ブルドッグ 顔 改善。 ブルドッグ顔を治す方法|一生頬が落ちない習慣を作ろう!

ブルドッグ顔の解消法とは?頬のたるみの原因や改善したい意外な習慣も

ブルドッグ 顔 改善

テレビをはじめ多くのメディアで話題沸騰中だ。 多くの有名人の顔をあっという間に若返らせてきたカリスマ顔ヨガ講師の間々田佳子さんが、気になるお悩みを解決してくれるシリーズ。 第18回目のお悩みは、「老け顔」。 Q:ブルドックラインを刻み込まないためには? 最近、疲れるとめっきり老け顔に見える。 「以前と何が違う?」って、マジマジと鏡を見てたら、口元に、なんとブルドッグラインが…。 くっきり刻まれる前に消すには、どうすればいい?(36才・主婦) A:口角を上げたまま舌を動かす 「お悩みのブルドッグライン、改善できますよ! ブルドッグラインが表れるのは、頬を引き上げる筋肉(大頬骨筋)が衰えている証拠。 正しく鍛えて頬の位置とハリを上げ、ブルドッグラインを撃退しましょう。 頬のたるみが気になっていた私の生徒さんも、『おいしい顔』を習慣化して、ブルドッグラインを克服した人が少なくありません。 気づけば『おいしい顔』を行っていたら、1週間ほどで顔に凹凸ができ始め、数か月でブルドッグラインが解消。 また、両親ともにブルドッグ顔で、何をしても改善しないとあきらめていた生徒さんも、『おいしい顔』効果でブルドッグラインが気にならなくなり、あご周りもシャープになりました。 若顔に変身する人が多いんです」(間々田さん) 上の歯8本を見せて口角を上げるのがポイント 舌を動かすと口角が下がってしまうが、口角が下がっていると、頬はたるんだまま。 まずは、上の歯8本をしっかり見せ、口角を上げてキープするのがポイント。 舌を動かす時は、ゆっくり丁寧に。 「舌の歯が見えてしまうと、口角が上がりません。 始める前に、歯の見え方チェックを。 また、目やおでこなど、ほかのパーツに力が入りがちですが、力を入れた時にできるしわが表情グセの原因になるので注意。 舌を根元からしっかり押し上げて動かせば、あごの下の筋肉が刺激されて、フェイスラインのもったり感もなくなります。 さらに、舌を動かせば動かすほど、唾液が出て、食後の消化率もアップ! 摂取した食べものがスムーズに消化されれば、ダイエットにも効果テキメンです」(間々田さん) 笑顔の準備体操になるので、一日が始まる朝行うのがベスト。 舌を動かせば滑舌もスムーズになるので、気になる人は、ぜひトライ! 顔ヨガのポーズ「おいしい顔」のやり方 上の歯だけをしっかり見せてにっこり笑う。 目線は上。 舌を出し、左上に舌先を尖らせる。 舌が上唇に触れないように、左から右にゆっくり移動。 小鼻をなめるイメージで。 元に戻す。 著書の累計部数が48万部突破。 最新ポーズを含む31種類の顔ヨガポーズを収録した、間々田佳子監修の『日めくり まいにち、顔ヨガ!』は6万部超の大ヒット。 卓上&壁掛け式だから、トイレ、洗面所などいつでもどこでも実践!.

