オーロンゲ。 【ポケカ】キョダイドリルで相手を貫け!《オーロンゲ》VMAXデッキを紹介。

【ポケモン剣盾】オーロンゲの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

オーロンゲ

基本データ No. 861 分類 ビルドアップ 英語名 Grimmsnarl タイプ あく フェアリー H95 A120 B65 C95 D75 S60 高さ 1. 5m 重さ 61. 防御は特化するために振り切る。 残りを無振りミラーと対面した際に上から動けるように気持ちばかりのすばやさ4振り、余りの64を攻撃、さらにその余りの4を特防に振る。 特性 コンセプトに一番合うで確定。 ビルドアップやみがわりを先制で撃てる。 5~106. 7% 乱数1発(37. 8~101. 8% 乱数1発(12. 7~72. 9% 確定2発• 4~69. 3% 確定2発• 2~61. 7% 確定2発 ビルドアップ 物理対面の安定度を更に上げれる点とにより先制で発動することで相手からのダメージを大幅に減らすことができる点から必須。 みがわり の効果対象であり、先制で使える。 相手からの変化技のほとんどを無効化してくれるので、状態異常になる危険から守ってくれる。 初手で相手が引いてきた際や、などののタイミングに合わせられると一気に有利になれる。 ほのおのパンチ に刺さる。 3~106. 0% 乱数1発(31. 0~36. 2% 乱数3発(38. 8~28. 4% 乱数4発(95. 1~74. 0% 確定2発• 2~43. 調整意図 性格 わんぱくで確定。 対戦環境に物理アタッカーが多いのと、仮想敵であるが物理なため。 持ち物 たつじんのおびて確定。 素の火力が仮想敵に対して微妙に足りていないため。 技構成 タイプ一致の「あく」物理技。 相手の防御ランクを無視してダメージを与えられる。 1%~47. 3% 確定3発• 5%~23. 4% 乱数5発• H:4 無補正ドラパルト 105. 4%~124. 3% 確定1発• H:4 無補正 51. 1%~61. 8% 確定2発• 吸収時 H:4 無補正 103%~121. 3% 確定1発• H:4 無補正ポットデス 139. 7%~166. 1% 確定1発 特性に後投げされやすい「あく」タイプへの対抗手段。 やにも抜群で入る• H:4 無補正 64. 5%~76. 3% 確定2発• 5%~32% 確定4発• 8%~32. 6% 確定4発• H:4 無補正 39. 6%~47. 6% 確定3発• からをやぶる吸収時 H:4 無補正 114. 2%~134. 9% 確定1発• H:252 無補正 71. 9%~85. 9% 確定2発• 5%~23. 4% 乱数5発• H:4 無補正 52. 9%~63% 確定2発• H:4 無補正ジュラルドン 40. 6%~48. 5% 確定3発 パワー 自分と相手のA、Cのランク上昇 下降 を入れ替える。 持ち物や、からをやぶる、などのランク上昇を相手が活かすより先に相手から頂戴することができる。 リフレクター 物理防御を上げる変化技。 これを先攻で打てるだけで自身の物理耐久がかなり上がるだけでなく、後続の助けにもなる。 A:252 無補正 33. 1%~39. 1% 乱数3発 99. 9%~63. 8% 確定2発• A:0 無補正ジャイロボール 最遅 23. 7%~28. 2% 乱数4発• 1%~39. 1% 乱数3発 99. A:0 無補正アーマーガア 25. 2%~29. 7% 確定4発• 2%~27. 2% 乱数4発• 2%~28. 7% 乱数4発• 2%~32. 6% 乱数4発• A:252 無補正ドラパルト 17. 8%~21. 2% 確定5発• A:252 無補正ドラパルトダイスチル ドラゴンアロー 30. 1%~35. 6% 乱数3発 30. A:252 無補正いのちのたま・じゃれつく 36. 6%~43% 確定3発• A:252 無補正いのちのたま・ダイフェアリー じゃれつく 52. 9%~62. 3% 確定2発• A:252 無補正いのちのたま・かげうち 3. 9%~4. 9% 乱数21発 特殊耐久• C:252 無補正ラスターカノン 55. 4%~66. 3% 確定2発• C:252 無補正こだわりメガネ・ラスターカノン 84. 1%~99% 確定2発• C:252 無補正ダイスチル ラスターカノン 90%~106. 9% 乱数1発• C:252 無補正ジュラルドンラスターカノン 81. 1~96% 確定2発• C:252 無補正ジュラルドンてっていこうせん 142. 5~167. 3% 確定1発• C:252 無補正 32. 6%~38. 6% 乱数3発 97. 7%~28. 1% 乱数4発• 6%~46% 乱数3発• C:252 無補正 81. また、「でんじは」によるS操作を行い、ドラパルトドラパルトなど高速に麻痺を残すことで後続を有利に。 麻痺を撒く技が「しびれこな」であり、この型を再現すると命中率の低い技を採用せざるを得なくなってしまう。 元々の耐久の低さや相手の先制技に対しても不安が残ってしまうことなどから、オーロンゲのほうが優れていると考えられる。 だが、その場合特殊耐久においてはオーロンゲのほうが高くなる。 また、「かげうち」などの先制技に対しては上を取れないことや、対ドラパルトの場面において弱いことなどから、ここではオーロンゲに軍配が上がった。 調整意図 HB:A252 いのちのたま の「じゃれつく」確定耐え。 HD:C特化 こだわりメガネ の「ラスターカノン」確定耐え S:麻痺込みで最速抜き 持ち物 ひかりのねんどで確定。 「リフレクター」と「」の効果を出来るだけ長く維持できる。 するためにこれを採用。 これにより、多少オーロンゲが長く生き残っていた場合でも、後続に壁をより長く遺しておくこともできる。 技構成 でんじは 相手を麻痺させる。 素早さを下げられる。 リフレクター 味方の物理耐久を上げる。 味方の特殊耐久を上げる。 ソラッシュ 能力ダウンの追加効果は起点作りと相性が良く、命中率的にも安定する• 、ドラパルト、モスノウなど。 これで紹介を終えます。 KOKUBANLEMON.

