停電 原因。 【台風15号 停電】自然災害により起きた停電と対策法

停電がおきる原因と家電への対策

停電 原因

北海道胆振東部地震で起きた大停電(ブラックアウト)とは 「ブラックアウト」とは、大手電力会社の管轄する地域のすべて、また非常に規模の大きな範囲で停電が起こる現象(全域停電)のことを指します。 大きな自然災害にともなう大規模停電が発生することは過去にもありましたが、北海道胆振東部地震では、北海道全域で停電が発生したのです。 この地震により、 最大約295万戸が停電しました。 これだけの広範囲・エリア全域に及ぶ大規模停電は日本で初めての出来事となりました。 地震後のブラックアウトは、被災者にとってさらに苦しい生活を余儀なくされたのです。 ブラックアウトは道内全域で 地震発生後から約11時間続いたため、非常用持ち出し袋や防災用具の備蓄として懐中電灯がない場合は、夜間の行動はスマートフォンのライトを頼りに行動しなければなりません。 安否確認の連絡や災害情報の収集などもスマートフォンで行えますが、充電ができないために情報収集もままならない状態になってしまいます。 さらに水道も最大約6. 8万戸が断水となり、トイレや飲料水の心配をする人も多くいました。 地震によるブラックアウトは、問題を99%解消するまでに約50時間を費やしました。 電気は、電気を作る量(供給)と電気の消費量(需要)が常に一致していないと、 電気の品質(周波数)が乱れます。 供給が需要を上回る場合は周波数が上がり、その逆の場合は周波数が下がります。 この周波数が少しでもぶれてしまうと、 電気の供給を正常に行うことができなくなり、安全装置の発動によって発電所が停止、場合によっては大停電に陥ってしまうのです。 ここで押さえておきたいポイントが、 需要と供給は『常に』一致していなくてはならないという点です。 北海道においても、通常は50hz(ヘルツ)という周波数の水準が維持されていました。 しかし、大地震の後に需要に対する供給がバランスを崩し、電気が足りなくなって周波数が下がったことから、大停電が実際に起きてしまったのです。 北海道胆振東部地震の大停電は、地震発生から17分後に発生しています。 この17分の間に 北海道で一番大きな発電所である「苫東厚真火力発電所(2号機・4号機)」が停止。 震源に近いことから機器の一部が壊れたことが原因でした。 その後、立て続けに「風力発電所の停止」「水力発電所の停止」「苫東厚真火力発電所(1号機)の停止」が重なったのです。 このように 電力供給を行う施設が立て続けに停止したことで、供給力が失われ、最後にはブラックアウトが発生しました。 まず大型火力発電所を起動するには、給水ポンプやファンなど 所内電力が必要です。 そのため、単独で自力起動が掛けられるブラックスタート電源(水力等)を予め用意しておき、それを火種として復旧を開始する必要がありました。 このブラックスタートを利用した復旧は、一部の発電機から、 少しづつ周囲の発電機を起動させるというものです。 しかし、電力復旧は需要と供給のバランスを保つ必要があるため、ブラックスタートで少しづつ復旧させながら供給力と送電する負荷を少しづつ慎重に併入する操作をしなければなりません。 復旧は早い段階で行えたものの、復旧から需要を安定化させるまでに様々な手を打ちました。 9月8日(土)、電力の復旧はしたものの、地震前日の電力の最大需要(383万kW)と比較すると、 約1割の供給が不足している状態。 平日は工場が稼働するため、休日よりも大きな需要が発生することが考えられ、平日に再び需要と供給のバランスが崩れ、大規模な停電つながる危険性がありました。 そこで、北海道全域の家庭・業務・産業の各部門に対して、需要が増加する平日8:30〜20:30の間(節電タイム)に、 約2割の節電を呼びかけたのです。 この協力によって、節電目標は達成し、9月19日(水)には苫東厚真火力発電所1号機という大規模な火力発電所が復旧。 北海道の電気需要を安定化させることができたのです。 これは、 災害に強い電力の供給体制を構築するための課題や対策について、工学・法律・防災分野などの識者が集い、議論するための会議です。 10月25日に開催された第2回では今回の中間報告が紹介されましたが、ワーキンググループでの議論でも、北海道電力の設備形成や発災当時の対応などについて、 適切ではなかった点は見当たらなかったという見解が出されました。 北海道胆振東部地震によって発生したブラックアウトを今後未然に防ぐため、政府は各電力会社に火力発電所などの インフラ設備の安全性を確認するために総点検の実施を指示。 また、これから実施すべき対策についてはその報告を踏まえて検討すると発表しています。 このような取り組みを通じて、日本の電力インフラの安全性を高め、より災害に強い電力の供給体制を構築していくことが求められます。 いざというときに電気がないと、様々な行動が制限されます。 日頃から地震発生に伴う二次災害から身を守るために、乾電池式や手回し充電式のラジオなどを常備しておくと良いでしょう。