次の

顔のたるみを取る方法は?ブルドッグ顔の原因や改善マッサージ法も

ブルドッグ 顔 改善

この記事の目次• ブルドッグ顔の7つの特徴 ブルドッグ顔とはどんな顔なのか、その特徴を見ていきましょう。 ブルドッグ顔の特徴がわかれば、「あ、あの人ブルドッグ顔じゃん」、「え?私ってブルドッグ顔だったの?」と判断できますよ。 1.顔全体が重力に負けている ブルドッグ顔の特徴の1つ目は、顔全体が重力に負けていることです。 顔の筋肉・脂肪すべてが重力に負けています。 つまり、顔全体が重力に引っ張られて、下向きになっているんです。 特に、頬の肉が垂れてきていることが、ブルドッグ顔の特徴ですね。 ブルドッグ顔は頬がふっくらしていますが、重力に負けているので、下にたるんできているんです。 2.ほうれい線がある ブルドッグ顔の2つ目の特徴は、ほうれい線です。 ブルドッグ顔の人は、ほうれい線が目立っています。 ほうれい線は頬の肉がたるむことで出てきますが、ブルドッグ顔の人はこのほうれい線が特に目立つんです。 ほうれい線が目立つと、老けて見えますし、ちょっと人相が悪くなってしまうんですよね。 3.マリオネットラインがある ブルドッグ顔はマリオネットラインがあることも特徴です。 マリオネットラインとは、口の両脇から下に向けて伸びるラインのことで、腹話術の人形についているラインのことですね。 出典: マリオネットラインはほうれい線以上に老けて見えてしまうので厄介なラインですが、ブルドッグ顔の人はこのマリオネットラインが出ていることが多いんです。 4.瞼が重い ブルドッグ顔の4つ目の特徴は、瞼が重いことです。 ブルドッグはほかの犬に比べて、瞼が重そうな顔ですよね。 ブルドッグ顔の人は瞼が垂れ下がってきていることが多いです。 あまりにも瞼が下がってきていて、目が小さくなってしまったり、タレ目に見えることもあるんです。 5.おでこの横ジワ ブルドッグ顔はおでこに横ジワが入ることも特徴です。 ブルドッグの顔を見てみましょう。 おでこに何本かシワがありますよね。 だから、ブルドッグ顔の人もおでこに横ジワが入っていることが多いんです。 おでこに横ジワが入ると、まずは老けて見えますよね。 さらに、気難しそうに見えて、人相が悪くなってしまうんです。 おでこの横ジワは美容の大敵ですね。 6.首の横ジワ ブルドッグ顔の人は、首にも横ジワがあります。 首は年齢が出る部分と言われています。 どんなに美容に気を使っていて、美容整形をしているような美魔女でも、首は年齢を誤魔化せないんです。 だから、首には年齢・老化が現れやすい部位です。 そのため、ブルドッグ顔の人は、首にくっきり横ジワ(というかたるみ)が出てしまうんですね。 首にだるだるの横ジワがある人は、ブルドッグ顔と言ってよいでしょう。 7.二重顎 二重顎もブルドッグ顔の特徴ですね。 ブルドッグ顔は顔全体の肉が重力に負けてたるんでいるので、二重顎になってしまうんです。 それほど太っていなくても、ブルドッグ顔の人は、二重顎になりやすいですね。 細身の人でも、顔の肉がたるんでしまえば、簡単に二重顎になるんです。 