ホーマック 通販。 ホーマックの店舗や営業時間、売り場案内、駐車場、食事エリア、自転車修理、料金など

ホーマックのDCMパンクしない自転車はいい! 通販の無料配送条件や修理についても解説

ホーマック 通販

ホーマックってしってますか? ホーマックは、DCMグループが運営するホームセンターです。 その商品は、DCMホールディングスが開発したDCMブランドを主力商品として、地域にマッチした品揃えを実現しているそうです。 私の町にも駅前にホーマック大型店があるので、実際に見て、売り場情報、充実した自転車対応、店舗や、イートイン(食事処)についてその魅力をお伝えします。 ちなみに、自転車修理関係は、最後に少し載せています。 ・ホーマック大型店 主にニュータウンや大都市を中心に、7万人以上の顧客を見込める場所に2,900坪という広大な土地を使った大型の店舗 ・ホーマック標準店 3万人~7万人程度の顧客を見込める地域に、1,450坪の土地を使い建てられた中型の店舗 ・ホーマックニコット 1万人未満の顧客エリアに、300坪という小さめの店舗を建て、コンビニのように便利な店舗を目指している スポンサードリンク ホーマック 駐車場と食事処について(駐車場料金と食事や休憩場所は?) 大型店舗では、当然駐車場も広大で、私の行く店舗は394台の駐車が可能です。 (店舗によって違います) 土日・祝日に行っても満車で入れないということがほとんどなく、広い敷地内を隅まで探せば、(店舗入り口からは少し離れますが)必ず駐車スペースは見つかります。 駐車料金ですが、3時間まで無料で止められます。 (店舗によって違うこともあります) 駐車カードは得にレジに出す必要はなく、誰でも3時間までは無料です。 それを超えると、30分ごとに料金がかかりますが、通常の買い物であれば、途中食事をしたとしても3時間を超えることはないでしょう。 イーオンやイトーヨーカドーと違い、イートイン(食事処)を目当てに行くことは余りなく、必要な道具・日用品・植物等を購入したらすぐに戻るの客が多いためか、店内にイートインと呼ばれるスペースは余りなく、ちょっとした休憩エリアと、コーヒーショップがあるくらいです。 ちなみに、ここの店舗では「べんべんかふぇ」という名前のコーヒー屋さんがあり、コーヒーやジュース等を販売しています。 営業時間は10:00~19:30まででした。 (以前は、スイーツも売っていたの別の店舗だったので入れ替わりがあるみたいです) 店舗内ではないですが、1階には、「丸亀製麺」といううどん家と、すき家という牛丼屋、それとセブンイレブンがあるため、たまにお昼を取るときはそこを利用しています。 スポンサードリンク ホーマック 売り場について(売り場構成と商品一覧) ホーマックは、店内に入ると明るく広いメイン通路があり、売場は商品のカテゴリーごとに大別し構成されています。 園芸・エクステリアエリア 園芸用品や花は室内に、植物の苗や野菜の苗、土や肥料は室外に並べられています。 ホームインプルーブメントエリア 工具や金物、木材、建材、塗料が揃っています ホームレジャー・ペットエリア カー用品やレジャー用品、キャンプ用品、スポーツ・玩具用品とは別に、最大のエリアで「自転車」売り場と「ペット」売り場があります。 自転車は、自転車を売っているだけはなく、修理専門のカウンターもあり、ほぼ全ての修理に対応してもらえます。 同様に、ペットも犬猫魚等のペット売り場だけでなく、飼うために必要な機器や餌一式、全て取り揃えてあります。 ハウスキーピングエリア トイレ・バス用品やキッチン用品、シャンプー・化粧品から、日用品、文房具、パソコン付属品まで揃っています。 ホームファニシングエリア インテリアや、家具、収納と手芸コーナーがあります。 ホームエレクトロニクスエリア 家電から電器・照明、AV機器が揃っています。 特殊エリア お店によって違いますが、「リフォームコーナー」「お酒コーナー」前述した「自転車修理コーナー」「マイスター工房」そして「季節商品コーナー」があります。 リフォームは、リフォームに関する相談から見積もり、施工まで対応してもらえるし、「お酒」は、ビールやワイン、焼酎とかのブランド品が少々お安く手に入ります(残念ながら、ウィスキーは良く分からない銘柄で買ってみたけどいまいちでした) また季節商品コーナーは、季節に応じてキャンプ用品であったり、お盆に必要な一式、冬支度一式、扇風機コーナー等々、今必要であろうと思われる商品が陳列されています。 今回は、ケルヒャー専用コーナーもありました。 各売り場の入り口上には、分かりやすくカテゴリの紹介が吊り下げられているので、どこに何が売っているか迷うことは余りなさそうです。 スポンサードリンク ホーマック 店舗 ホーマックの店舗は、関東から北、北海道までで289店舗あります。 (2018年2月現在 そのうち、ホーマックニコットを除いた、大型・標準191店舗について、各県の店舗数、店舗名と営業時間を紹介します。 ・東京:2店舗(営業時間) 八王子みなみ野(9:30~20:00) 大井競馬場前(10:00~21:00、日曜のみ9:30~21:00) ・神奈川:1店舗(営業時間) 瀬谷(9:30~20:00) ・埼玉:6店舗(営業時間) 上尾、ローゼンハーブ、さいたま蓮沼(9:00~20:00) 春日部、東鷲宮(9:30~20:00) ホダカ蓮田(7:00~20:00)ただし日曜は9:00~19:00 ・千葉:3店舗(営業時間) 白井、野田みずき(9:00~20:00) 茂原店(9:30~20:00) ・茨城:13店舗(営業時間) 日立、那珂、阿見、くばみらい、つくば梅園(9:30~20:00) つくば大穂、取手、境、坂東岩井、筑西横島(9:30~20:00) 鹿嶋、神栖、ひたち野うしく(9:00~20:00) ・福島;1店舗(営業時間) 須賀川(9:00~20:00 ・宮城:26店舗(営業時間) 佐沼、石越若柳、金成、鹿嶋台、中新田(9:00~20:00) 古川、利府、名取、石巻蛇田、気仙沼南(9:00~21:00) 古川北、涌谷、小牛田、泉、南吉成、多賀城東(9:00~20:00) 城南、塩釜、柴田、角田、石巻東、石巻(9:00~20:00) 気仙沼(8:00~20:00) 名取店リフォームセンター(10:00~19:00) 気仙沼店リフォームセンター(10:00~18:00) ホダカ名取(7:00~20:00)日曜は9:00~19:00 ・山形:6店舗(営業時間) 新庄(9:00~20:00) 南館、落合、寒河江、天童、鶴岡(9:00~21:00) ・岩手:29店舗(営業時間) 巣子、黒石野、上堂、花泉、江刺(9:00~20:00) 牧野林、都南、おうちスタイル盛南、盛南、一関(9:00~21:00) 北上藤沢、宮古南、水沢(9:00~21:00) 花巻北、花巻西、宮古、久慈、遠野、大槌(9:00~20:00) 宮古店リフォームセンター(10:00~18:00) 山田、釜石鵜住居(9:00~19:00) 大船渡(8:00~20:00) 高田(8:00~19:00) 紫波、矢巾、西根、前沢(9:00~20:00) ホダカ東仙北(7:00~20:00)日曜は9:00~19:00 ・秋田:14店舗(営業時間) 広面北、広面、茨島、男鹿、羽後、横手(9:00~20:00) 大曲、大曲飯田、中仙、本庄、能代(9:00~20:00) 大舘樹海、大舘西、十文字(9:00~20:00) ・青森:14店舗(営業時間) 東青森、三内、浪岡、黒石、岩木(9:00~20:00) 白山台、弘前城東、五所川原、類家(9:00~21:00) 長苗代、十和田、藤崎(9:00~20:00) 三沢、平賀(9:00~21:00) ・北海道:89店舗(営業時間) 