イルカ 溺れる。 イルカは人間の心が分かるのか?

イルカの睡眠方法とは?

イルカ 溺れる

嫌な胸騒ぎとともに目が覚めた。 季節はもう冬、肌寒い筈、ただでさえ遙は汗を掻きにくい体質で…でもじっとり嫌な感じのする汗を掻いている 確か、見ていた夢は心地よいものだったのに 溺れるイルカ そこにあったのは終わらない夏 岩鳶高校のプールのスタート台に立つ、向こう側にいるのは真琴、それに渚と怜 隣りには凛、挑発するかのような笑みで遙を煽る。 笛の音が響き渡り飛び込んだのは同時、互いに負けたくない勝負の始まり。 ただ必死に泳ぎターンをして再びスタート位置へと手をつく そしてプールの底に足をついてキャップとゴーグルを剥ぎ取り、顔を横に振る。 周囲に心配や迷惑を掛けて遠回りをしたけど夢と向き合い、進みたい未来を見つけた。 さっきの夢のなかで江から名前を呼ばれたのを随分懐かしく感じる。 この前まで夏だった筈なのに… ふいに空虚な気持ちになる しかし、それは春になったら生まれ育った岩鳶を去らなければならないからだと納得していた。 過去には母と共に父の働く都会へ行くという選択肢だってあった それでも留まり続けたこの場所に…可愛い後輩である渚や怜、そして江に別れを告げるのは寂しいに決まっている。 そう解っている筈なのに、どうも何かが引っかかり腑に落ちない ともあれ風呂へ行く、水にでも浸かっていれば理由も見えるかもしれない。 脱衣所に行くと様子がおかしい。 自分と同じ顔をした男が浴槽に浸かっていた。 一瞬、考えるのを止めて、戸を閉めた。 」 「…先ず何をどうしたらいいの?むしろどうなってるの?!」 七瀬家の茶の間にて、真琴が卓袱台越しに向き合うのは瓜二つというより鏡に映したかのような全く同じ姿、二人とも七瀬遙 しかし両者は明らかに違う 向かって左、いつも通り愛想がない仏頂面、真琴以外は何を考えているか読み取るのは困難なよく知る遙 そして右は爽やかでやる気に満ちた表情、遙を知る人物ならば本当にあの遙なのかと疑問を抱かずにはいられない人物 しかし不思議なことに遙のことならば大抵理解できる真琴自身、この男と初めて会った気はしなかった。 「君…本当にハル?」 右の人物に問いかけてみる。 「当然だろ!真琴!」 テンション高く答えてくる。 「じゃあ、なんでハルが二人いるの?」 「俺が知るか…」 いつもの遙がテンション低く答えた。 「何で俺がここに居るかって? そんなん俺だったら分かってんだろ?」 不適に笑い、もう一人の遙が答えたとき、玄関のチャイムの音が響き渡る。 「ハルちゃん、入るよー!靴あるけどマコちゃんも来てるの?」 玄関を空ける音と渚の声が響く。 茶の間に入ってきた渚、続いて怜、そして凛と江。 それは突然のことだった…もう一人の遙が立ち上がり江の前へ 「会いたかったよ、マイハニー!!」 その手を握りしめる。 「え?エ??遙先輩?!!」 それに目を丸くする江 「テメェ!!何江の手握ってる!!」 凛の声が上がり、その手を振り払おうとするがそれよりも早く遙の肩を押す手があった。 「触るな…」 怒りすら読み取れる無愛想な声と表情の遙 「遙先輩が二人??」 「何がどうなって…」 その状況に江だけでなく凛、怜や渚までも困惑し狼狽える。 「男の嫉妬か?カッコ悪いな…」 まるで遙を挑発するかのような笑みと言葉が返ってくる。 「嫉妬なんてしていない…江が困ってる」 負けじと言葉を返す。 「まっ、せいぜい指でも銜えて見てればいい。 こんなヘタレ放っといていいことしよっかハニー」 ふいに江を自身の方へ抱き寄せ、顎を取ると額に唇を落とした [newpage] 理論の範疇をオーバーして思考が停止した怜、なす術もなく目の前で妹が汚された(?)凛、そして額であれいきなりキスされたなど諸々の江、それぞれの理由でダウンする。 「みんなー大丈夫?」 看病は渚がしている。 改めて茶の間で向き合うが、今回は卓袱台を挟んでの悠長な雰囲気ではない。 「お前…何のつもりだ!!」 もう一人の自分の胸倉を掴む遙 「ハル!!落ち着いて!!」 それに対して真琴は慌てて遙を取り押さえ、宥めようとする。 「何のつもりって、軽い挨拶に決まってるだろ。 あとは…江にキスしたいからしただけだ。 水に入りたいのと同じにな!」 「水と江を一緒にするな…!」 「そうだ、江は水じゃない…そんなことずっと知ってるだろ?」 刺す様に睨みつける自身の姿が笑みを浮かべた青い瞳にはっきりと映し出されていた。 「ずっと言ってるが俺はお前だ、遙 お前が江にキスしたいと思ってるからキスした。 もう一人の遙がそれを受けてよろけながら壁に背を付ける。 それに動揺もせず言葉を続けた。 「たまにそんな事考えてる自分を殴りたくなる。 それでも一緒にいたいって…俺だけのもんにしたいって思ってる。 」 もう一人の自分が睨み返し、何故か怯んでしまう。 「やっと夢とまともに向き合ったと思えば…いい加減気持ちとも向き合えよ! 春になったら岩鳶を出るんだろ? 離ればなれになる。 先輩後輩って関係じゃどうにもなくなって…でもヘタレなお前は約束の一つする勇気もない あんないい子回りが放っておくか? まっ、そうなる前に江は俺のモンにするけどな」 そう不適に笑いもう一人の遙が立ち上がり茶の間を出る。 遙は何も言い返せずにいた。 個人的遙部長 ハルちゃんと違いテンションも高いがイルカの肉食動物の部分も出ている。 だから江ちゃんにも攻め攻めモード.