ブルドッグ顔の男性芸能人・有名人5名 大神いずみ 生年月日:1969年6月10日 出身:福岡県福岡市 所属:ケイダッシュ 血液型:B型 活動:フリーアナウンサー、タレント 元日本テレビアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーとして活躍している大神いずみさんも、ブルドッグ顔になってきています。 ほうれい線とマリオネットラインがはっきり入っていますし、頬がたるんでいて、首の横ジワも入っています。 日テレアナウンサー時代よりもかなり太ったようなので、それもあってブルドッグ顔になっているのかもしれません。 ブルドッグ顔になる原因 ブルドッグ顔になる原因にはどんなものがあるのでしょうか?ブルドッグ顔にはなりたくないですよね。 ブルドッグ顔を避けるためには、ブルドッグ顔になる原因を知っておく必要があります。 1.加齢 ブルドッグ顔の原因の1つ目は、加齢です。 もうこれは仕方がないことですね。 加齢はどうにもこうにも避けることはできません。 加齢とともに、コラーゲンの量が減って、肌がたるんでくるのは自然のこと。 だから、年齢を重ねると、自然にブルドッグ顔になってしまうんです。 これは、仕方がない原因と言えますね。 2.姿勢が悪い ブルドッグ顔の原因の2つ目は姿勢が悪いことです。 猫背になると、顔が自然に俯き加減になりますよね。 顔が下向きになると、顔の肉が重力に引っ張られて、たるみやすくなります。 姿勢が悪いと、顔が下向きになっている時間が長いので、ブルドッグ顔になりやすいんです。 3.無理なダイエット ブルドッグ顔の原因の3つ目は、無理なダイエットです。 激しいダイエットをすると、一気に痩せるので、皮膚が余ってたるみやすくなります。 また、筋肉も落ちるので、顔の皮膚もたるみやすくなるんです。 だから、無理なダイエットをした人は、ブルドッグ顔になりやすいので注意が必要です。 4.表情筋の衰え 表情筋が衰えてくると、ブルドッグ顔になりやすいです。 顔の筋肉が衰えると、顔の肉が重力に負けてしまうので、たるんできます。 表情筋の衰えは加齢でも起こりますが、あまり表情筋を使わないと、つまり顔の筋肉を動かさない人・無表情の人は、ブルドッグ顔になりやすいです。 5.ストレス ブルドッグ顔の5つ目の原因はストレスです。 ストレスを抱えている人は、ブルドッグ顔になりやすいんです。 ストレスを抱えている人は、落ち込んでうつむきがちになります。 俯いていると、ブルドッグ顔になりやすいことは、先ほど説明したとおりです。 また、ストレスを抱えていると、頭皮が硬くなりやすいです。 頭皮が硬くなると、顔の皮膚を頭皮が引っ張ってくれなくなるので、顔の皮膚がたるみやすくなるので、ブルドッグ顔になりやすいです。 まとめ ブルドッグ顔の特徴やブルドッグ顔の芸能人・有名人、ブルドッグ顔になってしまう原因をまとめました。 ブルドッグ顔になると、老けて見えますし、人相が悪くなってしまうので、ブルドッグ顔にならないように気をつけましょう。 表情筋を鍛えて、ストレスを溜めないようにして、美容に励みましょうね!.