【渡島・檜山地区】7店舗 湯川、石川(9:00~21:00) おうちスタイル石川店リフォームセンター(10:00~19:00) 鍛冶、上磯、八雲、江刺柳崎(9:30~20:00) 【後志地区】4店舗 手宮、俱知安(9:00~21:00) 共和、余市(9:30~20:00) 【石狩地区】35店舗 篠路、新琴似、北栄、元町、菊水元町、厚別西(9:30~20:00) 東雁来、東苗穂、厚別東、おうちスタイル厚別東(9:00~21:00) おうちスタイル元町(10:00~18:00) 光星、旭ヶ丘(9:30~21:00) 真栄、平岡、山の手、西野、発寒(9:30~20:00) 北野通、発寒追分通、おうちスタイル発寒追分通(9:00~21:00) 西野店リフォームセンター(10:00~18:00) 手稲前田、川沿、藤野、江別、上江別、住吉(9:30~20:00) 西岡、元江別、恵庭(9:00~21:00) 富士、花川(9:30~20:00) ホダカ元町、ホダカ手稲前田(7:00~20:00)日曜は9:00~19:00 【空知地区】6店舗 岩見沢、岩見沢東、砂川、深川、栗山(9:30~20:00) 滝川(9:00~21:00) 【胆振・日高地区】10店舗 苫小牧弥生、新明、中島(9:00~21:00) 沼ノ端、新生台、日新、弥生、伊達、静内、浦河(9:30~20:00) 【宗谷・上川・留萌地区】11店舗 永山、春光、宮前(9:00~21:00) おうちスタイル春光リフォームセンター(10:00~19:00) 神楽、豊岡、土別、名寄、富良野、稚内(9:30~20:00) 留萌(9:00~20:00) 【帯広地区】5店舗 稲田、音更(9:00~21:00) 西帯広、帯広南町、札内(9:30~20:00) 【オホーツク地区】5店舗 三輪(9:00~21:00) 桜町、網走、紋別、美幌(9:30~20:00) 【釧路・根室地区】6店舗 根室、中標津(9:30~20:00) 星が浦、中園(9:00~20:00) 千代ノ浦(9:00~19:30) 木場(9:00~21:00) スポンサードリンク ホーマック 自転車 ホーマックは、他のホームセンターに比べて自転車関連コーナーが充実しています。 自転車売り場はもちろん、修理受け付けカウンターも常設し、随時修理の受付を行っています。 修理内容は、ほぼ全てで、パンク修理、チェーン張り直し、高さ調整や、壊れた部品の交換まで行ってもらえます。 もちろん、他店で購入した自転車でも修理は可能です。 (もちろん有料です) 料金ですが、特によくある修理は以下となります。 ・通常のパンク修理 800円 ・前輪チューブ交換 1,000円 ・後輪チューブ交換 1,500円.

次の

取り扱い商品|ホームセンター ビバホーム DIYからリフォームまで暮らしをもっと快適に!

ホーマック 通販

概要 [ ] ホーマックの創業者のは、、父親が経営する金物卸小売業「石黒商店」(北大通)に入社し、、取締役に就任、5月、社長に就任する。 以降、内のとに「石黒金物コーナー」を開設し、アメリカの商業小売視察を生かし、、「石黒ホーマ」第1号店として中園店(釧路市中園町9-3)を開設する。 後に、創業地の釧路市を拠点に北海道各地へ展開し、、「石黒商店」から「石黒ホーマ」へ社名を変更、、メイク及びイシグロジャスコとの合併により「ホーマック」への社名変更、と同時に本社をからへ移転する。 2013年2月末現在、店舗数は173店舗。 営業区域はからまで広域にわたる。 付でカーマ(現・)、ダイキ(現・)と経営統合し、共同持株会社DCM Japanホールディングス株式会社(現・)の傘下となる。 現在はが持株会社DJHDに出資しているが、DJグループ以前から、などグループ企業との連携よりも独自性が強い。 そのため商品は、当初は「快適上手」で現在は「DCM BRAND」と呼称されるDCMホールディングス独自ラインアップを有し、(現・)、()などイオングループ提携企業に見られる「」の取り扱いはない。 イオングループ協賛の『』も協賛していない。 ただしし、による自社の発行や、同社発行のグループ他社含むクレジットカードによるサインレス支払いは取り扱う。 現社名以前は、のディスカウント店であるを地方で運営していたが、合併を機に全店の店舗ブランドを「ホーマック」に切り替えた。 そのため、の広面店(旧メイク広面店)と(旧メガマート広面店)のように現在でも位置的に重複する店舗が一部でみられる。 沿革 [ ] 前史(各前身企業 沿革) [ ]• - 株式会社石黒商店としてで設立。 - に株式会社石田商会設立。 - ホームセンター石黒ホーマの第1号店、釧路市中園町(現・中園店)にオープン。 - 石田商会は、社名を株式会社メイクとする。 - 石黒商店は、社名を石黒ホーマ株式会社(本社 釧路市中園町)とする。 - 石黒ホーマ、日本証券業協会に株式を登録。 - 石黒ホーマ、、と業務・資本提携、ジャスコとの合弁により、にイシグロジャスコ株式会社を設立。 本史 [ ]• - 石黒ホーマは、メイク及びイシグロジャスコと合併し、商号をホーマック株式会社とし本社を札幌市に移転する。 - 東京証券取引所2部、札幌証券取引所上場。 - 東京証券取引所1部指定替え。 株式会社ホームステージカスミ(の関連会社)の株式を取得し、ホーマック関東株式会社とする。 - ホーマック関東株式会社と合併。 - カーマ、ダイキ、との共同出資で、DCM Japan株式会社(現在はに吸収合併)を設立し、プライベートブランド「快適上手」を導入。 - カーマ、ダイキと経営統合し、ともに、DCM Japanホールディングス(現・DCMホールディングス)の完全子会社となる。 - 北海道札幌市に「ホーマックスーパーデポ西岡店」が「ホーマック西岡店」から移転オープン。 初の2階建て店舗。 - (本社・古川休塚)より、同社のホームセンター部門が手がける「ホームセンターたかかつ」の5店舗(宮城県内4店舗との花泉店)をホームセンター部門の従業員とともに一括譲受され、ホーマックに転換。 にあった「たかかつ古川店」は「スーパーデポ古川北店」として、ホーマックの中でも大型店の扱いとなっている。 たかかつから転換した「ホーマック佐沼店」と商圏重複する「ホーマック南方店」(旧南方店に隣接)をで閉店(佐沼店への事実上の移転扱い)。 - 岩手県に「ホーマックスーパーデポ久慈店」が「旧ホーマック久慈店」から移転オープン。 - に「ホーマックスーパーデポ三輪店」がオープン。 - 北海道に「ホーマックスーパーデポ湯川店」がオープン。 - 北海道に「ホーマックスーパーデポ宮前店」がオープン。 - に「ホーマックスーパーデポひたち野うしく店」が「旧ホーマック牛久店」から移転オープン。 7月16日 - 岩手県に「ホーマック牧野林店」がオープンする。 - に「ホーマックスーパーデポ天童店」がオープンする。 - に初となる店舖「ホーマック大井競馬場前店」が内にオープン。 - 北海道に「ホーマック帯広南町店」がオープン。 - に「ホーマックスーパーデポ長苗代店」がオープンする。 - 「ホーマックスーパーデポ元江別店」「ホーマックスーパーデポ宮前店」での販売を開始。 - に初となる店舖「ホーマックスーパーデポ瀬谷店」がオープン。 - 創業者の取締役会長(DCMホールディングス)が多臓器不全のため死去。 74歳。 - によるで下記店舗に被害。 山田店(岩手県)• 大槌店(岩手県)• スーパーデポ久慈店(岩手県久慈市)• 石巻店(宮城県)• 石巻東店(宮城県石巻市)• 気仙沼南店(宮城県)• 気仙沼店(宮城県気仙沼市)• - 北海道に「ホーマックスーパーデポ新明店」がオープン。 - 東京都1-8-1「ホーマック八王子みなみ野店」が移転のため閉店。 - 東京都八王子市みなみ野1-3-1(東急ストアみなみ野店跡地)に「ホーマックスーパーデポ八王子みなみ野店」 が移転オープン。 - 岩手県下閉伊郡山田町「ホーマック山田店」が仮設で営業再開。 - 宮城県気仙沼市「ホーマック気仙沼店」が仮設で営業再開。 - 岩手県久慈市「ホーマックスーパーデポ久慈店」が全面営業再開。 - 宮城県石巻市「ホーマック石巻東店」が仮設で営業再開。 - 宮城県「ホーマックスーパーデポ名取店」が全面営業再開。 - 「ホーマック佐倉店」が閉店。 - 「ホーマック広面店」が店舗建て替えのため閉店。 - 宮城県石巻市「ホーマック石巻店」が営業再開。 - 岩手県上閉伊郡大槌町「ホーマック大槌店」が営業再開。 - 宮城県「ホーマック塩釜店」が、塩釜店跡地に出店。 - 茨城県「ホーマックつくば梅園店」がオープン。 - 岩手県「ホーマック高田店」が竹駒地区に2年間限定予定で仮設オープン。 - 東京都に新業態の自転車専門店「DCMサイクル赤塚新町店」がオープン。 - 宮城県「ホーマック気仙沼南店」が営業再開。 - 宮城県「ホーマック小牛田店」が営業再開。 4月27日 - 岩手県「ホーマック釜石鵜住居店」が跡地に2年間限定予定で仮設オープン。 - 仮設で営業していた「ホーマック気仙沼店」が店舗改装のため一時閉店。 - 店舗改装のため一時閉店していた「ホーマック気仙沼店」がリニューアルオープン。 - 同社2店舗目となる自転車専門店、「DCMサイクル上板橋店」が開店。 - 建て替えのため一時閉店していた、「ホーマック広面店」がリニューアルオープン。 従来の3棟を1棟にし、屋上駐車場を新たに設けた。 - 岩手県「ホーマック山田店」がリニューアルオープン。 - 茨城県「ホーマック鹿嶋店」から「ホーマックスーパーデポ鹿嶋店」に名称を変更しリニューアルオープン。 - 北海道「DCMサイクル栄町店」がオープン。 - 北海道「ホーマックスーパーデポ厚別東店」がオープン。 これに伴い既存の「ホーマック厚別東店」は閉店。 - 北海道「ホーマックスーパーデポ発寒追分通店」がオープン。 - 岩手県「ホーマックプロビルダーズ大船渡店」がオープン。 - 埼玉県「ホーマックスーパーデポ上尾店」がオープン。 - 北海道「ホーマックプロビルダーズ宮の沢店」がオープン。 近隣に「ホーマックスーパーデポ発寒追分通店」がオープンしたことに伴い、既存店を業態転換しオープン。 - 岩手県「ホーマックスーパーデポ盛南店」がオープン。 店舗面積約6,000坪とホーマック最大の店舗。 - 福島県「ホーマック須賀川店」がオープン。 福島県初出店となる店舗。 フレスポ須賀川グリーンモール内の核テナントとしてオープン。 - 仮設で営業していた「ホーマック高田店」が移転のため一時閉店。 - 一時閉店していた「ホーマック石巻東店」がリニューアルオープン。 - 一時閉店していた「ホーマック高田店」が移転オープン。 - 岩手県「ホーマック水沢店」がオープン。 - 「DCMホーマック株式会社」に商号を変更。 店舗呼称も「ホーマック」「ホーマックスーパーデポ」の2つを「DCMホーマック」に統一。 - 一時閉店していた「ホーマック恵庭店」が移転オープン。 - 一時閉店していた「DCMホーマック大船渡店」が移転オープン。 - (本社:山形県温泉町)より、同社のホームセンター部門が手がける「ホームセンターキング」の1店舗をホーマックに転換。 にあったDSキング新庄店は「DCMホーマック新庄店」としてオープン。 - 建て替えのため一時閉店していた「DCMホーマック旭ヶ丘店」がリニューアルオープン。 - 埼玉県「DCMホーマックさいたま蓮沼店」がオープン。 過去に存在した店舗 [ ] 北海道• 桜木店 - 移転のため閉店。 旧店舗には現在苫小牧桜木店が入居。 苫小牧柳町店 苫小牧市 - 新規出店のため閉店。 旧店舗にはなんでもリサイクルビッグバンなど商業施設になっている。 西岡店()- 移転のため閉店。 旧店舗には現在西岡店が入居。 厚別店(札幌市)- 移転のため閉店(移転後は厚別東店として営業)。 旧店舗は解体され、厚別店が建設された。 春光店()- 移転のため閉店。 東光店(旭川市)- 移転のため閉店。 旧店舗には現在ベストムマート東光店が入居。 柏林台店()- 移転のため閉店。 帯広南店(帯広市)- 移転のため閉店。 昭和店()- 移転のため閉店。 滝川店() - 店舗跡地には創価学会滝川文化会館が建設された。 滝川東店(滝川市)- 移転のため閉店。 旧店舗には滝川店が入居。 北見メッセ店()- 移転のため閉店。 旧店舗には現在リニューアルしたツルハドラッグ北見メッセ店と、BOOKOFF ブックオフ 北見メッセ店が入居。 厚別東店(札幌市厚別区)- 厚別店の後継店舗。 移転のため閉店(移転後はSu. D厚別東店として営業)。 旧店舗には現在厚別店が入居。 宮の沢店(札幌市)- 業態転換のため閉店。 業態転換後は、HI(ホーム・インプルーブメント)型プロショップ「ホーマックプロビルダーズ宮の沢店」として開店したが閉業する。 青森県• 下田店()- 現在は、100円ショップ下田店が入居。 柏店()- 現在は、100円ショップダイソーつがる柏店が入居。 大鰐店()• 平賀店()- 移転のため閉店。 現在は、タカシン柏木倉庫が入居。 黒石花園店()- 移転のため閉店。 現在は、店舗跡地に複数の店舗が建っている。 秋田県• 鹿角店() 岩手県• 釜石店()- 現在は衣料品店「OLIVE」が入居。 高田店() 2棟で構成。 の閉店後、メイク時代からの店舗は解体され、高田店が出店。 2号館(旧・メイク高田電気館)には陸前高田店が入居していたが、ののでどちらも流失した。 なお、前述のとおりホーマックは同市竹駒町に2年間限定予定で再出店をしている。 イセユウ大船渡店()- に閉店。 現在はツルハドラッグ大船渡店。 プロビルダーズ大船渡店()- 移転のため閉店。 久慈店()- 移転のため閉店• 花巻店()- 移転のため閉店(移転後は花巻北店として営業)。 旧店舗にはが経営する中古CD店(「万代書店」と同様の業態)とインターネットカフェが入居したが閉店。 現在は空き店舗。 遠野店()- 移転のため閉店。 旧店舗は現在遠野店が入居。 北上店()- 移転のため閉店。 初代店舗は解体され跡地には「」が出店。 移転した店舗もに閉店し、現在は更地。 みたけ店()• 東仙北店(盛岡市)- 閉店。 跡地にはが入居。 水沢店()- にオープンした現店舗とは別。 建物は解体され、跡地にはが出店。 スーパーデポ盛南店(盛岡市)- 移転のため18時をもって閉店。 スーパーデポ業態として初の閉店となる。 跡地にはとが入居。 宮城県• 涌谷店()- 移転のため閉店。 旧店舗にはとが入居。 泉西店()- から譲渡された店舗。 現在は。 南方店()- のホームセンター部門の譲受によってホーマックに転換された佐沼店の開店に伴い、事実上の移転閉店。 山形県• 酒田北店()• 酒田南店(酒田市) 千葉県• 長沼店()• 佐倉店()- 現在は、ロイヤルホームセンター佐倉店が入居。 その他• 中条店()• 牛久店()- 移転のため閉店• 鹿嶋店()- 改装のため2013年に一時閉店。 2014年に旧店舗跡地にホーマックスーパーデポ鹿嶋店として生まれ変わった。 八王子みなみ野店()- 移転のため閉店。 現在は八王子みなみ野店が入居。 スーパーデポ [ ] ホーマック全店のうち約1割程度ある、広域商圏を想定した専門分野強化型の大型店舗。 主に大きな都市にある。 入口や看板の表記は通常の店舖の「Homac Home Amenity Center(ホーマックホームアメニティセンター)」に対し、スーパーデポは「Homac SUPER DEPOT(ホーマックスーパーデポ)」となっている。 