いよかん 食べ 方。 【みんなが作ってる】 いよかん 皮のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

いよかんの旬な時期はいつ?栄養素に含まれる効果や効能は?

いよかん 食べ 方

Sponsored Links いよかんの栄養に含まれる効能や効果は? いよかんの栄養は特に 「ビタミンC」が豊富で、 シネフィリンという成分も同時に含んでいる事から、 風邪予防によいとされています。 皮に含まれている精油には、 リモネンやナリンギン、ヘスペリジン といった成分が含まれ、 毛細血管の壁を強くし、高血圧予防や 治療などに効果があるとされています。 また、酸味の成分には 柑橘系特有である 「クエン酸」を含み 疲労物質を解消し、疲労回復や血液をキレイにします。 そして果実を包む薄皮(じょうのう)には、 「ペクチン」を豊かに含み、 水溶性植物繊維であるので 整腸作用、便秘にも有効に働きます。 Sponsored Links いよかんの食べ方や皮のむき方!薄皮も食べれるの? いよかんはそのまま皮ごと食べる方も多いのですが、 これは好きずきがあります。 皮が薄いので剥くのにさほど手間はかからず、 お尻側から剥いて行くと剥き易いです。 果実だけになったら一房ずつ分けて、 中心から薄皮を開いて 中の果実を食べるのが一般的な食べ方です。 食べ慣れた方ならこのまま 薄皮をむかずに食べる方も多いです。 小さなお子さんなどでも食べやすくするには、 皮をむき薄皮(じょうのう)を開くと良いでしょう。 いよかんの皮をむいて房にしたら、 房の背側に包丁を入れて半分に開くだけ。 種は外してあげれば、薄皮から実離れもよく お子さんでも食べやすい方法です。 いよかんの種類や育て方は? いよかんはみかんの仲間ですが、 親品種ははっきりしておらず、 明治19年山口県阿武郡東分村(現在の萩市)の 中村正路氏の園で偶然発見されたものが最初です。 その頃は 「 穴門みかん(あなどみかん)」と呼ばれ、 その後、愛媛県松山市にて苗木を育て 栽培していくにつれ松山市周辺で栽培が盛んになり、 「 伊予蜜柑」という名で出荷されました。 愛媛特産の温州みかんと間違われてしまう為に 現在の「いよかん(伊予柑)」となりました。 宮内伊予柑は枝変わりの品種で、 昭和41年に種苗名称登録されました。 いよかんの 育て方ですが、 関東南部や温暖な地域での栽培が適しており、 年平均気温が 15. 3月下旬から4月上旬頃に苗木を植え付け、 高さを50~60cmくらいで切り返して植えます。 実際に実を付けるまで数年かかり、 通常は 4~5年とされています。 収穫時期は12月頃で、 寒害を受ける前に収穫する必要があります。

次の

ポンカンの食べ方・剥き方は?皮や種も食べるか、選び方や美味しい旬、栄養や効能も

いよかん 食べ 方

その為、伊予柑を犬に与えても問題はありません。 犬にいよかんを食べさせる時に注意することは? 基本的に犬に伊予柑を与えても問題はありませんが、注意も必要となります。 それは【与え方】です。 伊予柑にはたっぷりの水分が含まれています。 水分の摂取過多は消化不良やお腹を壊す原因となってしまいます。 犬は好きな食べ物は何度も欲しがるので、ついつい与え過ぎてしまう飼い主さんもいらっしゃいますが、与えすぎは下痢や嘔吐といった症状の原因となってしまいます。 これは人間でも同じ症状が出てしまうので、注意が必要ですね。 また、伊予柑には果肉の周りに薄い膜(じょうのう膜)がある事や種が含まれている事があります。 これらを犬に与えてしまうと消化不良の原因となるので、しっかりと取り除く事が大切ですね。 また伊予柑は、さっぱりとしていますが食べ過ぎは糖質過多となってしまいます。

