を高め、ストレス軽減、また午前の活動による疲労を回復させる効果があります。 少しの時間の昼寝でも効果は抜群なのでぜひ試してみてください。 それでは上手に昼寝をするコツを3つ紹介いたします。 お布団に入って眠らない 自宅で仕事をしている人などが気を付けてほしいのは、昼寝をする時にお布団に入らずデスクに突っ伏して眠るなど、完全に睡眠をとる姿勢にならないことです。 なぜならお布団に入って昼寝を始めてしまうとそのまま深い眠りに入ってしまい、疲労が溜まっていた場合長時間眠ってしまう可能性があります。 すると夜寝つきが悪くなってしまいます。 また昼寝は浅い睡眠の方が起きた後の眠気も少ないので、午後からもすぐに働きはじめることができます。 昼寝によって首や肩に大きな負担がかかるなら、お昼寝用の枕などを用意することをオススメします。 昼寝の時間は10~30分に設定する 昼寝の効果が高くなる時間は10~30分と言われています。 さらに年代によって効果的な昼寝の時間は変わります。 ・10代~40代までは10~15分 ・40代以降は20~30分 会社に勤めている人などは、お昼ご飯を食べてから昼寝をすると思うので10~15分の時間がちょうどいいと思います。 また夜の睡眠に悪影響を与えないためにも、昼寝は午後4時までに終わらせましょう。 午後4時以降にも昼寝をしてしまうと体内時計が狂ってしまうので気を付けてください。 昼寝をする前にカフェインを摂取する 昼寝のあとの寝起きを良くするためのオススメの方法があります。 それは昼寝の前にコーヒーなどカフェインが含まれている飲み物を飲むことです。 コーヒーなどに含まれているカフェインには覚醒作用があり、また摂取してから約20分後に効果が出てくるので昼寝から目を覚ますのに最適です。 ぜひカフェインの覚醒作用を活用してください。 寝不足が原因の頭痛を改善するツボ3つ 体のある一点、ツボを押すことで疲労など体の様々な悩みを解消することができます。 そして寝不足によって生じる頭痛を改善するツボもあるのです。 こちらでは寝不足による頭痛に効果的なツボを3つ紹介いたします。 天中(てんちゅう) 天中は首の後ろ側、ちょうど髪の生え際あたりにあります。 首の中心にある僧帽筋の左右外側にあります。 天中を押す時は両手の親指を天中に当て、残りの指は頭を包み込みます。 そして親指で天中を頭の中心に向かって押し上げてください。 5秒ほど押して離すことを5~10回繰り返してください。 ヘッドマッサージなどでも押される天中は頭痛の他にもストレス解消、肩こり解消などの効果があります。 通天(つうてん) 通天は頭痛だけではなく、頭や肩の重さ、だるく感じたり背中が重く感じたりする時も効果があるツボです。 通天は頭のてっぺんと左右の耳の延長線状が交わる「百会(ひゃくえ)」よりも顔側へ左右少し斜め前にあるツボです。 通天を押す時は左右それぞれ中指の腹で頭の中心へと向けて2~3秒押し、それを10回ほど繰り返してください。 風池(ふうち) 風池はさきほど紹介した天中の位置よりも指2~3本分外側にあるツボです。 風池は頭痛、神経痛、また脳に酸素が足りずぼーっとしている時に効果があります。 食後の眠気にも効果があるので、眠気を覚ましたい時にはこの風池を押してみてください。 風池を押す時は左右の親指を風池に当て、他の指で頭を包み込み、頭の中心に向かって親指を押し上げてください。 5秒ほど押して離すのを10回ほど繰り返してください。 頭痛を感じた時に試してみてくださいね。 朝起きてすぐに頭痛がありませんか?メカニズムと対策教えます ぐっすり眠って朝起きるとズキズキ頭が痛い・・・。 こんな朝はありませんか? 続いて起床時の頭痛の原因、また解決方法について詳しく紹介いたします。 朝起きてすぐの頭痛がする原因説明します 起床時の頭痛の原因は血行不良です。 脳の血流が悪くなることによってセロトニンの分泌がはじまり、血管を拡張されます。 そして拡張された血管が脳神経を刺激し頭痛になるのです。 朝起きた時に血行不良になる原因の1つとして首と肩がこっていることが考えられます。 肩が凝っている状態というのは、首、肩らへんの筋肉の血流が悪い状態です。 首、肩の血行不良の反動もあり、朝起きた時に頭痛が起きるのです。 首、肩がこってしまうことの原因として枕の高さが合っていないことが考えられます。 朝起きた時に頭痛だけではなく、肩や首にも違和感を感じるなら、高さが調節できる枕に切り替えることをオススメします。 また起きる時が浅い睡眠(レム睡眠)のタイミングの場合頭痛が起きやすいと言われています。 レム睡眠の時、血圧は不安定なので起きた時に頭痛が起こりやすいです。 