敬老の日 メッセージ デイサービス。 おススメ!敬老の日に盛り上がるイベントをデイサービスでも!

敬老の日のプレゼントやメッセージカードをデイサービスで手作りするならこれだ!

敬老の日 メッセージ デイサービス

コロナ禍での敬老会は中止すべき? コロナ禍での敬老会は中止すべきでしょうか? 実際問題として、不安要素が大きいのは事実ですよね。 デイサービスのように施設と自宅を行き来しているような場合は、やはり 控えた方が無難かもしれません。 別々の場所を生活拠点にしている方々が、大勢集まる状況というのはやはりリスクが大きいです。 また、老人ホームのように、施設での生活が主という場合でもリスクがあることには変わりありません。 ただ日頃生活している拠点が同じである場合のほうが、いく分かマシかな?という感じはしますが・・・。 とはいえ 何もしないというだけが選択肢ではありません。 例年通りではなく、少しでも喜んでもらえるよう工夫することも可能ですよ^^ コロナ禍での敬老会では何が出来る? 敬老会というとそれなりの人数が集まった催しというイメージが強いですよね。 でもそれではさすがにリスクが大きいです。 何もしないというのはやはり少し寂しい感じがする、少しでもいいから楽しませてあげたい。 そんな気持ちがあるのならば、 ・人数制限のため、1回ではなく2回・3回に分けて少人数で開催する ・少人数グループを作り、それぞれ別室で楽しんでもらう ・身内などは招かず、必要最低限の人間だけで開催する などといったことも考えられますよね。 施設によっては身内の方をご招待されるところもあると思うのですが、このような状況下ですから人数を絞る配慮は必要かと思います。 出し物に関しても外部の方に毎年お願いしている施設などもあるかもしれませんが、今年は控えた方がいいかもしれません。 (もしくはリモートに切り替えたり) とにかく敬老会を開催するなら徹底的に対策するよう心掛けましょう。 職員さん同士話し合って、できる限りの配慮をしてみて下さいね。 コロナ禍での敬老会まとめ コロナ禍での敬老会は心配な点が多々ありますよね。

次の

敬老の日のメッセージでデイサービス職員から送る場合は?参考例文集

敬老の日 メッセージ デイサービス

敬老の日のイベントは何をするの? 敬老の日とは、「多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としている国民の祝日です。 9月の第3月曜日なので、土曜日を含めると毎年3連休になります。 デパートやショッピングモール、町の商店街では、敬老の日特集のプレゼントコーナーが設置されたり、レストランなどではおじいちゃんおばあちゃんに喜ばれるメニューが用意されたりします。 行政主催で、敬老の日に合わせて催し物を行う市町村もあります。 歌や踊りなど、お元気な方たちが舞台に上がって日ごろの成果を披露しあい、地域の子供たちやボランティアの方々、プロの演芸士さんが芸を披露することもあります。 デイサービスで行われるイベントの中では、敬老の日が一年を通して最も重要なイベントとして取り上げられています。 外出するのは体の状態が不安でも、デイサービスを利用している方々に楽しんでもらえるよう、敬老の日にはさまざまな催し物が行われるようです。 敬老の日にデイサービスで行われる企画 多くのデイサービスでは、敬老の日にお祝いのイベントが開かれます。 ホールは、ポスターやお祝いモードの手作りグッズで飾られ、利用者一人一人にプレゼントが用意されたり、スタッフから心温まる手書きのお手紙をもらえたりすることが多いようです。 休まずに通所したおじいちゃんおばあちゃんには皆勤賞や、各々の得意なことを称える賞状が贈られることもあります。 賞状には楽しく笑っている似顔絵や写真が貼られていて、参加者全員に贈られるのが通常です。 近くに幼稚園や保育所がある場合には、幼児たちが施設を訪問しておじいちゃんおばあちゃんたちに歌やダンスをお披露目することもあるようです。 また、クイズやカラオケ、ダンス、合唱も定番の催し物です。 昔、唱歌と呼ばれた童謡「ふるさと」、「赤とんぼ」、「母さんの歌」などは、みんなが覚えていて簡単に口ずさめる歌ですし、手遊びしながら歌える、「むすんでひらいて」や、「幸せなら手をたたこう」も簡単にできる遊び歌です。 手をたたき、足をならし、肩をたたく。 歌いながら体も動かすことができて、誰でも楽しめますね。 他には、写真当て大会も人気があります。 利用者たちの幼いころや若いころの写真を前もってご家族に用意してもらい、それが誰なのかを当ててもらうゲームです。 懐かしい風景や昔話に花が咲いて、楽しい出し物になります。 家族も招待され、利用者と一緒の時を過ごすという、学校でいえば授業参観のような形態をとることも少なくありません。 そこでは家族の来園に合わせて、バザーを行うこともあります。 お祝いの会に家族が参加すれば、デイサービスでおじいちゃんおばあちゃんがどのように過ごしているかを知ることができて、お互いに新しい発見があるかもしれません。 敬老の日に出される定番のお料理とは? デイサービスではどのような昼食やおやつが出されているのか、気になることのひとつですね。 敬老の日のイベントでは、普段の昼食よりかなり豪華な特別食がふるまわれることが多いようです。 献立例1 ・お赤飯 ・お味噌汁 ・お刺身 ・茶椀蒸し ・野菜の煮つけ ・お新香 献立例2 ・お寿司 ・お吸い物 ・野菜の煮物 ・天ぷら ・紅白お祝いまんじゅう ・お新香 献立例3 ・栗ご飯 ・お味噌汁 ・焼き魚 ・茶椀蒸し ・野菜のおひたし ・フルーツ デイサービスでふるまわれる献立は、安全な食事、おいしくて食べやすい食事、楽しみのある食事になるように、栄養士さんが頭をひねり、調理師さんたちが心を込めて調理したものです。 その地方の名産品を盛り込めば、懐かしい思いが込み上げてきて、食が進むでしょう。 最近では、それぞれ好きなものが選べるバイキング形式も人気があるようです。 普通食が食べられない方や、当日食の進まない方もいらっしゃいますから、飲み物や果物、お菓子類などが用意されていれば、その場でいただくこともお持ち帰りもできます。 家に帰ってからデイサービスのイベントを話題にして、家族でもう一度盛り上がること間違いなしですね。 まとめ おじいちゃんおばあちゃんに日ごろの感謝の気持ちを言葉にして伝えることは、とても大事なことですよね。 もちろん、言葉で伝えるだけでもきっと喜ばれると思いますが、一緒に過ごして、一緒にご飯を食べられる幸せも共有できたら、さらに喜ばれるでしょう。 デイサービスで食事を共にすることで、お年寄りの好む献立を知ることができますし、その献立を参考に自宅での食事をアレンジしてみてはいかがでしょうか。