次の

停電

停電 原因

カラスの影響とみられる京都府、滋賀県の停電 カラスが繁殖シーズンを迎える中、電柱上での巣作りに電力会社が頭を痛めている。 巣の素材としてカラスが調達した針金ハンガーなどが電線に接触し、時に大規模な停電が発生するからだ。 3月には京都駅(京都市下京区)の構内が停電し、混乱を引き起こした。 電力会社は巣の撤去に追われているが、営巣を防ぐ抜本的な対策はなく、いたちごっこが続く。 京都駅構内の停電は3月27日に発生した。 商業施設「コトチカ京都」など約1200軒が停電し、スーパーやカフェは休業を余儀なくされたほか、銀行の現金自動預払機も利用できなくなり、市民生活が混乱した。 電力会社が調べたところ、原因は京都駅南側の電柱上にカラスが作った巣が漏電で燃えたことだった。 カラスの営巣時期は3~6月で、電力会社は今パトロールを強化している。 京都市と亀岡市、南丹市、京丹波町を管轄する関西電力送配電京都支社(下京区)の京都配電営業所は2018年度、561カ所の電柱上の巣を撤去した。 それでも同年度に136件起きた停電のうち、3%に当たる5件は巣が原因だった。 電線の表面は絶縁の膜で覆われているが、カラスがついばんだりすると傷が付く。 傷の部分にハンガーや雨にぬれた枝が接触した場合、漏電して停電に至るという。 巣の撤去作業はどのように行われるのか。 同行取材した。 4月20日、午後の雨上がり。 京阪出町柳駅(左京区)近くの3カ所の電柱で、京都配電営業所が作業に当たった。 作業員2人と警備員2人が従事。 電線に6600ボルトの電流が流れているため、感電を防ぐ特殊な服を着て高所作業車に乗り、高さ約15メートルに作られた巣を電柱から丁寧に取り除いた。 異変に気付いたカラスのつがいは上空を周回。 作業員に背後から襲いかかり、くちばしで後頭部をつつくこともあった。 最終的には近くの電線に止まり、諦めたように「カーカー」と繰り返し鳴いた。 下垣内(しもがいと)新介作業長(34)に心境を尋ねると「巣があった場所に戻ってきたカラスは寂しそうな表情をしていて、心が痛む。 しかし、市民生活のライフラインを守るため仕方がない」と話した。 撤去した巣はいずれも直径約60センチのおわん型で、木の枝や針金ハンガーで器用に組まれていた。 カラスの生態に詳しい杉田昭栄・宇都宮大名誉教授によると、カラスは学習能力が高く気に入った物は何でも使う。 電柱上は安全で見晴らしが良く、電柱間の距離があって縄張り争いも避けられるため、ハシボソガラスという種が主に営巣する。 カラス対策に年間数億円をかけている電力会社もあるという。 杉田名誉教授は、「カラスは人間のそばにいることで営巣の素材や餌を入手できるといった利点を感じている。 私たちができる対策としては餌となる生ごみを管理し、屋外にハンガーを放置しないことが大切」と指摘。 その上で、共生に向けて「カラスも自然界の一員。 ある程度は寛容に見る必要がある」と話す。

