沖縄 天気 過去。 沖縄県の過去の天気(実況天気・2019年01月)

沖縄市の10日間天気(6時間ごと)

沖縄 天気 過去

各種データ・資料• 気象 気象観測データ• 天気予報等に関する検証資料• 気象の過去の災害• 農業気象• 航空気象• 地球環境・気候 地球環境・気候• 異常気象• 最近の天候の特徴や見通し• 地球環境・気候の観測・解析データ• 地球環境・気候の長期変化傾向• 気候リスク管理• 海洋 海洋• 海洋の実況や見通し• 海洋の長期変化傾向• 地震・津波・火山 地震の活動状況• 地震・津波の観測・解析データ• 火山の活動状況• 火山の観測データ• 警報・情報等に関する検証資料• 地震・津波、火山の過去の災害•

次の

9月は沖縄へ旅行!台風や天気、海、イベントの情報をご紹介!

沖縄 天気 過去

八重山地方は、太平洋高気圧を回り込む湿った空気の影響で曇っています。 17日から18日は、湿った空気の影響で曇り、所によりにわか雨があるでしょう。 沿岸の海域では、波がやや高い見込みです。 八重山地方では、18日は高温が予想され、熱中症の危険が特に高くなる見込みです。 暑さを避け、水分をこまめに補給するなど十分な対策をとってください。 宮古島地方では、18日昼過ぎから雷の発生するおそれがあります。 宮古島地方は、太平洋高気圧を回り込む湿った空気の影響で曇っています。 17日は、湿った空気の影響で曇るでしょう。 18日は、湿った空気の影響で曇りますが、昼過ぎは雷を伴い雨が降る見込みです。 沿岸の海域では、波がやや高いでしょう。 本島中南部では、17日夜遅くまで土砂災害に注意してください。 沖縄本島地方では、18日夕方まで発達した積乱雲の下での落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨に十分注意してください。 沖縄地方は、太平洋高気圧を回り込む湿った空気の影響で曇っています。 17日から18日の沖縄地方は、湿った空気の影響で曇りや雨の天気となり、所により雷を伴うでしょう。 本島中南部では17日夜のはじめ頃まで土砂災害に注意してください。 沖縄本島地方と大東島地方では18日にかけて、宮古島地方では18日は、発達した積乱雲の下での落雷や突風、急な強い雨に注意してください。 沖縄本島地方では竜巻などの激しい突風にも十分注意してください。 沖縄地方の沿岸の海域は、波がやや高いでしょう。 八重山地方では、18日は熱中症の危険が特に高くなる見込みです。 暑さを避け、水分をこまめに補給するなど十分な対策をとってください。 大東島地方では、18日夕方まで発達した積乱雲の下での落雷や突風、急な強い雨に注意してください。 大東島地方は、太平洋高気圧を回り込む湿った空気の影響で、雨が降っています。 17日から18日は、湿った空気の影響により雨や曇りで、雷を伴う所があるでしょう。 沿岸の海域では、波がやや高い見込みです。

次の

9月5日は沖縄・宮古島では過去に記録的な台風襲来(崎濱綾子)

沖縄 天気 過去

期間の中頃からは、太平洋高気圧に覆われておおむね晴れる見込みです。 最高気温・最低気温はともに、平年並か平年より高いでしょう。 気温の高い状態が続くため、熱中症など健康管理に注意してください。 降水量は、沖縄本島地方と大東島地方では平年より多く、先島諸島は平年並でしょう。 最低気温・最高気温の欄の括弧内は気温の予測範囲を示しています。 実況の気温がこの範囲に入る確率はおよそ80%です。 信頼度は、3日目以降の降水の有無の予報について「予報が適中しやすい」ことと「予報が変わりにくい」ことを表す情報で、A、B、Cの3段階で表します。 信頼度 内容 A 確度が高い予報• 適中率が明日予報並みに高い• 降水の有無の予報が翌日に変わる可能性がほとんどない B 確度がやや高い予報• 適中率が4日先の予報と同程度• 降水の有無の予報が翌日に変わる可能性が低い C 確度がやや低い予報• 適中率が信頼度Bよりも低い もしくは• 降水の有無の予報が翌日に変わる可能性が信頼度Bよりも高い 平年値は次の値を掲載しています。 予報期間7日間で合計した降水量の平年並の範囲 予報4日目の最高気温・最低気温の平年値 各府県ごとの週間天気予報は、毎日11時と17時の2回発表しています。 期間の1日目と2日目については随時最新の天気予報を表示しています。 地方週間天気予報 その府県を含む地方予報区単位で見た向こう1週間の天気や気温などの概要です。 なお、「平年並」など平年との違いの程度を表す場合は、階級表現を用いています。 階級表現の詳細は、「」をご覧ください。

次の