インフルエンザ予防接種副作用。 予防接種の注意点・副作用 [予防接種・ワクチン] All About

インフルエンザ予防接種!効果や副作用は?接種後の感染や対処方法は?

インフルエンザ予防接種副作用

疲れていたり、免疫力が低下している人に副作用は出やすくなります。 その為、インフルエンザ予防接種はしっかり睡眠をとって、健康な状態で受けるようにしましょう。 赤く腫れて、痒かったり痛みを伴うこともあります。 約1~2割の人に、腫れやかゆみなどの症状が見られますが、腫れる範囲や腫れ方は、個人差が大きいです。 症状の差はありますが、2~3日で治まるのが一般的です。 異常なほどの腫れ、長引くようであれば予防接種を受けた医療機関を受診しましょう。 インフルエンザ予防接種の副作用 発熱など インフルエンザの予防接種の後、 発熱や頭痛・吐き気・関節痛など風邪のような症状が副作用として現れることもあります。 予防接種でインフルエンザに感染した?!と思ってしまう人もいるかもしれませんが、 予防接種は感染力をなくしたワクチンを使っているので、予防接種によってインフルエンザにかかることはありません。 インフルエンザ予防接種の副作用 重篤なもの 上記の症状以外に、ごく稀ですが重篤な副反応を起こす可能性もあります。 アレルギー症状 アナフィラキシーショック ワクチンの成分に、 強いアレルギー症状が現れる人もいます。 息苦しさ、酷くなれば呼吸困難や意識混濁など、危険な状態になることもあります。 通常、アナフィラキシーショックは予防接種後30分程度で現れます。 その為、 念のため予防接種した後は、30~1時間ほど病院に留まることをおすすめします。 インフルエンザワクチンには、鶏の卵の成分が使われています。 軽度の卵アレルギーであれば、予防接種を受けることも可能ですが、卵料理が食べられないような方は、インフルエンザの予防接種を受けてはいけません。 軽度であっても、必ず医師に卵アレルギーがあることを伝えて判断を仰ぎましょう。 ギランバレー症候群 手足にしびれ、力が入らないといった麻痺症状がみられる病気です。 自分の身体に対して、攻撃を起こしてしまう自己免疫疾患の一つ。 ごく稀にしかみられない副作用ですが、 約2週間以内に症状が出ることが多いです。 普段とは違う、しびれなどを感じた場合はすぐに医師に診てもらいましょう。 以前に、 ギランバレー症候群を発症したことがある場合、再発しやすいといわれています。 インフルエンザ予防接種は、避けた方が良いでしょう。 もしくは、医師にその旨を伝えて予防接種を控えるべきか判断を仰いでくださいね。 急性散在性脳脊髄炎 予防接種後に、 アレルギー反応を引き起こし脳や脊髄などに炎症を引き起こすもの。 こちらも、ごく稀にみられる副作用ですが、 徐々に症状が悪化するので早めの受診が重要です。 予防接種後、2日~2週間程度ほどで発症することが多い副反応です。 急な発熱・全身のだるさ・嘔吐・頭痛などの症状が現れ、悪化するとけいれんや意識障害を引き起こします。 急性の症状が見られた場合、すぐに予防接種を受けた医療機関に診せましょう。 血小板減少性紫斑病 出血を止めてくれる働きがある血小板が減り、 出血しやすい状態になる自己免疫疾患です。 歯茎からの出血、月経の血が止まらないなど、小さな傷でも血が止まらなくなるといった症状が現れます。 また、他にも肝機能障害などの症状が副作用として現れることもあります。 後半の重篤な症状は、かなり怖いものもありますよね。 ですが、これは本当にごく稀な副作用です。 そして、 これらすべての副作用がインフルエンザの予防接種が原因とは言い切れません。 そして、こういったインフルエンザ予防接種の副作用の中でも重篤な症状がでるのは、0. 予防接種では、こういったインフルエンザ感染による症状の重篤化を防ぐ役割もあります。 誰に強制されるわけでもないので、予防接種を受けるか受けないかは個人個人で 両方のリスクをどう捉えるかになってきます。 ご紹介した症状は、その判断材料の参考にしてくださいね。 インフルエンザ予防接種の副作用の対処 もちろん、副作用で重篤な症状の場合は、迷うことなく医療機関を受診してくださいね。 その上で、腫れや風邪症状の場合の対処をご紹介します。 その前に、大前提ですが 予防接種した日は運動したり、飲酒したりするのは禁止です。 お風呂に入ってはいけないわけではありませんが、湯船にゆっかり浸かる・ゴシゴシ洗うなどはやめましょう。 また、患部を冷やす時は急激に冷やさないでください。 アイスノンや氷などは、タオルなどワンクッション間に挟んだ状態で冷やし、感覚がなくなるほど冷やさないようにしましょう。 副作用の発熱など風邪症状の対処 こちらは、 従来の風邪の対処と同じです。 ですが、抗体をつくるうえでの副作用なので、あまり解熱剤はおすすめしません。 高熱の場合は、念のため医師に診せておくと安心ですね。