次の

イルカの睡眠方法とは?

イルカ 溺れる

嫌な胸騒ぎとともに目が覚めた。 季節はもう冬、肌寒い筈、ただでさえ遙は汗を掻きにくい体質で…でもじっとり嫌な感じのする汗を掻いている 確か、見ていた夢は心地よいものだったのに 溺れるイルカ そこにあったのは終わらない夏 岩鳶高校のプールのスタート台に立つ、向こう側にいるのは真琴、それに渚と怜 隣りには凛、挑発するかのような笑みで遙を煽る。 笛の音が響き渡り飛び込んだのは同時、互いに負けたくない勝負の始まり。 ただ必死に泳ぎターンをして再びスタート位置へと手をつく そしてプールの底に足をついてキャップとゴーグルを剥ぎ取り、顔を横に振る。 周囲に心配や迷惑を掛けて遠回りをしたけど夢と向き合い、進みたい未来を見つけた。 さっきの夢のなかで江から名前を呼ばれたのを随分懐かしく感じる。 この前まで夏だった筈なのに… ふいに空虚な気持ちになる しかし、それは春になったら生まれ育った岩鳶を去らなければならないからだと納得していた。 過去には母と共に父の働く都会へ行くという選択肢だってあった それでも留まり続けたこの場所に…可愛い後輩である渚や怜、そして江に別れを告げるのは寂しいに決まっている。 そう解っている筈なのに、どうも何かが引っかかり腑に落ちない ともあれ風呂へ行く、水にでも浸かっていれば理由も見えるかもしれない。 脱衣所に行くと様子がおかしい。 自分と同じ顔をした男が浴槽に浸かっていた。 一瞬、考えるのを止めて、戸を閉めた。 」 「…先ず何をどうしたらいいの?むしろどうなってるの?!」 七瀬家の茶の間にて、真琴が卓袱台越しに向き合うのは瓜二つというより鏡に映したかのような全く同じ姿、二人とも七瀬遙 しかし両者は明らかに違う 向かって左、いつも通り愛想がない仏頂面、真琴以外は何を考えているか読み取るのは困難なよく知る遙 そして右は爽やかでやる気に満ちた表情、遙を知る人物ならば本当にあの遙なのかと疑問を抱かずにはいられない人物 しかし不思議なことに遙のことならば大抵理解できる真琴自身、この男と初めて会った気はしなかった。 「君…本当にハル?」 右の人物に問いかけてみる。 「当然だろ!真琴!」 テンション高く答えてくる。 「じゃあ、なんでハルが二人いるの?」 「俺が知るか…」 いつもの遙がテンション低く答えた。 「何で俺がここに居るかって? そんなん俺だったら分かってんだろ?」 不適に笑い、もう一人の遙が答えたとき、玄関のチャイムの音が響き渡る。 「ハルちゃん、入るよー!靴あるけどマコちゃんも来てるの?」 玄関を空ける音と渚の声が響く。 茶の間に入ってきた渚、続いて怜、そして凛と江。 それは突然のことだった…もう一人の遙が立ち上がり江の前へ 「会いたかったよ、マイハニー!!」 その手を握りしめる。 「え?エ??遙先輩?!!」 それに目を丸くする江 「テメェ!!何江の手握ってる!!」 凛の声が上がり、その手を振り払おうとするがそれよりも早く遙の肩を押す手があった。 「触るな…」 怒りすら読み取れる無愛想な声と表情の遙 「遙先輩が二人??」 「何がどうなって…」 その状況に江だけでなく凛、怜や渚までも困惑し狼狽える。 「男の嫉妬か?