付の社名変更に伴い、「スーパーデポ」の呼称は廃止し「DCMホーマック〇〇店」の呼称に統一された。 従来のスーパーデポ店舗はホーマックの大型店という位置付けとなった。 スーパーデポ東雁来店:• スーパーデポ北野通店:札幌市 ホーマックスーパーデポ1号店。 かつてはマイスター工房1号店が存在したが、SuD西岡店に移転した。 なお、マイスター工房は2011年におこなった改装で復活している。 スーパーデポ西岡店:札幌市 初の2階建て店舗。 マイスター工房・陶芸教室・カーピットあり。 スーパーデポ厚別東店:札幌市 2階建てで、道内では最大規模。 ホーマック初となるインテリア&リフォーム専門店「おうちスタイル」などが併設される。 同じ建物には、アミューズメント施設のも建て替え前から引き続き併設される。 スーパーデポ発寒追分通店:札幌市 基本的には、Su. D厚別東店と同じ構造で、2階にはインテリア&リフォーム専門店「おうちスタイル」が併設される。 また、イートインコーナーとして、「ボストンベイク」もテナントとして出店する。 スーパーデポ元江別店: 標準店を改装・増床した店舗。 医薬品取り扱いあり。 スーパーデポ滝川店:• スーパーデポ手宮店:• スーパーデポ湯川店:• スーパーデポ石川店:函館市• スーパーデポ春光店:• スーパーデポ宮前店:旭川市 医薬品取り扱いあり。 スーパーデポ三輪店:• スーパーデポ音更店: コカコーラ工場跡地に建設する商業施設の核店舗。 スーパーデポ稲田店: マイスター工房・陶芸教室あり。 スーパーデポ木場店: の改装でマイスター工房増設。 スーパーデポ新明店: マイスター工房・カーピットあり。 恵庭店 : 社名変更直後に開店した店舗。 苫小牧弥生店 : 苫小牧市• 留萌店 : 標準店だった店舗の真横に増築し、大型店化した店舗。 既存店側が生活館、増築側が資材館として運営されている。 倶知安店 : 旧倶知安店からの移転扱い。 建設時の仮称は、DCMホーマックスーパーデポ倶知安高砂店。 店内の売場表記は、ニセコ地域の海外からの観光客らに向けて、英語と中国語も記されている。 東苗穂店 : 札幌市東区 2階建の店舗。 付近には先述の東雁来店もある。 中島店 : ショッピングセンターのテナントとして出店。 永山店 : 旧パワーズ店の移転扱いとして開店。 青森県• スーパーデポ平賀店: 当初、同業者のサンワドー(現)の出店予定地だった場所を譲り受けて出店。 5km北西には、スーパーデポ並みの標準店の弘前城東店がある。 スーパーデポ長苗代店: マイスター工房を東北で初めて導入した店舗。 スーパーデポ白山台店 : 八戸市 スーパーデポと名乗る店舗としては最後の店舗。 約半年後にスーパーデポの名前が消えた。 岩手県• スーパーデポ盛南店(初代): 新都市企画地区「」の大型店1号として出店。 移転に先立ち、駐車場の一部を住宅展示場や飲食店にしている。 移転のため閉店。 スーパーデポ盛南店(2代目):盛岡市 新都市企画地区「ゆいとぴあ盛南」の306街区A地区に出店。 D盛南店の移転先で、Su. D厚別東店のような複合型。 テナントにはアルペンのスポーツデポが入居。 ホーマック棟は二棟で構成され、ホーマックの売場面積は20,413㎡(約6,175坪)となり、Su. D厚別東店を超え最大店舗となる。 スーパーデポ北上藤沢店:• スーパーデポ久慈店: 東日本大震災により営業を中止していたが再開した。 居抜き店舗(旧久慈)で、建物も普通とは雰囲気が異なる。 宮城県• スーパーデポ名取店: 東日本大震災により店頭営業をしていたが再開した。 とともに、の核店舗。 マイスター工房あり。 スーパーデポ石巻蛇田店:• スーパーデポ古川北店:…ホームセンター事業から撤退したからの譲受店舗のため、居抜出店の扱い。 南吉成店: 本来は標準店だが、全てがスーパーデポ扱い。 但し、店舗名称や外観はスーパーデポとはなっていない。 横手店 : 2008年ごろからスーパーデポ横手店として予定があったが、社名変更後に開店。 山形県• スーパーデポ天童店: 茨城県• スーパーデポ鹿嶋店:• スーパーデポ神栖店:• スーパーデポひたち野うしく店: 千葉県• スーパーデポ白井店:• スーパーデポ野田みずき店: 埼玉県• スーパーデポ上尾店: 敷地内。 バラとハーブの専門店「ホーマックローゼンハーブ」を併設。 いずれもアリオとは別棟となっている。 さいたま蓮沼店 : さいたま市内初出店の店舗。 出店前の仮称は、DCMホーマック大宮七里店。 東京都• 神奈川県• スーパーデポ瀬谷店: SuD西岡店に次いで開業した、2階建て店舗で、都市生活型店舗1号店。 DCMサイクル [ ] DCMホーマックが運営する自転車専門店で、時点で3店舗を運営していた。 また、DCMグループの姉妹企業、DCMカーマも、内に1店舗運営している。 しかし単独店舗で営業していた店舗はすべて閉店した。 ただし近年、新規出店や改装した店舗内の自転車コーナーをDCMサイクルとして運営しているほか、盛岡市の盛南店では店舗横の別棟を自転車専門館「盛南店 DCMサイクル」として運営している。 過去に存在したDCMサイクル店舗一覧 [ ] 北海道• DCMサイクル栄町店: 東京都• DCMサイクル赤塚新町店: DCMサイクル1号店• DCMサイクル上板橋店:板橋区 - 一旦閉店後は「DCMマート上板橋店」として営業していたご約1年で閉店。 おうちスタイル [ ] おうちスタイルは「リフォームセンター」と「インテリア&リフォーム専門店」の2パターンで営業中。 いずれも女性スタッフ中心で、気軽に利用できる。 リフォームセンター [ ] 通常のリフォームセンターと異なり、女性スタッフ中心で、女性目線からでも見学できる。 春光店:旭川市 おうちスタイル業態1号店。 D春光店の敷地内にある。 石川店:函館市 おうちスタイル業態2号店。 D石川店の敷地内にある。 元町店:札幌市 生活館と資材館に分かれている元町店の3号館目として出店したが2018年12月31日をもって閉店した。 旭ヶ丘店:札幌市 敷地内にあった旭ヶ丘店の店舗跡をしていたが、旭ヶ丘店建て替えと共に一時閉店し、新店舗の2階に移転した。 このほか、近年新規開店した店舗のリフォームセンターは、おうちスタイルとして営業している。 インテリア&リフォーム専門店 [ ] おうちスタイルリフォームセンターに、さらにインテリア、生活雑貨、本などを扱うインテリア専門店を併設している。 インテリアは、ファミリー層向けの比較的高価な物が中心で、他のインテリア店とは異なる独自の作戦で展開を進めている。 厚別東店:札幌市 インテリア&リフォーム専門店タイプの1号店。 D厚別東店2階にある。 発寒追分通店:札幌市 インテリア&リフォーム専門店タイプの2号店。 D発寒追分通店2階にある。 盛南店:盛岡市 おうちスタイルとして初の東北進出となる。 D新盛南店の2階に出店。 東日本大震災による仮設営業店舗 [ ] 被災地の店舗で、仮設営業中の店舗があり、現在2店舗が仮設営業中。 釜石鵜住居店:岩手県 地元からの要請を受けて、鵜住居地区の跡地に2年間の仮設営業。 高田店:岩手県 こちらも地元からの要請を受けて、被害の少ない竹駒地区で2年間の仮設営業。 サービス [ ]• アクアフィールド:旧スーパーデポと、標準店の一部にある。 DCMホーマック直営。 ・・コーナー。 旧スーパーデポ店舗では、も扱っていた。 最近の店舗は、熱帯魚売場が縮小されていて、扱わない店舗もある。 ペット生体コーナー:旧スーパーデポや標準店の一部にある。 、などのコーナー。 ペットホテルや、ペットトリミング、セルフウォッシュコーナーなどがある店舗もある。 