次の

【ポケモン剣盾】オーロンゲはなんだかんだでキモ強い!!いたずらごころで型が豊富!【種族値と育成論】

オーロンゲ

ただし『あく』タイプの相手 味方は含まない には変化技がすべて失敗する 第6世代は条件なし。 戦闘に出てきた時、すべての相手の持っている道具の名前が分かる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 ただし、出た最初のターンしか成功しない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 第6世代は命中率:90 Lv. 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 第6世代は威力:80 Lv. ダイマックスしている相手には無効。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 必ず後攻になる 優先度:-4。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 もう1度使用すると元に戻る。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 第6世代は威力:20、PP:15 レコ. 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 変化技を使えなくする レコ. 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 通常攻撃。 ただし、そのポケモンが交代されると効果は消える 追加効果は複数の相手が対象ではない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 レイドでは相手の不思議なバリアのゲージを2つ減らす。

次の

【ポケモン剣盾】オーロンゲの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

オーロンゲ

わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 育成論と使い方 麻痺ミミッキュ抜きのS12振り Sに12振ることで、麻痺状態のミミッキュの先手を取れるようになる。 残りの努力値は耐久力を上げるためHBに振ろう。 いたずらごころでサポートに特化 特性「いたずらごころ」は、変化技を先制で出せる効果を持つ。 自身で戦うことは考えず、 先発で出して補助技を使い後続に繋げよう。 壁のターンを無駄にしないためにも、壁貼りは後回しにするのが基本。 ソウルクラッシュがあくタイプに有効 「いたずらごころ」で出した技は、あくタイプに使うと失敗する 電磁波や怖い顔など相手に影響を与える場合のみ。 ソウルクラッシュがあればあくタイプとの有利な撃ち合いが可能になる。 あくタイプであれば「いたずらごころ」を無効化でき、ちょうはつ持ちなら変化技を封じて機能停止させられる。 防御の高い鋼タイプで戦う 鋼タイプは、タイプ相性で有利に立てる。 加えて防御の高いナットレイなどであれば、被ダメージを最低限にしつつ鋼技で返り討ちが可能。 ただし、ほのおのパンチは警戒しよう。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 攻略データベース.

次の