そして眠っている時に歯ぎしりをしている人は起きる時に頭痛が起きやすいです。 歯ぎしりが原因の頭痛の場合は片頭痛に近い、こめかみが痛む特徴があります。 夜の入浴で朝起きた時の頭痛を防止できます 朝起きた時の頭痛は体の血行不良が大きな原因です。 肩こりなど筋肉が緊張し血行が低下してしまう状態を解消するためにもオススメしたいのが夜湯船に浸かることです。 お風呂はシャワーだけの人も多いと思いますが、入浴には高いリラックス効果があり、かつ体全体の血行を促進してくれます。 朝起きた時の頭痛を防止できる、夜の効果的な入浴方法を2つ紹介いたします。 このくらいの温度が寝つきを良くするのに最適です。 私たちの体は夜になるにつれて睡眠ホルモンと言われるメラトニンの分泌がはじまり、体の深部体温を下げる働きが始まります。 最低でも湯船には10分浸かってください 体の疲労回復、血行を促すためにも湯船には最低10分浸かるようにしてください。 短い時間の入浴は体の緊張を和らげることができません。 また寝つきを良くするために、入浴が体の深部体温のサポートをするためには最低でも10分は時間が必要です。 体の奥まで温まるのを待ちましょう。 入浴中にマッサージやストレッチをするのもオススメです。 ストレスは頭痛の原因?睡眠の質を上げて治しましょう 心身にダメージを与えるストレスですが、実は日々のストレスの蓄積が頭痛を起こしやすくします。 しかしストレスは睡眠の質を上げることによって解消することができます。 続いてストレスによる頭痛の原因、またストレス解消のために睡眠の質を上げる対策方法を紹介いたします。 ストレスは筋肉を強張らせ頭痛を生みます 大切でプレッシャーの大きい仕事が重なったり、人間関係で問題が起きたりする時、人は強いストレスを感じます。 全てのストレスが心身にダメージを与えるわけではありませんが、継続的なストレスは心身に異常をきたしてしまいます。 なぜストレスが溜まると頭痛が起きやすくなるのか紹介します。 私たちが最初にストレスを感じはじめると、アドレナリンというホルモンが分泌されるようになります。 アドレナリンはストレスホルモンの一種です。 そしてストレスを長期間継続して受けつづけると、アドレナリンの分泌が収まり、コルチゾールというストレスホルモンが分泌されるようになります。 このコルチゾールなどのホルモンは体の中でステロイドに合成、分泌されることでなります。 そしてステロイドには血圧を上げる働きがあります。 血圧を上げて体はストレスと戦おうとするのです。 そして血圧の上昇により血管が拡張し、頭痛が起こりやすくなります。 またストレスが溜まることによって、自律神経が乱れやすくなります。 ストレスが溜まっている時、私たちの体は交感神経が活性化されます。 すると体の筋肉が緊張している状態が続き、頭の筋肉も収縮して頭を締め付けます。 そして頭痛が起きるのです。 日々の中でストレスを解消させる習慣をつくり、頭痛を防止しましょう。 毎日のリズム運動がストレスを減らし睡眠の質を上げます ストレス解消をする上でオススメの運動方法があります。 それは一定のリズムを繰り返すウォーキングやランニング、水泳、サイクリングなどのリズム運動です。 なぜリズム運動がストレス解消に効果的かというと、リズム運動にはセロトニンを分泌する作用があるからです。 セロトニンは私たちの気分に大きく作用する神経伝達物質です。 セロトニンの分泌が減ると私たちは不安や怒りといったマイナスの感情に気持ちが振り回されやすくなります。 そして年齢を重ねていくにつれてセロトニンの分泌量は減っていってしまうので、リズム運動を行ってセロトニンの分泌を促し、ストレスに強いメンタルをつくりましょう。 毎日ウォーキングやランニングなどのリズム運動をする上で効果的にストレス解消をするコツは、運動を最低でも20分以上続けることです。 リズム運動はどの種類であっても運動を始めて5分後からセロトニンの分泌が始まり、20~30分でピークに達します。 そして運動も毎日続けられるようにするためにも、なるべく無理がなく、自分が楽しめるリズム運動を選びましょう。 またリズム運動は一人でするよりも大人数でする方がセロトニンの分泌量が高まると言われています。 グループで同じコースや道を走るマラソンなどに参加してみるのもオススメです。 毎日運動する時間を確保するのが難しい人は、食事の時食べ物をよく噛むようにしてください。 またガムを噛むのもオススメです。 噛むという行為もリズム運動にあたります。 よく噛んでストレス解消につなげてくださいね。 