また、一部の店舗では、DCMホーマックの社員がトリミングを行う。 リフォームセンター:旧スーパーデポ内にある。 水廻りの補修から、リフォームや、リフォームなどの相談。 小さなリフォームからすべてを展示している。 また、札幌の西野店、宮城の名取店、気仙沼店、岩手の宮古店は、隣接地などに独立出店している。 東北地区で「リフォームコーナー」として営業していた店舗は、リフォームセンターとして統一された。 現在は、先述したおうちスタイルとして営業する店舗が多い。 住まいの便利サービス• 医薬品の販売 : 旧スーパーデポ店の一部にあり、 、 を販売している。 お客様工作室:旧スーパーデポ店の一部にある、顧客が自由に使える工作室。 マイスター工房:一部の旧スーパーデポ店や、比較的最近の店舗などにある。 木材や建材などをオーダーカットしてくれるサービス。 安価でカット方法も様々に対応可能である。 DCM DIY教室 : 一部の店舗のみで実施している、手軽にDIYを楽しめるカルチャー教室。 なんでも工房 便利屋ベンベン : Tシャツプリントや刃物研ぎ、靴の修理、印鑑作成などを行うサービス。 厚別東店、発寒追分通店、盛南店、上尾店、八王子みなみ野店のみに設置。 ベンベンカフェ : DCMホーマック直営の、飲料や、ソフトクリームなどを販売する軽食スペース。 西岡店、さいたま蓮沼店、八王子みなみ野店のみに設置。 産直市場 : 地場野菜や惣菜、郷土品などを扱う売場。 倶知安店、盛南店、北上藤沢店ではテナントが、水沢店では直営で運営。 部品の倉庫 クイックパーツ : 一部の店舗のみで実施されている、各種電材、住設パーツ、工具類の部品などを広く扱う売場。 専用の端末で商品検索ができるほか、ネットで注文し、店舗で受け取ることもできる。 カーピットサービス:カー用品店のようなピットサービスを受けられる店舗。 西岡店、新明店のみの取り扱い。 福祉サポートショップ:西岡店2階、宮前店、石川店、厚別東店、発寒追分通店、盛南店に介護用品専門スタッフがいるコーナー、「はーとふるの森」がある。 :全店に設置。 各店ともに、概ねサービスカウンター付近に設置されている。 ただし、のカードは当社の店舗では販売されておらず、DCMホーマックとの提携カードも発行されていない。 イメージソング [ ] DCMホーマックには「出会いの歓び」というが存在する。 よくで流れる「ホッ、ホッ、ホーマック」という部分は曲のでありフルコーラスではない。 店舗では12時と18時にフルコーラスで流れる。 このイメージソングはのに登録されている。 関連会社 [ ] 親会社 [ ]• - DCMホーマック・DCMカーマ・DCMダイキ・DCMサンワの親会社。 - 「DCM BRAND」(旧・快適上手)の仕入れと開発をしていた。 現在はDCMホールディングス。 DCMホールディングス [ ]• - に本社を置くホームセンター。 に多い。 - カーマと合併したホームセンター。 - に本社を置くホームセンター。 に多い。 - ダイキグループのホームセンター。 - ダイキと合併したホームセンター。 - に本社を置くホームセンター。 ・青森県に多い。 連絡子会社・合併会社 [ ]• - 北海道・青森で展開する小型ホームセンター。 - に本社を置く、を栽培する会社。 - 商品センターの管理運営。 かつての連結子会社。 2011年2月1日付でに株式を譲渡したため現在は同社の子会社となっている。 (現、日立物流ダイレックス)• - に本社を置く建築業者。 同社はかつて、宮城・岩手でホームセンターを運営していたが、ホームセンター事業の撤退に伴い、最終的に運営していた店舗を当社が譲受した上で、現在はホーマック店舗に転換している。 資本関係自体は両社にはない。 - かつて群馬・千葉で運営していたホームセンター(本社は茨城)。 現在はホーマックに。 - 福島を基盤とするホームセンター。 かつての商品供給先。 現在は関係を解消。 - ホーマックなどでの清掃業務• - 携帯電話の販売等• - 清掃、警備・セキュリティ、ビルメンテナンス、人材派遣業務などを担当 その他 [ ] 旧メイクの店名ロゴ及びCIマークは、かつてのメイク工事部(部門)が分離・独立してに設立された「」に継承されている。 脚注 [ ]• (ダイシン・)• イエローグローブ()• (いない・モリス)• (FC)• (旧ホームピック・系列)• かねひで()• かんぶん()• さくもと()• (島屋)• (系列)• STOCK()• ハッピー()• デコールホームキーパー()• (系列)• ハマート・マルニ(系列)• ハンディ()• ベストホーム()• ミスタートンカチ()• ムサシ()• ヤスサキワイホーム(系列、FC)• ユートク(系列)• (系列)• 消滅・撤退・業態変換• ビッグサム()• ベル()• デイツー()• エルム(キノシタ)• 大国屋• ハンデーエーモン(栄門商事)• ニューライフカタクラ()• アクト• (長崎)• サンビックス()• ハンドメーク• サンモール(新潟)• ハッピー()• コドーリビング館()• オックス生活館(ツダデンキ)• マンモス()• 名鉄ホームセンター(系列)• ナイスライブピア(系列)• (系列)•

次の

ホーマックのDCMパンクしない自転車はいい! 通販の無料配送条件や修理についても解説

ホーマック 通販

概要 [ ] ホーマックの創業者のは、、父親が経営する金物卸小売業「石黒商店」(北大通)に入社し、、取締役に就任、5月、社長に就任する。 以降、内のとに「石黒金物コーナー」を開設し、アメリカの商業小売視察を生かし、、「石黒ホーマ」第1号店として中園店(釧路市中園町9-3)を開設する。 後に、創業地の釧路市を拠点に北海道各地へ展開し、、「石黒商店」から「石黒ホーマ」へ社名を変更、、メイク及びイシグロジャスコとの合併により「ホーマック」への社名変更、と同時に本社をからへ移転する。 2013年2月末現在、店舗数は173店舗。 営業区域はからまで広域にわたる。 付でカーマ(現・)、ダイキ(現・)と経営統合し、共同持株会社DCM Japanホールディングス株式会社(現・)の傘下となる。 現在はが持株会社DJHDに出資しているが、DJグループ以前から、などグループ企業との連携よりも独自性が強い。 そのため商品は、当初は「快適上手」で現在は「DCM BRAND」と呼称されるDCMホールディングス独自ラインアップを有し、(現・)、()などイオングループ提携企業に見られる「」の取り扱いはない。 イオングループ協賛の『』も協賛していない。 ただしし、による自社の発行や、同社発行のグループ他社含むクレジットカードによるサインレス支払いは取り扱う。 現社名以前は、のディスカウント店であるを地方で運営していたが、合併を機に全店の店舗ブランドを「ホーマック」に切り替えた。 そのため、の広面店(旧メイク広面店)と(旧メガマート広面店)のように現在でも位置的に重複する店舗が一部でみられる。 沿革 [ ] 前史(各前身企業 沿革) [ ]• - 株式会社石黒商店としてで設立。 - に株式会社石田商会設立。 - ホームセンター石黒ホーマの第1号店、釧路市中園町(現・中園店)にオープン。 - 石田商会は、社名を株式会社メイクとする。 - 石黒商店は、社名を石黒ホーマ株式会社(本社 釧路市中園町)とする。 - 石黒ホーマ、日本証券業協会に株式を登録。 - 石黒ホーマ、、と業務・資本提携、ジャスコとの合弁により、にイシグロジャスコ株式会社を設立。 本史 [ ]• - 石黒ホーマは、メイク及びイシグロジャスコと合併し、商号をホーマック株式会社とし本社を札幌市に移転する。 - 東京証券取引所2部、札幌証券取引所上場。 - 東京証券取引所1部指定替え。 