カッコ悪いな…」 まるで遙を挑発するかのような笑みと言葉が返ってくる。 「嫉妬なんてしていない…江が困ってる」 負けじと言葉を返す。 「まっ、せいぜい指でも銜えて見てればいい。 こんなヘタレ放っといていいことしよっかハニー」 ふいに江を自身の方へ抱き寄せ、顎を取ると額に唇を落とした [newpage] 理論の範疇をオーバーして思考が停止した怜、なす術もなく目の前で妹が汚された(?)凛、そして額であれいきなりキスされたなど諸々の江、それぞれの理由でダウンする。 「みんなー大丈夫?」 看病は渚がしている。 改めて茶の間で向き合うが、今回は卓袱台を挟んでの悠長な雰囲気ではない。 「お前…何のつもりだ!!」 もう一人の自分の胸倉を掴む遙 「ハル!!落ち着いて!!」 それに対して真琴は慌てて遙を取り押さえ、宥めようとする。 「何のつもりって、軽い挨拶に決まってるだろ。 あとは…江にキスしたいからしただけだ。 水に入りたいのと同じにな!」 「水と江を一緒にするな…!」 「そうだ、江は水じゃない…そんなことずっと知ってるだろ?」 刺す様に睨みつける自身の姿が笑みを浮かべた青い瞳にはっきりと映し出されていた。 「ずっと言ってるが俺はお前だ、遙 お前が江にキスしたいと思ってるからキスした。 もう一人の遙がそれを受けてよろけながら壁に背を付ける。 それに動揺もせず言葉を続けた。 「たまにそんな事考えてる自分を殴りたくなる。 それでも一緒にいたいって…俺だけのもんにしたいって思ってる。 」 もう一人の自分が睨み返し、何故か怯んでしまう。 「やっと夢とまともに向き合ったと思えば…いい加減気持ちとも向き合えよ! 春になったら岩鳶を出るんだろ? 離ればなれになる。 先輩後輩って関係じゃどうにもなくなって…でもヘタレなお前は約束の一つする勇気もない あんないい子回りが放っておくか? まっ、そうなる前に江は俺のモンにするけどな」 そう不適に笑いもう一人の遙が立ち上がり茶の間を出る。 遙は何も言い返せずにいた。 個人的遙部長 ハルちゃんと違いテンションも高いがイルカの肉食動物の部分も出ている。 だから江ちゃんにも攻め攻めモード.

次の

イルカ

イルカ 溺れる

船に乗っていたところ、緑色のビニールにからまったチビのイルカを発見。 苦しんでいるようだったので、網でイルカをすくいあげ、ビニールをとってやった乗員たち。 ・乗員はイルカを海に戻す イルカは人間でも簡単に抱けるほど小さく、子どものイルカだと思われる。 身体に傷がないことを確認し、乗員はイルカを海に戻してあげた。 するとイルカが……。 ・助けてくれてありがとう まさに「ありがとう」といわんばかりに、乗員に向かって垂直にジャンプしたのである。 これには乗員も動画の視聴者も感動。 「助けてくれてありがとうって言ってるんだな」「Thank you! 」「神のお恵みがありますように! って言ってる」などの声が寄せられている。 ・人間が助けてくれる!? イルカは賢い動物だといわれている。 乗員が網ですくおうとしたとき、逃げることもできたはずだ。 人間が助けてくれることに期待し、おとなしく網に入ったのかもしれない。 いまごろ、大人のイルカになって大海原を泳いでいるのだろうか。

次の