次の

ポンカンの食べ方・剥き方は?皮や種も食べるか、選び方や美味しい旬、栄養や効能も

いよかん 食べ 方

いよかんの食べ方!皮の剝き方で簡単な方法【生での食べ方】 まずはいよかんの皮の剥き方を紹介します。 いよかんは多くの果物と同様に生のまま食べれるものですが、 みかんと違って外の皮や房の薄皮が硬いのが特徴です。 なので、やり方を知らないと 「どう剥いたら良いかな?」ってなると思います。 ここではできるだけ簡単に剥けるように紹介していきますね。 いよかんの皮は硬いため、そのまま皮を少しずつ剥がすのは結構大変です。 皮を取り除いて房をひとつずつに分けたら、てっぺんの筋張っているところから薄皮を剥けば、あとは食べられます。 コチラの画像はすでに剥いてある実ですが、てっぺんというのは赤い矢印のあたりです。 このてっぺんのあたりにスキマがあれば手でもむきやすいのですが、ピッチリ閉じているとちょっとむきにくいんですよね…。 汁が飛んだりするし…。 (ゆるいV字に入れる感じです) 矢印部分のスジをしっかり端まで切り落とすのがポイントです。 そうするとより剥きやすくなります。 画像の赤線部分のように十字に切れ込みを入れれば、剥がしやすくなりますよ。 (そっちのほうが剝きやすいだろうし) 外側の皮が固いときは、切り込みを入れたほうが剝きやすいと思います。 <包丁・手でのいよかんの剝き方その2>• いよかんの上下を包丁で浅く切り落とす• リンゴの皮むきと同じ感じで、白いところが残らないように全体の皮を包丁で剥いていく• (すべて剥いた後、白いところが残っている場合は包丁で切り取ってください)• 外の皮をむいたいよかんの上部に浅く切り込みを入れ(割りやすくなります)、半分に割る• あとは薄皮をはがしながら実を親指で取り出していく この方法では、最初に外側から皮や白い部分を包丁で取り除いてしまうので、綺麗に実を取り出せるのが利点です。 最後の薄皮も外側が取り除いてあるので、その1のやり方と比べて1個1個の手間が少ないかと思います。 「ムッキーちゃん」を使う つづいて、 「ムッキーちゃん」という道具を用いる方法を紹介します。 <ムッキーちゃんを使ったいよかんの剝き方>• ムッキーちゃんを2つに分け、白い方のツメでいよかんの外の皮に数カ所均等に切り込みを入れる(お尻から根元まで、ザッと滑らせるように入れましょう)• お尻側の中央から切れ目に沿って外の皮を剝き、中身の房をひとつずつに分ける• ムッキーちゃんのオレンジ色の方を用意する。 いよかんの房のテッペンをムッキーちゃんの溝にセットし、刃がある方へスライドさせる• するといよかんのテッペン全体に切り込みが入るので、薄皮がスルッと剝ける あとは繰り返すだけです。 包丁の扱いに慣れている方は「包丁や手で剥く【その1】 」のやり方でも出来ると思いますし、わざわざムッキーちゃんを揃えなくても剥くことは出来るのですが…。 利点としては 包丁がいらなくなるので、食卓のテーブルの上ですべて済ませられるということと、 包丁よりスムーズなのでたくさん剥くときも重宝します。 また、もともと包丁が苦手な方にもおすすめですね。 このようなときは、デザートやお菓子などにして、普通とは違った食べ方をしてみてください。 ここでは、 そのまま食べる以外でのいよかんの食べ方アイデア・レシピを紹介していきます。 1:ゼリー 果物で何かデザートを作るとなれば、ゼリーは一番定番で簡単なレシピと言えるかもしれません。 買って用意する必要がある材料というのもせいぜいゼラチンくらいで、鍋で溶かしたらいよかんと混ぜて冷やすだけなので、 お菓子系のなかでは手間も少ないかと思います。 2:ジャム・マーマレード 果物でお馴染みの使い方ですが、 いよかんもジャムやマーマレードにできます。 ちなみにマーマレードというのは果物の皮が含まれているもので、入っていないのがジャムと分けられます。 (なので、マーマレードのほうが苦味が感じられます) マーマレードなら皮ごと使えますし、苦味を控えたいならジャムにするといいですね。 