次の

日本は停電が増える可能性あり 〜家庭でできる停電対策を考えてみた|白金さんは住まいモンスター

停電 原因

そもそもなぜ起こるの? 現在の社会は電気がないと立ち行かなくなるといっても過言ではなく、一般家庭においてもそれは同じことが言えます。 そのため電気を使用していて怖いのが停電と言う状況で、何故停電が起きるのかを正しく理解しておく必要があります。 停電の原因 停電が起きる原因としては、送電線からの電気が途絶えてしまった場合に起きることになります。 どの家庭でも必ず送電線から電気の供給を受けているため、その電気が途絶えてしまうと家電などを使用することが出来なくなります。 電気が途絶える原因としては送電施設でのトラブルや送電腺の断裂などが考えられます。 これは落雷により施設が故障してしまったり、積雪の重みで送電線が切れてしまう、大雨の影響で施設が浸水したり地盤が緩み送電線を支えている電柱が倒壊するといったことが影響する場合があります。 それ以外にも電力会社が供給できる電気の容量を超えてしまった場合にも送電できなくなるため停電と言う状況が起きてしまうことになります。 生じやすい状況 停電が生じやすい状況としては、夏場であれば落雷や大雨の影響が考えられますし冬場であれば積雪などが原因となります。 特に停電が増えるのは夏場の落雷などの影響のほうが大きいですので、特に近年のゲリラ豪雨といった特殊な状況下では停電のリスクが大幅に増えることが考えられます。 それと電気消費量が特に増える夏場の場合には、エアコンなどの使用が集中することにより供給できる電力が不足する事態になり停電が頻繁に起きるといったことも停電が生じやすい状況となります。 特に近年では夏場の暑さが昔に比べて大幅に暑くなってきていますので、電力会社が想定している以上の電力消費により停電してしまうことも増えているといえるでしょう。 このように天災によるものと人災とも言える電気の使いすぎが停電を引き起こしやすい状況を生み出していると言えます。 そのため常に備えをしておくことが重要となります。 なにに気をつけたらいいの? 停電が起きた場合には気をつけなければいけない注意点があります。 これは室内と室外では注意すべき点が異なりますので、正しい注意点を理解しておくことが重要となります。 室内 停電に対して室内で注意しておくこととしては、停電した場合には使用していた家電のプラグを抜いておくということが対策として必要となります。 例えば電気調理器やアイロン、ドライヤーといった熱を発するものに関しては、急に停電が復旧するとその時点でスイッチが入ル事になります。 もし使用していたのを忘れていたり、停電している最中にそれらを放置していなくなっていた場合には、スイッチが入ることで熱を発し、それが原因で火事になる危険性もあります。 エアコンやテレビ、パソコンやレコーダーといった家電に関しても可能であればコンセントを抜いておくほうが良い場合があります。 これは停電からの復旧時に過電流が流れて故障してしまう場合もあるためで、コンセントを抜いておくことで過電流を防ぐことが出来ます。 それと落雷の場合はコンセントに繋いでいるだけでも電線を通じて室内に電気が流れ込む恐れもありますし、コンセントから離していた場合でも電気がジャンプして家電を故障させることもあるため、コンセント付近にプラグを置かないようにすることも必要です。 屋内 屋内で注意しなければいけないポイントとしては、雷などが鳴っている場合や大雨の場合には、停電することを予測してエレベーターなどの利用は行わないといったことが重要となります。 もし停電するとエレベーター内に閉じ込められることになるため、その点には注意が必要です。 それと屋内に配置してあるブレーカーを元に戻す作業も必要になりますが、雷などが鳴っている最中はブレーカーの周辺は危険な場合がありますので、もし停電した場合にも屋内のブレーカーをすぐに操作しなといったことも感電しないためには必要な対策といえます。 停電だけじゃない!その他の対策 電気が途絶える原因としては停電が最も多い原因となりますが、それ以外にも雷や大雨の場合には注意しなければいけないことがあります。 それが漏電や浸水といった問題です。 漏電 漏電というのは読んで字のごとく電気が漏れている状況で、この漏電により家事が引き起こされることがあります。 特に落雷が家の近くで起きた場合には、一度に大量の電気が流れ込むことになります。 これにより停電するだけでなく家の電気配線が焼ききれるというトラブルも考えられますし、落雷により配線に問題が生じることもあります。 それを放置しておくと知らない間に漏電している状況となり、電気が原因で火事が発生してしまうことも考えられます。 漏電はなかなか分かり難いものですので、もし停電した後に復旧してにもかかわらずブレーカーが頻繁に落ちる場合は漏電を疑ったほうが良いでしょう。 浸水 近年のゲリラ豪雨などにより浸水というリスクも大幅に高まっています。 この浸水は家電が故障してしまう原因となるだけでなく浸水による電気のショートといった問題も浮上することになります。 浸水することは水が家の中に入るということですし、家電などに浸水した場合には内部にまで水が入り込むことで故障の原因となります。 そのため浸水した場合には速やかに使用している家電の電源を抜くといった対処が必要となりますし、可能であれば大雨で浸水の危険性があるのであれば家電などは浸水しない場所に退避させることも必要となります。 使用中の家電は電気が通電していることになるため、それを忘れていると浸水により感電してしまう危険性も考えられます。 よく濡れた手でコンセントを抜き差しすると感電する危険性があるといいますが、それと同じことが浸水の場合でも起きるわけです。 そのため大雨での浸水を予想して浸水を防ぐ対策を講じることも必要ですし、浸水した場合には電気による感電にも注意をする必要があります。 【関連記事】 この記事に関連するキーワード: 節電、節約でこんなお悩みをお持ちの方!• 5万円節約できるケースも少なくありません。 まずは試しに5分程度で出来ますので料金シミレーションで今の電気料金と比較をしてみましょう。 以下料金シミレーションが出来る、おすすめの電力会社をご紹介します。 【Looop でんき】? 全国対応、シンプルに電気代が安い? オススメポイント• 3人以上の世帯は特にお得になる! 紹介記事 1、 2、 【東京ガス】? 豊富なセット割で利用者80万人超え? オススメポイント• ガソリン、灯油、経由がお得に? オススメポイント•

次の