郵便 番号 追跡 サービス。 クリックポストの追跡方法|反映にかかる時間や確認すべき番号も解説!

クリックポストの追跡方法|反映にかかる時間や確認すべき番号も解説!

郵便 番号 追跡 サービス

このページの目次• 追跡番号のある郵便物等の種類 郵便物などに追跡番号があるものを種類分けしてみました。 〇 最初から利用する伝票類に追跡番号が付いている種類の郵便物や荷物• ゆうパック・代引き通常郵便物• レターパックライト・レターパックプラス• 追跡ゆうメール(契約した大口事業者のみ)・ゆうパケット• 配達時間指定郵便・クリックポスト ゆうパックの専用ラベルに印字されています「お問い合わせ番号」 〇 オプションを付けると追跡できるようになる種類の郵便物や荷物• ハガキ(第二種郵便物)・手紙(第一種郵便物)• 定形外郵便物(第一種郵便物)・郵便書簡• ゆうメール・その他。 (郵便法により現金又は貴金属は一般書留(現金は現金書留)とすることになっています。 ) 〇 配達時に追跡できるバーコードが付いた郵便物にはレタックスがあります 大事な郵便物を確実に届けて欲しい場合の追跡豆知識 大事な郵便物や確実に受取人に手渡して欲しい場合には、 書留を付けて送るといいです。 追跡用の書留番号やお問い合わせ番号は、利用者が把握しています。 ですから、相手から送ってもらう場合には、相手の方から通知を受けてください。 自分宛ての郵便物を追跡したい場合は、追跡番号のある レターパックを返信用として先方に発送すると簡単でしかも安全です。 レターパックの追跡番号を控えておけば、「送った」「送っていない」等のトラブルも発生しません。 ゆうパックの場合は電子メールによる 配達予告メール通知を利用することもできます。 スポンサーリンク 郵便追跡データの流れを説明しましょう 郵便追跡のデータはどのような経過をたどるのかまとめてみました。 1.引受登録 窓口で出した場合は窓口にて引受登録。 集荷やポストに入れた場合は集荷担当者や内務員が引受入力をします。 2.物流担当の郵便局から発送登録 一般書留のみ登録されます。 3.引受郵便局を統括する大きな郵便局での通過登録や発送登録 通過はゆうパックのみ、発送は一般書留のみ登録されます。 4.配達郵便局を統括する大きな郵便局での通過登録や発送登録 通過はゆうパックのみ、発送は一般書留のみ登録されます。 5.配達郵便局に着くと内務員が到着登録をします。 6.内務員が外務員に引き渡し、外務員が持ち出し登録をします。 7.配達員が訪問し、不在の場合には不在登録がされます。 8.利用者が自動応答ダイヤルやWEBで再配達を依頼すると、再配達受付登録がされます。 9.希望の時間帯に配達員が訪問し、受取人に渡すと配達完了登録がされます。 追跡を行う上での注意すべき点 追跡を行う上での注意すべきことですが、 輸送の途中記録は一般書留とゆうパックのみが行われます。 簡易書留や特定記録、レターパック、ポスパケット等は、引受の次は配達到着になります。 また、ゆうパックの通過は自動仕分け機を利用している場合は自動登録になりますので、登録されない場合もあります。 尚、一般書留での発送の場合、どの郵便局で登録するかは事前の取り決めによって行われます。 先ほど、郵便追跡データの流れの説明で書きました内容補足になりますが、 仮に神奈川県川崎市21地域に該当郵便物があった場合、 (3番)引受郵便局を統括する大きい郵便局で登録するのではなく、 (4番)配達を担当する大きい郵便局(21川崎東)にて発送登録がされます。 必ずしも引き受けた郵便局の次が、引受郵便局のエリアの統括郵便局での登録にはなりませんのでご了承ください。

次の

追跡データの見方(書留やレターパックやゆうパック)