ストレスによる頭痛を治す眠る前のストレッチ3つ ストレスを解消するためにやってほしいオススメの習慣はもう一つあります。 それは眠る前にお布団でもできるストレッチです。 ストレッチをすることで固まった筋肉をほぐし、血行を促進することができます。 また眠る前にストレッチをすることで体がリラックスし、副交感神経が優位になります。 なので寝つきも良くなります。 それではお布団でもできるオススメのストレッチを2つ紹介いたします。 手足ぶらぶら体操 手足を天井に上げてぶらぶらし、全身の血行を促進するストレッチです。 手順1:お布団に楽な姿勢で仰向けになり、寝転がります。 手順2:両手両足を天井に向けて上げます。 両足を上げている時、膝は曲げてください。 手順3:天井に上げた両手両足をぶらぶら揺らして動かします。 簡単なので是非試してみてくださいね。 首と肩のストレッチ 筋肉が固まって血行が低下しやすい、簡単な首と肩のストレッチを紹介します。 手順1:お布団の上にあぐらなど、楽な姿勢で座ります 手順2:右手を頭の上を通って左耳に置き、頭を右側にゆっくり倒します 手順3:同じように左手を右耳に起き、左側にゆっくり倒します 手順4:両手の指を組んで、頭を包み込むように後頭部に置きます。 手順5:頭をゆっくりとうなずくように前に倒していきます 首を動かす時は10~30秒かけてゆっくりと行ってください。 寝室を変えて頭痛を改善する方法2つ 熟睡できず、浅い睡眠時間が長いと心身に疲労が蓄積され、頭痛の原因にもなります。 そして睡眠の質を上げるには、寝室をリラックスできる空間にするのが大切です。 最後に寝つきを良くするために、寝室をリラックスできる環境に変える方法を詳しく紹介いたします。 寝室のインテリアはリラックスできる色をセレクトしましょう リラックスできる寝室をつくるうえで、まず確認してほしいのは寝室のインテリアの色づかいです。 見ると心身がリラックスし、熟睡できる色を選ぶようにしましょう。 安眠ができる、寝室にオススメの色を3色紹介いたします。 緑色 葉っぱなど自然を連想させてくれる緑はリラックス効果が高く、緑を見ることで副交感神経が優位になります。 また緑色には気持ちを落ち着かせて血圧を下げる効果もあるので頭痛予防にもなります。 ストレスや緊張を和らげてくれます。 部屋の空気を清浄してくれる観葉植物もあるので、寝室に観葉植物を置くのもオススメです。 青色 青色は心の鎮静作用が高く、寝不足やストレスが溜まっている時に優位になりがちな交感神経の鎮めてくれます。 気持ちを落ち着けて寝つきを良くしたい時に青色は最適です。 お布団のカバーなどに使用するのもオススメです。 茶色 木や土の色である茶色は緑色と同じように見ると自然を連想し、緊張を和らげリラックスできる効果があります。 安らぎや穏やかな気持ちを与えてくれる色なので、寝室の家具は木目調の家具などで揃えるのがオススメです。 敷き布団は寝返りをうてるものが最適です リラックスできる環境をつくる時に忘れてはいけないのが私たちが毎日眠るお布団です。 おせんべいのように薄くなっている敷き布団を何年も使い続けている・・・。 大切な寝具のチェックを怠っていませんか? 眠る時に使う掛け布団と敷き布団を選ぶコツは、「寝返りをうちやすいかどうか」です。 眠っている間抵抗なく寝返りがうてることで血行やリンパが促進され、朝起きた時の頭痛を防止できます。 一晩の間に私たちは15~30回寝返りをうちます。 同じ姿勢で眠っているうちに滞る血行を促進したり、一部の部位だけに体重がかかったりして負担がかかるのを防ぐためです。 寝返りがうちやすい敷き布団は適度な固さのあり、体圧を分散できるものです。 柔らかすぎる敷き布団は必要以上に体が沈んでしまい、寝返りをうちづらくなります。 朝起きた時腰や肩に痛みや違和感がある人は敷き布団の固さが合っていない可能性があります。 適度に固さのある敷き布団に変えるのがオススメです。 睡眠の質を上げれば頭痛を改善できます(まとめ) いかがでしたか?過眠や寝不足による頭痛、また起床時の頭痛など、睡眠状態によっては頭痛が起きやすくなってしまうことがあります。 こちらの記事を参考にしてあなたの頭痛の原因を探り、頭痛を少しでも軽減させてくださいね。 睡眠の質を上げることによって、心身に溜まっているストレスが解消され、健康的な体調を取り戻すことができます。 寝具を変えてみたり、少しだけ毎日の習慣を変えてみたりするだけで睡眠の質を上げることができます。 ぜひ気軽に始められる頭痛の改善方法から始めてみてくださいね。 記事内で紹介されている商品 この記事で紹介されている商品.

次の