次の

敬老の日のメッセージカードの手軽にできる作り方と簡単例文紹介

敬老の日 メッセージ デイサービス

Contents• 敬老会の出し物どうするデイサービス編 出し物と言っても、職員からの出し物、外部からお招きしてやって頂くもの、利用者さんも一緒にするもの、と色々ありますよね。 順番に見てみましょう。 職員からの出し物 日頃から利用者(入所者)さんと交流があるからこそ、職員さんから何か出し物をやってもらえるのは楽しいものです。 例えば、 歌を歌う/合唱する 歌を歌うなら童謡がいいですねー。 ゆっくりで、分かりやすく、短い。 これに限ります。 テンポがゆっくりだと、大きい声ではっきり歌うことができるので、耳の遠いおじいちゃんおばあちゃんにも聞き取りやすいです。 また、一緒に口ずさんでくれることもあるでしょうから 大きな紙に歌詞を書いて前に張り出しておくといいですね。 紙芝居や人形劇 新しく作った話じゃなくても、有名な昔話でもいいです。 ちょっと面白可笑しい内容がいいですね。 また、施設の中に、こういうことが好きそうな人がいれば、登場人物として名前を使わせてもらってもいいでしょう。 気を悪くされないよう、前もってコッソリ本人の許可を得ておけば安心ですね。 効果音やセリフはオーバーに言うのもポイントです。 ボランティアの方に来てもらう ピアノ演奏や歌、バンド、マジック(手品)、腹話術など、ボランティア活動されているところにお願いしてみるのもいいでしょう。 ボランティアと言っても、もし予算があるなら謝礼やせめて交通費をお渡しするのが礼儀ですし、無理な場合は最初から正直にその旨を伝えて確認してからお願いした方がいいですね。 利用者さんにも参加してもらう出し物 見てるだけではさすがに長時間飽きてきます。 そこで、皆さんにも参加してもらえる出し物があるといいでしょう。 手遊び歌 あまり難しくないもので、子供達も参加している場合はみんなで一緒にできるので盛り上がります。 「幸せなら手を叩こう」や「結んで開いて」ならアレンジもしやすいですね。 意外と楽しいですよ。 皆さん噂好きですしね(笑)。 それに、少しでも知っているだけで今後更に親しみを感じてもらえますし、会話のキッカケにもなります。 敬老会で渡すメッセージカード例文 敬老の日に、職員から入所者さんにメッセージカードを個別に渡します。 ポイントは、 大きな字で、分かりやすく、できれば手書きで書くこと。 定型文はプリントしたものでも、個別に一言書いてあげると喜ばれますよ。 また、カードではなく、押し花などにメッセージを書いて、ラミネートして しおりにしてあげるのもいいですね。 簡単にフィルムを付けるだけで押し花しおりが作れるのもありますよ。 健やかに敬老の日を迎えられ、心よりお喜び申しあげます。 これからもどうぞ、よろしくご指導ください。 ご年配、自分より先輩ということを忘れずに、親しみを込めつつも敬意を表したメッセージがいいですね。 敬老会で出し物する保育園から子供たちを招く 子供は可愛いもんです。 地域の保育園や幼稚園の先生に相談すれば来てもらえるかも知れません。 出し物の内容は園側にお任せしてもいいですし、迷われてるようなら例をあげて提案してみるといいですね。 とはいえ、園児も集中力が無いですし(笑)、長々といてもらっても、お互い疲れます。 なので短時間で済むもの、例えば 絵を描いて持ってきてもらう これなら前もって準備できますし、お花や自然が描かれたものに名前入りで渡されるだけで嬉しいですね。 短い歌を一曲歌ってもらう 職員が歌うのとは違い、子供ならではの元気さがあっていいです。 お年寄りは子供のエネルギーから元気をもらえますからね。 みんなで大声でメッセージを言ってもらう これも、園児が言えるくらいの短いメッセージでいいでしょう。 子供からのメッセージ例.

次の