郵便 番号 追跡 サービス

届くはずの郵便物等が届きません。 どこに問い合わせたらいいですか? A. 調査制度がありますので、最寄りの郵便局へご相談ください。 郵便物等の流れに沿って関係する郵便局を調査し、その結果をお知らせします。 また、国内から国内あてに差し出された郵便物等につきましては、下記のページからのお申出も受け付けております。 出典: 上記の通り、 発送した普通郵便が宛て先へ届かない場合は、郵便局に無料で調査依頼をすることができるんですよ。 調査依頼すると、まず配達担当郵便局へ連絡が行き、中継した郵便局、引き受けた郵便局と、普通郵便が通過したポイントごとに調査が行われます。 調査依頼は、最寄りの郵便窓口へ依頼することも出来ますし、電話やインターネットから依頼することも可能です。 差出場所 または投函した郵便ポストの場所• 差出日時• 差出人の住所・氏名• 受取人の住所・氏名• 郵便の種類 普通郵便など• 郵便物の特徴 封筒の大きさ・形・色・中身など これらは、郵便事故調査をする上で極めて大切な情報です。 郵便局側へできるだけ詳しく伝えられるように、事前にしっかり準備しておきましょう。 それでは、調査依頼方法を一つずつご説明していきますね。 郵便窓口へ調査依頼する 郵便窓口で調査依頼する場合は、本人確認のできる書類を持って普通郵便を差し出た郵便局へ行きましょう。 窓口で調査依頼したい旨を伝えると、『郵便物等事故申告受付票』を渡されるので、必要事項を記入し提出してください。 また、 普通郵便を窓口へ差し出したのではなく、ポストへ投函した場合は、そのポストに記載されている管轄郵便局へ連絡してくださいね。 『』へ電話する。 音声案内に従って、『 郵便物が届かない・破れている・誤って他人宛ての郵便物が配達されたなどのご連絡』の番号を選択する。 オペレーターに調査依頼する。 郵便窓口で調査依頼した場合には、本人確認の書類や『 郵便物等事故申告受付票』などの記入が必要とご説明しましたが、 電話で調査依頼した場合、それらは不要です。 『お客様サービス相談センター』のオペレーターが普通郵便を差し出した管轄郵便局へ転送してくれるので、調査に必要となる詳しい情報を伝えてください。 電話で調査依頼した場合も、結果は郵便局からの電話や書面にて通知があります。 調査には1週間~1ヶ月程度かかってしまうので、時間がかかることを受取人へ伝えておきましょう。 インターネットで調査依頼する 日本郵政ホームページ内の『 郵便物等が届かないなどの調査のお申出』から、インターネット上で調査依頼することも可能です。 特定記録郵便については『 』の記事で詳しく紹介しています。 書留 『』は、 引き受けから配達までの郵便物の送達過程が記録され、万が一郵便物が壊れたり届かなかった場合には、差し出し時に申し出た損害要償額の範囲内で実損額が賠償されるサービスのことです。 曜日に関係なく配達されるので、日・祝日でもしっかり送り届けてもらえますよ。 また、書留には『 郵便追跡サービス』が付いているので、発送から到着までの配達状況をパソコンやスマートフォンから随時追跡可能! さらに、受取人には直接手渡しで配達され、その際は受領印や署名が必要となる、とても安心できる郵送方法なんです。 曜日に関係なく配達されるので、日・祝日でもしっかり送り届けてもらえますよ。 ただし、速達は宛て先の ポストへの投函で補償はなし。 さらに、『 郵便追跡サービス』も付いていませんので注意してください。 郵便局が提供している追跡できるサービス 前項でご説明した様々なオプションを付けることで、普通郵便でも追跡ができたり補償が付いたりと、とても便利に発送することができますよね。 しかし、ここでもデメリットが一つ。 送料の安さが魅力でもある普通郵便ですが、日本郵政ホームページの『』に記載の通り、発送する郵便物の重さやサイズが大きくなると金額がグンと跳ね上がります。 そこに、オプションを付けるとなると、 送料だけでかなりの金額となってしまうんです。 クリックポスト クリックポストは、 自宅で簡単に、運賃支払手続きとあて名ラベル作成ができ、全国一律185円で荷物を送れる郵送サービスです。 送れるものは、長辺34cm・短辺25cm・厚さ3cm以内のサイズで、重量1kg以内の小型商品。 追跡番号が付いているので、オプション不要で郵便追跡サービスが利用できますよ。 クリックポストの送料:185円• サイズ:長辺34cm・短辺25cm・厚さ3cm以内• 重さ:1kg以内• 追跡サービス:あり ちなみに、クリックポストを利用するには、下記の事前手続きが必要となります。 クリックポストを利用するに当たっての事前手続きはありますか。 次の手続きが必要となります。 