ゴーゴー ジャグラー 2 設定。 ゴーゴージャグラー低設定の挙動とスランプグラフ(波)の特徴

ゴーゴージャグラー 設定判別ツール・スペック・設定差解析

ゴーゴー ジャグラー 2 設定

7 設定1の合成確率はジャグラーシリーズで一番。 ゆえに多少当たりが軽くても油断は禁物だ。 RB確率をしっかりチェックしよう。 2 RBの単独成立確率・チェリー重複確率は、それぞれ設定1と6で約1. 5倍の差がある。 特に気にせずRB合成確率を見て設定推測すれば問題ない。 54 ブドウ確率はジャグラーシリーズのなかでは低め。 他シリーズと混同して高設定を捨ててしまわないように気をつけよう。 なお、ブドウは共通ブドウと単独ブドウの2種類があり、上記はその合算確率となる。 以下は各ブドウの内訳で、設定差があるのは共通ブドウのみとなる。

次の

ゴーゴージャグラー|設定6から設定1まで全設定のグラフの特徴を画像と実機データで説明| 設定差をグラフから判別する方法

ゴーゴー ジャグラー 2 設定

スロットで勝ち続ける基本は出玉率 機械割 の高い台に座る時間を長くし、出玉率の低い台に座る時間を短くすることです。 そのためには、もっとも信頼のおける当日のデータを有力視することが有効とされているため、 データが出揃う夕方以降の勝負がジャグラーで立ち回っていくためのセオリーとなっています。 もちろん3000Gよりは4000G、4000Gよりは5000Gの方がリスクは低くなりますが、それと同時に「台に座れるかどうか」という問題が出てきてしまうので、このあたりのバランスは地域性などにも左右されるでしょう。 しかし 「3000Gを制する者はジャグラーを制す」と言っても過言じゃないくらい、3000G時点の挙動はジャグラーで勝っていく上で非常に重要な要素であることは間違いありません。 スポンサーリンク Contents• 9 97. 3 98. 0 99. 7 101. 5 103. 4 106. 2 【単独ボーナスとチェリー重複ボーナスの見分け方】 単独レギュラーとチェリー重複レギュラーを見分けるためには、上記画像のリール配置図で赤丸を付けた部分 「チェリー付きバー」を狙った順押しが簡単です。 チェリーを引いていないのにペカった場合は単独、チェリーを引いたゲームでペカったらチェリー重複となります。 それらをここにまとめたいと思います。 細かい情報については大元の別記事に記載してありますので、気になる箇所があるという人は、以下のリンクから元ネタの記事を読んでもらえると嬉しいです。 3634 勝率:76. これまでに実践してきたアイムジャグラー、マイジャグラー、ファンキージャグラーなどと比較すると、REG確率で 低設定をふるい落とせる数が圧倒的に少なすぎますね。 通常のジャグラーなら設定1は面白いくらいREGが引けなかったのに対し、ゴーゴージャグラーは設定1でも突出してREGが引けないということもなく、3000Gくらいじゃ大きく暴れる展開も見受けられます。 どういうホールで勝負するのかなどにも左右されるとは思いますが、さすがにゴーゴージャグラーで設定4以上を狙って立ち回るという人はいないと思います。 おそらく「設定5以上狙い、できればそれも設定6濃厚という展開からのスタート」というのが理想だと思いますから、 3000G時点でREGが7回以下の台は文句無しに捨てでいいでしょう。 7です。 さて、3000Gの実戦に置いて 「3000GでREG10回を良しとするか悪しとするか」は賛否両論あると思うんですけど、僕なら3000Gからの実戦なら11回のREGは欲しいという考えなので、今回はREG10回のケースは除外しますね。 7の確率差って見た目以上に大きいんだろうか…。 これはちょっと出来過ぎのような気もしますが、とりあえず 高低を見切るという上では1つの目安になるのかなぁというボーダーですね。 とは言え、低設定でもそこまで排除できるわけではありませんし、高設定を確実に拾えるというわけでもありません。 