次の

新型インフルエンザ予防接種後副反応報告について|厚生労働省

インフルエンザ予防接種副作用

Sponsored Link 冬になると インフルエンザが流行ってきますね。 学校や職場でも、一人がかかると次々とインフルエンザが広がるという、非常に感染力の高いウイルスです。 老若男女年代を問わず感染するインフルエンザ。 症状が重くなる場合もあるので、シーズン前に予防接種をする方もいることでしょう。 ですが、予防接種で気になるのが、効果や副作用のことです。 また時期や料金なども気になりますね。 さらに接種後に感染することもあるのか?という疑問もあります。 そこで今回は、インフルエンザの予防接種で、効果や副作用、接種後の感染などについてご紹介します。 インフルエンザの予防接種についての一連の疑問についてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 つまり11月に予防接種を受けると、 一番インフルエンザが流行する12月~3月にしっかりと効果を発揮する計算になるというわけですね。 なので、11月下旬~12月上旬に受けるのが一番良さそうですね。 予約がいるので、動き出すのは10月からでも早すぎるということはないと思います。 インフルエンザ予防接種の料金はどれくらい? 成人であれば3,000~5,000円程度になっているようです。 6ヶ月~13歳未満のお子さんは2回接種のため6,000~7,000円くらいです。 高齢者の方は無料のところも増えていて、高くても2,000円程度になっています。 「値段が違うと効果も違うのかな?」と不安になりますが、病院によって値段が違うのは人件費などの違いなので効果には違いはないようです。 一応念のため、事前に値段をチェックして受けるのが良さそうですね。 Sponsored Link インフルエンザ予防接種の効果は?妊娠中でも大丈夫? ワクチンを接種することによって、 70~90%の発症予防効果があるようです。 万一かかってしまっても重症化を防いでくれます。 インフルエンザは発症から一週間くらいで回復する人がほとんど。 ですが、中には肺炎、脳症など重い合併症にかかってしまったりする人もいるようです。 入院治療が必要になったり、最悪死に至る場合もあります。 高齢者の方などは合併症が起こりやすいと言われていますので注意が必要ですね。 これらの症状を予防、または軽減してくれるのがインフルエンザ予防接種なのです。 妊娠中に予防接種を受けても大丈夫? むしろ、 受けたほうがいいとされています。 妊娠中は体力の低下や風邪につながりやすい時期です。 インフルエンザもその一つですから、予防したいところです。 とはいえ、 お腹の赤ちゃんへの影響が心配ですよね。 インフルエンザのワクチンは死んだウィルスを使って作られているので毒性がありません。 母体にも胎児にも影響は極めて低いとされているそうです。 この「極めて低い」が心配な方もいるかと思いますので、接種の前に医師や自分の体と相談したほうがいいと思います。 どうしても心配な方は、人ごみを避けたり手洗いうがい、マスクをしたりなど別の方法でも予防できますが、家族からもらってしまうかもしれません。 やはり予防接種はしたほうがいいと思われます。 予防接種後の副作用(副反応)の症状や種類は? インフルエンザの予防接種について 毎年インフルエンザの予防接種をするのはどうしてでしょうか? インフルエンザに型があってA型とかB型など聞いたことがあると思います。 一度インフルエンザにかかって抗体ができても、次の年になると 同じ型のインフルエンザが流行るわけではないので、またインフルエンザにかかる可能性があります。 さらに予防接種をしても 3ヶ月ほどするとワクチンの効果が薄くなってしまうこともあり、毎年予防接種をすることになります。 副作用と副反応の違いは? 一般に副作用と言われていると思いますが、予防接種をうけて熱が出たり腫れたりすることを 副反応(ふくはんのう)と言います。 お薬を飲んで副作用が起きることと同じ意味になります。 お医者さんからも副反応という言葉で説明があると思います。 