株式会社ホームステージカスミ(の関連会社)の株式を取得し、ホーマック関東株式会社とする。 - ホーマック関東株式会社と合併。 - カーマ、ダイキ、との共同出資で、DCM Japan株式会社(現在はに吸収合併)を設立し、プライベートブランド「快適上手」を導入。 - カーマ、ダイキと経営統合し、ともに、DCM Japanホールディングス(現・DCMホールディングス)の完全子会社となる。 - 北海道札幌市に「ホーマックスーパーデポ西岡店」が「ホーマック西岡店」から移転オープン。 初の2階建て店舗。 - (本社・古川休塚)より、同社のホームセンター部門が手がける「ホームセンターたかかつ」の5店舗(宮城県内4店舗との花泉店)をホームセンター部門の従業員とともに一括譲受され、ホーマックに転換。 にあった「たかかつ古川店」は「スーパーデポ古川北店」として、ホーマックの中でも大型店の扱いとなっている。 たかかつから転換した「ホーマック佐沼店」と商圏重複する「ホーマック南方店」(旧南方店に隣接)をで閉店(佐沼店への事実上の移転扱い)。 - 岩手県に「ホーマックスーパーデポ久慈店」が「旧ホーマック久慈店」から移転オープン。 - に「ホーマックスーパーデポ三輪店」がオープン。 - 北海道に「ホーマックスーパーデポ湯川店」がオープン。 - 北海道に「ホーマックスーパーデポ宮前店」がオープン。 - に「ホーマックスーパーデポひたち野うしく店」が「旧ホーマック牛久店」から移転オープン。 7月16日 - 岩手県に「ホーマック牧野林店」がオープンする。 - に「ホーマックスーパーデポ天童店」がオープンする。 - に初となる店舖「ホーマック大井競馬場前店」が内にオープン。 - 北海道に「ホーマック帯広南町店」がオープン。 - に「ホーマックスーパーデポ長苗代店」がオープンする。 - 「ホーマックスーパーデポ元江別店」「ホーマックスーパーデポ宮前店」での販売を開始。 - に初となる店舖「ホーマックスーパーデポ瀬谷店」がオープン。 - 創業者の取締役会長(DCMホールディングス)が多臓器不全のため死去。 74歳。 - によるで下記店舗に被害。 山田店(岩手県)• 大槌店(岩手県)• スーパーデポ久慈店(岩手県久慈市)• 石巻店(宮城県)• 石巻東店(宮城県石巻市)• 気仙沼南店(宮城県)• 気仙沼店(宮城県気仙沼市)• - 北海道に「ホーマックスーパーデポ新明店」がオープン。 - 東京都1-8-1「ホーマック八王子みなみ野店」が移転のため閉店。 - 東京都八王子市みなみ野1-3-1(東急ストアみなみ野店跡地)に「ホーマックスーパーデポ八王子みなみ野店」 が移転オープン。 - 岩手県下閉伊郡山田町「ホーマック山田店」が仮設で営業再開。 - 宮城県気仙沼市「ホーマック気仙沼店」が仮設で営業再開。 - 岩手県久慈市「ホーマックスーパーデポ久慈店」が全面営業再開。 - 宮城県石巻市「ホーマック石巻東店」が仮設で営業再開。 - 宮城県「ホーマックスーパーデポ名取店」が全面営業再開。 - 「ホーマック佐倉店」が閉店。 - 「ホーマック広面店」が店舗建て替えのため閉店。 - 宮城県石巻市「ホーマック石巻店」が営業再開。 - 岩手県上閉伊郡大槌町「ホーマック大槌店」が営業再開。 - 宮城県「ホーマック塩釜店」が、塩釜店跡地に出店。 - 茨城県「ホーマックつくば梅園店」がオープン。 - 岩手県「ホーマック高田店」が竹駒地区に2年間限定予定で仮設オープン。 - 東京都に新業態の自転車専門店「DCMサイクル赤塚新町店」がオープン。 - 宮城県「ホーマック気仙沼南店」が営業再開。 - 宮城県「ホーマック小牛田店」が営業再開。 4月27日 - 岩手県「ホーマック釜石鵜住居店」が跡地に2年間限定予定で仮設オープン。 - 仮設で営業していた「ホーマック気仙沼店」が店舗改装のため一時閉店。 - 店舗改装のため一時閉店していた「ホーマック気仙沼店」がリニューアルオープン。 - 同社2店舗目となる自転車専門店、「DCMサイクル上板橋店」が開店。 - 建て替えのため一時閉店していた、「ホーマック広面店」がリニューアルオープン。 従来の3棟を1棟にし、屋上駐車場を新たに設けた。 - 岩手県「ホーマック山田店」がリニューアルオープン。 - 茨城県「ホーマック鹿嶋店」から「ホーマックスーパーデポ鹿嶋店」に名称を変更しリニューアルオープン。 - 北海道「DCMサイクル栄町店」がオープン。 - 北海道「ホーマックスーパーデポ厚別東店」がオープン。 これに伴い既存の「ホーマック厚別東店」は閉店。 - 北海道「ホーマックスーパーデポ発寒追分通店」がオープン。 - 岩手県「ホーマックプロビルダーズ大船渡店」がオープン。 - 埼玉県「ホーマックスーパーデポ上尾店」がオープン。 - 北海道「ホーマックプロビルダーズ宮の沢店」がオープン。 近隣に「ホーマックスーパーデポ発寒追分通店」がオープンしたことに伴い、既存店を業態転換しオープン。 - 岩手県「ホーマックスーパーデポ盛南店」がオープン。 店舗面積約6,000坪とホーマック最大の店舗。 - 福島県「ホーマック須賀川店」がオープン。 福島県初出店となる店舗。 フレスポ須賀川グリーンモール内の核テナントとしてオープン。 - 仮設で営業していた「ホーマック高田店」が移転のため一時閉店。 - 一時閉店していた「ホーマック石巻東店」がリニューアルオープン。 - 一時閉店していた「ホーマック高田店」が移転オープン。 - 岩手県「ホーマック水沢店」がオープン。 - 「DCMホーマック株式会社」に商号を変更。 店舗呼称も「ホーマック」「ホーマックスーパーデポ」の2つを「DCMホーマック」に統一。 - 一時閉店していた「ホーマック恵庭店」が移転オープン。 - 一時閉店していた「DCMホーマック大船渡店」が移転オープン。 - (本社:山形県温泉町)より、同社のホームセンター部門が手がける「ホームセンターキング」の1店舗をホーマックに転換。 にあったDSキング新庄店は「DCMホーマック新庄店」としてオープン。 - 建て替えのため一時閉店していた「DCMホーマック旭ヶ丘店」がリニューアルオープン。 - 埼玉県「DCMホーマックさいたま蓮沼店」がオープン。 過去に存在した店舗 [ ] 北海道• 桜木店 - 移転のため閉店。 旧店舗には現在苫小牧桜木店が入居。 苫小牧柳町店 苫小牧市 - 新規出店のため閉店。 旧店舗にはなんでもリサイクルビッグバンなど商業施設になっている。 西岡店()- 移転のため閉店。 旧店舗には現在西岡店が入居。 厚別店(札幌市)- 移転のため閉店(移転後は厚別東店として営業)。 旧店舗は解体され、厚別店が建設された。 春光店()- 移転のため閉店。 東光店(旭川市)- 移転のため閉店。 旧店舗には現在ベストムマート東光店が入居。 柏林台店()- 移転のため閉店。 帯広南店(帯広市)- 移転のため閉店。 昭和店()- 移転のため閉店。 滝川店() - 店舗跡地には創価学会滝川文化会館が建設された。 滝川東店(滝川市)- 移転のため閉店。 旧店舗には滝川店が入居。 北見メッセ店()- 移転のため閉店。 旧店舗には現在リニューアルしたツルハドラッグ北見メッセ店と、BOOKOFF ブックオフ 北見メッセ店が入居。 厚別東店(札幌市厚別区)- 厚別店の後継店舗。 移転のため閉店(移転後はSu. D厚別東店として営業)。 旧店舗には現在厚別店が入居。 宮の沢店(札幌市)- 業態転換のため閉店。 業態転換後は、HI(ホーム・インプルーブメント)型プロショップ「ホーマックプロビルダーズ宮の沢店」として開店したが閉業する。 青森県• 下田店()- 現在は、100円ショップ下田店が入居。 柏店()- 現在は、100円ショップダイソーつがる柏店が入居。 