犬 食べ れる 野菜。 *犬が食べていい野菜と果物*犬が食べていい野菜と果物を教えて...

犬に野菜を与えてはダメ?おすすめ野菜と超危険な野菜

犬 食べ れる 野菜

ある程度であれば、犬も「人間のごはん」を食べられます。 とは言え、必要な栄養素が全て含まれているドッグフードがやはり犬にはベストと言えるでしょう。 ときどきであれば様々な形、食感、色や味のする食べものをご褒美として与えることもできます。 ただ、どの野菜なら犬が食べても安全かを知っておく必要はあります。 犬が食べられる野菜、食べられない野菜 BARF理論に基づいて作られたバーフ・ダイエットでは、家庭菜園で採れた野菜、肉、魚、果物といった を犬に与えます。 これらの食品のほとんどは、先に調理する必要があります。 このダイエット(食習慣)は、自然界で動物が食べる食物に似ているため、動物には適していると言われています。 や野菜をあげることはできますが、いくつかの理由で食べられないものもあります。 健康な食生活は人間だけでなく、ペットの間でも人気が高まっています。 このため、犬の胃や消化器官が人間とは異なり、人間には良い食材も犬にとっては悪いこともあるということを忘れないようにしましょう。 合わせて読みたい: 次は、いよいよ犬が食べられる野菜、食べられない野菜についてお話します。 犬が食べられる野菜 のラベルをよく読むと、大切なビタミンや食物繊維を含む多くの野菜が含まれていることに気が付くはずです。 次のような野菜は安心して犬に与えられます。 サヤインゲン。 食物繊維、マグネシウム、ビタミンKを多く含んでいて、特にぽっちゃりと太った犬には良い野菜です。 サツマイモ。 ビタミンB6、ビタミンC、ベータカロチン、抗酸化物質がたっぷりのサツマイモは、犬が大喜びするだけでなく、寿命を延ばすことが証明されています。 にんじん。 にんじんにはビタミンC、メラニン、そして犬の健康にメリットをもたらす多くの他の栄養素がぎっしり詰まっています。 おやつにもぴったりです。 キュウリ。 特に暑い日には、水分をたくさん含むキュウリを犬たちは喜んで食べます。 キュウリ・乳糖・無糖ヨーグルトを混ぜると、美味しいおやつになります。 きっと、あっという間に食べてしまいますよ。 サヤインゲンと同じように、お豆にも栄養がギュっと詰まっています。 お豆からは、植物性たんぱく質、マグネシウム、食物繊維、ビタミンB12といったものが摂れます。 ほうれん草。 大量にほうれん草を食べる場合、腎臓にダメージを与えることがあります。 しかし、月に1回、一掴み程度のほうれん草を与えるのであれば健康に良いでしょう。 ほうれん草には食物繊維、ビタミン、抗酸化物質が多く含まれています。 あまりにも喜んで食べるので、犬の名前を「ポパイ」に変える必要があるかもしれませんよ!• カボチャ。 便秘に最適な野菜です。 サツマイモやニンジンのように、犬にはカボチャの甘味がたまらなく美味しく感じるのです。 消化器系を助ける食物繊維をたくさん摂ることのできる素晴らしい野菜です。 こちらもご覧ください: 犬が食べられない野菜 犬が食べられる野菜のリストは果てしなく続きます。 しかし、与えてはいけない野菜があることも覚えていてください。 例えば次のような野菜です。 ネギ属の野菜はすべて。 タマネギ、ニラ、ネギ、その他の類似した野菜は、赤血球や白血球を壊すが含まれているため、犬にとって危険です。 貧血を引き起こすこともあり、重症度によっては致命的になることもあります。 ニンニク。 タマネギと同様、ニンニクにもチオ硫酸塩が含まれているため、頻脈、、過呼吸などの健康問題を引き起こすことがあります。 キノコ。 人間とは違い、犬はキノコを消化できません。 犬にはキノコを与えないようにしましょう。 トマト。 トマトも犬には消化できない野菜です。 消化されると激しい腹痛を引き起こす可能性があります。 ヘルシーな餌は大切ですが、どの野菜が食べられて、どの野菜が食べられないかはしっかりと理解しておきましょう。

次の

【獣医師監修】野菜・果物を犬に与える際の注意点。食べてはいけない食材は?