朝食のトーストやヨーグルトに入れると良いかも。 (笑) ぜひお茶の時間に頂きたいです。 4:砂糖漬け・はちみつ漬け 砂糖漬けやはちみつ漬けにすると、甘くないいよかんも美味しく食べられます。 ハチミツ・砂糖というのがもともと甘さを足すものなので、美味しくないいよかんでぜひお試しを。 5:スムージー、ジュース スムージーやジュースはミキサーに入れて混ぜるだけで作れるので、とても簡単ですね。 食欲がないときでもドリンクなら飲めますし、手軽な栄養摂取になります。 いろんな組み合わせを考えるのも楽しいですね。 カスタードクリームにバターはカットして、オレンジ風味の、さわやか味にしました。 7:ムース ムースは作り方がゼリーと似ていますが、 牛乳や生クリームを使うのでゼリーよりなめらかになります。 牛乳・生クリームのまろやかな味にいよかんのさわやかな甘さと酸味はよく合うので、ゼリーに慣れたら作ってみると良いかも。 みかんやりんごなど、果物は全体的にヨーグルトと相性がいいですね。 無糖のヨーグルトだと、いよかんの甘酸っぱさが際立っていいかも?(好みですが。 9:タルト ケーキの一種のような扱いですが、 タルトは果物をたっぷり乗せられるので、フルーツタルトが好きならおすすめです。 果物のみずみずしさが、タルト生地とよく合って美味しいんですよね。 甘いものとなると冷たいものに寄りがちなので、温かく食べたいなら良いレシピだと思いますね。 でも、オレンジが入ったドレッシングというのもありますし、伊予柑がドレッシングになってもおかしくはないんじゃないかな~と思います。 3:トースト、食パンに乗せる いよかんを乗せたトーストなら甘いものに分類されるのかな~?って感じですが、トースト・食パンは朝食として食べるってことが多いので、食事系での紹介です。 パンと果物って結構合うんですよね。 いちごのサンドイッチとか美味しいじゃないですか。 砂糖で煮る(伊予柑ピール):• マーマレード• 伊予柑ピールをパウンドケーキやパンなどに入れる お砂糖で煮た伊予柑ピールは、パンやケーキなどのお菓子に入れられる便利な食材となります。 (バレンタインに良さそう) なおマーマレードは先に紹介してはいますが、 実は入れず皮だけを使ったレシピというのもあります。 食べる以外で何か使えないかな~という人は、ぜひ行ってみてくださいね。 むしろ いよかんの薄皮には栄養が多く、便秘解消に効果的な食物繊維のペクチンや、ペスペリジンと呼ばれる血圧の上昇を防いでくれる成分が含まれているので、できれば食べたほうが良いとは言えます。 (ちなみに伊予柑のペクチンは、薄皮のほうが果肉の約4倍含まれていると言われます) ただいよかんの薄皮は結構固く、また苦味もあるので、基本的には剥いておいたほうが美味しく食べられるのではないかな?というのが剥く理由です。 みかんでは薄皮が気にならないという人でも、いよかんではちょっと食べづらいなんていう場合もよくあると思うので…。 一度薄皮もいっしょに食べてみて、固さや苦味が気にならないなら剥かないで食べるようにする、とすればいいのではないでしょうか。 栄養面から食べる利点はありますし。 やろうと思えば手だけでも剥けなくはないのですが、とくに房の薄皮はテッペンがぴっちり閉じていると苦戦します(私が不器用だからかもですが汗)。 このようなときは、包丁でゆるくV字に切り込みを入れ、テッペンの筋を切り落としてあげるとペラッと剥けます。 また、外側の皮を先にすべて包丁で切り取ってしまう方法や、ムッキーちゃんという便利な皮むき器を使う方法もありますので、良さそうと思った剝き方で挑戦してみてください。 ヨーグルトに入れるだけとか、ゼリーとかならあまり手間もかからないので、一工夫だけでいよかんの別の食べ方がしたいというときにお試しください。 なお、薄皮は基本的に剥いておいたほうが美味しいとは思いますが、食べちゃいけないわけではありません。 むしろ栄養価が高い部分なので、食感など気にならない場合は食べるようにしたほうが良いですね。

次の