大鰐店()• 平賀店()- 移転のため閉店。 現在は、タカシン柏木倉庫が入居。 黒石花園店()- 移転のため閉店。 現在は、店舗跡地に複数の店舗が建っている。 秋田県• 鹿角店() 岩手県• 釜石店()- 現在は衣料品店「OLIVE」が入居。 高田店() 2棟で構成。 の閉店後、メイク時代からの店舗は解体され、高田店が出店。 2号館(旧・メイク高田電気館)には陸前高田店が入居していたが、ののでどちらも流失した。 なお、前述のとおりホーマックは同市竹駒町に2年間限定予定で再出店をしている。 イセユウ大船渡店()- に閉店。 現在はツルハドラッグ大船渡店。 プロビルダーズ大船渡店()- 移転のため閉店。 久慈店()- 移転のため閉店• 花巻店()- 移転のため閉店(移転後は花巻北店として営業)。 旧店舗にはが経営する中古CD店(「万代書店」と同様の業態)とインターネットカフェが入居したが閉店。 現在は空き店舗。 遠野店()- 移転のため閉店。 旧店舗は現在遠野店が入居。 北上店()- 移転のため閉店。 初代店舗は解体され跡地には「」が出店。 移転した店舗もに閉店し、現在は更地。 みたけ店()• 東仙北店(盛岡市)- 閉店。 跡地にはが入居。 水沢店()- にオープンした現店舗とは別。 建物は解体され、跡地にはが出店。 スーパーデポ盛南店(盛岡市)- 移転のため18時をもって閉店。 スーパーデポ業態として初の閉店となる。 跡地にはとが入居。 宮城県• 涌谷店()- 移転のため閉店。 旧店舗にはとが入居。 泉西店()- から譲渡された店舗。 現在は。 南方店()- のホームセンター部門の譲受によってホーマックに転換された佐沼店の開店に伴い、事実上の移転閉店。 山形県• 酒田北店()• 酒田南店(酒田市) 千葉県• 長沼店()• 佐倉店()- 現在は、ロイヤルホームセンター佐倉店が入居。 その他• 中条店()• 牛久店()- 移転のため閉店• 鹿嶋店()- 改装のため2013年に一時閉店。 2014年に旧店舗跡地にホーマックスーパーデポ鹿嶋店として生まれ変わった。 八王子みなみ野店()- 移転のため閉店。 現在は八王子みなみ野店が入居。 スーパーデポ [ ] ホーマック全店のうち約1割程度ある、広域商圏を想定した専門分野強化型の大型店舗。 主に大きな都市にある。 入口や看板の表記は通常の店舖の「Homac Home Amenity Center(ホーマックホームアメニティセンター)」に対し、スーパーデポは「Homac SUPER DEPOT(ホーマックスーパーデポ)」となっている。 付の社名変更に伴い、「スーパーデポ」の呼称は廃止し「DCMホーマック〇〇店」の呼称に統一された。 従来のスーパーデポ店舗はホーマックの大型店という位置付けとなった。 スーパーデポ東雁来店:• スーパーデポ北野通店:札幌市 ホーマックスーパーデポ1号店。 かつてはマイスター工房1号店が存在したが、SuD西岡店に移転した。 なお、マイスター工房は2011年におこなった改装で復活している。 スーパーデポ西岡店:札幌市 初の2階建て店舗。 マイスター工房・陶芸教室・カーピットあり。 スーパーデポ厚別東店:札幌市 2階建てで、道内では最大規模。 ホーマック初となるインテリア&リフォーム専門店「おうちスタイル」などが併設される。 同じ建物には、アミューズメント施設のも建て替え前から引き続き併設される。 スーパーデポ発寒追分通店:札幌市 基本的には、Su. D厚別東店と同じ構造で、2階にはインテリア&リフォーム専門店「おうちスタイル」が併設される。 また、イートインコーナーとして、「ボストンベイク」もテナントとして出店する。 スーパーデポ元江別店: 標準店を改装・増床した店舗。 医薬品取り扱いあり。 スーパーデポ滝川店:• スーパーデポ手宮店:• スーパーデポ湯川店:• スーパーデポ石川店:函館市• スーパーデポ春光店:• スーパーデポ宮前店:旭川市 医薬品取り扱いあり。 スーパーデポ三輪店:• スーパーデポ音更店: コカコーラ工場跡地に建設する商業施設の核店舗。 スーパーデポ稲田店: マイスター工房・陶芸教室あり。 スーパーデポ木場店: の改装でマイスター工房増設。 スーパーデポ新明店: マイスター工房・カーピットあり。 恵庭店 : 社名変更直後に開店した店舗。 苫小牧弥生店 : 苫小牧市• 留萌店 : 標準店だった店舗の真横に増築し、大型店化した店舗。 既存店側が生活館、増築側が資材館として運営されている。 倶知安店 : 旧倶知安店からの移転扱い。 建設時の仮称は、DCMホーマックスーパーデポ倶知安高砂店。 店内の売場表記は、ニセコ地域の海外からの観光客らに向けて、英語と中国語も記されている。 東苗穂店 : 札幌市東区 2階建の店舗。 付近には先述の東雁来店もある。 中島店 : ショッピングセンターのテナントとして出店。 永山店 : 旧パワーズ店の移転扱いとして開店。 青森県• スーパーデポ平賀店: 当初、同業者のサンワドー(現)の出店予定地だった場所を譲り受けて出店。 5km北西には、スーパーデポ並みの標準店の弘前城東店がある。 スーパーデポ長苗代店: マイスター工房を東北で初めて導入した店舗。 スーパーデポ白山台店 : 八戸市 スーパーデポと名乗る店舗としては最後の店舗。 約半年後にスーパーデポの名前が消えた。 岩手県• スーパーデポ盛南店(初代): 新都市企画地区「」の大型店1号として出店。 移転に先立ち、駐車場の一部を住宅展示場や飲食店にしている。 移転のため閉店。 スーパーデポ盛南店(2代目):盛岡市 新都市企画地区「ゆいとぴあ盛南」の306街区A地区に出店。 D盛南店の移転先で、Su. D厚別東店のような複合型。 テナントにはアルペンのスポーツデポが入居。 ホーマック棟は二棟で構成され、ホーマックの売場面積は20,413㎡(約6,175坪)となり、Su. D厚別東店を超え最大店舗となる。 スーパーデポ北上藤沢店:• スーパーデポ久慈店: 東日本大震災により営業を中止していたが再開した。 居抜き店舗(旧久慈)で、建物も普通とは雰囲気が異なる。 宮城県• スーパーデポ名取店: 東日本大震災により店頭営業をしていたが再開した。 とともに、の核店舗。 マイスター工房あり。 スーパーデポ石巻蛇田店:• スーパーデポ古川北店:…ホームセンター事業から撤退したからの譲受店舗のため、居抜出店の扱い。 南吉成店: 本来は標準店だが、全てがスーパーデポ扱い。 但し、店舗名称や外観はスーパーデポとはなっていない。 横手店 : 2008年ごろからスーパーデポ横手店として予定があったが、社名変更後に開店。 山形県• スーパーデポ天童店: 茨城県• スーパーデポ鹿嶋店:• スーパーデポ神栖店:• スーパーデポひたち野うしく店: 千葉県• スーパーデポ白井店:• スーパーデポ野田みずき店: 埼玉県• スーパーデポ上尾店: 敷地内。 バラとハーブの専門店「ホーマックローゼンハーブ」を併設。 いずれもアリオとは別棟となっている。 さいたま蓮沼店 : さいたま市内初出店の店舗。 出店前の仮称は、DCMホーマック大宮七里店。 東京都• 神奈川県• スーパーデポ瀬谷店: SuD西岡店に次いで開業した、2階建て店舗で、都市生活型店舗1号店。 DCMサイクル [ ] DCMホーマックが運営する自転車専門店で、時点で3店舗を運営していた。 また、DCMグループの姉妹企業、DCMカーマも、内に1店舗運営している。 しかし単独店舗で営業していた店舗はすべて閉店した。 ただし近年、新規出店や改装した店舗内の自転車コーナーをDCMサイクルとして運営しているほか、盛岡市の盛南店では店舗横の別棟を自転車専門館「盛南店 DCMサイクル」として運営している。 