ジョリー ザ ジョルネード。 DMRP11 M1/M3 ジョリー・ザ・ジョルネード(マスターレア)|デュエルマスターズ通販・販売|ガッチャJP

[DMRP11 M1/M3] ジョリー・ザ・ジョルネード

ジョリー ザ ジョルネード

ポケットモンスター関連• 日本最強の男に学べ! ポケモンカード トレーナーズスクール!!• アニポケまであとちょっと! デュエル・マスターズ関連• 秘蔵イラストも公開!! イラストレーター 制作秘話リレー• デュエマ妄想構築録 イナズマイレブン関連• マル秘ネタ 電撃チラ見せ!! おおばあつし先生 電撃執筆! アニメ直前 限定イラスト!! ゾイド関連• ゾイド生みの親徳山氏 5656万字!? 限界ロングインタビュー• 森茶先生本能執筆! アニメ直前 限定イラスト!! ミニ四駆関連• 伝説マシン開発秘話 パズドラ関連• 大塚角満のモンスター美術館 マジック:ザ・ギャザリング関連• ドブフクロウのMtGブレイキングアカデミー フォートナイト関連• にゃんこ大戦争関連• まんがで!にゃんこ大戦争 もういっちょ!• 超天篇第3弾「零誕! 魔神おこせジョルネード1059!! 」収録、「ジョリー・ザ・ジョルネード」 《ジョリー・ザ・ジョルネード》。 ではこのカードの能力に端を発した「相手のターンに行動する」というコンセプトでデッキを作るにとどまったが、本人が使えるのであれば話は別である。 というわけで、今回は超天篇第3弾のマスターカードである 《ジョリー・ザ・ジョルネード》を使ったデッキを作っていくことにしよう。 まずは雑に作ってみる 《ジョリー・ザ・ジョルネード》の「マスターJトルネード」を使うためには、バトルゾーンにコストの合計が10以上となるようにジョーカーズが並んでいる必要がある。 10というコストは一見すると重いようにも見えるが、GR召喚によって出てくるGRクリーチャーたちは 実質タダで出てくるにもかかわらずコストを持っているため、GR召喚と組み合わせれば意外と簡単に揃えることができそうだ。 」 収録、「オケ狭間 寛兵衛」 「超GRメガスタートデッキ ジョーの超ジョーカーズ旋風」に収録されている 《バブるーと》は、「Jトルネード」でGR召喚ができる優れモノ。 「Jトルネード」はリソースを使わずにリソースを増やせるギミックなので、手札に《ジョリー・ザ・ジョルネード》をキープしておかなければならないこのデッキには噛み合っていそうだ。 また、青い《ウォッシャ幾三》こと 《オケ狭間 寛兵衛》はブロッカー持ちということもあり、相手の攻撃を牽制しながら《ジョリー・ザ・ジョルネード》へとつなげられる理想的なGR召喚獣だ。 というわけで、まずは普通に作ってみたのがこちらのリストだ。 」 収録、 「松苔ラックス」 《ジョリー・ザ・ジョルネード》と相性が良いのはGR召喚だけではない。 「S・トリガー持ちクリーチャー」も、それらは大抵通常プレイを制限するべく重いコストを設定されているため、逆にそれが噛み合うこととなるのだ。 こちらも超天篇第3弾の 《松苔ラックス》も、《青寂の精霊龍 カーネル》がジョーカーズになったようなスペックだが、8マナという重いコストは《ジョリー・ザ・ジョルネード》との関係では他に《タイク・タイソンズ》だけいれば済むようになるため、このデッキにうってつけのS・トリガーだ。 だが、このデッキは普通に使う分には楽しいものの、現在流行の《SSS級天災 デッドダムド》に対しては、マッハファイターやSSS級侵略で 適宜盤面処理を繰り返されると《ジョリー・ザ・ジョルネード》が出せなくなってしまうという難点があった。 そこで私は、 新たなコンセプトに目を向けることにしたのであった。 All Rights Reserved. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の