次の

ブルドッグ顔を治す方法|一生頬が落ちない習慣を作ろう!

ブルドッグ 顔 改善

顔のたるみの主な原因 たるみ改善のまえに、まずはその原因を知っておくことが大切。 顔のたるみを引き起こす主な原因として次のようなことが考えられます。 コラーゲンの減少 年齢を重ねると共に、皮膚を構成しているコラーゲンや水分の量はどんどん減少していきます。 ハリや弾力を失った肌は、そのまま重みに耐えきれず垂れ下がってしまうのです。 50~60代はとくに、その影響が顔のたるみとして現われやすい時期かもしれません。 紫外線ダメージの蓄積 紫外線によるダメージも、実はたるみに大きく影響している要因の一つ。 紫外線は、コラーゲンの生成や肌奥の水分量を保つ機能を低下させてしまいます。 また、たるみの他にもシミやしわなどのエイジングサインを引き起こす原因につながります。 顔の筋肉の衰え 顔の皮膚は、表情筋という顔の筋肉によって支えられています。 しかし、この筋肉が衰えると、皮膚を支えることができずに垂れ下がってしまうのです。 表情筋も加齢と共に衰えるので、たるみを予防・改善するためには意識的に鍛える必要があります。 乱れた生活習慣 睡眠不足や乱れた食事、ストレスなども肌の衰えを加速させる原因に。 生活が乱れることによって肌の健康にもマイナスの影響が出てしまうことは言うまでもありません。 また、姿勢の悪さや長時間デスクワークをしているなどの習慣も、身体がバランスを失うことによってたるみを起こす可能性が考えられます。 たるみ改善のためのセルフ美容ケア では、この厄介な顔の「たるみ」を改善するためには、どのような美容ケアをしていけばよいのでしょう? はじめに、自宅でできる簡単なセルフケアを具体的にご紹介していきます。 ハリ・保水を意識したスキンケア 毎日のスキンケアは、たるみ改善に欠かせません。 とくに、肌にハリや弾力をもたらすコラーゲンなどの保湿成分を十分に補う必要があります。 たるみにアプローチするスキンケアのポイントとして、以下のような成分を配合した化粧品をとり入れることがおすすめです。 ・コラーゲン(肌にハリを与える) ・ヒアルロン酸(肌にうるおいを与える) ・セラミド(肌奥で水分を蓄える) ・ビタミンC誘導体(肌の働きを促す) この他にも、肌にハリや弾力を与える保湿成分はいくつかあります。 いま使っている基礎化粧品を見直し、たるみにアプローチできるスキンケアに切り替えましょう。 刺激を最小限に抑える たるみを予防するためにも、今後のスキンケアで注意してほしいのが肌への刺激。 洗顔中、肌をゴシゴシ擦っていませんか?また、タオルで拭く際に強い力で拭いてしまっていませんか? このような摩擦は、肌にとって想像以上に大きなダメージを与え、たるみを起こす原因にもなります。 「肌への優しさ」を第一に考えるよう心がけましましょう。 紫外線対策 肌の機能を低下させる紫外線への対策も必須です。 外出時に日焼け止めを塗るのは基本ですが、日中室内にいるときも紫外線が肌に降り注いでいることがあるので注意しましょう。 また、紫外線対策は日差しが強い夏だけでよいというものではありません。 暑さが弱まる秋や冬でも、少なからず紫外線が存在します。 徹底的に美容ケアをしたい方は、一年を通して紫外線対策を心がけることをおすすめします。 簡単にすぐできる表情筋トレーニング 顔の筋肉を鍛えることも、たるみを改善する大切なケアです。 トレーニングと聞くと面倒に感じますが、ここで紹介するのはいつどこでも簡単にできるものです。 家事をしながら、またはTVを観ながら、毎日少しずつ表情筋を鍛え上げていきましょう! ・「あいうえお」体操 「あいうえお」を一文字ずつ発声し、頬のたるみやほうれい線にアプローチするトレーニングです。 大袈裟なくらいに口を大きく動かし、以下のポイントに注意して行いましょう。 こちらも大袈裟に眼球を動かす意識をもって行うことがポイントです。 少しの時間でできるので、ぜひ気軽にチャレンジしてみてくださいね。 ブルドッグ顔につながる気をつけたい生活習慣 たるみを改善するためのケアをとり入れると同時に、しっかり見直したいのが生活習慣。 無意識にやってしまうことが多いので、美容のためにも意識して改善しましょう。 睡眠不足 肌の生まれ変わりに必要な成長ホルモン。 最も分泌が多くなる時間帯は夜22時~2時のいわゆる「ゴールデンタイム」と言われています。 しかし、この時間にしっかり睡眠をとっていないと成長ホルモンは分泌されず、肌の働きも正常に行われません。 顔のたるみを改善するためには、まず生活リズムを整えることから始めましょう。 姿勢が悪い 足を組むことが多かったり、背筋が曲がっていたりと、身体のバランスが歪んでしまっていませんか? 姿勢が乱れた状態は、「たるみ」を引き起こす大きな原因になります。 はじめは大変ですが、できる限り気を抜かず美しい姿勢を保つクセをつけましょう。 そうすることで、たるみだけでなくボディラインも若々しく改善されていきますよ! 食事で噛む回数が少ない 食事で「噛む」ことは、顔の筋肉を鍛えるためにも必要不可欠なこと。 しかし、柔らかく食べやすい食事ばかり食べていると、表情筋は必然的に衰えていきます。 日常的によく噛んで食べることを心がけ、食事にはあえて噛むことが必要になる固い食べ物をとり入れる機会もつくりましょう。 一人の時間が多い その名のとおり、表情筋は表情を動かす機会が少ないと使う機会が減ってしまいます。 とくに、一人でいる時間が長い方や、TVやスマートフォンを見ていることが多いと、その表情はどんどん硬くなってしまうのです。 美しい顔を維持するなら、人と話す機会や接する場を意識的につくることが大事。 家族や友人、ご近所の人とはもちろん、ショッピングに出掛けてみることも表情筋を動かすことにつながりますよ! たるみ改善で気持ちも上向きに 老けてみえるだけでなく、不幸な印象を与えてしまうたるんだブルドッグ顔。 いつまでも明るくイキイキとした美しい女性であるためにも、「たるみ」改善の美容ケアにチャレンジしてみましょう! 意識を変えるだけで、きっと気持ちまで明るく過ごせるようになるはずです。

次の