1 Yahoo! ウォレットを利用する場合 Yahoo! JAPAN IDの取得 クリックポストWebサイトには、Yahoo! JAPAN IDでログインしていただきます。 Yahoo! ウォレット クレジットカード払に限ります。 の利用登録 クリックポストの運賃は、Yahoo! ウォレットによりお支払いいただきます。 Amazon Pay クレジットカード払に限ります。 の利用登録 クリックポストの運賃は、Amazon Payによりお支払いいただきます。 出典: また、『』のサイトから自分で宛て名ラベルの作成と印刷をするので、 原則、インターネット環境とパソコン スマホでも作成可 、プリンターが揃っていることが前提となります。 インターネット環境• パソコン スマホでも可• プリンター 事前登録や利用環境など、いくつか条件のあるクリックポストですが、追跡サービス付きで全国一律185円の送料はかなり魅力。 小さめの荷物を追跡して送りたい場合には、間違いなくオススメの郵送サービスです。 クリックポストの追跡方法は『』の記事で詳しく解説しています。 ゆうパケット ゆうパケットは、 厚みの少ない小さな荷物をより簡単な作業で送りたい場合に相性抜群の郵送サービスです。 送れるものは、長辺34cm以内、厚さ3cm以内で、長辺・短辺・厚さの合計が60cm以内のサイズ、さらに重量1kg以内の小型商品。 料金は、荷物の厚さに応じて次の3段階で設定され、それぞれ郵便追跡サービスが付帯されています。 郵便局で『 専用宛て名シール』を受け取る。 『 専用宛て名シール』に必要事項を記入する。 荷物に『 専用宛て名シール』と切手を貼ってポストへ投函する。 ゆうパケットは、ポスト投函OKで、さらにお届け先の郵便ポストまでの配達です。 差出人にとっても受取人にとっても、手軽に利用できる点が魅力ですよね。 ちなみに、『』を使えば、スマートフォンから手書き不要で宛て名ラベルが作成できますよ。 詳細は、『』を確認してみてくださいね。 ゆうパケットとクリックポストの違い 「 ゆうパケットとクリックポストの違いが分からない…。 」 ところで、小さなの荷物を発送する際に便利なゆうパケットですが、前項でご説明したクリックポストとサービス内容がとても似ていますよね。 そして、ゆうパケットもクリックポストも追跡サービス付きです。 これでは、クリックポストの方が断然お得に思えますが、ゆうパケットとクリックポストはどのように使い分ければよいのでしょう。 実は、ゆうパケットとクリックポストには、事前登録の有無、宛て名ラベルの準備方法、送料の決済方法に大きな違いがあるんですよ。 比較項目 ゆうパケット クリックポスト 事前準備 なし Yahoo! JAPAN IDの取得Yahoo! ウォレットまたはAmazon Payによるクレカ払い ゆうパケットは、事前登録が不要で、基本的に郵便局で宛て名ラベルを受け取るだけで発送準備は完了します。 後は、荷物に宛て名ラベルと必要な切手を貼って送るだけ。 一方、すでにご説明した通り、クリックポストにはいくつか事前登録があり、宛て名ラベル作成のために、原則パソコンとインターネット環境、プリンターが必要。 さらに、Yahoo! ウォレットやAmazon Payで送料を支払うので、クレジットカードも必須です。 つまり、 より手軽に送れるのがゆうパケット、手間はかかりますがその分安く送れるのがクリックポストなんです。 違いを把握して、上手に使い分けてくださいね。 ゆうパケットの追跡方法は『』の記事で詳しく解説しています。 ゆうパック ゆうパックは、大きめの荷物を発送する際に便利な郵送サービスです。 送れるものは、長辺・短辺・厚さの合計が170cm以内のサイズ、25kg以内の重さのもの。 『』に記載の通り、送料は、差出地と宛て先、荷物の重さによって異なります。 ゆうパックには、もちろん郵便追跡サービスが付帯。 さらに、 配達日や配達時間帯を指定できたり、最高30万円までの実損額を賠償してもらえる損害賠償制度が付いているという特徴がありますよ。 まとめ 普通郵便には、追跡サービスが付帯されていません。 そのため、万が一宛て先に届かなかった場合、その郵便物の行方を探るとなると、郵便局へ調査依頼をする必要があります。 ただし、調査依頼をしたからと言って、必ず行方不明の郵便物が見つかる訳ではないんですよ。 手軽で安く送れることが普通郵便の魅力ですが、ネットオークションでの商品発送時など、大切なものを送る場合には、必ず追跡できる方法で発送することをオススメします。 尚、郵便物を追跡するには、普通郵便に特定記録や書留などの追跡可能なオプションを付けたり、レターパックやクリックポストなどの追跡サービスが最初から付帯された郵送サービスを利用したりと、様々な方法がありますよ。 目的に合わせて上手に使い分けていきましょう!.