犬 食べ れる 野菜

今回は犬が食べて良い野菜・果物についてですが、犬が食べてもいい野菜・果物をきちんと知っておくことで、 怖い誤食を起こすことを予防できます。 例えば子犬にとっては、いつから与えても良いのかどうか?と判断に迷うところです。 原則的に1歳未満の子犬には、野菜を与えることは控えた方が無難です。 犬にあげていい食べ物と思っていても、それは思い込みで見当違いの場合もあるのです。 特に野菜の中にも犬にとって毒性の強いものもあります。 そこをきちんと知識として知っておいて見分けて与えることが大切です。 またエサの上にトッピングとして与えている飼い主さんも多いようです。 野菜の種類によっては柔らかく茹でることで消化しやすくなったり、中にはゆでることで害のある成分がお湯の方に溶けだし安全に食べることが可能になるものもあります。 反対にゆでてしまうことで柔らかくなりますが、栄養素が流れ出てしまいあまり栄養のない野菜になってしまう場合もあります。 口当たり、消化しやすさ、栄養面、それぞれを考えて野菜別にどのように調理したらよいのかをしっかり見極めましょう。 ただ消化が悪い野菜ですので生で食べさせるのはやめましょう。 アレルギーが出る場合もありますので最初に与える場合には、少量ずつを与えて様子をみると安全でしょう。 ブロッコリーには抗がん作用があり適量あげるのは問題がありません。 しかし、ブロッコリーはキャベツと同じアブラナ科ですので甲状腺の問題のある犬には上げないほうがよいでしょう。 また、ブロッコリーにはシュウ酸が含まれていますので、よく茹でてシュウ酸を茹でているお湯の方に溶かし出してから与える方が安全な野菜の一種です。 ブロッコリーは犬にあたえていい食べ物ではない!?と迷っている人も多いようです。 実は栄養成分的にはかなり優秀な食材なのです。 茹で方が甘いと、消化不良になりますので、ブロッコリーは茎の部分までしっかり茹でるようにしてから与えるようにしてください。