ただ私達は副作用という言葉のほうが馴染みあると思いますので、今回は副作用という言葉で説明をさせていただきたいと思います。 予防接種に副作用はある? 接種した場所が赤く腫れたり、悪寒や頭痛、倦怠感、嘔吐下痢、めまいなどの副作用があるようです。 5~20%程度の人に見られるようですが、思い当たる人もいるかもしれませんね。 中にはアナフィラキシー症状など命に関わる症状などもあるようですが、これは本当に極まれな症状なようです。 予防接種は受ける前に自分の基礎疾患などを申告できるので、受けても大丈夫かしっかり確認してから受ければ安心ですね。 なぜ副作用が起きるのですか? 予防接種と言われているものは、抗体を作るためにごく僅(わず)かなウイルスを身体の中に入れていることなのです。 全体的に副作用が出るのは10~20%くらいといわれています。 13歳未満の子供については20~40%の割合で、何らかの副作用が出ているとの報告があるようです。 副作用が起きた時の対処法は? 軽度の副作用の場合の対処法は? まずインフルエンザの予防接種をした後、24時間はなるべく安静にしましょう。 副作用が出た場合の対処法については次のようにします。 腫れについて 患部がかなり痒く(かゆく)なると思いますが、絶対にかかないようにしましょう。 冷やしたタオルなどを当てて痒みを抑えるのも一つのやり方です。 そして気をつけたいことは腫れの部分の大きさです。 かなり大きな腫れになった場合は医療機関に受診してください。 熱について 特に子供の場合は予防接種をした後、6~12時間後に発熱があります。 2日ほどで熱が下がると思います。 下痢や腹痛について 水分を取って柔らかい食事を摂るようにしましょう。 脱水症状が起きないようにこまめな水分補給は大事です。 気をつけたい副作用の症状について 北里第一三共ワクチン株式会社にて、気をつける副作用の症状がのっていますので下記を参照下さい。 確かに以前はそうだったのですが、今は発症後すぐでもインフルエンザに感染しているか検査・診断できる病院が増えています。 インフルエンザの薬は、発症後できるだけ迅速に服用した方がいいものも多いので、感染したかなと思ったらすぐに病院へ行くようにしましょう。 予防接種後に感染・発症した時の対処法は? インフルエンザ感染時と同じ、安静に過ごそう インフルエンザの予防接種を受けたにも関わらずインフルエンザに感染してしまった場合も、まずは病院を受診しましょう。 そして出された薬を指示通り飲みきり、数日家で安静に過ごします。 予防接種を受けていれば多くの場合は症状が軽く済みます。 熱や寒気も1、2日程度で収まることが多いですよ。 熱が下がった後もしばらく様子見 ただし、インフルエンザは 熱が下がった後も、他の人にうつしてしまう恐れがあるんです。 予防接種を受けていたか、いなかったかに関わらず、 熱が下がった後もできれば2日程度は外出せずに過ごしましょう。 予防接種後も油断しない また、予防接種を受けていると症状が軽く済むのですが、幸か不幸かそのせいでインフルエンザに感染したとしてもちょっと風邪気味かなと感染を見過ごしてしまうケースもあります。 こうなると本人が気がつかないうちに、インフルエンザのウイルスを周囲にばらまいてしまっていることになりかねませんね。 インフルエンザの予防接種を受けた人は、風邪の症状が出たら念のため病院で検査をしてもらうのがおすすめですよ。 インフルエンザの予防接種そのものはやはり受けておきたいものです。 11月下旬~12月上旬に受ければかなりの割合でピークを乗り越えられます。 不安なことは医師としっかり相談すれば間違いないでしょう。 ですがその時の体調などによっても副作用が出る場合もあります。 24時間は体を休め、おかしなところがないかどうか気をつけてください。 特に小さなお子様には十分に目を配り、少しでもいつもと違う症状が出たら対応するようにしましょう。 不安な時は遠慮なく医療機関に受診をしたり、電話で問い合わせをしてみてくださいね。

次の

インフルエンザ予防接種の副作用は大人も?症状は?対処法は?