次の

9から始まる追跡番号の配送業者!日本郵便・ヤマト運輸・佐川急便のどれか

郵便 番号 追跡 サービス

追跡サービスは郵便物のお問い合わせ番号を使います。 お問い合わせ番号はそれぞれの郵便物の伝票に書かれてあります。 書留にして出した郵便物は窓口でもらうレシートに書いてあります。 それでは詳しい調べ方を見ていきましょう。 手順1 パソコンやスマホで郵便局のホームページを開きます。 郵便局のトップページにある「追跡サービス」をクリックします。 こちらのリンクから直接飛べます。 手順2 画面を下までスクロールして「個別番号検索」ボタンをクリックします。 荷物がたくさんあってお問い合わせ番号が連続した番号になっているときは「連続番号検索」ボタンをクリックします。 手順3 1〜10までの番号がふられた空欄が出てきます。 空欄にお問い合わせ番号を入力します。 手順4 画面を下までスクロールして「追跡スタート」ボタンをクリックします。 連続したお問い合わせ番号の郵便物があるときは「連番で調べたい」ボタンをクリックします。 これで入力した番号の郵便物がどうなっているか確認することができます。 追跡結果はどう見るの? 検索結果のページに郵便物の最新の状態が表示されます。 お問い合わせ番号をクリックするとそれまでの履歴も見ることができます。 状態の意味は? 出てきた結果を見ても言葉が短くて、最初は少し戸惑ってしまいますよね。 状態の意味は以下のとおりです。 追跡結果の状態 意味 引受 窓口やポストに出した郵便物が郵便局に受け付けられた 中継 取り扱い局を通過した 通過 取り扱い局での作業を終えた 転送 転居届けが出されているので別の場所に配達 到着 受け取り先の最寄の郵便局に着いた 持ち出し中 配達員が配達中 お届け先にお届け済み 受け取り人が荷物を受け取った 窓口へお渡し 郵便局の窓口で受け取り人が荷物を受け取った ご不在のため持ち帰り 受け取り人が不在だったので郵便局に持ち帰った 差出人に返送 差し出し人に郵便物を戻した 例) 追跡がうまくできないときは? 関連ページ ゆうパックやゆうパケット、レターパック、クリックポストなどで荷物を追跡できる郵便局のサービスは便利です。 でも送り主から教えられた「お問い合わせ番号」を入力しても「お問い合わせ番号が見つかりません。 」と出てしまうケースがあります。 この原因はなんなのか、解決方法とともにお伝えします。 追跡番号があるので、郵便局の追跡サービスから確認してみると、ステータスには「転送」の文字が。 あまり見かけないステータスなので、どこに転送されているのか、本当に荷物が相手に届くのか不安に思いますよね。 そこで、郵便局の転送サービスで表示される「転送」の意味を調べてみました。 郵便局のホームページに郵便物のお問い合わせ番号を入力することで郵便物が今どこにあるか追跡できるサービスがあります。 この追跡サービス、便利ですが、初めて使う人はよくわからないかもしれません。 特に追跡結果が「持ち出し中」になってから届くまで何時間くらいかかるのかが気になりますよね。 今回私がこれをまさに体験したところなのでこの「持ち出し中」について詳しく解説したいと思います。

次の