【デュエルマスターズ】《ナウ・オア・ネバー》と《ジョリー・ザ・ジョルネード》、中々相性良いよねって話|デネブログ デュエマの速報・環境

ジョリー ザ ジョルネード

そうしたら、このクリーチャーをバトルゾーンに出す。 魔神おこせジョルネード1059!! 魔神おこせジョルネード1059!! まさにジョニーなスペック! この初代《ジョリー・ザ・ジョニー》とパワーもW・ブレイカーなところも同じ! 「・・・ッすね。 そうしたら、このクリーチャーをバトルゾーンに出す。 Jトルネードのマスター版! マスターJトルネードだ! 既にもうみんな知っているJトルネード。 それはこんな能力だったよね。 そうしたら、カードを2枚引く。 そうしたら、このクリーチャーをバトルゾーンに出す。 まず発動タイミング。 これは「 相手のターンの終わり」となる。 そうしたら、このクリーチャーをバトルゾーンに出す。 そうしたら、このクリーチャーをバトルゾーンに出す。 スーパー踏み倒し能力! さすがジョニーだ! この能力では、自分のバトルゾーンにいるジョーカーズ・クリーチャーを好きな組み合わせで、そのコストが、 合計10以上になるように 選び手札に戻したら《ジョリー・ザ・ジョルネード》をタダでバトルゾーンに出すことができるんだ! 合計10以上は厳しい? コストの合計が10以上は厳しい? 本当にそうかな? 例えば2ターン目に《ヤッタレマン》。 3ターン目に《ウォッシャ幾三》からのGR召喚で、 《The ジョラゴン・ガンマスター》。 2+3+5。 ハイ達成。 めちゃくちゃ簡単じゃないか!! あるいは3ターン目に出すのを《ガチャダマン》にすれば、GRで出なければならないラインがコスト5ではなく4となるから、 《ゴッド・ガヨンダム》 《鋼ド級 ダテンクウェールB》 《Mt. 富士山ックス》 《鋼特Q ダンガスティックB》 《The ジョラゴンGS》 《メタルトッQ》 でオッケーになる。 GRをこれらで満たせば成功率は驚異の100%に達するぞ! コスト10。 《ジョリー・ザ・ジョルネード》の登場時能力がとんでもない! なんとGR召喚を3回も行うことが出来るぞ! これで手札に戻したクリーチャーのぶんが、そのまま補充されるような感じだから全く損がない!! 即座に攻撃可能 《ジョリー・ザ・ジョルネード》は水のクリーチャーだから、当然火文明の特徴であるスピードアタッカーは持っていない。 なんと《ジョリー・ザ・ジョルネード》がバトルゾーンにいる限り、自分のジョーカーズは 全てブロックされない! メタリカやオーラのデッキ、あるいは水のウェイブデッキとかにも結構ブロッカーが入っていたりするからこの能力は超優秀だね! ただしこの能力では「攻撃曲げ」や、 「攻撃中止」は突破できないことに注意! 青単?青緑?青赤? 今後のジョーカーズは、• 赤緑 というデッキのタイプが作れるようになる! この中でもオジサンのオススメはズバリ、 青緑! 青の、• ドロー• ブロッカー• バウンス• 行動不能 緑の、• マナブースト• マッハファイター•

次の

ジョリー・ザ・ジョルネード【デュエルマスターズトレカお買得価格通販:トレコロ】

ジョリー ザ ジョルネード

《ジョリー・ザ・ジョルネード》とは、デュエル・マスターズに登場するクリーチャーである。 登場弾はDMRP-11「超天篇 第3弾 零誕! 魔神おこせジョルネード1059!! そうしたら、このクリーチャーをバトルゾーンに出す。 W・ブレイカー このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、GR召喚を3回する。 自分のジョーカーズはブロックされない。 コストが少々高いのがネックとなっているものの、このクリーチャー特有の能力「マスターJトルネード」によってその点はカバーされている。 相手のターンの終わりにこのクリーチャーが手札にあれば、自分のジョーカーズのコストの合計が10以上になるように手札に戻す事でコストを踏み倒す、いわば擬似グラビティ・ゼロを兼ね備えている為、 大量展開に長けたジョーカーズにとっては相性が抜群と言っていいだろう。 尤も上記の能力でこのクリーチャーを何度も出すことは出来ないという制約はあるが、タダだし及び大量展開というのは本当に魅力的である。 スピードアタッカー W・ブレイカー このクリーチャーが攻撃する時、カードを1枚引き、その後、手札を1枚捨てる。 ジョラゴン・ビッグ1:ジョーカーズを自分の手札から捨てた時、その「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力を1つ使ってもよい。 クリーチャーへの攻撃はいいけど、ご主人様を攻撃するなら遮断機を下ろしちゃうよ。 Bye Bye。 W・ブレイカー シャダンQ P UC 無色[ジョーカーズ] 6 クリーチャー:ジョーカーズ 3000 G・ゼロ:バトルゾーンに自分のコスト5以上のジョーカーズがあれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。 自分がクリーチャーに攻撃された時、このクリーチャーをタップしてその攻撃を中止してもよい。

次の