インフルエンザ予防接種副作用

疲れていたり、免疫力が低下している人に副作用は出やすくなります。 その為、インフルエンザ予防接種はしっかり睡眠をとって、健康な状態で受けるようにしましょう。 赤く腫れて、痒かったり痛みを伴うこともあります。 約1~2割の人に、腫れやかゆみなどの症状が見られますが、腫れる範囲や腫れ方は、個人差が大きいです。 症状の差はありますが、2~3日で治まるのが一般的です。 異常なほどの腫れ、長引くようであれば予防接種を受けた医療機関を受診しましょう。 インフルエンザ予防接種の副作用 発熱など インフルエンザの予防接種の後、 発熱や頭痛・吐き気・関節痛など風邪のような症状が副作用として現れることもあります。 予防接種でインフルエンザに感染した?!と思ってしまう人もいるかもしれませんが、 予防接種は感染力をなくしたワクチンを使っているので、予防接種によってインフルエンザにかかることはありません。 インフルエンザ予防接種の副作用 重篤なもの 上記の症状以外に、ごく稀ですが重篤な副反応を起こす可能性もあります。 アレルギー症状 アナフィラキシーショック ワクチンの成分に、 強いアレルギー症状が現れる人もいます。 息苦しさ、酷くなれば呼吸困難や意識混濁など、危険な状態になることもあります。 通常、アナフィラキシーショックは予防接種後30分程度で現れます。 その為、 念のため予防接種した後は、30~1時間ほど病院に留まることをおすすめします。 インフルエンザワクチンには、鶏の卵の成分が使われています。 軽度の卵アレルギーであれば、予防接種を受けることも可能ですが、卵料理が食べられないような方は、インフルエンザの予防接種を受けてはいけません。 軽度であっても、必ず医師に卵アレルギーがあることを伝えて判断を仰ぎましょう。 ギランバレー症候群 手足にしびれ、力が入らないといった麻痺症状がみられる病気です。 自分の身体に対して、攻撃を起こしてしまう自己免疫疾患の一つ。 ごく稀にしかみられない副作用ですが、 約2週間以内に症状が出ることが多いです。 普段とは違う、しびれなどを感じた場合はすぐに医師に診てもらいましょう。 以前に、 ギランバレー症候群を発症したことがある場合、再発しやすいといわれています。 インフルエンザ予防接種は、避けた方が良いでしょう。 もしくは、医師にその旨を伝えて予防接種を控えるべきか判断を仰いでくださいね。 急性散在性脳脊髄炎 予防接種後に、 アレルギー反応を引き起こし脳や脊髄などに炎症を引き起こすもの。 こちらも、ごく稀にみられる副作用ですが、 徐々に症状が悪化するので早めの受診が重要です。 予防接種後、2日~2週間程度ほどで発症することが多い副反応です。 急な発熱・全身のだるさ・嘔吐・頭痛などの症状が現れ、悪化するとけいれんや意識障害を引き起こします。 急性の症状が見られた場合、すぐに予防接種を受けた医療機関に診せましょう。 血小板減少性紫斑病 出血を止めてくれる働きがある血小板が減り、 出血しやすい状態になる自己免疫疾患です。 歯茎からの出血、月経の血が止まらないなど、小さな傷でも血が止まらなくなるといった症状が現れます。 また、他にも肝機能障害などの症状が副作用として現れることもあります。 後半の重篤な症状は、かなり怖いものもありますよね。 ですが、これは本当にごく稀な副作用です。 そして、 これらすべての副作用がインフルエンザの予防接種が原因とは言い切れません。 そして、こういったインフルエンザ予防接種の副作用の中でも重篤な症状がでるのは、0. 予防接種では、こういったインフルエンザ感染による症状の重篤化を防ぐ役割もあります。 誰に強制されるわけでもないので、予防接種を受けるか受けないかは個人個人で 両方のリスクをどう捉えるかになってきます。 ご紹介した症状は、その判断材料の参考にしてくださいね。 インフルエンザ予防接種の副作用の対処 もちろん、副作用で重篤な症状の場合は、迷うことなく医療機関を受診してくださいね。 その上で、腫れや風邪症状の場合の対処をご紹介します。 その前に、大前提ですが 予防接種した日は運動したり、飲酒したりするのは禁止です。 お風呂に入ってはいけないわけではありませんが、湯船にゆっかり浸かる・ゴシゴシ洗うなどはやめましょう。 また、患部を冷やす時は急激に冷やさないでください。 アイスノンや氷などは、タオルなどワンクッション間に挟んだ状態で冷やし、感覚がなくなるほど冷やさないようにしましょう。 副作用の発熱など風邪症状の対処 こちらは、 従来の風邪の対処と同じです。 ですが、抗体をつくるうえでの副作用なので、あまり解熱剤はおすすめしません。 高熱の場合は、念のため医師に診せておくと安心ですね。

次の