3000GでREG13回以上に注目 表を見て少し思ったのは、 REG13回のボーダーが面白いんじゃないかという点です。 7692となり、ちょうど設定6の数値を上回る確率になるのですが、ここに注目してみましょう。 これなら低設定を引き上げてしまう確率もそこまで高くないですし「ここをクリアしていれば飛びついてOK」という指標には最適かと思います。 決して高設定を確保できる可能性は高くないですが、3000G時点でそれなりにリスクを冒さずに勝負できるラインとしては、この 3000GでREG13回というボーダーはピッタリと言えるのではないでしょうか。 もちろん長期的なスパンで見ていけば安定して勝っていけることは間違いないんですけど、 3000G程度ではかなり暴れる印象ですね。 確かに他のジャグラーでも 「BIG:REGが1:1になるはずの高設定で、大きくBIGに偏ってしまう展開」は無いわけではないのですが、ここまで多いジャグラーシリーズは稀だと思います。 大体偏ったとしても、高設定ならREG2桁は堅いって部分もありますからね。 ちなみにこのような台を積極的に打ってしまうと、低設定に引っ掛かってしまう可能性も爆発的に高くなってしまうので注意してください。 確かにサンプル数を増やしていけば、高設定ほど大きく勝ちやすいという部分はあるでしょうが、その中にもBIGがヒキ強になったパターンが多いため、データだけを見て高設定ぽい挙動をしている台ばかりではありません。 それにBIG確率にもそこまで大きな設定差が用意されているわけでもないので、やはりREGが引けていないことには安心して勝負することはできないと思います。 逆に言えば 「何枚負けていても、高設定である可能性は残されている」って考え方もできるので、大きくREGに偏っている凹み台で勝負するのは面白いかも。 2 単独レギュラーはデータランプからは見抜くことができないので、あくまで 自分で打っている際中にしか判断できない要素ではありますが、コレが分かればトータルレギュラー回数で見るよりも精度の高い設定推測ができると思います。 何より 「左リールにチェリーを狙うだけで分かる」という手軽さなので、稼働する際はぜひチェックしてみてください。 実戦データ 単独REG回数 設定1 設定2 設定3 設定4 設定5 設定6 REG3回以下 6 4 1 2 1 REG4回 1 3 2 2 2 REG5回 4 6 5 3 2 3 REG6回 4 2 6 1 3 4 REG7回 7 4 8 5 4 4 REG8回 5 4 5 4 6 7 REG9回 1 3 5 3 REG10回 1 5 1 1 2 3 REG11回 1 1 2 6 1 4 REG12回 1 2 1 1 REG13回 1 1 1 REG14回 2 スポンサーリンク マイジャグラーほどの設定推測要素ではない マイジャグラーでは設定1と設定6の間に約2倍もの設定差が設けられていたので、 ここを見るだけで設定1と設定6は丸裸にできると言っても過言ではないくらいの設定推測要素でしたが、ゴーゴージャグラーのそれはそこまでのヒントにはならないようです。 逆に 「チェリー重複レギュラーに注目したらどうだろうか?」とも考えましたが、いかんせん分母が大きすぎて暴れるので、使いにくい要素と判断しました。 まぁかなり厳しくはなりますが、設定3と設定4の間にそこそこの差が見られそうですし、 低設定を振るい落とせる基準として覚えておくのはアリではないでしょうか。 自分で打っていてこの基準を満たしていれば、一気に高設定の期待度も高まりますね。 53 ゴーゴージャグラーにもぶどう確率に設定差があるのですが、ぶどうフラグは1個じゃないんですよね。 そのためシミュレーターでカウントするのが難しく、データを取っていません。 僕自身、ゴーゴージャグラーを打つこともほとんど無く、ゴーゴージャグラーでぶどうをカウントすることが有効なのかどうかわからないので、ここについては割愛させていただきます。 ちなみにマイジャグラーなんかではブドウカウントは超有効だと思っているので、ぜひカウントしてみてください。 参考 まとめ.