過去に存在したDCMサイクル店舗一覧 [ ] 北海道• DCMサイクル栄町店: 東京都• DCMサイクル赤塚新町店: DCMサイクル1号店• DCMサイクル上板橋店:板橋区 - 一旦閉店後は「DCMマート上板橋店」として営業していたご約1年で閉店。 おうちスタイル [ ] おうちスタイルは「リフォームセンター」と「インテリア&リフォーム専門店」の2パターンで営業中。 いずれも女性スタッフ中心で、気軽に利用できる。 リフォームセンター [ ] 通常のリフォームセンターと異なり、女性スタッフ中心で、女性目線からでも見学できる。 春光店:旭川市 おうちスタイル業態1号店。 D春光店の敷地内にある。 石川店:函館市 おうちスタイル業態2号店。 D石川店の敷地内にある。 元町店:札幌市 生活館と資材館に分かれている元町店の3号館目として出店したが2018年12月31日をもって閉店した。 旭ヶ丘店:札幌市 敷地内にあった旭ヶ丘店の店舗跡をしていたが、旭ヶ丘店建て替えと共に一時閉店し、新店舗の2階に移転した。 このほか、近年新規開店した店舗のリフォームセンターは、おうちスタイルとして営業している。 インテリア&リフォーム専門店 [ ] おうちスタイルリフォームセンターに、さらにインテリア、生活雑貨、本などを扱うインテリア専門店を併設している。 インテリアは、ファミリー層向けの比較的高価な物が中心で、他のインテリア店とは異なる独自の作戦で展開を進めている。 厚別東店:札幌市 インテリア&リフォーム専門店タイプの1号店。 D厚別東店2階にある。 発寒追分通店:札幌市 インテリア&リフォーム専門店タイプの2号店。 D発寒追分通店2階にある。 盛南店:盛岡市 おうちスタイルとして初の東北進出となる。 D新盛南店の2階に出店。 東日本大震災による仮設営業店舗 [ ] 被災地の店舗で、仮設営業中の店舗があり、現在2店舗が仮設営業中。 釜石鵜住居店:岩手県 地元からの要請を受けて、鵜住居地区の跡地に2年間の仮設営業。 高田店:岩手県 こちらも地元からの要請を受けて、被害の少ない竹駒地区で2年間の仮設営業。 サービス [ ]• アクアフィールド:旧スーパーデポと、標準店の一部にある。 DCMホーマック直営。 ・・コーナー。 旧スーパーデポ店舗では、も扱っていた。 最近の店舗は、熱帯魚売場が縮小されていて、扱わない店舗もある。 ペット生体コーナー:旧スーパーデポや標準店の一部にある。 、などのコーナー。 ペットホテルや、ペットトリミング、セルフウォッシュコーナーなどがある店舗もある。 また、一部の店舗では、DCMホーマックの社員がトリミングを行う。 リフォームセンター:旧スーパーデポ内にある。 水廻りの補修から、リフォームや、リフォームなどの相談。 小さなリフォームからすべてを展示している。 また、札幌の西野店、宮城の名取店、気仙沼店、岩手の宮古店は、隣接地などに独立出店している。 東北地区で「リフォームコーナー」として営業していた店舗は、リフォームセンターとして統一された。 現在は、先述したおうちスタイルとして営業する店舗が多い。 住まいの便利サービス• 医薬品の販売 : 旧スーパーデポ店の一部にあり、 、 を販売している。 お客様工作室:旧スーパーデポ店の一部にある、顧客が自由に使える工作室。 マイスター工房:一部の旧スーパーデポ店や、比較的最近の店舗などにある。 木材や建材などをオーダーカットしてくれるサービス。 安価でカット方法も様々に対応可能である。 DCM DIY教室 : 一部の店舗のみで実施している、手軽にDIYを楽しめるカルチャー教室。 なんでも工房 便利屋ベンベン : Tシャツプリントや刃物研ぎ、靴の修理、印鑑作成などを行うサービス。 厚別東店、発寒追分通店、盛南店、上尾店、八王子みなみ野店のみに設置。 ベンベンカフェ : DCMホーマック直営の、飲料や、ソフトクリームなどを販売する軽食スペース。 西岡店、さいたま蓮沼店、八王子みなみ野店のみに設置。 産直市場 : 地場野菜や惣菜、郷土品などを扱う売場。 倶知安店、盛南店、北上藤沢店ではテナントが、水沢店では直営で運営。 部品の倉庫 クイックパーツ : 一部の店舗のみで実施されている、各種電材、住設パーツ、工具類の部品などを広く扱う売場。 専用の端末で商品検索ができるほか、ネットで注文し、店舗で受け取ることもできる。 カーピットサービス:カー用品店のようなピットサービスを受けられる店舗。 西岡店、新明店のみの取り扱い。 福祉サポートショップ:西岡店2階、宮前店、石川店、厚別東店、発寒追分通店、盛南店に介護用品専門スタッフがいるコーナー、「はーとふるの森」がある。 :全店に設置。 各店ともに、概ねサービスカウンター付近に設置されている。 ただし、のカードは当社の店舗では販売されておらず、DCMホーマックとの提携カードも発行されていない。 イメージソング [ ] DCMホーマックには「出会いの歓び」というが存在する。 よくで流れる「ホッ、ホッ、ホーマック」という部分は曲のでありフルコーラスではない。 店舗では12時と18時にフルコーラスで流れる。 このイメージソングはのに登録されている。 関連会社 [ ] 親会社 [ ]• - DCMホーマック・DCMカーマ・DCMダイキ・DCMサンワの親会社。 - 「DCM BRAND」(旧・快適上手)の仕入れと開発をしていた。 現在はDCMホールディングス。 DCMホールディングス [ ]• - に本社を置くホームセンター。 に多い。 - カーマと合併したホームセンター。 - に本社を置くホームセンター。 に多い。 - ダイキグループのホームセンター。 - ダイキと合併したホームセンター。 - に本社を置くホームセンター。 ・青森県に多い。 連絡子会社・合併会社 [ ]• - 北海道・青森で展開する小型ホームセンター。 - に本社を置く、を栽培する会社。 - 商品センターの管理運営。 かつての連結子会社。 2011年2月1日付でに株式を譲渡したため現在は同社の子会社となっている。 (現、日立物流ダイレックス)• - に本社を置く建築業者。 同社はかつて、宮城・岩手でホームセンターを運営していたが、ホームセンター事業の撤退に伴い、最終的に運営していた店舗を当社が譲受した上で、現在はホーマック店舗に転換している。 資本関係自体は両社にはない。 - かつて群馬・千葉で運営していたホームセンター(本社は茨城)。 現在はホーマックに。 - 福島を基盤とするホームセンター。 かつての商品供給先。 現在は関係を解消。 - ホーマックなどでの清掃業務• - 携帯電話の販売等• - 清掃、警備・セキュリティ、ビルメンテナンス、人材派遣業務などを担当 その他 [ ] 旧メイクの店名ロゴ及びCIマークは、かつてのメイク工事部(部門)が分離・独立してに設立された「」に継承されている。 脚注 [ ]• (ダイシン・)• イエローグローブ()• (いない・モリス)• (FC)• (旧ホームピック・系列)• かねひで()• かんぶん()• さくもと()• (島屋)• (系列)• STOCK()• ハッピー()• デコールホームキーパー()• (系列)• ハマート・マルニ(系列)• ハンディ()• ベストホーム()• ミスタートンカチ()• ムサシ()• ヤスサキワイホーム(系列、FC)• ユートク(系列)• (系列)• 消滅・撤退・業態変換• ビッグサム()• ベル()• デイツー()• エルム(キノシタ)• 大国屋• ハンデーエーモン(栄門商事)• ニューライフカタクラ()• アクト• (長崎)• サンビックス()• ハンドメーク• サンモール(新潟)• ハッピー()• コドーリビング館()• オックス生活館(ツダデンキ)• マンモス()• 名鉄ホームセンター(系列)• ナイスライブピア(系列)• (系列)•

次の