次の

トイプードルに野菜は必要?あげてもよい野菜とあげてはいけない野菜のまとめ

犬 食べ れる 野菜

犬に野菜は消化できない!? 人間は野菜や果物を食べることで、動物性の食物からは得ることのできないビタミンやミネラルなどの必要な栄養素を摂取しています。 ですから、人間にとって野菜を食べることは不可欠なことですし、それによって健康を保つことができるわけです。 これと同じように考えて、 「愛犬にも健康のために野菜を食べさせたい!」とお考えになっている飼い主さんもいらっしゃることでしょう。 ですが、人間と犬では身体のつくりが違いますから、 同様に考えることはできません。 犬は、厳密に言えば人間と共生する過程で雑食化してきてはいますが、基本的には肉食動物の性質を多分に残しています。 そのことが現れているのが、植物性の食物の消化のしくみです。 植物性の食物の消化においては、 セルロースと呼ばれる不溶性の食物繊維の消化が問題になってきます。 実は草食動物も、このセルロースを消化するような消化酵素を持ち合わせているわけではありません。 草食動物の場合は、体内に住み着いている 微生物などの力を借りて発酵・分解させることでセルロースを消化し、セルロースと結びついているさまざまな栄養を摂取することを可能にしています。 また、吸収に時間がかかるところを、 長い腸を持つことで補完しています。 なお、人間も、草食動物ほどではありませんが、このような機能を持っています。 一方で、犬は雑食化しているとは言え、動物性のタンパク質を消化・吸収することを重視した身体のつくりになっています。 そのため、体内に セルロースを消化するしくみは、わずかにしか持っていません。 加えて、草食動物や人間などに比べて、 犬の腸は短くなっています。 ですから、犬は、草食動物や人間のようには 野菜を消化することができませんし、野菜に含まれている 栄養分も十分に吸収することができないんですね。 犬に野菜を与えてはいけないのか? では、犬に野菜を与えてはいけないのかというと、必ずしもそうではありません。 犬が消化することのできない野菜には、 消化されないからこそのはたらきがあります。 犬にとっては、野菜そのものが栄養になるわけではありませんが、• 腸内細菌のエサとなり腸内細菌のバランスを整え、 腸内環境を良好にする• 腸内の 老廃物や有害物質を吸着・排出する• 腸壁を刺激するため、 便秘を予防する• 消化されないことで胃に長く留まり満腹感を得られる(腹持ちが良い)ため、 ダイエット食として利用できる などといった効果が期待できます。 したがって、 犬に野菜を与えることには、一定の有効性があるということが言えるわけです。 犬に野菜を与えることのリスク しかしながら、犬に野菜を与えることには、 いくつかのリスクが指摘されています。 消化不良 犬に野菜を多く与えすぎてしまうと、胃腸に負担がかかってしまいます。 すると、 消化不良を起こしてしまい、下痢や嘔吐などの症状が出てきてしまうことがあります。 アレルギー 例えば、小麦などはアレルギーを起こしやすい食物として、よく挙げられていますよね。 ですが実のところ、あらゆるものに対してアレルギー反応は起きてしまう可能性があるんです。 なので、野菜に含まれている何らかの成分が、 アレルギーの症状を引き起こしてしまうことも否定できません。 食物不耐性 犬にはネギなどに対して食物不耐性があることが、広く知られています。 しかし、一般に言われている食材以外でも、 食物不耐性を発症することは十分に考えられることです。 野菜の与え方についての議論 実は、犬に野菜をどのように与えるかについても、はっきりと 評価が定まっているわけではありません。 例えば、• 野菜を生で与えると消化不良を起こしやすいから、 加熱したほうが良い• 野菜を加熱してしまうと重要な栄養素が破壊されてしまうので、 生で与えるべき• 野菜を加熱すると含まれてるシュウ酸が結石の原因になる可能性があるため、 生で与えたほうが安全だ• 野菜を加熱した際に出る煮汁には栄養素が溶け出しているため、 煮汁も一緒に与えたほうが良い• 野菜の煮汁には犬にとって有害な成分が含まれているから、 煮汁は捨てるべき• …… など、主だったものだけを挙げても、 さまざま意見が分かれているのが実態です。 そもそもの話として… これを言っては元も子もないのですが、残念ながら、• 犬の食事に関する研究は、人間ほど進んでいない• 犬に野菜を与えることによる影響は、犬種・年齢、さらにはその個体ごとに大きく異なる という現実があります。 犬に野菜を与える必要はあるのか? これまでお話してきたように、犬に野菜を与えることには、ある程度のメリットがあります。 ただ反面として、さまざまなデメリットがあることも、お分かりいただけたのではないでしょうか。 「愛犬に野菜を与えたい!」と考えが出てくるということは、 「普段与えているドッグフードでは栄養が足りないのではないか?」とお考えになっているからのことと思います。 しかし実のところ、何が入っているか分からない格安のドッグフードは別として、いわゆる プレミアムフードと呼ばれるようなドッグフードには、野菜も配合されていることが多いです。 しかも、分量も調整されており、かつ犬にとって消化・吸収がしやすいかたちに加工されています。 加えて、野菜以外にも 栄養のバランスを考えて、さまざまな食材を配合して作られています。 すなわち、犬にとってはまさに 「総合栄養食」と言って良いものなんですね。 これらの理由から総合的に判断すると、もしこのようなドッグフードを与えていて、愛犬の健康に何ら問題がないのであれば、• あえてリスクを犯してまでも、犬に野菜を与える必要はない と考えます。 もし犬に野菜を与えるのであれば… それでもあえて愛犬に野菜を食べさせたいとお考えになるのであれば、以下のことに注意するようにしましょう。 与えると良いとされる野菜の種類 一般的に 犬に与えると良いとされる野菜には、以下のようなものが挙げられます。 キャベツ• ニンジン• ブロッコリー• サツマイモ• カボチャ• 納豆 ただし、それぞれの個体によっては、これらの野菜であっても 体質的に合わない場合があることも、しっかりと認識しておきましょう。 与える野菜の量 前述しましたが、野菜を多く与えすぎると、体調を崩してしまうことにもなりかねません。 さらには、ドッグフードの量と比較して野菜の量が大きくなってしまうと、せっかくの栄養バランスが崩れてしまいます。 まずは、ワンちゃんの様子を見ながら、少量から始めていきましょう。 そのうえであくまでも目安ですが、加える野菜の量は、 ドッグフードの割合の2~3割程度までに留めておくことをおすすめします。 また、 加えた野菜の量に応じて、ドッグフードの量も調整するようにしましょう。 なお、ドッグフードのなかにはトッピングする際の目安量が記載されていることがありますので、その場合にはこの目安量に従うようにしましょう。 与える野菜の加工方法 先ほどもお話したように、野菜を• 生のまま与えるか• 加熱してから与えるか については、意見の分かれるところです。 ただ、少量であればどちらでも大きな問題とはならないと考えられますので、 ワンちゃんの体調や好き嫌いを見ながら考えても大丈夫でしょう。 ですが、どちらの場合であっても、• すりつぶす• ミキサーなどで細かく砕く のいずれかで加工することは必須です。 このようにしてしまうと、人間の感覚ではあまり美味しそうに見えなくなってしまうと思います。 しかし、食べ物に対する感覚は人間と犬では違っており、 犬は食べ物の見た目には関心がありません。 そもそも犬は野菜を消化するようにできていないということを念頭に置いて、 あくまでも消化しやすいかたちで与えることを重視しましょう。 何らかの病気にかかっている場合 何らかの病気にかかっていて動物病院などで治療を受けている際には、特に注意が必要です。 病気の種類によっては、 食べてはいけないものが出てくるケースがあります。 必ず獣医師さんに相談したうえで、かつ慎重に与えるようにしましょう。

次の