次の

【ゴーゴージャグラー】設定6が丸わかり!?3000G時点の立ち回りと設定判別方法【完全攻略】

ゴーゴー ジャグラー 2 設定

【目次】• ゴーゴージャグラー2 基本情報 「ゴーゴージャグラー2」ってどんな台? ゴーゴージャグラー2は、2015年4月にリリースされゴーゴージャグラーKKの後継機として 2019年4月8日よりリリースされた機種です。 基本的なスペックは、前作を継承しており、演出面が多少リニューアルされている。 感覚的には、前作と同じ感覚で臨んでもらって問題はない。 筐体のモチーフが、からゾウに代わっているのが特徴ですね。 GOGOランプ点灯パターン 点灯パターンは 「後告知」のみである。 先告知(先光り) 本機では搭載されていない 後告知(後光り) 全てのボーナス成立時に後告知が選択される。 後告知のタイミングは「第3停止ボタンを離した瞬間」である。 また、告知音はなく周りに気付かれることも少なく静かに点灯する。 メーカー ・ キタック タイプ ・5号機 ・ボーナスのみで出玉を増やす ノーマルAタイプ 技術介入要素 ・あり(目押しにより小役回収可能) 1000円あたりの回転数 ・調査中 天井機能 ・なし スポンサーリンク ゴーゴージャグラー2「ボーナス獲得枚数」 ビッグボーナス :純増枚数 312枚 レギュラーボーナス:純増枚数 104枚 ゴーゴージャグラー2「リール配列」 ゴーゴージャグラー2「リーチ目」 ゴーゴージャグラー2「ボーナス時のスペシャル音楽」 ゴーゴージャグラー2にもスペシャル音楽が搭載されています。 中でも「軍艦マーチの女性バージョン」は一度は聞いてみたいですね。 ゴーゴージャグラーのチェリーには 単独チェリーと 共通チェリーの2種類が存在します。 単独チェリーはビッグ確定役となっていますが判別が難しい為無視して問題ありません。 また、ぶどうにも 共通ぶどうと 単独ぶどうの2種類があります。 順押し手順では取りこぼす心配はありませんが、 逆押し手順では取りこぼす可能性があるので注意が必要です。 損をしないゴーゴージャグラーkkの打ち方は、で詳しく説明しています。 通常時目押しが出来ない人への上達アドバイス! ゴーゴージャグラーは、BAR狙いをお勧めしていますが、目押しが苦手な方は、リール回転中にリールの端を見てみて下さい。 よく見ると黒いBAR絵柄だけ飛び出ています。 そこを目安にして目押しをすると狙いやすくなると思います。 ボーナス成立時の打ち方と目押し方法 ボーナス成立時、つまりGOGOランプが点灯した時は、1枚掛けでボーナスを揃えることができます。 もちろん、3枚掛けでもボーナスを揃えることはできますが、もったいないので、 1枚掛けでボーナスを揃えましょう。 コイン2枚分節約できます。 ボーナス成立時の目押しが出来ない人への上達アドバイス! ボーナス成立時は全リールに7絵柄を狙って下さい。 全リール7狙いをすることでビッグとレギュラーの両方をカバーすることが出来ます。 7が見えづらい場合は回転時にリールをよく見てみて下さい。 一瞬キラっと光る瞬間があると思います。 7絵柄は反射で光りやすくなっているので、その光った瞬間を目安に7絵柄を狙って見て下さい。 ゴーゴージャグラー2「逆押し小役全回収手順」 ゴーゴージャグラーkkでも小役を全回収し機械割をアップさせることが可能。 手順についてはと同じであるので参考してほしい。 ただし、 1つ注意点があります。 今作の ゴーゴージャグラーkkには、ぶどうが2種類あります。 「単独ぶどう」と 「共通ぶどう」と呼びますが、 単独ぶそうは逆押し手順をすると取りこぼす可能性があります。 その部分だけ、補足しておきます。 最初に 右リール上中段に赤7を狙った時にこの目が出たら注意が必要です。 次に中リールを適当に止めてます。 上記のように ぶどうがテンパイした場合は、「単独ぶどう」の可能性があります。 単独ぶどうをフォローするために 左リールに赤7(どちらの赤7でもよい)を狙って下さい。 以上です。 あとは、と同じです。 この部分だけ注意して下さい。 この形でぶどうが揃うと単独ぶどう確定です。 ただし、このやり方だと、目押し頻度が高くなり時間効率が悪くなるので、わたしは、 順押しBAR(バー)狙いをお勧めします。 また、順押しの場合は、単独ぶどうを取りこぼすことがないので目押しをする必要がありません。 スポンサーリンク ゴーゴージャグラー2「設定看破要素」 ゴーゴージャグラー2の必勝法に繋がる大きな設定差は以下の3つ レギュラー確率 アイムジャグラーどの設定差はないですが、それでも見逃せないポイントだと思います。 「単独REG」よりも「チェリーREG」の方が設定差が大きい印象ですが、分母が重たいのでレギュラー合算で良いと思います。 ハッピージャグラーと同様に ぶどうのカウントは必須ですし、その台に高設定が入る根拠も必要になってくると思います。 それは、ゴーゴージャグラーという台がジャグラーシリーズの中でも設定差が小さく、看破しずらいという特徴があるからです。 しかし、設定差が小さいということは反面、低設定が負けにくいというメリットがあります。 そういう意味では積極的な立ち回りに向いている台なのかもしれません。 しかし、ぶどう確率に大きな設定差があると言っても信頼できる材料育つまでにはそれなりの試行回数が必要になるわけですから、いずれにしても看破するには時間がかかります。 やはり打つ前提として、ここには高設定が確実にある!という自信がもてるホールでの勝負が好ましいと思います。 ゼロから高設定を掘るような立ち回りは大変危険ですのでご注意下さい。 後は、 設定5以上は、ビッグとレギュラーの比率が1:1になりますので、高設定はレギュラーに大きく偏る可能性がアップします。 ジャグラーの人気を不動のものとした歴史的シリーズ。 シリーズ初のMAXBETを搭載し操作性がアップした。 多彩に光るバックランプを搭載し、見やすくて多きワイドリールを採用している。 ゴーゴーランプは豆電球で優しく光る。 ハイパージャグラーv 2002年リリース。 ジャグラーシリーズ初、フリーズや遅れなどの多彩なリール演出を搭載した台。 プレイヤーの期待感を煽るスペシャルテンパイ音やリールフラッシュなどが話題となった。 しかし、そういった演出がボーナス確定ではなかったことに不満を口にするユーザーもいたようだ。 ゴーゴージャグラーKK ゴーゴージャグラーkkは、2001年にリリースされた4号機ゴーゴージャグラーspの後継機として2015年4月にリリースされ爆発的ヒットを飛ばした。 4号機ゴーゴージャグラーspの特徴をそのまま継承しており、告知音は搭載されておらず、先告知なしの全て後告知仕様となっている。 先代同様、トップランプをイエローにし、ボーナス絵柄の視認性も飛躍的にアップさせた。 また、4号機ジャグの特徴でもある豆電球のゆっくりと光る暖かい告知を完全再現している。 また、お財布に優しいシリーズ最高値である低設定域の甘さも売りとなっている。

次の